5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【10点】みんなのアニメレビュー その15【0点】

1 : 松田由子:2009/08/16(日) 12:25:23.74 0
ここはアニメ作品のレビューを書くスレです。
あなたの見た作品に点数をつけて
その作品の良い点、悪い点についてコメントしてください。

※お約束
・最終話まで見た作品についてレビューしてください。
 放送中の作品や、視聴を途中でやめた場合は対象外です。
・点数は0点から10点まで(平均点は5〜6点)
・レビューのレビューは不要
・変な人はスルー
・信者、アンチは空気を読んで

前スレ:
【10点】みんなのアニメレビュー その14【0点】
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1240439043/

まとめサイト:
http://www.geocities.jp/pretty_kummer/
http://www12.atwiki.jp/teltel55/pages/1.html


2 : ピザ島精二:2009/08/17(月) 12:43:01.79 0
即死しそうだな

3 : ヤマカン:2009/08/18(火) 09:45:53.13 0
保守

4 : サスケェ:2009/08/18(火) 17:37:51.83 0
俺がどんどんレビューしちゃってもいいのかにょ?

5 : キラ・ヤマトさん:2009/08/18(火) 19:12:56.95 0
>>4
ぜひレビュー頼む。サマーウォーズとかレビュー少ないな・・・

6 : サスケェ:2009/08/18(火) 19:35:00.09 0
おし、今週中に豚サマー観てくるか

7 : ゆりゆり最高:2009/08/18(火) 22:13:43.00 0
立て直したのか、乙

8 : 大福:2009/08/20(木) 22:33:37.93 0
書き込み少ないなぁ・・・

9 : エイミィ・リミエッタ:2009/08/21(金) 01:53:29.65 0
こいつぁ、蟲のしわざですな。

10 : 自演豚ブーブー:2009/08/22(土) 00:22:57.38 0
もとほえ〜ですが、
責任感じてます…

11 : 竜導往壓:2009/08/23(日) 00:20:26.21 0
大西巨人「縮図・インコ道理教」は、オウムは戦前の日本の縮図であるという構図を呈示
している。これによると、麻原は天皇に当たる。
麻原裁判は、麻原の沈黙に終始し、意味のある言葉は聞かれなかった。しかし、それも、
この構図からいえば当然のことといえよう。渡部直己「不敬文学論序説」は、黙説法(あ
る物についてあえて語らないことで、何かがあると思わせる)を強制する空間として、近
代日本を語るが、その語らせない対象に、何かを語れと強いること。こうした?倒が生じ
たことは画期的である。
オウム事件とは、天皇の率いる国家が日本中枢を襲ったばかりか、その後の裁判で、天皇
が裁かれるという二重の意味で、時代を画する。裁かるる天皇。
アンダーグラウンドにおいて、被害者たちは概ね多弁である(読んでないが、村上的な、
あまりに村上的なノンフィクションといえよう)。オウム裁判でも、微罪逮捕された者は、
必死で反省したものだ。執行猶予が付いて、すぐに教団に戻る人もけっこういたらしいが
(彼が法廷で反省したかどうかは知らないけど)。しかし、中心に近づくほど、沈黙。
麻原裁判の意義は大きいといわねばならないのかもしれない。弁護団の書「麻原を死刑に
してそれで済むのか」は、お白洲を拒否したものとして、朝日新聞の書評で高く評価され
ていた。お白洲は、土下座しか許さない場所であるが、土下座は、意味のある言葉を語る
ことも禁じるものでもある。たしかに、麻原は、意味のある言葉は喋らなかった。しかし、
土下座もしなかった。天皇だから当然というべきかも知れないが、こうした存在は、法廷
という場所そのものを震撼させたといっていい。その意味で、10年何をやっていたのだ、
という問いは無体なのである。おそらく、百年でもやっているべきだったのであろう。

12 : 竜導往壓:2009/08/23(日) 00:21:28.90 0
《吉本は麻原彰晃に対して妙な肩入れをし、「無辜の市民を何の目的もなく大量に殺戮する
には特異な宗教理念がなければできないことで、これは今までなかったことだ。それが何
であるか知りたい」という言い分に、いつまでも固執した。「今までなかったことだ」など
とはとんでもない話で、彼自身が味わったはずの戦争を支える理念こそまさにそういうも
のだということに彼は気づいていたろうか》(小浜逸郎「吉本隆明」)
ということですが、麻原というのが、天皇のようなもの(「縮図・インコ道理教」)という
ことを、小浜氏は見抜いていたのかもしれない。小浜氏は、悪魔君のはなしで、根拠のな
いこの時代において、根拠を見出そうとすると恐ろしくグロテスクな事態に陥る、という
ような印象を記していたようで、それがどこかで引用されていた。学者は、適当なことを
答えてはいますが(共同体!)。
まあ、拘泥するわけではないですが、裁判所も天皇だということになると、天皇vs.天皇と
いうのが麻原裁判だったということになりそうですが、必ずしもこの論旨に、固執するわ
けではない。
中上健次は、平面化する世界の中での天皇の現実性のなさみたいなのを見通したようです
が(「不敬文学論序説)。普通の王様もだめなら、天皇もだめというのが、平面というもの。

13 : 竜導往壓:2009/08/23(日) 00:22:31.66 0
オウム裁判において、天皇制国家(=オウム)は解体されたが、これは裁判所の自己否定
といえよう。鏡のように、天皇が向き合う。高裁の審理などしたくなかったのは、当然で
ある。
麻原弁護団は、ひたすら村井指揮説を唱えたが、つまり全て藤原氏が悪いというわけだ。

14 : 百合豚:2009/08/24(月) 19:11:45.01 0
ここもう終りだね

15 : ペリ犬:2009/08/24(月) 21:42:27.49 0
ひどいな。誰かレビュー書き込めよ。

16 : ペリ犬:2009/08/25(火) 02:03:27.35 0
んじゃ、いつ終わるかわからない様なスレだし軽めに

RIDEBACK 2009年作品 全12話 6点

結論を先に書くと「惜しい作品」

絵も綺麗だし、CGも上手く馴染んでぬるぬる動くし
ストーリーさえ上手く消化出来れば良作になったんじゃ無いかな?

中途半端な知名度の作品のアニメ化で結構あるんだけど
ある程度のヴォリュームの原作を1クールに無理矢理押し込むのって
原作ファンも内容知らない視聴者も製作陣も誰も得しないと思うんだ

当作品も物凄い駆け足で、各エピソードの背景説明もフォローも無いまま最終回まで突っ走る
脳内補完で間に合いそうな感じもするが、それじゃ納得できない部分も多いわけで

序盤だけなら傑作なんだけどなぁ

17 : 鉄男:2009/08/25(火) 07:44:10.32 0
↑ここまでほえー
↓ここからほえー

18 : いんでっくちゅ:2009/08/25(火) 09:00:22.36 0
自治厨乙

19 : ピザ島精二:2009/08/25(火) 21:54:06.65 0
ライドバックはおれは7点をつけたな。序盤は神なんだが、後半でしりすぼみだった。

20 : 鉄男:2009/08/26(水) 00:18:00.41 0
俺は3点だな。
キャラデザがダメだ。

21 : 雛苺党:2009/08/26(水) 00:22:50.53 0
序盤9点→中盤7点→終盤&締め5点

原作付きだから仕方ないんだろうけど、序盤のワクワクさせる感じのまま終えて欲しかった

22 : みずほ先生のはちみつ授業:2009/08/26(水) 23:57:23.14 0
エウレカポケットが虹でいっぱいを見たけど、けっこういい感じでした。テレビがあまり
にぐだぐだだったので、すっきりまとめることもできるのかと…。とても青臭い言葉が垂
れ流されてるわけですが、名塚の声が作品を統べているというか。
エスカフローネの真綾たんもそんな感じですが。

23 : みずほ先生のはちみつ授業:2009/08/26(水) 23:58:52.20 0
テレビの15秒コメントというのは、テロップと同じような効果なんでしょうね。共通の意
見をもてないので、笑う場所とかをテロップによって指定しているらしいけど、ニュース
なんかでも、社会における「正しい意見」というのは学ばなければならない。そうしない
と、仲間外れにされかねない。
15秒コメント「飲酒運転の罪の深さ」、町の声「信じられませんね」。町でカメラを向けら
れたときは、15秒コメントのように語ることが期待されている。

24 : 早乙女先生:2009/08/27(木) 01:11:56.76 0
あーうるせえ

25 : 乃絵は天使:2009/08/27(木) 18:52:14.54 0
働きマン

日本人はぜ明治以来あれほど働いたのか。他国を追いつけ追い越せ、ということであろう
が、なぜ他国に追いつかなければならなかったのか。そうしなければ、植民地化されるか
らか。しかし、植民地化されないというだけならば、日露戦争までで十分であった。ここ
には徹底した他者志向(他者などどうでもいいが、どう見られているのかだけは気になる
という、リースマンがいうところのそれ)があるといえよう。他国に追い越したとされる
(もっとも、経済的に、という限定は外せないであろうが)80年代から、混迷するのも、
こうした動機付けからして、当然といえよう。
ハンガリーに「選り好みせずに働く者は、最悪の分け前を得る」という諺があるが、これ
がここまで当てはまる例は、近代日本を措いて他にない。

26 : 乃絵は天使:2009/08/27(木) 18:53:21.09 0
しょうがないので保守しときます。

27 : ペリ犬:2009/08/27(木) 20:27:20.07 0
さて、豚サマー見てきた
レビューします

サマーウォーズ 一般的視点 8.5点
          個人的視点 6.5点

まず、率直な感想はかつての細田作品の劇場版デジモンの焼き直し
それを全年齢層に視聴可能なアレンジをした、といったところか
クラウドコンピュータが主流の世界への危うさを匂わせつつ
ボーイミーツガール、家族愛、明瞭な勧善懲悪ととても見やすい内容
周りのお客さん(ギャル2人組から孫連れのおばあさんまで)の反応も結構よかったように思われる

*以下ネタバレ*
最初によかった点を
曾祖母が死のカットのあと、乳児に母乳をあげるカットを続け、死と生を対比させたあと
横スクロールしながら縁側で曾祖母を想う家族を映してラストに主人公とヒロインを映す演出は
誰にでも判り易く印象に残るいい演出だった

さて、基本軸となる「ボーイミーツガール」と「家族愛」が
個人的にはベーシックな作りを目指している割には爽快感のないように感じた
ヒロインが義兄への恋慕を匂わせ主人公に挫折体験を味わせたものの
まず、主人公がヒロインの義兄を乗り越える、またはヒロインが吹っ切る描写が明確に無く
義兄も曾祖母との確執に関係をフォーカスしてしまっているため
終盤ヒロインが惚れるのにある種の引っかかりを感じてしまう
もっと単純でもよかったのだろうが監督の意識が義兄に寄っていたのかも知れないと思った
また、家族愛についても信州上田の真田家の流れで由緒ある家柄という設定がむしろ足を引っ張っている印象で
どこか節々に曾祖母の権威主義的なニュアンスが出てしまい
正直、亡くなる前に関係各所に電話をかけまくり檄を飛ばす姿に少々不快感を感じた
第二次上田合戦と作戦を絡めたかったのなら土地つながりだけでいい筈で結果的に蛇足
家族がベースの話なのに権威的固有名詞が多く修飾されて一般視聴者に距離感が出てる…これでいいのだろうか?
あと気になった点は視聴者への「オトナ向けパート」と「コドモ向けパート」がちゃんと配慮されているものの
バッサリ分かれ過ぎていたように思われる
アバターの格闘シーンは作画も結構イイ筈なのに何度も寝そうになった
他にも多々あるがこの辺で

最後に、細田の日テレのケツ持ちの第一弾として非常に手堅すぎる作り
有名な他作品を今更焼き直し、もう古いと揶揄していた割に自身も焼き直しとは…なて如何に?
これからの期待も込めて一応若手監督のエースなので手厳しく評価した

28 : 評価豚:2009/08/27(木) 23:23:56.80 O
一億総評論家か……

29 : 評価豚:2009/08/27(木) 23:25:05.43 O
今日の名前これかよw
くそww

30 : 早乙女先生:2009/08/27(木) 23:30:11.85 0
ハハハw

31 : 比呂美はビッチ:2009/08/28(金) 00:12:24.82 0
「スクール水着の優位性」

(注1)という現役高校生、崩条リリヤ先生のテクストを読んで
みた。曰く、ビキニは、下着を連想させるので宜しくない、少なくとも清楚とはいえない
だろう、だがスク水はそうではない。
思うに、スク水ほどラインがはっきり出る服装はない。スク水は、肌に密着しているため
すべての体の線が明らかにされる。しかし、同時に、すべてが隠されている。ここからは、
女子へのまなざしのありようが窺える。見たいことは見たい、しかし、清楚ではあって欲
しい…。なお、拙稿「セーラーふくの論理学」(注2)は、ブルマとスク水の連続性に着目
している。
スク水は、制服のひとつであり、紺という色合いもそこから来るのであろう。制服を着て
いるときまでが少女であると言い切っていいと思われる。高校を卒業してからは、一様の
制服を着ることはもはやないが、彼女らは、お嬢さんではあっても少女ではなく、スク水
を着ることは、特殊なシュチエーションでもない限り、もはやないだろう。広橋涼は、二
十歳になっても着ていたらしいが。しかし、より考えさせるのは、川本真琴が、短大の入
学式にセーラー服で望んだというエピソードであろう。
(注1)http://neetsha.com/inside/main.php?id=6447
(注2)http://rorino.blog23.fc2.com/blog-category-1.html

32 : 綿貫響:2009/08/28(金) 06:30:25.96 0
この気持ち悪いのどっかいってくんないかな

33 : マシロちゃん:2009/08/28(金) 16:24:51.39 0
きもち悪いだけじゃなくバカだからな
アニメ関連全般に粘着してるアホだから無理じゃね?
こういう手合いはスルーに限る

34 : 千波美ちゃん:2009/08/28(金) 17:18:57.79 0
コッチがスルーしてるんじゃなくて
向こうにスルーされてるんだけどなw

35 : 比呂美はビッチ:2009/08/28(金) 23:55:06.88 0
うみものがたり(まったくみてないが、0点)

パチンコは、一人で機械に向き合うものの、周りでも多くの人が同じことをしている。集
団的な陶酔に陥っているといえよう。(1973年のピンボールは、まったく一人でピンボ
ールを行うが、一人対機械という、ゲームの新しい位相を告げている。)
カラオケも、歌うのは一人だが、一人カラオケでもない限り、周りには人がおり、全体で
陶酔感をうるような仕掛けである。かつての祭りのようなものを、グループで体験できる
というわけだ。
サルトルの弁証法的理性批判では、集団的な陶酔は冷めてしまう、だから集団からスター
トしても幸せにはなれない、かといって、個人からスタートしても幸せにはなれない、と
いうようなことがいわれているようですが(真木悠介「人間解放の理論のために」)、日本
は、個を確立させず、集団の中を漂うというような方法で今までやってきたものの、…。

36 : 南条操:2009/08/31(月) 21:48:34.06 0
あげ

37 : クラナドは人生:2009/09/02(水) 23:05:44.65 0
「感じない男」は、ロリコンの意味を問うて、曰く。「萌駅」(注)というヲタサイトによ
ると、ロリキャラの年齢的な分布は、初潮前後に集まっている。なぜか。男(著者)は自
分の体が汚いものと思っており、男女の別がない子どもから、男のほうに向かったのは何
かの誤りではないかと思っている。本当は身体のきれいなおんなのこになりたかった。初
潮へのこだわりは、ここから来る。
そして、おんなのこになった自分に精子をかけることで、自分の子を妊娠させたい。こう
して文字通り「生まれ変わった自分」が誕生する。母から離れることができる。
(注)http://moeeki.net/
「自分の体は汚い」という男(著者)の感覚から、ロリコンの構造を解明した、というこ
とらしい。
フロイトでは、ロリコンはうまく説明できないようです。しかし、こういうふうに説明し
ても、あまりに論拠がない(ような)。

38 : 佐藤千夏:2009/09/05(土) 10:49:27.42 0
capeta 全52話
8点
人気コミックのアニメ化。幼い時に母を亡くした平勝平太が
カートレースにはまりF1を目指していくまでを描くレースアニメ。
バトルものでこそないもののいかにも少年漫画らしい熱い展開でテンポよく話が進んでいく。
お金がなくボロボロのカートで優勝争いする場面やレーシングドライバーの選抜テストなどはかなり引き込まれた。
キャラクター自体も勝平太の親父やチームカペタのモナミ・のぶ、
ライバルの源奈臣、ネタキャラの桃太郎など魅力的なキャラが多数。
作画自体も非常にいい出来で3Dなどを相当駆使して作成している模様で
カートおよびレーシングマシンーンの挙動ならびにレースの駆け引きを十分に表現できている。
正直これだけ話が長くなってしまうとどうしてもシナリオ的に間延びする箇所が出てしまうものなのだが、
そういったものを感じさせずに最後まで見させたシナリオのうまさは見事だと感心した。
しいて欠点をあげるとすれば原作に追いついた関係でオリジナル展開であること、
また少年漫画らしい青臭さが残っているので深いシナリオ的に練られた作品を見たい人には向かないかもしれない。
あとは声優面で小学生編で主人公カペタの声優を素人の子供にやらせたことももあって、
特に序盤で弱さが感じられOP・EDも個人的にはちょっと物足りなさを感じた。
ただそういった細かい欠点はあるにしても、熱い作品を見たい人にはオススメできる良作。
地味な外見で損をしている部分はあるが、大人でも十分楽しめる出来といえるだろう。

39 : 佐藤千夏:2009/09/05(土) 16:44:36.81 0
はじめの一歩 〜Champion Road〜 特番
9点
大人気コミックをアニメ化したテレビ版76話の続編として製作される。
千堂を破り日本フェザー級チャンピオンの座を手に入れた幕之内一歩の初防衛戦となる真田戦を描く。
原作コミックに忠実に再現しており、スポ根アニメとしては非常に出来のいい良作。
テレビ版・漫画でそれまでのストーリーを知っていることが前提とはなるが、
はじめの一歩ファンなら見て損はしない作品だといえるだろう。

40 : 来栖柚子:2009/09/05(土) 16:48:14.77 0
けいおん 2点
萌え以外なにも残らないアニメ

41 : 秋山乙女:2009/09/05(土) 17:07:48.62 0
萌えが残るなら良いじゃないか

42 : 雛苺党:2009/09/05(土) 17:50:29.84 0
萌えなんてあったっけ・・・
とくにキャラかわいいわけでもないし

43 : BREW:2009/09/06(日) 00:09:15.17 0
東京アンダーグラウンド(そういうタイトルのアニメがあったと思う。)

大西巨人「縮図・インコ道理教」は、「皇国」の縮図をオウム真理教に見ている。これによ
ると、麻原は天皇に当たる。
渡部直己「不敬文学論序説」は、黙説法を鍵概念として、近代日本文学を語る。黙説法と
は、ある物について語らないことで、何物かが存在すると思わせるレトリックらしいが、
近代日本では、天皇に接近させると同時に、そのものについては語らせないことで、天皇
制が作られていった。中心には何もないが、何もないと言わせないことで、何かがあると
思わせること。
麻原裁判では、その語らせない対象である天皇に、何かを語れと強いるという?倒が生じ
た。当然というべきか、麻原から意味のある言葉は聞かれなかった。アンダーグラウンド
において、被害者たちは概ね多弁である。オウム裁判でも、罪が軽い者ほど、必死で反省
したものだ。しかし、中心に近づくほど、沈黙が増してゆく。
オウム事件では、天皇の率いる国家が日本中枢を襲ったばかりか、その後の裁判で、天皇
が裁かれたわけで、天皇制が少なくとも変容していることは疑えない。
麻原裁判の意義は大きいといわねばならない。弁護団長である渡辺脩の「麻原を死刑にし
て、それで済むのか?」(注)は、お白洲を拒否したものと、野口武彦に評されている(朝
日新聞の書評欄)。お白洲は、土下座しか許さない場所であるが、土下座においては、意味
のある言葉を語ることも禁じられる。たしかに、麻原は、天皇だから当然というべきかも
知れないが、意味のある言葉を喋らなかった。しかし、土下座もしなかった。こうした存
在は、日本の法廷という場所そのものを震撼させたといっていい。
(注)村井指揮説が唱えられている。全て藤原氏が悪いというわけだ。

44 : 北嶋由香:2009/09/06(日) 00:23:26.15 0
Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 全12話
6点
XEBEC制作のSFアニメで、不老不死の能力を持つ主人公麻生祇燐が中心となる6つの話からなる。
R−15指定だけあってグロテスクな表現や、エロティックな描写が多く人を選ぶ作品なのは確か。
ただ世界観自体は1991年から2055年、そして最終話の遥かなる未来とかなり長い時間軸を有効に使い、
同一キャラと前話の登場人物の子孫とをうまく使っておりいかにもSFらしい凝った設定がされいる。
SF好きでうまくこの世界観にはまれる人であれば楽しめるのではないだろうか。
シナリオ的にも1話ごとに徐々に謎がわかってきて、最終話ですべての設定が明らかにされるのは見ごたえがある。
決して万人受けする作品ではないしグロテスクすぎる表現等には賛否両論あるだろうが
新しいタイプの作品に挑戦した一つの実験作として評価したい。

45 : プロでのほほんとメシ食っている生きるに値しない業界人:2009/09/06(日) 01:28:32.59 O
のだめカンタービレ 0点

絵は動かないし、ギャグはちっとも面白くない。

46 : ひだまり3期希望:2009/09/06(日) 13:31:45.40 0
かんなぎ 0点

見終わった後に不快感しか残らない

47 : 二階堂光:2009/09/06(日) 20:45:44.36 0
ネットではアニメソムリエで決めちゃってるお前ら(笑)

48 : 綿貫響:2009/09/07(月) 07:36:05.64 O
臣士魔法劇場リスキー☆セフティ 10点

一話10分ぐらいで見やすいし、声優が一人二役やってるんだけど、キャラの会話がテンポよくて面白いし、
ガンダムパロとかあるし、最後にはちょっとホロリとするし
監督はかみちゅの舛成で脚本は黒田だからとりあえず見とくべき
00なんてウンコ黒田だから

49 : 川神百代:2009/09/10(木) 02:54:51.79 0
>>48って
ツタヤとかにはあるの?

放映後に、ビデオ屋に置かれていたこととかって
ある?

50 : サスケェ:2009/09/10(木) 11:52:53.61 0
>>49
http://posren.livedoor.com/series-1898.html

51 : 伊藤さん:2009/09/10(木) 21:02:16.48 O
ググったらようつべにあったぞ恐ろしや
まあ試しに見てみるもよし

52 : 川神百代:2009/09/10(木) 21:14:10.85 0
ども、ありがと。古いのはどんどんうpされるべきかもね。

53 : 橘玲:2009/09/11(金) 18:07:01.93 0
まったく最近のつべ厨ニコ厨世代の子供たちは……
すぐ上に公式に簡易に借りられるリンク貼った人がいるのに、この会話だぜ。

54 : ニコ厨:2009/09/12(土) 19:04:53.45 0
age


55 : ウマコシャーン:2009/09/14(月) 22:37:00.72 0
はじめの一歩 9点
全76話
コミック原作のボクシングスポ根アニメ。原作つきのスポーツアニメの中ではかなりいい出来。
いじめられっこがボクシングにはまって強くなっていくというベタなストーリーだがそんなことも気にならず夢中にさせるうまい作り方をしている。
特に間の取り方と爽快感、そしてテンポの良さが抜群。多少作画が乱れる部分はあるが細かいところは気にせず一度は見てほしい名作だった。



56 : ネギ・スプリングフィールド:2009/09/14(月) 23:42:00.01 0
はじめの一歩 9点
全76話
コミック原作のボクシングスポ根アニメ。原作つきのスポーツアニメの中ではかなりいい
出来。いじめられっこがボクシングにはまって強くなっていくというベタなストーリーだ
がそんなことも気にならず夢中にさせるうまい作り方をしている。特に間の取り方と爽快
感、そしてテンポの良さが抜群。多少作画が乱れる部分はあるが細かいところは気にせず
一度は見てほしい名作だった。

57 : 綿貫響:2009/09/16(水) 00:14:38.20 0
サマーウォーズ
7点

一言で言うと時代がようやく追いついたグリッドマン
円谷特撮のヒロインと仮面ライダーのラスボスの役者がメインキャラの声をあててたり
クライマックスの展開が平成ウルトラの王道そのものだったりと
平成特撮のファンにはたまらないアニメだった

58 : いいとも:2009/09/16(水) 00:17:51.54 0
超越神力

週刊新潮に「弁護士」の窮乏を書いている青沼さんは、麻原裁判傍笑記というノンフィク
ションでメジャーになった人です。
しかし、私の見たところでは、麻原裁判とは何だったのかを理解している人は少ない。裁
判は真実を明らかにする場ではなく、合法か違法かを明らかにする場であるところ、その
役割を果たしたことは認めてよい。世評は、真実を明らかにしていないというが、そのよ
うな役割は法廷にはないし、一体どういうことを麻原がいえば真実だというのか。オウム
はインチキ、金儲けの集団とでも言えばよかったのか。
麻原が偉大な宗教家であったかは分からないが、偉大な被告人であったことは間違いない。
オウムのいわば天皇であった彼は、法廷では、とはいえ私も一人の他者であるといったわ
けである。思想家として、これ以上の貢献を果たした人物はいないといえよう。

59 : いいとも:2009/09/16(水) 00:19:01.75 0
一言で言うと時代がようやく追いついたグリッドマン
(グリッドマンって?こちらの知識がないだけなのかもしれない)

クライマックスの展開が平成ウルトラの王道そのものだったりと
(平成ウルトラの王道ってどんなの?)

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)