5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料

1 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 00:36:34 ID:7p9GFhuy
南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。これは中共のプロパガンダに
対抗する最も有効な手段です。ただ無かったと声を大にしても説得力がありません。

●議論のルール
1.反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
2.矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。
3.スレを読まずに論を主張してはいけません。
4.30万人か虚構かという二元論的議論をしてはいけません。
5.初歩的な事項に関するソースの提示を求めてはいけません。自分で調べましょう。

●基本リンク
南京大虐殺は嘘だ
http://www.history.gr.jp/~nanking/
南京大虐殺の虚構
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/index.html
南京大虐殺関係資料
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/index.html
本宮ひろ志『国が燃える』捏造問題、山本弘「と学会」をウォッチングするHP
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/
南京事件 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
【共同編集】 南京ペディア - 南京の真実まとめWiki
http://jpn.nanjingpedia.com/wiki/

●前スレ
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】107次資料
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/l50
●過去ログ&テンプレート置き場
http://jpn.nanjingpedia.com/wiki/?2ch/asia/NanjingLie


2 :1:2010/04/14(水) 00:37:11 ID:7p9GFhuy
●以下の証言者・記者・作家の発言及び記述は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。

・ 東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い
・ 中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明
・ 富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明
・ 舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するという
 カッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×
・ 曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を
 調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された
・ 田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。
 後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状
・ 太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
 により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
・ 富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」
 と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読
 するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた
・ 上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」で
 しかもそんな命令が出たという史料は一切無し

その他
秦賢助(従軍作家)、今井正剛(朝日新聞記者)、本多勝一(朝日新聞記者) 、
鈴木二郎(東京日々新聞記者) 、石川達三(作家) 、アイリス・チャン(作家・政治活動家)
ティンパーリ(マンチェスター・ガーディアン中国特派員:国民党中央宣伝部顧問)、中帰連

●捏造が確認されている史料・報道
紅卍字会埋葬記録(人数水増し)、崇善堂埋葬記録(全くの捏造)、朝日新聞「宇和田日記」報道

3 :1:2010/04/14(水) 00:37:38 ID:7p9GFhuy
以下の事件はいずれも大虐殺と呼ばれていません

ソ連秘密警察によるカティンの森事件:ポーランド人2万5千人を裁判無しに銃殺(文民含む)
韓国軍によるベトナム戦争時の悪行:ブガツ省で3万5千人を拷問の上に皆殺し(殆ど文民)
ソ連によるシベリア抑留中に死亡した日本人:軍民合わせて25万4千人、行方不明・推定死亡者9万3千人
ドイツの捕虜収容所で死亡したソ連兵320万人
米軍による東京大空襲の死者10万人(1945年3月10日だけの死者数)
米軍による広島原爆投下による死者23万7062人(2004年8月6日時点)
米軍による長崎原爆投下による死者13万4592人(2004年8月9日時点)

カティンの森事件以下の犠牲者数を、ことさら大虐殺と強調する事は歴史的に見ても
バランス感覚に欠けた主張と言えます。ましてや文民殺害を目的としていない、若しくは
文民の犠牲者が僅かな事件に関して、大虐殺と名前が付く事は非常に例外的なのです。

4 :1:2010/04/14(水) 00:37:57 ID:7p9GFhuy
●当時、南京での日本軍の殺戮行為は第一報こそ新聞等で報道されましたが、その後は
全く記述がありません。むしろ殺戮の記述は訂正されているのです。

『チャイナ・イヤーブック』(英字年鑑)1939年度版…過去の主な出来事の南京の項目で
出てくるのは昭和2年の南京暴行事件(第一次南京事件)である。南京大虐殺の記述は無し。

『チャイナ・ジャーナル』支那事変1周年特集号(英文月刊誌)1938/2月発行…日本軍による
掠奪・強姦・破壊の記述あり。殺戮の記述は無し。

『チャイナ・クォータリ』支那事変1周年特集号(英文季刊誌)1938/夏季号…日本軍による
恐怖の支配の記述あり。殺戮の記述は無し。

『チャイナ・アット・ウォー』創刊号(英文雑誌)1938/4月発行…金と掠奪品と女を求めて隈なく町を歩き
回る日本兵の記述あり。殺戮の記述は無し。

日本軍の殺戮行為の報が、一時期、新聞・雑誌で書かれていたのは事実です。しかしやがて噂は
収束に向かったのです。

●支那事変1周年の蒋介石の声名 1938/7/7 漢口
《(略)戦場や、日本占領地域では、資源財産の計り知れない損失に加えて、経験豊かな
数限りない青壮年、婦女子、年老いた人々が、大量殺戮、強姦、その他の無慈悲な蛮行を
免れることができなかった。(略)
広東を例にとろう。この町は過去2週間にわたって昼も夜も空襲を受け、数千の市民が殺された。
機関銃が悪魔のように狂いまくり、家屋が粉々になり、市民の血や肉が飛び交った。(略)》

これは「友好国への声名」の中で、「日本人の残虐行為」という章の中の文言です。
後に30万人が虐殺されたと主張する南京を挙げずに、数千人の犠牲者の広東を例に挙げてます。
つまり南京大虐殺とは作られた事件なのです。1938/7月にティンパーリの、『WHAT WAR MEANS
The Japanese Terror in China』が英国で出版され。1938年末にその漢訳版『外人目撃中の日軍暴行』
が支那で出版されました。ここからプロパガンダが始まったと言っても過言ではありません

5 :1:2010/04/14(水) 00:38:31 ID:7p9GFhuy
【名言】5次資料693氏抜粋

>先史研究では資料の要素が少ないがゆえの苦労がありますが、
>ここで話題の南京は70年程前のことですよ。
>文字資料の残存は豊富で、証拠と成り得るモノが消滅した割合も少ないでしょう。
>「証拠を示せ」と言われ、その証拠に疑問が提示されれば、堂々と反論なさればよい。
>根拠のない推論ではなく、他の資料との組み合わせで。
>できないならば、通常、自論に疑問が生じるはずです。
>
>自論の証明とは客観性を獲得することです。
>資料の解釈を1つの方向に揃えてしまえばいいわけではありません。
>読み取れる事実1つ1つの組み合わせから構成されるものが論ですから、
>論者のみに自明の論では、無意味というよりもはや滑稽、
>客観性を獲得する為には守らなければならない姿勢があるのです。


【名言】4次資料947氏

>疑問を取り除いたとは、自論に資料の解釈を近づけることですか?
>論は、資料の解釈から形成されるものです。逆なのです。
>根拠とする資料を提示しない姿勢を度々非難されています。
>また、提示した資料について矛盾などを指摘され、
>その矛盾点を解消しないままに再び根拠として提示するなど、
>意図的でなければ通常起こり得ない、恥ずべき論立てを行っています。


ついでに
★716 名前:K−K@南京事件資料集[KKnankin@netscape.net]
 根拠無く、専門家の見解を否定するのであれば、それはトンデモ論と言わざるを得ないでしょう。
 あなたが何か主張したいのであれば、それなりの根拠を提示しなければ説得力はありません。
 それが出来ない以上、議論に決着がついたと考えるべきかと思います。

6 :1:2010/04/14(水) 00:38:49 ID:7p9GFhuy
南京関連ブログ集

中南海ノ黄昏 「30万」は捏造のシンボル@南京(上)
http://ihasa.seesaa.net/article/73976544.html
中南海ノ黄昏 「30万」は捏造のシンボル@南京(下)
http://ihasa.seesaa.net/article/74050971.html
ぼやきくっくり GO!GO!松原仁−1(2006/3/10衆議院外務委員会)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1.html
ぼやきくっくり GO!GO!松原仁−2(2006/3/15衆議院外務委員会)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2.html
enjoy korea 意外と知らない【南京事件】3
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&nid=493709
WGIPに対抗する為の資料収集を目的とするサイト
http://1st.geocities.jp/nmwgip/index.html
証言による南京戦史
http://www.history.gr.jp/~nanking/books_shougen_kaikosha.html
南京虐殺はでっち上げと確信している
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835559&tid=fn5fe5tbba6a4oa4ga4ca4abeea42a4h3nbfaea47a4fa4a4a4k&sid=1835559&mid=1&type=date&first=1
南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行の嘘
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143582&tid=fn5febg5tbba6a1a6bdbe730v0bix6afc0a9oa29ta4n13&sid=1143582&mid=1&type=date&first=1
日中戦争は侵略なのか?
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835559&tid=ffccfc0oaha4obfafnaca4ja4na4aba1a9&sid=1835559&mid=1&type=date&first=1
北の狼投稿集:「便衣隊」考編 南京陥落と国際法
http://www.interq.or.jp/sheep/clarex/jusinbello/

7 :1:2010/04/14(水) 00:39:07 ID:7p9GFhuy
■ ■ ■ 注意事項 ■ ■ ■

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】という文字列を見つけた場合、それに対してはレスを返さないで下さい。
通称koueiという人物、若しくはkoueiを模倣した荒らしです。議論は不可能かつ削除依頼の邪魔になります。

この【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】の#**は定型文の番号になっています。
例えば#45は「都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。(以下略)」です。
今のところ#211まで確認できているので、211種類の定型文があるようです。

つまり永遠に答えは返ってきません。その時々で最も適した定型文を
コピペしているだけなのです。しかも延々と繰り返します。

このkoueiなる人物は、このスレだけでなく他スレ・他の掲示板・国会議員のHPにも出没しています。
既に誰もレスを返さず放置を徹底しているスレもあり、その後現われなくなる等、対策が功を奏しています。
荒らしに付き合うのも荒らしと同じ行為と考えて下さい。

可能ならば、『妄言解毒対策』などをNGワードにすることをお勧めします。

8 :1:2010/04/14(水) 00:39:24 ID:7p9GFhuy
ストローマン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
ストローマン (straw-man)とは、議論において対抗する者の意見を正しく引用せず、あるいは歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。

語源は仕立て上げられた架空の存在を藁人形に見立てたことから。そのまま直訳して「わら人形」「わら人形論法」とも言う。

概要
相手の意見を誤解していたり、正しく引用することなく歪めたり、誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。
このばあい第三者から見て一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。
これは論法として誤謬(論点のすり替え)であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)であり、意図的におこなっていればその実態は詭弁である。
しばしば感情に訴える論法と共に用いられる。また相手の発言のうち、反論するのに都合の良い部分だけをとりだして反論することをクオート・マイニングとも呼ぶが、クオート・マイニングはストローマンの一種である。

マスメディアにおいて対抗意見を充分に取材せず、独自に解釈した反論を両論併記などの形で用いることは、故意でないにしろストローマンに繋がるものである。
しかし実際にはこうした手法はしばしば報道に取り入れられている。

ストローマンの手順
相手の意見を歪めた説明を相手が提示したものとして引用する。
これに対する自らの反論を示し、論破されたものと扱う。
相手の意見に同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたように見せかける。
批判されて当然である(本来無関係でも一見関係のありそうな)問題や考え方を創造し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして強く非難する。
簡単な例:

A氏「私は子どもが道路で遊ぶのは危険だと思う。」
B氏「そうは思わない、子どもが外で遊ぶのは良いことだ。A氏は子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。」


9 :1:2010/04/14(水) 00:39:47 ID:7p9GFhuy
■ 詭弁のガイドライン十五条+5

事実に対して仮定を持ち出す
ごくまれな反例をとりあげる
自分に有利な将来像を予想する
主観で決め付ける
資料を示さず自論が支持されていると思わせる
一見関係ありそうで関係ない話を始める
陰謀であると力説する
知能障害を起こす
ありえない解決策を図る
レッテル貼りをする
決着した話を経緯を無視して蒸し返す
勝利宣言をする
細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。
勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する。
自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する。
より重要な課題を急に持ち出し、今までの議論をなかったことにする。
電波を発する。

【悪魔の詭弁術】

みんなやってるよ── バンドワゴン・アピール
ご存知のとおり、この問題のそもそもの原因は… ── 決め付け
逆に教えてくださいよ、ぜひ── 質問に質問を返す(カウンタークエスチョン)
主張を証明できないなら、その主張は嘘だ
ぜったいまちがいないよ── 憶測にすぎない話を、事実であるかのように話す
言っていないことを言ったことにする、そしてそれを攻撃する── わら人形テク
「すべて」と「一部」を混同し、一部でもってすべてとするテク(○○人はみんな△△だ!)
質問のすりかえ、そしてすりかえた質問に答えるテクニック

10 :1:2010/04/14(水) 00:40:04 ID:7p9GFhuy
以後、個人的おまけw


652 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/09(水) 15:44 ID:v6msr+Jx0
あけましておめでとうございます。

南京の戦時国際法解釈については
ここがおおむね私の見解と同様なので参考にしてください。
ttp://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/nankin.htm

肯定論者によれば、南京に限らず、軍服を脱いで、兵士かどうかわからないように撤退する敵軍に対しては、それを掃討する自軍は、その一人一人に軍事裁判をかけなければ攻撃を加えられないという結論になります。

これが妥当かどうかは、これを読んでいる第三者にゆだねるとしましょう。

11 :1:2010/04/14(水) 00:40:22 ID:7p9GFhuy
【便衣兵がゲリラであることについての拙稿】
 ネット上ではよく、摘出された便衣兵(便衣化した正規兵)は、【戦闘】状態ではなかったから捕虜の資格を保持しているという主張が見受けられます。この点について拙稿ですが、反論と整理をしていきたいと思います。

 まず、前提として、便衣の状態で【戦闘】行為を行っていた場合には、交戦資格を得られないことは、両者の間では異論は無いことを確認しておきたいと思います。
 一応理由を簡単に言っておきますと、戦時国際法においては、軍民分離原則を採用しているところ、
正規兵が一般人と見分けのつかない便衣の状態で交戦しますと、相手側の軍隊は、正規兵と一般市民の見分けがつかなくなるため、
一般市民への被害が出てしまうことを防止するために法は便衣戦術を禁止した趣旨であると思います(他には、攻撃目標を明確にすることにより、戦闘の早期終結を図る)。

 問題は、【戦闘】行為とはどういう状態であるか【戦闘】の定義が、両者の間でずれがあり問題になっていると思います。

 便衣兵に捕虜の資格があると主張する説は、便衣の状態で具体的な害敵手段を起こした段階で捕らえた場合にのみ捕虜の資格を得られないと極めて限定的にとらえています。
 これに対して、便衣兵に捕虜の資格はないと考える説は、これより広い概念でとらえ、抽象的に戦闘状態であるときととらえています。
 これはハーグ陸戦協定を根拠とすることができます。
  第五章 休戦
* 第36条:休戦は、交戦当事者間の合意をもって作戦行動を停止するものとする。
       期間の指定なき時は、交戦当事者は、いかなる時点においても再び交戦を開始する事が可能である。
       ただし、休戦条件に順じ、所定の時期にその旨を通告すべきものとする。
* 第37条:休戦は、全般的、もしくは部分的に行うことを可能とする。
       前者は、交戦国の作戦動作を停止し、後者は特定地域において交戦軍のある部分間を停止するものとする。

 休戦(戦闘状態の停止)というのは36条によって両者の合意が必要であると規定しております。
 また、37条に、特定地域において交戦軍は戦闘を停止するということができるとあるので、南京に限定して、休戦ということは可能ということになります。
 南京戦において、両軍が休戦の合意が成立していないということは歴史的事実です。また中国側の南京守備隊が全面降伏(ハーグ35条)した歴史的事実もありません

12 :1:2010/04/14(水) 00:40:40 ID:7p9GFhuy
休戦が成立したとしても期限の定めが無い場合には相手に通告していつでも攻撃再開できますので、そもそも休戦が成立していない場合には、両軍はいついかなるときにでも攻撃することは可能な状態にあるといえます。
 つまり、休戦も降伏もしていない南京の守備隊(兵士)がいる時点において、南京は依然戦闘状態であるといえるのです。

 降伏していない軍服を着ている兵士は、そのまま攻撃を加えることができるのに対し、便衣の人間を一般市民か兵士か吟味してその後に攻撃しなければならないとすれば、
便衣兵戦術は有効な手段となり、一般市民を盾とする便衣兵戦術を防止できず、一般市民を戦闘にまきこむのは明白であります。これは文民保護を定めているハーグ法の趣旨に反することになり妥当でないと考えます。
(そもそも南京は防守地域(ハーグ25条)だったので、軍民無差別攻撃が認められており、日本軍による軍民選別の法的義務は存在しません。降伏勧告を無視し南京を戦場にした中国側の責任は大変重いものと考えます。)

 以上から、降伏も休戦もしていないのに便衣の兵士が保護される法的根拠は皆無であり便衣兵はゲリラであると結論づけられると思います。


小川法務官の日記には、以下のように記されています。
「◎十二月一日
中支那方面軍軍律、中支那方面軍軍罰令及ビ中支那方面軍軍律審判規則発令セラル…
戦闘中ハ反逆者タル帝国臣民以外ノ人民ニ対シ直ニ之ニ適当ノ処分ヲ為スコトヲ得シモ
敵国トノ戦闘休止ノ状態ニ至リタルトキハ戦争中ノ如ク適宜処分スルハ穏カナラザレバ
一種ノ軍政タル本則ニ基キ軍律ニヨリ帝国軍ノ利益ヲ保護セントスル趣旨ニ出タルモノナリ」(p.90) 

ここから、戦闘中においては、軍律裁判は不要。
戦闘休止状態になって初めて軍律裁判が必要であるといえます。

南京攻略戦においては、休戦協定は結ばれていませんので、軍律裁判は不要であったと結論付けられます。
ただ、入場式以後*は掃討作戦は一段落しており、休戦状態と同様の状態とみなし、軍律裁判は必要と考えます。
(*修正:戦闘詳報には24日まで掃討作戦は続いていた模様よってそれ以降)
日本軍もおおよそそのような処置がなされたのではないかと考えます。


この点についても、日本軍は適法に行動していたのだとおもいます。

13 :1:2010/04/14(水) 00:44:59 ID:7p9GFhuy
以上テンプレ

この後は持論も議論も論拠もない大虐殺被肯定(?)派の担当者の方が

「真 相 は 捕 縛 し た 不 正 規 敗 残 兵 3 万 以 下 を 処 断 す る 際 の 手 続 き 上 の 不 備 で あ る 」

と文字通りに『 南 京 大 虐 殺 は 嘘 』と書き逃げコピペで親切丁寧に説明してくれます

それでは大虐殺被肯定(?)派の担当者の方、業務規定の通りに毎度お馴染みの論破済みコピペをどうぞ。
こんな感じ(↓)でw


-------------引用開始------------------------------------------------------------------------

否定派によると「学説の裏付けのない主張はトンデモ論に過ぎない」そうです。←ここ大事。

さて、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようとしても、軍事的必要性の在った場合と、4条件違反者が
敵対行為の現行犯だった場合以外での無裁判処刑は違法です。残念ながら学者・有識者の見解は、東中野
を含めてことごとく裁判が必須との事です。


------------中略-----------------------------------------------------------------------------

まとめ
 南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑です。敵拘束兵の処刑記録は探せばいくらでも出てきます。それでも
犠牲者が3万人を越える事はないでしょう。

-------------以下は感想文なので略-------------------------------------------------------------

14 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:42:02 ID:F5FuJvqx
否定派によると「学説の裏付けのない主張はトンデモ論に過ぎない」そうです。←ここ大事。

さて、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようとしても、ハーグ陸戦条約の4条件違反者が敵対行為の
現行犯であった場合以外での無裁判処刑は違法です。学者・有識者の見解によると、便衣兵を捕らえた
場合はことごとく裁判が必須との事です。

『「南京事件」の探求』北村稔 立命館大学教授 歴史学者(中国近現代史) 2001年 P101
 筆者の見るところ、「ハーグ陸戦法規」の条文とこの条文適用に関する当時の法解釈に基づく限り、日本
 軍による手続きなしの大量処刑を正当化する十分な論理は構成しがたいと思われる。両者の論争は
 「虐殺派」優位のうちに展開している。

「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
 まぼろし派の人は、捕虜などを揚子江岸で銃殺もしくは銃剣で刺殺したのは、虐殺ではなく戦闘の延長と
 しての戦闘行為であり、軍服を脱ぎ民服に着替えて安全区などに潜んでいた「便衣兵」は、国際条約の
 「陸戦の法規慣例に関する規則」に違反しており、捕虜の資格はないゆえ処断してもよいと主張する。
 しかし、本来、捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきもので
 あって、第一線の部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

『昭和史の論点』秦郁彦 歴史学者(日本近代史)・法学博士 2000年 P96,97
 南京事件の場合、日本軍にもちゃんと法務官がいたのに、裁判をやらないで、捕虜を大量処刑したのが
 いけないんです。捕虜のなかに便衣隊、つまり平服のゲリラがいたといいますが、どれが便衣隊かという
 判定をきちんとやっていません。これが日本側の最大のウイークポイントなんです。・・・捕虜の資格がある
 かないかはこの際関係ありません。その人間が、銃殺に値するかどうかを調べもせず、面倒臭いからせず
 にやってしまったのが問題なんです。

『現代歴史学と南京事件』吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 2006年 P70
 もちろん、正規軍の場合でもこの四条件の遵守が求められており、それに違反して行われる敵対行為は、国
 際法上の「戦時重罪」を構成する。しかし、そうした国際法違反の行為が仮にあったとしても、その処罰には
 軍事裁判の手続きが必要不可欠であり、南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正
 規軍兵士の集団処刑を強行した所に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

続く

15 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:42:44 ID:F5FuJvqx
『戦時国際法論』立作太郎 国際法学者 日本評論社 1931年版
 凡そ戦時重罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所に於て審間すべぎものである。
 然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

「北支事変と陸戦法規」篠田治策 国際法学者 外交時報84巻通巻788号 1937年10月1日 P54,55
 軍律に規定すべき條項は其の地方の情況によりて必ずしも劃一なるを必要とせざるも、大凡を左の所爲あ
 りたるものは死刑に處するを原則とすべきである。(略)
 六、一定の軍服又は徽章を著せず、又は公然武器を執らずして我軍に抗敵する者(假令ば便衣隊の如き者)
 (略)而して此等の犯罪者を処罰するには必ず軍事裁判に附して其の判決に依らざるべからず。何となれぼ、
 殺伐なる戦地に於いては動もすれぼ人命を軽んじ、惹いて良民に冤罪を蒙らしむることあるが為めである。

「南京の支那兵処刑は不当か」東中野修道 亜細亜大学教授 政治・思想学者 『月曜評論』 2000年3月号P55
 その違反者は、「死刑に処するを原則とすべきである」(54頁)が、処刑の前に「必ず軍事裁判」(55頁)に
 かけるべきであると篠田博士も注意を促していた。
 これは当然であったろう。便衣隊の一人として狙撃などに従事するときは、囚われたときのことをあらかじめ
 考慮して、自分は便衣兵ではなくどこそこの市民であり、名前(偽名)、住所、家族関係は次の通りという言い
 分を用意していたであろう。そこで相手の弁明を査問して、事実関係を明確にしない限り、良民が菟罪に苦
 しむことになるから、「軍事裁判」ないしは「軍律会議」(昭和十二年十二月一日「中支那方面軍軍律審判規
 則」)の手続きは、氏も言うに、「不可欠」であった。
 しかしそれはあくまで安全地帯の支那兵が便衣兵であった場合の話であった。

おまけ
『世界戦争犯罪事典』秦郁彦、佐瀬昌盛、常石敬一  文藝春秋 2002年
 軍律会議は国際的に慣習化されており、日本も既に日清戦争の時からこれに類するものを設置していた。
 軍律会議は、軍の作戦地域などにおいて、軍司令官以上が作戦の遂行上公布した軍律に違反した日本人
 以外の人民を審判するため設置されるもので、(中略)当時は、中支那方面軍、上海派遣軍、第一〇軍に
 そ れぞれ軍律会議が置かれていた。したがって、便衣兵は捕虜の資格がないとするのであれば、軍律会
 議で 審判し処断すべきであり、第一線部隊が処断してよいものではない。
 しかし、軍法会議、軍律会議は、本来少人数の違反者を対象にしたもので、多数の捕虜集団や便衣兵の集
 団を裁判したり審判することを想定していないので、実際にはこれらの集団を裁判し審判することは能力的
 に不可能に近かった。だからといって、能力的に不可能だったから、第一線部隊の殺害が不法殺害ではな
 い、として許容されるものではない。

16 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:43:26 ID:F5FuJvqx
佐藤説をもってしても敵拘束兵の無裁判処刑は違法です。

「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P314-315
  学説上では、助命を拒否できる若干の場合のあることが広く認められている。
 (略)
  第三は、軍事的必要の場合である。交戦国やその軍隊は、交戦法規を遵守すれば致命的な危険に
 さらされたり、敵国に勝利するという戦争目的を達成できないという状況に陥るのを避ける極度の必要が
 る例外的場合には、交戦法規遵守の義務から解放されるという戦数(戦時非常事由)論が、とりわけ
 ドイツの学者によって伝統的に強く主張されてきたが、その主張を実践面で採用した諸国のあることが
 知られている。
  この「軍事的必要」原則は、第二次世界大戦後の世界においてさえも完全には否認されていない。
 例えば、ミネソタ大学のG・フォングラーン教授は、無制限な軍事的必要主義は認めないものの、「必要」
 に関する誠実な信念や確実な証拠が存在する場合には、この原則の援用や適用を容認している。
  もっとも、同教授は、極度の緊急事態の不存在や、軍事的成功への寄与の欠如が明らかにされたなら
 ば、軍事的必要を根拠にした違法行為は、戦争犯罪を構成するものになると警告している。
 (略)
  ちなみに、オッペンハイムの前記著作第三板(一九二一年)は、「敵兵を捕獲した軍隊の安全が、捕虜
 の継続的存在により、死活的な重大危険にさらされる場合には、捕虜の助命を拒否できるとの規則が
 ある」と主張している。同書第四版以降の改訂者は、同規則の存続は「信じられない」との意見を表明し
 ている。
  学界の通説は、右のような場合には、捕虜は武装解除された後解放されるべきであるというものである。

どこにも一旦拘束した兵を無裁判で処刑してよい、あるいは攻撃対象を移動させ改めて攻撃を続行しても
問題ないと書かれていません。 むしろ敵兵拘束により、“交戦法規を遵守すれば致命的な危険にさらされ”
る場合以外は、助命を拒否できないと書いてあります。また、“捕虜の継続的存在により、死活的な重大危
険にさらされる場合”、“学界の通説は、右のような場合には、捕虜は武装解除された後解放されるべきで
あるというものである”と説明しています。
さらに、“極度の緊急事態の不存在や、軍事的成功への寄与の欠如が明らか”な場合の助命拒否は戦争
犯罪になるそうです。いったい否定派はどこをどう読んでるんですかね。

17 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:44:08 ID:F5FuJvqx
「南京事件 − 虐殺否定論の動向)」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 1999年6月5日講演より
二、南京事件をめぐる論争について (2)国際法の無視による虐殺の否定
 これらは国際法の歪曲ですが、もうひとつは国際法の無視です。これは何度言ってもこの主張を無視するんですけど、
彼らが言うのは便衣兵ですね。資料8を見てください。小林よしのりさんのマンガ。「便衣兵 − つまりゲリラである」、「軍
服を着ていない、民間人との区別がつかない兵である」、「国際法ではゲリラは殺して良い」、「ゲリラは掟破りの卑怯な手
段だからである」。いい加減にしてほしいんですけど、ちょっと一言説明しておきますと、ゲリラ、民兵、義勇兵というのは
国際法の中では主流ではなかったんですね。(中略)もう一度見なおしてください。4つの条件を満たしてのみ、民兵や義
勇兵には交戦資格が与えられる。だから捕虜になった場合でも、人道的に処遇されるということです。まあ第一項はいい
ですよね、責任者がいる。ところが、第二項の遠方より認識しうべき固着の特殊徽章を有すること。たとえば都市ゲリラの
場合、民衆にまぎれて、市民に紛れて行動するわけですよね、私はゲリラですってワッペンをつけて回るバカはいないわ
けで、これはゲリラの活動を規制する面があるんですね。当時の国際法自体がです。国際法は目安として重要なんです
けれども、国際法自体が歴史性というものをもっていて、特に戦前の国際法はゲリラという形をとって現れるような、民族
的抵抗を抑え込む役割を果たしていた。その歴史性ということを考えにいれないといけません。しかしそれを押さえた上で
もやはり当時の国際法からみても無理な主張を彼らはしています。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 便衣兵というのは1932年、昭和7年の第一次上海事変の時に登場してくるんですね。これは便衣という一般人の服で
すね、これを中国の学生や労働者が着て、正規兵も少しいたようですけど、民間人の服を着て、上海で一種の都市ゲリラ
をやる。単独で行動して拳銃で狙撃したり手榴弾を投げる、これを便衣兵というんですね。そういう民間人の服を着てゲリラ
的な行動をする戦闘者、これが便衣兵です。これは当時の国際法の解釈では、現行犯でですね、手榴弾を投げてきたり、
拳銃で狙撃してきたときは、現行犯で正当防衛で反撃できますけど、処刑するにはこれもやっぱり国際法上は軍事裁判の
手続きが必要なんですね。小林よしのりは国際法上は殺してもよいと書いていますけれど、これは全くの間違いで、軍事裁
判の手続きを経て、初めて処刑ができるわけです。それはそうなんで、民間人の服を着て、武器ももってないのに、お前は
目つきが悪いからゲリラだろうとか、まあ南京ではそういうことで殺しちゃったんですけど、そういうことをやると大変なことに
なるわけですね。事実、第一次上海事変の時には、日本の外務省の電文の中に残ってますけど、かなり誤認というか、間
違って一般人を殺してしまった。日本人の居留民が自警団みたいのを作って、自分たちで検問をやって、通行人を処刑しち
ゃう、殺害しちゃうんです。外国人まで間違えて殺害した例があって、これは日本の出先の外交官が本省に報告してますけ
ど、かなり間違えて一般人を殺してしまったのです。そういうこともあるから、当時の国際法の解釈でも、間違えて良民を、冤
罪の良民を殺してしまう場合もあるから、必ず軍事裁判の手続きを経ないと処刑できないんだというのは、当時の日本軍の
常識でもあった訳ですね。ところが、南京でやったことは、まず厳密にいって、便衣兵という戦闘者はいません。多少散発的
な抵抗はあったと思いますけど、『南京戦史』をみても、先ほどの『証言による南京戦史』を読み返してみたんですけど、難民
区の掃討に当たったのは第9師団の第7連隊という連隊で、その上の旅団長の副官の談話が載ってましたけど、城内に入
って難民区に入っても、殆ど抵抗はなかったということを言ってるんですね。だから中国軍の便衣兵による抵抗は無かった。

18 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:44:25 ID:YLiViK9p
だが、洋の東西では普通に裁判を簡略した上での処刑の例は山ほどあったと言う…

19 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:44:50 ID:F5FuJvqx
戦時重罪犯であるだけで即決処刑を可能とする学説・見解は存在しません。

『上海戦と国際法』信夫淳平 国際法学者 丸善 1932年 P114,P125-126
 現交戦法規の上に於て認めらるゝ交戦者は、第一には正規兵、第二には民兵(Militia)及び義勇兵団
 (Volunteer Corps)にして(一)部下のために責任を負ふ者その頭に立ち、(二)遠方より認識し得べき固着の
 特殊徽章を有し、(三)公然兵器を携帯し、(四)その動作に付戦争の法規慣例を遵守するといふ四条件を具
 備するもの(正規兵も是等の条件を具備すべきは勿論である)
 然るに便衣隊は交戰者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戰法規違反である。
 その現行犯者は突如危害を我に加ふる賊に擬し、正當防衞として直ちに之を殺害し、叉は捕へて之を戰時
 重罪犯に間ふこと固より妨げない。

便衣隊の害敵手段行使現行犯は正当防衛として直ちに之を殺害し、又は捕へて之を戦時重罪犯に間う事と言って
るだけで、交戦者資格無き者というだけで即決処刑してよいとは言ってない。因みに南京で確認できた便衣隊は5,6人。

『国際法辞典』筒井若水 国際法学者 有斐閣 1998年 P81
 伝統的な戦時国際法は、戦闘員資格をもつ正規軍による敵対行為だけを適法とし、文民等その資格を欠くもの
 はもとより、正規兵であっても不正規軍の適法な構成員資格を満たさない者の敵対行為は交戦法規に照らして
 違法としてきた。

不正規軍の適法な構成員資格を満たさない者の敵対行為は、違法と言ってるだけで即決処刑してよいとは言ってない。

『戦時国際法論』立作太郎 国際法学者 日本評論社 1944年版 P62
 上述の正規の兵力に属する者も、不正規兵中、民兵又は義勇兵団に後述の四条件を備へざることを得るもの
 ではない。 正規の兵力たるときは、是等の条件は、当然是を具備するものと思惟せらるるのである。正規の
 兵力に属する者が、是等の条件を欠くときは、交戦者たるの特権を失うに至るのである。例えば、正規の兵力に
 属する者が、敵対行為を行うにあたり、制服の上に平人の服を着け又は全く交戦者たるの特殊徽章を付したる
 服を着せざるときは、敵により交戦者たる特権を認められざることあるべきである。

正規の兵力に属する者が四条件を欠くときは、交戦者の特権を失うと言ってるだけで即決処刑してよいとは言ってない。

続く

20 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:45:32 ID:F5FuJvqx
「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P317
 一般に武器を捨てても(機会があれば自軍に合流しようとして)逃走する敵兵は、投降したとは認められない
 ので、攻撃できるのである。安全区に逃げ込んだ支那兵は、投降して捕虜になることもできたのに、 それを
 しなかったのであり、残敵掃討が諸国の軍隊にとってむしろ普通の行動であることを考えると、敗残兵と確認
 される限り、便衣の潜伏支那兵への攻撃は合法と考えられるが、安全区の存在とその特性を考慮に入れる
 ならば、出入を禁止されている区域である安全区に逃げ込むことは、軍律審判の対象たるに値する戦争犯罪
 行為(対敵有害行為)を構成すると認められ、安全区内での摘発は現行犯の逮捕に等しく、彼らに正当な捕虜
 の資格がないことは既に歴然としている。

安全区内での摘発は現行犯の逮捕に等しい為、正当な捕虜の資格はなく、軍律審判の対象たる戦争犯罪行為である
とし、逃走する敵兵は投降したとは認められないので攻撃できるが、逃走する敵兵以外を攻撃してよいとは言ってない。

「南京事件と国際法」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 『南京大虐殺の研究』 1992年 P95-125
 しかし、『南京戦史』の主張に従って、難民区内に本来の意味での『便衣兵』が多数、潜伏していたと仮定しても、
 その殺害を正当化することは、国際法上不可能である。なぜなら、国際法の上では『便衣兵』の処刑には正規の
 軍事裁判の手続きが必要であり、軍事裁判の手続きを省略した殺害が許容されるのは、その『便衣兵』が敵対行為
 の『現行犯者』であった場合に限られていたからである

便衣兵が敵対行為の現行犯者であった場合は軍事裁判の手続きを省略できると言っているのであり、戦時重罪犯で
あるだけで軍事裁判の手続きを省略できるとは言ってない。
※因みに吉田裕は南京に便衣兵は居なかったという説を唱えている。

即刻処刑を許容するのは信夫淳平と吉田裕で、信夫は便衣隊の害敵手段行使現行犯の場合、吉田は便衣兵の敵対
行為現行犯を具体的に指摘している。これらの現行犯以外での即刻処刑については言及してない。
佐藤和男が現行犯とする安全区への逃げ込みは、正当な捕虜資格が得られないと言っているだけで、軍律審判の対象
であるとの事。この行為に対し即刻処刑してよいとは言ってない。佐藤が許容する殺害とは逃走する敵兵への攻撃である。
筒井若水と立作太郎は、4条件を備えていない正規軍は交戦者たるの特権を失い、違法であると言っているだけで、
4条件を備えていないからといって即刻処刑してよいとは言ってない。

つまり、どの説も戦時重罪犯であるだけで即決処刑が可能とは言っていない。戦時重罪の構成により直ちに殺害できる
場合がある、若しくは交戦者の特権を失うと言っているに過ぎない。学者・有識者の見解で、戦時重罪犯であるだけで
即決処刑を可能とする説は存在しない。

21 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:46:14 ID:F5FuJvqx
佐藤和男の言う違法な虐殺行為ではない潜伏敗残兵の摘発・処刑は、何人だったのでしょうか。
検証してみましょう。

「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P317
  兵民分離が厳正に行われた末に、変装した支那兵と確認されれば、死刑に処せられることもやむを得
 ない。多人数が軍律審判の実施を不可能とし(軍事的必要)― 軍事史研究家の原剛氏は、多数の便衣
 兵の集団を審判することは「現実として能力的に不可能であった」と認めている―、また市街地における
 一般住民の眼前での処刑も避ける必要があり、他所での執行が求められる。
 したがって、問題にされている潜伏敗残兵の摘発・処刑は、違法な虐殺行為ではないと考えられる。

先ず、兵民分離査問(12月24日〜1月5日)での潜伏敗残兵の摘発人数を見てみましょう。

佐々木倒一少将私記
 1月5日 査問会打切り。この日までに城内より摘出せし敗兵約2000、旧外交部に収容

このうち何人が解放されたかというと、

読売新聞 1938(昭和13)年1月10日
 敗残兵一掃のため行われた難民調査は、暮から始められて7日漸く一段落を告げて、敗残兵1600名と
 その他のものは安民居住の証を与えられ、今では大手を振って城内を歩けるようになった

兵民分離査問で摘出された敗残兵は2000人、うち1600人は良民証を与えられています。残りが全員
処刑されていたとしても400人が最大値です。
佐藤和男の言う「潜伏敗残兵の摘発・処刑は、違法な虐殺行為ではないと考えられる」は、最大でのも僅か
400人。否定派の無裁判処刑合法論は、僅か400人の処刑が合法であるという論だったんですね。

22 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:46:55 ID:F5FuJvqx
否定派が言う「日本は極東軍事裁判の諸判決を受け入れたのであり。裁判そのものは受け入れていない」は、
はたして本当でしょうか。単純に言えばサンフランシスコ講和条約の accepts the judgments の訳の問題です。
では政府見解を見てみましょう。

外務省 歴史問題Q&A
問7.極東国際軍事裁判に対して、日本政府はどのように考えていますか。
 1.極東国際軍事裁判(東京裁判)は、戦後、連合国が日本人の重大戦争犯罪人を裁くために設置された裁判で、28名
 が平和に対する罪や人道に対する罪等により起訴され、病死または免訴となった者以外の25名が有罪判決を受けた
 ものです。
 2.この裁判については様々な議論があることは承知していますが、我が国は、サンフランシスコ平和条約第11条により、
 極東国際軍事裁判所の裁判を受諾しており、国と国との関係において、この裁判について異議を述べる立場にはない
 と考えています。     ^^^^^^^^^^^^                        ^^^^^^

平成18年2月14日 衆議院予算委員会
小泉総理大臣 「極東国際軍事裁判所の裁判については、法的な諸問題に関して種々の議論があることは承知している
 が、我が国は、日本国との平和条約第十一条により、極東国際軍事裁判所の裁判を受諾している。御指摘の答弁は
 いずれも、この趣旨を述べたものであり、その意味において相違はない。」

麻生外務大臣 「B級戦犯、C級戦犯含めまして、複数の裁判所の決定に皆従うという意味で、ジャッジメンツというぐあい
 に複数になっているというように理解するのが正しい英語の理解の仕方だと存じますので、裁判所の判決ではなくて
 裁判を受諾したというように、サンフランシスコ講和条約第十一条はそれを意味しているものだと理解しております。」

安倍官房長官 「今申し上げましたように、私は、もともとの正文である英文を引用してジャッジメンツと申し上げたわけで
 ありますが、政府においてはそれは裁判ということで訳しているわけでありますが、基本的には、要はこれは何を我々は
 受諾をしたかといえば、先ほど申し上げましたように、この判決について、またこの法廷もそうなんですが、それも含め
 て我々が異議を申し立てて損害賠償等々をする、そういう立場にはない、こういうことではないだろうか、こう思います。」

政府見解ではjudgmentsを裁判としている事がお判りいただけたと思います。
そもそも、「判決」を受け入れるのと「裁判」を受け入れるのとでは何の違いもありません。判決を受け入れると言う事
は、その判決理由や裁判所の管轄権をも受け入れることを意味し、判決理由や管轄権を認めず、刑の執行のみを
受け入れるという事にはなりません。また、もし刑の執行の受け入れのみを要求するのでであれば、サンフランシスコ
講和条約第十一条には accepts the sentences と書かれていた筈です。

23 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:47:37 ID:F5FuJvqx
否定派は支那兵は投降していないと言いますが、実際には各部隊で投降を受け入れています。さらに、指揮官自身が捕虜
として認識していた事が下記の史料から判ります。しかしその後捕虜は殺害されているのです。
○&●=1次史料、△=2次史料(1次史料の補足として記載)

○第16師団第30旅団長 佐々木倒一少将私記 (南京戦史資料集T)
 12/13「【捕虜】ぞくぞく【投降】し来り数千に達す」
○第16師団長 中島今朝吾中将日記 (南京戦史資料集T)
 12/13「十二日夜仙鶴門堯化門附近の砲兵及騎兵を夜襲して尽(甚)大の損害を与へたる頃は敵も亦相当の戦意を有し
     たるが如きも其後漸次戦意を失ひ【投降】するに至れり」
△第16師団佐々木支隊所属独立攻城重砲兵第2大隊 沢田正久中尉証言 (証言による南京戦史・南京大虐殺の証明)
 12/14「私は梶浦俊彦中隊長とともに、自動車で仙鶴門鎮へ走り、部隊を点検しました(略)われわれは墓地を利用して、接近
     する一部の敵と相対しました。やがて友軍増援部隊が到達し、敵は力尽き、白旗を掲げて正午頃【投降】してきました。
     その行動は極めて整然としたもので、既に戦意は全くなく、取りあえず道路の下の田圃に集結させて、武装解除しま
     した。多くの敵兵は胸に「首都防衛決死隊」の布片を縫いつけていました。【俘虜】の数は約一万(戦場のことですから、
     正確に数えておりませんが、約八千以上おったと記憶します)でしたが、早速、軍司令部に報告したところ、「直ちに
     銃殺せよ」と言ってきたので拒否しましたら、「では中山門まで連れて来い」と命令されました。」
※仙鶴門鎮付近(堯化門附近)の投降兵7,200人は南京城内に護送され収容されましたが、残りの捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第16師団歩兵第33連隊戦闘詳報 (偕行『南京戦史』)
 12/10〜12/14 [俘虜]将校14、准士官・下士官兵3,082 [備考] 1、俘虜は処断す
 『偕行「南京戦史」』によれば太平門で1,300人を処断、他の場所で1,796人を処断

続く

24 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:49:21 ID:F5FuJvqx
○第114師団歩兵第66連隊第一大隊戦闘詳報 (本当はこうだった南京事件)
 12/13「午前七時〇分予定ノ如ク行動ヲ起シ機関銃ヲ斉射シテ聯隊主力ノ城門進入ヲ掩護スルト共ニ同時ニ当面ノ掃蕩ヲ開始
 ス…掃蕩愈々進捗スルニ伴ヒ【投降】スルモノ続出シ午前九時頃迄ニ三百余名ヲ得友軍砲弾ハ盛ニ城内ニ命中スルヲ見ル」
△第114師団歩兵第66連隊第一大隊第4中隊第1小隊長代理 小宅伊三郎曹長証言(城塁「兵士たちの南京事件」)
 12/12「それでも中国兵は三三五五【降伏】してきたので、私のところで検問して後に送った。(略)あとで千二百の【捕虜】が
 いて、他の隊が捕まえた【捕虜】二、三百も合わせると千五百人(偕行『南京戦史』では1657人)になると聞いた記憶がある」
※上記の捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第114師団歩兵第66連隊第一大隊戦闘詳報 (南京戦史資料集)
 12/13「午後三時三十分各中隊長を集め【捕虜】の処分に附意見の交換をなしたる結果各中隊(第一第三第四中隊)に等分に分
 配し監禁室より五十名宛連れ出し、第一中隊は路営地西南方谷地第三中隊は路営地西南方凹地第四中隊は露営地東南谷地
 附近に於て刺殺せしむることとせり(略)各隊共に午後五時準備終り刺殺を開始し概ね午後七時三十分刺殺を終り連隊に報告す」

○第13師団山田支隊長(第103旅団) 山田栴二少将日記 (南京戦史資料集U)
 12/14「他師団に砲台をとらるるを恐れ午前四時半出発、幕府山砲台に向ふ、明けて砲台の附近に到れば【投降兵】莫大に
 して仕末に困る(略)【捕虜】の仕末に困り、恰も発見せし上元門外の学校に収容せし所、一四、七七七名を得たり」
○朝日新聞 1937年12月17日朝刊 [南京にて横田特派員16日]
 「両角部隊のため烏龍山、幕府山砲台附近の山地で【捕虜】にされた一万四千七百七十七名の南京潰走敵兵は(略)それが
 皆蒋介石の親衛隊で軍服なども整然と統一された教導総隊の連中なのだ、一番弱ったのは食事で、部隊でさへ現地で求め
 ているところへこれだけの人間に食はせるだけでも大変だ、第一茶碗を一万五千も集めることは到底不可能なので、第一夜
 だけは到頭食はせることが出来なかった」 注:山田支隊が捕らえた投降兵は軍服を着用しています。便衣兵ではありません。
※上記の捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊第4中隊 宮本省吾(仮名)少尉陣中日記 (南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)
 12/16「【捕慮兵】約三千を揚子江岸に引率し之を射殺す」※この部分の筆記をNNNドキュメントで放映
 12/17「【捕虜兵】の処分に加はり出発す、二万以上の事とて終に大失態に会ひ友軍にも多数死傷者を出してしまった」
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊歩兵砲中隊 菅野嘉雄(仮名)一等兵陣中メモ(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)
 12/16「夕方より【捕虜】の一部を揚子江岸に引出銃殺に附す」
 12/17「【捕虜】残部一万数千を銃殺に付す」※この部分の筆記をNNNドキュメントで放映
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊第7中隊 大寺隆(実名)上等兵陣中日記(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち・南京事件)
 12/18「昨夜までに殺した【捕リョ】は約二万、揚子江岸に二ヶ所に山の様に重なって居るそうだ」
 12/19「揚子江の現場に行き、折り重なる幾百の死骸に驚く。石油をかけて焼いたため悪臭はなはだし」

25 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:50:03 ID:F5FuJvqx
否定派が挙げる即決の軍事裁判を検証してみましょう。
>・ラーベの日記にも即決の軍事裁判が行われた事が記されている。

ラーベの日記 12月17日
 軍政部の向かいにある防空壕のそばには中国兵の死体が三十体転がっている。きのう、即決の軍事
 裁判によって銃殺されたのだ。日本兵たちは町をかたづけはじめた。山西路広場から軍政部までは
 道はすっかりきれいになっている。死体はいとも無造作に溝に投げこまれた。
 『南京の真実』P124

 先ず説明すべきはラーベの日記は1次史料ではありません。日記は1938年にラーベがドイツに帰国し
た後に加筆されたもので、さらに出版の為に編集までされた2次史料で3等史料です。1996年に出版さ
れました。現在では日記の検証が各所で行われ、数々の矛盾と誤認を指摘されています。また、日本
語訳に誤訳が多い事でも知られています。では「中国兵の死体が三十体転がっている。きのう、即決の
軍事裁判によって銃殺されたのだ。」という箇所のドイツ語原文はどうなっているのでしょうか。日本語訳
の「軍事裁判」では漠然としているので、軍事裁判の内、どのような裁判であったのか考察してみます。
  30 Leichen von chinesischen Soldaten, die dort gestern standrechtlich erschossen wurden.
訳「(戒厳令下の)即決裁判により昨日そこで撃たれた支那兵30の死体。」
  Standrecht+lich(〜の)は厳戒令の;(戒厳令下の)即決裁判による;ですが、この即決裁判には正式
な裁判という意味はありません。standrechtをドイツ語版のWikipediaで調べます。
  Standrecht bezeichnet im Wehrrecht den Zustand, bei dem die von den zivilen Behörden ausgeübte
  Gerichtsbarkeit auf den höchsten Militärbefehlshaber übergeht, dem ein Kriegsgericht zur Seite steht,
  das so genannte Standgericht.
訳「シュタントレヒトは防御状態の呼称です。これにより当局によって取り締まる管轄権は軍の最高司令
  官に権限が委ねられます。そして軍法会議という制度が設置されます。いわゆる即決裁判です。」
この文章は戒厳令の説明文ですが、前後の文脈によりStandrechtを即決裁判または即決軍法会議と訳
す場合がある事も確認できています。さて、ラーベはStandrechtと書いていますが、ドイツでの軍による
正式な裁判はMilitärgerichtsbarkeitになります。ラーベは日本大使館及び日本軍と接触していて、軍の
情報を得られる立場にあったのに、1938年以降に加筆されている日記においてもMilitärgerichtsbarkeit
と書けなかったのです。ラーベはこの銃殺体がどの様な経緯で撃たれたのか知らなかったし、その後も
情報を得られなかったわけです。Standrechtは正式な裁判ではない即決裁判ですが、ドイツと違い日本
は即決裁判を行える軍の規則はありません。したがってラーベが(戒厳令下の)即決裁判と書いていたと
しても、そのような制度がない日本軍が即決裁判をしている筈がなく、裁判が在った根拠になりません。

26 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:50:46 ID:F5FuJvqx
否定派が挙げる合法な処刑を検証してみましょう。
>・南京国際委員会の第37号文書第185件にも日本軍の処刑を「合法な処刑」と記載されている。

南京安全区委員会文書 「第三十七号文書」
 第百八十五件 一月九日朝、クレーガー氏とハッツ氏は、安全区内の山西路にある中央庚款大廈の
 真東にある池で、日本軍将校一名と日本兵一名が平服の一市民を虐殺するのを目撃した。
 クレーガー氏とハッツ氏が現場に着いた時には、男は割れた氷がゆれ動く池の水に腰までつかって
 立っていた。将校が命令を下すと、兵士は土嚢の後に伏せて、男に向けて発砲し、男の肩に弾丸が
 あたった。再度発砲したが弾は外れ、第三弾で男は死亡した(1)。(クレーガー、ハッツ)
 (1)われわれは、日本軍による合法的な死刑執行にたいして何ら抗議する権利はないが、これがあま
 りにも非能率的で残虐なやり方でおこなわれていることは確かである。そのうえ、このようなやり方は、
 われわれが日本大使館員たちと個人的に話し合ったさいに何回も言ったような問題をひきおこすので
 ある。つまり、安全区内の池で人を殺すことは池の水をだいなしにするし、そのため、地区内の人々に
 たいする給水量が大幅に減少するのである。このように乾燥が続いており、水道の復旧が遅れている
 さいに、これはきわめて重大なことである。市による水の配給は非常に手間どっている。(報告者注)
 『南京大残虐事件資料集 第2巻』P114〜P115

「平服の一市民を虐殺するのを目撃した」と書かれている事から軍律審判の判決による処刑と推測する
事はできますが、合法的な死刑執行としか書かれてなく、どこにも軍事裁判が行われていたとは書かれ
ていません。合法としたのもクレーガーとハッツがそう感じただけで、両者とも死刑に至る経過を知りま
せん。
 また、この処刑が合法であった可能性はありません。軍律審判の判決による処刑であれば、中支那
方面軍軍律審判規則によって、検察官の指揮に依りその執行は憲兵が為す事とされていますが、男に
向けて発砲したのは兵士です。検察官(検察官は法務官の中から所管軍法会議長官によって任命される)
を将校と見間違えたとしても、憲兵と憲兵以外の兵科は帽子が全く違い、憲兵の帽子は将校と似ている
ので、この兵士が憲兵であった可能性はありません。検察官と憲兵それぞれ見間違えるとしたら将校二名
と思うか、将校一名と兵士一名のうち、将校が発砲したと思う筈です。つまり、この場に居た日本兵は検察
官と憲兵の二名ではなかった事になります。したがってこの処刑が合法であった可能性はありません。

27 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:51:28 ID:F5FuJvqx
南京事件初心者用FAQ
@ 便衣兵とは何ですか?
 Ans.広義と狭義があります。広義は、一般市民と同じ私服・民族服などを着用した中国兵士(Wikipedia)で、
狭義は、抗日義勇軍・新四軍・遊撃隊のように当初からゲリラとして編成された部隊(偕行『証言による南京戦
史』)です。また、狭義の便衣兵は便衣隊・ゲリラ部隊と同義として使われ、広義の便衣兵はハーグ陸戦条約
4条件違反者という意味が内包されます。※このFAQでは広義の意味での便衣兵を使います。

A 便衣兵は捕虜になれないのですか?
 Ans.なれます。但し必ずなれるとは限りません。このような議論で否定派は立作太郎の『戦時国際法論』の
一節を引用します。「正規の兵力たるときは、是等の条件は、当然之を具備するものと思惟せらるるのである。
正規の兵力に属する者が、是等の条件を欠くときは、交戦者たるの特権を失ふに至るのである。」
 どこに捕虜になれないと書いてあるのでしょうか。交戦者たるの特権を失うと書かれているだけです。交戦者
の特権とは捕虜として扱われる権利だけではなく様々な権利があります。特権を失うとは、ゲリラ戦に至った
場合、現行犯はその場で処刑されても仕方がない、間諜と間違えられても仕方がない、文民と間違われて
刑法犯とされても仕方がない、こういった場合に権利を主張できないという事です。また、捕らえた敵兵をいつ
から捕虜とするかは指揮官の自由裁量ですから、4条件違反者であっても捕虜にして構いません。なぜなら
4条件違反者を捕虜とする事を禁止した条約・慣習法は存在しないからです。何れにしても立作太郎は便衣兵
を捕虜としてはならないとは言っていません。
 簡単な例えで説明しましょう。正規の交戦者が着替えている最中に無抵抗で敵軍に捕らえられたとしましょう。
(戦場に居たのですから捕らえられずにその場で射殺される場合もあります。これは違法ではありません。今は
捕らえられた場合を考えてみます)この者は捕虜になれないのでしょうか。答えは「捕虜になれる」です。軍人が
軍装ではなかったり武器を携行していなかったといえども、これを罰する条約・慣習法は存在しません。4条件
違反者が害敵手段を採れば戦争犯罪になりますが、4条件違反者が戦場に居ただけでは犯罪になりません。
不審者として拘束される事はあっても即決処刑はできないのです。指揮官の裁量次第では捕虜にもなれます。
 因みに、1929年ジュネーブ捕虜条約において、【第一条(俘虜の語義)本条約は第七編(或種非軍人に対する
条約の適用)の規定を害することなく左の者に適用せらるべし。(一)陸戦の法規慣例に関する千九百七年十月
十八日の「ヘーグ」条約付属規則第一条、第二条及第三条に掲ぐる一切の者にして敵に捕へられたる者】と
されており正規兵又は之に準ずる非戦闘員であれば、捕えられた場合、捕虜としての扱いを受ける権利を持ち
ます。日本は1929年ジュネーブ捕虜条約に署名をしていますが批准はしていません。しかし、南京戦時に国際
法上の捕虜の定義が確立されており、ハーグ陸戦条約を批准している以上、ハーグ条約でいうところの捕虜は
1929年ジュネーブ捕虜条約で定義された捕虜となります。したがって便衣兵であっても投降してきた場合や降伏
した場合は、戦時重罪犯として裁判が行われるまで拘束されるか、指揮官の裁量次第で捕虜になれます。

28 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:52:10 ID:F5FuJvqx
B 便衣兵を捕らえた場合は即決処刑(無裁判処刑)してよいのですか?
 Ans.いいえ。便衣兵は交戦者資格がないので即決処刑して構わないという解釈は、ハーグ陸戦条約に
より否定されています。害敵手段・攻囲及砲撃の章で下記の禁止事項があります。この禁止事項は相手側
の交戦者資格有無に関係なく禁止されています。※ハーグ陸戦条約上は、交戦者資格無き者は捕虜にな
れない、交戦者資格無き者は条約の規定から外れるとは一切書かれていません。

第二款 戦闘、第一章 害敵手段・攻囲及砲撃
 第二十三条 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外特ニ禁止スルモノ左ノ如シ
  ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
  ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト
  ニ 助命セサルコトヲ宣言スルコト
  チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト
 便衣兵(交戦者資格無き者)であっても背信の行為を以って殺傷する事はできない。便衣兵であっても武器
を捨て投降してきた者を殺傷する事はできない。便衣兵であっても助命しないと宣言してはならない。便衣兵
であっても権利及び訴権を奪ってはならない。また、裁判を行わないと宣言してはならない。よって、捕らえた
便衣兵は戦時重罪犯として裁判が行われるまで拘束しなければなりません。

 チの対手当事国国民には、民兵・義勇兵団を含む交戦者が含まれます。国民とは住民の意味であるという
解釈はできません。ハーグ陸戦条約では住民・人民と、国民を使い分けて記述されています。
対手当事国国民:the nationals of the hostile party 住民・人民:the inhabitants
陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約の前文に次の記述があります。「人民及び交戦者」。この部分の原文は、
the inhabitants and the belligerents となっています。では、ハーグ陸戦条約における国民とは何でしょうか。
国民が住民の意味であれば、チの項の原文はこうなっている筈です。the inhabitants of the hostile party
しかし実際は違います。国民(nationals)=住民(inhabitants)+交戦者(belligerents)と考えるのが自然です。
因みに権利及訴権は law the rights and actions ですから、訴権に限らず法的な行動全てを指します。

 否定派は「捕獲した大量の便衣兵を裁判にかける事は能力的に不可能であった」と原剛も認めていると言い
ますが、原剛は「だからといってこれが合法であったとは言い難い」と書いています。では、全員を裁判にかけ
る必要があったのでしょうか。兵士は指揮官の指示に従っているだけなので、部隊に戦争犯罪行為があった
としても兵士全員を裁判にかける必要性はなく、部隊を統率していた指揮官がその責任を負うのであり、通常
は指揮官のみの裁判で済みます。便衣兵全員を裁判にかける事は不可能であったから処刑したという理屈
は成立しないわけです。

29 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:52:42 ID:ijNwPU2+
で、日本軍による組織的な民間人の大量殺害は無かったって事でOK?

30 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:54:02 ID:F5FuJvqx
C 便衣兵を捕らえた場合は本来どのように対処すべきだったのですか?
 Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、戦時重罪犯として軍事裁判の判決により処する
のが本来の手順でした。裁判が行われるまでは拘束される事になります。裁判の種類は中支那方面軍軍律
審判規則第十条により、特設軍法会議になります。罪状は陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則第一条違反となり、
適用される法律は陸軍軍法会議法になります。罰則も陸軍軍法会議法に定められた規則に依ります。この
特設軍法会議は1938年1月初旬に設置されるのですが、この時に中支那方面軍と上海派遣軍、第十軍の管
轄区分を定めた「中支那方面軍に於ける各軍法会議の事務取扱に関する件」を松井軍司令官が制定します。
この規定によると「陸軍軍法会議法第一条乃至第三条及第六条記載の者に対する被告事件を審判」する事
になっており、第六条の記載にこう書かれています。「本条は、戦時又は事変に際し軍事上の必要に基き第
一条に記載したる以外の者に対しても、亦如何なる犯罪であっても總て軍法会議に於て裁判権を行ふことが
出来得る旨を規定したるものである」つまり、自国の軍人に限らず、敵国軍人・軍属であっても戦時における
あらゆる犯罪を管轄する司法権限を有するという事です。
 例外もあります。捕らえた者が軍人か民間人か判断できない場合(便衣兵嫌疑者)は、軍律審判で真偽を判
断するしかありません。間諜(スパイ)嫌疑者も、軍人か民間人か判断できない場合は同様に軍律審判で判断
するしかありません。軍人と判断されれば次は軍法会議での裁判となり、民間人と判断されれば釈放されます。
尚、占領地の住民の犯罪は中支那方面軍軍律により、軍律審判による行政処分を受ける事になります。
 また、軍法会議により支那兵が死罰となったとしても、刑の執行は陸軍軍法会議法第五百二条により陸軍
大臣の命令がないと出来ません。
 裁判の対象になるのは全ての便衣兵ではありません。捕らえた部隊全員が便衣であれば部隊の指揮官が
その責任を問われ、軍服を着用した部隊にあって個々で便衣に着替えていた場合は個人に責任が問われま
す。前者の場合、指揮官以外を捕虜とする事も出来ます。余談ですが南京戦時、国民党軍人・軍属のうち軍服
着用者は2割程しか居なかったと言われています。そもそも制服を支給されていなかったのです。したがって殆
どの場合、部隊の指揮官のみを裁判にかければ済む事になります。

31 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:54:45 ID:F5FuJvqx
D 安全区で捕らえた便衣兵は文民保護というハーグ条約の主旨に反しています。即決処刑は合法になりますか?
 Ans.なりません。ハーグ陸戦条約のどこにも兵民分離について書かれた条文はありません。否定派が条約
の主旨をまるで条文の如く吹聴しているだけです。これは否定派のダブルスタンダードで、ある時は条文に書か
れていないから合法と言い、またある時は条文に無い条件を当てはめます。該当条文が無ければ、4条件違反
以外の違反行為はありません。但し国際慣習法としては問題があります。しかしゲリラ活動の為の潜伏ではない
ので、安全区に潜伏していたのを発見されたとしても、正当防衛としてその場で射殺しない限りは通常の戦時重
罪犯として対処しなければなりません。実際に安全区内で捕らえられた便衣兵について、ゲリラ活動を示唆する
記録はありません。捕らえられた便衣兵に関してはどの記録を見ても武器を携行していないのです。ゲリラ活動
の記録も若干はありますが、それらの記述では「便衣隊」「ゲリラ部隊」とされており、ここでいう便衣兵とは別の
存在です。(掃討戦時に物陰から射撃された記録はありますが、射撃した兵はその場で殺害されており、射撃し
た兵が便衣兵であったという記録はありません。掃討戦時に攻撃された例では兵を捕らえておらず、応戦してい
ます。これは戦闘の延長ですので敵兵の殺傷は合法となります。不意に手榴弾を投げられ、拘束兵が逃亡を図
った記録もありますが城外の出来事です。安全区で捕らえた兵が抵抗したという記録はありません。)
 軍装を放棄し、便衣でいる事自体が害敵手段という見解は、この件には当てはまりせん。害敵手段とは戦争の
目的を達成する為に敵に対して行う暴力的または策略的行為ならば、安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争目的
達成に何ら寄与する事はなく、武装も放棄しているのですから、件の便衣兵に当てはめるのは無理があります。
 また、文民保護の観点でいえば、否定派は防守地域であれば軍民無差別攻撃して構わない、南京を占領下に
置くまでは城内で兵民問わず何人殺害しても合法と言いますが、この論法こそ文民保護を無視しています。安全
区で捕らえられようが安全区外で捕らえられようが便衣兵への対処はAns.Cの様に実施されなければなりません。

E 捕らえた便衣兵は裁判後、処刑されたのですか?
 Ans.いいえ。裁判が行われた記録はありません。公式記録にないどころか、嘘を吐く事ができる証言でも裁判
に参加した者も見た者も居ません。南京戦に参加した兵の日記・メモ・手記の記述にも裁判に参加した者も見た
者も聞いた者も居ません。また、極東軍事裁判松井石根判決文に「このようにして、右のような捕虜三万人以上
が殺された。こうして虐殺されたところの、これらの捕虜について、裁判の真似事さえ行われなかった」とあります。
 松井石根裁判での弁護側反証に以下の様なやりとりがあります。中山証人:安全地区内に一部の敗れた兵が
潜んでおりまして、しかも武器を持って潜んでおったのでありますから、これを探し出しまして、すなわち軍法会議
にかけて処断したという事はあるいはあったと思います。それを大袈裟に伝えられたものと思います。サトン検察
官:彼らが射殺される前に、軍法会議にまわされたのは幾人でありましたか。中山証人:数は覚えておりません。
 この中山証人が本当の事を言っている保証はありませんし、実情を知っていたのか判りません。何れにしても
「あるいはあった」「覚えておりません」との証言から判るように推測で言っているだけです。そもそも城内で摘出さ
れ刺射殺された兵は6670人であり、数が合いません。その後の判決でこの主張は一切認められなかったのです。

32 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:55:27 ID:F5FuJvqx
F 軍事的必要が在った場合は捕虜を殺害してよいとの学説がありますが南京戦時に適用できますか?
 Ans.いいえ。南京戦時に軍事的必要は国際慣習法として認められていませんでした。以下記述を参照下さい。
「いわゆる南京事件の不法殺害」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 『日中戦争再論』 2008年 P143-145
  また、第一次世界大戦前後にドイツで唱えられた、軍事的必要 ( 危機 ) の場合、国際法規慣例の遵守よりも
 軍事上の必要性が優先するという「戦数論(Kriegsrason)」を援用して、大量の捕虜・便衣兵の殺害は危機回避
 のため正当であると主張する論もあるが、多くの国際法学者はこの「戦数論」に反対している。立作太郎もこれを
 認めることは、「戦時法規の自殺に外ならぬ」と言い、さらにこの論は「交戦法規全般の拘束力を微弱ならしむる
 ものである。此説はドイツの一部の学者の唱道する所に止まり、国際慣習法上に於て認められたる所ではない
 のである」と論じている。南京占領時の日本軍は、当時の「戦闘詳報」・「陣中日誌」・将兵の日誌などを見る限り、
 捕虜や便衣兵を殺害しなければならないほど、危機に瀕してはいなかったのである。したがって、たとえ軍事的
 必要 ( 危機 ) 論が一部に認められていたとしても、この論は適用できないと言わざるを得ない。

『戦争法の基本問題』田岡良一 国際法学者 岩波書店 1944年 P122
 従って「戦数は否定されていない」と主張する場合でも、それは必ずその正当化となる根拠を示した上で主張され
 なければならず、ここで否定された肯定論とても「緊急権」を根拠としているように、単に「戦数によって戦争法を
 逸脱出来る(ことは否定されていない)」などと主張することは許されるべきではないと思う。

『国際法辞典』筒井若水 国際法学者 有斐閣 1998年 P72
 クリークスレーゾン 独Kriegsrason
 第一次大戦前に主としてドイツの学者によって唱えられた考え方であるが、戦争法はそうした必要を既に組み込ん
 だものであり、濫用を正当づけるための口実として使用されるおそれがあるとして批判が多い。

『現代戦争法規論』足立純夫 国際法学者(国際人道法) 元防衛大学教授 啓正社 1979年 P28
 第1次及び第2次世界戦争を通じて、Kriegsraisonの主張及びその実行はしばしばドイツ軍により行われた。国際
 法学者の大部分は既に第1次世界戦争以前からこの主義に反対している。

『オッペンハイム国際法論 第3版』ロナルド・F・ロクスバーグ 1920年
 「投降者の助命は、次の場合に拒否しても差支えない、第一は、白旗を掲げた後なお射撃を継続する軍隊の将兵
 に対して、第二は、敵の戦争法違反に対する報復として、第三は、緊急必要の場合において、すなわち捕虜を収容
 すれば、彼らのために軍の行動の自由が害せられて、軍自身の安全が危くされる場合においてである」
南京戦前の第4版(1926年)では「第三は、緊急必要の場合において・・・」以降の部分は削除されています。つまり、
南京戦の時点で緊急必要の場合(軍事的必要)における助命拒否は国際慣習法として認められていなかったのです。

33 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:56:11 ID:F5FuJvqx
まとめ
 南京事件とは敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害です。敵拘束兵の処刑記録は探せばいくらでも出
てきます。それでも犠牲者が3万人を越える事はないでしょう。3万人以下とはいえ、これだけの人数を無裁判
で処刑すれば虐殺と呼ばれても仕方がありません。
 しかし否定派は、当時は他国の軍隊も捕虜を無裁判で処刑していたと反論をします。他国もやっていたとすれ
ばその国も虐殺をしていた事になるだけで、他国もやっているからいいという事にはなりません。対手国が戦争
法規を無視していたとしても文明国である日本は遵守義務があるのです。単なる手続き上のミスである、処断が
処刑とは限らないという反論に至っては愚の骨頂というしかありません。もはや否定派の反論は肯定派の主張
を歪曲するか、肯定派を十派一絡げにし、市民大量殺害の記録は無いから南京事件は無かったと言い張るし
かないのです。そうしなければ中間派(中・小虐殺派)に言い返す言葉が無いからです。市民にも相当の犠牲が
あったでしょうが戦争である以上、市民の犠牲者は出ます。しかし組織的に市民を殺害した証拠はないので市
民殺害を以って南京事件の本質とする理由がありません。肯定派でも市民大量殺害説を唱える者は少数です。
否定派は存在しない大虐殺肯定派に対しシャドウボクシングをしているのです。また、広島・長崎への原爆投下、
都市への空襲の方がはるかに残虐であり大犯罪と言いいます。これには同意しますが、だからと言って南京で
日本軍が犯した犯罪が相殺されるわけではありません。戦争犯罪はどれも酷く、南京事件もその中の一つです。
 前掲した様に、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようと試みても、学者・有識者の見解はことごとく裁判は
必須との事です。もはや無裁判処刑合法論は破綻し、この期に及んで合法論を唱える者は無教養と言わざるを
得ません。追い込まれた否定派の中には裁判が在ったと主張する者も居ます。裁判が在ったとする根拠は、無
裁判で処刑された証拠が無いからと主張する有り様です。処刑の記録があり、その処刑に対しての裁判記録・
証言が無いのだから自明なのですが決して認めません。およそ論理的とは言えない主張です。或いは詭弁と知
りながら言っているのです。
 別の観点から見れば、否定派は信じたい事以外は認めない思考停止状態に陥っていると言えます。その傾向
は無裁判処刑合法論以外でも、証言についての反応で見られます。例えば処刑を見たという証言は検証できな
いと言い、処刑など見た事もないという証言は無条件で信じます。当たり前の話です。処刑は城外で行われまし
た。城内に居た者は見れる訳がありません。また、処刑の場に立ち会った者は日本軍の中でも僅かであろう事
も付け加えておきます。処刑を見た者と見なかった者、相反する立場が共存していても矛盾しません。
 他にも、陥落直後に城内で飲食店や露店が営業していたから南京は平和であった、だから虐殺など在り得な
いと言います。しかしこれも城外での処刑が無かった証拠にはなりません。このように否定派の主張は全く非論
理的であり、2択にならない条件を2択に誘導し、虐殺は無かったと詭弁を使います。証言は証拠にならないとい
うのなら、一切の証言を無視すべきです。持論に都合のいい証言は信じ、そうでないものは切り捨てるといった
手法では、その史実探求に誠実さは望めません。日本が過去において過ちを犯したと思いたくないのは判ります
が、史実の探求に感情論を持ち込んではいけません。

34 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 10:56:57 ID:F5FuJvqx
以上、テンプレ変更箇所は、
・何月日を西暦に統一。
・ラーベの日記に関して、一部不明瞭であった部分を前スレ253のWiki訳を元に補填。
・まとめの記載「捕虜の無裁判大量処刑」を「敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害」に変更。捕虜だけ
 が殺害されたわけではないので元の記載が不正確でした。
・その他文言の見直し等。

35 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 13:36:49 ID:YLiViK9p
その自称テンプレに対して疑問点が三つ。

1.対戦国が戦争法規を無視して被害を与える戦法を使った場合、慣習法として報復が認められたが
  なぜ日本だけが報復の権利が認められないのか(報復の権利行使は相手にその攻撃をさせないための
  警告としての意味合いを持つ)。
2.ならばなぜ「南京大虐殺」の内容が「拘束兵の大量処刑および捕虜の殺害」と唱えずに
  「南京市民30万人の殺害」と言うまったく違うことを問題にしているのでしょうか?被害者が
  違い、殺害方法も違い、殺害理由も違うとなれば一般には別の事件として取り上げられます。
  何でそれを「これが南京事件の本当の姿だ」と言えるのでしょうか?
3.さらに言えば、2のことから「南京大虐殺」と一般に言われている(それこそKouei43がコピペしまくる)
  「南京大虐殺(南京市民30万人を軍の命令で殺害しまくった)」と言うことを糾弾しないのでしょうか?
  自称テンプレの主張も中国の主張は嘘だ、と言うことでは同じわけですが中国を批判することを
  今まで見たことがないんですが、どうして批判をしないのでしょうか?

36 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/14(水) 13:39:41 ID:3t76MZnm
>>22
判決を受け入れるのと裁判を受け入れるのとでは全く違いますw
「不当判決」と裁判の内容を否定しても、判決を受け入れることは今でもあります。
条約に法が適用されるわけがないのに
「判決を受け入れると言う事は、その判決理由や裁判所の管轄権をも受け入れることを意味し、
判決理由や管轄権を認めず、刑の執行のみを受け入れるという事にはなりません」
などと法の考え方を適用するのは詭弁以外の何物でもありません。
また、英語の訳を
「また、もし刑の執行の受け入れのみを要求するのでであれば、
サンフランシスコ講和条約第十一条には accepts the sentences と書かれていた筈です」
と自分の推測を押しつけても何の根拠にもなりません。
条約は英語の他にもスペイン語、フランス語などの成文があり、そのいずれもが同様の内容である以上、
スペイン語、フランス語の訳が「判決を受け入れる」と鳴っているのであれば、当然、英語の訳も「判決を受け入れる」となります。
なお、日本語訳は成文ではないので、どのような訳であっても全く成しません。例え誤訳であったとしても。
故に政府見解がどのような物であれ、優先されるのは条約なので、裁判を受け入れる、又は同等の意味であるというのは全くデタラメなのです。


37 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/14(水) 13:40:23 ID:3t76MZnm
>>25
ラーベの日記は肯定派が根拠としてさんざん出してきた資料です。
また、同様のことは他の資料でも言えるのですが、都合が悪くなったら3次資料というのはいかがな物でしょうか。
さらに日本語訳に誤訳が多いという指摘は、素人が一文を機械語翻訳などで変換した程度のお粗末なレベルです。
文章の中で訳さなければならないところを「standrecht」と言う単語で訳しているのです。
日本語に例えるなら「上の空」と言う意味を「上」と「の」と「空」のそれぞれの単語で訳しているような物です。
「standrechtlich erschossen wurden」で訳すならば「軍事裁判によって銃殺された」と言う意味になります。(辞書によっては「即決裁判」と言う場合もありますが)
いずれにせよ、この場合に「戒厳令」と訳すのは不適当なのです。
また、軍事裁判は正式な裁判ではありませんが、国際法で認められた裁判です。
正式ではないと言うことで、法律上問題ないのです。
現在でも、正式な裁判でなくとも略式裁判でも法的根拠があるようなものです。
さらに日本には軍事裁判を行える規則がなかったと言いますが、そんなことはありません。
小川法務官のように審判を日本兵に対して行えているのですから、同様に敵兵に対して軍事裁判を行う事は十分出来るのです。
>>25を書いた人は、何一つその根拠を示さないまま、自分の妄想のみで可能性を否定しているだけなのです。
「ラーベは日本大使館及び日本軍と接触していて、軍の情報を得られる立場にあったのに、1938年以降に加筆されている日記においてもMilitärgerichtsbarkeitと書けなかったのです。
ラーベはこの銃殺体がどの様な経緯で撃たれたのか知らなかったし、その後も情報を得られなかったわけです。」
などと何の根拠もなく自分で勝手にストーリーを作ってムリヤリ当てはめているのですから。
軍事裁判が正式な裁判でない以上、その言葉を使わなかったという考えは彼にはとうてい無理だったのでしょうね。
軍事裁判は正式な裁判でなくとも法的には認められるんですが、ね。

38 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/14(水) 13:41:12 ID:3t76MZnm
>>26
この報告の文章は書かれていることを素直に読めば、どこにも
「合法としたのもクレーガーとハッツがそう感じただけで、両者とも死刑に至る経過を知りません。」
と解る根拠になる部分は存在しません。
あくまで書いていないだけで、「軍事裁判は行われていない」とも「そう感じただけ」とも読み取れる部分はなく
そもそも報告書でそのような個人的感情で判断するような適当な報告をしても良いのか非常に疑問です。
更に「憲兵ではない」と言う論理があまりにも個人的な憶測のみでしかありません。
目撃したクレーガーとハッツは国際委員会所属ではなく、クレーガーは赤十字、ハッツにいたっては機械工です。
彼らが日本兵を区別できず、将校と兵士二人と言ったとしても無理はないと思います。
国際委員会所属でない彼らに果たして日本兵の区別は付いていたのでしょうか?
そもそも憲兵とそれ以外の兵士の区別を付けることが、彼らにとってはそれほど重要では無いでしょう。
国際委員会所属ではないのですから。
そのことも考えずに、憲兵と見間違えるはずがないと断言しているその根拠が、憲兵などを十分に理解していたという前提の元でしか成り立たないのです。
一般の外国人にとっては、兵士を区別付けることに意味はそれほど無かったと思いますが。
「誰が偉いか」と言う階級の上さえ認識していれば、あとは兵士という認識で十分だったでしょうねぇ。
故に合法であった可能性はない、と言う主張は全くの根拠がないと言わざるを得ません。

>>31
> 裁判が行われた記録はありません。公式記録にないどころか、嘘を吐く事ができる証言でも裁判に参加した者も見た者も居ません
裁判で争点にもならず、聞かれもしていないのですから誰も言わないのは当然です。
判決文の「裁判の真似事さえ行われなかった」と言うその根拠すら、この解説を書いた人には提示できていません。
「すなわち軍法会議にかけて処断したという事はあるいはあったと思います。」という証言は、推測であってもそう言う処断の仕方が存在し理解していたことの裏付けになります。
そもそも「本当のことを言っている保証がない」のであれば、他の証言全てが同様に保証が無くなります。
つまり先の松井大将の判決文の根拠ですら、証言を元にしているのならばそれが正しいという保証はなく、裁判をしていないという根拠にはなり得ないのです。

何より、記録がないと言っている割には、実在しているはずの小川法務官の審判記録ですら見つかっていないのです。
実在している記録が見つからないのであれば、それは資料不足か、それとも本来記録に残さないような性質の物か、又はそれ以外の可能性もじゅうぶんに考えられるのです。
結局のところ、裁判はしていないという根拠そのものが無く、実在する審判ですら記録が出せない以上、肯定派の言っていることは単なる憶測に過ぎず、もっと資料を調べる必要があるとしか言いようがないのです。
実在する物すら見つからないのであれば、例え裁判をやったとしても単に見つかっていないと言うことは十分考えられるのですから。

ちなみに当事者同士の裁判でないので、裁判をやった証拠をださなければ無かったことになる、と言うような裁判ルールは適用されるはずもありません。
歴史的には「裁判をしたかどうか解らない」と言うことなのですな、現段階では。

39 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/14(水) 14:03:19 ID:3t76MZnm
とりあえず、私の反論の部分はここまでw
面倒なので、他の部分は他の人に丸投げw

まあ、>>33の時点で、コイツの言っていることは終わっているんだがw


> 南京事件とは敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害です。


民間人虐殺は違うのですかそうですかw
そもそもそれだけだと言っている奴を提示してくれという話だよなぁw
結局、民間人虐殺が言えないから問題をすり替えているだけだろうにw
教科書などでは「女性子どもを含む民間人虐殺」とか書いてあるのにw


要は言い訳のオンパレード、まとめと書いてある割には内容は単なる個人的な感想文でしかないw
民間人虐殺が証明できない時点で、ほとんど終わっているんだよねぇw
現実に、兵士の無裁判処刑のみを大虐殺と主張している学者が居るなら是非とも示してもらいたいものだよねぇw
個人的な考えと妄想を押しつけられてもねぇ、その根拠となる物がなければこちらとしても困るわけでw

民間人虐殺は証明できない、まずは肯定派全体でその認識を持ち、民間人虐殺についてもはや言うことがないという状況で、
次に無裁判処刑について語ってもらいたいものだよねぇw
問題を棚上げしたまま、問題をスライドするやり方は慰安婦問題で飽き飽きw


つか、肯定派はこれらのテンプレを認めているのか?w
単に個人的に貼り付けているだけじゃないのか?w
「南京事件とは敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害です」と確定させていいものかどうか、その辺を他の肯定派に聞きたいねぇw

40 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 16:46:51 ID:ggm32I3d
K−K涙目wwwwww

41 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 17:27:16 ID:HldDKX7r
>>35
あと、3万人を超える捕虜虐殺と言いながら7000名あまりの所謂便衣兵掃討戦だけを問題としている
捕虜殺害だけを言いながら「南京大虐殺は事実だ」と主張し、あたかも30万虐殺が事実のように
ミスリードをさせる戦法と何ら代わりがないですね

便衣兵だけ言及するなら7000人だけで勝負しろよ、と

42 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 17:57:46 ID:TjHFM8Mu
24
しかし、いまだに「第一大隊戦闘詳報」を持ち出してくるとはwww
肯定派には学習能力がないのか、それとも今まで徹底的に、ことごとく論破されたのが理解できないのか、その両方なのかwww

43 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 18:41:39 ID:YuMpjQIK

笹川良一は、ヒトラーに会いたがっていた

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0202/3/121_1.html

笹川良一は、自家用飛行機で会いに行っていた。

44 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 18:49:35 ID:HldDKX7r
歴史上、ヒトラーは超極悪人とされているが、毛沢東、スターリンに比べたらかわいい物だよな
ヒロヒトなど、蒋介石、トルーマンに比べれば平和主義者を語っても良いくらいだ

45 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 19:01:57 ID:ggm32I3d
実際平和主義者だったって聞くからねぇ
戦争に最後まで反対してたとか

46 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 21:09:41 ID:uP7VfirX
肯定派というのは、支那政府主張及びアイリスチャンの超DQN主張が有るからハンデが付き過ぎなんだよw
表立って超DQN主張を否定できない苦しみを背負っているw

レイプ被害で堕胎が行われていたと考えられる時期は丁度スマイスが報告書の調査を行っていた時期と重なるから、
レイプによる堕胎が頻発していたなら国際委員会の連中は当然認識し何らかの行動を取っていたはずなんだよなあ。
スマイス報告にはレイプのレの字も出てきません、 ただしRapeSeed(セイヨウアブラナ)はありますw

47 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 22:43:44 ID:F/LR9NTB

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★33 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 10:56:11 ID:F5FuJvqx
  南京事件とは敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害です・・・
  3万人以下とはいえ、これだけの人数を無裁判で処刑すれば虐殺と呼ばれても仕方がありません。

 ●吉田チン論型池沼""中間派""が絶句する質問・・・(´・ω・`) 【※2回目】

  この様な""池沼見解""を出している国際法学者は誰?・・・(´・ω・`) 
           ↓    ↓    ↓    ↓
  ★""捕虜および敵拘束兵を処刑するなら裁判にかけなければならない""
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 ■【この池沼中間派""自己解釈""の大破綻点】

 ""捕虜および敵拘束兵を処刑するなら裁判にかけなければならない""とは、
 即ち、《《 裁判にかければ捕虜および敵拘束兵の処刑は可能である ・・・by 池沼中間派 》》と言う事。
     ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ●まさに本末転倒のギガトン級の池沼""自己解釈""!・・・(´・ω・`)

 ●故に""捕虜および敵拘束兵を処刑するなら裁判にかけなければならない""との国際法学者の見解文
  を確認させてもらう・・・(´・ω・`)

 ●引用するなら下記資料をどうぞ♪・・・(´・ω・`)

  ■【俘虜処罰ニ関スル法律】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm38-38.htm
  ■【陸軍刑法】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm

48 :<:2010/04/14(水) 22:45:35 ID:F/LR9NTB

 ●池沼中間派に""使いやすいK-Kのレス""をプレゼント・・・(笑
       ↓    ↓    ↓    ↓

 ★772 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/22(月) 21:06:54 ID:Xt4oaN0r
  罪刑法定主義は理解していますか?処罰(刑罰)する根拠がないのであれば処罰(刑罰)できないということ。

 ★289 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/25(木) 23:28:15 ID:EM1dOH5O
  ■また、「法律なければ刑罰なし」の法諺程度は念頭におくべきでしょう。


【※2回目】
敵拘束兵及び捕虜を【  処罰する法的根拠  】は下記しかないのだが、一体どれを適用するん?・・・(´・ω・`)

  ■【俘虜処罰ニ関スル法律】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm38-38.htm

  ■【陸軍刑法】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm


 【結論】
 ミスター池沼見解吉田チン論型肯定派の""自己解釈""とは・・・・

  ★""軍事裁判にかければ捕虜を処刑できる""

 ありぇね〜♪・・・(笑

 【 罪状が全く不明 】なのに""裁判にかける事ができる""んかよ♪

 ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

49 :<:2010/04/14(水) 22:52:22 ID:F/LR9NTB

おまけ・・・(笑

 ■【質問】"便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵は軍律審議に掛けよ"との類の【軍律が制定】されたのですか?
     ↓
   ★229 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/19(金) 00:18:31 ID:mKjxtB+c
     Noですよ。

 ●故に、"便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵"を軍律審判にかけなかったとしても

  その違法性を問う事はできない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


50 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 22:59:57 ID:ggm32I3d
>>34を読むと
>・まとめの記載「捕虜の無裁判大量処刑」を「敵拘束兵の無裁判大量処刑及び捕虜の殺害」に変更
と書いてあるな
つまり肯定派も 捕虜は裁判に掛けられないということは多分認めていると思う

51 :<:2010/04/14(水) 23:06:17 ID:F/LR9NTB
>>50
つまり、この池沼中間派ご用達のこの見解文が""死んだ""事になる・・・(笑
     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 ●【 罪状が不明 】にもかかわらず、捕虜を軍法会議にかけられるワケがない・・・(笑

52 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:08:40 ID:ggm32I3d
あれだけ長いテンプレもどきを貼って自己矛盾を露呈させたかw
バロスw

53 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:12:30 ID:uP7VfirX
南京1936地図から病院がどれくらいあるか調べてみたが
鼓楼醫院、軍醫學校、軍医司、陸軍医院の4ヶ所しか見つからなかった。
首都で100万人の人口を擁している南京にしては病院の数が少なすぎだ。
南京の連中は町医者に掛かっていたのだろうか?


54 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:23:36 ID:HldDKX7r
>>50
いやいや所謂便衣兵を捕虜と言う事を諦めただけかと

55 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:32:30 ID:En97bnvh
ストローマンと同じように「声闘(ソント)」もテンプレに入れたくなったな
冗長で要領を得ないdrdrしたコピペなど見ないっての

56 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:35:22 ID:lpxunho7
そういやここのネトウヨ連中って、ナチスドイツのユダヤ人大虐殺も否定してるんだっけ?
テンプレ見てて気づいたんだけど

57 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:37:13 ID:ggm32I3d
>>56
テンプレのどの部分がホロコーストを否定してるんですか?w文盲さんw

58 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:37:17 ID:En97bnvh
600万が嘘なのは世界の常識だが

59 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:37:26 ID:G9EDoxsl
>>51
> ●【 罪状が不明 】にもかかわらず、捕虜を軍法会議にかけられるワケがない・・・(笑

俘虜じゃなくて捕虜と言っているから軍法会議にかける事も出きるけどなw
捕らえた者は4条件如何に関わらず捕虜だろ。

 次官通牒陸支密第1772号昭和12年11月4日
 交戦法規ノ適用三関スル件
 (略)日支全面戦ヲ相手側ニ先ンシテ決心セリト見ラルルカ如キ言動(例へハ戦利品、"俘虜"等ノ名称ノ
 使用或ハ軍自ラ交戦法規ヲ其ノ儘適用セルト公称シ其ノ他必要己ムヲ得サルニ非サル二諸外国ノ神経ヲ
 刺戟スルカ如キ言動)ハ努メテ之ヲ避ケ(略)

 飯沼守少将 上海派遣軍参謀課長日記抜粋 10月9日)
 参謀長に訓示指示の後すべき事項
 (略)歩戦協同不十分なり(敵の夜襲に追踉する夜襲)"俘虜"を作る如くす敵動揺の兆あるに乗し来る者は"捕虜"と
 すへし、彼等は日本軍に捕らわれは殺さると宣伝しあり之を是正すること (略)

つまり、捕虜を軍法会議にかける事は可能。俘虜じゃないから戦時重罪としても問題ないんだけどwww
当然、罪状がなければ軍法会議にかける事は出来ないが、では何で裁判もせずに処刑したんだろうねー。
これってどう考えても違法だよなw

60 :<:2010/04/14(水) 23:40:58 ID:F/LR9NTB
>>59

【質問】「Yes」or「No」で答えてくれ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 【 捕虜 】 ≠ 【 俘虜 】 なのですか?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

61 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:41:21 ID:En97bnvh
だから、犯罪者ではない捕虜を何の罪状で裁判にかけるんだと>>59

62 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:41:46 ID:ggm32I3d
>>59
俘虜と捕虜ってどう違うのかね? その引用だけだとよくわからないのだが

63 :日出づる処の名無し:2010/04/14(水) 23:46:00 ID:En97bnvh
何せ、敵兵を殺すのに裁判が必要だと妄想してるバカだから

64 :<:2010/04/14(水) 23:52:40 ID:F/LR9NTB
>>59
何度も自爆死してる池沼""中間派""である事はミエミエ・・・(笑笑笑笑

""学ぶ事""が出来ないから、何度でも自爆する♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●ほらよ♪もう一度、池沼中間派に""使いやすいK-Kのレス""をプレゼント♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
       ↓    ↓    ↓    ↓

 ★758 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/22(月) 20:42:27 ID:Xt4oaN0r
   簡単に言うならば、軍律がないのであれば、罰することはできないということです。

 ★772 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/22(月) 21:06:54 ID:Xt4oaN0r
  罪刑法定主義は理解していますか?処罰(刑罰)する根拠がないのであれば処罰(刑罰)できないということ。

 ★289 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/25(木) 23:28:15 ID:EM1dOH5O
  ■また、「法律なければ刑罰なし」の法諺程度は念頭におくべきでしょう。

 ●【 捕虜 】 = ""単に捕獲した者""と解釈するのなら、

 【※3回目】
 ●敵拘束兵(=捕獲された支那兵)及び捕虜を【  処罰する法的根拠  】は一体どれ?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

  ■【俘虜処罰ニ関スル法律】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm38-38.htm

  ■【陸軍刑法】
  http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm

 ●後、""戦時重罪""だと解釈するのなら、一体どんな罪?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


答えられないのなら自殺しちゃいなYO♪♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

65 :<:2010/04/15(木) 00:03:05 ID:IH6uNn7M

ID:F5FuJvqx ← ""惨たらしく長いだけ""の自称""テンプレ""が死を迎えようとしている・・・w

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

66 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 00:07:10 ID:RCEgisNL
>>65
まぁ、平日の昼間に仕事もしないで(これが本職かな?)頑張ったんですから

67 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 00:07:44 ID:CTQvEq6H
時給何円かな

68 :<:2010/04/15(木) 00:09:04 ID:IH6uNn7M
>>66
毎回毎回平日の昼間っからアホレスをコピペしてるもんな・・・(´・ω・`)
K-Kもそうだが、南京詐欺師達のロクデナシぶりには呆れる・・・(´・ω・`)

69 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 00:09:37 ID:RCEgisNL
「五毛」何とかと呼ばれてるそうですな、一元が15円ぐらいとして・・・

70 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 00:10:56 ID:RCEgisNL
>>68
コピペを編集する時間もあるんですよね
koueiのような社会的廃人なら時間もあるでしょうが

71 :<:2010/04/15(木) 00:12:04 ID:IH6uNn7M
マジで南京詐欺でメシを食ってんのかな?・・・(´・ω・`)
それがホントなら、なんと""無意味な人生""だろ・・・(笑

72 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 00:16:17 ID:RCEgisNL
わからんんおは、長文連投したって誰も読まない上にスレ潰しでしかないのを理解できんのかと
ブログでも作ってそこに書いておいて、リンク出せば済むのにと

それをしないって事は吠えながらスレを潰して逃げるだけしかできないんだなと

73 :<:2010/04/15(木) 00:16:29 ID:IH6uNn7M

ID:F5FuJvqx ← おい♪""学べない池沼中間派""♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

""拘束兵殺害は違法だ!""と叫ぶならまだ理解できるのだが、

 ★""敵拘束兵や捕虜を処刑するなら裁判にかけないといけない""

は本末転倒だろうが♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

一体何の【 罪状 】で裁判にかけるん?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

オマエのアホな自称テンプレは""理屈の根本部分がぶっ壊れてる""んだよ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

74 :<:2010/04/15(木) 00:23:59 ID:IH6uNn7M

これもヨロシクな♪ニヤニヤ・・・(・∀・)∩

 ●吉田チン論型池沼""中間派""が絶句する質問・・・(´・ω・`) 【※3回目】

  この様な""池沼見解""を出している国際法学者は誰?・・・(´・ω・`) 
           ↓    ↓    ↓    ↓
  ★""捕虜および敵拘束兵を処刑するなら裁判にかけなければならない""

75 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 08:33:20 ID:jogmS4sn
>>61
>だから、犯罪者ではない捕虜を何の罪状で裁判にかけるんだと>>59

それは否定派が答える質問だろ。犯罪者ではない捕虜を何の罪で処刑したんだよ。裁判さえも行わずにw

76 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 09:26:58 ID:RCEgisNL
敵兵だからだと何度言われたんだバカチョソ?w

77 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 10:38:29 ID:k46/jlHm
>>59
>捕らえた者は4条件如何に関わらず捕虜だろ。

国際法学者の学説に正面から喧嘩を売っているなw

【佐藤和男氏『南京事件と戦時国際法』】
【「敵の手中に陥った者」のことごとくが「敵の権力内に陥った者」(捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者)とは限らない】

78 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 13:42:25 ID:NtdPWYH3
>>75
捕虜とは「捕虜資格があるもの」の事なんだがw
法を無視してどうするんだろうw

俘虜取扱規則
第一章 通則
第一條 本規則ニ於テ俘虜ト稱スルハ帝國ノ権内ニ入リタル敵國交戰者及條約又ハ慣例ニ依リ俘虜ノ取扱ヲ受クベキ者ヲ謂フ

「捕虜を殺害した」「捕虜を処断した」という記録はあるが「捕虜を処刑した」なんて記録があったのか?
ちなみに捕虜であっても逃亡しようとしたり、抵抗したり、指示に従わなかったら殺されても文句は言えないからw


79 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 15:08:56 ID:Kp3Gd6Xr
捕虜の扱いってのは古今東西どこの軍隊も苦労してんだよな。
武器を捨てて登校してきた敵兵をすべて捕虜として戦時国際法にのっとって待遇しなければならないとしたら大変なことになる。
収容場所の確保、監視の人員、食料の確保・提供等、物量を誇ったあの米軍ですらそれほど簡単に捕虜にはしてない。

逆に言えば、敵を困らせようと思ったら大量に投降してやればいいということになる。
「日本軍は武器を捨てて投降すれば、寝る場所を与えてくれて食事も与えてくれる」なんてうわさが立ったら中国兵は数十万人単位で投降したことだろうよ。

80 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 15:16:57 ID:Kp3Gd6Xr
「武器を捨てて逃げていく中国兵を、日本軍は追いかけて銃殺した」なんて文章を読んで、「そりゃ残酷だな。虐殺だな」なんて思っていた高校時代。
そんなの戦争じゃ当たり前なんだよな。追撃戦というもの。

フィリピン本島で米軍に追撃される日本軍の様子を描いた本も読んだが、すさまじい追撃戦だ。

81 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 18:46:54 ID:NtdPWYH3
>>59
>捕らえた者は4条件如何に関わらず捕虜だろ。
戦争法規を無視しても捕虜になれるとはおもしろい説だなw

『国際人道法の再確認と発展』 東信堂P236 竹本正幸著
第四に、戦闘員が自己を文民から区別しなかった場合に捕虜待遇を享有しうるか否か、の間題があった。
西欧諸国は、そのような場合には捕虜資格を認めないのが現行国際法の規則であり、捕虜資格が与えられないという
心理的圧迫によって文民からの区別を戦闘員に守らせることが可能になる、と主張した。

82 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 19:39:49 ID:9WQT4r8l
ほれ 肯定派にもう一度聞くぞ

城外に便衣兵はいたと言う記録はあるのか?

83 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 20:29:08 ID:nyK1dced
koueiのおっさんが「パール判事が南京虐殺を認定した!」って捏造してきたら、これを見せて。
koueiの嘘を暴くため、これもテンプレに入れた方がいいかも。

パール判事が日本に見た真実(小林よしのりvs中島岳志)6/8

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4729729

84 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 22:28:18 ID:0vkN15Y1
>>74
>   この様な""池沼見解""を出している国際法学者は誰?・・・(´・ω・`) 
>            ↓    ↓    ↓    ↓
>   ★""捕虜および敵拘束兵を処刑するなら裁判にかけなければならない""

当たり前の話だから国際法学者の見解が在ろうが無かろうがどうでもいい事ですね。
裁判を経なければ刑罰は決まらないのだから“処刑”出来るわけがない。
戦時犯罪者ではない捕虜をなんの罪で殺害したのかと逆に肯定派が聞いてるんですよ。
誰も答えられところをみると違法と認めたわけですね。

>>77
> 【「敵の手中に陥った者」のことごとくが「敵の権力内に陥った者」(捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者)とは限らない】

捕虜としての待遇が保証されないだけで、捕虜には変わりありませんが。

>>81
> 西欧諸国は、そのような場合には捕虜資格を認めないのが現行国際法の規則であり、捕虜資格が与えられないという
> 心理的圧迫によって文民からの区別を戦闘員に守らせることが可能になる、と主張した。

捕虜資格が与えられないだけで、捕虜と言わないとは書かれてませんが。

85 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 22:43:31 ID:k46/jlHm
>>84
>捕虜としての待遇が保証されないだけで、捕虜には変わりありませんが。

ジュネーブ条約
第一追加議定書(1977年)
第43条
「正規兵と不正規兵の区別をなくし、戦闘員と一括。戦闘員は、戦争法規尊守
義務と文民との区別義務を負う。そして、文民との区別義務に違反すれば、捕
虜資格を失う」
第44条3項
「次の場合に、武器を公然と携行しているのならば、戦闘員としての地位を保持
するものとする」

1977年のジュネーブ条約でさえ、4条件を欠く時は捕虜資格(交戦者の特権)を失うんだがw
そして日本軍には交戦相手が降伏してきてもそれを受け入れる義務は無いが。

ハーグ陸戦法規
第32条: 交戦者の一方が他方との交渉を行うため、白旗を掲げて来た者を軍使と規定する。軍使、及び、それに随従する喇叭手、鼓手、旗手、通訳は不可侵権を有す。
第33条: 軍使を差し向けられた部隊長は必ずしもこれを受ける義務は無い。

86 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 22:56:23 ID:k46/jlHm
>>84
>捕虜資格が与えられないだけで、捕虜と言わないとは書かれてませんが。

ちゃんと「捕虜とはこういうものだ」と書かれていますがw
つ>78
>俘虜取扱規則
>第一章 通則
>第一條 本規則ニ於テ【俘虜】ト稱スルハ帝國ノ権内ニ入リタル敵國【交戰者】及【條約又ハ慣例ニ依リ俘虜ノ取扱ヲ受クベキ者】ヲ謂フ

「捕虜と言うのは帝国の権内に入りたる敵国【交戰者】及【条約又は慣例に依り捕虜の取扱を受けるべき者】」
4条件を満たしていなければ捕虜資格が与えられないので【交戰者】ではない。
さらに【条約又は慣例に依り捕虜の取扱を受けるべき者】でもない。

87 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 23:00:46 ID:2zTUboVI
>>84
当時中国を闊歩していた馬賊といった盗賊団を捕まえた場合、どういう処遇をとるべきなんでしょうかね?

88 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 23:41:56 ID:I9u/eXAg
>>60
>  【 捕虜 】 ≠ 【 俘虜 】 なのですか?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

否定派ってのは無知ばっかだな。

『奇跡の村の奇跡の響き』秋月達郎 PHP研究所
 戦地において虜となるのは捕虜といい、相手国において拘束されるものを俘虜という。

他に、公式に扱う場合は俘虜とする見解もある。

つまり、戦前においては【 捕虜 】 ≧ 【 俘虜 】

肯定派が教えてやらないと何も知らないのかよ否定派は。何がニヤニヤだ馬鹿w

89 :日出づる処の名無し:2010/04/15(木) 23:45:14 ID:C8z+lGe3
「捕虜」の整理。

1.単に捕まえただけで捕虜と呼ぶことがある。
2.交戦者資格を満たした者が捕らえられた場合に
  有資格者と無資格者に分ける意味で前者を捕虜と呼ぶ。
3.捕まえた者を各国の処置方法に従って国際条約上の
  捕虜の取り扱いを満たした状態になったものを捕虜と呼ぶ。

1は当然2,3を含みますがややこしいのは2は3を含むわけではありません。

例)捕まえた敵兵が戦時国際法違反行為を行っているので、交戦法規を遵守していない
  という意味で2に当てはまらないが、処罰せずに3として取り扱う場合。

何れに致しましても、1〜3の異なるカテゴリーがあるので皆さん注意しましょうね。

90 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:21:37 ID:retLwFan
>>89
>1.単に捕まえただけで捕虜と呼ぶことがある。
>2.交戦者資格を満たした者が捕らえられた場合に
>  有資格者と無資格者に分ける意味で前者を捕虜と呼ぶ。
>3.捕まえた者を各国の処置方法に従って国際条約上の
>  捕虜の取り扱いを満たした状態になったものを捕虜と呼ぶ。

1.法的根拠はどこにも存在しないw
2.交戦者資格を満たした無資格者とは具体的に何?
3.攻撃の対象としてはならないのは『戦闘外にある敵』。
「捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者」でなければ「敵の権力内に陥った者」と認められないので攻撃の対象。

>77
> 【「敵の手中に陥った者」のことごとくが「敵の権力内に陥った者」(捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者)とは限らない】

ジュネーウ゛条約
第41条(戦闘外にある敵の保護)
1. 戦闘外にあると認められる者又は状況により戦闘外にあると認められるべき者は、攻撃の対象としてはならない。
2. 次のものは、戦闘外にある。
@ 敵対する紛争当事国の権力内にある者
A 投降の意図を明示的に表明する者
B 既に意識不明となつており又は負傷若しくは疾病により無能力となつており、このため自己を防衛することができない者
ただし、いずれの者も、いかなる敵対行為を差し控え、かつ逃亡を企てないことを条件とする。

91 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:23:30 ID:UltLCIUw
>>91強弁バカチョソ
いい事を教えてやろう

「捕虜」でググれ

92 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:31:12 ID:6z+C0jNc
>>90
> >1.単に捕まえただけで捕虜と呼ぶことがある。
> >2.交戦者資格を満たした者が捕らえられた場合に
> >  有資格者と無資格者に分ける意味で前者を捕虜と呼ぶ。
> >3.捕まえた者を各国の処置方法に従って国際条約上の
> >  捕虜の取り扱いを満たした状態になったものを捕虜と呼ぶ。
>
> 1.法的根拠はどこにも存在しないw

仰るとおり、とまでは言いませんが、たとえば日記などに「捕虜」と書いてあっても
どの意味で捕虜なのかは分からないという意味で、まぁその通りかと。

> 2.交戦者資格を満たした無資格者とは具体的に何?

これは書き方がまずかったですね。交戦者資格を満たしていれば捕虜です。無資格者は非捕虜です。

> 3.攻撃の対象としてはならないのは『戦闘外にある敵』。
> 「捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者」でなければ「敵の権力内に陥った者」と認められないので攻撃の対象。

さぁねぇ、これは議論の余地があるのではないですか。
2であれば、捕虜になる権利を有する、わけですから、その権利を侵害して良いのかどうか。

93 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:31:44 ID:UltLCIUw
しかし、どこまで日本語が不自由なんだろ

2.交戦者資格を満たした者が捕らえられた場合に
  有資格者と無資格者に分ける意味で前者を捕虜と呼ぶ。


これのどこをどう読めば、こういう読解になるんだとw

>交戦者資格を満たした無資格者とは具体的に何?

94 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:34:44 ID:UltLCIUw
つ【明示的】


別に日本軍は法廷闘争してるわけじゃないからな、一々法律用語の意味で使ってるわけがない


捕虜・俘虜・虜囚

95 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:36:08 ID:retLwFan
>>93
少なくとも白丁よりは日本語には不自由していないがw

96 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:41:23 ID:UltLCIUw
それがこれだってかw


>1.単に捕まえただけで捕虜と呼ぶことがある。



1.法的根拠はどこにも存在しないw



何だこれ?内輪での呼び方に法的根拠がいるとw

97 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:51:36 ID:lcdUV2XY
1.単に捕まえただけで捕虜と呼ぶことがある。

1.法的根拠はどこにも存在しないw



少なくとも白丁よりは日本語には不自由していない(キリッ

98 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:53:33 ID:retLwFan
>>96
つ>23>24w
そう主張してるのは肯定派w
個人的な日記を『史料』と言っているんだがw
つまり日記に書かれているのは単に内輪での呼び方なのだから法的根拠はいらないんだよなw



99 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:54:57 ID:UltLCIUw
やっぱ日本語不自由じゃん>>98グックw

100 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:56:04 ID:UltLCIUw
つーか>>89に噛み付く意味がわからん

101 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 00:57:05 ID:retLwFan
>>99
つまり、「個人的な日記に『捕虜』と書かれていれば国際法上の捕虜」とでもw

102 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 01:10:32 ID:retLwFan
>>100
疑問点を指摘したぐらいで「噛み付く」なんて過剰反応するのはどうかと思うが?
問題点は議論によって明確になっていくもの。
少なくとも議論が続けば続くほど肯定派の妄想は粉砕されていく事になる。
なにしろ肯定派の主張する『根拠』が具体的に存在しない事が明確になっていくのだからw

103 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 05:47:49 ID:ZJKosQEW
日記を書き残した兵隊さんが国際法を熟知していたわけが無いだろうw
現場の将校でも捕虜の取扱いは法務部に問い合わせをしていたと思うよ

104 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 09:08:27 ID:tPwk2Jbq
>>91
>>91
>>91
>>91
>>91

105 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 11:31:32 ID:rtQlf0Br
インパール作戦に、日本は92,000名の将兵を投じます。インド国民軍の6,000名も参加した。
しかし折からの暴風雨と、補給の不足で日印連合軍は、敗北します。
日印連合軍の戦死38,000名、戦病40,000以上。

敗れた日印の兵士たちが帰投した街道筋には、途中で亡くなった日本の将兵の白骨が連なった。
この街道は、後年「白骨街道」と呼ばれます。



106 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 11:32:19 ID:rtQlf0Br
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-668.html

インパール作戦に、日本は92,000名の将兵を投じます。インド国民軍の6,000名も参加した。
しかし折からの暴風雨と、補給の不足で日印連合軍は、敗北します。
日印連合軍の戦死38,000名、戦病40,000以上。

敗れた日印の兵士たちが帰投した街道筋には、途中で亡くなった日本の将兵の白骨が連なった。
この街道は、後年「白骨街道」と呼ばれます。


この街道筋には地元の村人たちの集落が点在しています。
民家があり、畑があり、家畜もいる。女もいた。
しかし現在に至るまで、それら村人や家屋、家畜や畑、そして女たちが日本兵によって蹂躙されたとか、
略奪されたとかいう被害の記録は、ただの1件も出ていない。

107 :K-Kがmixiでもコテンパン:2010/04/16(金) 17:27:45 ID:+z3BOBck
K−Kはまだ「南京+6県」を引きずってて
みんなにコテンパンにやられてますわ
誰1人その主張に賛同していないのにもかかわらず
そのせいで、他の肯定派さえ議論を避けるようになってしまった

108 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 20:03:17 ID:ZJKosQEW
シナチクの主張は城内で5000人、南京郷区で29万
周囲六県(5.5)は関係有りませんw

109 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 20:09:15 ID:ZmNwP1yw
どこの世界だ?

110 :K-Kがmixiでもコテンパン:2010/04/16(金) 20:11:39 ID:+z3BOBck
K−K主張は「シナチクの主張は関係ない」らしい

111 :<:2010/04/16(金) 22:10:13 ID:u3vR3NeY
>>107
>>110
何やってんだ、バカK-Kは・・・www
アイツ、もしかして氏のうとしてんじゃね?・・・(笑

112 :K-Kがmixiでもコテンパン:2010/04/16(金) 22:13:30 ID:+z3BOBck
市ぬんだったら黙って市ねって

113 :<:2010/04/16(金) 22:36:16 ID:u3vR3NeY

 ★75 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/15(木) 08:33:20 ID:jogmS4sn
  犯罪者ではない捕虜を何の罪で処刑したんだよ。裁判さえも行わずにw
 ★84 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/15(木) 22:28:18 ID:0vkN15Y1
  戦時犯罪者ではない捕虜をなんの罪で殺害したのかと逆に肯定派が聞いてるんですよ。

     ↑    ↑    ↑    ↑     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●自分でレスを書いててまだ気が付かないのか?それとも煙に巻こうとしてるのか?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●"敵拘束兵"も"捕虜"も、何らかの【 罪があったワケではない 】事は、
  オマエら池沼中間派ですら【【【  判ってる  】】】んじゃねーかよ!糞ボケwwwwwwww

 ●ならば、何の罪にも該当しない"敵拘束兵"や"捕虜"を
  一体どんな《《  罪状  》》で""裁判にかけろ""と言ってたんだよ?????♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
     ↓    ↓    ↓    ↓     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 ●つまり、池沼中間派どもは、【  罪があったワケではない"敵拘束兵"や"捕虜"  】を
  《《《  裁判にかけるために罪状をでっち上げろ!  》》》と言ってる事になるんだよ!アホ〜〜〜!wwwww

 ●罪状をでっち上げなければ、【  罪があったワケではない"敵拘束兵"や"捕虜"  】を
  裁判にかけることができねーだろうが!糞ボケwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 ●これが""パラドックス""ではなくて、一体何なのだ???????wwwwwwwwwwwwwwwwwww


114 :<:2010/04/16(金) 22:37:44 ID:u3vR3NeY
>>112
氏ぬ前に、こっちに来て最後のあいさつをしろって伝えてて・・・(笑

115 :<:2010/04/16(金) 23:01:33 ID:u3vR3NeY

 ★75 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/15(木) 08:33:20 ID:jogmS4sn
  犯罪者ではない捕虜を何の罪で処刑したんだよ。裁判さえも行わずにw
 ★84 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/15(木) 22:28:18 ID:0vkN15Y1
  戦時犯罪者ではない捕虜をなんの罪で殺害したのかと逆に肯定派が聞いてるんですよ。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●ちなみにこのアホな""感情論""は、下記の""池沼のレス""で轟沈・・・(笑
     ↓    ↓    ↓    ↓

  ■【万国戦時公法 陸戦条規』 有賀長雄 法学博士 1894年 P133】
  http://page.freett.com/souther/sourcelaw1.html#2005012205
  而して假令殺害するも審判を經べき必要なきと同時に其の死は必ず軍人の名譽を害
  せさるもの(即ち 【【 銃殺 】】 )たるを要す。

  【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】102次資料
  ★351 2010/02/26(金) 23:48:00 ID:NrU85GWP
   また、「捕擒シタルトキ」では無い場合は「殺害スルモ審判ヲ經ヘキ必要ナキ」であるから、
   捕らえない場合は即刻処刑してよいとの事である。

  ★358 2010/02/26(金) 23:53:28 ID:NrU85GWP
  >その死は必ず軍人の名誉を害さない(即ち銃殺)様にする。つまり、罪人ではなく戦死扱い。
  それには同意するぜ。罪人ではないと認める否定派がやっと現れたか。因みに俺は大虐殺肯定派じゃないけどね。

  ★360 2010/02/26(金) 23:54:50 ID:NrU85GWP
   捕らえないでその場で殺害(戦闘中の攻撃対象なので問題なし)する場合は軍人として名誉ある死を与えよ。
   と言うことだろw 


 ●""名誉ある死(=銃殺)""であれば【【  全く問題無し  】】♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

116 :<:2010/04/16(金) 23:04:59 ID:u3vR3NeY

おい♪池沼♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
>>115のレスだけは、マジで感謝してるワ・・・(笑

これからもずっと引用させてもらうぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

117 :<:2010/04/16(金) 23:16:51 ID:u3vR3NeY

しかしまぁ【 前提 】が大崩壊してる屁理屈をダラダラとコピペしやがって・・・(´・ω・`)

118 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 23:17:22 ID:retLwFan
【捕虜】とは
つ>78
>俘虜取扱規則
>第一章 通則
>第一條 本規則ニ於テ【俘虜】ト稱スルハ帝國ノ権内ニ入リタル敵國【交戰者】及【條約又ハ慣例ニ依リ俘虜ノ取扱ヲ受クベキ者】ヲ謂フ

【交戰者】及【條約又ハ慣例ニ依リ俘虜ノ取扱ヲ受クベキ者】でなければ【捕虜】とは言わない。
「捕虜としての待遇が保証されない者」や「捕虜資格が与えられない者」は【捕虜】ではない。

「日本軍に降伏した【交戰者】及【條約又ハ慣例ニ依リ俘虜ノ取扱ヲ受クベキ者】」が無裁判で処刑された記録なんて存在したか?

119 :日出づる処の名無し:2010/04/16(金) 23:52:06 ID:mKABVNWp
>>100
> つーか>>89に噛み付く意味がわからん

51で肯定派テンプレの揚げ足を取ったつもりがあっさり返されたから悔しくて仕方がないんだよ。

> つまり、この池沼中間派ご用達のこの見解文が""死んだ""事になる・・・(笑
>      ↓    ↓    ↓    ↓
> ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
>  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
>  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではないなのだから原の文章は間違っていないんだが、この
見解が間違ってると鬼の首を取ったようにはしゃいでたわけ。だから>>89に噛み付いてるんだよ。

120 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 00:46:03 ID:5gTmppwV
>>119
>戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではない

何だこのトンデモ説は?
肯定派は「俘虜は戦時重罪に問われないが、捕虜は戦時重罪に問われる」とでも言いたいのかw

121 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 00:48:45 ID:Fqw+aerX
>>106
南京大虐殺では、一応同盟国のドイツ人には手をださないようにしていたみたいだね
同盟国じゃないけど、まだ戦争突入前のアメリカ人を殺したりするような話も聞かない
中国人が酷い目にあったのは、敵国民だったからってのはあるんじゃないかな
敵国人も同盟国人も見境無く殺した、強姦したなんて話は、肯定派も全く話してないねえ

ねえところでさ、ビルマは敵国として日本と戦ったと思うの?
それとも結構協力的なところもあったのかな?

バカはなんにも考えずに発言するから困るよねw


122 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 01:57:06 ID:kB9QsnmO
戦時中の虐殺位でガタガタほざくなや
当たり前だろそのくらい

123 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
>>113
> ●罪状をでっち上げなければ、【  罪があったワケではない"敵拘束兵"や"捕虜"  】を
>  裁判にかけることができねーだろうが!糞ボケwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

罪状をでっち上げなければ罪が全くなかった捕虜を殺害できるわけないよな。で、その罪状はなにで
刑罰はどういった手続きで決めたわけ?裁判を経ずに刑罰は決められませんが。
敵拘束兵や捕虜を殺害してなければ裁判が必要だったとは言わんよ。実体として在ったのは敵拘束兵や
捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。裁判をやってなければ違法行為と
確定するんだけどそれでいいよな。裁判が在ったと証明できなければ違法行為確定。罪状がないので裁判は
行っていないが捕虜は殺害した、という主張であってもそれも違法。パラドックスに陥ってるは否定派の
様です。否定派は本末転倒なレスばっかだな。

124 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 02:36:04 ID:0/ybXBVf
>>115
その中間派のレスは捕らえない場合を言っているのだから捕虜とは関係ない。読解力がないのか?

125 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 02:41:42 ID:KEDoGQO7
読解力が無いから否定派なんだろw

126 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 03:22:04 ID:zVg7Srb/
どのケースが無裁判だったのか。そして、何を以ってその根拠とするのか。
具体的に挙げてくれない事には話にならんわな。


127 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 10:31:45 ID:9Pep6l6n
>>125
まーた、馬鹿白丁が湧いてきた。w

128 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 11:38:33 ID:JHaO/mIX
悲しい深夜の一人芝居ですよ

中韓派なんていってるkouei派は一人しかいないのにw

129 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 12:00:53 ID:u7udwnvJ
>>128
そういうお前が1人で否定派数人を自演してんだろw

130 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 12:12:47 ID:xrspC+aR
自分がやってるからって、他の人も同じ事をしてるわけじゃないんだよw

131 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 13:58:12 ID:k+q9VKvu
議論が何スレッドにも渡るのでよく分からないんだけどさ、
もしかして、"<"氏は、正式に捕虜として取り扱ってない間であれば
捕獲拘束した敵兵を勝手に処分して良いとか言う主張なの?

もしそうなら、捕虜にするかどうかは捕まえた側が勝手に判断して良いことになるけど、
それはいくら何でもあり得ないですよ。


132 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 14:28:02 ID:XVhlO+NP
>>131

> 議論が何スレッドにも渡るのでよく分からないんだけどさ、
> もしかして、"<"氏は、正式に捕虜として取り扱ってない間であれば
> 捕獲拘束した敵兵を勝手に処分して良いとか言う主張なの?

> もしそうなら、捕虜にするかどうかは捕まえた側が勝手に判断して良いことになるけど、
> それはいくら何でもあり得ないですよ。

前スレあたりから読めば分かるよ
投降も降伏もしてない敵を捕虜にする義務はありません。
また、降伏したからと言って、必ず捕虜になれるとは限りません

133 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 14:53:03 ID:k+q9VKvu
>>132
捕虜にする義務・・・・義務ねぇ。

第三条[戦闘員と非戦闘員] 交戦当事者ノ兵力ハ、戦闘員及非戦闘員ヲ以テ之ヲ
編成スルコトヲ得。敵ニ捕ハレタル場合ニ於テハ、二者均シク俘虜ノ取扱ヲ受クル
ノ権利ヲ有ス。

これが陸戦規則の元々の日本語訳だと思いますが、降伏や投降などの文言はどこにもなく、
「敵ニ捕ハレタル場合ニ於テハ、二者均シク俘虜ノ取扱ヲ受クルノ権利ヲ有ス」とあります。

つまり、投降も降伏も無関係に、敵兵は(違法交戦者かどうかは別問題として)
相手に捕まえられたら、その後は捕虜「になる」権利を有しているわけです。

とすると、捕まえた側はその権利を保護する義務があるんじゃないですかね。



134 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 17:51:16 ID:5gTmppwV
>>133
妄想乙w
つ>85
>ハーグ陸戦法規
>第32条: 交戦者の一方が他方との交渉を行うため、白旗を掲げて来た者を軍使と規定する。軍使、及び、それに随従する喇叭手、鼓手、旗手、通訳は不可侵権を有す。
>第33条: 軍使を差し向けられた部隊長は必ずしもこれを受ける義務は無い。

降伏を必ず受け入れなければならないという義務は無い。
さらに国際法学者の学説では
「敵の手中に陥った者」≠「捕虜」
つ>77
> 【「敵の手中に陥った者」のことごとくが「敵の権力内に陥った者」(捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者)とは限らない】

135 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 18:10:04 ID:5gTmppwV
ついでに言っておくと【権利】を主張することができるのは【義務】を果たしている者のみ。
兵民識別の【義務】を果たしている者のみが【捕虜になる権利】を主張できる。
そして、たとえ相手が【捕虜になる権利】を持っていてもそれを受け入れる義務は日本軍には無い。つ>85w

敵を保護する条件となっているのは【戦闘外にある者】
【戦闘外にある者】の対象外であれば攻撃されるw
>90
>ジュネーウ゛条約
>第41条(戦闘外にある敵の保護)
>1. 戦闘外にあると認められる者又は状況により戦闘外にあると認められるべき者は、攻撃の対象としてはならない。
>2. 次のものは、戦闘外にある。
>@ 敵対する紛争当事国の【権力内にある者】
>A 投降の意図を明示的に表明する者
>B 既に意識不明となつており又は負傷若しくは疾病により無能力となつており、このため自己を防衛することができない者
>ただし、いずれの者も、いかなる敵対行為を差し控え、かつ逃亡を企てないことを条件とする。

@【捕獲国から国際法上の捕虜としての待遇を保証された者】なので【国際法上の捕虜】に該当しないものは【戦闘外にある者】の対象外w
A該当するのは【投降の意図を明示的に表明】+【日本軍に投降が受け入れられた者】つ>85wそれ以外は「戦闘外にある者」の対象外w
B【負傷し無能力となったと日本軍が判断した者】当然、負傷していようが『無能力になった』と日本軍が判断しなかった場合は「戦闘外にある者」の対象外w
ttp://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/new_world_order/59.html
無抵抗イラク人射殺:交戦規定に違反せず 米海兵隊

136 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 19:08:57 ID:u7udwnvJ
>>134
つ【>>23-24
実際に投降を受け入れ、指揮官が捕虜と認識しています。

>>135
つ【>>27A】
4条件違反者を捕虜とする事を禁止した条約・慣習法は存在しません。

つ【>>28
ハーグ陸戦条約上は、交戦者資格無き者は捕虜になれない、交戦者資格無き者は条約の規定から外れる
とは一切書かれていません。

また、否定派の主張によると、戦前は国際法の中に学説は入らないとの事なので、
>兵民識別の【義務】を果たしている者のみが【捕虜になる権利】を主張できる。
とした学説が在ったとしても、その説を適用する事はできません。

そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw

無抵抗イラク人射殺:交戦規定に違反せずというタイトルも、記事を読むと正当防衛としての射殺であって、無抵抗
のイラク人を射殺したのに交戦法規に違反しなかったという事例ではない。これも何度も指摘されてるがまだ出すのかw

>この海兵隊員は聴取に対し「襲いかかろうとしてきたので、自己防衛のために撃った」と主張。複数の目撃証言や
>ビデオの検証、法医学的検証などと合わせて検討した結果、「交戦規定と矛盾しない」と判断、正当な戦闘行為と結論
>付けた。調査では、死んだふりをして不意を突いて襲撃してくることがある反米武装勢力の戦術なども考慮された。
>毎日新聞 2005/05/06

つ【>>1
●議論のルール
2.矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。

137 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 19:20:20 ID:O5+vbGkz
南京FAQに対してのFAQでも作ってみようかと思ったけど
元が酷すぎるんだよなぁ・・・

138 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 19:41:20 ID:5gTmppwV
>>136
>つ【>>23-24
>実際に投降を受け入れ、指揮官が捕虜と認識しています。
つ>101
>つまり、「個人的な日記に『捕虜』と書かれていれば国際法上の捕虜」とでもw

>4条件違反者を捕虜とする事を禁止した条約・慣習法は存在しません。
4条件違反者を捕虜とする条約・慣習法は存在しません。
「攻撃の対象としてはならない者」は条約によって「戦闘外にある者」とされています。
「戦闘外にある者」以外は攻撃の対象になります。つ>90

>ハーグ陸戦条約上は、交戦者資格無き者は捕虜になれない、交戦者資格無き者は条約の規定から外れる
>とは一切書かれていません。
ハーグ陸戦条約の対象は【交戦者】。
【交戦者】について述べられた条約に【交戦者の資格が無い者】に関して書かれていないのは当たり前ですが。

ハーグ陸戦規則
条約附属書 陸戦の法規慣例に関する規則
第一款交戦者
第一章交戦者の資格

>そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw
つまり、『1949年のジュネーヴ条約追加議定書以前は「戦闘外にある者」を区別しないで攻撃しても合法だった』という主張ですかw
ハーグ条約、ジュネーブ条約は戦後、交戦者の条件や保護の対象が拡大されていったんですがw
1949年時点に初めて合法化されたものが、法律の成立以前に既に有効だったとでもw

139 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 19:54:03 ID:5gTmppwV
>>136
>また、否定派の主張によると、戦前は国際法の中に学説は入らないとの事なので、
>>兵民識別の【義務】を果たしている者のみが【捕虜になる権利】を主張できる。
>とした学説が在ったとしても、その説を適用する事はできません。

否定派がいつ学説そのものを「国際法」と主張したのでしょう?
該当するレス番号をお願いします。

>無抵抗イラク人射殺:交戦規定に違反せずというタイトルも、記事を読むと正当防衛としての射殺であって、無抵抗
>のイラク人を射殺したのに交戦法規に違反しなかったという事例ではない。これも何度も指摘されてるがまだ出すのかw

つまり、米軍が「正当防衛」と判断すれば、『身動きのできない非武装の負傷者を射殺しても合法』という事ですが?
1949年のジュネーウ゛条約でさえ、負傷者を【戦闘外にある者】としているが、それを射殺しても合法という実例ですがw

>そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw
つまり、『「戦闘外にある者を攻撃の対象としてはならない」という条約は1937年の南京には当てはまらない』という主張ですねw

140 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/17(土) 20:01:41 ID:6PzMskvK
>>136
> 実際に投降を受け入れ、指揮官が捕虜と認識しています。
「日本語としての」捕虜という意味では駄目ですなw
さて、その指揮官は「法的な意味で」捕虜という認識だったのでしょうか?w
日本語としては、捕まえれば通常の会話なら「(捕虜資格があるかどうかにかかわらず)捕まえた者を捕虜と呼ぶ」のが一般的ですがw
どこから捕虜と見なすのかは、法律担当の者が判断すべきでしょうなぁw
あくまで指揮官が「捕虜」と言っただけでは、法的な要素が含まれているかどうか分かりませんなぁw

> 4条件違反者を捕虜とする事を禁止した条約・慣習法は存在しません。
意味が分からないw
禁止していないから捕虜にすべきだ、と言う理屈は通りませんw
あくまで「可能」であって、それを判断するのは攻撃する側であって捕虜になる側ではありませんw

> また、否定派の主張によると、戦前は国際法の中に学説は入らないとの事なので、
「学説を根拠に国際法を定めることはない」と言うことであって「国際法を解釈する学説を適用できない」と言うわけでは無いと思いますがw

> そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw
当てはまらないが、そもそも条文を追加した一つの理由は明文化すると言うことであって、国際法上、そういう慣習があれば明文化されていなくとも慣習法の考え方で適用される、と言うことではないのかねぇ?w

> 記事を読むと正当防衛としての射殺であって、無抵抗のイラク人を射殺したのに交戦
> 法規に違反しなかったという事例ではない。
正当防衛だから交戦法規に違反しなかった、と言うことじゃないのコレ?w
よく分からんが、記事を読む限りでは「交戦法規の中に定められている“正当防衛”と言う免責事項で無抵抗の人を射殺しても罪にはならなかった」と言うことじゃないのかなぁ?w
交戦法規に違反しなかった事例ではないと言うのであれば、射殺されたイラク人の遺族たちが裁判を起こした上で正当防衛かどうか争われた結果、と言う感じでなければならないはずなんだがねぇw
どう見ても交戦法規に違反していたかどうかで見ているよねぇ?w

これ、矛盾でも何でもないと思うけど?w


ちょっと見で目についたレスに返答してみるテストw
このスレでああだこうだ言うのが楽しみなんだよねぇ、私はw

141 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 20:06:47 ID:ma51D1Ne
>>26>>38
<われわれは、日本軍による合法的な死刑執行にたいして何ら抗議する権利はないが、これがあま
 りにも非能率的で残虐なやり方でおこなわれていることは確かである>

この文書で重要な点は 「将校および他日本兵一名による平服一市民殺害が合法か違法か」 ではなく
「 日本軍による合法的な死刑執行にたいして何ら抗議する権利はない 」 と書かれていることだろうに。

もし日本軍による処刑がすべて違法なら 合法的死刑執行とか書く必要がないだろう?
つまりこの文章が書かれていた時点で 合法的死刑執行が存在したということだろう?

142 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 20:11:53 ID:5gTmppwV
>>136
>そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw

肯定派の主張により1949年のジュネーヴ条約追加議定書の「戦闘外にある者の保護」は南京戦時点では適用できないことが確認されましたw
つまり1937年の南京戦時点では、
>90
>@ 敵対する紛争当事国の権力内にある者
>A 投降の意図を明示的に表明する者
>B 既に意識不明となつており又は負傷若しくは疾病により無能力となつており、このため自己を防衛することができない者
これらの者は保護の対象にはなりませんので攻撃の対象になるそうですw

143 :<:2010/04/17(土) 23:32:21 ID:dJCkGzwS
>>123
必死に煙に巻こうとしてら・・・(笑笑笑笑


 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら、尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》は一体何だったのか??って聞いてんだよ!♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●《《《  罪状  》》》を明らかにしなければ""裁判にかける事""ができねーだろ!♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●【  軍律  】ですら軍司令官により規定された《《《  罪科  》》》を裁くんだよ!糞ボケ!・・・(笑
     ↓    ↓    ↓    ↓

  ■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
   占領軍司令官が【【  軍律に於て規定する《《罪科》》  】】には種々ある・・・・
   ・・・・・・・・
   侵入地、若くは占領地に於ける【【  敵対国の軍人  】】及び常人(並に第三国人)の行為 
   に対し【【  之を処罰することを得る犯罪  】】には、寧ろ戦律罪及び敵軍幇助罪の命題を
   以てするのが適当であろう。


 ●""敵拘束兵""や""捕虜""に【【  罪があったワケではない  】】のなら、

  【【【【   ""敵拘束兵""や""捕虜""を裁判にかける事ができない   】】】】が正解だろうが!ボケ!♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

144 :<:2010/04/17(土) 23:33:58 ID:dJCkGzwS
>>123
にもかかわらず、この超ド級池沼中間派チン論引用文wwwwwwwwwwwwwwwwwww
     ↓    ↓    ↓    ↓     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 ●上の二匹のチン論バカは【【  何ら罪状に言及する事無く  】】裁判にかけろと言ってる・・・(´・ω・`)
  ""裁判にかけなければならなかった""と言ってるクセにだ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●罪状が無いにも関わらず""裁判にかけなければならない""と主張するなら、
  【【【【   罪状をでっち上げる   】】】】 しか裁判にかける方法がない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●結局、池沼中間派の主張とは、
  【  ""敵拘束兵""や""捕虜""を裁判にかけるために、罪状をでっち上げろ!  】というものでしかない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

  ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪


 ■【池沼中間派が永遠に答える事が出来ない質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】

 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。
     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら、尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》は一体何だったの??♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

145 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 23:35:35 ID:JHaO/mIX
>>136文盲朝鮮人

捕虜の資格要件が明記されていれば、それからはみ出す者に資格はない

つーか、資格が要らないなら規定など存在しないわな、本末転倒バカチョソw

146 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 23:39:06 ID:JHaO/mIX
こいつ、許可形式と除外形式の区別つかないんだろな

147 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 23:50:24 ID:5gTmppwV
まあ、肯定派の主張によると、
>136
>そもそも1949年のジュネーヴ条約追加議定書の条文は南京戦時には当てはまらない。何度も指摘されてますよねw
との事なので、1949年以前は「戦闘外にある敵の保護」は国際法として成立していない事になりますw
法として成立していない以上、「戦闘外にある敵の保護」を無視しても違法とする法的根拠が存在しませんw

>>146
過去スレで「朝、歯を磨いたら違法」「朝、顔を洗ったら違法」とか言ってた馬鹿がいましたねw


148 :<:2010/04/17(土) 23:51:19 ID:dJCkGzwS
>>124
池沼は""重い責任""を負う事になってしまったな・・・w

 ■【万国戦時公法 陸戦条規』 有賀長雄 法学博士 1894年 P133】
 http://page.freett.com/souther/sourcelaw1.html#2005012205
 @敵の偵察を發見シタルトキ之に對する處分は普通敵兵に對するものと同一なるべし、
 A即ち殺傷又は捕擒なり、
 B而して假令殺害するも【【  審判を經べき必要なき  】】と同時に
  其の死は必ず軍人の名譽を害せさるもの(即ち 【【  銃殺  】】 )たるを要す。
 C捕擒したるときは之を俘虜として取扱ふべし、之を殺害すべからず。

 ●殺害するにしても【【  審判を經べき必要なき  】】と書かれている♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●また、【 銃殺たるを要す = 銃殺である事を必要とする 】より、
  この【 銃殺 】は戦闘行為における銃殺の事を指してるワケではない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

  ※戦闘行為なら【 銃殺たるを要す 】ワケではなく、刺殺でも手投げ弾で殺害しても良い。

 ●即ち、【 銃殺 】処分とする以上は、【 一旦拘束し、武装解除した後 】処分しているwwwwwww

 
ああ、その通りさ♪『 捕らえない場合は捕虜とはせずに銃殺処分 』でOKだ♪wwwwwwwwwwwwww
     ↓    ↓    ↓    ↓
  【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】102次資料・・・での池沼中間派レス♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
  ★351 2010/02/26(金) 23:48:00 ID:NrU85GWP
   また、「捕擒シタルトキ」では無い場合は「殺害スルモ審判ヲ經ヘキ必要ナキ」であるから、
   捕らえない場合は即刻処刑してよいとの事である。

149 :日出づる処の名無し:2010/04/17(土) 23:57:48 ID:JHaO/mIX
>>147
実際お花畑の教師連中は、
「頭と体を目覚めさせるために、朝ごはんを食べましょう」と教えるのは個人の自由を侵害する憲法違反の強制だと解釈するそうな

150 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 11:03:17 ID:Jrxn9ibS
>>136
学説云々についての流れを纏めると下記の通り。

池沼中間派:学説上否定されているのだから、やってはいけない。
否定派:学説に法としての拘束力は無い。
池沼中間派:国際法の中に学説も含まれます。
否定派:国際法学者の学説が、国際法の法源になるなら、【言った者勝ち】ですね。

当該レス
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/94
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/96
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/102
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/122

否定派の主張は「学説に法としての拘束力は無い」で一貫している。

>また、否定派の主張によると、戦前は国際法の中に学説は入らないとの事なので、

それは↓175が勝手に言い出しただけ。
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/175

その辺を前スレで突っ込んでみたんだが返事は無い。
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/349
代わりに答えてくれんか?


151 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 12:54:42 ID:aBGhly5f
私の記憶が確かなら、時期的にはほぼその直後、日米開戦した後にアメリカは日本軍に対して
「捕虜は受け付けず」と言う方針を採ったため投降兵はのきなみ射殺され、死体の金歯まで剥がされてたとか
リンドバーグが記録に残していたと言う話があったな。

152 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 15:46:22 ID:teczldZ5
1000人の遺体、一斉に火葬=疫病対策で鳥葬避ける−中国青海地震
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010041800004

153 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 17:56:40 ID:uv6fWcvL
ベルギーでもマルメディ虐殺事件(証拠は無いw)の報復として連合軍は捕虜を取らず即時射殺する命令を出していたなw

154 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 20:16:19 ID:U57buYLM
南京大虐殺がでっち上げだった事くらい、左翼を含めた大半の日本人はもう既に悟ってるよ。
ただ、日本政府がそれをはっきり言わないのは支那が恐いから。
支那で商売できなくなったら、日本の経済は大打撃を受ける。
日本は国家の威信よりも商売が大事な商売人国家に成り下がってしまった。

155 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 20:16:53 ID:zFqn0N59
>>150
池沼中間派の主張だと「どんなトンデモ学説でも即国際法として通用する」と言い出しそうだなw

156 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:13:38 ID:M/yQDWbl
>>150
>>また、否定派の主張によると、戦前は国際法の中に学説は入らないとの事なので、
>それは↓175が勝手に言い出しただけ。

何故嘘を吐く。
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/251
 >【まとめ】
 >
 >国際法の中に学説は含まれていない。
 >
 >現在では、【国際裁判所】の法原則の解釈の補助的な役割として、最も著名な学説が引用される場合がある(極めて例外的)。

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/282
 >サヨクの    学説は国際法という トンデモ説は木っ端微塵になったということでよろしいな

否定派自身が国際法の中に学説は含まれていないとはっきり主張しているのに何故見えない振りをするんだ?
この否定派の主張を読み取れているのが肯定意で、読み取れていないのが同じ否定派とは・・・

157 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:30:26 ID:M/yQDWbl
>>51 名前:<[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 23:06:17 ID:F/LR9NTB [4/6]
> ●【 罪状が不明 】にもかかわらず、捕虜を軍法会議にかけられるワケがない・・・(笑

                 ↓        ↑

>>140 名前:解説者 ◆ayPjxbmM2c [sage] 投稿日:2010/04/17(土) 20:01:41 ID:6PzMskvK
>日本語としては、捕まえれば通常の会話なら「(捕虜資格があるかどうかにかかわらず)捕まえた者を捕虜と呼ぶ」のが一般的ですがw

捕まえた者を捕虜と呼ぶのが一般的との事なので、4条件違反者であった場合の捕虜は軍法会議にかけられます。
捕虜のうち交戦者資格保持者は俘虜となる為、軍法会議にかける理由は無い。単純な話が判らない人が居るようで・・・

158 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:42:22 ID:dOVqcOjo
何で「4条件違反者であった場合の捕虜は軍法会議」なんだ? 軍律審判じゃないのか

159 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:47:01 ID:YFIJ4rpS
そこはホレ、文盲だから

160 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:48:42 ID:dOVqcOjo
>>159
詳しい説明サンクス

161 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:53:27 ID:YFIJ4rpS
軍人じゃないものを軍法会議にかけると言ってるんだぞお前はw

162 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 21:55:29 ID:YFIJ4rpS
って文盲に言ってもわからんだろな・・・

単純な話だと言いながら、それすらわかってないんだからw
ID:M/yQDWblはもう今夜は出てこられないかも

163 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 22:00:36 ID:YXIv2Agl
>>157
【俘虜】だろうが【捕虜】だろうが【交戦者資格保持者】の事でしかありませんが。
【交戦者資格保持者】が【俘虜】となった場合と、【捕虜】になった場合では扱いが異なるとでも?

164 :<:2010/04/18(日) 22:09:31 ID:nSWupu5B
>>157

  ★157 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 21:30:26 ID:M/yQDWbl
   捕まえた者を捕虜と呼ぶのが一般的との事なので、
   """"4条件違反者であった場合の捕虜は軍法会議""""にかけられます。

 ●""4条件違反者は軍法会議にかける""なんてチン論が一体どこにあるんだよ?バカ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●軍法会議にかけるのなら、その刑罰法規定は陸軍刑法に依るんだが、""4条件違反者""に関して
  記載している該当法は第何条だよ?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

   ■【陸軍刑法】
   http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm


 ●一撃で即死する様なアホレス書いてんじゃねーよ!朝鮮人には無理無理♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

165 :<:2010/04/18(日) 22:15:09 ID:nSWupu5B
>>157
さてと♪""大破綻していた池沼中間派の自己解釈""を何度でも曝してやるか♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●池沼中間派が好んで引用する上の二匹の""感想文""には根本的な矛盾がある・・・(´・ω・`)

  【 罪状が全く不明 】にも関わらず""敵拘束兵や捕虜を裁判にかけなければならない""としている部分。
   ※特に上の二匹とも""軍事裁判(=軍律審判もしはく軍法会議)にかけなければならない""と言っている。

 ●【 軍律審判 】も【 軍法会議 】も条文により規定された【 罪科 】を裁くもの・・・(´・ω・`)

   ■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
   占領軍司令官が【【  軍律に於て規定する《《罪科》》  】】には種々ある・・・・
   ・・・・・・・・
   侵入地、若くは占領地に於ける【  敵対国の軍人  】及び常人(並に第三国人)の行為に対し
   【  之を処罰することを得る犯罪  】には、寧ろ戦律罪及び敵軍幇助罪の命題を以てするのが適当であろう。

 ●本来であれば、""敵拘束兵""や""捕虜""が【【  之を処罰することを得る犯罪  】】に該当しないのなら、
  【   ""敵拘束兵""や""捕虜""を裁判にかける事ができない   】が正解となる♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●にもかかわらず、""敵拘束兵や捕虜は裁判にかけなければならない""とのチン論を繰り返してる池沼中間派は
  【  ""敵拘束兵""や""捕虜""を裁判にかけるために、《《 罪状をでっち上げろ!》》  】と言ってる事になる♪

 ●これが""論理破綻""でなくて一体何なんだよ???・・・ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

166 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 22:17:41 ID:YXIv2Agl
肯定派の面白理屈w

>88 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2010/04/15(木) 23:41:56 ID:I9u/eXAg
>『奇跡の村の奇跡の響き』秋月達郎 PHP研究所
> 戦地において虜となるのは捕虜といい、相手国において拘束されるものを俘虜という。
>
>他に、公式に扱う場合は俘虜とする見解もある。
>
>つまり、戦前においては【 捕虜 】 ≧ 【 俘虜 】

【 捕虜 】 ≧ 【 俘虜 】という見解が出てくるw

>119 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2010/04/16(金) 23:52:06 ID:mKABVNWp
>戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではない

そのようなことを主張している学説が存在するわけでもなく、ハーグ条約で触れられているのは【交戦者】について
であるにもかかわらず、いきなりなんの根拠もなく
>戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではない
という話が出てくるw

まずは、
【戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではない】
このような主張の根拠となる条約なり学説なりを出してもらわないとなあw

167 :<:2010/04/18(日) 22:28:39 ID:nSWupu5B
>>157

池沼中間派が涙目になって抗弁しても無駄無駄♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

""思考回路の根本部分""がぶっ壊れてるから、修復不可能♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

""敵拘束兵""や""捕虜""に【 何らかの罪科があった 】とする資料は存在しない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

つまり、池沼中間派の云わんとしてることは

 ★""敵拘束兵や捕虜を裁判にかけなければならない""
   = ""敵拘束兵や捕虜を裁判にかけるために《《  罪状をでっち上げろ! 》》""

と言う事でしかない♪まさに""""パラドックス""""♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


 ■【池沼中間派が永遠に答える事が出来ない質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】・・・※2回目

 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。
     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》とは一体何だったですか??♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

168 :<:2010/04/18(日) 22:38:12 ID:nSWupu5B
>>157

よくよく見たら、もう一個""池沼自己解釈の大破綻""があった・・・(笑笑笑笑


 ★157 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 21:30:26 ID:M/yQDWbl
  捕まえた者を捕虜と呼ぶのが一般的との事なので、4条件違反者であった場合の捕虜は軍法会議にかけられます。
  捕虜のうち交戦者資格保持者は俘虜となる為、軍法会議にかける理由は無い。単純な話が判らない人が居るようで・・・

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""捕虜""とは""単に捕まった者""の事を言うのなら、池沼が>>23>>24で引用した記載内の【捕虜】も
  【単に捕まえた者】でしかなく、【【【  《《 俘虜》》 殺害  】】】とはならないワケだ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 
これは""使える""ワ・・・(笑


 ■【池沼中間派に確認のための質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】

 ●""捕虜""とは""単に捕まった者""の事でよろしいですね?「Yes」or「No」?

169 :<:2010/04/18(日) 22:44:31 ID:nSWupu5B

オマイラ、マジで使えるゾwwwwwwwwwwwwwwwwww

 ●当時の国際法学者見解、および交戦法規や《《俘虜》》取扱規則中の記載は
  すべて《《《  俘虜  》》》であって""  捕虜  ""ではない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●池沼が引用した>>23>>24の日記等にはすべて""  捕虜  ""と記載されており、
   《《《  俘虜  》》》 = ""  捕虜  "" である事の証明は全くなされていない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●>>23>>24を引用した根拠が大崩壊してるじゃん♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

 ■【池沼中間派に根拠を正す質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】

 ●《《《  俘虜  》》》 = ""  捕虜  "" である事の証明は全くなされていない
  と言う事でよろしいですね?「Yes」or「No」?

170 :<:2010/04/18(日) 22:46:58 ID:nSWupu5B




そういう事か!・・・(・∀・)


当時の日本軍指揮官は《《  俘虜  》》と""  捕虜  ""の区別をしてたんだ!・・・(・∀・)


やっと納得できたワ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)





171 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 22:47:26 ID:dOVqcOjo
また自称中韓派のkouei派が大自爆したのか。。。もう何回目だよ

172 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 22:50:03 ID:YFIJ4rpS
それが日課ニダ

173 :<:2010/04/18(日) 22:50:32 ID:nSWupu5B


オイラ見解のネタが増えた・・・w

おい!池沼中間派!♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

がんばらないと、このスレでオマエのアホコピペは完全に死んでしまうぜ♪



174 :<:2010/04/18(日) 23:14:24 ID:nSWupu5B

ハーグ陸戦規約、俘虜取扱規則、および国際法学者見解・・・
これらすべてにおいて保護対象としているのは《《《  俘虜  》》》!♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

対して、""  捕虜  ""に対して言及している陸戦法規および当時の国際法学者見解文は無い♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

即ち、当時においては""  捕虜  ""とは""  単に捕らえられた者  ""も指しており、
陸戦規約その他で権利が保証されている《《《  俘虜  》》》とは立場が異なる♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

※""  捕虜  ""=《《《  俘虜  》》》とする当時の国際法学者見解文は無い♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

>>23>>24が""完全に死んだ""じゃん♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

175 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/18(日) 23:43:18 ID:+Gqt+rrS
>>156
> 否定派自身が国際法の中に学説は含まれていないとはっきり主張しているのに何故見えない振りをするんだ?
「戦前は」と言う余計な一言に突っ込んでいるんじゃないのかねぇ?w
それだとあたかも戦後は国際法に学説が入るような意味に取られてしまうから、反論しただけじゃないのかなぁ?w
今でも“法原則の解釈の補助的な役割として”学説が引用されることもあるが、それでも国際法として学説が適用されるというわけでもないしw
文章を読む限りでは、ねぇw

で、どこに「“戦前は”国際法の中に学説は入らない」と言っているのか、それ示してもらわないとw
“戦前は”と言う言葉を抜いて問題をすり替えるってのは感心しないねぇw


>>157
> 捕虜のうち交戦者資格保持者は俘虜となる為
これ、一体どういう意味で言っているのかねぇ?w
俘虜も捕虜も同様の意味だろ、日本語としても法的に言ってもw
交戦者資格を持つ者だけが俘虜と呼ぶ、なんて言うのは初めて聞いたんだがねぇw
別に交戦者資格を持つ者を捕虜と呼んでもかまわないんだがなぁw
と言うよりも国際法上で言う場合は、捕虜も俘虜も一緒の意味w
つか、これらがそれぞれ別々の意味である、なんて言うのは一体どのような根拠から?w
それ聞きたいねぇ?w

単純な話の前に、単純な言葉が分からない人が居るようで…w

と言うか、軍法会議って何?w
なぜここで出てくるのかさっぱりわからんw

176 :日出づる処の名無し:2010/04/18(日) 23:47:03 ID:YFIJ4rpS
そこはホラ、軍事が最優先される国の人だから・・・
一般市民も銃殺刑だったりw

177 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 00:01:07 ID:y0aUD3IC
戦前は俘虜、戦後は捕虜という字が使われるようになっただけだろう。
しかし肯定派にかかると「同じ文字でも戦前と現代では意味が違う!」とか何の根拠もなく言い出しかねないがw

178 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 00:04:36 ID:Dapv6fDB


               、....,,_
           、-‐'"  __ ヽー- 、}ヽ
           ,/´/ /  , _,.  _/ ノ レi
        _,// /  /{  i    ー' ノ
          / // / /  .i  l  l! ー<
        / /  //!/    ヽ ヾ l  〉ヾ,
         !/!  イ  ‐::::::;;;;;;;八;;;;;;;::‐ヾ、  }
          |」l !  。ー-- ;; :; --−。 l  /
        f r| !| ゚ o  ´ ノ ::、 `   o | l/    
          .l ヾハ o /( ,=、_,=、)ヽ,  l/l!   うわぁぁあああん!
          \ _j   /_,, -―-ー-、_ l  l /      
            l l  | トエエエエエエイ l ./´
          `ト、 l Vェェェェェェェソ //┐
            l \`ー‐---‐‐' / 」、 _ ,,.
          「ヾ、_ヽ、___ノ_/  r―-- `ゝ
             l        イ   /  ̄ ̄  ヽ
              !_ _,..   i |  /          ヽ
          /           !.| ,/




織田信成が織田信長の子孫って本当?【2代目】
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/skate/1271421161/



179 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 04:08:01 ID:+ebUZxeW
>>156
>何故嘘を吐く。

嘘ではないんだな、これが。
前スレの流れを確認してみろよw

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/135
>単純にお前はこう書いている。
>>F国際法学者の学説が、国際法の法源になるなら、【言った者勝ち】ですね。 初めて聞きましたwwwトンデモ論乙ですw
>
>「初めて聞きましたwwwトンデモ論乙ですw」と言ってる訳だ。 つまりお前は、国際法の中に学説が含まれる事を知らなかった。
>
>実際は国際司法裁判所規程とは別に、一般論として戦前から条約、慣習国際法、法の一般原則、学説は国際法とされてきた。
>お前が南京戦時に学説は国際法ではなかった思うのは構わんが、だったら今後一切学説を引用すんなよw

このとき相手していた否定派は一貫して【学説は法源ではない】との趣旨で答えていたのだが、読解力に欠ける135は【国際法の中に学説が含まれる】と書いた挙句、【学説は国際法とされてきた】などと根拠もなく決め付けた。

――続く――

180 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 04:09:00 ID:+ebUZxeW
――179の続き――

当然、【学説は国際法とされてきた】という電波レスに突っ込みが入る。

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/136
>トンデモ論乙w

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/138
>具体例を。

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/143
>根拠の提示をお願いします。単純に興味があるので。

これらに対して自慢げに答えた148だったが、その内容は国内法。物笑いの種となっただけで【学説は国際法とされてきた】の根拠は提示できていない。

そこへ175が現れ――
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/175
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/189
――【否定派が戦前は国際法の中に学説が含まれないという立場を採るのも面白い展開だな】などと決め付け、189はそれに乗った妄言を展開し始め、現在に至っている。

【国際法の中に学説が含まれない】と決め付けたのは池沼肯定派。

否定派は【学説は国際法とされてきた】の根拠を待っているw


181 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 04:15:14 ID:+ebUZxeW
>>156
で、お前が都合よく採用した251は下記への返事がないので保留のままだぞ。

ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/349



182 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 06:52:09 ID:z/AT02vq
K-KはMIXIでもフルボッコで投稿がとまったw

183 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 10:21:18 ID:mr86v/CL
>>179-180
いわゆる、昔の脅迫状ですよ

新聞の文字を切り取って、都合よく繋げて別の文章に作り変えるw

184 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 10:34:26 ID:My1bF7Li
肯定派の馬鹿は「学説であればどんなトンデモ論でも国際法になる」とでも言いたいのかねw
100の学説があっても国際法の法源となりえるのは極一部だけだろうにw

185 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 12:02:27 ID:+ebUZxeW
>>183
それは多少なりとも知恵のある奴がすることだろ。
単純にumasikaなだけじゃないかとw


186 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 17:58:33 ID:v4XY9emM
いやそこはルーピーだろ

187 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 18:41:12 ID:z/AT02vq
南京戦の場合は、学説として戦数論を採用します。とやったらどうするんだ?w
対立する学説はいくらでもあるんだから、肯定派の中ではどちらを採用すべきか指針は有るのか?
肯定派の脳味噌の中身はおもしろすぎるぞw

188 :日出づる処の名無し:2010/04/19(月) 20:01:08 ID:y0aUD3IC
>>187
それはもちろん肯定派お得意の『都合の良いものだけをトリミング、都合の悪いものは徹底的に無視する』に決まってるじゃありませんかw


189 :<:2010/04/20(火) 00:57:49 ID:3tTavB4j

池沼もK-Kも脂肪か?・・・(´・ω・`)

二匹とも団塊ポンコツ世代で、糖尿病死予備軍だもんな・・・(´・ω・`)

190 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 01:40:30 ID:JNxZlngz
正直、「裁判をやらなかったと言うなら証拠出せ」理論は無理があると思うわ
否定派としては「仮に裁判やらなかったとして何が問題?」で戦うべきだと思うよ
まあ、奴等から「証拠がないことは証明できない、悪魔の証明ニダ」という言質GETしたのは成果だったが

191 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 02:10:57 ID:1DufWaYe
はっきり言って便衣兵掃討戦において
日本軍と交渉出来て民間人を保護してる立場の国際委員会や各国大使館が
違法行為だの民間人虐殺だの非難せず合法行為と認識してるんだから問題ないだろw
その後の便衣兵摘出にも協力してるしなw

192 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 02:14:00 ID:nuHQuNoJ
どうせ肯定派だって大虐殺派から中間派まで幅広い説があるんだから、
>「裁判をやらなかったと言うなら証拠出せ」
>「仮に裁判やらなかったとして何が問題?」
↑どっちの理論もありだと思う。

その前に「南京大虐殺とは何なのか、何が問題なのか」を肯定派に定義してもらわないと話がかみ合わないと思われ。

193 :<:2010/04/20(火) 02:14:33 ID:3tTavB4j

何度でも曝して絶句モードを続けている池沼中間派を痛めつけるレス♪・・・(・∀・)


 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料
 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。


 ●""上記池沼見解吉田&原田および池沼中間派の自己解釈""♪・・・(・∀・)
  ""敵拘束兵""および""捕虜""を""処刑するには裁判にかけなければならない""
  
 ●しかも、その裁判とは""軍事裁判(=軍律審判もしくは軍法会議)""の事♪・・・(・∀・)
       ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ●お〜〜〜い♪バーカチン論吉田〜♪オマエの惨めな自己解釈が曝されてるんだぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

194 :<:2010/04/20(火) 02:15:55 ID:3tTavB4j

そもそも、【 軍律審判 】や【 軍法会議 】とは、【 規定された罪科 】を犯した者を裁くところ♪・・・(・∀・)

 ■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
 占領軍司令官が【 軍律に於て規定する《《罪科》》 】には種々ある・・・・(中略)
 侵入地、若くは占領地に於ける【 敵対国の軍人 】及び常人(並に第三国人)の行為に対し
 【 之を処罰することを得る犯罪 】には、寧ろ戦律罪及び敵軍幇助罪の命題を以てするのが適当であろう。

 ■【陸軍刑法(明治41年法律第46号)】
 第二条 本法ハ陸軍軍人ニ非スト雖左ニ【 記載シタル罪ヲ犯シタル者 】ニ之ヲ適用ス
 第四条 帝国軍ノ占領地ニ於テ【 陸軍軍人刑法又ハ他ノ法令ノ罪ヲ犯シタルトキ 】ハ・・・・

 ●即ち、軍事裁判にかけるには【 規定された罪科 】を犯している事が【 大前提 】となる♪・・・(・∀・)


しかし、南京戦での""敵拘束兵""および""捕虜""が【 何らかの罪を犯していた 】とする根拠は全く存在しない。

 ●つまり、""敵拘束兵""および""捕虜""に適用できる【 軍律および法的根拠 】が存在しないという事。
 
 ●それでも軍事裁判にかける必要があったと言うなら、【 罪状をでっち上げる 】しか手段がない。


結局、《 ""敵拘束兵""および""捕虜""を""処刑するには裁判にかけなければならない"" 》との自己解釈は、

 ●【 何らかの罪を犯していた 】ワケではない""敵拘束兵""および""捕虜""に対し、
  """" 罪状をでっち上げて裁判にかけ、処刑すべきである """" と主張している事にしかならない♪・・・(・∀・)


 ●ま・さ・に♪"""" 池沼中間派パラドックス """"・・・ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

195 :<:2010/04/20(火) 02:17:47 ID:3tTavB4j

 ■【池沼中間派が永遠に答える事が出来ない質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】・・・※3回目

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料
 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》とは一体何だったですか??♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

196 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 03:05:21 ID:wo+4A37j
>>189
シレッと上手いことをw

197 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 07:38:37 ID:JNxZlngz
>>192
>「裁判をやらなかったと言うなら証拠出せ」
ってのが悪魔の証明だからスマートじゃないと思うんだわ
最後の1行には全面的に同意します

198 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 09:26:27 ID:wo+4A37j

そうは言っても「裁判をしないで処刑していた!」と叫んでるのは池沼肯定派だからねぇ……

放置しといたら言ったもの勝ち合戦で議論じゃなくなる。


199 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 13:07:38 ID:DOL16pny
>>27-33 【肯定派に対してのカウンターテンプレ】
@南京における便衣掃討と上海における便衣隊を、肯定派が混同しているために、定義について混乱が生じているだけ。
 便衣兵とは「4条件違反のゲリラ兵」というので問題なし >>11-12

A日本軍に便衣兵を捕虜にしなければならないという義務はありません。
 便衣兵が捕虜になれるかどうかは、完全に占領軍の裁量次第によります。
 戦時重犯罪を犯している以上、捕虜として扱われる可能性は、ほぼ皆無でしょう。

B>>12 の法務官の見解にあるとおり、戦闘状態にある場合には、軍はそのまま処分する事ができます。
 便衣兵が、降伏した歴史的事実はありません。よって「降ヲ乞ヘル敵」には当たらないので23条の適用はありません。
 安全地帯に潜伏して未だ戦闘状態にある兵士です。よって、日本軍はこれの掃討の必要がありました。

C当時において、このような処置が認められるのは、戦場で、『降伏』か『休戦』が成立した後です。
 南京では、南京防衛軍が最後まで降伏をせず、休戦協定も成立していないため戦闘継続の状態がずっと続いていました。
 肯定派の主張は、南京防衛軍が、全面降伏したという事実誤認を基に論を展開しているので妥当ではありません。
 また、1949年のジュネーブ第三条約を1937年の南京戦当時に適用しようとしている点においても妥当ではありません。

D軍民分離をせずに抵抗した場合。民間人も含めての無差別攻撃は認められています(ハーグ25条)。
 ゆえに、この無差別攻撃を避けるために、安全地帯を設けたり(上海事変時の上海)、降伏なり休戦なりをするのが、通常です(パリ無血開城)。
 南京防衛軍が、降伏も休戦も最後までしていない以上、戦闘状態が継続しており、その間は無差別攻撃は合法です。
 (ちなみに、日本軍は安全区に対して、このような無差別攻撃は行っていません。参照「ラーベの感謝状」)
 一般市民を楯にして、ゲリラ戦術を取っている場合は、一般市民を含めて攻撃をうけます。
 この場合、一般市民を殺した軍隊が悪いのではなく、ゲリラ戦術をとった側が悪いのです。

E無裁判処刑によって殺されたという証明は、肯定派はできてません。
 むしろ、適正な手続を経て処理されたことは、当時の写真等、状況証拠によって明らかになっています。
 限りなく白に近いグレーな状態です。
 軍律等が制定されているのにそれを無視して無裁判処刑をしたという主張には首を傾げます。
 結論ありきで論理を展開するから、おかしなことになるのです。

200 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 13:09:01 ID:DOL16pny
Fもっとも著名な戦数否定論者のオッペンハイムは1919年に死亡しています。
 第四版は、オッペンハイムの死後、その弟子の学者によって訂正されたものであるので、
 現在の基準であるところの、「法規認定の補助手段」として国際裁判に際しても重要視されている卓越した国際法学者の「学説」に第四版の記述はあたりません。
 つまり訂正される前の第三版までの記述が「学説」になります。
 以上から、投降者の助命を拒否することができる場合に限定して戦数が認められていたことがわかります。
【まとめ】
 肯定派の主張の矛盾点を一言でいえば、南京においては、中国側は最後まで降伏をせず、
 そして日中両軍に最後まで休戦が成立しなかった歴史的事実を看過し、
 それらがあたかもあったかのような物として論じている点にある。>>11-12参照
 議論の前提条件が欠けているため論理そのものが成立しないのである。>>10参照。

 南京事件における日本軍の行動は、当時の国際法に照らしても、ほぼそれに沿った形で行われており、南京事件は通常の首都攻略戦にすぎない(参照:南京問題小委員会総括)。
 むしろ中国側の対応が大いに問題で、これら中国側の責任・南京安全区委員会の責任を今後も追求研究して南京戦の実情をより明らかにしていくべきである。
 1.西安事件から第二次上海事変への流れ(明確な対日全面戦争計画の存在)
 2.上海派兵・撤退時における中国軍の不法行為
 3.南京戦前夜における南京城内および南京周辺における中国軍の不法行為
 4.南京防衛軍司令官唐生智の行動・便衣兵の安全区侵入問題・南京安全区委員会の安全区の管理等。
 これらを勘案すると、南京の主位的な責任は、中国側にあるのは明らかであるが、
 日中歴史共同研究においては、【副次的】原因とされており、これは今後訂正していかなければならない大きな課題である(参照:外務省・日中歴史共同研究報告)。

201 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 13:22:19 ID:DOL16pny

>>27 >>28 >>30 >>31 → >>199 にて反論

>>32 >>33         → >>200 にて反論

202 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 13:41:36 ID:DOL16pny
【読売新聞 4月18日付け 北岡伸一 地球を読む に対する反論】
>南京虐殺については、南京作戦に参加した多くの部隊の記録に、捕虜○○○名処分、などという記録がある。
処分と処刑は違う。また部隊の記録については、一事史料の証明(史料批判)がなされて無いものがある。
南京虐殺については、捕虜の不法処刑が主な問題になったみたいw

>あらためていうまでもないが、捕虜には人道的な待遇をすることが大原則で、
>捕虜が極めて反抗的で、収容側の法が深刻な危険にさらされる例外的な場合を除けば、処刑等は許されないのである。
捕虜が戦数によって処刑される場合があることを認めている。
日本軍が捕虜を処刑した証明は、上記史料批判が十分でないこと等から、誰も成功していないはずw

>愛国主義的な〜中略〜偕行社が念入りな調査を行い、相当数の不法な殺害があったと認めている。
このような認識は誤り。
以下南京問題小委員会の調査検証の総括p24から結論のみ
このような、戦後のイデオロギーが混入した状況で編集された『偕行南京戦史』は、
正式な戦史でない事が明らかで、参考資料の一つ以上のものではない。

ps.
>満州事変は〜侵略というのである。
リットン調査団でさえ、日本の侵略であったとは断じていない。

以上から、おそろしい頭が左巻きのとちくるった人が座長をやっていたんだなと改めて思う。

203 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 14:07:05 ID:DOL16pny
>>33
【まとめにたいして】
城外処刑があったと肯定派が断じているが、城外処刑を証明した肯定派は誰一人居ない点。
無数にある処刑記録とやらの開陳をお願いしたいw 一次史料の証明もお忘れなくw
肯定派の事実の証明がなされて居ないので、法律論だけが先走っているのが論争の現状。

捕虜の不法殺害は、むしろ中国側の方がひどい。
これを一切無視するのは公平な態度で歴史に向き合って居るといえるのか?

ちなみに普通、国際法は相互主義が前提です。相手国が国際法無視の場合には、当然こちら側も守る義務はありません。

学説が国際法であると曲解したり、相手国の行状を一切無視した不公正な態度は改めなければこれからも、肯定派は支持されないでしょう。

204 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 18:49:12 ID:hPzgIHM7
「裁判をやらなかったと言うなら証拠出せ」 は
全体の半分以下の資料しか調べられていない
裁判可能な条件が整っている
って前提条件があっての話だしな

悪魔の証明と言えるかどうかはちょっと違う気がする

そもそも便衣兵掃討に裁判は必要ないけど

205 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 19:37:44 ID:4CHsuRo5
などとわけのわからない事を供述しており・・・

206 :日出づる処の名無し:2010/04/20(火) 23:30:08 ID:M84L07ax
K-KはMIXIから完全逃亡かw?

207 :日出づる処の名無し:2010/04/21(水) 03:02:26 ID:8kZkkQf1
池沼の脳内はこんなん。

■無裁判処刑があったと判断した理由
【記録が一切無いという状況証拠があります。】

■記録が無いのなら不明と結論付けた場合
【不明と書こうが私が裁判在った派に分類するのは自由です。私的には同類と見做します。】
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1269786697/709


一番問いたいのは「根拠が無くても育つ自信」の入手先と値段。

208 :日出づる処の名無し:2010/04/21(水) 04:31:02 ID:T6aCc9RS
>>204
だから、元々やらなくて良いというのがここの結論だが
軍隊ってのは無駄なことは極力やらない物だよ
現地の法務官が「裁判は必要ない」と言う事があれば
裁判やらなかっただろうね
論理的に不要なんだから、「不要」言った可能性も十分あると思う

まあ「裁判はなかった」と断言する肯定派はどうかしているが

209 :日出づる処の名無し:2010/04/21(水) 15:30:03 ID:2ZGGwtdb
例えば、降服が受け入れられ、収容所に収容された捕虜が犯罪を犯せば裁判が必要だが、
降服もしていなくて、降服も受け入れられていなくて、収容所に収容されたわけでもない、しかも交戦中の敵兵を
攻撃するのに裁判が必要なのかと。

210 :K-Kがmixiからも逃げた:2010/04/21(水) 16:17:44 ID:GijSS845
K−Kはここにも来ませんか?

211 :<:2010/04/21(水) 22:24:23 ID:rPMpmLBa
>>210
来とらん・・・(´・ω・`)

発狂して大量質問投下した後、トンスラしたまま・・・(´・ω・`)

212 :日出づる処の名無し:2010/04/22(木) 00:43:09 ID:x+J6CViC
>トンスラ

お、またレイシスト的認識か

ホント毒されてるよな、君ら。
まあ教育的に良くない2ch、て感じでいいけどさ

213 :日出づる処の名無し:2010/04/22(木) 00:58:40 ID:ymPnvie/
>>212
トンズラの誤字だろ。
トンスル-erと考えるよりはよっぽどあり得る。

半島気質だと、トンズラするよりはそこで声闘始めるからなw

214 :日出づる処の名無し:2010/04/22(木) 01:44:52 ID:jm3J4BMj
>>212
レイシストと言えば、朝鮮人の日本人に対する差別意識は酷い物だよな
奴等は何で自信満々に「朝鮮人は日本人の上位民族」などと妄想しているんだろう?

215 :日出づる処の名無し:2010/04/22(木) 01:48:52 ID:BN7CUFJC
南京周囲で見つかる死体のどれが日本軍が殺したのか、
どれが共産党や国民党が殺したのか、調査は進展した???
この本を読んでると分からないんですけど。

中国の民衆殺戮 義和団事変から天安門事件までのジェノサイドと大量殺戮
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434116274/

389 :件名:「台湾の声」【良書紹介】『中国の民衆殺戮』:2008/06/18(水) 00:00:01
 本書の最大の特徴は、往々にして別々に語られることの多い、中国人に対する多種多様な大量殺戮
の犠牲者数を同一著者が同じアプローチで推計した点です。ラムル教授は中国で起きた政治暴力に関
する多様な資料に示された民衆殺戮犠牲者推計を収集、評価して、20世紀の各時期の政治勢力毎に犠
牲者数を一定の範囲を持 たせつつ推計しました。その結果として、本書から以下の通りに要約できる
興味深い知見を引き出すことができます。
(1)本書の推計ではいわゆる「南京大虐殺」を事実として認め、その犠牲者数が20万人として日本
軍による民衆殺戮は394万9,000人と推計される。昨今疑われることの多い日本軍の虐殺や戦争犯罪に
関する主張をかなりの部分信用したとしても、その規模は次に述べる中国共産党や中国国民党の民衆
殺戮に及ばない可能性が 高い。
(2)本書の推計では国民党による民衆殺戮は1,021万4,000人。日本軍や中国共産党に注意をひきつ
ける歴史的言説の陰に埋もれてしまっているが、強制的徴兵の犠牲者数百万人と意図的な洪水決壊に
よる死者数十万人などを含め、中国国民党による中国民衆に対する殺戮の規模の方が日本軍が行った
とされる中国人虐殺より もおそらく大きい。
(3)中国共産党による民衆殺戮は日中戦争と国共内戦を含む戦時よりも、1949年以後の中華人民共
和国建国以後の平時の方が遥かに大きく、その規模は日本軍も中国国民党も大きく引き離している。
本書の推計では共産党による民衆殺戮は1949年までで346万6,000人、1949年から1987年までで3,523万
6,000人、総計3,870万2 ,000人であり、これは中国共産党が6,191万人を虐殺したソ連に次いで20世紀
世界第2位の民衆殺戮者であることを意味する。
(4)最後に、ラムル氏が日本語版への序で述べているように大躍進運動の時期に発生した1959年か
ら1963年までの中国史上、また世界史上においても最悪の大飢饉に関して毛沢東指導下の中国共産党
に責任があるとするなら、中国共産党共産党による民衆殺戮はソ連の6,191万人を超えて20世紀史上最
大の民衆殺戮となる。

216 :日出づる処の名無し:2010/04/22(木) 06:48:53 ID:MvK5i+zm
>>212

おまえら朝鮮民族の真の歴史は、半万年奴隷としての存在でしかなかったことを
これから永遠の時間をかけて、骨の髄までわからせてやるから覚悟しておけよ!




217 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 01:18:43 ID:9Ad4SJFp
MIXIにK-Kが出てきたなw

218 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 21:31:46 ID:2xYbWsmB
またmixiに現れたのか
こっちにもこいと伝えてくれんかね

219 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 22:18:31 ID:O2Ny5lev
「ピラニアのいる所へ来い!」というのはあんまりではw
同情するつもりは全く無いがw

220 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 22:18:57 ID:64/7gYrm

ん?・・・(`・ω・´)
なんだ?この過疎ぶりは・・・(`・ω・´)

221 :<:2010/04/23(金) 22:20:24 ID:64/7gYrm

トンスラK-Kはmixiには来てるんかよ・・・(`・ω・´)
mixiのどこいらへんにおるん?・・・(`・ω・´)

222 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 22:20:25 ID:2xYbWsmB
ネタがないとそりゃ過疎るわな

223 :<:2010/04/23(金) 22:25:42 ID:64/7gYrm

あれだけ”馬鹿の一つ覚え”の如く喚いてた池沼中間派は
未だに絶句モードかよ・・・(笑

無理無理・・・(´・ω・`)
団塊ポンコツ糖尿病死予備軍は、この2ちゃんでも通用せん・・・(´・ω・`)
一般社会なら尚の事無理・・・(´・ω・`)

224 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 23:01:13 ID:pqPtGJNn
そりゃまあ、粘着力では顔文字にはかなわんわなw

225 :K-Kがmixiからも逃げた:2010/04/23(金) 23:13:36 ID:Q0dcE24t
K−Kは、
mixiの「南京大虐殺論」コミュの
「悪魔の証明」というコミに現れてるyo

226 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 23:41:03 ID:b7+O65zI
オチスレだなw

227 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 23:43:26 ID:ZhuJiMEW
過疎スレになっていいんだか悪いんだかw

ネトウヨの記念碑として残したい気はするんだけどな

228 :日出づる処の名無し:2010/04/23(金) 23:53:46 ID:O2Ny5lev
過疎スレ化したという事は、肯定派の妄想が尽きたという証明ですねw

229 :<:2010/04/24(土) 00:04:10 ID:C9HtXuy/
>>225
トンスラK-Kがおった・・・(笑

人生の大半を無意味な南京詐欺に費やしたヤツらしく、
進歩も成長も放棄したワンパターンのレスだな・・・(笑

230 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:10:39 ID:vPfUZBD0
>過疎スレ化したという事は、肯定派の妄想が尽きたという証明ですねw

妄想かw

>このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。
だってよ。でどうなんだろ。

2chのネトウヨが鋭意いろいろやってきたんだろ?

で結果とか出せんの?出ないの?

正直2chがなくなる前になんかもうちょっとかましてほしいんだけどなw

231 :<:2010/04/24(土) 00:11:53 ID:C9HtXuy/

 ”裁判をやらずに《捕虜》を殺したから虐殺だ!”

   ↑    ↑    ↑    ↑    ↑
  ・・・と喚いてた池沼中間派”自己解釈”は、

  このスレで完全に死にましたとさ♪・・・(´・ω・`)

  ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪


232 :<:2010/04/24(土) 00:14:18 ID:C9HtXuy/
>>230

お仲間の市民団体の連中からも”厄介者扱い”されてる
団塊ポンコツミラクル馬鹿は、生きてる事にすら意味が無さそうだけど?・・・(´・ω・`)

地球の酸素の浪費が目的か?・・・(´・ω・`)

233 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:18:13 ID:vPfUZBD0
顔文字もsage進行だしなあ

・・・さえないなあw

ネトウヨ、て巣を作れない生き物なのかな

まあ考えてみれば当然だけど



234 :<:2010/04/24(土) 00:27:25 ID:C9HtXuy/


おい♪池沼♪・・・(笑笑笑
オマエ、ほんっとに”””” バ カ ! ””””だよな・・・(笑笑笑

よくよく読むと>>23>>24は、み〜んな【 捕虜 】って書いてるじゃん・・・(笑

対して、当時のハーグ陸戦規約および慣例国際法や
当時の国際法学者見解・《《俘虜》》取扱規則・・・等々において、
保護する事を規定としている対象は、み〜んな【【【  俘虜  】】】と
書かれている・・・(・∀・)

オマエの””痴脳””で【 捕虜 = 俘虜 】を証明できるんか?・・・(・∀・)
※言うまでもなく、当時の認識において【 捕虜 = 俘虜 】を証明しなければ
  意味はないんだぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

それとも”またしても”オイラに貢物を献上してしまっただけか?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪





235 :<:2010/04/24(土) 00:29:45 ID:C9HtXuy/
>>233
ほらよ♪アゲたぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
今日もお仲間の市民団体の連中から”総シカト”されたみたいだな・・・(笑

さっさと辞めてやれよ♪周りが煙たがってる事に気付いてないのか?ニヤニヤ・・・(・∀・)

236 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:32:42 ID:vPfUZBD0
というか、顔文字はまだがんばってるのかw

捕虜と俘虜、て違うの?

一応変換では両方で一発で出てきてびっくりしたけどw



237 :<:2010/04/24(土) 00:38:20 ID:C9HtXuy/
>>236
アンタもまだ””市民団体””に寄生してんの?・・・(・∀・)
気の毒な事だな・・・・・・・・・・・・他の”市民団体”の連中はw

もうこれ以上、地球の酸素を浪費すんなYO♪・・・(・∀・)

238 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:46:44 ID:vPfUZBD0
>>237

で、捕虜と俘虜てなんか違うの?w

おれもてきとーにwikiしか見ないで言ってんだけどさw


239 :<:2010/04/24(土) 00:51:43 ID:C9HtXuy/
>>238


  ・・・違うの?
  ・・・どうなの?
  ・・・ふむ?


いつもいつも”””何も知らない、何も判らない”””ミラクル馬鹿・・・(・∀・)

コイツはとうとう””自分で調べること””を覚えられずに死んでしまうらしい♪・・・(・∀・)



トンスラK−Kは逃亡・・・(・∀・)
池沼中間派は脂肪wwwwwwww

そして、””理由も無く南京大虐殺を信じてる””
団塊ポンコツミラクル馬鹿だけになった・・・(・∀・)

肯定派はどんだけ””人材不足””に陥ってるんだよwwwwwwwwwwwwww

どう見ても、自民党やミンス党以下だよなwwwwwwwwwwwwwwww

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪


240 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:51:47 ID:uT/BDfqF
30万説は日本ではもう支持者がいないから

南京事件ってのは

捕虜の処刑が合法か 違法か という問題に縮減したから

これからは これの問題を論じるべきだね

241 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 00:54:38 ID:uT/BDfqF
まず、捕虜が本当に処刑されたのか?ってのが問題になるんだけど

@その事実の証明。

A投降者の助命が拒否できる場合の存在。
  降伏を受け入れる事によって、作戦遂行が妨げられるとき。
  オッペンハイムの3条件。

B中国軍側の日本兵捕虜殺害等の国際法違反行為の存在。


捕虜の殺害は中国側がどうみても酷いからなぁ





242 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 00:56:44 ID:3xN14Sa/
>>238
このスレをまともに見ないでネトウヨとか言っているのがバレバレだねぇw

その程度では、「で結果とか出せんの?出ないの?」とか言ったところで、
まずは過去スレから見直してきなさいな、と言うしかないだろうねぇw

その上で同じ台詞を言った方がいいかもねぇw



つかさ、せめて「捕虜と俘虜」の話ぐらい出来てほしいなぁw
さんざんやってきたはずなんだがねぇw
微積を教えるのに算数のかけ算も出来ていないようなレベルでは、お話にならないねぇw

243 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:04:12 ID:vPfUZBD0


なんか違いあんの?捕虜と俘虜、て

なんか伸びてるし解説者も来てるしw



244 :<:2010/04/24(土) 01:05:07 ID:C9HtXuy/
>>243

同じなん?ニヤニヤ・・・(・∀・)


245 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:07:52 ID:3xN14Sa/
>>243
スレを読み返しましょうねぇw
読めないような人には教える気もありませんw
さんざんやってきたことを、今更キミのために丁寧に教える義務もないからねぇw


その程度も知らない奴が偉そうなことを言っちゃってたの?w
ぷw

246 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:10:15 ID:vPfUZBD0
>>244

同じでいいんじゃない?

捕虜と俘虜かw


247 :<:2010/04/24(土) 01:11:20 ID:C9HtXuy/
>>246

さっさと死ねよ、馬鹿・・・(笑

248 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:12:08 ID:vPfUZBD0
>捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは一般的に、戦争に関連して交戦相手国によって捕縛され管理下におかれた軍人又は軍属であることの証明書を持つ交戦者資格を有する者である。
ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、俘虜(ふりょ)という訳語を用いている。ただし近代以前では、戦争で民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼ばれた。

だとさ、wikiによれば



249 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:14:02 ID:vPfUZBD0
で、違うの?w

250 :<:2010/04/24(土) 01:16:40 ID:C9HtXuy/
>>248
>>249

まさにミラクル馬鹿・・・(笑
そのWiki記載は、””当時から存在した認識””か?・・・(笑

オマエ、目の前の>>234に書いたレスの意味が
””本当に理解できない””ワケか?・・・(笑


251 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:18:19 ID:3xN14Sa/
>>248-249
wikiは根拠にはならんよw
誰ともしれない連中が書いているのだから、確実性は無いだろうにw

ただし参考にはなるから、自分で調べてみるとか思わないのかねぇ?w
単にwikiで調べた程度のことを、教えてもらうのが当然のように聞かれても、ねぇw
さんざん、こちら側を馬鹿にしていたのに、ねぇw

キミの言うところのネトウヨごときに教えを乞う気なのかねぇw
げらげらげらw

252 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:23:55 ID:vPfUZBD0
>捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは一般的に、戦争に関連して交戦相手国によって捕縛され管理下におかれた軍人又は軍属であることの証明書を持つ交戦者資格を有する者である。
ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、俘虜(ふりょ)という訳語を用いている。ただし近代以前では、戦争で民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼ばれた。

が全てじゃないの?

捕虜となにかが違う、なんて例は知らんよ、正直w

253 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:27:04 ID:vPfUZBD0
>wikiは根拠にはならんよw

だって
じゃ、逆に捕虜と俘虜は違う、てのはどっか来たの?w

これについちゃ、俺なんも知らんでやったからどうかと思ったけど、

ははw

254 :<:2010/04/24(土) 01:27:16 ID:C9HtXuy/
>>252

マジでコイツは国際法の条文を読んだ事がないんだな・・・(笑笑笑
不真面目で不勉強で怠惰で堕落したヤツ・・・(笑笑笑

おい♪団塊ポンコツミラクル馬鹿♪・・・(笑

当時の認識においても【 捕虜 = 俘虜 】だったと言うなら、
国際法および国内法のどこかに一個ぐらい【 捕虜 】って言葉を
使ってるだろう・・・(・∀・)

ほら♪条文のソース出してやるから【 捕虜 】って言葉を探してみなよ♪・・・(・∀・)
   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/furyoki01.htm
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/haug.htm
http://www.geocities.jp/nakanolib/rei/rm38-28.htm
http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/horyo/syobatu.html
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/sougou/ko_hou/1888.htm

255 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:33:11 ID:3xN14Sa/
>>253
肯定派に聞けばいいのに、ねぇw
なぜに“ネトウヨ”に聞こうとするの?w
さんざん馬鹿にして、その上で質問するその頭が理解不能だねぇw

K−Kあたりに聞いてごらん、と言おうとする前に解説されちゃったかな?w

256 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:33:50 ID:+Uvx6NHU
>>203
>ちなみに普通、国際法は相互主義が前提です。相手国が国際法無視の場合には、当然こちら側も守る義務はありません。

他の部分は同意するところもあるがこれは少し違うと思う。グース氏の見解が判りやすいので転載。

 RE 相互主義 投稿者:グース 投稿日:2010年 2月27日(土)07時19分13秒
  >「日本軍も陸戦規則を守らなかった(14条の俘虜情報局を設置していない)のだから,
  >中国軍がハーグ4条件を満たしていないのを理由に,彼らを捕虜にしないのは,
  >法の一般原則である相互主義に反している」

  ちょっと意味がわからない部分があるんですが、
  日本軍に法規違反があるのだから、中国軍に違反行為があったとしても相互主義だからOK
  (捕虜資格は失わない)という意味であれば、いろんな意味で問題外となりますかね。
  そもそも、そういうのは相互主義とは言いませんからね。

  端的に言いますと、相手国に違反行為があったとしても遵守が必要とされるのが
  戦争法であり交戦法規なわけです。
  あっちが守らないから、こっちも守らないでは法規の意味がありませんからね。

「こちら側も守る義務はありません」とういう論法ではなく、日本は戦時国際法を遵守し、かつ違法行為はなかった
という論法の方がよいと思われ。

257 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:34:09 ID:vPfUZBD0
捕虜と俘虜と分ける認識を君が出してくれたら考えるな

別であるならそういう定義を出せよw

258 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:36:48 ID:vPfUZBD0
たぶん、どちらかの資料にありどちらかの資料にない言葉を別の言葉としようとしたのか?

どうだろ?w

259 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:38:43 ID:vPfUZBD0
本来は同一の意義で語られてもいいだろう言葉をね

捕虜と俘虜

どう?w

260 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:40:02 ID:3xN14Sa/
>>257
自分で調べればいいのに、ねぇw
wikiは根拠にはならないが、参考にはなると言ったじゃないかw
しかも色々資料を出してもらっているってのに、ねぇw

まあ、こちらが教える立場でキミは教えてもらう立場だからねぇ、そういう上から目線はないんじゃないの?w
キミの言うところのネトウヨに教えてもらうんだから、さぁw

そもそも何で肯定派に聞かないのかねぇ?w
やっぱろ、肯定派は間違った知識しか持っていないと思っているからじゃないのかねぇ?w
聞けない理由でもあるのかなぁ?w
げらげらげらw

261 :<:2010/04/24(土) 01:40:47 ID:C9HtXuy/
>>257
勉強したこともないアホウが” 定義 ”なんて言葉を使うなよw



おい♪便衣兵化してる池沼・・・(笑

>>257の団塊ポンコツミラクル馬鹿は何も判っちゃいないが
オマエは判ってるよな?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

長々と貼り付けたコピペの>>23>>24に書かれている
” 捕虜 ”が【 俘虜 】である事の証明が出来てないぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

当時の認識において【 捕虜 = 俘虜 】としたものがあったのか?♪・・・(・∀・)

ちなみに国際法条文を確認する限り、【 捕虜 = 俘虜 】との認識に
なったのは追加議定書以降だぜwwwwwwwwwww

この追加議定書以降、国際法の和訳文にも【 捕虜 】と言う言葉か
用いられるようになってるぜwwwwwwwww


262 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:45:00 ID:vPfUZBD0
>>260,261

で、捕虜と俘虜は違うの?

国際認識においてどう違うのか、ご存じなの?お二方ともw

正直これが重要問題なのかどうかともご存じではないんじゃないの?w

263 :<:2010/04/24(土) 01:45:02 ID:C9HtXuy/
>>258
>>259

  ・・・違うの?
  ・・・どうなの?
  ・・・ふむ?
  ・・・どうだろ?w
  ・・・どう?w

”何も知らない”、”何も判らない”、”何も考えられない”・・・・

地球の酸素を浪費して、糞だけを垂れ流して死ぬ哀れな老人・・・(笑

264 :<:2010/04/24(土) 01:48:22 ID:C9HtXuy/
>>262
”同じである事の証明”が必要なのは池沼中間派の方だよ、馬鹿・・・(笑


 >>262
 国際認識においてどう違うのか、

   ↑
パニックになるし支離滅裂になるよな、このミラクル馬鹿は・・・(笑

 ●なんでここで”国際認識”が出てくるん?・・・(笑 ※1回目


265 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:51:30 ID:3xN14Sa/
>>262
重要問題、ねぇ…w
wikiを根拠にしていた人に、言われてもなぁw

またどこかの根拠のない文章でも読んできたのかねぇ?w
キミがさんざん馬鹿にしていたネトウヨに聞くつもりなのかねぇ?w

いやいや、K−Kあたりになぜ聞かないの?w
肯定派なら親切に教えてくれるんじゃないかねぇ?w


266 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:52:25 ID:vPfUZBD0
・・・

いや、ホントに違いないの?
捕虜と俘虜、て

俺はカマかけただから知らんけどさw

267 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:56:20 ID:vPfUZBD0
わあww

そんなに早く釣れるなよw

なんか俺が後だししたみたいじゃんw



268 :<:2010/04/24(土) 01:56:28 ID:C9HtXuy/
>>266

当時は”” 捕虜 ””なんて言葉は【 標準語 】として存在してなかったのさ♪・・・(・∀・)

 ●つまり、>>23>>24の”” 捕虜 ””とは、単に”” 捕らえた者 ””でしかないのさ♪

ウソだと思うのなら確認してみな♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/furyoki01.htm
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/data/haug.htm
http://www.geocities.jp/nakanolib/rei/rm38-28.htm
http://www.geocities.jp/nakanolib/hou/hm41-46.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/horyo/syobatu.html
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/sougou/ko_hou/1888.htm


269 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 01:59:00 ID:yT/rMmEo
>>252
つーかお前のwiki引用でも違いがわかるじゃねーかw
俘虜=ハーグ陸戦条約を満たし捕まった戦闘資格者。正式に捕虜待遇を受けられる者
捕虜=敵兵、便衣兵、民間人等々とりあえず捕まった者w

捕虜≧俘虜だなw

270 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/24(土) 01:59:54 ID:3xN14Sa/
>>266
まあ、多分、キミは勘違いしているんだろうねぇw
何を勘違いしているかはだいたい予想がつくw


だから重要問題とか言っちゃうんだろうねぇw

「捕虜と俘虜」と言うのは、キミ自身、どういう意味かちゃんと理解しているのかねぇ?w
カマをかけたというのであれば、wikiに頼らず自分の言葉で説明できるよねぇ?w

271 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 02:01:39 ID:vPfUZBD0
>>268

俘虜から捕虜へのスライドはなかったのかな?

なかったのかな?w

272 :<:2010/04/24(土) 02:04:14 ID:C9HtXuy/
>>271
パニックになるとやたらとカタカナが出て来るんだよな、このミラクル馬鹿は・・・(笑

 >>262
 国際認識においてどう違うのか、
   ↑
 ●なんで日本語解釈なのに”国際認識”が出てくるん?・・・(笑 ※2回目

 ●なんで”南京大虐殺”なんかを信じたん?・・・(笑 ※1回目

273 :【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料:2010/04/24(土) 02:05:09 ID:+dg/3paQ
>じゃ、逆に捕虜と俘虜は違う、てのはどっか来たの?w


最初からとは言わないけど、数百十レスくらいさかのぼってちゃんとレス見れば、すぐ判るさ、どうしてこういう話しになったかという経緯が


274 :<:2010/04/24(土) 02:07:39 ID:C9HtXuy/

ちょい語弊があるな・・・(´・ω・`)

当時は”” 捕虜 ””という言葉に対する【 定義 】は定められていなかった・・・でOK・・・(笑

275 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 02:21:34 ID:uT/BDfqF

横目でよんでいてあまり詳しくは無いが

投降してきて戦闘詳報にかかれた俘虜?捕虜?が

国際法における捕虜と同じ意味とは限らない

というところから議論の出発点でいままで着てるんだろうが

どうでもいい がんばって議論してくれ

276 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 02:28:02 ID:yT/rMmEo
おい今日日性のバカは>>269で捕虜と俘虜の違いが理解出来たか?
恥ずかしくて沈黙かw

277 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 13:51:28 ID:oE3OZFOg
枯れ木も山の賑わい

278 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 14:46:00 ID:9DKZSfjH
肯定派が言う、南京の強姦被害はどれくらいなのだ?
アイリスチャンの2万から8万で良いのか?

279 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 14:48:03 ID:fFrn6105
数はわからんね

280 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 19:55:48 ID:dZYANuFw
肯定派の自爆っぷりはすごいな


281 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 20:10:06 ID:9DKZSfjH
昔 NHKの激流中国 医療の回に出てきた
同仁会病院は、戦前に日帝が協力して作った病院ですたw

282 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 22:36:17 ID:Hym3wLFz
>>268
確かにハーグ条約にも【俘虜】という文字はあるが、【捕虜】という文字は無いな。
戦前の【俘虜】という文字が、戦後【捕虜】と文字に変わっただけだな。

戦前と戦後の文字の変化
國語→国語
算數→算数
社會→社会
音學→音楽
體育→体育

当たり前のことだが、文字が変わっただけで意味が変わったわけではない。
しかし肯定派の妄想にかかると

>119
>戦時重罪に問われないのは俘虜であって捕虜ではない

【俘虜】と【捕虜】が違うものであるかのような主張が飛び出すw
例えるなら
「数を数えるのは【算數】であって【算数】ではない」
「運動するのは【體育】であって【体育】ではない」
というようなものかw

283 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 22:38:48 ID:dZYANuFw
まぁその肯定派の主張で肯定派のテンプレが崩壊したのだから 爆笑するしかないわw

284 :日出づる処の名無し:2010/04/24(土) 23:49:49 ID:16ZzSsCj
>>282
捕虜と俘虜は読みも違うし、捕と俘は別の文字だぞ。

285 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 00:38:38 ID:XXIceWq1
>>284
指し示す物が違うのなら「俘虜」という言葉が、現在でも生き残っているはずだよな
現実を見て判断しよう

286 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 01:32:53 ID:6qHf18Jg
>>284
捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)。
俘虜は(Prisoner of war, POW)ではないとでもw

「捕虜(POW)は俘虜( POW)では無い」という主張ですか?

287 :<:2010/04/25(日) 10:48:53 ID:SNY6mSVQ

オイラもまだ検討中なんだが、

 @戦前に表記されていた『俘虜』 (※>>268中の記載)
 A戦後、追加議定書等で使われるようになった『捕虜』

 ●@とAは同じものだ・・・(´・ω・`) (※"Prisoner of war"となっている)

問題は>>23>>24記載中の""捕虜""についてだ・・・(´・ω・`)
※言うまでも無く、【 当時の資料 】において、『俘虜』と『捕虜』の二つの言葉が並んでいる。

当時の軍指揮官は、陸軍大学等で陸軍刑法や俘虜取扱規則は学んでいる・・・(´・ω・`)
その中の記載はすべて『俘虜』である事も知っている・・・(´・ω・`)

また、信夫淳平氏をはじめ、当時の国際法学者見解文中にも『俘虜』という言葉は
出てくるが""捕虜""という言葉は出てこない・・・(´・ω・`)

そして、当時の国際法その他国内法において【 保護が規定されている 】のは
『俘虜』の方だ・・・(´・ω・`)

 ●つまり、当時の指揮官達は『俘虜』と言う用語は当然のごとく承知していた上で
  >>23>>24では判で押したように""捕虜""という言葉を使っている・・・(´・ω・`)

『俘虜という言葉を避けるように』との通達が出ていたからだと思われるが、
それ故に、""単に捕まえた者を示す意味の『捕虜』""として記載されている
可能性が高いと判断している・・・(´・ω・`)

>>23>>24中の『捕虜』が""単に捕まえた者""という意味であるならば、
ハーグ陸戦規則等で保護が規定されている『俘虜』とは異なると言う事・・・(´・ω・`)

 ●よって池沼中間派の言うが如く、"" 捕虜殺害 = 俘虜殺害 ""とはならず、
  池沼中間派自己解釈がまたしても崩壊している事になる・・・(´・ω・`)

288 :<:2010/04/25(日) 11:00:36 ID:SNY6mSVQ

池沼中間派は>>23>>24に記載されている"" 捕虜 ""について、

 ●当時の資料において使われている"" 捕虜 ""の意味(※または定義)がどの様な
  ものであったのか、 国際法学者見解文もしくは何らかの条文を示す必要がある・・・(´・ω・`)

 ※【 捕虜 = 俘虜 】と認識される様になったのは戦後以降の話・・・(´・ω・`)


ちなみにオイラは、当時の国際法学者見解文を用いて【 捕虜 = 俘虜 】であった事を
証明することが【 出来なかった 】・・・(笑
 ※また、国際法および国内法条文には"" 捕虜 ""という文字は一切使われていない。


 ●あらためて>>23>>24に記載されている"" 捕虜 ""について
  "" 捕虜 ""とは【 俘虜を指していた 】とする何らかの根拠が提示できれば、池沼中間派の自己解釈
  である"" 捕虜(=俘虜)殺害だから虐殺だ! ""にも一理あるだろう♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●しかし、"" 捕虜 ""とは"" 単に捕まえた者 ""と言う意味でしか無いのなら、
  "" 捕虜殺害 ""とは"" 単なる《拘束兵》殺害 ""の事でしかなく、当時の国際法では規定が
  無かった範疇での殺害という事になる♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


ちなみに池沼中間派は今ノイローゼ中らしい・・・(笑笑笑笑

289 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 12:03:40 ID:/ZCYo5Sq
戦前の資料でも俘虜と捕虜の2つの言い方があったのか……これは気付かなかった

290 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 13:16:38 ID:CIUSbxbm
>>288
>※【 捕虜 = 俘虜 】と認識される様になったのは戦後以降の話・・・(´・ω・`)
戦前は「捕虜」という言葉が存在しなかっただけ。
戦後になって「捕虜」という言葉が使われるようになっただけ。
これが証明している。

>※また、国際法および国内法条文には"" 捕虜 ""という文字は一切使われていない。

佐々木少将私記でも原文は「俘虜」
肯定派が引用時に「捕虜」と書き換えただけ。

その後、俘虜続々投降し来たり数千に達す、激昂せる兵は上官の制止を肯かばこそ、片はしより殺戮する。
多数戦友の流血と十日間の辛惨を顧みれば、兵隊ならずとも「皆やってしまえ」と言いたくなる。
「佐々木到一少将私記」
(笠原『南京事件』p.153-154)

291 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 13:24:18 ID:hx6tBpjx
>>289
つ【>>59>>88

292 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 13:25:34 ID:/ZCYo5Sq
ありゃりゃ

肯定派は何でわざわざ<<捕虜>>に書き換えたんだ?

293 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 13:28:59 ID:/ZCYo5Sq
ん? >>59
>歩戦協同不十分なり(敵の夜襲に追踉する夜襲)"俘虜"を作る如くす
>敵動揺の兆あるに乗し来る者は"捕虜"とすへし

>>290
↑には捕虜と書かれているようだけれど……

294 :<:2010/04/25(日) 13:50:27 ID:SNY6mSVQ
>>290

 ・・・俘虜続々投降し・・・
 ・・・俘虜続々投降し・・・
 ・・・俘虜続々投降し・・・
 ・・・俘虜続々投降し・・・

《俘虜》がどうやって《投降》するんだよ?アホが・・・(´・ω・`)

295 :<:2010/04/25(日) 13:54:59 ID:SNY6mSVQ
>>291
まだ池沼中間派が湧いてら♪大破綻した"" 崩壊自己解釈 ""を修正する事もせずに・・・(笑笑笑笑

 ★59 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 23:37:26 ID:G9EDoxsl
  俘虜じゃなくて捕虜と言っているから軍法会議にかける事も出きるけどなw

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●一体何の【 罪状 】で捕虜を軍法会議にかけるんだよ?池沼?・・・(笑

【 軍律審判 】や【 軍法会議 】とは、【 規定された罪科 】を犯した者を裁くところ♪・・・(・∀・)

 ■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
 占領軍司令官が【 軍律に於て規定する《《罪科》》 】には種々ある・・・・(中略)
 侵入地、若くは占領地に於ける【 敵対国の軍人 】及び常人(並に第三国人)の行為に対し
 【 之を処罰することを得る犯罪 】には、寧ろ戦律罪及び敵軍幇助罪の命題を以てするのが適当であろう。

 ■【陸軍刑法(明治41年法律第46号)】
 第二条 本法ハ陸軍軍人ニ非スト雖左ニ【 記載シタル罪ヲ犯シタル者 】ニ之ヲ適用ス
 第四条 帝国軍ノ占領地ニ於テ【 陸軍軍人刑法又ハ他ノ法令ノ罪ヲ犯シタルトキ 】ハ・・・・

 ●軍事裁判にかけるには【 規定された罪科 】を犯している事が【 大前提 】♪・・・(・∀・) 

しかし、南京戦での""敵拘束兵""および""捕虜""が【 何らかの罪を犯していた 】とする根拠は全く存在しない。

 ●普通であればこの時点で【 ""敵拘束兵""および""捕虜""を裁判にかける事は出来ない 】との結論に至る。
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ●それでも軍事裁判にかける必要があったと言い張るならば【 罪状をでっち上げる 】しか手段がない。

結局、《 ""敵拘束兵""および""捕虜""を""処刑するには裁判にかけなければならない"" 》との自己解釈は、

 ●【 何らかの罪を犯していた 】ワケではない""敵拘束兵""および""捕虜""に対し、
  """" 罪状をでっち上げて裁判にかけてから処刑すべきであった """" と主張している事にしかならない♪

296 :<:2010/04/25(日) 13:57:53 ID:SNY6mSVQ
>>291


 ■【池沼中間派のトラウマとなってしまった質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】・・・※4回目

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料
 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》とは一体何だったですか??♪ニヤニヤ・・・(・∀・)



こそこそIDを変えて必死のミスリードだな・・・(笑

まだ生きてんの?
生きてても意味無いじゃん・・・(´・ω・`)
さっさと氏んじゃえよ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

297 :<:2010/04/25(日) 14:24:02 ID:SNY6mSVQ
>>291

超ド級池沼チン論""吉田感想文""を根拠にしてる池沼中間派自身がこのレス・・・(笑

     ↓    ↓    ↓    ↓
 ★59 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 23:37:26 ID:G9EDoxsl
  当然、罪状がなければ軍法会議にかける事は出来ないが、

 ●オマエ自身が"" 罪状がなければ軍法会議にかける事は出来ない ""って認めてるじゃんwwwwww
  だったら【 罪状がない 】以上、裁判手続きを進める事ができねーだろうが♪ば〜か♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

     ↓    ↓    ↓    ↓
 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。


 ●なのに、池沼自己解釈の中心がいまだに"" ド級チン論吉田感想文 ""wwwwwwwwwwwwwwwwww

 ●池沼は何度死んでもやっぱり池沼だな・・・(笑

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

298 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 14:34:15 ID:fsDpSJjG
どうせ肯定派認定されるんだろがどっちでもない派の俺がみたところ、肯定派の主張は>>30のハーグ陸戦条約の
4条件違反者は戦時重罪犯として陸軍軍法会議法で裁かれる。でしょ。裁かれるのは捕虜の方で俘虜じゃないんだけど。

299 :<:2010/04/25(日) 14:48:53 ID:SNY6mSVQ
>>298

バカは氏ねって言ってんだよ・・・(´・ω・`)

 【信夫淳平博士の『戦時国際法提要』】
 ■http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Law_03.html
 @占領軍の占領地に於ける軍事司法としては、占領軍本国の軍人軍属その他特定の軍関係者、
  及び特定罪目の犯人たる軍人以外の者に対しては律するに陸海軍刑法を以てし、陸海軍の各
  軍法会議之を管轄するが、その適用の対象とする所のものは主として自国人である。
 A外国人にしても従軍者、俘虜などは同じくその適用を受け、又或場合にはその以外の外国人を
  も管轄することあるも【【(帝国陸海軍軍法会議法各第六条参照)】】、それは例外で原則ではない。

 ●原則として、軍法会議法第六条があるも、軍法会議における適用対象は【【 自国人 】】!・・・(´・ω・`)

例外的とされる軍法会議法が適用される通達が出されたのは、池沼ソースによれば1938年になってからの事!

  >>30
  中支那方面軍軍律の制定(12月1日)後一ヶ月程経って、中支那方面軍軍法会議が設置された。
  この軍法会議は「陸軍軍法会議法第一条乃至第三条及第六条記載の者に対する被告事件を審判」
  【 「中支那方面軍に於ける各軍法会議の事務取扱に関する件」《《 松井軍司令官制定による 》》 】

  ●つまり、1937年度中に陸軍軍法会議法を適用する事は不可能!・・・(´・ω・`)

陸軍軍法会議法を適用するか否かを判断するのは【 松井軍司令官 】であって、テメーじゃねーんだよ!池沼!・・・(笑

何度も提示してるのに、"" 未だに理解すら出来ない池沼中間派 ""はさっさと死ね!・・・(´・ω・`)

300 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 15:07:16 ID:+3NqWxpI
スレとしてどういう評価が出るかはわからんが、俘囚と言う言葉があって捕虜となって移送された者と言う
原義があり、俘虜は捕虜として拘束された者が収容所に収容されたものと言う意味があるんじゃないかと。
すなわち、

捕虜⊃俘虜

と言うことじゃないかと。

301 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 15:07:44 ID:F+qkha0y
>>298
>どうせ肯定派認定されるんだろがどっちでもない派の俺がみたところ、

K−Kとスクリプトを除けばお前しか来とらん。


302 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 15:19:15 ID:/ZCYo5Sq
自称中韓派のkouei派 は今日は どっちでもない派 と呼称

303 :<:2010/04/25(日) 15:30:40 ID:SNY6mSVQ
>>300

『俘虜は捕虜として拘束された者が収容所に収容されたもの』であるなら、
尚の事、ハーグ陸戦法規その他国内法による保護が規定されている対象は

 ●『収容所に収容されたもの』 と言う事になる・・・(´・ω・`)


対して、下で得意気に出した池沼ソースは皆"" 捕虜 ""で統一されている・・・(笑
     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★http://mimizun.com/log/2ch/asia/1261514418/590
  中島今朝吾日記 「約七八千あり尚続々投降し来る」(南京戦史資料集1)・・・1次史料
  佐々木少将私記 「捕虜ぞくぞく投降し来り数千に達す」(南京戦史資料集1)・・・1次史料
  山田栴二少将日記 「投降兵莫大にして仕末に困る」「一四、七七七名を得たり」(南京戦史資料集2)・・・1次史料
  宮本省吾(仮名)陣中日記 12/16揚子江岸で捕虜約3000人射殺(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)・・・1次史料
  菅野嘉雄(仮名)陣中日記 12/17揚子江岸で捕虜約1万数千人銃殺(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)・・・1次史料
  ※下2つはNNNドキュメントで日記が映し出されて実在確認済みの小野賢二発掘資料。

 ●つまり、この段階では『収容所に収容されたもの』ではない・・・w

上記の"" 捕虜 ""が【 =俘虜 】との証明がなされなければ、池沼中間論のもう一つの根拠、

 ★保護されるべき【 捕虜(=俘虜)を殺したのだから虐殺だ! 】

が大崩壊した事になる・・・・w

哀れ・・・池沼中間派朝鮮人・・・鬱になり、自殺寸前・・・・w

304 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 16:04:30 ID:vLUVfQGQ
肯定派は民主支持急落問題で

手一杯みたいなんだろうなw

305 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 16:49:47 ID:CIUSbxbm
>>293
飯沼守日記は戦後に中国で書かれたものじゃなかったか?

306 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 17:33:04 ID:/ZCYo5Sq
>>305
そうなの? もしや中帰連?

307 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 18:33:57 ID:7ThyYJ5k
>>290
K−Kとグースのサイトは「捕虜続々投降し来たり」になってるな。どこから俘虜が捕虜になったんだろ。
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/page003.html
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/16D/30ryo.html


>>299
>   ●つまり、1937年度中に陸軍軍法会議法を適用する事は不可能!・・・(´・ω・`)

>>30
>  Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、戦時重罪犯として軍事裁判の判決により処する
> のが本来の手順でした。裁判が行われるまでは拘束される事になります。

陸軍軍法会議法の適用が決まるまで拘束されるのが本来の手順だったと書いてあるけど、そこんとこはどうなの?
裁判を待たずに戦時重罪犯である敵拘束兵を殺害したから違法なんでしょ。裁判まで待てなかったとしたら、
捕虜は武装解除された後解放されるべきだった筈。捕虜=敵兵、便衣兵、民間人等々とりあえず捕まった者と
否定派も言っている。そもそも肯定派テンプレのどこに俘虜を裁判にかけなければならないって書いてあるの?

308 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 19:41:29 ID:CIUSbxbm
>>307
【捕虜=敵兵、便衣兵、民間人等々とりあえず捕まった者】
という主張であれば拘束された後、敵兵と判断されれば唯の『降服していない敵兵』
「拘束されれば殺されない」という国際法は存在しない。
逆に国際法では「○○という条件を満たしてる者は保護の対象」となっている。
(条件を満たしていない者は攻撃の対象)
つ>90
>ジュネーウ゛条約
>第41条(戦闘外にある敵の保護)

「拘束された後、便衣兵であれば処罰のために裁判が必要」という事であれば兵民分離を定めたハーグ条約の意味は無い。
戦闘中にいきなり便衣に着替え始めた敵兵を攻撃するのに裁判が必要とでも言いたいのだろうか。
戦闘外にあると認められなければ、民間人だろうが正規兵だろうが便衣兵だろうが関係なく全て等しく攻撃の対象でしかない。

309 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 19:53:01 ID:/ZCYo5Sq
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Sasaki.html

こっちのサイトでは《俘虜》としている
原文はどちらなのだろう?

310 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 19:57:05 ID:/ZCYo5Sq
>>307
>裁判を待たずに戦時重罪犯である敵拘束兵を殺害したから違法なんでしょ
敵拘束兵のうち戦時重罪犯といえるのは便衣兵だけだと散々<氏に指摘されてるくせにまだわからないのか?

311 :<:2010/04/25(日) 19:58:41 ID:SNY6mSVQ
>>307

『捕虜』と『俘虜』を意図的に混同して、煙に巻こうとしてんじゃねーよ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
池沼中間派が必死のミスリード・・・(笑笑笑笑


 ★307 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 18:33:57 ID:7ThyYJ5k
  陸軍軍法会議法の適用が決まるまで拘束されるのが本来の手順だった

     ↑    ↑    ↑    ↑
こんな""自己解釈チン論""を述べてる国際法学者は誰よ?♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
トンスラK-Kのレスを何度でもプレゼントするだけだな♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★579 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/02(火) 23:43:46 ID:PbGJiEU2
  おやおや、どこの国際法学者がその様な主張をされているのでしょうか?
  学術的根拠もなく言われても、「理解不能」としか言い様がありませんね。


どこの国際法学者も言っていない"" 妄想自己解釈 ""を垂れ流すなYO〜♪・・・(笑

312 :<:2010/04/25(日) 19:59:57 ID:SNY6mSVQ
>>307

 ★307 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 18:33:57 ID:7ThyYJ5k
  裁判を待たずに戦時重罪犯である敵拘束兵を殺害したから違法なんでしょ。

     ↑    ↑    ↑    ↑
>>23>>24>>303の"" 支那兵 ""達は、いつの間にか"" 戦時重罪犯 ""になってたんかよ?・・・(笑笑笑笑


      ●一体どんな【 罪状 】???♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


 ■【池沼中間派のトラウマとなってしまった質問♪ニヤニヤ・・・(・∀・)】・・・※5回目

 ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
  南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行した所
  に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、第一線の
  部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】108次資料
 ★123 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/17(土) 02:30:32 ID:0/ybXBVf
  実体として在ったのは敵拘束兵や捕虜の殺害であり、その手続きとして裁判が必要だったと言っている。

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●""手続きとして裁判が必要だった""と言うのなら尚の事、
  ""敵拘束兵""や""捕虜""の《《《  罪状  》》》とは一体何だったですか??♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

313 :<:2010/04/25(日) 20:11:56 ID:SNY6mSVQ
>>307

『捕虜』と『俘虜』を意図的に混同して、必死に煙に巻こうとする池沼中間派・・・(笑笑笑笑

 ★579 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/02(火) 23:43:46 ID:PbGJiEU2
  捕虜は武装解除された後解放されるべきだった筈。

     ↑    ↑    ↑    ↑
佐藤氏見解文中の【 捕虜 】とは【 =俘虜 】との意味で使われてるんだよ!バカ・・・(笑

     ●下記見解文を読めば明らか♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 【佐藤和男氏『南京事件と戦時国際法』 「正論」平成13年3月号】
 ■http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/satoukokusaihou.html
 学界の通説は、右のような場合には、捕虜は武装解除された後解放されるべきであるというものである。(P315)

 ハーグ陸戦規則第四条は「俘虜ハ、敵ノ政府ノ権内二属シ、之ヲ捕ヘタル個人又ハ部隊ノ権内二属スルコト
 ナシ」と規定するが、往昔、【 捕虜 】が捕獲者たる将兵の個々の権内に属して、彼等に生殺与奪の権を握られる
 ことがあったのである。

  ※特に上記はハーグ第四条を現在の言葉に置き換えて説明したもの♪♪♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 安全区の存在とその特性を考慮に入れるならば、出入を禁止されている区域である安全区に逃げ込むことは、
 軍律審判の対象たるに値する戦争犯罪行為(対敵有害行為)を構成すると認められ、安全区内での摘発は現行
 犯の逮捕に等しく、彼らに正当な【【  捕虜の資格  】】がないことは既に歴然としている。

佐藤氏の上記見解文における【 捕虜 】とは【 俘虜たる権利を持つものの事 】♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●つまり、一旦【 俘虜として受け入れた者 】に対しては、武装解除後、解放する事もある。

と書いてるだけだ♪アホ♪♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

314 :<:2010/04/25(日) 20:19:13 ID:SNY6mSVQ
>>313
トンスラK-Kのレス番貼ってるから修正・・・(´・ω・`)

 ★579 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/02(火) 23:43:46 ID:PbGJiEU2
  捕虜は武装解除された後解放されるべきだった筈。
     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★307 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 18:33:57 ID:7ThyYJ5k
  捕虜は武装解除された後解放されるべきだった筈。


>>307

 ★579 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/02(火) 23:43:46 ID:PbGJiEU2
  そもそも肯定派テンプレのどこに俘虜を裁判にかけなければならないって書いてあるの?

     ↑    ↑    ↑    ↑
 ●では、下記の"" 捕虜 ""とは『=俘虜』の事ではないと言うわけだな♪ニヤニヤ・・・(・∀・)
     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
  "" 捕虜 ""ならば軍法会議で、"" 捕虜 ""でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきものであって、
  第一線の部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。


どー見ても原剛は【 捕虜 = 俘虜 】の意味で書いてるとしか見えないんだけどwwwwwww
【 捕虜 = 俘虜 】と解釈してるから、"" 捕虜ならば軍法会議で、・・・ ""と書いてるんじゃねーの?wwwwww

315 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 20:26:03 ID:/ZCYo5Sq
またK−K貼ってるぞw

316 :<:2010/04/25(日) 20:29:39 ID:SNY6mSVQ
>>314

やべ・・・(´・ω・`)

 ★307 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 18:33:57 ID:7ThyYJ5k
  そもそも肯定派テンプレのどこに俘虜を裁判にかけなければならないって書いてあるの?

     ↑    ↑    ↑    ↑
       ●こっちね・・・(´・ω・`)

つーか、ここんとこ何日かの肯定派どものチンカスレスを見て核心したワ・・・(´・ω・`)

 ●このスレに肯定派は、

  "トンスラK-K"と"池沼中間派"と"kouei"と"ミラクルバカ"しかおらん・・・(笑

どんだけ人材不足なんだよ?・・・・w

317 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 20:35:28 ID:/ZCYo5Sq
そういや核心はどこいったんだろな

318 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 20:37:18 ID:CIUSbxbm
つーか、正規兵でさえ降服しても受け入れられるとは限らなかったのに、つ>85
降服さえしていない敵兵(便衣兵)を攻撃せず、わざわざ「裁判にかけなければならない」という理由は日本軍には無い。


319 :<:2010/04/25(日) 20:38:04 ID:SNY6mSVQ

マジであの世に・・・・・イカン・・・(笑

320 :<:2010/04/25(日) 21:04:41 ID:SNY6mSVQ
【池沼自己解釈@】:『"" 捕虜 ""や"" 敵拘束兵 ""を裁判手続き無しで処刑したから虐殺』の破綻点・・・(´・ω・`)

 ●ミラクル池沼吉田&原チン論によれば、
  ""敵拘束兵""および""捕虜""を""処刑するには裁判手続きを経なければならない""というもの。
  
 ●しかも、その裁判とは""軍事裁判(=軍律審判もしくは軍法会議)""の事・・・(´・ω・`)

では、その軍事裁判(=軍律審判もしくは軍法会議)とはどの様なものかというと、
双方とも【 規定された罪科を犯した者  】を裁くところ・・・(´・ω・`)

 ■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
 占領軍司令官が【 軍律に於て規定する《《罪科》》 】には種々ある・・・・(中略)
 侵入地、若くは占領地に於ける【 敵対国の軍人 】及び常人(並に第三国人)の行為に対し
 【 之を処罰することを得る犯罪 】には、寧ろ戦律罪及び敵軍幇助罪の命題を以てするのが適当であろう。

 ■【陸軍刑法(明治41年法律第46号)】
 第二条 本法ハ陸軍軍人ニ非スト雖左ニ【 記載シタル罪ヲ犯シタル者 】ニ之ヲ適用ス
 第四条 帝国軍ノ占領地ニ於テ【 陸軍軍人刑法又ハ他ノ法令ノ罪ヲ犯シタルトキ 】ハ・・・・

一方、池沼中間派が得意気に出した下記資料中の『捕虜』や『投降兵』が
何らかの【 規定された罪科を犯していた  】とする、証拠も記録も証言も無い・・・(´・ω・`)
http://mimizun.com/log/2ch/asia/1261514418/590

 ●普通であればこの時点で【 ""敵拘束兵""および""捕虜""を裁判にかける事は出来ない 】との結論に至る。

 ●だが、チン論帝王吉田にしろ、池沼中間派にしろ、"" 無裁判で処刑が行われた! ""との自己解釈に拘るが故、
  【 全く罪状が明らかにされていない敵拘束兵および捕虜 】に対し、裁判にかけなければならないと喚き続けている。

 ●【 罪状が無い者 】を裁判にかけよとするなら、その罪状を【 でっち上げる 】しかない・・・(´・ω・`)

 ●結局、チン論帝王吉田をふくめ、池沼中間派が主張している事は、
  "" 敵拘束兵および捕虜の【 罪状をでっち上げて 】裁判にかけてよ ""と主張しているに過ぎない・・・(´・ω・`)

321 :<:2010/04/25(日) 21:09:34 ID:SNY6mSVQ

【池沼自己解釈A】:『"" 捕虜 ""を殺害したから虐殺』の破綻点・・・(´・ω・`)

ハーグ陸戦法規その他俘虜取扱規則等の国内法において、保護が規定されているのは【【 俘虜 】】だ・・・(´・ω・`)

現在は、【 俘虜 】という言葉は用いられなくなり、変わりに【 捕虜 】が当てられているが、
当時においては、【 俘虜 】に該当する者こそが俘虜の権利に基づく保護の対象となっている・・・(´・ω・`)

しかし、当時の"" 一次資料(笑) ""を見ると、すべて【 捕虜(もしくは投降兵) 】と書かれており、
【 俘虜 】との言葉が一切使われていない事に気付く・・・(´・ω・`)

 ★http://mimizun.com/log/2ch/asia/1261514418/590
  中島今朝吾日記 「約七八千あり尚続々投降し来る」(南京戦史資料集1)・・・1次史料
  佐々木少将私記 「捕虜ぞくぞく投降し来り数千に達す」(南京戦史資料集1)・・・1次史料
  山田栴二少将日記 「投降兵莫大にして仕末に困る」「一四、七七七名を得たり」(南京戦史資料集2)・・・1次史料
  宮本省吾(仮名)陣中日記 12/16揚子江岸で捕虜約3000人射殺(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)・・・1次史料
  菅野嘉雄(仮名)陣中日記 12/17揚子江岸で捕虜約1万数千人銃殺(南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち)・・・1次史料
  ※下2つはNNNドキュメントで日記が映し出されて実在確認済みの小野賢二発掘資料。

 ●ここで改めて当時の国際法学者見解文等を確認すると、【 捕虜の定義 】等が見当たらない・・・(´・ω・`)
   また、当時の国際法および国内法を確認しても【 捕虜とは何か? 】に関する記載は無い・・・(´・ω・`)

 ●つまり、当時においては【 捕虜 】とは正式用語ではなかった事が判る・・・(´・ω・`)

 ●【 捕虜 】とは、その字の如く、単に【 捕まった者 】を意味しているものでしかない・・・(´・ω・`)
  ※条文にも存在せず、国際法学者等による定義が無い以上、【 単なる言葉 】でしかない。

 ●結局、上の池沼提示"" 一次資料(笑) ""も、
   【 法的に保護が規定されていなかった《《 拘束兵 》》殺害 】でしかなく、
  "" 捕虜殺害 = 俘虜殺害 ""とはならない事を証明したに過ぎない♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

322 :<:2010/04/25(日) 21:16:53 ID:SNY6mSVQ

池沼が"" 一次資料だ!! ""と言い張ってたんだから、間違いないんだろう・・・(笑

その"" 一次資料 ""に俘虜ではなく【 捕虜 】と記載されていた事がポイントな・・・(´・ω・`)

当時の【 捕虜 】という言葉に、法的解釈を伴う意味合いは無い・・・(´・ω・`)
※法的解釈を伴う意味合いあるんだったら、当時の国際法学者見解文がある・・・(´・ω・`)

つまり、【 捕虜 】とは【 単に捕らえた者 】という意味でしかない・・・(´・ω・`)

この【 捕虜 】が、《 =俘虜 》である事の証明が出来なければ、
【【 単なる捕虜 】】殺害を虐殺呼ばわりする事は極めて困難だ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ●何せ、【【【 戦闘行為 】】】によるものでしかないのだからwwwwwwwwwwww

323 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 21:19:31 ID:/ZCYo5Sq
捕らえない場合は即刻処刑してよいとのことである(キリッ

324 :<:2010/04/25(日) 21:23:57 ID:SNY6mSVQ
""究極の名言""だったな・・・(笑

325 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 21:56:46 ID:/ZCYo5Sq
しかし自称中韓派を論破するネタが自称中韓派によってもたらされているとなると
自称中韓派はよほどマゾらしい
さすがkouei派だけのことはある

326 :日出づる処の名無し:2010/04/25(日) 22:30:10 ID:6qHf18Jg
>>59
これって
「俘虜という名称を使用するな」
「俘虜ではなく捕虜にしろ」
と言ってるだけだろう。
単に言葉の違いだけだな。

しかし、肯定派の主張では「俘虜と捕虜は異なる」
つ>119

そうなると、ハーグ条約、ジュネーブ条約、陸軍刑法等の対象となっているのは全て【俘虜】w
【捕虜】については取り扱いの規定が存在しないw
つまり、肯定派の主張を当てはめれば、

『ハーグ条約等に記載の無い【捕虜】については国際法によって保護される根拠が存在しない』www

327 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 10:21:18 ID:ArKSQVHP
>>59
もしかして肯定派の俘虜と捕虜の違いの根拠って、「戦後に書かれた中帰連の日記だけ」なのかw

328 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 11:43:16 ID:Obdrvc8w
自称中韓派が「俘虜と捕虜は違う!」と言っていて、「俘虜」に対しては色々保護されているが「捕虜」は保護する根拠が無いw
それどころか「捕虜」という言葉自体が国際法に無いw
こんなところかw

329 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 11:59:59 ID:21//tdDK
論争の当事者達は歴史の真実を知りたいのではなく、自分たちの信条を正当化したいだけである

330 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 12:46:55 ID:ArKSQVHP
肯定派のゴミどもが民間人虐殺の根拠を出せない時点で終わってる。
歴史の真実とやらは、殺し合いを商売にしている軍人が死んだというだけ。

331 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 13:56:51 ID:ppeprNG/
縲繧上◆縺励◆縺。豌台クサ蜈壹ョ謗イ縺偵k縲御ク蜊荳莠コ遘サ豌代↓繧医k譌・譛ャ荵励▲蜿悶j險育判縲阪↓縺ッ縲
縲荳ュ蝗ス莠コ縲髻灘嵜莠コ縲∝圏譛晞ョョ莠コ縺ョ縺ソ縺ェ縺輔s縺ク縺ョ迚ケ蛻・蜆ェ驕謗ェ鄂ョ縺後≠繧翫∪縺吶h縲
縲繧ゅl縺ェ縺上悟、門嵜莠コ蜿よ帆讓ゥ縲阪′莉倥>縺ヲ縺阪∪縺吶
縲蟄蝉セ帙′縺繧後ー縺輔i縺ォ縲悟、門嵜莠コ蟄蝉セ帶焔蠖薙阪r蟾ョ縺嶺ク翫£縺セ縺吶
縲鬥ャ鮖ソ縺ェ譌・譛ャ莠コ縺ォ謇輔o縺帙k縺ョ縺ァ縲√☆縺ケ縺ヲ縺ッ辟。譁吶〒縺吶
縲縺ソ縺ェ縺輔s縺ッ縲√◆縺譌・譛ャ縺ォ遘サ豌代@縺ヲ縺阪※縲∵ー台クサ蜈壹↓謚慕・ィ縺励※縺上l繧後ー縺縺縺縺代〒縺吶

縲繝帙シ繝帙ャ繝帙ャ繝サ繝サ繝サ
縲莉翫ョ逕滓エサ繧呈」縺ヲ縺ヲ縲∝挨縺ョ荳也阜縺ォ陦後″縺溘>縺ィ縺縺縲√≠縺ェ縺溘ョ譛帙∩繧貞掌縺医∪縺励g縺縲ゅ
縲縺縺九′縺ァ縺吶√≠縺ェ縺溘b縺ゥ縺縺槭サ繝サ繝サ

縲繧上◆縺励ッ縺ゅ↑縺溘′縺溘ョ縲後さ繧ウ繝ュ縺ョ繧ケ繧ュ繝槭♀蝓九a縺励∪縺吶サ繝サ繝サ縲
縲遘√ョ蜷榊燕縺ッ蝟ェ鮟堤ヲ城縲縺薙→縲豎壽イ「荳驛趣シ螢イ蝗ススー豌台クサ蜈
縲繝帙シ繝帙ャ繝帙ャ繝サ繝サ繝サ

縲http://www.youtube.com/watch?v=WtQ4xcX8REk
縲http://www.youtube.com/watch?v=jtSLD9Dm1Z8&feature=player_embedded#

332 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 14:47:21 ID:E7YF+eXB
>>329
論争は実弾の撃ち合いだが、肯定派は空砲しか撃ってこない。

333 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 19:50:35 ID:ZZEO67oT
>>332
しかも肯定派が狙っているのは標的の斜め上w

334 :<:2010/04/26(月) 20:20:13 ID:mMI7Rodr

オイラの別荘スレが過疎スレしつつある・・・(´・ω・`;


335 :<:2010/04/26(月) 20:57:45 ID:mMI7Rodr

オイラも下記通達が【 俘虜 】という言葉を使う事を避けるきっかけになった可能性があると考えている・・・(´・ω・`)

 ■【次官通牒陸支密第1772号昭和12年11月4日 交戦法規ノ適用三関スル件】
 ・・・日支全面戦ヲ相手側ニ先ンシテ決心セリト見ラルルカ如キ言動(例へハ戦利品、【 俘虜 】等ノ名称ノ
 使用或ハ軍自ラ交戦法規ヲ其ノ儘適用セルト公称シ其ノ他必要己ムヲ得サルニ非サル二諸外国ノ神経ヲ
 刺戟スルカ如キ言動)ハ努メテ之ヲ避ケ・・・


しかし、下記資料における【 捕虜 】が【 =俘虜との認識だった 】に関しては別問題であり、
根拠の提示が必要だと考える・・・(´・ω・`)
http://mimizun.com/log/2ch/asia/1261514418/590


故に、池沼中間派には"" 精々がんばって ""証明をお願いする次第だ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

336 :<:2010/04/26(月) 21:12:59 ID:mMI7Rodr

  ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
   南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行
   した所に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

この"" ミスターチン論キング吉田 ""も真性の池沼だよな・・・(´・ω・`)
この吉田(※原剛も同じ根拠)も"" 裁判が必要だった ""とする根拠は立氏見解文らしい・・・(´・ω・`) 

 ★吉田裕氏『国際法の解釈で事件を正当化できるか』
 http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/saigen8.html
 しかし、ここで決定的に重要なのは、立の次の指摘である。

 |凡そ戦時重罪人は、軍事裁判所文は其他の交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
 |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

      ↑    ↑    ↑    ↑
 ●吉田は冒頭の【【【 凡そ戦時重罪人は・・・ 】】】という言葉が見えなかったんかな?・・・(´・ω・`)

 ●立氏は『戦時重罪人は審問せよ』と書いてるだけで、"" 正規軍兵士の処刑には裁判が必要 ""等とは
   どこにも書いてないんだけどな・・・(´・ω・`)

 ●それでも立氏見解文を根拠に"" 裁判にかけなければならない ""と主張するなら、
   捕らえた正規軍兵士を"" 戦時重罪人として裁判にかける ""事になるわけだが【 罪状 】は一体何?

 ●【 罪状 】が無くても"" 裁判にかけなければならない ""と言うのなら、罪状をデッチ上げるしかないよね?

 ●結局、吉田チン論の正体とは、

     "" 捕らえた正規軍兵士の罪状が不明でも《《 戦時重罪人 》》として裁判にかけよ! ""

   とする"" 正にトンデモ ""自己解釈でしかない・・・(´・ω・`)

337 :日出づる処の名無し:2010/04/26(月) 22:39:12 ID:ZZEO67oT
>>335
>しかし、下記資料における【 捕虜 】が【 =俘虜との認識だった 】に関しては別問題であり、
>根拠の提示が必要だと考える・・・(´・ω・`)
>★http://mimizun.com/log/2ch/asia/1261514418/590

同意。
なによりもそこには殺害した理由が書かれていないw
裁判を行って殺害したのか、裁判を行わずに殺害したのか、逃亡しようとしたのか、反抗したからか、
はたまたイラクでの米軍みたいに自己防衛と判断したのか一切不明w
まあ、作者不明の空想小説でも肯定派にとっては根拠になるのかもしれないがw
で、肯定派の主張通り【俘虜≠捕虜】だった場合、
『ハーグ条約やジュネーブ条約には【俘虜】に対する規定がある&【捕虜】に対する規定は存在しない』
保護されるのは【俘虜】であって【捕虜】ではないということだなw

338 :日出づる処の名無し:2010/04/27(火) 02:03:26 ID:1h5MZair
何気に非常識スレに、やまんばが湧いてる件w

339 :日出づる処の名無し:2010/04/27(火) 22:42:23 ID:dpHjKGE6
偽スレは放置で良いかと。
まあ、どんなトンデモ説を言い出すか眺めているだけでも面白いがw

340 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/04/28(水) 00:25:41 ID:+GNssImI
なんだろうな、「非常識スレにやまんばが湧いている」と聞くと、別の意味で納得してしまうなw

341 :日出づる処の名無し:2010/04/28(水) 19:54:26 ID:9ADLGjkt
>>59
>飯沼守少将 上海派遣軍参謀課長日記抜粋 10月9日)
> 参謀長に訓示指示の後すべき事項
> (略)歩戦協同不十分なり(敵の夜襲に追踉する夜襲)"俘虜"を作る如くす敵動揺の兆あるに乗し来る者は"捕虜"と
> すへし、彼等は日本軍に捕らわれは殺さると宣伝しあり之を是正すること (略)

http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=48104&page=15&genre=sougou
飯沼参謀長の日記には、隷下の各師団の参謀長を集めてこう伝えたとあります。
「【俘虜】ヲ作ル如クス 敵動揺ノ色アルニ乗シ来ル者ハ【俘虜】トスヘシ 彼ラハ日本軍ニ捕ハレルハ殺サレルト宣伝シアリ之ヲ是正スルコト」

【捕虜】ではなく【俘虜】になっているな。
性懲りもなく肯定派の新手の捏造かw

342 :日出づる処の名無し:2010/04/28(水) 21:59:16 ID:h3tTQVj7
>>341
グースさんの頁では捕虜と書かれているぞ
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/page030.html

343 :日出づる処の名無し:2010/04/28(水) 22:18:44 ID:huLg55cQ
>>342
『南京戦史資料集』P142

南京戦史は真偽に関係なく、資料を集めただけの物だからなあ…
わざわざ書き換えたのか、単に書き間違えたのか。
肯定派お得意の【一次史料】というヤツならすぐに確認できるんだろうがw
どちらにせよ原本が確認できなければ意味が無いなw

344 :<:2010/04/28(水) 23:14:23 ID:c6zTcQ9O
>>341
カタカナで書かれると、妙に説得力があるな・・・(笑
それがオリジナルっぽいな・・・(笑

345 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 00:01:17 ID:b3fo+62N
やまんば=トラ猫

346 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 01:03:13 ID:uBiUOkFz
>>341
マジで戦前は【捕虜】という言葉は存在しなかったのかもしれないなあw
ハーグ条約もジュネーブ条約も陸軍刑法も全て【俘虜】w
肯定派が唯一の根拠にしている飯沼日記は『戦後の中帰連の作』w
しかも資料によって【捕虜】と【俘虜】が混在して使われているしw

347 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 12:42:36 ID:dXHdF1M1
トラ猫ってnative_Japaneseとかいうコテで投稿してたやつらしいぞ

348 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 13:55:45 ID:h3rYbT9p
いえ、やまんばは単に日本が悪いといえれば何でも口を出す朝鮮人です

349 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 18:32:22 ID:WC512Jgn
天安門事件で自国民を虐殺した中国共産党政府とその手先が、流暢な日本語で皇軍将兵について何か書き込んでも良識ある日本人に対して説得力が無い。

350 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 21:28:41 ID:MA1vp7l4
MIXIは新スレになったw
今更強姦被害とはw スマイス報告では、強姦被害調査しないと逃げているのに無理筋だろw

総合病院が鼓楼病院しか無いのだから、ここの堕胎数で被害は推定できるだろう。


351 :日出づる処の名無し:2010/04/29(木) 21:44:41 ID:nDYfZBZJ
元々「南京虐殺」を言い出したのはジョン・ラーベ。
ラーベはナチスドイツの軍需産業ジーメンス社の支社長で中国国民党筋に強いコネと利益関係があり
中国駐在員として蒋介石に武器を売っていた。
日中戦争が勃発した後、日本はドイツに中国への武器輸出をやめるよう再三要求し、ヒトラーは日本と組むため要求をのんだ。
本国ドイツが日本と三国同盟を締結する事で、自身の中国での30年間の植民活動が無駄になってしまう。
ラーベにしてみれば、なぜ莫大な利益を手放してまで日本なんざと組むのかと日本を憎む感情で一杯になっただろう。
そして、日本軍の残虐行為を喧伝するプロパガンダ・フィルムの上映・写真の展示を行い、日本を精一杯悪く書いて
日本軍による非人道的行為を止めるよう働きかけるため、ヒトラーに上申書を提出した。
 その内の一つが「南京虐殺」の元となるものである。
だが流石にドイツ本国も、証拠も無いバカバカしい捏造だと思ったようで政府からは全く相手にされないどころか、
直後にゲシュタポによって逮捕勾留されている。ラーベは本国に戻され、二度と中国の地を踏むことはなかった。
その後誰からも相手にされなくなったラーベは、妄想なのか自己弁護なのか自分の主張を長年に渡って書き続けた。
これが「ラーベの日記」と呼ばれるもので南京虐殺肯定派の資料となっている。
 ところがこの日記、実際には中国人の間に日本軍による虐殺の噂があることや、安全区において5件の殺人事件の
通報があったことを伝えているだけで、ラーベ自身は一件の殺人も残虐行為も目撃・証言していない。
日本軍の蛮行についても聞いたことばかりで見たものはほとんどない。
全て伝聞に基づく証拠能力の全く無いもの。しかもラーベは日本兵と中国兵を混同している。
 さらに残された膨大な日記を、元中国大使で作家のエルヴィン・ヴィッケルトが編集したのが『南京の真実』。
この本は第三国人の日記としてこれまでに知られた史実を裏づける貴重な史料であり信憑性が高いとされているが実際は違う。
この本の前書きのところにもあるがこの日記はジョンラーベが実際書いていたものではなく、
戦後にジョンラーベ自身が編集してまとめたものが元になっている。つまりその時点で一度情報が歪められている可能性がある。
日本への憎しみを込めて書いたのがこの日記で、それを編集したものだからこの本は価値のある資料としては最低レベル。
しかもこの本の訳者は直訳すればいいものを、自分の意見までも書き入れ明らかに中立でない立場で訳している。
これだけの手が加わった本はすでにノンフィクションとは言えない。
しかしそれを念頭において自分なりにフィクションであろう部分を削ぎ落として読むとそれなりに「当時の状況」なども見えてくる。
 だが、これだけを元に南京虐殺を肯定するのは無茶にも関わらず、2009年4月にラーベを主人公とした、
日記でも証言されていない南京での日本軍の残虐行為を「史実」として描いたドイツ・中国・フランスの合作映画
『ジョン・ラーベ』がドイツ・中国で公開された。
ここではラーベは利益を貪る冷徹な植民地主義者ではなく、中国人民を守るためなら日本軍将校の構えるピストルの前にも
平気で身を投げ出す愛と善意の人となっている。

352 :<:2010/04/29(木) 23:07:16 ID:/eXouknG

まあなんだ・・・(‐ω‐;
トンスラK-Kは糖尿病が悪化中だし、池沼中間派は壮絶に砕け散って鬱中だし・・・(‐ω‐;

そりゃ過疎るワな・・・(‐ω‐;

353 :<:2010/04/29(木) 23:41:10 ID:/eXouknG

トンスラK-Kは勝手に"" 『審問』は裁判を伴う ""と自己解釈を曝していたが、オイラなりに再検証してみた・・・(´・ω・`)

 ■【立作太郎著『戦時国際法論』】
 @凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は交戦国の【 任意に定むる裁判所 】に於て【 審問 】すべきものである。
 A然れども【 全然審問を行はずして処罰を為す 】ことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

この【 審問 】に相当する英単語を確認すると【 hearing 】である事が判った・・・(´・ω・`)
よって、法律の条文内において【 審問 = hearing 】の使われ方を確認してみた・・・(´・ω・`)

 ■【審問】 ⇒ 【hearing】:http://waei.hounavi.jp/je_word_%E5%AF%A9%E5%95%8F.php

 ■【更生保護法 Offenders Rehabilitation Act】
 http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?vm=&id=1834

  【(審問) (Hearing)】
  第十二条 審査会は、その所掌事務に属する事項の調査において、必要があると認めるときは、法務省令で定めるところ
  により、関係人を呼び出し、【 審問する 】ことができる。
  Article 12 The Commission may, if deemed necessary during the course of research of matters within the affairs under
  its jurisdiction, summon and 【 hear 】 from concerned persons as provided for by the Ordinance of the Ministry of Justice.

 ●【 審問 】とは【 =聞き取り 】という意味であり、""裁判義務を伴う""という様なチン解釈は無い・・・(´・ω・`)

 ●また【 hearing 】も【 =聞き取り 】という意味で幅広く使われる言葉であり、""裁判""に限定する解釈は無い・・・(´・ω・`)
   http://eow.alc.co.jp/hearing/UTF-8/
   独占禁止法免除に関する【 公聴会 】が上院で開かれた。The Senate held 【 hearings 】 on the antitrust exemption.

 ●即ち、日本語英語双方にて【 審問 = hearing 】とは【 =聞き取り 】として幅広く使用されている言葉であり、
   "" 審問に裁判義務が伴う ""等とする恣意的な自己解釈の存在余地は無い・・・(´・ω・`)

トンスラK-Kにしろ、チン論大魔王吉田にしろ【 小学校の教科書を読み直せ! 】と・・・(´・ω・`)

354 :<:2010/04/29(木) 23:51:49 ID:/eXouknG

立氏見解文を""自己解釈改造""する哀れなトンスラK-K・・・(笑


 ■【立作太郎著『戦時国際法論』】
 @凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に【 於て 】審問すべきものである。
 A然れども【 全然審問を行はずして処罰を為す 】ことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

 ■【 於て 】 ⇒ 【 場所を表す。…で。…にて。 】http://kotobank.jp/word/%E6%96%BC%E3%81%A6

     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★624 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/12(金) 09:09:04 ID:D07K4WBk
  立氏は、誰かが勝手に審問すれば良いと言っているのではなく、裁判所""""が""""審問することを求めているわけです。


 ●立氏は【 軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所《 に於て(=で) 》審問すべきもの 】と書いてるのに、
   ""裁判所が審問することを求めている""と自己解釈・・・(笑

 ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

355 :<:2010/04/29(木) 23:55:33 ID:/eXouknG

おまけ・・・(´・ω・`)

 ●下記より大日本帝国憲法下では【 審問 】と【 裁判 】は区別して表記されている・・・(´・ω・`)

 ■【大日本帝国憲法】
 第23条 日本臣民ハ法律ニ依ルニ非スシテ逮捕監禁審問処罰ヲ受クルコトナシ
 第24条 日本臣民ハ法律ニ定メタル裁判官ノ裁判ヲ受クルノ権ヲ奪ハルルコトナシ

356 :日出づる処の名無し:2010/04/30(金) 11:28:16 ID:wd0tv/F8
>>351
シーメンスは、南京金陵兵工廠(中華門外)の生産設備のメンテナンスを行っていた可能性が有る。
当時金陵兵工廠は、漢陽88式小銃(Gew88のライセンス生産)しており、生産設備はドイツ製のはず。
金陵兵工廠が重慶に疎開し暇になったラーベは委員長に就任したと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E9%99%BD88%E5%BC%8F%E5%B0%8F%E9%8A%83


357 :日出づる処の名無し:2010/04/30(金) 14:17:03 ID:Ln4mRsxF
大規模規制で完全にしらけたな。また中規模規制みたいな事やってるし・・・

358 :日出づる処の名無し:2010/04/30(金) 16:08:14 ID:6evuDnPt
遼東半島の旅順虐殺事件(と呼ばれるもの)の資料を整合してみると、
当時の南京での出来事と共通点が多いことに驚く。
中国人は追い込まれると敵味方無差別に略奪・逃走・ゲリラ戦に突入するよう
本能に組み込まれているとしか思えない。

359 :<:2010/04/30(金) 20:34:53 ID:1jC/cGVu

ん?また規制しとるんか?・・・(`・ω・´)

360 :<:2010/04/30(金) 22:07:30 ID:1jC/cGVu

肯定派が絶滅している事は判ってが、ついに池沼中間派まで死に絶えてしまった・・・(‐ω‐;

このままでは過疎ってしまうな・・・(‐ω‐;

これまでのオイラ見解をおさらいして、
もう一度このスレ的に””いわゆる南京大虐殺の犠牲者数””を算出するか・・・(‐ω‐;


361 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 13:47:14 ID:llU46Vu5
>>360
ん?日中の歴史許可書の奴によると、民間人虐殺の証拠採用されたのは海外の新聞と安全区委員会の奴だけ

つまり日本政府の言う「多くの民間人被害者」とは49人です

362 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 15:32:02 ID:cYO27X7A
>360
死者数のほうがいいんじゃない?犠牲者というと戦死者はやった側とやられた側で数字が変わる。
議論するうえで定義する範囲が立場で変わる言葉をベースにするとかみ合わなくなる。
戦闘で死んだ者、処刑された者、犯罪で殺された者、それぞれ国民党軍、現地住人、日本側それぞれ出す。
いつどこで誰の手で殺されたか考察すると、国民党軍に殺された現地住人の数がすごいことになりそうだが。
死者数なら肯定派否定派中間派だれでも客観的に議論できるだろ?
その死者数のうちどれが犠牲者か、どれが虐殺に当たるのかの議論はまた別にすればいいでしょ。
そもそもテンプレ変わった主旨がそうなんだし。

363 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 17:34:54 ID:5HAHmPer
>>362
死者数を論じる場合、負傷者数にも触れるべきなんだが、肯定派で南京大虐殺の負傷者数に触れた者はいないw
日本軍の機関銃や銃剣は負傷者ゼロで、当たれば相手が必ず死ぬ致死率100%だったのだろうかw

364 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 18:07:36 ID:HiwQn5mp
治療したなら、患者の人数やそれに携わった医者の人数、氏名年齢性別住所までわかるはずですがね

365 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 19:57:11 ID:5HAHmPer
肯定派の主張が正しいとすると南京戦での日本軍の戦果は「支那兵の戦死0%、捕虜殺害100%、機関銃の射撃で無駄玉無しの命中率100%、致死率100%、銃剣の刺突での死亡率100%」という事になるw
どこの無敵軍隊なのかとw

366 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 20:03:32 ID:+DSRMHC1
まさに日本軍最強伝説

367 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 20:14:47 ID:EJWtLRa0
否定派はいつでも無敵デスヨネー

368 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 20:29:48 ID:+DSRMHC1
日本軍はいつでも無敵デスヨネー

369 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 20:37:41 ID:HiwQn5mp
相変わらず朝鮮人は、流れも理屈も見えないんだな

370 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 20:48:43 ID:+DSRMHC1
ホレ、そこは文盲だからw

371 :<:2010/05/01(土) 22:21:13 ID:2cAEhdI7

ふ・・・南京大虐殺はチョンの仕業でOK〜・・・(‐ω‐;∩

372 :<:2010/05/01(土) 22:22:02 ID:2cAEhdI7

しもうた!誤爆した!・・・(`・ω・´;

373 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 23:13:30 ID:llU46Vu5
>>363
いやいや銃剣で3カ所射されても自然治癒する程中国人は頑丈な筈だがw

374 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 23:21:29 ID:HiwQn5mp
ますますターミネーターの世界になってきたな
日本軍が旧式のT-800なら、中国人はT-1000w

375 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 23:42:26 ID:qxuv35pU
>>373
そうすると支那兵を殺すには、たかが機関銃の弾が一発当たっただけでは不可能ではw
支那兵一人に対して10発か20発、さもなくば100発ぐらい命中させなければ殺害できないのではw

「銃剣で3ヶ所刺されても死なない中国人を、機関銃の弾丸一発で射殺できる日本兵」

日本軍最強伝説がまたひとつw

376 :<:2010/05/01(土) 23:56:00 ID:2cAEhdI7

オイラ、明日から遊びに行くから、
連休明けにでも死者数の資料をまとめてみるか・・・(´・ω・`)

ところで、夏婆さんの銃剣の傷跡を見た人っているんだっけ?・・・(´・ω・`)

377 :日出づる処の名無し:2010/05/01(土) 23:58:18 ID:HiwQn5mp
正確には、「何でついたかわからない傷跡のようなもの、の名残り」だな

年寄りは探せば何かあるぞ

378 :日出づる処の名無し:2010/05/02(日) 00:26:04 ID:3j49R5Px

             東京人VS九州人  晴天の秋葉原にて

    東京人
    /    \       九州人       「田舎モンは東京に出てくるんじゃねえんだよ」            
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;     「く、くるしい・・・」
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;  
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;   続きは↓
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;  
  |          | \ヽ 、  ,     /;   http://www.nicovideo.jp/watch/sm4313255
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/


379 :日出づる処の名無し:2010/05/02(日) 12:47:40 ID:koiqlSU6
>>361>>376
どの程度なのか知りたくて、殺人件数だけに絞って調べてみてたんだが

安全区国際委員会の報告
報告総数 27件(54人)、
うち報告者サインのあるもの 14件(36人)、
うち被害者名のあるもの 2件(2人)
うち目撃証言のあるもの 1件(1人)

全く素人の俺が見た資料が悪かったかな?
Tomizawa Shigenobu, Nanking jiken no tokeiteki kenkyu July 2000って書いてあるが
詳しい人が作業進行中みたいなので、よろしく〜

380 :日出づる処の名無し:2010/05/02(日) 22:42:16 ID:92E/cy47
もう 肯定派は沸いてこないかw

381 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 18:13:05 ID:UYFQOAk6
南京事件/中公新書/1986年/秦郁彦/ P213
1986年
番号 日付 場所->殺害現場 死者数 証言者(略)
C1 12.16 難民区->下関 10000
C2 12.15 魚雷営 9000
C3 12.15 司法部->漢中門外 2000
C4 12.17 和気工場(和記公司)->下関上元門 3000
C5 12.16 華僑招待所->下関 5000
C6 12.18 草鞋峡 57418
C7 12.14 高等法院->漢西門外 1400
C8 12.? 上新河 28730
C9 12.16 四条巷(鼓楼) 200
C10 12.17 三シ義河岸 500
C11 12.? 燕子磯 50000(30000)
C12 12.12-12.13 雨花台->中華門 10000
C13 12.16 陸軍監獄->江東門 10000
総計 18万7248



382 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 18:14:01 ID:UYFQOAk6
2010年 支那WIKI
燕子磯 50000人以上
草鞋峽 60000人
宝塔橋 30000人以上
魚雷營 10000人以上
煤炭港 5000人
龍江口 700人以上
中山碼頭 10000人以上
下関 5500人以上
大方巷 5000人以上
霊谷寺 40000人以上
漢中門 3000人以上
江東門 10000人以上
上新河 30000人
花神廟 30000人
雨花台 10000人
総計29万5000

383 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 20:08:57 ID:8DDc9W6l
ここまで出鱈目な数字出されるとなぁ

384 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 21:21:32 ID:rBZ8iycH
なんで0並び下三桁を合計した数字が下248になるんだろ

385 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 21:29:41 ID:UYFQOAk6
>>384
シナチクに聞いてくれw
C6 12.18 草鞋峡 57418

386 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 21:39:35 ID:UYFQOAk6
秦の資料の追加部分
他に略奪品として什器30万9000、衣服590万余、書籍14万8600、書画2万8400、骨董7300、家畜6200
他に強姦8万人以上
(出所:「証言:南京大虐殺」)


387 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 22:24:11 ID:3yfuDFCS
>>382
中国語のwikiにその内訳がのっているのかな?
いつのまにか30万になるように調整されてるのね

388 :日出づる処の名無し:2010/05/03(月) 23:19:14 ID:UYFQOAk6
>>387
http://zh.wikipedia.org/zh/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%B1%A0%E6%AE%BA

389 :日出づる処の名無し:2010/05/04(火) 00:28:18 ID:XiUzNlNU
>>388
ふむふむ それのソース部分(参13)みたらURLがおもむろにはられてるだけだね。
ソースは「ネットで見た」ってことか

あと君がそれらを貼って何がしたいのかよくわからない

390 :日出づる処の名無し:2010/05/04(火) 00:31:39 ID:Hvw++jy+
>>389
なるほどシナチクWIKIは信用できない嘘を書いてある訳ね(大爆笑

391 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 01:41:52 ID:SfLp+8UT
>>386
 この中で「衣服590万余」が異彩を放っているが、コレは当時問題になった便衣兵の衣服強奪のことだと考えれば納得がいく
しかもそれを数百倍にして日本軍に責任押しつけるとはw

南京の被害って、全部が全部シナ兵による被害を数百倍に誇張して日本軍に押しつけているんだろうな

392 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 04:14:46 ID:47LI561i
>>381
難民区以外に人は居なかったんだっけ?
12.10 南京人口20万人 JohnLabeの日記だったかな?
12.17 南京人口20万人 安全区国際委員会の報告

20万人-20万人=18万7248
日本人の俺には理解できない計算だw
しかも12〜17日の間に10万人位殺害してる事になってるなw

393 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 15:03:15 ID:i6mxl7bM
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,758912,00.html
この記事の2万人の捕虜虐殺は日本テレビのドキュメンタリーで実行者が口をそろえて証言していただろう。
公式記録も少しは残っているし。

394 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 15:10:24 ID:SfLp+8UT
>>393
不思議だよね。諸説が乱立している中、番組の証言者が悉く同じ数値を出すとはw
更に言うと、肯定派の言い分だと「様々な事件の総称が南京大虐殺である」と言う事なので
現場の人間には全体像は把握不能だよね

もし統一見解があるとしたら、どこかに集計した公式記録でもありそうな物だが
どう見ても番組制作側が出した数値だろうなw

395 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 15:14:15 ID:tugcGv0d
>>393
実行者と自称する『当時11歳の日本兵』が「機関銃を撃ちまくって、女を強姦していた」と『証言』していたりするんだがw
実在するかどうかさえ不明な連中の『証言』に意味など無い。
もう少しまともなネタを持って来い。

396 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 16:29:39 ID:rA/t6jxc
いろんな人が、「ネタ」を貼りに来るけど、
貼る人自身が中身をわかってないから張りっぱなしで
何がいいたいのかわからないし、それに対する反論もなんだか全然かみあってないね

397 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 17:56:35 ID:i6mxl7bM
>>396
当時の報道そのものなんだが‥
櫻井みたいに「直後に報道されていない」のがデマだと分かるんだが‥
>>395
バカかお前は
日本テレビが当時の兵士の証言と将校の記録を集めていただろう


398 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 17:58:05 ID:i6mxl7bM
とにかく、南京大虐殺を否定している東洋史学者を一人でもさがしてみろや
史料批判に基づく実証史学で否定している学者は一人もいない



399 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 17:59:43 ID:4tukuuHj
おやおや
死滅したはずの肯定派モドキですか?

400 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 18:00:11 ID:i6mxl7bM
>>395
お前は第13師団山田支隊(歩兵第65連隊)を愚弄したな
すぐに謝れ


401 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 18:05:06 ID:UPbhfucw
もうこんなのしか残ってないのかよ・・・肯定派は。
まともな中韓派戻って来い。

402 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 18:12:41 ID:i6mxl7bM
>>392
バカの典型だな
安全区は20万人だが、南京市の面積は安全区の120倍あるよ
南京大虐殺を安全区の話としている人なんて誰一人いない

それから「東京裁判」の判決では、「10万」もしくは「20万」の数字だ。
サンケイ新聞連載の蒋介石自伝では40万人、
現場と何の関係もない中国共産党の見解では30万人、そんなのこだわる方がバカ。



403 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 18:15:49 ID:4tukuuHj
で その10万もしくは20万はどこで殺されたんだ

404 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 18:28:12 ID:tugcGv0d
>>400
>お前は第13師団山田支隊(歩兵第65連隊)を愚弄したな
>すぐに謝れ

そのドキュメンタリーで証言した連中の所属と名前と階級は?
証言したのが本当に山田支隊の兵士だと確認できない以上、虚言を並べ立てる詐欺師と同類。
実名が出せないなら、名前を騙って山田支隊の名誉を貶めるペテン師だな。
山田支隊を愚弄しているのはどっちだと。

405 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 20:11:27 ID:SfLp+8UT
>>402
南京市の攻略戦で、南京市民を温存して周辺だけ攻撃を加える日本軍ってw

406 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 20:41:07 ID:/1YqooML
>>402
>南京市の面積は安全区の120倍あるよ
城外区の人口を教えてくれよw


407 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 21:38:20 ID:/1YqooML
人口分布を見つけたオリジナルは今は亡きT-Tだよw
城外人口が16万だから皆殺しにしても足りないなあ

1936年5月 南京人口政区分布 (南京人口志による)
      戸数        戸口    家族数

第一区  27,513   154,749  5.56
第二区  18,549    95,586  5.15
第三区  17,297    98,219  5.67
第四区  27,892   148,675  5.33
第五区  31,082   155,020  4.98
第六区  14,334    78,081  5.44
第七区  19,223    95,669  4.97
第八区   8,784    35,919  4.08
城区計  164,669   861,918 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
燕子磯区 12,722    58,361  4.58
孝陵区   7,004    34,046  4.86
上新河区 13,542    64,823  4.78
郷区計   33,268   157,230
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計  197,937  1019,148  5.14
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

408 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 22:00:54 ID:/1YqooML
「南京事件」(笠原十九司/岩波新書/1997年)P224-225
表1 日本軍が集団虐殺した中国軍民の数
  日時 部隊 殺害数 範疇 備考
第16師団
12/13 歩兵38連隊 5000〜6000 長江渡江中殺戮  
    歩兵33連隊 約2000 〃  
    佐々木支隊 1万数千 敗残兵殺戮  
    〃 数千 投降捕虜殺戮  
    1中隊 1300 〃  
    重砲兵第2大隊 7000〜8000 投降捕虜処刑  
  12/14 佐々木支隊 (約2万) 捕虜とする 処刑の記述なし。
    歩兵第20連隊 800 武装解除して殺害  
    〃 310 武装解除して銃殺  
    〃 (約1800) 捕虜を連行 処刑の記述なし。 
    〃 150〜160 敗残兵を連行処刑  
    〃 600 〃  
  12/24〜1/5 佐々木支隊 数千 敗残兵狩りで処刑  
第13師団
12/14 山田支隊 約1000 敗残兵掃蕩  
  12/16〜17 〃 約2万 捕虜殺害 下記参照
第9師団
12/13〜24 歩兵7連隊 6670 難民区の敗残兵刺殺  
第114師団
12/13 歩兵66連隊 1500余 捕虜を背信行為で処刑 安全を保障する旨の投降勧告に従った捕虜を殺害
第6師団
南京攻撃中   (5500) 捕虜捕獲 処刑の記述なし。
  12/10〜13   (11000) 上河鎮下関遺棄死体 処刑の記述なし。
  12/12〜13   (1700) 城壁遺棄死体 処刑の記述なし。


409 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 22:02:12 ID:/1YqooML
第5師団
12/13 国崎支隊 (約5000) 捕虜の処置軍に委任 処刑の記述なし。
  12/14 歩兵41連隊 (2350) 捕虜を後刻処置する 処刑の記述なし。
第2碇泊場司令部
12/16   (約2000) 下関で敗残兵処刑 目撃記録。他の殺戮との重複の可能性有り
  12/17   (約2000) 下関で敗残兵処刑 処刑の記述なし。
海軍第11戦隊
12/13   約1万 長江渡江中殺戮  
  12/14 軍艦「熱海」 (約700) 敗残兵武装解除 処刑の記述なし。
  12/15 第2号掃海艇 約500 敗残兵殲滅  
    軍艦 栂 約700 敗残兵殲滅  
  12/16前後   数千 八卦洲の敗残兵殺戮  
ざっくり 総計で 14万から8万人


410 :日出づる処の名無し:2010/05/05(水) 23:03:04 ID:tugcGv0d
>408
>409
>  12/14 佐々木支隊 (約2万) 捕虜とする 処刑の記述なし。
>    〃 (約1800) 捕虜を連行 処刑の記述なし。 
>第6師団
>南京攻撃中   (5500) 捕虜捕獲 処刑の記述なし。
>  12/10〜13   (11000) 上河鎮下関遺棄死体 処刑の記述なし。
>  12/12〜13   (1700) 城壁遺棄死体 処刑の記述なし。
>第5師団
>  12/13 国崎支隊 (約5000) 捕虜の処置軍に委任 処刑の記述なし。
>  12/14 歩兵41連隊 (2350) 捕虜を後刻処置する 処刑の記述なし。
>第2碇泊場司令部
>  12/17   (約2000) 下関で敗残兵処刑 処刑の記述なし。
>海軍第11戦隊
>  12/13   約1万 長江渡江中殺戮  
>  12/14 軍艦「熱海」 (約700) 敗残兵武装解除 処刑の記述なし。

処刑の記述が無いのだけで6万ほどw

南京衛戍司令長官部参謀処第一科長・譚道平氏
『南京衛戍戦史話』(東南文化出版、1946年刊)
〈戦闘兵 4万9000、雑兵 3万 2000、合計8万1000〉
「損失36000人、保存44500人」

総兵力8万人で6万人が捕虜になったなら、戦死や撤退に成功した兵力はどのくらいだったのかと肯定派に問い詰めたいw

411 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 00:38:35 ID:RIDetPQ7
口調変えても中身が中卒40過ぎのままじゃダメだろうに>>398

412 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 00:40:50 ID:RIDetPQ7
>>402
>安全区は20万人だが、南京市の面積は安全区の120倍あるよ

中卒じゃわからないだろうが、人数と面積は違うんだよw

>南京大虐殺を安全区の話としている人なんて誰一人いない

それは地球上でか?それとも中卒の脳内世界で?

413 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 08:06:19 ID:oIvL9QxF
>>410
更に所謂便衣兵の内、南京出身者は単に家に帰っただけだから
十分逃げる事が可能だったんだよね
その他戦友含めて南京に知り合いが居る物も逃げられただろう

って南京の兵士をどれくらいまで水増しすれば辻褄合うんだろうか?

414 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 12:22:37 ID:pM9n63ds
>>397
>>393で、日本テレビの番組が歩65の話だと認識してるなら、
それが君が当時の報道そのものだというその記事と
どうつながるのか説明してみて

415 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 13:15:52 ID:Sg5yG9Wb
テレビの画面に映っているのは【テレビ局が撮影した映像】。
つまり映像そのものは【戦後作成されたもの】であって史料にはならない。
【テレビ局が撮影した映像=将校の記録】であるという証明はされていない。
そして【将校の記録】が存在する事と内容が正しい事は何の関係もない。
まずは
1【将校の記録が存在する事】→記録自体が存在しなければ意味がないw
2【記録した将校が実在する事】→存在しない人物の記録など意味がないw
3【その記録の内容が正しい事】→内容が矛盾し、出鱈目では意味がないw
4【撮影された映像と将校の記録が同一であること】→撮影された画像が全く別物では意味がないw

最低でも以上の事が証明できねば【テレビ局が撮影した映像】には何の意味もないwww


416 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 14:17:58 ID:ygf95CzX
日テレのドキュメントは南京日記収集家の小野だろw
小野は収集した日記と称されるものを他の研究者に見せたことはない。
日記がまともなものであれば当然公開しているだろう。
逆に言えば他の研究者に見せられないものなんだよw

417 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 14:41:16 ID:Sg5yG9Wb
テレビの画像とは日テレが
「日記を撮影したものだ!」
と言っているだけで誰もそれが事実だと確認できていないw
極端な事を言えば、日テレのスタッフが用意した全く関係ない資料を撮影して
「これが将校の日記だ!」
と言ってるのかもしれないw
「本物である証拠は何もないが、テレビに映っているものは事実だから信用しろ!」
と言っているようなもの。
テレビの画像は、誰も(日テレのスタッフ以外の第三者)がその資料が本物かどうか確認できないという時点で何の意味もないw


418 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 15:12:04 ID:ygf95CzX
http://www.youtube.com/watch?v=hlua611GaOQ

01:06 加藤新一(仮名) w

419 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 19:15:48 ID:PPN+WsFY
>>402
変だな。
蒋介石さん張り切ってて、逃げる端から燃やし尽くしたはずだが。
南京城の周囲の村も何もかも。
日本軍を震え上がらせた、焦土作戦という高度な作戦ですからw

日記って、なぜか万年筆で書かれてるアレ?


420 :日出づる処の名無し:2010/05/06(木) 21:27:42 ID:PPN+WsFY
>>393
>大学のアメリカ支援者が非常時用に30万ドル集めようとしてる
とあるが・・・まさか、これが30万人のソースなのか?w

殺害数の部分の訳し方がわからんのだが?
>日本軍が中国兵の3万3000人完敗?(うち処刑2万)させ、約5,000を傷つけた。
>Durdinによると、数千の市民もひきずられたり、
>路地をうろついたりで、大通りで数百死んだ。

421 :日出づる処の名無し:2010/05/07(金) 20:33:53 ID:ZAOmttBS
中国で梅毒感染児が毎時間に1人誕生、米08年報告 : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2723830/5724684

昔の南京の方が、治療技術が高かったのだろうか(棒

422 :日出づる処の名無し:2010/05/07(金) 23:29:54 ID:5acqjE4Z


笠原十九司は 城内 まぼろし派だからな

城内虐殺肯定派は 日本には居ない 

これマメな

423 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 04:14:19 ID:5toOUYRa
>>422
つーか 笠原十九司は 城外 市民まぼろし派だw

424 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 12:32:35 ID:TQPSRhVM
>>422>423
俺には
>>381>>382
の地名って、城内もしくは焼け野原にされた場所に見えるんだが。
城外のデータもあるのか?

425 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 14:24:42 ID:gOWP+9WS
>>424
秦は、城内城外 最高で2万 実際はソレをかなり下回る説だ
主に捕虜殺害を問題にしている。

さらに犠牲者数は、中国側自身が行ったものも当然に含まれている。
スマイス調査は、加害者不明だ 近郊の県の犠牲者については
南京戦直前に、強制的に徴兵されているため

426 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 14:53:47 ID:5toOUYRa
>>424
笠原説は >>408,409 だよ

427 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 15:51:24 ID:QNK/47Ei
秦氏は「4万が最高値で、実際はそれをかなり下回る」じゃなかったか


428 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 17:43:31 ID:EgXDoR6F
>>426
しかし、あんな説を唱えている奴が重鎮って学会腐っているなぁ
所謂捕虜を計算に入れても秦説が限界だよね

429 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 17:47:28 ID:/KYW631h
しかし>>408-409を見てもどこにも民間人虐殺のことが書いてないな

430 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 18:30:10 ID:7nba3sMw
11年前の殺人事件、殺害されたはずの男性が突然現れる 中国  : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2724284/5728477
この事件をめぐっては、犯人とされた男性も有罪判決が確定し、懲役20年で受刑中だった


え〜コメントは略

431 :日出づる処の名無し:2010/05/08(土) 19:17:27 ID:/KYW631h
久しぶりにワロタ
Kの国を上回る斜め上っぷりだな

432 :日出づる処の名無し:2010/05/10(月) 12:02:23 ID:6OSWf3Vi
何だぁ?上海万博リが不振だと無口になったな

433 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/10(月) 14:38:36 ID:PZS8Xcup
ここも寂しくなりましたな、
やはりK-Kに参上してもらわないとですな
mixiも静かになってますわ

434 :<:2010/05/10(月) 21:34:26 ID:MEY+e4ZH

トンスラK-Kは、一回目は壮絶に自爆、二回目はウソ吐きがバレて逃亡・・・(´・ω・`)
もうトンスラK-Kは使い物にならないから、南京チンピラ"タラリ"や"ゆう"を誘き出せないかな?・・・(´・ω・`)

息の根を止めてやるんだが・・・(´・ω・`)


435 :<:2010/05/10(月) 23:15:41 ID:MEY+e4ZH
関連資料をまとめたんで投下する・・・(´・ω・`)

【 前提@ : いわゆる南京大虐殺の《 発生時期 》とは?・・・ 】


《 発生時期 》に関しては、極東軍事裁判および日本政府見解より確認する事が出来る・・・(´・ω・`)

 ■【極東国際軍事裁判判決】
 http://www.geocities.jp/yu77799/toukyousaiban.html
 《 検察側主張 》
 @この犯罪の修羅の騒ぎは、一九三七年十二月十三日に、この都市が占拠されたときに始まり、
   一九三八年二月の初めまでやまなかった。

 A後日の見積りによれば、日本軍が占領してから最初の六週間に、南京とその周辺で殺害された一般人
   と捕虜の総数は、二十万以上であったことが示されている。これらの見積りが誇張でないことは、埋葬隊
   とその他の団体が埋葬した死骸が、十五万五千に及んだ事実によって証明されている。

 《 判決(※判定) 》
 Bこの六、七週間の期間において、何千という婦人が強姦され、十万以上の人々が殺害され、無数の財産
   が盗まれたり、焼かれたりした。

 ■【日本政府の見解】
 http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/area/taisen/qa/08.html
 C日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと
   考えています。 ( ※日本軍の南京入城は1937年12月13日)


 ●@〜Cより、いわゆる南京大虐殺とは、

  【【【 1937年12月13日〜1938年2月初めに、""南京とその周辺""で発生した 】】】というもの・・・(´・ω・`)

436 :<:2010/05/10(月) 23:16:27 ID:MEY+e4ZH

【 前提A : いわゆる南京大虐殺の《 範囲 》とは?・・・ 】
  

極東軍事裁判における下記検察側主張がポイントとなる・・・(´・ω・`)

 ■【極東国際軍事裁判判決】
 http://www.geocities.jp/yu77799/toukyousaiban.html
 《 検察側主張 》
 ・・・・・・
 A後日の見積りによれば、日本軍が占領してから最初の六週間に、南京とその周辺で殺害された一般人
   と捕虜の総数は、二十万以上であったことが示されている。これらの見積りが誇張でないことは、埋葬隊
   とその他の団体が埋葬した死骸が、十五万五千に及んだ事実によって証明されている。


 ●Aより、

  【 ・・見積もりが誇張ではない・・ 】とする根拠として上げられているのは埋葬隊の遺体処理数のみ・・・(´・ω・`)
  その埋葬団体は、南京市内および南京市近郊でしか活動していない・・・(´・ω・`)

   ■http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/koumanjikai.html
   ■http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html


  即ち、極東国際軍事裁判において、いわゆる南京大虐殺の《 範囲 》を示す根拠として埋葬団体資料しか
  提示されていない以上、埋葬団体の活動範囲を超えて南京大虐殺を証明する事は出来ない・・・(´・ω・`)


 ●よって、いわゆる南京大虐殺とは、

  【【【 南京市内および南京市近郊で発生した 】】】と言う事になる・・・(´・ω・`)

437 :<:2010/05/10(月) 23:24:07 ID:MEY+e4ZH

【 前提B : いわゆる南京大虐殺に"" 一般市民の犠牲者 ""が居たのか? 】 


"" 安全区内でも虐殺が発生していた ""とするチン論に存在余地は無い・・・(´・ω・`)
 ※こんな逝かれたアホ論を唱えているヤツはおらん・・・(´・ω・`)

となると、いわゆる南京大虐殺に"" 一般市民の犠牲者 ""が存在したのなら、
その犠牲者とは【 安全区外に居た市民 】と言う事になる・・・(´・ω・`)

即ち、【 安全区外に何人の一般市民が居たのか? 】が一般市民の犠牲者数を
推測する上で最も重要な数値となる・・・(´・ω・`)

そこで、各資料からその数値を確認してみる事にする・・・(´・ω・`)

438 :<:2010/05/10(月) 23:27:10 ID:MEY+e4ZH

【 資料@ : 《 ラーベの書状 》から確認できる事 】


ラーベの書状より、当初、安全区内に居た市民二〇万人が、後に二五万人に増えている・・・(´・ω・`)
【 安全区外にいた民間人 】が避難してきたためと判断される・・・(´・ω・`)

 ●つまり、日本軍南京入城時(1937年12月13日)、安全区外には約5万人の市民が居たが、
  後に、その大半が安全区内に避難した事になる・・・(´・ω・`)

 ■【 ラーベの書状 】
 http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/jinkou/jinkou01.htm
 @【1937年12月17日】
   『・・・秩序が回復されないならば、二〇万の中国人市民の多数に餓死者が・・・』
 A【1937年12月18日】
   『・・・二二名の西洋人だけで、二〇万の中国市民に給食し・・・』
 B【1937年12月21日】
   『・・・また、国際委員会が二〇万市民に配給する食糧は・・・』
 C【1937年12月27日】
   『二〇万市民を養うために、前記二万担の米をわれわれが確保することを、許していただけるようお願い・・』
 D【1938年1月17日】
   『・・・二五万人の需要をもっとよく満たすことができるようになるものと信じます』

 ■【ラーベの日記:1938年1月17日】
 http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/jinkou/jinkou02.htm#No19
 E難民の数は今や二十五万人と見積もられている。増えた五万人は廃墟になったと
   ころに住んでいた人たちだ。かれらは、どこに行ったらいいのかわからない。

 ●@〜Eより
   当初、安全区に非難していた二〇万人の避難民は、1938年1月17日の時点で二十五万人となった。

439 :<:2010/05/10(月) 23:31:35 ID:MEY+e4ZH

【 資料A : 《 ダーディンの記事 》から確認できる事 】


1937年12月18日の時点で、【 安全区外にいた民間人は五万人以上 】と推測している・・・(´・ω・`)

 ■【F・ティルマン・ダーディン 上海十二月十八日発 ニューヨーク・タイムズ宛無線】
 http://www.geocities.jp/yu77799/durdin.html
 一方、安全区という聖域を見いだせずに自宅に待機していた民間人は五万人以上を
 数えるものと思われるが、その死傷者は多く、ことに市の南部では数百人が殺害された。

 ●この【 安全区外にいた民間人は五万人以上 】は、1937年1月17日の時点で、
  大半が安全区に非難していた事を《 ラーベの書状 》で確認する事が出来る・・・(´・ω・`)

440 :<:2010/05/10(月) 23:32:46 ID:MEY+e4ZH

【 資料B : 《 エスピー報告書 》から確認できる事 】


エスピー報告書を確認すると、南京市民の大多数が安全区に非難していたと記載されている・・・(´・ω・`)
即ち、【 安全区外にいた民間人 】の大多数が安全区に非難していた事になる・・・(´・ω・`)

 ■【 エスピー報告 】
 www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/espi.html
 《十二月十日後の主な報告》
 @南京の陥落を前にして、中国軍と市民の脱出は引きも切らなかった。人口のおよそ五分の四が市を脱出し、
   主要な部隊は武器・装備もろとも撤退していった。南京市の防衛は、わずかに五万人の兵士に任されていた。

 A住民の五分の四は逃げ去っていたが、残留した者の大部分は、南京安全区国際委員会が設定しようとした、
   いわゆる 「安全区」 に避難していた。

 《南京の政治およぴ経済状況》
 B市の人口、およそ一〇〇万人のうち、現在二〇万−二五万人が残留し、そのほとんどが貧民階級の人たちである。
   大多数が「安全区」内の建物や臨時に設けた野営地にすし詰めとなっている。

 ●@より、
   人口のおよそ五分の四が市を脱出。南京市の防衛は五万の兵士に任された。
 ●Aより、
   残留した市民の大部分は【 安全区に避難 】していた。
 ●Bより、
   市の人口一〇〇万人のうち、【 二〇万−二五万人の大多数が安全区内 】にいる。


残りは明日・・・(´・ω・`)∩

441 :<:2010/05/10(月) 23:36:57 ID:MEY+e4ZH

ちょいマズいんで修正・・・(´・ω・`)


【 資料B : 《 エスピー報告書 》から確認できる事 】


エスピー報告書を確認すると、南京市民の大多数が安全区に避難していたと記載されている・・・(´・ω・`)
即ち、【 安全区外にいた民間人 】はほとんど居なかった事になる・・・(´・ω・`)

 ■【 エスピー報告 】
 www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/espi.html
 《十二月十日後の主な報告》
 @南京の陥落を前にして、中国軍と市民の脱出は引きも切らなかった。人口のおよそ五分の四が市を脱出し、
   主要な部隊は武器・装備もろとも撤退していった。南京市の防衛は、わずかに五万人の兵士に任されていた。

 A住民の五分の四は逃げ去っていたが、残留した者の大部分は、南京安全区国際委員会が設定しようとした、
   いわゆる 「安全区」 に避難していた。

 《南京の政治およぴ経済状況》
 B市の人口、およそ一〇〇万人のうち、現在二〇万−二五万人が残留し、そのほとんどが貧民階級の人たちである。
   大多数が「安全区」内の建物や臨時に設けた野営地にすし詰めとなっている。

 ●@より、
   人口のおよそ五分の四が市を脱出。南京市の防衛は五万の兵士に任された。
 ●Aより、
   残留した市民の大部分は【 安全区に避難 】していた。
 ●Bより、
   市に残留した二〇万−二五万人の【 大多数が安全区内 】にいる。

442 :<:2010/05/11(火) 22:33:56 ID:i9xAnoDs

・・・(`・ω・´;

オマイラ、もしかしてオイラに内緒で隠れ家作っとらんか?・・・(`・ω・´;

443 :日出づる処の名無し:2010/05/11(火) 22:36:32 ID:AOA33cmT
だから、他で色々おきてるんだって

規制祭りも

444 :<:2010/05/11(火) 22:43:21 ID:i9xAnoDs

まだ規制があってんのか・・・(`・ω・´)
運営が一番2チャンの運営をジャマしてんじゃん・・・(`・ω・´)

445 :<:2010/05/11(火) 23:43:09 ID:i9xAnoDs

ふ・・・(-ω-;
続きをいくか・・・(-ω-;


【 資料C : 《 南京特務機関報告 》から確認できる事 】


南京特務機関報告によると、1938年1月5日において、安全区内の人口を20万人と報告していたが、
1938年2月報告時に、日本軍南京入城時(1937年12月13日)における城内人口を25万人に修正している。


他資料記載と同様、安全区外にいた市民が安全区内に避難してきたため、
1937年12月13日の時点で把握していた市民総数を上方修正したためだと考えられる・・・(´・ω・`)


 ■【南京特務機関 南京班第一回報告(一月二十一日提出)】
 http://page.freett.com/souther/sourcenanking2.html#nankingwar2005082004
 十二月十三日皇軍カ頑強ナル敵ノ抵抗ヲ排除シ、南京ヲ占領セル際ニハ、人口モ著シキ減少ヲ示シ居
 リシモ而モ尚逃ケ遅レ城内ニ避難シ居リシ支那民衆ハ【 大人男子一〇萬 】、【 女子五萬 】、
 【 少年少女五萬 】【 計約二〇萬ト推定セラレ 】、・・・・

 ■【南京特務機関 南京班第二回報告(二月中状況)】
 http://page.freett.com/souther/sourcenanking2.html#nankingwar2005082004
 入城當時ニ於ケル城内難民數ハ大【 約二十五萬 】ト謂ハレ國際委員會ノ設定セル
 所謂難民區ニ蝟集シテ宛然乞食ノ都ナルノ形觀ヲ呈シ・・・・

446 :<:2010/05/11(火) 23:45:07 ID:i9xAnoDs

【 資料D : 《 スマイス調査結果 》他から確認できる事 】


スマイスは1938年3月8日〜23日までの調査期間において、南京市内および近郊を合わせて総人口
を約22万人と算出していた・・・(´・ω・`)

この統計値は、他資料数値とも矛盾していないので、信憑性が高いと判断される・・・(´・ω・`)

 ■【 スマイス調査結果 三月八日から二十三日 】
 http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Smy.html
 A.城内・・・212600人 に対し、B.城外・・・8550人


同時に、スマイス調査では安全区に避難しなかった市民を『8550人』と算出しているが、
下記資料より、その大半は【【【 虐殺されていなかった 】】】事が確認出来る・・・(´・ω・`)

 ■【 『南京事件資料集』アメリカ関係資料編P184 】
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page003.html
 @しかし今(2月18日)この激動の数ヶ月の南京におけるキリスト者の活動について
 
 A・・・中略・・・南京攻撃が予想された週に、南京住民の膨大な脱出があったにも関わらず、
   【 25万 】が安全区に入り込み、【 数千人 】が同区外に留まって さらに悲惨なめにあうことになった。
  
 B・・・中略・・・いくつかのセンター記録を参照にしてM・S・ベイツとW・P・ミルズが準備した。(1938年2月18日)

 
 ●上記調査は【 1938年2月18日 】に実施されており、【 前提@ 】の南京大虐殺が行われていた
  とされる時期以降に、安全区外に【 数千人 】の生存が確認されていた事になる・・・(´・ω・`)

447 :<:2010/05/11(火) 23:47:52 ID:i9xAnoDs

【 資料E : 《 南京市周辺地図 》他から確認できる事 】


又、1936年に発行された南京周辺地図を確認すると、南京城外区は荒地か農地で、
多数の南京市民が居た形跡は確認出来ない。"ホラ"の確認結果でも同様の結論が出ている・・・(´・ω・`)

 【1936年南京市周辺地図 ※各地図は現在参照不可】
 ■http://nanking1937.web.fc2.com/map1936/index.html

 ■【『南京大虐殺の証明』P170 洞富雄著作】
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page016.html
 これはおそらく行政区としての南京の人口だろうが、人口密集区は城内と邑江門外(下関)・漢
 西門外・中華門外等の各小地域であって郷区の人口はいくらもなかった。
 『南京市政府行政統計報告』民国二十四年度(同二十六年四月刊)によれば、

 @【 日中戦争勃発直前の民国二十五年(1936年)6月の調査の南京市の人口は97万3158人で
    あるが、その大半は市街居住者であって、】

 A【 郷区(上新河区・孝陵区・陵園区・燕子磯区)の人口は合わせて14万8577人にすぎない。】


以上、【 前提@〜B 】に対し、【 資料@〜E 】よりまとめると、

 ●南京陥落当時、安全区内には約20万、安全区外には約5万人の市民が居たと推測される。

 ●安全区外に居た約5万人の市民は、1938年1月中旬までには、その大半が安全区内に避難した。

 ●1938年1月中旬以降、安全区外には数千人居たとみられるが、虐殺などは確認出来ない。


 【結論】:いわゆる南京大虐殺において、市民の大虐殺犠牲者を確認する事は出来ない。

448 :<:2010/05/11(火) 23:51:57 ID:i9xAnoDs

次回は【 犠牲者の詳細 】についてまとめてみる・・・(´・ω・`)

449 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 00:51:12 ID:tU8XYgle



450 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 21:46:17 ID:+3Tm7dAL
多数の男性市民が敗残兵容疑で巻き添え食ってしょっ引かれて殺されたのだから、
市民虐殺がなかったことにはならない。

だから、何年も何年も「便衣兵」議論してるわけ。


451 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 21:54:07 ID:eHJbMbqF
ソース

452 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 22:02:01 ID:qvayygq/
今までなかなか決定的な証拠が出てこなかったが、市民が殺された記録があったのか。
その記録さえ出せば虐殺否定派も逃げ出すこと間違いなしなのでソース出してね。>>450が見逃さないように上げておくよ。

453 :<:2010/05/12(水) 23:00:54 ID:8kmrMJV+
>>450

真性の文盲池沼かよ・・・(笑笑笑笑

あらゆる資料検討の結果、

 【結論】:いわゆる南京大虐殺において、市民の大虐殺犠牲者を確認する事は出来ない。

と結んでるのに、どこをどう解釈すれば、

 "多数の男性《《《 市民 》》》が敗残兵容疑で巻き添え食ってしょっ引かれて殺された"

なんて珍解釈が出来るんだよ??????・・・(笑笑笑笑


トンスラK-Kもそうだったが、南京大虐殺を信じてる池沼は
小学校の国語教科書すら読んだこと無い連中ばかりなんだろうな・・・(笑笑笑笑

454 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 23:45:02 ID:+3Tm7dAL
>>453
君のようなネットなら許されるとでも勘違いして相手を徹底的に
見下した非礼な物言いをする人とは本音としては一切話もしたくないのだが、
君に一つだけ前から聞きたいと思っていたことがあるのだが答えてくてないかね?

君は、ネットで漁る資料以外に、関連書籍の数冊かでも所有しているのか?

自分で所有してる書籍を元にして議論する人間はかなり少ないのだけども、
私個人は数冊程度は所有している。

それらの基礎資料をなんの予備知識もなしに読めば、たとえ30万虐殺でなくとも、
当時南京で筆舌に尽くしがたい日本軍が引き起こした暴虐行為があったと
認識せざるを得ない。

当時現場にいた安全区などの外国人も、日本の旧軍人でさえも程度の違いはあっても
酷いことがあったことを記録に残していたり、様々な証言もあったりするのに、
何故否定出来るのか、私には正直理解出来ないんだよね。

455 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 23:49:57 ID:eHJbMbqF
その資料とやらを出して

456 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 23:52:42 ID:Dv5qmJ0B
豚に真珠
ネコに小判
否定派に資料

457 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 23:54:31 ID:6FnQjO4O
手元の数冊よりネットで広く浅くの方がマシなんではないかという考えは馬鹿にはない
しかも、大虐殺を軍の暴虐にすりかえる朝鮮話法

戦闘をしている軍隊が乱暴なのは当たり前だろうと言う常識すらなく、お花畑の軍隊を妄想

458 :日出づる処の名無し:2010/05/12(水) 23:55:13 ID:6FnQjO4O
なんだ、自演がしたかっただけのやまんばかw

459 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:15:06 ID:qodz77gU
生粋の否定派じゃない限りは、

ラーベやボートリンの日記
三笠宮殿下や当時の外交官の南京での暴虐は会ったとの手記
当時のニューヨークタイムズの記事
兵士たちの陣中日記
残っている戦闘詳報

など見せたら、たいてい南京大虐殺は無かったと言わなくなる

ここの否定派だけが特別キチガイで、しかも
「俺が認めない限りお前の負け」な無敵君論理しかやらん
さすがにそんな論理では否定派の支持を広めるには、まるで役立たずなんだけど
本人は無敵君状態が気持ちいいらしいので、永久にやってる

そんなスレ


460 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:23:33 ID:wgmchuAO
またいつものシャドーボクシングかな

461 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:25:37 ID:Ea7nrqxe
肯定派もネタに詰まってんのか

462 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:28:15 ID:I2v/W/Ko
>>459
>三笠宮殿下や当時の外交官の南京での暴虐は会ったとの手記

ハイハイ、つまり「自分は日時を確認することもできないほどの無能だ!」と自爆しているんですねw
ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/hogaku-kenpo.htm
三笠宮崇仁殿下(84歳)は00年6月15日東京・文京区のホテルで開かれた日本画家,平山郁夫さん(70)の古希の祝いに出席し,
挨拶で平山さんが,日中の文化交流に貢献していることに関連して,「戦時中,中国での日本軍の残虐行為を間近にして,身の縮む
思いをしました。そのことを昭和天皇に報告したという経験もあります」と話した。
なお,三笠宮殿下は1943(昭和18)年から1年間,南京の総司令部に赴任した経験があり,1984(昭和59)年に出版した自叙伝
『古代オリエント史と私』の中では,自分が見聞きした日本軍の残虐行為について「私(三笠宮)の同期生の青年将校から、兵隊の胆
力を養成するには生きた捕虜を銃剣で突き刺させるに限ると聞きました。多数の中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に
連行し、毒ガスの生体実験をしている映画も見せられた……」
……「これは氷山の一角に過ぎない」などと書いている。
(2000年6月17日付『東京新聞』)

三笠宮が参謀として南京にいたのは1943年〜44年。
1937年の南京事件とは何の関係もないw
さらに
『同期生の青年将校から聞いた』→伝聞w
『【満州】での映画を見た』→南京と全く関係ない場所の【映画】www

こういうのを根拠に
>たいてい南京大虐殺は無かったと言わなくなる
ゲラゲラゲラwww

463 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:32:14 ID:qodz77gU
>たいてい南京大虐殺は無かったと言わなくなる

ま、実際そうですから

464 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:33:10 ID:RXrk4vic
ばかんばちゃんはみずから体を張ってネタを提供してくれてるんだよ

ありがとうごみんばちゃん

465 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:36:18 ID:I2v/W/Ko
>>463
まさか『映画のスターウォーズやアバターは現実にあった事だ!』何て思ってないよなあwww
そういうのは幼稚園か小学校低学年までにしとけw
いくら肯定派が無能しか存在しないからといってもあまりにもレベルが低すぎるw

466 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:38:09 ID:ryLOkNwi
【レス抽出】
キーワード:ラーベ
抽出レス数:9

過去スレ平均を20としても、軽く400以上出てきた名前ですな
それを今更自慢げに持ち出してくるバカ哀れ・・・

467 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:38:37 ID:TKYPaK2N
本って、Rape Of Nankingとか、そんなのかな?
フィクション物を何冊持ってても、意味無い気がするんだが・・・

468 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:39:45 ID:ryLOkNwi
459 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 00:15:06 ID:qodz77gU [1/2]
生粋の否定派じゃない限りは、

ラーベやボートリンの日記
三笠宮殿下や当時の外交官の南京での暴虐は会ったとの手記
当時のニューヨークタイムズの記事
兵士たちの陣中日記
残っている戦闘詳報

など見せたら、たいてい南京大虐殺は無かったと言わなくなる

463 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 00:32:14 ID:qodz77gU [2/2]
>たいてい南京大虐殺は無かったと言わなくなる

ま、実際そうですから




楽しいのかな、自分としゃべるのって?w

469 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 00:51:53 ID:ryLOkNwi
今現在出されている資料を見た結果に限れば


彼らの言う【南京大虐殺】は嘘です

470 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/13(木) 01:05:59 ID:8/mfNIUO
>>454
よく言うぜ
所詮、第三者が書いた本を鵜呑みにしているだけの癖に


471 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 03:47:24 ID:9lwuWcBg
>>463
過疎レスで自演するとは勇者だね、IDって何かを勉強してください
で、日本軍に感謝状送ったラーベが何ですか?
彼の感謝状や言動からも30万人が否定されていることも忘れなくw

472 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 17:45:59 ID:ip/dBBB+
過疎ってきたので 資料投下

上海1932地図 各ファイルはGIF5MB前後
http://www.filedropper.com/shanhai11
http://www.filedropper.com/shanhai12
http://www.filedropper.com/shanhai13
http://www.filedropper.com/shanhai21
http://www.filedropper.com/shanhai22
http://www.filedropper.com/shanhai23
http://www.filedropper.com/shanhai31
http://www.filedropper.com/shanhai32
http://www.filedropper.com/shanhai33

やはり戦前の支那には病院がないなあ 大都市上海でも外国人経営の慈恵病院くらいしか見つからない


473 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 18:17:10 ID:ip/dBBB+
訂正 St Marie Hospital 広慈医院
当時の上海総人口は150万前後、そのうち日本人人口が158000人だそうだ。
それにしても病院が少なすぎ。

474 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 18:57:20 ID:ip/dBBB+
公共病院、公済病院(GENIRIL HOSPITAL)、民国赤十字病院
を発見

475 :<:2010/05/13(木) 22:04:55 ID:ooTZuRPX
>>454

その"感情論"こそが、

 【 ネットをソースにするオイラ・・・(´・ω・`) 】>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 >>>>>>>>>>>ウンコ・ウンコ・ウンコ・ウンコ>>>>>>>>>>>>>>>"自称:数冊程度所有者"

である証拠なんだが?・・・(´・ω・`)

不満があるのなら、その"数冊程度の本"から、いわゆる南京大虐殺の犠牲者数
を算出してみ?出来るもんならなぁ〜♪ニヤニヤ・・・(・∀・)


トンスラK-Kなんざ、人生の大半を"無意味な南京エロ小説"の自己解釈に費やし、
たかだか南京歴1年半程度のオイラに凹されて逃亡したんだが?・・・(笑

もう二度と現れる事はないだろうな・・・(笑
続きをやりたいんだがなぁ〜♪ニヤニヤ・・・(・∀・)




476 :<:2010/05/13(木) 22:05:48 ID:ooTZuRPX

【 無残にも散ったトンスラK-K"ウソ吐き"レスを曝し上げ♪・・・(・∀・) 】


トンスラK-Kの"惨めな自己解釈"がこれ♪・・・(・∀・)

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】107次資料
 ★232 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/04/01(木) 23:07:27 ID:aUIZBaj3
  南京戦のケースは、「便衣に変装し、南京市内に潜伏した」だけで、害敵手段を行使していないので、
  一般的な便衣兵とは言えないわけです。

 ●"K-K流自己解釈" ⇒ "便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵は【 便衣兵 】とは言えない"



ところが、このトンスラK-Kは【 便衣兵の定義 】を、なんと『南京戦史』から引用してきた♪・・・(・∀・)

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】104次資料
 ★168 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/06(土) 23:03:31 ID:+BNBXvl4
  """ 勘違い?偕行社『南京戦史』では次のように「便衣兵」を定義しています。 """ ←※ここに注目・・・(´・ω・`)∩

  【 P295◇便衣兵は、戦時国際法では次のように解釈されている。 】
  (略)私人が本節の冒頭に列挙した各種の手段に従事する時は、敵交戦国の手に捕へられた場合に戦時犯罪人として
  処罰せられる。又本来交戦資格を有する軍人と雖も、其の資格を表示する制服を脱して、私人に変装して右の行為に
  従事する時は、同一の地位に立ち、軍人に与へらるべき俘虜の待遇を受けるを得ない。(略)

 ●『南京戦史』においては、【 便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵 = 便衣兵 】と解釈されている
   にもかかわらず、だ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

477 :<:2010/05/13(木) 22:07:13 ID:ooTZuRPX

トンスラK-Kはこの事を知ってるから、自分のHPでは下記"自己解釈"を晒している♪・・・(・∀・)

 ★http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/aandv/ilow01_03.htm
  『南京戦史』などの記述は、日本軍の主観的な判断として、敗残兵を「便衣兵」と見なしていたということなの
  でしょうが、本来の意味である「分散し、かつ移動性の高い軍事組織が軽火器を使用して奇襲・待ち伏せ等
  によって行う交戦行為(『国際法辞典』より)」を行うという意味での「便衣兵」ではありませんでした。



だから、オイラが"トンスラK-Kの自己解釈"を正すために下記質問をしたら、"ウソ吐き回答"を連投・・・(笑

 【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】105次資料
 ■361 名前:<[] 投稿日:2010/03/20(土) 01:35:31 ID:njnPtDlG
  『偕行社』の【 『南京戦史』 】では、""便衣兵""は《《《 すべて 》》》下記で【 定義 】されてるよね♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

     偕行社『南京戦史』では次のように「便衣兵」を【【【 定義 】】】しています。
     【【【 ◇便衣兵は、戦時国際法では次のように解釈されている。 】】】
     ・・・・・・
     法学博士田岡良一著『増補 国際法学大綱下巻』一九九〜二〇〇ページ

  つまり、『偕行社』の【 『南京戦史』 】においては、
  【【 ""便衣を着て安全区に逃げ込んだ支那兵"" = ""《 ※田岡氏見解文の 》便衣兵"" 】】
  である事を認めるんだよね?「Yes」or「No」?

     ↓    ↓    ↓    ↓

 ★498 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/03/21(日) 22:23:31 ID:38Y+IwbJ
  >>163にも書いたとおり No ですよ。


もう、惨め過ぎるワ・・・ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

478 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 22:59:12 ID:0dbDnpax
>>475
ご期待に添えず再び登場いたします。

要するに文献と呼べるような一冊の書籍も有していないと言うことですね。


ネットは確かに便利ですが、南京大虐殺に関するテキスト史料に限り、
そのほぼ全ては、引用元になっている文献が存在いたします。

ということは、情報の多さで言えば文献資料の方が圧倒的に多い、と言えるでしょう。

なお、私は現在数冊しか所有しておりませんが、引っ越す以前は肯定破・否定派などの
著書を含め二十冊くらい所有していたと思います。

図書館などへ足を運んで、古い文献を書庫から出して貰って調べたりもしてました。


どーでもいいことですけどね。

ともあれ、ご回答ありがとうございました。




479 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 23:18:54 ID:yHplNQ/D
といいつつ、一冊の著書名も出せないやまんば

480 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/13(木) 23:54:30 ID:8/mfNIUO
>>478
つまりは、第三者が書いた本もネットも似たり寄ったりと言うことだな
所詮は、自分の目と耳と足で調べた物ではないと言うことだよ

>情報の多さで言えば文献資料の方が圧倒的に多い、と言えるでしょう。
どういう統計かな?これも肯定派お得意の自己解釈論?

481 :日出づる処の名無し:2010/05/13(木) 23:59:38 ID:I2v/W/Ko
>ネットは確かに便利ですが、南京大虐殺に関するテキスト史料に限り、
>そのほぼ全ては、引用元になっている文献が存在いたします。

否定派はその文献を引用してソースとしているんですが?
【引用元の文献が存在しない】→世間では空想や妄想と言いますw
否定派がネットでソースとしているものは空想や妄想から生まれたものではありませんが?
それどころか肯定派が提示した引用元をソースにしている場合が多いんですがw
大抵、肯定派の引用元をソースにして議論を進めたら、肯定派が何も反応しなくなるのはなぜなんだろうw

482 :<:2010/05/14(金) 00:06:19 ID:ooTZuRPX
>>478

ウソこけwwwwwwwwwwwwww

自称”引っ越す前は20冊くらい所有してて、図書館などへ足を運んでる”のに、
未だに”いわゆる南京大虐殺の犠牲者数”すら算出できないんかよwwwwwww

 ●どんだけ”” バカ ””なんだよwwwwwwwwwwwwwwww

本をたくさん持ってても、図書館で古い文献を読んでも
何の意味もなさないじゃん・・・(笑笑笑笑

20冊くらい持ってても”この程度です”っていう自己紹介だったワケか?・・・(笑

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

483 :<:2010/05/14(金) 00:07:15 ID:ooTZuRPX
>>478

そんなに

484 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 00:08:25 ID:iGxng5QY
笠原の南京事件/岩波新書では、本文中で引用されている支那人の虐殺証言のすべてが
巻末の虐殺表ではすべて無視w
キチガイサヨ全般に言えることなんだが、こいつらは支那人の証言を表としてまとめて集計することはない。
キチガイサヨは、支那人の証言を集計すると矛盾が噴出して集計できないと分かっているw

485 :<:2010/05/14(金) 00:09:52 ID:JLpqNF/7

切れた・・・(笑

>>478

それほど本を読んでる”ハズ”なのに、その程度の読解力かよ・・・(笑

 ■475 名前:<[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 22:04:55 ID:ooTZuRPX
  もう二度と現れる事はないだろうな・・・(笑
  続きをやりたいんだがなぁ〜♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

   ↑    ↑    ↑    ↑    ↑

 ●これは”逃亡したトンスラK-K”にあてたレスだ!バカ・・・(笑


オマエみたいなカスがオイラの”おもちゃ”になるかよ!うぬぼれるな!・・・(笑

486 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 00:15:49 ID:LZZIcnGg
無敵君おおはしゃぎ

487 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 00:36:43 ID:0CA6mPgW
おもしろいなぁ、大量の文献があるのに
ここに示せる「民間人虐殺の証拠」が一つも存在しないとはw

488 :<:2010/05/14(金) 00:42:49 ID:JLpqNF/7

何冊本を読んでも【 資料を読み取り、まとめる事 】が出来なければ
意味無いじゃん・・・(笑

時間の無駄だぜ・・・(・∀・)

489 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 01:05:30 ID:ocLpuXsi
815 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/13(木) 23:21:01 ID:yHplNQ/D
図書館で

南京大虐殺の

【分厚い】

被害者【名簿】を

見た



本の中で参考として【数ページ】書いてあった


by やまんば


おそらく、紙の厚さが1センチぐらいなんでしょうw

490 :<:2010/05/14(金) 01:28:12 ID:JLpqNF/7

肯定派どもは”南京エロ小説”を切り貼りばかりしてないで、
【 筋の通った解釈 】の提示をしてみろよ♪・・・(・∀・)

 ●見ろよwwwwwwwww
   この”つぎはぎだらけ”の粗雑なHPをよwwwwwwwww
     ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
   http://www.geocities.jp/yu77799/
   http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/


一体何が言いたいんだか、さっぱりだよな・・・(・∀・)
だからオイラが利用してやってるのさ♪・・・(・∀・)

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

”夏ちゃん証言大崩壊”に多大なる貢献をした”アホゆう”w
GJ!・・・(笑

491 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 02:04:07 ID:Aur7nY2+
肯定派って、一体民間人が何人虐殺されたと主張してるのかな?
資料ひっくり返しても、国際委員会の49が民間人としてのMax人数で、
残りは兵士(扱い)の話にしか、見えないんだが。

492 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/14(金) 02:22:03 ID:PVWU3tJ/
たしかmixiでだったか
ゆうに「本出したら売れますよ」とかお世辞言ってる馬鹿が居たけど
売れるわけ無いじゃん
肯定派が忌み嫌ってる東中野氏の本が売れた理由を考えたら分かるだろう
それに、ゆうのHPを本にしたら著作権に引っ掛かって出せないよ
所詮、他人の本の抜粋なんだから

493 :<:2010/05/14(金) 02:36:17 ID:JLpqNF/7

アホゆうのHPは、資料だけではなく"他人の見解文"をも盗用しまくって
"自分の感想文"を付け加えただけのイカサマHPだもんな・・・(´・ω・`)


494 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 12:57:57 ID:mOHYhvhf
スレ立て1ヶ月経っても半分いかないか。規制祭りくらいで過疎化するとは・・・
肯定派は専ブラくらい入れとけよ。

495 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 19:09:02 ID:4IrqCp4C
規制が原因というか、ただ単にみんな
とんすらしてしまっただけでは

496 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 21:10:40 ID:ocLpuXsi
#全サーバ規制
#5/14 http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1273818245/
OFSfx-
NIHfx-
#5/14 http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1273750015/
softbank221089
\.kngw.f?nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
adsa.\d+hon(b\d+)?-acca(b\d+)?.tokyo.ocn.ne.jp
softbank219197
\.hygo.f?nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
ipbfp\d+fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
\.janis.or.jp
\.hinocatv.ne.jp
\.s02.a029.ap.plala.or.jp
\.eonet.ne.jp
\.s02.a011.ap.plala.or.jp
eaoska\d+\.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
\.fkok.f?nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp
softbank220025
#5/13 http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1273317707/
FLA1...\d+.fki.mesh.ad.jp
(FLH1...\d+|FL1-\d+-\d+-\d+-\d+).fki.mesh.ad.jp
#5/12 http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1273580444/
\.(\w+\d*|ppps?).bbiq.jp
ip\d+gifu.gifu.ocn.ne.jp
ipad\d+(sasajima|tokaisakaetozai).aichi.ocn.ne.jp
\.fkok.f?nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
tkyo?ea\d+.ap.so-net.ne.jp
acoska\d+\.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
長すぎて以下略

497 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 21:24:17 ID:ncBfAtu3
あ 俺も規制されてるのかな?
てす

498 :<:2010/05/14(金) 21:27:09 ID:JLpqNF/7

マジかよ・・・(`・ω・´)
運営の野良犬連中が一番ジャマしてんじゃん・・・(`・ω・´)

499 :<:2010/05/14(金) 21:30:56 ID:JLpqNF/7

ま、肯定派はマジで人材不足が深刻だもんな・・・(´・ω・`)

トンスラK-K、タラリ、ゆうを含め、超高齢化してしまってるし・・・(´・ω・`)
糖尿病も悪化する一方だし・・・(´・ω・`)

もう尿から糖分がダダ漏れ状態だもんな・・・(´・ω・`)

おまけに池沼中間派は精神病院に入院中・・・(笑

500 :日出づる処の名無し:2010/05/14(金) 21:54:49 ID:ocLpuXsi
ミンスから玉もらってる運営も大変なんだよ、内閣支持率2割切ったし参院投票予定で自民に抜かれるし

501 :日出づる処の名無し:2010/05/15(土) 23:52:34 ID:uaz646gB
>>482
> 未だに”いわゆる南京大虐殺の犠牲者数”すら算出できないんかよwwwwwww

二十冊程度所有して他のは本当の話ですが、ま、証明はしようがないですね。

興味の対象という物がありますから、たまたま私は犠牲者数の算出などには興味は
なかったのだと思います。

てゆーか、スマイス調査報告書くらいしか推定する史料がありません。

埋葬数は、戦死者なのか虐殺被害者なのかよく分からないし、
そもそも埋葬数には当てにならない物も含まれてるし、
人口から逆算しようにも、まさに陥落時時点の南京市人口なんて、
逆算に足る精度のある物はないし、
ないない尽くしで、調べようがないのですね。

スマイスにしても2400人だか12000人だか、精度的に採用して良いのかどうか
判断に困る数字だしね。

とはいえ、ここの否定派さんらはあなたを含めまったくのゼロらしいから、
私が推定したところで何の意味もないでしょうね(笑)

あ、今思い出しましたけど確かあなたは、とほほさんがお亡くなりになられたとき
冒涜するようなことを言われたそうですが、本当ですか?

故人を冒涜するって、たとえそれが論敵だろうと、人間的にどうなんですかね?

502 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:12:23 ID:IEXjMKiV
>南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
>このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。

だっけ、このスレはw

数字w

なあ、否定派に出来んの?こういうのw

503 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:18:05 ID:uJC/VMbx
>まったくのゼロらしい

なにがまったくの0なん?死んだ人?

504 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:20:23 ID:8RiFwCgs
またミラクル馬鹿がわいてきたか

505 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/16(日) 00:21:36 ID:NKrR/gah
>>501
その程度の情報ならネットで充分だと思うが?

>>502
別に否定派の意見だけで算定しようということではないと思うぞ
肯定派との議論の中で・・・・ってことだろ?

506 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/16(日) 00:23:49 ID:NKrR/gah
>>503
決定的な証拠では?

507 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:28:19 ID:uJC/VMbx
いや、なにが0だと言ってるのか意味不明
意味不明なものを否定派とやらがまったくの0だと言っているといわれても
ぴんとこないんだよね

508 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:28:33 ID:IEXjMKiV
>肯定派との議論の中で・・・・ってことだろ?

それでもいいけど、出来たの?算定とかw

別に2chレベルでもいいけど、いいかげんやれよ

それなりに議論も重ねてんだろ?w

509 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:31:35 ID:mlRj+OZF
>>501
> あ、今思い出しましたけど確かあなたは、とほほさんがお亡くなりになられたとき
> 冒涜するようなことを言われたそうですが、本当ですか?
> 故人を冒涜するって、たとえそれが論敵だろうと、人間的にどうなんですかね?

とほほが日本軍兵士にやったことがまさにそれ
故人の日本軍兵士を冒涜するのは良いのか?
とほほの所業は、ヒトを呪わば穴二つ。

510 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/16(日) 00:35:40 ID:NKrR/gah
>>509
どうせ「特定の個人は・・・云々」とか言い出すよ

511 :K-Kはどの方面でも完敗?:2010/05/16(日) 00:38:24 ID:NKrR/gah
>>508
見れば分かるだろ?


512 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:38:30 ID:IEXjMKiV
>故人の日本軍兵士を冒涜するのは良いのか?

日本人兵士、て日本人だからと言って正当化されんの?

本当意味分らんw

513 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:44:44 ID:Ed8yXtSG
所詮、肯定派ごときに犠牲者数の算定などできるはずが無いw

本当に南京大虐殺と言われるものがあったのなら根拠に従ってとっくに犠牲者数が算定されているはず。
肯定派はどうあがいても民間人30万人が立証できなくなったものだから、範囲を周辺に広げ、対象を市民から軍人に広げ、
それでも辻褄が合わなくなったら、数の証明を放棄し、とうとう「虐殺」の定義すら出さなくなったw

結局、肯定派が書き込めば書き込むほど、『自分達の無能を自分で証明して否定派に嘲笑されている』のだよw

514 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:46:24 ID:DFbPPHOG
バカだからな

普通気がつくだろう、自分だけがわからないのは・・・

515 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:48:22 ID:DFbPPHOG
>>504
何がバカって、間をおいたら自分の中で記憶が消えて、同じセリフを繰り返してるのに気がつかない点w

516 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:49:53 ID:IEXjMKiV
>本当に南京大虐殺と言われるものがあったのなら根拠に従ってとっくに犠牲者数が算定されているはず。

2chレベルのアホがなにやろうが、こっちとしちゃ知ったことちゃないがねw

まあスレタイ通りなんかやんないとダメなんじゃないの、いいかげんさw



517 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:53:27 ID:DFbPPHOG
と、泣きながら必死に「w」を打つしかない白丁

518 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:54:11 ID:IEXjMKiV
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】

実に立派なタイトルじゃないw

ネトウヨは必死にここ守れよ、なあw

519 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 00:59:32 ID:DFbPPHOG
はいはい

520 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:00:00 ID:IEXjMKiV
俺がちょっとイラッと来た時に反応してもらればいいんだけどな、本当は

まあそこまでは無理か、流石にねw

521 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:00:45 ID:DFbPPHOG
はいはい

522 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:01:21 ID:6+JiQWL3
>>501
スマイスが良くて埋葬数が駄目な理由がさっぱり分からん
スマイスも犯人が日本軍なのか国民党なのか、はたまた戦死者なのか区別有りませんよねw

523 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:01:52 ID:5sYqJDJS
確かに、
「民間人大虐殺」とやらの、決定的な証拠というものを見た事がないな。
本20冊の人なら、沢山持ってるんだろうから、出してみておくれ。

524 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:02:58 ID:DFbPPHOG
図書館で

南京大虐殺の

【分厚い】

被害者【名簿】を

見た



本の中で参考として【数ページ】書いてあった


by やまんば


おそらく、紙の厚さが1センチぐらいなんでしょうw

525 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:03:00 ID:Ed8yXtSG
しかし結局、無能な肯定派は中身の全く無いタワゴトを延々と繰り返すことしかできないのが哀れと言うか、ミジメと言うか(嘲笑)w

526 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:06:41 ID:DFbPPHOG
スレをgdgdにしたら誰も見なくなるだろうってね

527 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:11:46 ID:IEXjMKiV
>「民間人大虐殺」とやらの、決定的な証拠

「決定的証拠」

てのはまた新しいかな。

まア君ら否定派になにが出来んの?てのは依然変わらない

なんか出来んの?w

528 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 01:33:02 ID:exrHrjG4
>>527
とりあえず、「南京大虐殺があった」とか言っている奴が、何の根拠もなく言っていることを示していますが何か?w
人殺しと言っている奴が人殺しを立証しなくて、逆に人殺しをしていない証拠を求める時点で終わっているだろw


まあ、たまにキミみたいなのが出てくれるのはありがたいけどなw
過疎にならなくてw

529 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:43:45 ID:IEXjMKiV
>>528

人殺しとしか言えない時点で君はだめだって

だって人殺したろ?戦争なんだ

まあそん位は認めようぜ?


530 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 01:48:23 ID:exrHrjG4
>>529
つまり、南京大虐殺ってのは「合法的な人殺し」だったって事かぁw
違法な人殺しはなかったって事でいいのかねぇ?w

というやりとりは何回目なんだかw
戦争だから何でもかんでも人殺しをしてもいいと言い張るのなら別に良いんだがねぇw


531 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 01:57:30 ID:IEXjMKiV
戦争中に君は人が死んだことを否定し得るの?

なんか自身ありげだけどw



532 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 02:03:12 ID:IEXjMKiV
君は「人殺し」を唱えるなら、その言葉の意味をきちんと知らないとダメだな

この問題以前にね

533 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 02:05:20 ID:exrHrjG4
>>531
ええと、問題をすり替えられても困るねぇw
「南京大虐殺」で主張していることは「戦争中に人が死ぬ」ことだっけ?w

肯定派が主張している人殺しとやらは、「戦争中」と言う相当広い範囲を言っているのかねぇ?w
つまり、有史以来、いやいや人間が人間らしい生活を営んで以来、全ての戦争に於いて人が死んだことについて述べて居たのかぁw
いやあ、哲学だねぇw

で、実際には肯定派は何を主張しているの?w
問題をずらそうと必死なようだけど、結局何が言いたいのかさっぱりわからんw
肯定派の主張を否定しているのだから、肯定派の主張が確定していなければ自然と主張自体がなかったことになるんだがねぇw

で、肯定派の主張って何?w

534 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 02:07:12 ID:5sYqJDJS
つっても、戦争ってのは「合法的な人殺し」だよなぁ
東京裁判の時の、ベン・ブルース・ブレイクニー弁護士の話とか

知るわけないし、どうでもいいかw

535 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 02:07:58 ID:exrHrjG4
>>532
なるほどなるほど、それなら人殺しという意味の前に、「南京大虐殺」とは何か、その意味を答えてもらおうかねぇ?w
どうもキミと私の認識が違うようだからねぇ、人殺しという意味の前にまずはこちらを確認しておかないと、ねぇ?w
もちろん言えるんだよねぇ?w
まさか、南京大虐殺とはどういう意味か知りません、等とは言わないよねぇ?w


536 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 02:29:52 ID:IEXjMKiV
>>533

「人が死ぬ」ことを証明とかなんとか言ったのは君じゃなかったっけ?

自分の言ったことを否定しちゃいけないw

現代日本の社会の殺人事件の判断方法とこの問題は違うと教えてくれたのは
実は君の論理だな

そういやw

537 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 02:35:59 ID:exrHrjG4
>>536
ええと、スレタイがどうのこうのとキミは言っていなかったっけ?w
当然、ココで話されている内容も「南京大虐殺」について、のはずなんだがねぇ?w
南京大虐殺について語って居るのに、なぜか肯定派の誰も言っていないような「戦争中に人が死ぬことは当たり前」てなことを言い出したのは、さて誰かねぇ?w

「人殺し」と言うのを『南京大虐殺という前提を外して』主張されてもなぁ、と言っているんだがねぇ?w
自分の言ったことを否定しちゃいけないw
スレタイはしっかりと分かっているはずだからねぇ、スレタイと違うことを話されても困るわけでw
それとも南京大虐殺は通常の戦闘における人殺し行為であり、合法的な殺人行為を非難しているとでも?w

前提条件を意図的に外して問題をずらす詭弁は勘弁してもらいたいものですなぁw
南京大虐殺の話をしているのなら、南京大虐殺で肯定派が主張している人殺しについて語ってくださいなw
まあ、そうやって逃げるのはいつものことだから、今更驚かないけどねぇw

538 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 02:37:36 ID:IEXjMKiV
この問題てなんであんのか知らんうちに発言したアホが

>南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。これは中共のプロパガンダに
対抗する最も有効な手段です。ただ無かったと声を大にしても説得力がありません。

これかw

そういや、解説者さん、て従軍慰安婦問題でもなんか意見ある、とか言ってたっけ。

ホント?

539 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 02:45:55 ID:exrHrjG4
>>538
おいおい、こっちの質問には完全無視ですかそうですかw
それも、基本的な質問なのにねぇ、「南京大虐殺って何?」w
キミはどうやら戦争で人が死ぬことそのものが南京大虐殺だと思っているようだけど、ホント?w
別の質問をして逃げるなんてセコい真似なんかしなくてもいいからさぁ?w

で、南京大虐殺って何?w
どうもキミの認識が違うようだからさぁ、それならそれについて否定するか肯定するかまた違ってくるんだよねぇ?w
人間始まって以来の戦争全てについて人が死ぬことが南京大虐殺なら、私が聞いてきた南京大虐殺とは違うからねぇ、認識も当然違ってくるんだけど?w

まずこちらに質問する前に、こっちの根本的な質問に答えてねぇ?w

540 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 02:46:23 ID:IEXjMKiV
>「戦争中に人が死ぬことは当たり前」

でしょ

人殺しなんて不穏当な言葉を持ち出したのはこちら側の誰でもない、あんただよw
責任とは取ろうぜw

あと

>南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。これは中共のプロパガンダに
対抗する最も有効な手段です。ただ無かったと声を大にしても説得力がありません。

こいつも君でしょ?

責任とってとっとと集計とかしなよwネトウヨ代表としてさw









541 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 02:53:53 ID:exrHrjG4
>>540
> 人殺しなんて不穏当な言葉を持ち出したのはこちら側の誰でもない、あんただよw
いや、南京“大虐殺”なんて言う不穏当な言葉を持ち出したのは肯定派なんだけど?w
それとも“大虐殺”ってのは不穏当じゃないとでも?w
“大虐殺”と言う大量殺戮、大勢に対する人殺し行為は不穏当じゃなくて、単に人殺しと言うことが不穏当という認識が理解できないんだが?w

キミの言うとおりに責任を取るなら、肯定派じゃないのかねぇ?w
キミのその頭の中は、一体どうなっているのかいっぺんしりたいねぇw
げらげらげらw

> こいつも君でしょ?
> 責任とってとっとと集計とかしなよwネトウヨ代表としてさw
いやいや、それは私じゃないんだけどねぇ?w
私が来たのは56スレ目あたりからだからねぇ、すでにテンプレ化されていることに対しては何も言えないんだが?w
勝手に私の責任にされても、なぁw

その上、ネトウヨ代表とかw
ネトウヨってなんなんだよw
キミの脳内妄想を押しつけられても、なぁw

で、南京大虐殺という『不穏当な言葉を持ち出した』肯定派は、その責任はとれないの?w
ねぇ、坊や?w
げらげらげらげらげらげらげらげらw


542 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 03:00:27 ID:IEXjMKiV
>541

>南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。これは中共のプロパガンダに
対抗する最も有効な手段です。ただ無かったと声を大にしても説得力がありません

まああんたはこれに縛られてなよw
余計なこと言わなきゃよかったのになw

ところで君は、顔文字とはお仲間なの?w



543 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 03:09:36 ID:exrHrjG4
>>542
こちらの質問はどうしたの?w
自分の言ったことには責任もてないの?w
南京“大虐殺”は不穏当じゃないのかねぇ?w
で、南京大虐殺って何?w
戦争で人が死ぬことが南京大虐殺なの?w

で、どうしてこちらの人殺し発言を、南京大虐殺というスレタイ無視して話すの?w
キミが否定派肯定派言っていたのに、ねぇ?w

合法的に殺しても問題があると肯定派は言っているの?w
で、キミは一体何しに来たの?w
肯定派代表として言いにきたんじゃないのかねぇ?w

K−Kとはお友達?w
他の肯定派諸君はどこに行ったの?w
で、キミは肯定派の無知っぷりを晒しに来たのかねぇ?w

そういやネトウヨって何?w
否定派とか言っていた奴が、苦しくなると人にレッテル貼りですか?w
ネトウヨなんて、キミのお花畑な頭の中にしかいませんよw
こちらに押しつけないでいただきたいねぇw
それともネトウヨって何か定義でもあるのかねぇ?w

ねぇねぇ、答えてよw
逆質問で逃げ回っていないで、さぁw
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげら
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらw

544 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 03:19:31 ID:IEXjMKiV
>>543

戦争で人が死ぬことに対し”人殺し"という表現を用いて、”証明”とやらを求めたのは君だったと思うけど、俺の記憶違いかなw

南京問題に関しても、君のそういう基準が果たして適当なのかどうか、何度も尋ねてるんだけどなw

ネトウヨと言われるのも嫌でしょ

答えてよw





545 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 03:29:42 ID:exrHrjG4
>>544
> 戦争で人が死ぬことに対し”人殺し"という表現を用いて、”証明”とやらを求めたのは君だったと思うけど、俺の記憶違いかなw
全くの記憶違いだねぇw
「戦争で人が死ぬことに対し」等と私は言ったっけ?w
ミスリードを誘うような捏造は勘弁してもらいたいねぇw

>>528では「南京大虐殺があったとか言っている奴」と言うことを踏まえて発言しているんだがねぇ?w
なぜ意図的にトリミングをして、人の発言をねじ曲げようとするのかねぇ?w

肯定派ってのはみんなそういうインチキな連中ばかりなのかねぇ?w
「南京問題」とかすり替えられてもなぁ、「南京大虐殺」と不穏当な言葉を言い出した肯定派は何の責任もないのかねぇ?w
キミ、ダブルスタンダードばかりだねぇw

そもそも、ネトウヨ言っているのはキミなんだけど?w
余計なレッテルを貼って人格非難で逃げようとしないでさ、逆質問する前にこちらの質問に答えてねぇw
自分は質問をして答えてもらうのは当然だが、自分は答える必要はない、とかダブルスタンダードも良いところでしょ?w
なぜ答えられないのかねぇ?w
都合の悪い質問からは逃亡ですかそうですかw
「南京問題」とやらも、まずはその問題とはいったい何なのか、まずはそこからじゃないのかねぇ?w
キミの認識はどうやら他の肯定派とも違うようだから、ねぇ?w

キミは一体何について語りたいのか、まずはそれを聞かせてよw
キミが一体何を言いたいのか分からなければ、誰一人としてキミに対して答えることなど出来ないんじゃないのかねぇ?w

で、南京大虐殺って何?w
戦争で人が死ぬことが南京大虐殺なの?w
いやあ、新説だねぇ、学会に提出した?w
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらw

546 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 03:45:15 ID:IEXjMKiV
>「戦争で人が死ぬことに対し」等と私は言ったっけ?w

コテハンつけてるくせに自分の発言に責任とれねーならハナからやんなよw

まああんたの「殺人事件」理論は流石にここのネトウヨどもでも支持しかねると見えるけどな

あんた本人よりは、ここに支持者が現れるか待ってみるかな

なあ、解説者てどうよw









547 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 03:48:18 ID:IEXjMKiV
ネトウヨならたぶん支持してくれる人もいんじゃねーの、とは思うけどねw

548 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/16(日) 03:56:48 ID:exrHrjG4
>>546
いやいや、コテハンを付けているからこそ、そういう発言をチェックできるはずなんだがねぇ?w
一体どこでそのような発言をしたのか是非とも教えてもらいたいものだよねぇ?w
「自分の発言に責任を持つ」キミなら、当然、私がそのような発言をしたところを教えてくれるんだよねぇ?w

そもそも、今までにキミがまともに自分の発言に対して責任を取っているのかという点について疑問があるけどねぇw

で、南京大虐殺って何?w
戦争で人が死ぬことが南京大虐殺なの?w
なぜ答えられないのかねぇ?w
まあ、「否定派」と言っていたのが「ネトウヨ」とレッテル貼りに逃げているのを見ただけでも、
相当必死なのがよく分かるけどねぇw


つか、私よりもキミの支持者というか、キミの主張の根拠が知りたいんだがねぇ?w
「戦争で死ぬことが南京大虐殺」とか言っている他の肯定派とか学者とか居るの?w
人の心配をする前に、まずはキミ自身が自分の支持者を見せてくれないと、ねぇ?w
「自分の発言に責任は持つ」んだっけ?w

もはや、単に自分の脳内妄想に怯えて誰も理解できないようなことを叫んでいるだけのボクちゃんでしかないことを自分で暴露しているみたいだねぇ、キミぃw
人の心配をする前に、まずは自分の主張と支持者を見せてごらんよw
K−kですら支持しないと思うけどねぇw

げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげら
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげら
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげら
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらw

いやあ、追い詰められて逃げ回る坊やを見るのは、やっぱり楽しいねぇw
コレが楽しみでここに来ているようなものだからねぇw


549 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 07:43:43 ID:6+JiQWL3
誰が来ているかと思えば、「King of 屑」かよw
最低でも南京について語れる肯定派絶滅か

550 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 11:15:55 ID:DFbPPHOG
自分から始めた話からも、逃げて逃げてごまかしてずらして・・・


逃げるw

551 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 12:20:11 ID:8RiFwCgs
ミラクル馬鹿はマジで笑えるな

552 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 12:43:09 ID:Ui97fQp1
ID:IEXjMKiVを支持できる奴は、さすがに肯定派の中にも居ないんじゃないかな?

553 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 12:58:30 ID:DFbPPHOG
つか、何も言ってないのと同じだもの

554 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 18:47:22 ID:dNvwyhEY
1

555 :<:2010/05/16(日) 19:33:16 ID:vPvIekzx

なんだ・・・(´・ω・`)
ミラクル馬鹿が沸いてたのか・・・(´・ω・`)

コイツが所属してる痴民団体の連中は迷惑してるだろうな・・・(笑
空気読んで、さっさと身を引いてやれよ。他の連中が迷惑してるだろうが・・・(´・ω・`)

小学校の時にイジメられて登校拒否した"元祖引きこもり"らしいぜ、コイツwwwwww
時事研究題材としては超貴重な"引きこもりのルーツ"となる"サンプル"だな・・・(笑


556 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 20:23:32 ID:IEYbz5Xl
>>1
そういうことなら、天皇家に言ってくれ!
そういうことなら、天皇家に言ってくれ!
そういうことなら、天皇家に言ってくれ!
そういうことなら、天皇家に言ってくれ!
そういうことなら、天皇家に言ってくれ!


戦前、日本帝国の帝王であった天皇は、日本国民に天皇の過度の神格化を強制
していた。天皇は、まさに、世界歴史共通の絶対王政専制君主であった。

我々日本国民は、少しでも反抗心を持とうものなら、それだけで憲兵に連行され、
裁判もせずにリンチ処刑にされ、殺されるか、または見せしめの半死状態に
されていた。この、憲兵によるリンチ処刑の半死状態ということは、半身不随・
全身不随の重大な後遺症が残り、食べるための労働をすることの出来ない餓死を
意味していた。

557 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 20:29:20 ID:N2F/dRrb
・・・そういう教育を受けたのか。

558 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 20:31:49 ID:Ed8yXtSG
>我々日本国民は

白丁は日本国民ではありませんがw(嘲笑)

『白丁は白丁らしく、朝鮮人は朝鮮人らしく、奴隷は奴隷らしく、犬は犬らしく身の程をわきまえろ!』
というのが半島の伝統だったと思うのですがw
半島伝統の妄想を日本にまで持ち込まないで欲しいですね。

日本が穢れます(嘲笑)

559 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 20:42:58 ID:ed1Qf14K
>>557-558
特別永住資格 − 触法者はその限りにあらず −
資格立証責務は申請者にあり動乱時の密入国者の記録は約8割が保管されて
おり警察庁 税関 入管 厚生省に同一のものが保管されている

入管特例法第四条
第二次世界大戦の終戦前から引き続き日本に在留する平和条約国籍離脱者
の子孫で、出生その他の事由により上陸の手続を経ることなく本邦に在留する
こととなるものは、法務大臣の許可を受けて、この法律に定める特別永住者
として、本邦で永住することができる。

通例として永住権という言葉が良く使われるが正確ではない。
法律上、権利ではないと位置づけられているため、永住権という語は
用いられていない。

永住者の場合は、3年または1年間隔の在留資格の更新が無い。

560 :<:2010/05/16(日) 21:05:03 ID:vPvIekzx
>>501
負け犬がまだ居たんかよ。そんなに悔しいのか?・・・(・∀・)

”犠牲者の算出”をせずに、一体どうやって南京大虐殺は事実だと
証明するんかよ?ニヤニヤ・・・(・∀・)

書いてる事の矛盾に気が付かないの?ニヤニヤ・・・(・∀・)
ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

”スマイス調査”を知ってるのなら、”南京大虐殺は虚構だ”という
結論にしかならないだろうが・・・ば〜〜〜か♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

”精度のある物はない” ← 都合の悪いものはぜーんぶフィルター処理かよw

”とほほ”?・・・あの”糖尿病死”したピザデブの事か?・・・(笑笑笑笑
あのピザデブ死したヤツは、何の根拠も無く旧日本軍兵士(故人)を冒涜しまくってた
からな・・・(´・ω・`)

今頃”地獄”でのた打ち回ってるだろうな・・・(´・ω・`)
オマエも”地獄行き”だぜ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

   ★糖尿病死 = 通称”とほほ死”

    //=赤★民=\   〜 ブヒブヒブヒヒ・・・・
   彳丿; \,,,,,,,,/ u lヽ  〜 あれ?いつの間にか死んじゃってた・・・ブヒヒ・・・
   入丿 -◎─◎- ;ヽミ.  〜 ヤバいな。ボクちゃんのPCが取られちゃった・・・           
    | u:.:: (●:.:.●) u:.::|  〜 二次元ロリばかり入ってるんだよな・・・マズい・・・ 
    |  :∴) 3 (∴.:: |   
  ノ ヽ、   ,___,. u . ノ、  
 /   ヽ:.___;;;;;;;;;;___.ノ  ヽ 



561 :日出づる処の名無し:2010/05/16(日) 21:05:28 ID:Ed8yXtSG
556
【日本帝国→北○鮮】
【天皇→将○様】
と入れ替えると北朝○の現状を見事に表現してますねw

唯違いは、『日本ではそのような出来事は白丁の妄想の中にしか存在しないが、北○鮮では現在進行形で行われている』と言う点ですねw

わざわざ北朝○の現地リポートお疲れ様ですw

562 :N:2010/05/16(日) 21:55:56 ID:zu/vLlT8
>>556
うわぁ…かなり病んでますね。

563 :日出づる処の名無し:2010/05/17(月) 18:44:46 ID:ILCi/zYK
一ヶ所で100人くらい市民が虐殺された記録はないのか?
30万も殺されたとシナチクが言っているなら
シナチクにそれくらいの記録が残っていて当然だろ。

564 :<:2010/05/17(月) 19:33:10 ID:Dc7af4Ed

ま・・・"20冊ぐらい本を持ってて、図書館にも行ってる"クセに、
何一つまとまったものを書けないのが肯定派の"痴脳レベル"だもんな・・・(´・ω・`)

普通、20冊も読んだら、何か書けるべ・・・(´・ω・`)

どんだけ"バカ揃い"なんだよ、肯定派は?・・・(´・ω・`)

565 :<:2010/05/17(月) 19:34:33 ID:Dc7af4Ed

アゲとこ・・・(´・ω・`)

566 :<:2010/05/18(火) 00:31:40 ID:6S8ABbAz

ふ・・・(−ω−;


567 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 01:27:27 ID:AzRqIfo2
今、朝鮮半島が戦争ごっこしてるから

568 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 02:33:02 ID:V2FwQkOf
洗脳された状態で20冊読んで、更に信じ込んでたんじゃないか?
今になって改めて冷静に、史料がドレか区別しながら見直して、
関連付けて行くと、変な事に気づいたんだろw

普通に考えて、わざわざ市民殺す暇も酔狂も余裕もねぇべさ。
腐るほど居る敗残兵・便衣兵掃討で忙しいんだもの。
厳罰の命令も出てたんだし、口減らしの必要もないし。

しかし、現代でも、何で沈没したか、はっきり分からないもんなのかね?

569 :<:2010/05/18(火) 20:31:21 ID:6S8ABbAz


これだけ挑発されてるのに、な〜んも書いてないな・・・(´・ω・`)

"本を20冊ぐらい読んだ"と言うのは容易いが、読解力と構想力がなけりゃ
意味無い罠・・・(´・ω・`)

ネットをソースにしてるオイラ達否定に遥かに及ばない事を我が身を持って
証明しようとしてワケね・・・(´・ω・`)

なんともまぁ、凄まじい"絶望ゲーム"だな・・・(´・ω・`)

糖尿病死予備軍のトンスラK-Kや朝鮮タラリや"夏ちゃんGJ!アホゆう"達は
ますますカルト化して、地下にもぐってしまうワケか・・・(´・ω・`)



570 :546:2010/05/18(火) 21:51:37 ID:bmV3IxOh
>>戦争で人が死ぬことに対し”人殺し"という表現を用いて、”証明”とやらを求めたのは君だったと思うけど、俺の記憶違いかなw

>全くの記憶違いだねぇw
あ、そうw

俺もアホなのかなんかまるめこまれてるのか良く分らんが、とりあえず現代刑法の殺人事件の論法はこの問題にからませなくていいらしいね

まあそんなん唱えてる学者もいない(んだよな?w)からいいよね、これはアウトでw

で、次は・・・

>”ネットをソースにしてるオイラ達否定”

か。顔文字www

571 :中立派:2010/05/18(火) 21:51:55 ID:NdvX0nQ4
ここの否定派は投降兵は捕虜にせず殺してもよいという主張なんですか?

それはいくらなんでも暴論だと思いますが。

572 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 22:08:57 ID:AzRqIfo2
>>571
投降した捕虜を殺しちゃダメでしょうね、「投降した捕虜」は

573 :546:2010/05/18(火) 22:20:17 ID:bmV3IxOh
>>572

当時の戦場であんまり公平にやってた、とも思えないけどな、正直w

574 :546:2010/05/18(火) 22:24:15 ID:bmV3IxOh
・・・公平に処してた、と書かれている、当事者側の資料をもとに判断してんじゃねーの?

とか思うけどな、その辺のは

575 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 22:25:17 ID:AzRqIfo2
勝手に思えばいんじゃないかな

思うのはただ

576 :546:2010/05/18(火) 22:43:25 ID:bmV3IxOh
>>575
でも否定はしないの?w

まあ思い当たる節もあんのか?

よく分らんけど、例えば日本軍の軍中日誌(正式名は知らんw)に「捕虜は全て国際法にのっとり公平に処理しました」
みたいな記述とかあったとして、それは信じられるのか?てな話なんけどね、結局


577 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 22:56:11 ID:3HPAlTvR
>>568
特に夏のアレは、場内突入第一陣がやらかしたと主張しているんだよな
何処に敵が潜んでいるか判らないのに、数十人が狭い一軒の何の変哲もない家に侵入して虐殺やるとか
どう考えても後付の辻褄合わせ(しかも破綻している)なのに、奴等は決して嘘だと認めないよね

そんな与太話が中心の本20冊読んでもなぁ

578 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 22:59:43 ID:3HPAlTvR
>>576
そうそう、全ての陣中日誌は疑って掛かるべきだよねw
特に物理法則に反した物が多い肯定派が持ってくる日誌は

579 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/18(火) 23:05:58 ID:59hfk3mD
>>570
> 俺もアホなのかなんかまるめこまれてるのか良く分らんが、とりあえず現代刑法の殺人事件の論法はこの問題にからませなくていいらしいね
> まあそんなん唱えてる学者もいない(んだよな?w)からいいよね、これはアウトでw

コレがよく分からないんだよなぁw
誰も“現代刑法の殺人事件の論法”などと言うもので聞いてもいないんだがw
なぜこうやって問題をすり替えて自分に都合の良いように曲解するのかがよくわからんw

つか、学者というのであれば、自分の主張に根拠も持たずに主張している奴なぞ居ないんだがねぇw

そもそも「記憶違い」について何の謝罪もないのな、キミw
勝手に人の発言を捏造してソースが出せなければ、別の問題にすり替えて逃げるってのはどうだろうか?w
そういうのを無責任というのだよw
「戦争で人が死ぬことが南京大虐殺」とか言っていたのはどうするんだとw
キミが自分で言いだしたその定義はどうするんだろうねぇ?w


結局のところ、何が言いたいのかさっぱり分からないんだがw
南京大虐殺の認識は違う、人の発言を勝手に捏造しておいてソースが出せなければ別の問題にすり替えて逃げる、
肯定派と言うより、キミってば詭弁師と呼ぶにふさわしいと思うのだがなぁw

そういや、キミの支援者とかって居るのかねぇ?w
こちらばかりに質問ではなく、自分の支持者やら根拠やらを見せてくれないかねぇw
インチキばかり見せられるのは、もうおなかいっぱいだから、さw
げらげらげらげらw



580 :546:2010/05/18(火) 23:13:45 ID:bmV3IxOh
>>577

>何処に敵が潜んでいるか判らないのに、数十人が狭い一軒の何の変哲もない家に侵入して虐殺やるとか
どう考えても後付の辻褄合わせ(しかも破綻している)なのに、奴等は決して嘘だと認めないよね

そういう前提状況、て定かにされてたの?w
ネトウヨの言うことは一々怪しい、とは言いたくはないけどw






581 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 23:19:56 ID:AzRqIfo2
チョンコの言うことは「千三つ万八」と言って、デフォで嘘判定しておk

582 :日出づる処の名無し:2010/05/18(火) 23:24:47 ID:XIARSdQt
>>572
捕虜になっても指示・命令に従わなかったり、反抗したり、逃亡を図ったりしたら殺されますw
どこぞの中間派は『捕虜はどのような行動をとっても殺される事は無い』と勘違いしているようですがw

まあ、中間派が根拠にしている陣中日誌というシロモノには『捕虜が殺害された理由』はほとんど書かれていませんがw

583 :546:2010/05/18(火) 23:25:36 ID:bmV3IxOh
>そうそう、全ての陣中日誌は疑って掛かるべきだよねw
でもいいと思うんだけどね。特に全体ではなく個別の局面においては。

逆に言えば、ここで書かれるならよほどだろ、て位になw





584 :546:2010/05/18(火) 23:34:10 ID:bmV3IxOh
>誰も“現代刑法の殺人事件の論法”などと言うもので聞いてもいないんだがw

じゃ、そのまま死んだままに死とこうかw
もとより誰のものでもなかったんだな







585 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/18(火) 23:56:37 ID:59hfk3mD
>>584
なんつーか、キミ、言いっぱなしで逃げ回っているけど、結局何が言いたいのかさっぱりわからんw

言ってもいないことを勝手に捏造した上、誰も議論していないことを議題にされてもなぁw
で、南京大虐殺って戦争で人が死ぬことなの?w
学者の誰が言ってるの、そんなこと?w
都合の悪いことになったら、学者の名前すら出せませんかそうですかw
「そんなものを唱えている学者は居ない」、で良かったっけ?w

まあ、根拠もないキミの妄想なぞ、何の役にも立たないんだがなぁw
で、キミの妄想を支持している人って居るのかねぇ?w
都合が悪くなると、人に言ったことについて自分に対しては何も言えないんだよねぇw


で、何が言いたいの、キミ?w
改めて聞くけどさw
何度読み返しても、肯定派ですら誰も言っていないようなことを延々と妄想垂れ流しで述べているってのはどうなんだろ?w
誰か支持者居るの?w
キミ、確か私には支持者聞いているけど、キミの支持者って聞いたこと無いよねぇ?w

ああそうか、ボク、誰も構ってくれないからココにいるのかぁw
まあ、確かにキミの話じゃ誰もまともに取り合おうとしないよねぇ、肯定派ですらw
それとも居るのかねぇ、是非とも見せてごらんよw
げらげらげらげらw

586 :546:2010/05/19(水) 00:01:15 ID:jtCfbx6T
陣中日誌にはバイアスをかけ、証言にはかけない?

まあおかしいよな。本来どっちにも嘘も記憶違いもある

だから両方尊重するしある意味、等しく信用しない。

・・・まあこれも基本だと、あえて言いたいけどなw


587 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 00:10:10 ID:ho6+acsx
こうもり朝鮮人らしくてよろしい

588 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/19(水) 00:10:38 ID:3D6YMddt
>>586
証言はいくらでも捏造できるし、思い違いや嘘も相当あるわけでw
それと陣中日誌を同じレベルで語られてもなぁw

その当時に、その人がその時の感情で書いたのだから、証言に比べて信憑性はあるが、ねぇw
記憶違いって、その場ですぐに書いたのを記憶違いとか言われてもなぁw
陣中日誌に嘘を書く奴がいるとか、それなら何のための陣中日誌なんだかw
嘘日記を書いてどうするつもりなんだとw

まあ、キミなら自分の日記に妄想を書きつづっているんだろうけどなぁw
もはや現実と妄想の区別がつかないという感じ?w
げらげらげらげらw

589 :546:2010/05/19(水) 00:11:05 ID:jtCfbx6T
>言ってもいないことを勝手に捏造した上、誰も議論していないことを議題にされてもなぁw

こんなネトウヨの巣ですら埋められてしまった理屈、てあんだな、て思うよおw

かと言って、顔文字に資料とか解釈させんの?wみたいなw




590 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 00:14:42 ID:eXy+hrcI
少なくとも資料すら出さない白丁よりはまともだなw

591 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/19(水) 00:22:01 ID:3D6YMddt
>>589
ええと、何言ってるの?w
私が一体どこでそのような話をしたのか、それを示せば良いだけなのにねぇ?w
人の言っていることすらまともに理解しないようでは、キミの言っていること自体が妄想と曲解の産物でしかないってことなんだけど?w

主張するなら根拠とソースをどうぞ、と言っているだけなのに、ねぇw
そんな当たり前の理屈すら理解できないのかねぇ?w

まあ、ネトウヨがぁ〜、ネトウヨがぁ〜、と妄想の中で生きている人には、肯定派ですら理解しているようなことも分からないんだろうねぇw

で、キミの言いたいことって何なの?w
別にキミを論破する気などさらさら無い、キミの言っていることがまず理解できないんだけどなぁw
南京大虐殺の定義ですら、他の肯定派の言っていることと全く違うし、ねぇw
根拠どころか人の言っていることすら理解できず、自分の妄想ばかり語って問題をずらすから論点が分からないんだよなぁw

私だけじゃなく、その他大勢がキミの話を理解できていないと思うのだがw
キミの支持者と言うよりも、理解者って居るの?w
その人に通訳を頼みたいんだけど、ココにいるのかねぇ?w
げらげらげらげらw

592 :546:2010/05/19(水) 00:25:04 ID:jtCfbx6T
>>587

>証言はいくらでも捏造できるし、思い違いや嘘も相当あるわけでw
それと陣中日誌を同じレベルで語られてもなぁw

へえ、陣中日誌て証言より信頼できんだw

当時の日本軍に“建前”ていうのはあり、そういや“監査”はあったかとかは思うけどな





593 :546:2010/05/19(水) 00:33:33 ID:jtCfbx6T
>ええと、何言ってるの?w

他にネトウヨの南京問題の本スレがあんならまだしも、他には無いらしいし、支持者もいないらしいしまあ
“現代刑法の殺人事件の論法”は消滅、でいいかな

で、

「南京戦はありました。しかし南京大虐殺は存在しません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。」

これか

まあ相変わらず期待はしてるよ、ネトウヨどもw

否定派はこんなもんじゃねえええええ!ての(サイトとか)があればまあ紹介していただきたいのも相変わらずではあるw

594 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/19(水) 00:34:34 ID:3D6YMddt
>>592
「思う」だけじゃぁ、ねぇw
何度も言うが、キミの妄想を押しつけられても困るんだよねぇw
それなりの根拠を見せてもらわないと、ねぇw

つか、信頼じゃなくてそう書いたことに対する信憑性が高いという話なんだがねぇw
その辺の解釈を間違ってもらっては困るねぇw
そもそも監査があろうが、別に戦争反対とか書いている部分を問題視しているわけでも無いんだがねぇw
監査があったから、何だというのだろうかw
例えば、どういう部分が監査によって書き換えられたと判断するのだろうかw
ペンで一発書き、つながった日誌を書き換えるほど技術力は高かったのかなぁ?w

そもそも肯定派の学者ですら陣中日誌を認めているはずなんだが、キミはそれを否定するのかねぇ?w
キミは一体何を根拠に主張したいのか、その辺がさっぱりわからんw


で、何が言いたいの、キミ?w

595 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 00:39:03 ID:eXy+hrcI
「いつ」「どこで」「誰が」書いたのかも分からない陣中日誌と呼ばれるシロモノを
「日本軍の兵士が書いたものだ!」
と言い張ってる連中から“信頼”なんて言葉が出てくるとはねえw
こういう連中は
「自分に都合のいいものは無条件で“信頼”し、都合の悪いものはどんなに整合性があっても“信頼”しない」
という特徴があるから実に分かりやすいw

596 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/19(水) 00:41:32 ID:3D6YMddt
>>593
支持者も何も、議論していないことを取り上げてああだこうだ言われてもなぁw
キミの主張そのものが支持者居ないんだが、それは別にイイのかねぇ?w
「南京大虐殺は戦争で人が死ぬこと」って、誰も支持していないようだけど?w

君の期待って、一体何を期待しているのかさっぱりわからんw
キミの思っている“南京大虐殺”とやらが違うのだから、キミとの議論は全くかみ合わないと思うんだがねぇw

キミの考える「南京大虐殺」の定義を支持している奴をまずは示してほしいんだがなぁw
キミの思っている「南京大虐殺」を否定肯定とか、誰もしていないと思うけどねぇw


だからキミが否定派を紹介してほしいとか言われても、キミの妄想には誰も参加していないんだよねぇ、他のいわゆる肯定派も否定派もw

だから何度も言うが、肯定派ですらキミのことを支持していない現実をちゃんと見なさいなw
妄想の世界に逃げ込んで、ネトウヨ等という架空の存在に狂っていないで、さw

あ、良かったら病院を紹介しようか、頭のw
そこなら誰か相手してくれるかもねぇw
げらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらげらw

597 :N:2010/05/19(水) 00:55:07 ID:8Ki1GTVr
>>596
あぁあぁ、あんまりいじめるから逃げちゃったじゃん。
ながめて楽しんでたのにwwwww

もっとゆっくり楽しく長くいじめなきゃwwwww

598 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 01:15:09 ID:vK5iH1so
>>560
とほほ氏を擁護するつもりは全くありませんが、故人を冒涜するのは慎んだほうがいいのでは?
このスレにおけるあなたは検証派を代表する論客であり、それを自覚した上での発言かもしれませんが、念のため。


599 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 01:31:36 ID:kyuEvjKR
馬の耳に念仏。
反論と人格批判分けて考えられない厨房だ。自論の正当化の為なら論理もへったくれもない。
まぼろし派はだいたいこんな感じ。

600 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 01:49:07 ID:eXy+hrcI
>>599
>自論の正当化の為なら論理もへったくれもない。

自称・中間派のことですねw
自分たちが持ち出す資料がことごとく否定派に論破されるものだから、最近は資料すら出さずに中身の無い妄想ばかりのようですがw
負け犬の遠吠えは楽しいですか?w

601 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 01:53:00 ID:+7y6Nk1d
さまざまな著書を読む限り、研究者レベルでいうと
反論と人格批判を分けて考えられないのは大虐殺派のほうだと思ったな。
2chの誰かも分からない人がどうとか個人的にはどうでもいい

602 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 01:53:37 ID:ho6+acsx
>>597
基本的に、日本語が不自由で断片的だからわけわからんし面白くもない

吠えて逃げて、別人になって戻って吠えて逃げて・・・の繰り返しだし
まぼろし派の意味すらわかってないしw

603 :N:2010/05/19(水) 02:00:23 ID:8Ki1GTVr
>>602
はい?俺は否定派の見物客。

>別人になって

意味がわかりませんが。

604 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 02:03:06 ID:ho6+acsx
>>603
「546」ってバカのこと

605 :N:2010/05/19(水) 02:05:37 ID:8Ki1GTVr
あぁ、なるほど


606 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 02:20:15 ID:7TrngTiI
数字馬鹿は肯定派はこんなもんじゃねえええええ!とマジで思ってるんだなw

607 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 02:59:02 ID:PKyfuyu6
この馬鹿は肯定派にも値しないだろ南京事件がなにかも分かってないしw
ひたすら脳内のネトウヨと戦って連戦連勝してると妄想してるリアルキチガイだしw

608 :日出づる処の名無し:2010/05/19(水) 08:27:46 ID:O60uBmgQ
>>580
>そういう前提状況、て定かにされてたの?w
>ネトウヨの言うことは一々怪しい、とは言いたくはないけどw

定かじゃないから語るなと言ったら、君たちは何も語れなくなりますよ
そう、民間人虐殺があったことなど全く証明されていませんからw

609 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 15:47:58 ID:2u4F3BI6
とりあえず、万年筆で書かれた日記とか、
当時大学生とかで居なかった人が書いた日記くらいは、除外しないか?w

610 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 16:20:18 ID:/l6r5mGJ
万年筆の件は何スレも前に決着している。そこを攻めても意味がない。

http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20070929/p2

否定派の言う「ほとんど鉛筆書き」はまだしも「万年筆など時戦場には携行されているはずも無かった」というのは
極論ですね(否定派はこの二つを同時に書いていますが、下手な印象操作です)。例えば軍事郵便でも万年筆で
書いたものが多く残っていますし。下は満州の例ですが、この例に限らず当時の軍事郵便には万年筆を使ったもの
が多くあります。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0511/index6.shtml
さらにおかしいのは、この明らかに無理のある説がWebのあちこちで紹介されているということです。否定派は否定論
のためになる主張であれば無批判に受け入傾向がありますが、この件もその例の一つと言えるでしょう。

もう一つ、一兵卒だからといって二十歳過ぎたばかりの若者とは限らない、ってところも見落としてるんじゃないかな、と。
予備役で招集されるまでにもう何年、十数年働いていたひともいるわけですからね。

ググって見たところ,1939年時点でスポイトを要しない吸入機構を備えた万年筆は既に商品化,普及していたようです。

611 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 16:37:31 ID:VRn1q/Pk
■ 詭弁のガイドライン十五条+5
ごくまれな反例をとりあげる

南京肯定の証拠とされる日記のほとんどは、下級の兵士によって書かれたもの

一般兵士への万年筆の普及率が五割以上だと言うのでしょうかと

612 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 16:51:44 ID:GXQMAfyQ
「1937年12月、首都南京を占領した日本軍は、市民十数万人を虐殺(南京大虐殺)し、
世界中から非難をあびました」

大手学習塾の栄光ゼミナールの小学5年生の社会科教材に書かれていたもの。
これは以前問題になっていたよね
大虐殺派の学者ですら根拠を示せない、この市民十数万の虐殺とやらの記述を
擁護する人物がいる
それが>>610お勧めのApeman

彼がどういう言い方をしているか見てみよう

>まず第一に「市民」という語は必ずしも「非戦闘員」を意味するわけではない。
>執筆者の意図をここで詮索しても始まらないが、「中国人十数万人」「中国市民十数万人」
>の意味で「市民十数万人」と書いたのであれば、「市民」は「捕虜および非戦闘員」の
>総称として解する余地がある。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20090710

市民十数万人虐殺の根拠が示せないから詭弁を使うしかない
こういうインチキに騙されないようにしよう

613 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 18:29:02 ID:IFUY8bEG
はてなでオナるしかない猿男だしな・・・


614 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 18:40:56 ID:yKb/H3j1
>>610
>ググって見たところ,1939年時点でスポイトを要しない吸入機構を備えた万年筆は既に商品化,普及していたようです。

商品化されていた事と、それが農家の次男坊三男坊が気軽に持ち歩けるほど普及していた事は別問題。
ttp://firewoods.blog.so-net.ne.jp/2009-09-14
昭和17年のアサヒグラフ
パイロット万年筆、当時2円!

いまならいくら?
ttp://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml
軍人の給料(昭和6〜20年)
二等兵6.5円w

スポイト式で無いなら貧乏農家出の兵隊が「わざわざ日記を書く為にインク瓶を持ち歩いていた」のかw

ttp://www.history.gr.jp/~nanking/books_bungeishunju875.html
連隊会「新聞記事によると、その日記は1月1日から12月31日まで、毎日1日も欠かさず記入されているとのことだが、本当か」
支局長「その通りだ。表紙はボロボロになっており、白い紙質は褐色に変じ、インクの色も変色して昭和12年に記載されたものに間違いないと判断した」
連隊会「それはおかしいではないか。戦争をしている兵隊が毎日毎日、日記がつけられると思いますか!それに鉛筆書きならいざしらず、インクとは恐れいった。
当時は、ペン書きするにはインク瓶からスポイトでインクを補充せねばならない時代だが、戦場へインク瓶を携行するなど考えられない。

大阪毎日新聞所属だった井上靖の従軍日記でさえ鉛筆書きw
ttp://www.yomiuri.co.jp/book/news/20091027bk05.htm

615 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 18:48:47 ID:VRn1q/Pk
つーかね、戦闘中に故郷へのハガキ書いてないから
鉛筆では文字が消えたりして困るので、誰かから借りて書くと言うのはよくある話

あとは、出征のときなどにもらうパターン
死んだとき遺品にもなるし身元を知らせる認識票代りにもなる
なので、なくさないように注意するので出陣となれば大事に懐にしまっておく

616 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 18:50:56 ID:VRn1q/Pk
もう一つ大事な事

現場で、清書以外は鉛筆がよく使われるのは、雨が降ってても書けるから
万年筆は、筆記中はもちろん書いた後に雨に当たっても滲んで読めなくなるから

617 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 18:58:54 ID:yKb/H3j1
>>610
>万年筆の件は何スレも前に決着している。そこを攻めても意味がない。

つーか、肯定派がまともに反論できずに逃げ出しておいて『決着している』なんて言われてもなあw
HPをコピペするだけで、しかもコピペの内容も具体的な中身はまったく無いしw

618 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 19:29:27 ID:yKb/H3j1
まあ、「万年筆を持っていた兵隊がいた事」や「日記をつけていた兵隊がいた事」は否定しないが、「万年筆で毎日書かれた兵隊の日記」は存在自体が胡散臭い。
>614の宇和田日記は、
インク書き→普通は鉛筆
毎日1日も欠かさず記入→行軍中も記入していたとw、さらに雨で濡れたらアウト。(中国では雨が降らなかったのかとw)夜は電灯が無ければ書けない。(南京は1月まで停電w)

兵士の日記とやらは『行軍中も戦闘中も、雨風の無い屋内で、毎日昼中に書かれたもの』だとでも言いたいのかとw
ちょっと確認しただけで突っ込みどころ満載w

619 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 19:51:22 ID:EPuc4Zby
ルーピー肯定派はバカぞろいだなw
今も昔も郵便局にペンがあるのは当たり前、今はボールペンで昔はつけペン。


620 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 20:28:34 ID:2u4F3BI6
あれ?もう止まっちゃったの?

621 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 20:41:37 ID:EPuc4Zby
>>610が言う「スポイトを要しない吸入機構を備えた万年筆」は一体どういうものなんだ?
吸入機構が有るということはインク壷から吸い上げるんだろう?
それともカートリッジ式の万年筆か?(大爆笑


622 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 22:08:20 ID:oT0Uc41n
万年筆で書かれた日記を特定し、書いた兵が貧乏人だったと証明できた場合と、
戦闘中であっても毎日書かれた日記は偽物とすればいいじゃね。

623 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 22:42:48 ID:EPuc4Zby
士官や曹長クラスが大判の日記帳に万年筆書きしてもおかしくはないが
徒歩で行軍し、ずぶ濡れになるのを覚悟しなくてはならない兵卒が持てるものは掌サイズの手帳と鉛筆。

ここに従軍手帳が掲載されている。
http://www13.ocn.ne.jp/~seiroku/heisonota.html

624 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 23:06:06 ID:auGayVc2
まず怪しい日記が大量に混在することに疑問を感じないのだろうか?
正式な日記が存在するなら、態々偽物を作る必要がない
つまり肯定派に有利な日記など最初から存在しないんだよ、偽物と確定していない物も含めてね

625 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 23:34:33 ID:R5AdfX82
漫画の「加治隆介の議」を読んで初めて知ったんだが、当時南京には30万人も住んでおらず、
南京にいた兵士は日本帝国軍の進軍を知るやいなや逃げだし、後に残された市民が投降せずに抵抗を続けてたから
やむなく射殺したらしいな。それに中国軍は日本帝国軍による南京侵攻より以前に中国に住んでた一般人の日本人を虐殺したし
お相子じゃね?

626 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 23:41:59 ID:ts95hKha
宇和田日記は結局連隊側は本物と認めざるを得なくなったわけだが。

だって連隊史作るときに自分たちも使ってたんだからw



627 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 23:48:28 ID:VRn1q/Pk
テンプレ見えなかった?

628 :日出づる処の名無し:2010/05/20(木) 23:51:21 ID:UjqGCCU/
>>626
気付いてたけど言い出せる雰囲気じゃなくて黙ってた人もいたらしいなw

629 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 00:08:48 ID:ChwZTYum
>>626
朝日新聞は記事にした日記を宇和田氏のものだと認めていないんだが。
そもそも宇和田日記には虐殺の記述など存在しない。

630 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 00:25:21 ID:KBM0TTvc
市民は投降せんし、する必要も無いだろ。
兵士が民間人の服着てゲリラやってたんなら、話は合ってるな
俗に言う便衣兵で市民じゃないな

631 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 00:38:39 ID:2YX2m3Me
>>625
市民が抵抗したとか大嘘だからな、って知って書いているのか?誰もだませないぞ

632 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 00:47:30 ID:ChwZTYum
>>626
記事では帰国後、農林業を営み、49年に腎臓病で死去した当時23歳の上等兵の日記

存在せず

寺の過去帖によれば49年に腎臓病で死亡した元兵士は河野美好氏

日記などつけておらず、南京事件当時は召集されておらず内地にいた

昭和48年に腎臓病で死去した宇和田弥一氏の日記が存在

虐殺の記述は存在せず

朝日新聞:河野美好氏の日記であることを否定、あくまでも昭和49年に腎臓病で死去した人物と主張(つまり宇和田氏の日記であることを否定)。

結局、朝日が「誰のものか分からない日記に虐殺の記述を書き加えて記事にした」という事。
この程度のものに大喜びするなんて、肯定派ってのがどれだけ無能なのかよくわかるwww

633 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 01:10:20 ID:ERsFuS+L
病人の否定派も、なかなか肯定派が相手してくれないから必死だな
まあ、ここで無敵君してるだけが生きがいの否定派の相手する物好きが
そう毎回出てくるとは思えないけどね

634 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 02:30:30 ID:iNPtHBbv
もしかして欧米人は、南京占領後に
支那市民がレジスタンスで
日本軍を攻撃して死傷者が多数でたと
思っているのかなあ(藁

635 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 03:24:48 ID:HmP92wP9
決定的な証拠を出せないのに「あった」と言ってる肯定派は頭が惨めだな。

636 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 08:08:37 ID:iNPtHBbv
肯定派の親玉である笠原は、マスコミの取材を拒否して引きこもりだろ。
今では自称廃人だそうだw

637 :日出づる処の名無し:2010/05/21(金) 10:00:39 ID:ii4v5Xy9
>>633
惨めだな
つ【すっぱいぶどう】

638 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:07:42 ID:Kf7Q4G2R
おや?否定派唯一のたまり場なのに否定派の姿が見えないぞ?
さては絶滅したか

639 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:15:10 ID:7Klqgv3O
肯定派のサンドバックが来ないと閑散としてますw

640 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:16:33 ID:Kf7Q4G2R
いたw

641 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:26:35 ID:sYrelAa5
惨めだな

【世界の】南京大虐殺は嘘【非常識】第75次捏造資料
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1230937596/
【珍説】南京大虐殺はチョンの仕業アル3
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1259146514/

どこでも同じように、肯定派だかチョンだか似たようなのが逃げ出すので、換算としてるんだがw

642 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:42:53 ID:KwAiDQr1
今日のサンドバッグが来たと聞いてきますた。

643 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 00:46:46 ID:sYrelAa5
何故か足が生えてて、ピンポンダッシュして逃げてきますた

644 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 23:46:21 ID:Kf7Q4G2R
ピンポーン、肯定派でーす
アホの否定派さんたち生きてますかー

645 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:15:25 ID:+NqS9XN/
とりあえず肯定派に関しては、根拠を提示して議論ができるならともかく、根拠すら『提示できない』ゴミクズに関してはスルーの方向でw
クレクレ言ってるレス乞食なんかまともに相手をするだけバカバカしいな。

646 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:37:00 ID:Ign2mXC+
スルーだって

647 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:37:57 ID:Ign2mXC+
まあアホの否定派同士で議論すりゃいいんじゃないの
絶滅寸前みたいだけど

648 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:44:21 ID:gP9kGo0U
642 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/22(土) 00:42:53 ID:KwAiDQr1
今日のサンドバッグが来たと聞いてきますた。

643 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 00:46:46 ID:sYrelAa5 [2/2]
何故か足が生えてて、ピンポンダッシュして逃げてきますた

649 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 09:13:33 ID:OZKkUvNz
>>645
いやあ、最近は根拠処か主張すら放棄して居るぞ →>>647

650 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 21:53:13 ID:Ign2mXC+
ピンポーン、肯定派でーす
否定派の巣窟で「南京大虐殺は嘘」なんてご大層なスレタイ掲げてるのに
まったく議論されてませんよー
どうしたんですかー
死んだんですかー

651 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:15:12 ID:gP9kGo0U
一方がギブアップして、ピンポンダッシュの吠え逃げしかしなくなったからな

652 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:23:41 ID:q1Ens00I
>>650
んじゃ、君は「南京大虐殺(無印)」が真実だと主張してくれるんだね?
なんせ「南京大虐殺(無印)」の肯定派だもんねぇw

653 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:24:06 ID:Ign2mXC+
なんだ、生きてるじゃないか
ここはスレタイからして否定派のためのスレなんだろうから
肯定派が来なくても好きに議論すりゃいいじゃないか

俺が認めない限りお前の負け、な無敵君ごっこがしたい病人ばかりだから
肯定派がいなくなると閑散とするんだろ
つまりお前らは大して南京大虐殺の史実には興味なんかないんだよ
むてきくん状態きもちいいぃぃぃぃ、ってしたいだけのキチガイなんだよw

654 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:28:21 ID:q1Ens00I
>>653
>ここはスレタイからして否定派のためのスレなんだろうから

へ? 何言ってんの君? ニホンゴワカリマスカ?

>俺が認めない限りお前の負け、な無敵君ごっこがしたい病人ばかりだから
>肯定派がいなくなると閑散とするんだろ
>つまりお前らは大して南京大虐殺の史実には興味なんかないんだよ
>むてきくん状態きもちいいぃぃぃぃ、ってしたいだけのキチガイなんだよw

顔真っ赤にして負け惜しみ並べてないで、早く肯定してみせてよ
理論立ててさw

655 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:31:53 ID:gP9kGo0U
朝鮮人と違って、相手がいなくとも妄想で話が進むキチガイじゃないから

656 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:34:12 ID:Ign2mXC+
これでスルーだってw

657 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:35:03 ID:gP9kGo0U
ちなみにワシ否定派じゃないしw

自称肯定派なら肯定してみなよ

658 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:39:17 ID:Ign2mXC+
> ちなみにワシ否定派じゃないしw

うそくせー
まあいいけど
となると益々否定派は絶滅寸前だな

659 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:41:56 ID:EABcJUi4
ププ

660 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 22:43:44 ID:gP9kGo0U
絶滅したと妄想してれば精神も安定するんじゃないかしらw

2chでレス乞食などしないでw

661 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:11:21 ID:WUYeLfuk
ホロコースト否認 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

ホロコースト否認論批判の主張

・・・ホロコースト否認論の批判者によれば、ホロコースト否認論が不合理だと広く見なされているのは、合理的調査の大原則である「証拠の原則」を守っていないからだという。

ある命題や弁証を支持するためには、主張者は証拠を提示しなくてはならない。証拠の価値やそれが支持する結果はその本質による。例えば、噂は通常正当な証拠として
認められないが、目撃者は証拠と認められる場合がある。他からの受け売りの話は証拠として認められないが、申し立てられた問題を証明する公式で日付があり書名の
ある文書は証拠として認められる。証拠が提示されると、主張者の申し立ては一個の問題として扱われ、証拠は精査される。主張者には証明責任が生じる。主張者の対話の
相手が主張者の証拠に疑問を呈したならば、対話者は自分自身の主張をしなくてはならない。例えば、これやあれやの証拠は偽物であるという主張である。こうなると
証明責任は対話者の方に移ることになり、証拠基準は元の主張が立てられたのと同一程度となる(証明責任の転換)。主張者の証拠は一見自明なものとして、証拠としての
価値能力においていかなる力をも持つことになる。対話者は、主張者に異議を唱えるためにさらなる証拠を要求して、それによって作られるような懐疑的推量や仮想の
可能性に答えるというやり方はできない。もしこれが通れば、主張者の証明責任は不合理な水準に押し上げられてしまう。

ホロコーストのケースに上記のことを適用すると、生存者、目撃者、歴史家は全体として主張者と見なすことができる。生存者、目撃者、歴史家によって提出された証拠は
圧倒的であり、ホロコーストが行われたことが「合理的な疑いを超える程度に」判明しており、証言されたような状態でホロコーストが行われたことは、知識人の間では
支配的な見解である。しかし、ホロコースト否認論はナチス自身が作成し戦争で失われなかった何万ページという文書と写真を無視するか、最小に評価している。・・・

662 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:13:49 ID:WUYeLfuk
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

・・・ホロコーストが疑わしいと考えることができるきわめて明確に信頼できる理由が存在しない限りは、これら主張者に対してその証拠がそれまで証明された以上に「完全に真実で」あることを
証明せよと要求するのは不合理である。もしホロコースト否認論者がこの証拠に疑いを投げかけるならば、証明責任は否定論者の側に転換され、彼らは非常に高い基準を要求されることになる。
否認論者は少なくとも、ホロコーストの証拠とされることがらが何千という鑑識眼のある査定者によって捏造され、誤り伝えられ、誤解されているのだということを「蓋然性の均衡」をもって
証明しなくてはならない。それができるまで、論じるのが必要だと認められるだけの「証拠の原則」を否定論者は満たすことがない。それまでは、ホロコースト否認論は不合理な見解であると認識され続けることになる。

結果としてホロコースト否認論者たちは、偽造された書類をヨーロッパ大陸全体で定着させる大規模な「ユダヤ人の計画」といったような陰謀論を造りだす必要に迫られている。否認論者は証拠とされている文書は
イリヤ・エレンブルグ(Ilya Ehrenburg)の「ソヴィエト反ファシスト連盟」を始めとしたソ連の反ファシスト(=反西側諸国)プロパガンダに基づくもので、当然のことながら信頼できないと主張している。また、
ニュルンベルク裁判の法廷で証言したドイツ政府高官、ドイツ軍兵士やナチス親衛隊員、強制収容所職員に対しての拷問や自白の強制があったことは彼らにとって当然の前提となる。

この点においてホロコースト否認論は一般的な陰謀論とは異なる。すなわち陰謀論は「証拠の原則」に則ろうとするが、提示する証拠が批判者からは不十分と見なされるのに対して、ホロコースト否認論は批判者に
対して不合理に高い証拠基準を設け、それによって歴史家の証拠が不十分であると批判するからである。・・・


663 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:15:49 ID:gP9kGo0U
カンボジアの虐殺を否定した、本勝や朝日の事ですねわかります

664 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:20:07 ID:WUYeLfuk
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

・・・否認論者の主張する「事実」や「証拠」に関しては、裁判の場で提出された証拠も含めて数多くのものが提出されている。しかし、独立した調査によって、これらの主張は欠陥のある調査、偏向した証言、さらには意図的に捏造された証拠に基づいていることが
明らかとなっており、裁判での吟味や、査読誌の掲載基準に耐えることができないものである。ホロコースト否認論への対抗者たちは、証拠が替えられたり造られたりした数多くの事例に対する詳細な説明を積み上げてきている(ニツコー・プロジェクトなど)。

インターネット上で否認論者の主張に対抗している活動家のケン・マクヴェイは1994年のインタヴューにおいて、ホロコースト否認論者の「手口」を次のように表現している。

『彼ら(否認論者)が「アウシュヴィッツでは誰も死んでいないということが K.K.キャンベル(K.K. Campbell)の有名な著書の82ページに書いてある」と挙げたら、アメリカ連邦議会図書館に行ってK.K.キャンベルのその本の82ページを開いてみるといい。
そこには実際には「ダッハウではいい日和だった」ということが書いてある。議会図書館なんかに行っている暇のある人間なんてほとんどいないのだから、連中はこういうことを言うだけでごまかそうとする。だがこれを読んでみれば誰でも
思うはずだ「間違いだって簡単に分かることなのにいったい誰がそんな嘘をつくのだろうか」と。』   – Eye誌(オンラインウェブ雑誌)、1994年11月10日

異なる事実の合成によって誤った結論へ導されることもある。頻繁に使われるのは、非常に薄いガス室の扉の写真である。この写真はガス室が実際には人々の皆殺しには使用されなかったかも
しれないという心証を与える。人々は殺されるくらいなら扉を破るはずだからだ。だが、この写真は実際のガス室の扉であっても、シラミ駆除のためのガス室に使われたものと推測されている。

また、ホロコースト否認論の主張や提出する証拠は、中立的で学術的な提示を離れて見えすいた個人的な攻撃に終始している例を数多く証明されている。「自分とは反対のことを述べるあらゆる証拠に対する自身の軽蔑の念を、
最も語気を荒げた道徳口調で表現」したり、「偽造文書を採用してそれを真理の色合いで塗り直す」ことを行う [40]。特に、ホロコースト否認論者による出版物や声明の多くは反ユダヤ主義によって染められており、
ホロコースト否認論者はその対抗者を表現するのに「シオニスト協力者」とか「ユダヤ偏愛者」とかいった人種差別的な言葉を頻繁に使う。・・・

665 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:25:14 ID:EABcJUi4
その長いコピペで何が言いたいのかさっぱり

666 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:25:57 ID:gP9kGo0U
ゆとりにインターネットを与えてしまった弊害

丸写しを自分の発想だと思い込み、コピペと自分の意見の区別がつかない事

667 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:26:25 ID:Ign2mXC+
よくわかるなあ
こういうのは洋の東西を問わないんだね

668 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:26:47 ID:gP9kGo0U
まぁ、朝鮮人はキチガイだと言いたいんでしょう


【韓国】北朝鮮関与断定めぐり国民混乱、ネットでは自作自演説まで浮上★2[05/23]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1274608751/

669 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:27:33 ID:gP9kGo0U
大変だね、ageたりsageたり

670 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:29:09 ID:Sps82o3D
ホロコースト否定論者と南京肯定論者はそっくりだなw

671 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:31:34 ID:cOZAkLtm
いまどき 南京なんて信じている奴って池沼ぐらいしかいねーだろ
少し考えればわかるんだがw

672 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:36:08 ID:cOZAkLtm


テンプレ >>10-12 で決着ついちゃったからなぁ

さらに、南京語るなら中国側の原因論(第二次上海・便衣兵・唐生智等)にも触れなければ
素人レベルとレッテル貼られる昨今だから 肯定派はますます死亡w

673 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:43:39 ID:Sps82o3D
残虐な日本軍は、なぜ城外に何十ヶ所もある寺院を焼き討ちにしなかったのでしょうか?
大きな所では霊谷寺も普徳寺も戦災を免れている。

674 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 23:46:28 ID:WUYeLfuk

【リビジョ】ホロコーストはあった【1人だけ】6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1263893134/

675 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 02:02:17 ID:iX3PERtg
ホロコーストの存在以前に、ホロコーストを否定したら犯罪というのはどうかと思うわ
そのやり方って、まるでナチスのようだ
ナチスを生み出した連中だから同じやり方でナチスを封じ込めようとしているのかな?

そして小沢民主は同じ事を21世紀の日本で実戦している

676 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 02:15:38 ID:Stzi/V8O
ピッコロ大魔王を作って封印したいんでしょうね

677 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 02:25:48 ID:f7TWZnUt
俺は純粋に南京大虐殺(仮)の定義が知りたいだけかな。
人数を語る時には、便衣兵の殺害数を利用して、
戦犯の程度を語る時には、あたかも全て民間人を殺害した事にしている。
そんな、証拠に反するニコイチ主張に納得できるわけがない。


678 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 03:59:47 ID:VkuHRPfd
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

ホロコースト否認を禁じる法律

・・・ドイツ・オーストリア・フランスでは「ナチスの犯罪」を「否定もしくは矮小化」した者に対して刑事罰が適用される法律が制定されているが、人種差別禁止法を名目に「ホロコースト否定」を取り締まる国もある。
国際人権規約批准国では、B規約20条2項「国民的、人種的または宗教的憎悪の唱道は、法律で禁止する」を根拠とする以外に、基本的人権たる表現の自由を制限することが難しい。このため、ホロコースト修正主義者は
人種差別の罪で告発されることが多い。2005年11月にオーストリアにおいてホロコーストの事実性を否定してきたイギリス人の歴史家デイヴィッド・アーヴィングが「ナチス政策の正当化とホロコースト否定のため」逮捕された例もある。

1994年からドイツでは「ホロコースト否定」が刑法130条第3項で禁じられており、オーストリアにも同様の法律がある[48]。これはドイツが第二次大戦の教訓から
「自由の敵には自由を与えない」とする、いわゆる「戦う民主主義」を採ったためであるが、同時に国家による「言論弾圧」に対する「嫌悪感」を生み出すとの立場もある。


       ---
ホロコースト否認論と表現の自由の関係

・・ホロコースト否認論者たちは自分たちの言説や出版物に対する刑罰に直面すると、時に、人権と基本的自由の保護のための条約 (欧州人権条約) の第10条に頼ろうとする。この第10条は表現の自由を保障するものである。しかし欧州人権裁判所は否定論者の訴えを
認容できないものだということで首尾一貫している。欧州人権条約の第17条によると、この条約のどの条項も、その中に表現されている権利や自由を少しでも侵害することを狙いとする行為を正当化する目的で解釈される可能性はない。
人道に対する罪を広めるために表現の自由を引き合いに出すことは、欧州人権裁判所の判例によると、まず第一に欧州人権条約が採択された精神に反することになる。したがって、こういった事例において自由表現を当てにすることは基本的権利の乱用である。

679 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 04:45:11 ID:xvh8IGVk
何でいきなりホロコーストの話が出てくるんだ?

>9
>■ 詭弁のガイドライン十五条+5
>一見関係ありそうで関係ない話を始める

680 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 04:50:55 ID:GweG1Ilq
>>678

日本国憲法 第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

戦う民主主義を日本に導入すれば

当然 自由主義を否定する 
 金日成 金正日 礼賛する 朝鮮学校が 廃止の対象になる。


681 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 05:04:53 ID:GweG1Ilq
>>678

 しかも、中国は共産主義国家だしなw 
 民主化して自由主義国家になってから って話w


 言論の自由がみとめられ自由主義国家になったら
 南京なんて即攻で、否定されるけどねw

682 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 07:23:27 ID:wL1rF1TM
思想と史実は違うだろw

683 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 11:27:27 ID:GweG1Ilq
こういうのもあるし

日本国憲法 第23条
   学問の自由は、これを保障する。

こういうのもある

日本国憲法 第21条
1. 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2. 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。



だからトンデモサヨク学者などが跳梁跋扈している訳。


否定派は自由主義観点から、東京裁判を否定している訳なんだがw

自由主義を否定して、共産党のいいなりになっているのは肯定派のほう
こういう言論ファシズムみたいなことを平気でやりたがる

684 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 11:29:29 ID:GweG1Ilq
学問的な見地にたって 堂々と論破すればいいだけなんだが

ホロコースト否定禁止法とか わけのわからないものを持ち出してくる時点で、肯定派は論破されている。

685 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 12:03:58 ID:iX3PERtg
しかしホロコーストが揺るぎない事実であれば、コレを否定してはいけない法律は必要ない訳で
法律の存在こそ、ホロコーストの胡散臭さを証明しているような物だわ

686 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 13:57:39 ID:xvh8IGVk
昔はホロコーストとは「ユダヤ人をガス室で大量虐殺した事」と言われていたけど、ガス室が否定され、遺体の焼却が否定され、
終いにはナチスによる虐殺計画さえ否定されたからなw
肯定派は、何をもってホロコーストと定義するのか不明なのに「ホロコーストはあった!」と主張している連中と同類w

687 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 14:03:23 ID:Stzi/V8O
そして、イスラエル建国時もっともユダヤ人の帰還が多かったのはソ連

688 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 14:25:31 ID:5vXXcQI+
http://blog.goo.ne.jp/narmuqym/e/626b85dfe8d17e321ece50aa63bae852

689 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 14:34:46 ID:Ka4RGR0r
>>688
コメント欄なし(大爆笑

690 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 14:54:57 ID:78xuDEof
日本人に「加害者意識が欠落している」と主張するなら、被害者の受けた被害がどのようなものか証明してもらいたいものだ。
ニセ写真、ニセ証言、ニセ被害者、ニセ証拠、ニセ加害者…
バカサヨの連中の言ってることは「自分達の言う事を調べたりせず事実として認めろ」と言ってる様なもの。
つーか、そんな寝言を真面目な顔をしてほざく連中は、加害者意識以前に人間として根本的な部分が欠落しているので他人の迷惑にしかなりませんね。
そんな連中はさっさと日本からいなくなってほしいですね。


691 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 18:15:20 ID:Ka4RGR0r
DQN理論で言えば、支那豚は未来永劫日本に勝てないと公教育してくれている(大爆笑
正直、日本の防衛費の何割か節約できている。

692 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 20:17:24 ID:95fqi7pI
【中国 海洋覇権への道】「日米同盟との決戦の時」-MSN産経ニュース 2010.5.22 01:39
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100522/chn1005222340006-n1.htm

■「外洋へ」艦隊挑発

「日米同盟との決戦の時が来た」「早く台湾を解放しよう」−。中国の国際情報紙、環球時報が運営するホームページ、環球ネットが最近、こんな過激な書き込みであふれている。

中国海軍の艦隊がこの4月、沖縄本島と宮古島の間を通過して太平洋で行った大規模演習のニュースへの反応である。
若い世代が圧倒的に多い中国のネットユーザーは「中国軍の示威行動が自衛隊と在日米軍を圧倒した」と受け止めているようで、「太平洋の未来覇者万歳!」とまで中国海軍を礼賛したりしている。
演習は7日ごろから始まった。ミサイル駆逐艦や潜水艦などの艦船10隻が9日までに東シナ海で訓練を実施。10日に両島の間を抜けて南下し、
沖ノ鳥島(東京都)西方海域で22日まで活動した。8日と21日には艦載ヘリが2度、監視中の海自艦船の約90メートル近くまで接近した。艦隊は再び両島間を通って帰投している。

ヘリ異常接近では、日本政府が「極めて危険な行為だ」と抗議したのに対し、中国側は「海軍艦艇の訓練は正常なもの。日本側の監視活動が行き過ぎで、抗議は受け入れられない」
(楊潔●=簾の广を厂に、兼を虎に=外相)と、開き直り気味の逆批判を展開した。
こうした強気の態度がまた、「気合で日本の覇権主義を黙らせた」と、愛国主義的なネットユーザーたちを勢いづかせている。・・・

693 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 20:20:03 ID:95fqi7pI

中国、グアム米軍基地を攻撃可能な爆撃機を開発中 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100521/amr1005211839007-n1.htm
2010.5.21 18:38

【ワシントン=古森義久】米国議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」が20日に開いた中国の航空宇宙軍事能力に関する公聴会で、米空軍高官は中国軍がグアム島の米軍基地を直撃できる
長距離爆撃機を開発中であることや、福建省周辺に配備した1千基以上の弾道ミサイルで台湾や日本を含む西太平洋の全域を攻撃可能にしていることを明らかにした。

公聴会で米空軍のブルース・レムキン次官代理とウェイン・ウルマン中国問題部長は、中国空軍が(1)西太平洋で制空権を持つ米軍の拠点としてのグアム島を航空機で攻撃する能力は現在は
限られているが、現有のB6爆撃機の長距離改良型を開発しており、この改良型は搭載の空対地巡航ミサイルでグアム島の米軍基地を攻撃できる(2)国産戦闘機の開発を本格的に進めており、
次世代(第五世代)の戦闘機は2018年には実戦配備できる見通しだ−などと証言した。

さらに中国軍は遠距離攻撃の手段としてミサイルにも依存しているとして、「中国南東部(福建省周辺)に短距離と中距離の弾道ミサイル1000基以上をすでに配備したが、その弾頭は
空港滑走路破壊用、敵レーダー攻撃用、対艦攻撃用など多様であり、巡航ミサイルと合わせれば、西太平洋地域のほぼいかなる目標をも攻撃できる態勢にある」と証言した。

この「西太平洋地域」には台湾、日本、グアム島などが含まれており、
レムキン氏らは中国側の有事の攻撃目標としてその地域内の「空港、港湾、船舶、軍事基地、軍司令部、産業・経済の中枢」などをあげた。

694 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 22:52:56 ID:wL1rF1TM
否定派大好き産経新聞(笑)

695 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 23:16:49 ID:Stzi/V8O
朝日新聞、初の営業赤字 3月期、広告収入減で
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052401000612.html

696 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 23:18:08 ID:Stzi/V8O
北朝鮮が大好きだった故人も泣いてるでしょう

【国内】 鳩山首相が閣僚に対北朝鮮制裁の追加制裁の検討を指示 [05/24]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1274700420/

697 :日出づる処の名無し:2010/05/24(月) 23:55:15 ID:wL1rF1TM
こんなんだから産経は発行部数が大手と大差ついちゃうんだろ

698 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 00:03:43 ID:1nMY4TMT
(大手と差がなかったら大手が泣くだろがとは考えないのが朝鮮脳・・・大手で赤字だから痛いのに・・・)

699 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 01:02:02 ID:6LT6dGTG
結局、大虐殺数とやらは、幾らになった?

700 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 04:33:00 ID:6RxsO2nR
>>699
49人でしょ

701 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 05:54:18 ID:cfMWy8VC
ニコニコのネトウヨがウザ過ぎる Part8
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1273930783/l50

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 22:05:21 ID:vZYMosYJ0
ここで言うのもなんだけれど、常駐の専門技術系スレにネトウヨが出張ってきやがった。
ウザイ、ウザ過ぎる。なんでこんなにネトウヨって馬鹿なんだ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 22:37:02 ID:UeA5TwNW0
ネトウヨは政治隔離版を作ってそこでぎゃぁぎゃぁ騒いでもらいたいものだな。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/24(月) 23:40:54 ID:HNXeFUlR0
今日寝過ごしたけど日本ボロ負けたらしいなwwwざまあああああああああああ

702 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 08:22:53 ID:Z+rDGlLA
>>698
わけわかんね

703 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 11:18:51 ID:1nMY4TMT
ようバカチョソ>>702


売春婦の母親と、学業をサボった自分を恨めよ

704 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 11:20:19 ID:1nMY4TMT
よいしょっと

694 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/24(月) 22:52:56 ID:wL1rF1TM [2/3]
否定派大好き産経新聞(笑)

695 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/24(月) 23:16:49 ID:Stzi/V8O [3/4]
朝日新聞、初の営業赤字 3月期、広告収入減で
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052401000612.html

696 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/24(月) 23:18:08 ID:Stzi/V8O [4/4]
北朝鮮が大好きだった故人も泣いてるでしょう

【国内】 鳩山首相が閣僚に対北朝鮮制裁の追加制裁の検討を指示 [05/24]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1274700420/

697 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/24(月) 23:55:15 ID:wL1rF1TM [3/3]
こんなんだから産経は発行部数が大手と大差ついちゃうんだろ

698 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 00:03:43 ID:1nMY4TMT [1/2]
(大手と差がなかったら大手が泣くだろがとは考えないのが朝鮮脳・・・大手で赤字だから痛いのに・・・)

702 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 08:22:53 ID:Z+rDGlLA
>>698
わけわかんね




くやしいのうw

705 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 20:12:10 ID:Z+rDGlLA
すぐチョンチョンと鳴きだすキチガイ雀はどこをどうつなげてチョンだと思って罵倒しだすのか
頭の構造がよくわからん

そして更に、なんか知らんがいきなり朝日を持ち出して腐す
俺は産経を腐しただけで、朝日のアの字も出してないし、読売や毎日は何故か無視
なんでそこで朝日なん?お前の頭のスイッチは、”新聞”という文字が出たら
自動的に”朝日を貶めろ”とでも電波を受信するん?

706 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 20:32:25 ID:m+e/fanJ
何で産経を腐したん?

707 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 21:40:48 ID:1nMY4TMT
釣られてしまってから言い訳をするのが朝鮮人

708 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:42:34 ID:Z+rDGlLA
>>706
否定派大好き産経新聞(笑)
で、丁度産経のサの字どころか、バカ産経の記事が貼られたからそれつながりで

朝日なんてどーでもいいからチョンチョン雀が敵視すんのは構わんけど
産経の話したら、朝日を叩く頭の構造がキチガイっぽくていいねw
一体どの部分から、読売でも毎日でもなく朝日にいったんだろうねw

たぶんチョンチョン雀は、自分の中で何かに対する敵意が無駄に膨張して
何か気に入らない奴がいたら、特に繋がりが見いだせなくても、
朝鮮人や朝日が自動的に出てきて罵倒する脳内構造になっちゃってるんだろう
ビョーキだねw

709 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:55:41 ID:1nMY4TMT
バカチョンが何を勘違いしたのか、>>695-696>>694とは無関係

肝心なのは>>697-698
そしてバカチョンなりに感づいてそこから話を遠ざけようと【粘着】

おちょくるつもりがおちょくられて火病w

697 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/24(月) 23:55:15 ID:wL1rF1TM [3/3]
こんなんだから産経は発行部数が大手と大差ついちゃうんだろ

698 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 00:03:43 ID:1nMY4TMT [1/2]
(大手と差がなかったら大手が泣くだろがとは考えないのが朝鮮脳・・・大手で赤字だから痛いのに・・・)

702 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/25(火) 08:22:53 ID:Z+rDGlLA
>>698
わけわかんね


だってバカチョンだもの・・・

710 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:56:16 ID:V0AfuJgF
ID:Z+rDGlLA
変態新聞は嘲笑の対象ではないと勘違いしてるのか?
アサヒるが、ではなくたまたま直近のニュースとしてアサヒる赤字ネタがあっただけだろ。

711 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:57:12 ID:Z+rDGlLA
最近はピンポンダッシュで否定派が生きてるのを確かめる俺と
チョンチョン雀が2、3匹ってとこか
いやあ、過疎スレに加えて糞スレ化したなあw
さすが

712 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:58:42 ID:1nMY4TMT
ちなみに日本語では

>丁度産経のサの字どころか、バカ産経の記事が貼られたから

↑のような文章は成立しません

「〜どころか〜【もない】」と言う風になりますw

713 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 22:59:40 ID:1nMY4TMT
自分で「ピンポンダッシュ」っていうバカを始めてみたw

さすがバカチョンw

714 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 23:38:03 ID:Z+rDGlLA
いや、そんな日本語の使い方をふんぞり返って語られても・・・
たとえ間違っていたとしても日常の口語では割と使われる表現だし、
そもそも別に間違ってないし

いや、俺も国語の成績はだいたい5段階の4だったから、絶対の自信はないけどさ



715 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 23:48:31 ID:Z+rDGlLA
チョンチョン雀しかいないんじゃ
ここも末期だな

716 :日出づる処の名無し:2010/05/25(火) 23:52:59 ID:fadbjFyf
俺も自分で言う奴は、初めてみるかもw
機能性壁紙で謝ってる子供を想像するな。
日本人の子供だった場合の発想だがw

717 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 00:00:10 ID:Z+rDGlLA
ピンポンダッシュはピンポンダッシュだからしゃーないだろ
チョンチョン雀もチョンチョン鳴いてるんだからそのまんまだな
別にそれでいいじゃないのw

718 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 00:58:57 ID:pea727WU
お前はハングルが精一杯だろがバカチョンw

何もできないが口惜しがる事だけは一丁前
しかしバカチョンには何もできないので、ただレス乞食とピンポンダッシュで書き逃げするだけ


絵に描いたような白丁w

719 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 01:52:43 ID:GT2Y/vNT
なんていうか・・・まだ分からないのか・・・・

720 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 02:40:41 ID:bBnlzCMJ
5段階の4の国語でガンガレ

721 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 03:21:57 ID:GT2Y/vNT
5段階だと思ってたら、100点が満点でしたw

722 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 10:31:30 ID:F/meyZQa
書き込みの程度をみると、ID:Z+rDGlLAは、「所詮、朝鮮人」以外のなにものでもない。w

723 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 13:19:04 ID:d7Vxy6yd
肯定派お得意の中身の全く無いカキコばっかりだなあw
性懲りもせず、どっかのHPからとっくに論破されてるコピペを繰り返したあげく、負け犬の遠吠えの挙句逃亡に1ペリカw



724 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 16:28:03 ID:QoPOw4t3
強姦数カウント君もアレ以来見かけないなあ、逃亡か?

725 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 19:28:52 ID:d7Vxy6yd
KY投下w
http://www.ch-sakura.jp/oldbbs/thread.html?id=68803&page=9&genre=sougou
昭和47年(1972)にイスラエルのロッド空港で無差別テロがありました。
空港ロビーで自動小銃を乱射した実行犯は日本赤軍の3名、その中の生き残り(この場合、死に損ない、と言った方が適切なのかも知れません)が、かの有名な岡本公三です。
この時使用された銃はソヴィエト製AK-47、弾薬は7.62x39mm M1943です。
発射弾数は現場に残された薬莢により合計約435発と推定されます。
犠牲者(死亡者)は26名でした。
全く無防備、無抵抗、しかも全然予期しない人々に向かって一方的に銃を発射したこのケースでの致死命中率は6%です。これは私の知る数字の中での最高値で、状況が状況とはいえ異常に高い数値です。
参考までに付け加えておきますと、この26名の中には病院に担送されてから死亡した方も含まれます。

因みに、戦闘間での数字としては第二次大戦時の各国軍の統計に0.03%〜0.4%というものがありますが、これは飽くまでも「殺傷率」です。
常識をまるで持ち合わさないどこかの誰かさんの為に説明しますと、この数字が示すのは「兵士が銃器を使って相手に傷を負わせる確率は、1万発撃って3回から1千発撃って4回の間」ということになります。
念の為断っておきますが、これは飽くまでも「殺傷率」であって「致死率」ではありません。



肯定派は南京で銃弾が何発使用されたと主張するつもりなんだろうw

726 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 21:23:26 ID:BnWhF88P
否定派大好きチャンネル桜

チャンネル桜といえば水島はいつになったら南京の真実の続きを上映するんだよ
金集めといてやるやる詐欺か?

727 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 21:55:43 ID:pea727WU
お前が大好きなんじゃないかw

気になって気になって仕方がないチョン

728 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:10:25 ID:ItXMStwq
『約435発で死亡者は26名』という事実の前には、チャンネル桜だろうが朝日新聞だろうが何の関係もない。
否定派が出しても『約435発で死亡者は26名』だし、肯定派が出しても『約435発で死亡者は26名』。
本来史料とはそういうもの。
しかし肯定派の主張が事実だとすると『日本軍の機関銃は100発100中で致死率(命中率ではないw)100%だった』
とでも考えなければ実行不可能なものばかりw
そのうち『1万人の捕虜を殺害するのに銃弾は100発しか必要なかった』とでも言い出すのではないだろうかw

729 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:21:00 ID:pea727WU
弾の長さが2mぐらいあって・・・

730 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:26:12 ID:BnWhF88P
おい、また妄想が始まったぞw

731 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:41:58 ID:pea727WU
おちょくられても理解できない朝鮮人w

今日も悲しくレス乞食
呼ばれもしないのに誰彼となく話しかけてしまうミンジョク性w

732 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:49:15 ID:BnWhF88P
今日もスズメがチョンチョン鳴いておる

733 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 22:50:43 ID:pea727WU
やはりチョンコの耳には雀はチョンチョンと聞こえるんだなw

チョンコのチンコよりは大きいだろうが

734 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 23:34:43 ID:bwr7d9QJ
>>728
それの火消しをする為に持ち出したのが100人斬りで、今それがどうなったかを考えるとねぇ
そしてその派生として「日本軍最強伝説」が誕生した訳で

735 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 23:47:43 ID:BnWhF88P
飽きもせずによくその使い古された嘘を使うよなお前ら

まあ、それを他の普通の人がいるところで使う分には、
お前ら否定派が、いかに嘘をついて騙そうとしているか
説明するのが簡単で助かるけどさw

736 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 23:50:03 ID:pea727WU
だが、バカチョンには脳力がないので、ただ「できる」「簡単だ」というだけなのであった・・・

731 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/26(水) 22:41:58 ID:pea727WU [4/5]
おちょくられても理解できない朝鮮人w

今日も悲しくレス乞食
呼ばれもしないのに誰彼となく話しかけてしまうミンジョク性w

737 :日出づる処の名無し:2010/05/26(水) 23:58:57 ID:BnWhF88P
実際、保守的思想、ネットウヨク寄りの思想の人にも
8割方「南京大虐殺は無かった」という否定派の話は
嘘だと理解してもらえてる

twitterやblogでその後も話した人をウォッチしてるけど
まあ元々ウヨク的思考なんで中国をdisったりするのは余り変化しなくとも
南京の件には触れずに中国をdisるか、
「偶発的に虐殺行為があったがそれはどこの国も戦争ではやってる」というように
あった事は認めつつも・・・という内容になってる

話が物別れに終わった人も、南京の話題にはかなり及び腰になったりする人もいて
それなりに効果はあるらしい

738 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:02:43 ID:BnWhF88P
で、自分との話が物別れに終わった後も、しつこく南京大虐殺は無かったといい続ける連中は少数だけど
こういう連中はたいてい君らチョンチョンスズメと同じにおいがするねw
もしかしたらこの中の人もいたのかもしれないけどさ

739 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:07:06 ID:GqjFRKuR
>>738
で、君は南京があったと主張したいらしいが、具体的に民間人は何人程度殺されたのかな?
まさか兵隊だけで「大虐殺」なんて主張する訳無いよなぁ

何人ですか?

740 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/27(木) 00:08:23 ID:9eCw6Hbd
twitterとかblogとかw
その程度で判断されてもw
ここでまともに話そうとか思わないのかねぇw
ああ、まともに話せないからそういうところで自己満足ですかそうですかw

まあ、「8割方「南京大虐殺は無かった」という否定派の話は嘘だと理解してもらえてる」と脳内妄想するしか無いものなぁw
一体どういう話をしたのか是非とも聞きたいものですなぁw

また適当なことを言って根拠もなく言いっぱなしで逃げているに100ペリカw


つか、「自分との話が物別れに終わった後も」と言っている時点で説得力皆無としか言い様がないわけでw
まあ、物別れと言うのは単なる負け惜しみと推測してみるw


741 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/27(木) 00:10:38 ID:9eCw6Hbd
うん、まあ、どこぞのブロクやらツイッターやら、証拠もない言いっぱなしの妄想武勇伝はいいからさぁw
実際にどのようなことを話したのか是非とも聞かせてもらいたいねぇw


つか、否定派って心が広いよねぇw
肯定派の掲示板とかだったら追い出されるんだよなぁw
何でだろうねぇ?w

742 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:12:08 ID:zWgXBp3v
所詮、レス乞食の肯定派ごときにできるのは負け犬の遠吠えだけ(嘲笑)

743 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:12:24 ID:Ta3hL1+4
なかったと言うだけで通るのは、朝鮮人社会だけですよ
twitter?そりゃ、自分が見たくないものを見ないでいれば都合のよい結果が出るでしょうねw
そもそも、組織的計画的という大前提を無視し、偶発自己を【南京大虐殺】だとごまかせば何でもありですわなw

日本人の医者が誤診で患者を死なせても大虐殺
産婆が死産に立ち会えば大虐殺w

定義を変えてごまかすのは、朝鮮人と鳩山総理ぐらいです「辺野古移転は現行案じゃないんだもん!」w

744 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:13:21 ID:h27PzQdE
推計は主な学者さんたちに任せるよ
軍民あわせて数万〜20万てのが日本側の見解みたいだけどね

まあとりあえずここでは、チョンチョンスズメが何匹いるか数えてるんで
いまんとこ2、3匹
いやあ正確な数を知るのは難しいねえw

745 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:15:05 ID:hnm1oXid
よう鼻くそ

746 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:17:51 ID:h27PzQdE
スポーツ中継のでもそうだけど、なかなか良い解説者っていないもんだよね
ここのは特別酷いがw

まあやっと賑わってきたようなんで、お前ら少しは議論しろよ
否定派同士でさ

747 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/27(木) 00:19:29 ID:9eCw6Hbd
>>744
いやいや、その学者はどのような統計を元にそのような数字を出したのかそれを知りたいんだがなぁw
「推計」じゃなく確実な数字をお願いしたいものだよねぇw

まあ、数字じゃなくても、確実にあった事例を是非とも示してくれたまえw
まさかそれも「推測」じゃないよねぇ?w
学者とやらが出した確実な事例って、何?w
当然、出せるよねぇ?w
ブログかツイッターか知らないけど、そこで議論していたようだからねぇw

それとも、キミは何も言えずに物別れとか言っていたのかねぇ?w

748 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:20:03 ID:h27PzQdE
なんだ、ここのスズメは餌に鼻くそをご所望かえ?w
ホラヨ ( ̄ε ̄;)σ⌒.

749 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/27(木) 00:21:48 ID:9eCw6Hbd
>>746
いやいや、ツイッターだかブログだかで話してきたんだろう?w
それならその内容を聞かせてほしいと言っているだけなのに、ねぇw

つか、キミが居るのになぜ否定派同士とか?w
キミはココでは何も語れず逃げるだけなのかねぇ?w
ツイッターとかブログとかでの武勇伝はどうしたのかねぇ?w
やっぱ、脳内妄想?w

750 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:25:35 ID:Ta3hL1+4
事大白丁乙>>744

朝鮮人の基本
何を言ったかではなく、誰が言ったかで真偽を決める

751 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:28:35 ID:h27PzQdE
あぼん多すぎw
そんなに癪に障ったか、悪かったなw
まあ生きてるらしいのは確認できたんで今日はもういいや
何言ってるかは知らんけどw

752 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:28:49 ID:Ta3hL1+4
と言って逃げるしかない棄民白丁>>746

ほぼ意見に相違のない者が議論するかと考えないのがミンジョク性
そのくせ自分は肯定派と会話すらしたことがないw

中卒koueiなど見えないふりでスルー
(あいつのtwitterもフォローしてやれよw)

753 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:31:21 ID:GqjFRKuR
>>744
<丶`∀´><何人か判らないけど南京はあったニダ

無様すぎるわw

754 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:31:28 ID:Ta3hL1+4
朝鮮人関係の単語を言われるのが口惜しくてあぼーんするしかない白丁哀れ

いかに都合の悪い言葉から逃げているかわかるw

メモ帳で一人でやってても同じこと

755 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/27(木) 00:32:40 ID:9eCw6Hbd
>>751
あぼんって、おまw
何だ、結局都合の悪い奴から逃げているだけかぁw

ま、見えなければ「癪にさわった」と言い訳も出来るわなw
本当に見えていないのか知らないけどw

ブログやツイッターで話せる奴が、ここでは会話できないってのもなぁw

756 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:33:10 ID:Ta3hL1+4
【世界の】南京大虐殺は嘘【非常識】第75次捏造資料
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1230937596/
603 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/27(木) 00:24:19 ID:h27PzQdE
外務省のHPにも載ってるけど、日本側としては数万〜20万の被害者がいて
日本側に責任がある、ってのが主な歴史学者の見解

まあネットだとこのへんの資料がいちばん充実してるので読んでみればいいよ
http://www.geocities.jp/yu77799/
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/





ばーかw

757 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:36:07 ID:GqjFRKuR
>>756
外務省の資料を見ると、虐殺の証拠として採用しているのは
新聞記事と安全区委員会の抗議だけ
新聞記事では具体的な民間人虐殺など無いことから
日本政府の認めている「民間人虐殺」分は、「49人」となりますね

758 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 00:59:58 ID:08UC9Epn
>756
「偉い人が言っているから正しいんだ」という論法は「私は理論的に説明できません」と同じ意味だと気が付こう。

759 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 02:42:27 ID:QOc+a2gq
偉大なる指導者、詩人陛下が帰ってきぞ。
詩、という芸術だけでなく戦争についても偉大なる力をお持ちだぜ。
出でよ、有志の傭兵たちよ!詩人様の恩為に銃を取れ、核兵器を崇拝せよ

http://ameblo.jp/piero4/entry-10545793337.html

760 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 16:38:38 ID:uf3GhGoD
口蹄疫では牛さん豚さんの死体の処分に大変困ってるようですね〜

761 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 17:36:11 ID:sJ/t60T7
URLの充実した資料(?)を見ても「南京民間人殺害」とやらは、
6週間で、49人だの57人だの、そんな数。
しかも、うち被害者名有→2人 、うち目撃証言有→1人なので、
曖昧な上、工作員ティンパリーからの伝聞とも考えられるわけだがw
この点は、否定派・肯定派・日本政府、共通認識って事でいいの?

762 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 17:42:04 ID:Ta3hL1+4
誰がやったかわからない、どさくさに紛れての火事場泥棒のような事件があったのは、誰も否定しないでしょうね

763 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 18:36:17 ID:GqjFRKuR
>>762
その下手人の多くは所謂便衣兵だけどね
奴等は食い物の調達もままならないんだから
ある意味必然だよ

764 :日出づる処の名無し:2010/05/28(金) 10:34:40 ID:lvHGPuPf
マギーが1月末まで頑張って探して市民死亡は、支那軍がやった夏チャン事件13名が最高だろw

765 :日出づる処の名無し:2010/05/28(金) 13:13:46 ID:atTcgcGH
また規制だ・・・

766 :<:2010/05/28(金) 19:41:56 ID:CQIUVoJE

やっとカキコ出来たぞ!コノヤロー!・・・(`・ω・´)
よくもアク禁にしてくれやがったな!・・・(`・ω・´)

おい!バカ運営!・・・(`・ω・´)
オマエらの方こそが2ちゃんの運営をジャマしてやだよ!タコ!・・・(`・ω・´)

767 :<:2010/05/28(金) 20:05:29 ID:CQIUVoJE

【通称:オイラ派】へ、久しぶりにオイラ見解を投下する・・・(´・ω・`)


 ●【オイラ派結論】:"便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵"を軍律審議にかける事は出来ない。


この根拠を提示する。まず、【 軍律 】というものを再確認・・・(´・ω・`)


 @■【『戦時国際法提要』 信夫淳平氏】
   【 軍律 】は【 軍司令官 】が【 軍事上の必要に鑑み 】 、
   【 己の適当と認むる所 】に従って【 制定する 】住民取締の命令である。

   軍律は・・・【 軍司令官 】に於て・・・軍事上及び占領地行政上必要と認むる事項を
   【 己れの裁量にて随時制定 】し、管下の住民を洽く拘束せしむる・・・

   斯の如く【 軍律にて規定する事項 】は一に【 占領軍司令官の自由裁量 】に属するが・・・

 A■【『戦時国際法講義』 信夫淳平氏】
   【 占領軍司令官 】が【 軍律に於て規定する罪科 】には種々ある。


 ●【前提】:軍律の制定は【【【 すべて軍司令官の裁量 】】】である・・・(´・ω・`)

 ●即ち、【 "便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵"を軍律審議にかけるのか否か? 】は、
   すべて【 軍司令官である松井大将の判断に拠る 】と言う事・・・(´・ω・`)

768 :<:2010/05/28(金) 20:11:21 ID:CQIUVoJE

では、松井軍司令官の意思は徹底してみると、敗残支那兵に対しては【 徹底した掃討 】を指示していた。

 ■【エスピー報告】
 http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/espi.html
 兵士と実際そうでなかった者の識別は、これといってなされなかった。ほんの些細なことから、兵士であったとの
 嫌疑をかけられた者は、例外なく連行され、銃殺された模様だ。
 中国政府軍の残兵はあまねく【【【 「掃討」 】】】するという日本軍の決定は、断固として変更されることはなかった。


 ■【偕行社「南京戦史資料集」P-501 第九師団歩兵第七連隊の一等兵「水谷 壮」の日記】
 市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。皆必死になって助命を乞うが致し方も
 ない。真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだという。
 多少の犠牲者は止むを得ない。抗日分子と敗残兵は【【【 徹底的に掃討せよ 】】】との、軍司令官
 松井大将の命令が出ているから、【【【 掃討は厳しいものである。 】】】

 ●池沼中間派のソースにも、
   "松井軍司令官が便衣兵を軍律審議にかける必要性を認めていた"とする根拠は全く無い。

最後にトンスラK-Kのレスを曝してみる♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

 ■【質問】"便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵は軍律審議に掛けよ"との類の【軍律が制定】されたのですか?
     ↓
 ★229 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/19(金) 00:18:31 ID:mKjxtB+c
   Noですよ。

 ★758 名前:K−K[kknankin@netscape.net] 投稿日:2010/02/22(月) 20:42:27 ID:Xt4oaN0r
   簡単に言うならば、軍律がないのであれば、罰することはできないということです。


【オイラ派結論】:【 軍律 】が軍司令官の自由裁量に属するものである以上、現地指揮官が勝手に
           "便衣に着替え、安全区に逃げ込んだ支那兵"を軍律審議にかける事"は出来ない・・・(´・ω・`)

769 :<:2010/05/28(金) 20:21:37 ID:CQIUVoJE

ところで、歴史学会最大級の池沼解釈"吉田チン論"を曝しまくってた
自己解釈厨中間派は自殺したらしいじゃん♪♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

770 :<:2010/05/28(金) 20:26:31 ID:CQIUVoJE


 ●歴史学会史上最大級池沼自己解釈"通称:吉田チン論"♪ニヤニヤ・・・(・∀・)

     ↓    ↓    ↓    ↓

  ★吉田裕 『現代歴史学と南京事件』 平成十八年 七〇頁
   南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正規軍兵士の集団処刑を強行
   した所に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。


 ●罪が定かでない正規兵集団を"軍事裁判にかけろ"とする感情論♪・・・ぷっ♪(笑


2ちゃんのネトウヨごときに"論理破綻を指摘される"とは、どんだけ逝かれてるんだよ♪ニヤニヤ・・・(・∀・)



771 :日出づる処の名無し:2010/05/28(金) 22:18:11 ID:w0Dul6TT
オイラ派www

772 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 22:46:08 ID:Ym2Gm4nV
ああ、軍律かw

あれどの位有効なもんなんだろうな

ぐぐってもwikiさんも今一歯切れ悪いな

773 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 22:50:55 ID:Ym2Gm4nV
>兵士と実際そうでなかった者の識別は、これといってなされなかった。ほんの些細なことから、兵士であったとの
 嫌疑をかけられた者は、例外なく連行され、銃殺された模様だ。

このあたりはさすがに認めんだねw

774 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:19:31 ID:xtNzwczn
どうやら否定派は死んだらしいな

775 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:23:42 ID:zOoy5wgx
>>773
いつものことだが、都合の悪い所は全く目に入らないのはさすがだw
そうでないと肯定派なんてやってられないのだろうがw

つ>768
>市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。

776 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:27:09 ID:Ym2Gm4nV
>いつものことだが、都合の悪い所は全く目に入らないのはさすがだw

まあ釜の底を除く感じではあるからね

ネトウヨでさえ認めざるを得ない最低のライン、てのは確認しといてもいいでしょw

777 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:27:34 ID:xtNzwczn
湧いて出てきたw

778 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:33:00 ID:Ym2Gm4nV
 >市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。皆必死になって助命を乞うが致し方も
 ない。真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだという。
 多少の犠牲者は止むを得ない。

顔文字がなんで嬉々として書いてんのか知らんが、これを皮肉にもあった現実として認められないとやばいぞ、あんたらw

779 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:39:32 ID:Ym2Gm4nV
>抗日分子と敗残兵は【【【 徹底的に掃討せよ 】】】との、軍司令官
 松井大将の命令が出ているから、【【【 掃討は厳しいものである。 】】】

これは皮肉だろ。そして実際そういう風にやったわけだ

>兵士と実際そうでなかった者の識別は、これといってなされなかった。ほんの些細なことから、兵士であったとの
 嫌疑をかけられた者は、例外なく連行され、銃殺された模様だ。

これをなw



780 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:40:04 ID:YirxBl8g
非武装中立地帯に、侵入した便衣兵が原因だろう

何で日本の責任になるの?w

781 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:43:17 ID:Ym2Gm4nV
あと今気づいたけど、顔文字は、こういう証言とか資料をトリミングして、ある一定の方向としてある人間の意識の流れとかを導き出せる、とか本気で思ってんのかなw

俺にはよく分からんがw

782 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:45:46 ID:Ym2Gm4nV
>非武装中立地帯に、侵入した便衣兵が原因だろう

だろう、でもの言うの?w


783 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:47:15 ID:zOoy5wgx
>>778
はあ?
『民間人が除外された』事のどこに問題が?
【無差別】でもないし【民間人】を攻撃目標にしたわけでもない。

つまり『殺害されたのは軍人だけで民間人殺害を目的とする虐殺は無かった』という証明なんだがそれぐらい理解できないのか?

支那兵が民間人に紛れ込まなかったら選別すら必要なかったんだが?
それともまさか戦争で民間人に犠牲者が一人も出ないとでも?

784 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:47:44 ID:YirxBl8g
>>782
はぁ? 日本語不自由な方?

断定してますよw

785 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:49:22 ID:zOoy5wgx
肯定派はハーグ条約の兵民分離義務が何のために存在するのか理解しているのだろうかw

786 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:52:33 ID:YirxBl8g
また 軍事目標主義が理解できてない無知な肯定派が沸いたのね

安全区が、便衣兵が侵入したせいで
無差別に攻撃されても合法だったって知ったら腰抜かすんだろうなw


787 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:52:55 ID:Ym2Gm4nV
>つまり『殺害されたのは軍人だけで民間人殺害を目的とする虐殺は無かった』という証明なんだがそれぐらい理解できないのか?

・・・違うね
36人は、本当はどうなのかも分からない殺された、てことだよ

当時の軍人でさえ持っていた人間性を、ここのネトウヨはなんで簡単に捨てられんだろうな

意味分からんw

>断定してますよw

へえ?なぜ断定出来たんだろ?w

788 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:55:55 ID:7Q0t3i7k
>>787
当時の世界じゃ十分水準クリアしているよな
その程度じゃ日本「だけ」を非難することは不可能だよ

789 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:57:17 ID:Ym2Gm4nV
>軍事目標主義

か。
こいつも軍律と同じく、今一良く分からんのよな

ググル先生も明確に教えてくれないんだけどな

となると要するに戦時のグレーゾーンの怪しげな理屈、と判断すべきじゃねーの?と思うんだけどなw
2chが現実社会でそういうグレーゾーンとして扱われているようにさw

790 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:58:26 ID:YirxBl8g
>へえ?なぜ断定出来たんだろ?w
写真あるんですけどw
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/img062.gif


安全区に便衣兵が侵入していなかったと主張する学者はいませんよ
吉田裕でさえw

791 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:59:23 ID:7Q0t3i7k
>>789
で、当時君の理想論をクリアした軍隊が存在したのか?
机上の空論出されても議論にならないなぁ

792 :日出づる処の名無し:2010/05/29(土) 23:59:27 ID:Ym2Gm4nV
>その程度じゃ日本「だけ」を非難することは不可能だよ

僕だけが悪いわけじゃない!かw

まあ非難される性質のあること位は理解すんの?w

793 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:01:35 ID:7Q0t3i7k
>>792
だって水準クリアした国が存在しないのだから、非難出来る国が存在しないだろ?
さて、日本軍を非難出来るのは一体どの国の国民なのかな?

794 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:02:12 ID:K12QVYvm
>>789
おまえがしらねーだけだろw

理解できたらお前は必ず否定派になる。
マジレスすると、軍事目標主義を理解して居る奴で、肯定派の奴はいない。

原爆判決をググって全部よめ

795 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:04:41 ID:AEIE6t+Q
>>792
当時民間人を保護する立場の国際委員会からも非難されてないから問題はないなw
で問題ない行為だと理解できたか?w

てか今日も元気だな今日日性のバカはw

796 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:07:47 ID:ie93ZGmH
久しぶりに否定派が元気だな
そしてあいかわらず病状は快方に向かってないようだw

797 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:08:29 ID:M3AqT2/e
>>790
>非武装中立地帯に、侵入した便衣兵が原因だろう

これか。
写真見れんけど、で、どういうのがあったの?w

>で、当時君の理想論をクリアした軍隊が存在したのか?


顔文字の持ち出した日記とやらを読んだ?

そこに書かれているのは、今の俺たちでもはっきり分かる位に目を背けたくなるような現実を内包する皮肉だってのも理解したか?

798 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:10:06 ID:0XtMgVlm
>>787
>36人は、本当はどうなのかも分からない殺された、てことだよ

日本語が読めないのか?
>768
>市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。

殺されたのは【市民と認められなかった者】なんだが。
敗残兵が市民に紛れ込んでその中から【市民と認められなかった者】が選別されただけ。


しかし、どうせまた全く反論できなくなって「ネトウヨ」「からかってるだけ」「寝る」なんて負け犬の遠吠えの挙句逃亡するだけだろう(嘲笑)

799 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:10:11 ID:dHzXwdHb
>>797
で、その軍隊の名前を一つも挙げられないんだなw
お前の主張は何の根拠もないわ

800 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:10:20 ID:K12QVYvm
原爆判決から抜粋してみる

(五) -略- 国際法上戦闘行為について一般に承認されている慣習法によれば、
陸軍による砲撃については、防守都市と無防守都市とを区別し、-略-
そして防守都市・防守地域に対しては無差別砲撃が許されているが、
無防守都市・無防守地域においては戦闘員及び軍事施設(軍事目標)に対してのみ砲撃が許され、
非戦闘員及び非軍事施設(非軍事目標)に対する砲撃は許されず、
これに反すれば当然違法な戦闘行為となるとされている。(田畑茂二郎の鑑定参照)。

この原則は、ヘーグ陸戦規則第二五条で、
「防守サレサル都市、村落、住宅又ハ建物ハ、如何ナル手段ニ依ルモ、之ヲ攻撃又ハ砲撃スルコトヲ得ス。」
と規定し、-略-ていることからみて明らかである。

-略-

(七) それでは、防守都市と無防守都市との区別は何か。
一般に、防守都市とは地上兵力による占領の企図に対し抵抗しつつある都市をいうのであつて、
単に防衛施設や軍隊が存在しても、戦場から遠く離れ、敵の占領の危険が迫つていない都市は、
これを無差別に砲撃しなければならない軍事的必要はないから、防守都市ということはできず、
この場合は軍事目標に対する砲爆撃が許されるにすぎない。

これに反して、敵の占領の企図に対して抵抗する都市に対しては、
軍事目標と非軍事目標とを区別する攻撃では、軍事上の効果が少く、
所期の目的を達することができないから、軍事上の必要上無差別砲撃がみとめられているのである。
-略-(田畑茂二郎、高野雄一の鑑定参照)

801 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:12:21 ID:mHD2Da/U
サンドバッグktkr

802 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:12:25 ID:K12QVYvm
>>797
肯定派はすべて>>790の写真見えないんだけど
日本以外から書き込んでいるのかな?

数千の便衣兵が、つかまって日本の憲兵の取調べを受けている写真だよ

無裁判処刑が、真っ赤なウソって証明されている写真

803 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:18:55 ID:M3AqT2/e
>マジレスすると、軍事目標主義を理解して居る奴で、肯定派の奴はいない。
。原爆判決をググって全部よめ

アホかw
原爆で用いられたこの手の理屈を非難するなら、なおさら日本軍がこんなのを利用できる可能性はないだろうが

マジレスすんなら、アメリカが用いたのと同じように容認しがたい理屈だ、てことだ

>当時民間人を保護する立場の国際委員会からも非難されてないから問題はないなw

なに言ってんだ。
当事者でないそんな委員会に全てを委ねて問題ない、なんて言い張れるなら最初から苦労はねえんだよw

804 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:19:35 ID:AEIE6t+Q
>>796
戦争法や資料もろくに理解できない奴らの負け犬の逃w吠えw
kkに懇願して援護して貰えよw
あ、お前らはkkにも相手にされてなかったかw

805 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:21:56 ID:ie93ZGmH
>当時民間人を保護する立場の国際委員会からも非難されてないから問題はないなw

ねえ、なんでこういうちょっと調べたらわかっちゃう嘘つくん?
実はお前否定派の足を引っ張る為に、偽装否定派やってるだろw

806 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:22:30 ID:K12QVYvm
>>803
なるんだわこれがw

日本軍の軍人が、超エリートだったことがよくわかるから言ったとおりよくよめ
肯定派スレにもコピペしておいてやったぞ

807 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:23:08 ID:0XtMgVlm
つーか支那兵は何で便衣に着替えて市民に紛れ込んだんだ?
支那兵は軍人なんだから戦争で殺したり殺されるのが商売。
肯定派は、【金をもらって殺される商売=軍人】が殺された事の何が問題だと言いたいのだろうw

軍人なら給料分働いて日本軍に黙って殺されろw

808 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:25:26 ID:K12QVYvm
【原爆判決を復習】
広島・長崎原爆投下 ←非防守都市なので無差別攻撃は違法
南京           ←防守都市なので無差別攻撃は合法


(七) それでは、防守都市と無防守都市との区別は何か。
一般に、防守都市とは地上兵力による占領の企図に対し抵抗しつつある都市をいうのであつて、
単に防衛施設や軍隊が存在しても、戦場から遠く離れ、敵の占領の危険が迫つていない都市は、
これを無差別に砲撃しなければならない軍事的必要はないから、防守都市ということはできず、
この場合は軍事目標に対する砲爆撃が許されるにすぎない。

これに反して、敵の占領の企図に対して抵抗する都市に対しては、軍事目標と非軍事目標とを区別する攻撃では、
軍事上の効果が少く、所期の目的を達することができないから、軍事上の必要上無差別砲撃がみとめられているのである。

このように、無防守都市に対しては無差別爆撃は許されず、ただ軍事目標の爆撃しか許されないのが従来一般に認められた空襲に関する国際法上の原則であるということができる。
(田畑茂二郎、高野雄一の鑑定参照)

-略-

(八) 広島市及び長崎市が当時地上兵力による占領の企図に対して抵抗していた都市でないことは、公知の事実である。
また両市とも空襲に対して高射砲などで防衛され、軍事施設があつたからといつて、敵の占領の危険が迫つていない都市である以上、
防守都市に該当しないことは、既に述べたところから明かである。

-引用終わり-

さて南京は当時地上兵力による占領の企図に対して抵抗していた都市であることは、公知の事実である。
よって南京は防守都市となります。



809 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:27:25 ID:ie93ZGmH
ID:K12QVYvmやID:0XtMgVlmはオイラ派なの?
ねえ、オイラ派なの?w

810 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:28:32 ID:AEIE6t+Q
>>803
> なに言ってんだ。
> 当事者でないそんな委員会に全てを委ねて問題ない、なんて言い張れるなら最初から苦労はねえんだよw

はあ?w国際委員会は便衣兵選別に協力もしてる当事者なんだがwww


>>805
だったら国際委員会が違法行為だと言ってる資料を上げてくれw

811 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:29:43 ID:ie93ZGmH
ID:AEIE6t+Qはオイラ派なの?w

812 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:30:47 ID:K12QVYvm
オレはこれ

戦時国際法上合法説

事実の証明・確定について、多くの日記や証言等は十分に史料批判がなされていないとして安易に証拠価値を認めず、
最早現在では完全な事実の証明は不可能としつつも、当時のハーグ国際法を解釈することによって日本軍は合法的に処理したとし、
虐殺に当たる行為は否定されると主張する説。主にネット上に見受けられる。

軍事目標主義(ハーグ25条)においては、南京城内は安全区も含め防守地域であり、
この地域に無差別に攻撃をしたとしても合法だとする(一般市民の犠牲があった場合は、戦死に準じた扱いとする)。
にもかかわらず、日本軍は、安全区には無差別攻撃を仕掛けず、安全区に侵入した中国軍の便衣兵の個別の選別・摘出行為に出たと主張する。

また、便衣兵の摘出・処刑について、憲兵により摘出が行われている事実が認められ、
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/img062.gif
この事実に上官の命令に基づいて処刑がなされているならば、日本軍は、裁判(軍律審判)を行っていると主張する。

南京事件の原因は、第二次上海事変を起こした蒋介石や、日本軍の降伏勧告を無視した唐生智、安全区に侵入した中国便衣兵、侵入を許した安全区委員会にあるとする。

813 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:32:41 ID:M3AqT2/e
>>798

>市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。皆必死になって助命を乞うが致し方も
 ない。真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだという。
 多少の犠牲者は止むを得ない。

これをどう読むかだよw
まあ否定派でもこの位は認めんだね、とにかくも

>>800
読んでみたけど、やっぱりさっぱりだな

これを持ち出すことで否定派が有利になんの?
ごく当たり前に戦時の民間への被害を少なくすべく定められてる理論でしかないような気がすんだけど?w

>無裁判処刑が、真っ赤なウソって証明されている写真
まあページ見れないからなんとも言えんけど、その写真は、たとえば無裁判処刑があった、てのの打ち消しになんの?






814 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:33:13 ID:e/8P2FOp
イチャモン・チンカス・シナ人よ、相変わらずアホ全開だな(笑)。

815 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:33:32 ID:ie93ZGmH
どうやらオイラ派など存在しないようだなw

816 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:34:34 ID:mHD2Da/U
サンドバッグかと思ったけど、脳みそがこんにゃくだから効いてないみたい。

817 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:36:47 ID:K12QVYvm
【軍事目標主義 ハーグ25条】

一九〇七年ハーグ陸戦法規第二十五条の解釈

一九〇七年ハーグ陸戦法規第二十五条は、防守せざる都市に対する無差別の砲爆撃を禁止する。第二十五条の解釈をわかりやすくするために、これに若干の修正を施せば、次のようになる。
第二十五条「防守せざる都市、村落、住宅又は建物は、(陸軍および空軍の)如何なる手段に依るも、之を(無差別に)攻撃又は砲爆撃(bombard)することを得ず。」

戦時法規によって明示的に禁止されていない行為を軍隊が実行することは合法であるから、軍隊が防守都市に対して軍用建造物と私人の住宅とを区別することなく無差別の砲爆撃を加えることは合法となるのである。
戦時国際法上、防守とは「敵軍の占領企図に対する抵抗」を意味し、「1、ある都市を占領する意図を持ってそれに迫る軍隊の存在。」「2、その都市内に在ってこの意図を妨げる軍隊の存在。」という両要素が揃って防守は成立する。
そして防守都市を占領せんとする軍隊が、非戦闘員に甚大な被害を与える無差別の砲爆撃という極端なる害敵手段の行使を許される理由は二つある。

一つは、もし味方軍の攻撃隊が砲爆撃の対象を都市の一部に限る時、敵兵は都市内の他の区域に退避してこの場所に拠り味方軍を待ち伏せることが可能となり、結果として味方軍が速かに敵兵を都市より駆逐し又は降伏させることが困難になるが
故に、迅速に占領作戦行動を遂行し戦線の進展を促進する為には、都市全体に砲火を注ぐ無差別砲爆撃が軍事上必要やむを得ざる害敵手段となるからである。

もう一つは、陸上の戦線付近にある都市の住民は、敵軍の接近を知って避難し又は都市を防守する軍隊の指揮官より戦闘開始に先立って退去を命ぜられることを常とするが故に、
敢えて砲火を浴びる危険を辞さない決意を持つ住民の外に滞在する者が稀であり、斯かる都市への砲撃によって非戦闘員の生命に加えられる危害は比較的大きくない、と考えられるからである(田岡良一【空襲と国際法】81、94、126、266p)。

818 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:38:01 ID:K12QVYvm
結局、軍事目標主義を理解できない低脳が肯定派になるってことだよな

映画マトリックスを地でいっている。脳にプラグ差し込まれて永遠に眠ってろ

819 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:42:59 ID:e/8P2FOp
>>815

オイラ派ですが、それが何?

820 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:44:31 ID:M3AqT2/e
>>806

>>800・・・?
ここに決めがないから全部OKだった、なんて言いいたいのか?もしかしてw

>はあ?w国際委員会は便衣兵選別に協力もしてる当事者なんだがwww

でもあんま実力ないよねw
まあそういううのにお墨付きをいただいたとこでどうなんだろ、てお話w

>事実の証明・確定について、多くの日記や証言等は十分に史料批判がなされていないとして安易に証拠価値を認めず、
最早現在では完全な事実の証明は不可能としつつも、当時のハーグ国際法を解釈することによって日本軍は合法的に処理したとし、
虐殺に当たる行為は否定されると主張する説。主にネット上に見受けられる。

こんなの初めて見たけど、要はアメリカが日本に原爆を落としたのと同じく屁理屈、てことじゃんw
ましてや否定派がハーグ法を、その法精神の求めるところの理解もなしに悪意のトリミングを行っている、としか思えないし


821 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:45:14 ID:0XtMgVlm
>>813
「戦争では民間人の犠牲者がひとりも出ない」と信じるお花畑の住人ですかw
今までそんな戦争があったのなら、そんな戦争を行った国名を具体的にお願いしますw
支那兵がハーグ条約を完璧に遵守し、軍服を着用して『自分が攻撃対象である』と明確にしていれば
「民間人の犠牲者がひとりも出ない」という事になったはずなんですがw

>市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。
銃殺されたのは、【戦場で市民と認められなかった者】ですが?
何か問題でも?

822 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:46:33 ID:ie93ZGmH
オイラ派いたwwww
1匹発見www

823 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:48:46 ID:0XtMgVlm
>>820
>ましてや否定派がハーグ法を、その法精神の求めるところの理解もなしに悪意のトリミングを行っている、としか思えないし

便衣兵とハーグ法の法精神をどうやって両立させるつもりなんだ?

824 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:49:40 ID:e/8P2FOp
>>822

で、それがなに?まともに反論はできないってことな。

825 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 00:50:19 ID:/2cRyZFj
>>813
>市民と認められる者はすぐ帰して、三十六名を銃殺する。皆必死になって助命を乞うが致し方も
 ない。真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだという。
 多少の犠牲者は止むを得ない。

コレで何が言いたいのかさっぱりわからんw
要は適当な判断で処刑したから市民を誤って処刑しただろう、とか言いたいのかねぇ?w
少なくともそういう推測で非難するのは勘弁してもらいたいねぇw

つか、同じ兵士の直前の日記にどのように区別したのか書いてあるはずなんだが…w

この書き込みは「完璧な判断など誰も出来ないのだから、もしかしたら市民が誤って処刑されているかも」と言う個人的な思い以外の何物でもないんだよなぁw
何の根拠もない個人的感傷が何かの根拠になるのかねぇ?w

826 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:51:19 ID:K12QVYvm
どうみても便衣兵の存在が悪でしょ

非武装中立地帯に軍隊が侵入して戦場にしちゃったんだから

>>817参照
>戦時国際法上、防守とは「敵軍の占領企図に対する抵抗」を意味し、
>「1、ある都市を占領する意図を持ってそれに迫る軍隊の存在。」
>「2、その都市内に在ってこの意図を妨げる軍隊の存在。」という両要素が揃って防守は成立する。

南京がまさにそう
住民は無差別攻撃の対象になっちゃったねw


827 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:51:45 ID:e/8P2FOp
>>820

で、あんた結局のところなにがいいたいの?
南京大虐殺があったとでも?
ちなみに南京大虐殺ってなに?

828 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:52:26 ID:M3AqT2/e
>>817

>戦時法規によって明示的に禁止されていない行為を軍隊が実行することは合法であるから

ああ、こいつがこんなん書いちゃってるからネトウヨがしつこく固執してんだ
ようやく分かったw

あのさ、田岡良一【空襲と国際法】て1937年のらしいんだけど、これだったのかw

829 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:54:00 ID:AEIE6t+Q
>>820
> まあそういううのにお墨付きをいただいたとこでどうなんだろ、てお話w
はあ?w
だからお前は非難すべき違法行為だったという根拠をさっさとあげろよw


てか今日も戦争法や資料も理解してない馬鹿が咆えてるだけでしたw
偽スレでは防守都市の「地上兵力による占領の企図に対し」という部分をすっ飛ばしてるしwww


830 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:54:09 ID:K12QVYvm
>>828
>一九〇七年ハーグ陸戦法規第二十五条の解釈

プークスクス

831 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:56:15 ID:e/8P2FOp
>>828

で、おまえさんの主張根拠はなに?
それ以前になにがいいたいの?
イチャモンつけたいだけ?
ネトウヨってなに?
あんた日本人?

832 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 00:59:40 ID:kegnkZ58
ここ見たら納得と思ってしまうんだけど、本当の所はどうなの?
下に対してきちんとした反論をしているところがあったら教えて。
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage

833 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:04:18 ID:K12QVYvm
>>832
過去スレw 全部論破されてる
ちなみになんでもいいから あげてみなもれなく否定派が暇つぶしで相手してくれるよw

834 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:07:22 ID:M3AqT2/e
>支那兵がハーグ条約を完璧に遵守し、軍服を着用して『自分が攻撃対象である』と明確にしていれば
「民間人の犠牲者がひとりも出ない」という事になったはずなんですがw

2chネラーの特徴ともかぶるが、あいかわらず他人には厳しいなw

侵略した側が、侵略された側に戦争のルール守れ、てのもおかしな話じゃないすか
ましてや、そのルールも、その持ち出し方もすべからく微妙だしなあ

軍律とか軍事目標主義とかさ、やっぱググル先生もきちんと教えてくれない、てのは今ではちょっとアレな理屈だ、てのをまず理解しないとなw

>便衣兵とハーグ法の法精神をどうやって両立させるつもりなんだ?
ハーグ法はあくまで戦争における非人道的行為を禁止しよう、ていうのが目的だし、それを持ち出すことが
もともとなんで否定派に有利になんのか、てのからして俺は分からないんだけどなw

条文トリミングしたとこで通じないでしょw

835 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:09:40 ID:fN7e+IFk
また、勝利宣言とネトウヨ連呼しか芸のない朝鮮人か

836 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:10:54 ID:e/8P2FOp
>>834

で、結局のところ何がいいたいの?
イチャモンつけたいだけ?

837 :832:2010/05/30(日) 01:11:23 ID:kegnkZ58
>833
レスありがとう
自分はもともと否定派なんだけど、ここみたら考えが少し揺らいだもので質問してみた
こういうのって素人が見たら信じちゃうよね
検索しても肯定、否定両方引っかかるからわけわかんなくなる

838 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:12:46 ID:K12QVYvm
>>834
>侵略した側が、侵略された側に戦争のルール守れ、てのもおかしな話じゃないすか

残念ながら、最初に侵略したのはナチスの支援を受けた、国民党の方です
第二次上海事変ですよ


盧溝橋とかいってるのは無知ですw

839 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:13:56 ID:fN7e+IFk
「全部論破されてる」といわれたら真に受けられる脳は幸せだな

全部って、全部だよなぁ・・・

840 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:14:50 ID:K12QVYvm
>>834
軍事目標主義は、原爆判決にも言われて居るとおり
軍事学の常識です。

日本の大学には一般教養として軍事学が存在しない稀有な国なんですよw
国際法あたりでちょこっと習います。

841 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:14:53 ID:0XtMgVlm
>>834
>2chネラーの特徴ともかぶるが、あいかわらず他人には厳しいなw

【他人には厳しい】のではなく、サヨの脳内がお花畑なだけ。
世界では民間人の区別どころか現実にはこういう事が行われているんだが。

ttp://mltr.ganriki.net/faq01h.html
米軍と違って人命に気を使わない軍の場合,シリアのハマ・シティのように,原理主義過激派が潜んでる事を確認しただけで,国内4位の大都市の一区画を住民もろとも三日三晩の砲爆撃で皆殺しにし,廃墟を死体もろともアスファルトで舗装してしまうってな事も可能です.
 ハマの虐殺では,アムネスティによれば,少なく見積もっても一万数千人の民間人犠牲者が出たそうですが,さすがに効果覿面,その地域のテロリストは根絶やしになったそうです.
 まあ,有機農薬の代わりに砒素などの無機毒物をばら撒いて,地域住民ごと害虫を駆除するような荒っぽい方法ですけどね.

842 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:15:31 ID:K12QVYvm
>>839
だからなんでもいいからそこの奴あげてみろよw

843 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:16:24 ID:M3AqT2/e
>この書き込みは「完璧な判断など誰も出来ないのだから、もしかしたら市民が誤って処刑されているかも」と言う個人的な思い以外の何物でもないんだよなぁw
>何の根拠もない個人的感傷が何かの根拠になるのかねぇ?w

よく知らんが、おまえらのお仲間の顔文字が持ってきて、勝手に解釈してたやつだよw

これを資料と認めないなら、別にそれでもいいけどなw

>非武装中立地帯に軍隊が侵入して戦場にしちゃったんだから
遅まきながら気がついたんだけど、これって侵略者側の理屈だよな

これで正当化したとこでなんになんの?
当時の日本軍の侵略は、少なくとも当時の国際法から見れば合法でした、とか言いたいの?w

844 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:17:51 ID:e/8P2FOp
>>839

で、おまえさんは何がいいたいの?
イチャモンつけたいだけか?

845 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:21:26 ID:e/8P2FOp
>>843

はぁ?当時、日本軍がシナにいたのは条約に基づくものですから
合法そのものですが。
おまえはイチャモンしかつけられんアホだわな(笑)。

846 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:21:50 ID:M3AqT2/e
>>830


だから、ハーグ法を当時(戦時)の学者が解釈した、てことだろ?

そら自国に都合よくやるよw

>残念ながら、最初に侵略したのはナチスの支援を受けた、国民党の方です

・・・あのさ、第二次大戦とかで、日本は朝鮮半島とか中国に対して侵略戦争を起こしたのよw
こういう基本認識すらないとちょっと困るなあw

847 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:25:48 ID:e/8P2FOp
>>846

で、おまえさんの解釈はおまえさんに都合よくだわな(笑)。

日本がいつ朝鮮と戦争したんだ??中国なんて国あったか??
おまえ脳ミソくさってるな。


848 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:26:42 ID:fN7e+IFk
>>842バカチョン

屈強で容赦のない日本軍兵士に

銃剣で三度も内臓に足するしかない刺突を受け

医者どころか誰にも治療を受けることなく

半月で自然治癒した八歳の子供

について

849 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:28:01 ID:e/8P2FOp
>>846

ちなみに侵略戦争とそうでない戦争の違いを教えてくれ。

850 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:28:13 ID:M3AqT2/e
>軍事目標主義は、原爆判決にも言われて居るとおり
軍事学の常識です。

軍事学w

戦争屋の理屈は引っ込んでろよw

>世界では民間人の区別どころか現実にはこういう事が行われているんだが。
こいつもそうだけど、そんな理屈を正当化して生きなければならない理由はなにもないね、正直w

851 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:28:27 ID:fN7e+IFk
>>846
時間の流れを逆流するバカ乙

日中戦争よりWWUは先だったとは知らなかった

852 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:29:31 ID:fN7e+IFk
>>850
チョンが通れば理屈が引っ込むw

853 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:30:28 ID:M3AqT2/e
>日本がいつ朝鮮と戦争したんだ??中国なんて国あったか??
おまえ脳ミソくさってるな。

いやいや、こういう基本認識はごまかしちゃいけません。
日本が解体し傀儡化させた国家だからどうとか、無政府状態がどうとか、そんなんが問題なんじゃないんすよw

854 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 01:30:40 ID:/2cRyZFj
>>843
資料と認めないと言うよりも、キミの勝手な妄想を押しつけられてもなぁ、という感じかねぇw
個人的感想まで資料だとでもいうのかねぇ?w

誰がどこの資料を持ってこようが、それに対してキミの考えを述べている以上は、
キミのその主張が間違っていると述べても何ら問題はないはずだがねぇ?w
>>787で答えたことはいったい何なんだろうねぇw
「人間性」とかw
キミの個人的妄想を押しつけられてもなぁ、としか言い様がないw
必要なのは根拠と事実ですよw


ついでに言うと、今さら侵略がどうのこうのと言われてもなぁw
キミの言うところのその侵略された側が、チベットを侵略しているんだけどなぁw
ダブルスタンダードはみっともないと思うけどねぇw

855 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:31:48 ID:dHzXwdHb
>>853
朝鮮は日本が解体したんじゃなくて、どう考えても自壊したんだがw

856 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:32:28 ID:e/8P2FOp
>>850

イチャモン・チンカス・シナ人の理屈は引っ込んでろよw


857 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:32:33 ID:K12QVYvm
>>850
なんだ 9条カルト信者かw

858 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:34:13 ID:dHzXwdHb
>>856
奴はシナ人じゃなくてキムチ臭いぞ

859 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:34:14 ID:M3AqT2/e
>ちなみに侵略戦争とそうでない戦争の違いを教えてくれ。

国家、民族なりまあ固有の領域とするところに対し、他の集団や国家が侵略すること・・・・

まあ辞書にはもうちょっといいのあるかもね。ググレば?w

860 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:34:22 ID:fN7e+IFk
>>853
話をごまかすならもう少し上手に

答えられないなら黙ってるようにw

861 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:35:54 ID:dHzXwdHb
>>859
いやだから侵略じゃない戦争って何よ?

862 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:36:25 ID:fN7e+IFk
>>859
中越戦争は侵略かね?
ソ・フィン戦争は?
チベットは?
【朝鮮戦争】は?w

863 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:37:40 ID:e/8P2FOp
>>853

>いやいや、こういう基本認識はごまかしちゃいけません。
日本が解体し傀儡化させた国家だからどうとか、無政府状態がどうとか、そんなんが問題なんじゃないんすよw

まったキミの超個人的認識を押し付けるのやめてくんない(笑)。

864 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:40:39 ID:e/8P2FOp
>>859

違いも説明できないのに侵略戦争と吼えるアホウだわな(笑)。

865 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:42:47 ID:e/8P2FOp
>>853

竹島を支配している韓国は日本に侵略戦争してるわな(笑)。

866 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:43:00 ID:fN7e+IFk
パキスタンとアフガンにまたがるトライバルエリアは、氏族が支配している

>>859によるとここでの戦闘は侵略になるらしいw

867 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:43:01 ID:0XtMgVlm
>>850
>こいつもそうだけど、そんな理屈を正当化して生きなければならない理由はなにもないね、正直w

無理して生きていてもらう必要は無いから、さっさとお前の故郷の「この世の楽園」にでも行ってくれないかw

理屈で言えば「労働して報酬を受ける」というのは正当な理屈だがw
軍人の労働とは殺す事と殺される事。
給料をもらっている軍人なら黙って殺されるのが正当な理屈だなw

868 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:45:23 ID:M3AqT2/e
>資料と認めないと言うよりも、キミの勝手な妄想を押しつけられてもなぁ、という感じかねぇw
個人的感想まで資料だとでもいうのかねぇ?w

へえ、あれ資料じゃなかったんだw
まあ別にどっちでもいいです。どうであれ、ネトウヨがなんか持ち出して勝手な解釈とかやろうとすんなら潰すだけだしねw

>キミの言うところのその侵略された側が、チベットを侵略しているんだけどなぁw

いつも思うんだけど、こういう、スピード違反してんのは俺だけじゃない、みたいな理屈は通じないんすよ
うん、じゃ、あんた悪いことは認めんだね?てこと

>イチャモン・チンカス・シナ人の理屈は引っ込んでろよw
>奴はシナ人じゃなくてキムチ臭いぞ

こういう悪い言葉遣いはよくないですよ〜w
そんなんだから、ネトウヨとか言われちゃうんですよw


869 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:46:02 ID:K12QVYvm
>>868
いいから 侵略戦争の定義まだ〜〜?

870 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:46:14 ID:fN7e+IFk
朝鮮人にいわれてもな

871 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:50:59 ID:fN7e+IFk
Aがやって許される事は、Bがやっても許されるのが法治なので、そもそも違反ではない

と言う事で>>868

872 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:51:03 ID:M3AqT2/e
あと侵略戦争ネタに食いつくの多いな

さすがに日本のは侵略戦争だって認めとけってw
そん位の基本認識とか位あわせないと話にもならんぞ

在特会、てのがあるけどああいうのと同じレベル扱いしてもいいの・w




873 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 01:52:53 ID:/2cRyZFj
>>868
潰すとか言っている割には、大した事が出来ていないようなw
返り討ちにあっているんじゃないのかねぇw

ちなみに処刑そのものの書き込み自体は資料価値はあるが、感想の部分については資料価値はないんだがねぇw
資料と言えば全てが資料価値になるとでも思っているのかねぇ?w
個人的感想まで資料的価値に含まれるわけ無いのにw
それをあたかも資料のごとく言ったのはキミなんだよねぇw
だから個人的感想は資料にはならないと言ったまでw
そのくらいは理解できてもらいたいものだよねぇw
こんな幼稚園レベルのところを解説させるなよw

> いつも思うんだけど、こういう、スピード違反してんのは俺だけじゃない、みたいな理屈は通じないんすよ
しかしその被害者が同じ事をしているのなら、被害者が被害者面する事は出来ないって事w
中国の侵略はきれいな侵略、日本の侵略は悪い侵略、とでも言うつもり?w
その辺が聞きたいねぇw

> こういう悪い言葉遣いはよくないですよ〜w
> そんなんだから、ネトウヨとか言われちゃうんですよw
私はそういう言葉遣いはしていないのに、なぜかキミにネトウヨ呼ばわりされた記憶があるんだけど、多分記憶違いだよねぇ?w
まさにダブルスタンダードw


874 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:53:41 ID:M3AqT2/e
>Aがやって許される事は、Bがやっても許されるのが法治なので、そもそも違反ではない

中国がチベットに対してやって許されないと言うなら、日本が中国にやったことも許されないだろ

なに言ってんだw

875 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 01:55:14 ID:/2cRyZFj
>>872
いや、その侵略された側が他の国を侵略しているからねぇw
そしてその国は侵略ではなく正当な領土とか言い出すんだからねぇw
それも戦力をまるで持たない国に攻め込んで、ねぇw

その辺はどうなのよ?w
中国の侵略はきれいな侵略とでも?w
まあ、キミがどれだけ言っても何の弁護にもならないけどさぁw

876 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:56:25 ID:fN7e+IFk
と、話をごまかす朝鮮人
苦しくなるとどうしても朝鮮人の話になってしまうw
密入国は犯罪なので、その子孫は強制送還してもいいんですよね>>872?w

祖国が戦争前夜だってのに、こういうときだけザパニーズになって他人面する卑怯な在日
だから祖国からも嫌われる

853 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/30(日) 01:30:28 ID:M3AqT2/e [10/13]
>日本がいつ朝鮮と戦争したんだ??中国なんて国あったか??
おまえ脳ミソくさってるな。

いやいや、こういう基本認識はごまかしちゃいけません。

872 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/30(日) 01:51:03 ID:M3AqT2/e [13/13]
あと侵略戦争ネタに食いつくの多いな



いつもダブスタ二枚舌、その場しのぎで言う事が変わる

877 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 01:57:09 ID:/2cRyZFj
>>874
その中国が「侵略ではない」ときっぱり言い張っているわけですがw
それなら日本の侵略も同様に侵略ではないと言えるよねぇ?w

いや、キミがどう思おうが、キミは関係ないからねぇw
当事者という話であるのなら、被害者の言っていることをベースに考えないとねぇw

878 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 01:57:11 ID:fN7e+IFk
>>874
チベット許されてないのか? 温家宝が死刑になったのか?w

879 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:02:24 ID:M3AqT2/e
>ちなみに処刑そのものの書き込み自体は資料価値はあるが、感想の部分については資料価値はないんだがねぇw

いやいや、あんたがなんで資料価値の有無を勝手に決めてんのよw
現代日本の刑事裁判の証拠、てのとはまた違うんじゃないの?w

>しかしその被害者が同じ事をしているのなら、被害者が被害者面する事は出来ないって事w

バカかw
被害者が他社に対して悪いことをしていたことで加害者の罪が免責されるとでも思ってんのかw

寝言も休み休み言えw

>私はそういう言葉遣いはしていないのに、なぜかキミにネトウヨ呼ばわりされた記憶があるんだけど、多分記憶違いだよねぇ?w
そういう言葉遣いをするのはいけないこと位はよくお分かりのようでw

まあいけないよねえ、ネット上で暴言吐いたりすんのはさw



880 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:05:45 ID:K12QVYvm

侵略戦争の定義を 早く言えよ


第二次上海事変から日中全面戦争が始まったんだから

日本側は防衛戦争だから それくらい日本人なら認識しとけ 

881 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:06:32 ID:fN7e+IFk
>>877-878をスルー

アンカーつけると言い返されるのが怖いので不可w

882 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:07:36 ID:M3AqT2/e
>>876

えー、意味分からんし、これでダブスタ認定されるてもなw

侵略戦争、てのはさすがにゆるぎないでしょ

まあそのあたりが違うからネトウヨなのかw




883 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:08:26 ID:fN7e+IFk
>こういう悪い言葉遣いはよくないですよ〜w

>バカかw

>まあいけないよねえ、ネット上で暴言吐いたりすんのはさw


怖いね分裂症は

884 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:10:26 ID:M3AqT2/e
>と>>877-878をスルー

>アンカーつけると言い返されるのが怖いので不可w

俺のことだよなw
へえ?侵略戦争か否かに対してまじめにはやりたいの?君らw

885 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:10:45 ID:fN7e+IFk
>>882
都合の悪い事は意味わからなくなるんですね
侵略でない戦争があるといったのは誰でしょうかとw

そもそも、すべての戦争は防衛なんですけどw

886 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:11:59 ID:e/8P2FOp
>>882

ネトウヨは暴言でないとするダブスタ。
侵略戦争とそうでない戦争の違いも説明できないのに、
侵略戦争ときめつけるドアホ。

チョンとチャンはこれだから嫌われるわな。

887 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:14:47 ID:fN7e+IFk
と、答えたふりして何も答えられない>>884


当然>>877-878はスルー

と言うか不都合な話は全部スルー

888 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:14:57 ID:e/8P2FOp
>>884

はぁ?違いを聞いてるんだけど。
説明できんわな(笑)。

889 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 02:17:26 ID:/2cRyZFj
>>879
いやいや、単なる一等兵の個人的感想が資料になるとでも?w
あ、いっておくけど、キミが資料なら記述全部が資料価値を持つものと勘違いしているからそれを指摘してあげただけなんだがねぇw
つか、何の根拠もない個人的感想が根拠になるなんて初めて聞いたけどなぁw
んなもん、今までの肯定派ですらやったこと無いんだがねぇw

その程度は知っておこうよ、いくら何でもさw
解説している私が馬鹿馬鹿しいと思ってしまうんだよねぇw

> 被害者が他社に対して悪いことをしていたことで加害者の罪が免責されるとでも思ってんのかw
その被害者の理屈で語っているんだがねぇw
で、その被害者がどのような罪を負ったのかい?w
被害者の理屈では日本が侵略したことにはならないし、他の国を侵略したのにその被害者が何の罪も背負っていないんだがねぇw
キミが勝手に被害者と述べているだけで、被害者の理屈では日本は侵略行為をしたことにはならないんだよねぇw

「被害者が他者に対して悪いことをした」とキミが勝手に言っても、その被害者が悪いことと認識していないのだよw
ルールはキミが勝手に決めるんじゃないんだがねぇw
侵略行為について被害者自身が線引きをしているのだから、その理屈なら日本は加害者ではないのだよw
都合の良いときだけキミの個人的感想を当てはめられても困るんだよねぇw

> まあいけないよねえ、ネット上で暴言吐いたりすんのはさw
で、ネトウヨってのは暴言ではないとでも?w
ウヨクって言葉自体が名誉毀損に値すると裁判でも出ているんだがねぇw
キミの暴言はきれいな暴言ですかそうですかw

890 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:17:51 ID:M3AqT2/e
>>883

それ以前に、ネトウヨてのが根本的な蔑称だっての気づけよw

>そもそも、すべての戦争は防衛なんですけどw

人間は、全ての他人を敵と思い込んでしまう危険性のある生き物だしな、そういや

切ない話だw

891 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:21:05 ID:fN7e+IFk
>ネトウヨてのが根本的な蔑称だっての気づけよw


バカの見本のような自白乙

精一杯の連呼だったんですねw
朝鮮人と呼ばれて返事するのが朝鮮人
ネトウヨと呼ばれてスルーされても気がつかないのも朝鮮人

892 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:21:18 ID:e/8P2FOp
>>890

暴言はいけないが蔑称はよいとでも?

いやぁ、さすがチョン・チャンだわ。

893 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 02:21:57 ID:/2cRyZFj
>>890
暴言を吐くなと言いつつ自分が暴言を吐く、ダブルスタンダードだねぇw
キミの暴言はきれいな暴言ですかそうですかw

894 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:23:14 ID:fN7e+IFk
吠えながら逃げるのもお約束



878 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 01:57:11 ID:fN7e+IFk [12/17]
>>874
チベット許されてないのか? 温家宝が死刑になったのか?w

895 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:26:00 ID:M3AqT2/e
>いやいや、単なる一等兵の個人的感想が資料になるとでも?w

資料にならないんだ、残念w

>被害者の理屈では日本は侵略行為をしたことにはならないんだよねぇw

そんなみっともない言い逃れは世界のどこでも通じないし、この手の問題は本質的に加害者の誠意ある態度と被害者の心が通うことでしか解決されないだろ

はあ


896 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:28:46 ID:e/8P2FOp
>>895

で、侵略戦争とそうでない戦争の違いってなに?

897 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:30:56 ID:K12QVYvm
竹島を侵略している韓国っていう認識でいいのかなw

898 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 02:32:43 ID:/2cRyZFj
>>895
キミ、全く理解していないねぇw
キミが提示した部分が「個人的感想」だから、その部分は資料的価値はないと言っているのにねぇw
「一部の資料的価値はない」と言う話を「全ての部分で資料的価値がない」と言う話にすり替える詭弁は勘弁してもらいたいねぇw

まあ、いつもの手口だから今更驚かないけどねぇw
げらげらげらw

> そんなみっともない言い逃れは世界のどこでも通じないし、
被害者自身が通じていると思っているようですがw
それなら、その被害者も日本の侵略行為を認めるわけにはいかないはずですが、ねぇ?w

それとも中国自身がチベットの侵略行為を認めているの?w
世界のどこでも通じないんだったよねぇ?w
また適当なことを言っちゃって、もうw
世界中で通じないのであれば、中国はどのような罪を受けたのか是非とも説明してもらいたいねぇw
そうでなければダブルスタンダードだよねぇw

899 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:32:44 ID:fN7e+IFk
>>895
よお、吠えながら逃げるしかできない朝鮮人


みっともないのはミンジョク性ですか?

900 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:33:44 ID:e/8P2FOp
>>897

それは間違いなし。拉致もそうだし、南北朝鮮は日本に侵略戦争をしかけてる
加害者だわな。

901 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 02:35:00 ID:/2cRyZFj
>>895
それを言うのであれば、中国はチベットに対して、当然、
“本質的に加害者の誠意ある態度と被害者の心が通うことで”解決したんだよねぇ?w

日本はそれを見習えばいいだけの話でw
日本のやり方では通じないというのであれば、当然、中国のやり方を真似れば良いだけじゃないのかねぇ?w

で、中国はチベットにどのような謝罪をしたのかねぇ?w

902 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:37:09 ID:e/8P2FOp
今夜もボロボロのイチャモン・チンカス・シナ人でした(爆笑)。

903 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 02:42:19 ID:fN7e+IFk
>ネトウヨてのが根本的な蔑称だっての気づけよw



言っとくけど、朝鮮人ってのは蔑称じゃないぞ
自分で恥ずかしいと思ってるから僻んでるだけでw

904 :<:2010/05/30(日) 03:32:06 ID:3I0pzMLj

どこまで粘着するのか、ず〜〜〜〜っと眺めてたけど・・・(´・ω・`)


 ●”根拠”を全く書けなくなってる肯定派が惨めすぐるwwwwwww


南京大虐殺って”あなたの知らない世界”の話しだったんだな♪・・・(・∀・)

905 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 08:48:42 ID:ie93ZGmH
ここは病人の集まりだから適当にからかったら切り上げるのがいいよ

906 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 09:10:32 ID:/2cRyZFj
そうそう、“肯定派”と言う病人がたまに徘徊してくるので、みんなで優しく治してあげているんだよねぇw
『南京大虐殺はあった』と言う妄想にとりつかれているみたいだからw

ところで自宅療養のK−Kさんはお元気ですか?w

907 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 09:24:46 ID:ie93ZGmH
なんかいるぞおいw

昨日わかったこと
オイラ派=1匹

908 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/05/30(日) 09:35:58 ID:/2cRyZFj
>>907
で?w


909 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 21:27:24 ID:ie93ZGmH
ピンポーン、肯定派でーす
否定派さーんどうしたんですかー
死んだんですかーw

910 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 21:28:07 ID:ie93ZGmH
否定派の引きこもり本拠地であるここが疎かになってますよーw

911 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 21:50:51 ID:fN7e+IFk
朝鮮便意兵w


878 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 01:57:11 ID:fN7e+IFk [12/20]
>>874
チベット許されてないのか? 温家宝が死刑になったのか?w

912 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 21:56:29 ID:ie93ZGmH
湧いたw

913 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:00:11 ID:fN7e+IFk
883 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 02:08:26 ID:fN7e+IFk [14/21]
>こういう悪い言葉遣いはよくないですよ〜w

>バカかw

>まあいけないよねえ、ネット上で暴言吐いたりすんのはさw


怖いね分裂症は

890 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/30(日) 02:17:51 ID:M3AqT2/e [18/19]
>>883

それ以前に、ネトウヨてのが根本的な蔑称だっての気づけよw


891 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 02:21:05 ID:fN7e+IFk [17/21]
>ネトウヨてのが根本的な蔑称だっての気づけよw


バカの見本のような自白乙

精一杯の連呼だったんですねw
朝鮮人と呼ばれて返事するのが朝鮮人
ネトウヨと呼ばれてスルーされても気がつかないのも朝鮮人

914 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:04:36 ID:ie93ZGmH
なんでこのタイミングで俺に関係ない奴へ向けた煽りなんだ
相変わらず病人どもの行動は意味わからんなw
気持ち悪っw

915 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:07:07 ID:fN7e+IFk
今日、ものすごいバカを見つけました

57 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2009/03/24(火) 00:33:36 ID:Tc0XxO/L [1/2]
49 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2009/02/11(水) 20:23:01 ID:il9EC4wU
見れるやつは見ろ

南京陥落後の南京市内
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1205945


55 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/03/23(月) 01:50:15 ID:Lbr9r4jM
こっちのがよくねぇ
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1205920

↑2009/03/24(火)

572 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/04/27(火) 21:31:43 ID:vhBRhcqf
>>57
>【日本軍が安全区にたいして攻撃を仕掛けなかった】 ということは歴史的事実なわけだ

そのラーベの要望書の日付をみてご覧。12月14日になっているよ。

仮に【日本軍が安全区にたいして攻撃を仕掛けなかった】のが,12月14日まで正しかったとしても
12月14日以降に【日本軍が安全区にたいして攻撃を仕掛けた】歴史的事実を何ら否定するものではありませんww




レスが返ってくると思ったのだろうかとw

916 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:25:21 ID:0XtMgVlm
>>905
つ>798
>しかし、どうせまた全く反論できなくなって「ネトウヨ」「からかってるだけ」「寝る」なんて負け犬の遠吠えの挙句逃亡するだけだろう(嘲笑)

つくづくワンパターンというかw
所詮、朝鮮人のやることだな(嘲笑)

917 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:50:21 ID:ie93ZGmH
ワンパターンも何も、実際からかいに来てるし
時間が来りゃ寝るよ
俺が楽しきゃいいんだから、手を変え品を変える必要なんてないじゃん

918 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:52:05 ID:fN7e+IFk
695 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 15:29:57 ID:fN7e+IFk [21/24]
「ウリはチョッパリをからかってるの〜〜!!」

「久しぶりなの〜〜!いつもいつもいじめられて泣きながら逃げて帰ってるんじゃないの〜〜!!」

って言ってみたけど火病って消える日々なんですw

919 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:57:59 ID:fN7e+IFk
大変だよね、本スレは荒らしながら、やまんば隔離スレでは受け売りコピペでw

http://hissi.org/read.php/asia/20100530/aWU5M1pHbUg.html

920 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 22:58:47 ID:ie93ZGmH
こらこら、物事は正確に表現しないと駄目だぞw

俺は病人の否定派をからかってるの〜〜!!www
気が向いたら嗤いに来てるの〜〜!!
特に俺よりレス回数が2倍近い病人なんか、アハンウフンといちいち反応しちゃってかわいいの〜〜〜!!wwww

921 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 23:02:14 ID:fN7e+IFk
706 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 22:52:07 ID:ie93ZGmH [18/18]
何言ってんだこいつ

922 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 23:02:58 ID:ie93ZGmH
せっかくお前らバカにして楽しんでたのに
日本代表負けそうで残念
酒でも飲むか

923 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 23:08:32 ID:fN7e+IFk
トンスルだろw

924 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 23:23:22 ID:0XtMgVlm
ハイハイ、肯定派は今日もミジメに逃亡とw
しかし自分の知識不足、知能不足を棚に上げて、
【俺は否定派をからかってるの〜〜!!www】【気が向いたら嗤いに来てるの〜〜!! 】【バカにして楽しんでるの〜〜!!】
と言い張って現実を認めずに負け犬の遠吠えするだけとw

925 :日出づる処の名無し:2010/05/30(日) 23:29:47 ID:fN7e+IFk
肯定派っちゅうか、ここを荒らして普通の人が呆れて見ないようにし、
やまんば隔離スレで南京FAQの受け売りコピペを広めようって工作だがね→>>919

ここまで露骨で、かつ頭悪いのは珍しい
チェッカーの存在知らなかったのかとw

926 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 06:21:16 ID:z+8MdbTR
大虐殺派というのは田中正明氏がつけた名前
マボロシ派といのはその大虐殺派(洞富雄かな)がつけた名前

ここでは肯定派、否定派とみんな使ってるけど、何を肯定否定するのかは
特に定義づけせずにつかってるよね。
特定のグループの呼び名として使いやすいってのはわかるけど。

927 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 12:26:16 ID:VCsGniNM
南京大虐殺の定義がよく分からない。

928 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 14:52:43 ID:t3kpZBTb

肯定派が南京大虐殺の定義をせず
あいまいにするのも戦略の一つだよ

なんだかわからないが、虐殺はあったんだろう戦争だから
という漠然とした認識にいつでも逃げ込めるようになっている。

実際は、南京大虐殺とは、南京城内におきた住民虐殺・レイプの事をさすのだが
日本の学界では、日本共産党系以外の学者で南京城内で、そのような事が起きたと言う人は誰もいない。


笠原でさえ城内ではマボロシ派である

929 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:01:09 ID:6x2VtPS9
まぁ総合的な客観性や説得力の差は如実で、世界は無論日本でも大虐殺は認められているからな。
何しろ当時からしっかりと外国で報道され、当の日本人軍人まで嘆いているわけで。

930 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:13:22 ID:t3kpZBTb


まあ、ねえもんはねぇからな 日本じゃ共産党ぐらいだろうて30万とか寝ぼけてる奴らは


931 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:17:45 ID:ZxeW/xN9
>>929
つ スマイス報告

932 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:25:49 ID:2jV/uQqW
リテラシーなんてこれっぽっちもないチョンコが湧いてますねw

933 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:56:00 ID:6x2VtPS9
>>931

確かにスマイス報告はサンプル調査ってこと無視して、その数字=犠牲者数だ、とか妄言吐くウヨに利用されたりしているがw
まぁこういう詭弁は通じてないし。

934 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 16:58:37 ID:2jV/uQqW
つ【ストローマン】

日本語が不自由なチョンコとは話ができませんなw

935 :日出づる処の名無し:2010/05/31(月) 18:15:22 ID:ZxeW/xN9
>>933
統計学を知らぬバカかよw

936 :K-Kは行方不明?:2010/05/31(月) 22:53:10 ID:CfuerLkl
>>292
どこの国のなんというメディアが報道してたって?
http://www.history.gr.jp/~nanking/reason14.html

937 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:27:04 ID:Nvtkp4Cd
こんなスレやめろよ
チョウセンジンが図に乗るだけだよ

938 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:46:12 ID:q/3heAD0
いい加減現実逃避してないで、同じ日本人に笑われバカにされてると気付けよw

あと、ここは否定派お気に入りの引きこもり場だから、
否定派が無くしたくても無くせないだろw

939 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:50:05 ID:nEZcTP7l
709 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/30(日) 23:01:33 ID:fN7e+IFk [27/28]
920 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 22:58:47 ID:ie93ZGmH [14/14]
こらこら、物事は正確に表現しないと駄目だぞw

俺は病人の否定派をからかってるの〜〜!!www
気が向いたら嗤いに来てるの〜〜!!
特に俺よりレス回数が2倍近い病人なんか、アハンウフンといちいち反応しちゃってかわいいの〜〜〜!!wwww



その割にこっちでは必死ですけどw

710 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2010/05/30(日) 23:02:56 ID:fN7e+IFk [28/28]
919 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 22:57:59 ID:fN7e+IFk [25/26]
大変だよね、本スレは荒らしながら、やまんば隔離スレでは受け売りコピペでw

http://hissi.org/read.php/asia/20100530/aWU5M1pHbUg.html

940 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:51:44 ID:Nvtkp4Cd
トンスルにも馬鹿にされるチャンコロ



941 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:51:57 ID:nEZcTP7l
逃亡中

878 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 01:57:11 ID:fN7e+IFk [12/20]
>>874
チベット許されてないのか? 温家宝が死刑になったのか?w

942 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:52:02 ID:q/3heAD0
たとえ否定派が絶滅しようとも

俺がこのスレを、バカどもの墓標として保守してやるよw

だから安心して絶滅しろw

943 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:53:22 ID:q/3heAD0
湧いたwww
病人は気になって仕方ないらしいwww

944 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:54:20 ID:Nvtkp4Cd
中国人って自分のこと中国人ってなかなか言わないよね。
それでいて自分が「中国人ですか?」って言われると、
激しいコンプレックスがわいて差別されてるると思うんだよね。
中国人であることがそんなに恥ずかしいのかよ
だからトンスルにさえ馬鹿にされるんだよww



945 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:55:05 ID:Nvtkp4Cd
だからトンスルにさえ馬鹿にされるんだよww

946 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:55:46 ID:Nvtkp4Cd
だからトンスルにさえ馬鹿にされるんだよww

947 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 00:57:13 ID:q/3heAD0
落ち着けよw

948 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 01:01:38 ID:nEZcTP7l
そうか、肯定派は絶滅か(リアルでも)

949 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 06:29:18 ID:6jLU0Bsn


いまどき、肯定派きどるやつってのは、無知か馬鹿のどちらかしかいねーな

ルーピーって言葉がお似合いだわ

950 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 10:25:49 ID:oif4/XvG
ずっと内輪で頑張ってるけど結局南京大虐殺の犠牲者は何人になったんだ?
やっぱり数万規模の虐殺の犠牲者がいたことは否定出来ないという結論かな。

951 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 11:19:33 ID:nEZcTP7l
【中国】人気の歴史講師「中国の教科書、95%デタラメ」と発言し波紋![05/09]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1273512853/

952 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 11:24:35 ID:OH/ov1/4
南京大虐殺の犠牲者って何?
戦争による犠牲者はそりゃいたんじゃね?


953 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 12:15:17 ID:insflzjP
敗残兵が便衣を調達する際に、民間人の犠牲が全くなかったとは考えにくい。

954 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 14:23:47 ID:6jLU0Bsn
>>950
数万人規模の虐殺のうち 大半は中国側自身で行っているし
残りは、中国側の対応のまずさ(便衣兵)で起きている。

955 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 14:36:43 ID:czsBdVId
>>950
>やっぱり数万規模の虐殺の犠牲者がいたことは否定出来ないという結論かな。

支那軍が日本軍にボロ負けして数万規模の死者が出たことは否定していませんがw

956 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 15:53:23 ID:Mv9SgRM4
>>950

まず南京大虐殺の定義を明確にしてくんない?
ちなみに死者のでない戦争などありませんけど、戦場における
虐殺ってなんですか?

957 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 17:55:39 ID:wmPdIyTb
>761 :日出づる処の名無し:2010/05/27(木) 17:36:11 ID:sJ/t60T7
>URLの、充実した資料(?)を見ても「南京民間人殺害」とやらは、
>6週間で、49人だの57人だの、そんな数。
>しかも、うち被害者名有→2人 、うち目撃証言有→1人なので、
>曖昧な上、工作員ティンパリーからの伝聞とも考えられるわけだがw
>この点は、否定派・肯定派・日本政府、共通認識って事でいいの?

これで不満あるなら、数出せよw

958 :日出づる処の名無し:2010/06/01(火) 22:19:32 ID:nEZcTP7l
そろそろ朝鮮虫が沸く時間かな?それともミンスのダメダメっぷりに愕然?

959 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 13:32:38 ID:g1pwzEXN
鮮虫はバカ鳩辞任で 暫くは湧かないと思うw

960 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 13:41:20 ID:fMAZPs7Y
    /     ''  ~     ヾ:::::\
   /           ノ (  \:::::::\
   |   カ  ル  ト ⌒   彡:::::::::|
  ミ|     , 、          |:::::::::|
  ミ| _≡=-、__, =≡=_ 、   |:;;;;;;;;/
   | | /◎> |   | /◎\ |─´ / \
   | ヽ二二/   \二二/    >∂/
  /   /(     )\  U   |__/
 .|    /  ⌒`´⌒   \     ) |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  U│                | | <おちんちんシュッ!シュッ!シュッ!
 (   \/ ̄ヽ/\_/      / |  | キンマンコッ!コッ!コッ! 
 .\  、 \ ̄ ̄ ̄/ヽ      / /   \________
   \   |  ̄ ̄U   //   /
    \  ヽ____/    /

961 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 17:21:38 ID:eNVW0/6J
>「死者の数は戦闘員を含めて、占領前後の数週間で少なくとも10数万人に達したと推定される」
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100524/edc1005240017000-n1.htm

大虐殺派がまた変な工作をすすめている

10数万規模の軍民の大虐殺があったというなら、
そろそろ内訳とその根拠ぐらいちゃんとだしてくれないかな

962 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 17:38:00 ID:GODT6zg2
馬鹿だけど教えて
南京って北京の近くだろ?経済成長著しい中国で
南京って場所はそんなに手付かずな場所なん?
常識的に考えて今頃は、ゴロゴロ骨が出てきて
社会問題になっててもおかしくはなさそうなんだが
そこんところどうなの

それと埋葬した上に記念館をたてたのだっけか
中国人の認識では、遺骨の上にピンポイントで記念館を作ったので
大量の遺骨は出てくるはずが無いって認識なの?

963 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 22:11:17 ID:aoA8THyn
ピンポーン、肯定派でーす
否定派さーん、上に質問来てますよー
答えてあげてくださーい
それとも死んだんですかー?

964 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 22:52:27 ID:tatIVBTy
レス乞食はスルーの方向で。

965 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 22:59:17 ID:tdHt4FY7
鳩死んじゃったね

966 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 23:15:59 ID:gaKPclQx
>>963

ウルトラマンレオ級のドアホよのぉー(笑)。

967 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 23:18:58 ID:aoA8THyn
スルーの方向だってよ?
今スルーしてるのは質問の方だが、それでいいのか?
いいのかw

968 :日出づる処の名無し:2010/06/02(水) 23:38:37 ID:tdHt4FY7
>>962は肯定派に聞いてるんじゃないだろうか、日本語がよめればわかりそうな・・・
まぁ吠えながら逃げるしかない朝鮮人らしいといえばらしいw


871 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 01:50:59 ID:fN7e+IFk [10/28]
Aがやって許される事は、Bがやっても許されるのが法治なので、そもそも違反ではない

と言う事で>>868


878 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/05/30(日) 01:57:11 ID:fN7e+IFk [12/28]
>>874
チベット許されてないのか? 温家宝が死刑になったのか?w



逃げるだけだから溜まる一方

969 :<:2010/06/03(木) 00:02:36 ID:ahODfD2a

いやさぁ・・・(`;ω;´)

オイラ見解の続きを書こうとオモってるんだが、
最近になっていきなり残業がモウレツに増えて、それどころじゃなくってさ・・・(`;ω;´)

オマイラの会社はどう?・・・(`;ω;´)

970 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 01:02:39 ID:oo58rez4
>>962
めんどくせーから
それでいいとおもうよ

971 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 04:02:40 ID:jfy0/c9J
>>962
南京は北京じゃなくて、上海に近い所ですよ
で、遺骨なんだが町のそこら中に埋めたってのが公式記録なんで
記念館の下だけと主張する馬鹿は肯定派でも一握りです

972 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 04:17:24 ID:v2FCkGHL
一握りも居るのか、さすがは肯定派w

973 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 07:21:23 ID:dGEsUOrQ
>>962
南京の人口は、戦前が最大100万、現在は約600万
城外も開発が進み建物が込み入っている。現在の状況は
グーグルマップで確認するがよい。
南京戦当時は、人力で掘っているから深い穴を掘ったわけではない。
当然、開発で土木工事の土を掘り返している。
工事現場で人骨が見つかれば、事件性が有るかどうか
現場監督では判断が付かないから、警察の臨場となる。
警察が事件性の有無を判断することになる。
また警察に連絡が入れば、南京戦の遺骨である可能性が有るから
南京記念館にも連絡が行くだろう。
しかし、記念館が周辺地域の遺骨調査をしているという話は聞かない。
となると、
1 遺骨は掘っても出てこない。
2 現場監督が通報しない
3 南京記念館が調査をしていない。
さてどれだ?

974 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 08:16:30 ID:O9Y8lRs9
4 遺骨は出てるけど別段日本で報道されてない
5 既に主な埋葬地には記念碑が建てられている
6 他の場所で発掘された遺骨も記念館のショーケースに詰め込まれたりしている
7 川に流した分も多い

あと他になんかあるかい?

975 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 09:18:57 ID:DSAMg9Xz
南京って妄想の南京何チャラ大虐殺と違って
歴代様々な大量虐殺事件や内戦の舞台になった土地だろ?
遺骨なんて探せそうと思えばワンサカでてくんじゃね?

976 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 14:18:42 ID:dGEsUOrQ
>>974
4 NHK上海支局にアサピーは何をやっているんだw 南京で報道が有ればキチガイ左翼は絶対報道するだろう
5 記念碑の下に遺骨が有ると確定しいているのか?
6 どのショーケースか教えてくれ
7 長江に流した分は最大10万程度、残り20万はどこに行った?

977 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 18:23:01 ID:jfy0/c9J
>>976
10万流してOKなら、日本軍が金掛けて埋葬する訳無いよなw

978 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 21:07:35 ID:O9Y8lRs9
>>976
どうでもいいが俺は色々な場合を提示してるわけで、全部絶対にそうだぜ!証明できるぜ!
って意味で箇条書きにしたわけじゃないぞ
ムキムキしなさんなw

> 4 NHK上海支局にアサピーは何をやっているんだw 南京で報道が有ればキチガイ左翼は絶対報道するだろう

だろう、って言われてもw
少なくとも記念館は万人杭の上にあるんだから、
「君が」絶対というからにはそれを発見した時の報道があるんだよな?
是非教えてくれないか
俺も当時の報道内容は知りたいし


> 5 記念碑の下に遺骨が有ると確定しいているのか?

さあ?記念碑に何て説明があるのかちょっと調べてきてよ
ただ虐殺された場所というだけなのか、埋葬してあるところに建てたのか
また埋葬してあるなら掘ったのか

> 6 どのショーケースか教えてくれ

何かの動画で見たきりだわ
適当に検索すりゃ見つかるんじゃねえの

> 7 長江に流した分は最大10万程度、残り20万はどこに行った?

君が何を言ってるのかよくわからんのだが、「川に流した分も多い」という部分なのだから
「長江に流した分は最大10万程度」だと「君が」言うなら、
「川に流した分も多い」という表現は何の問題もないだろw
そもそも30万説は俺も信じてないし、俺に「残り20万は?」なんてムキムキ質問されても知らんがなw

979 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 21:17:27 ID:O9Y8lRs9
ちなみに記念館の万人杭ってここの20のことかね?

http://www.eonet.ne.jp/~shiyokkyo/nanjing/nanjing002.html

「1998年4月30日以後、新たに発掘された遇難者の遺骨」ってあるから、
「絶対報道するだろう」って事は、報道はあるんだよな?
いや知らねえけどw

1972年より前の発見だと、日中国交正常化前だからちょっと厳しそうだが


980 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 21:49:09 ID:dGEsUOrQ
>>978
突っ込まれて 泣き言を並べて逃亡かよw

981 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 21:58:31 ID:O9Y8lRs9
・・・などと訳のわからない事を供述しており
引き続きID:dGEsUOrQ容疑者の犯行動機について厳しく取り調べるとの事ですw

982 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:11:10 ID:Mm1ZTMrA
結局逃げるしかないなら、最初から出てこなきゃいいのに

983 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:20:29 ID:O9Y8lRs9
いやあ、全く
現実から逃げ続けてちゃいけないよねw

984 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:29:14 ID:Mm1ZTMrA
と、妄想しかないのに言われても・・・

985 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:32:47 ID:Mm1ZTMrA
ちなみに、祈念館にある碑には3000名【しか】名前がありません

おかしいですね、正規兵として雇用関係があり、給料をもらっていた人間だけでも相当な数の名前がわかってるはずですけどw
まして住民なら当然名前ぐらいw

986 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2010/06/03(木) 22:40:38 ID:GIwvVIwV
主張した本人が、逆質問しているからなぁw
逃げたと言われても仕方が無かろうてw
>>974を主張するってのは、肯定派ってのは自分たちは何もしていませんと自白しているようなものなんだよなぁw

「中国報道を全く調べていなかったり」、「埋葬地を記念碑があるからと言って調べもしなかったり」(そもそも掘りもしないのに記念碑をどんぴしゃの場所に全て出来るかねぇ?w)、
「他のショーケースに入れられたりしている割には誰も気がつかなかったり」(逆に言えば南京大虐殺以外の死体も混ざっている可能性、それも全て違う可能性もある程度のいい加減なレベルである事を認めることになるしw)、
「川に流した割には大量の死体が全く出てこないってのも変だし」(誰かさんは川に溶けたとか言っているけどな、どれだけ強い酸性なんだよw)、

つまり肯定派ってのはまともな調べもせずに根拠もなしに南京大虐殺はあったと主張しているって事でいいのかねぇ?w
少なくとも肯定派はまともなレベルで調査していることを前提に>>973は言っていると思うのだがなぁw
それを否定している時点で終わっているだろw


時々居るんだよねぇ、よかれと思ってやっていることが実は味方(この場合は肯定派かw)の足を引っ張っているって事がw
まあ、私たちはそれで構わないけどねぇw
げらげらげらげらw

987 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:44:21 ID:O9Y8lRs9
一生懸命勝利宣言しても、そんなやり方じゃ世の中は変わらんよw

988 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:49:09 ID:Mm1ZTMrA
>>987
そうですねえ〜w

まして、俺様脳内妄想で「〜かもしれない」「〜の可能性もある」なんていうだけじゃ話になりませんわねw

しかも、朝鮮人のように「絶対だなどと言っていない」なんて逃げを打たれても困りますぅ

989 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:58:19 ID:O9Y8lRs9
知らんものは知らんし、しょうがない
俺は否定派と違って、知りも調べもしないのに断言しないし
「絶対報道するはず」なんて大見栄切っておきながら、矛盾を突かれて完全スルーするよりはマシだわw
「川に流した分も多い」に対するレスなんて、「川に流したのは最大10万」と全面肯定しながらムキムキするわけのわからなさw

たまに不思議に思うんだけどさ、否定派は中国の証言や写真は全部嘘だ!捏造だ!
と、言う割には、「名前は3000名しかない」なんてところは妙に信用するんだよな
否定派の言うレベルでの捏造をしまくってんなら、偽りの名簿くらいなんてことないだろうに
そこだけは彼らの中では中国は誠実らしいw

990 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 22:59:36 ID:kTywFXr7
中国【でさえ】3000人ということだろうがw
読解力なさ杉w

991 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:02:55 ID:Mm1ZTMrA
>>989
何も知らない
調べる能力もその気もない
だが妄想をしゃべる



まるで朝鮮人のようですねw

実際碑文がそうなってるんですけどwしかも>>990の言うように日本語の読解力がない、まるで朝鮮人のようw


無知で無学で手ぶらなら、普通の日本人は黙ってますよ
外国の人なら違うかもしれませんけどw

992 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:04:46 ID:Mm1ZTMrA
スパートに入ります

993 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:08:54 ID:O9Y8lRs9
>>991
> 実際碑文がそうなってるんですけどw

そうなってると言うならさっさと碑文に書いてある事をここに書きなよ


994 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:09:58 ID:Mm1ZTMrA
>>993
中国語ですがw
しかも、3千人の名前を書き出せと?w

まるでキチガイか朝鮮人のようなことを言うんですねw

995 :1:2010/06/03(木) 23:10:26 ID:jhyv0xCH
コソーリ


【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】109次資料
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1275573620/

996 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:11:41 ID:kTywFXr7


997 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:12:07 ID:NMozBHAm
>>995

それはそうと、久々にスレが完走(目前)

998 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:14:23 ID:O9Y8lRs9
>>995
病人の隔離スレ乙w

999 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:17:20 ID:Mm1ZTMrA
と、都合の悪い話から逃げるしかない(どう見ても)朝鮮人のような朝鮮人

1000 :日出づる処の名無し:2010/06/03(木) 23:17:30 ID:kTywFXr7
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
  。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://hideyoshi.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


483 KB
/test/read.cgi/asia/1271172994/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)