5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国是】栄誉ある孤立化主義【鎖国】<XY>

1 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/04/15(木) 10:08:22 ID:4eK3vMBx
        << 栄誉ある孤立化主義の基本理念 >>
@《貿易至上主義の限界》
  自由貿易体制による輸出至上主義は余剰ドルによる輸入品の氾濫により
  国内製造業の空洞化を招き、日本の宝「匠の気質」を喪失させている。
A《産業資源国家日本という視点》
  エネルギー・原材料・食料は現在日本特産の高度工業製品・部品原材料
  を用い貿易バーター主義(2国間貿易拮抗主義)で調達可能である。
B《市場原理主義(欧米近代主義)の虚妄》
  国際金融システム・自由貿易体制は欧米近代合理主義を全世界人類に適用し、
  そのルールの下で競争させる適者生存(弱肉強食)を基本原理とする。
  これに従えば結局人類の多様性は失われ、貧困や飢餓、テロや戦争が発生し
  人類滅亡を招来する可能性が高い。
C《市場主義から生存主義への理念転換指針》
  すでに地球環境は大きく破壊され、気候ジャンプの可能性が高い。
  気候激変から多くの国々では飢餓が襲い、国内問題を海外に振り向け、
  侵略的国家間戦争がおこる可能性大である。
D《日本文明マクロ生命体存続戦略》
  人類種の貴重なる一種、日本民族をその文化文明と共に保存するには、
  以上のような修羅場的世界からできうる限り生存の場を遠ざけ、関係性
  を持たないようにする事が賢明である。
E《自立循環社会建設こそが解決策》
  資源・食料に乏しい日本人がその英知と努力とで自立循環社会を構築
  する事は、全人類にとっての手本であり、各民族生存の希望となる。
-------------------------------------------------------
関連スレ保存URL↓
http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/index.html
http://eiyo-koritu.com/
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ulmat-nsl/freepage/?page_id=2000
http://www.soutokufu.com/main.html
【国是】栄誉ある孤立化主義【鎖国】<XV>
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1263634174/

162 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/09(金) 20:14:03 ID:pZg6Svd2
>>160 変なおやじさんは何処行ったの?

唯一私を理解してくれていた義父が亡くなった折、学徒出陣兵の息子ってHNに変更しました。

http://eiyo-koritu.com/?page_id=2  ここの動画を見てください。

学徒出陣兵であった実父も義父も、日本文明存続の戦いは終わちゃいない、と申しておりました。


163 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/09(金) 22:25:44 ID:pZg6Svd2
>>161 原油流出事故は「文明崩壊」のシグナルか? ピークを越えてしまった「複雑系」社会

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3916  より
『 これをリンゴの木に例えてみよう。下半分のリンゴは、人間が手を伸ばすだけで採ることができる。
しかし、上半分のリンゴを手に入れるにはハシゴをかけたり、木に登ったりして採らなくてはならない。
万一バランスを崩せば、木から落ちて大怪我をすることもある。 』

我々はりんごを取るのをさっさとやめてりんご無しで生きてゆく術(すべ)を見つけたほうが利口そうです。

メキシコ湾の海底で今何が起こっているのか、何が起ころうとしているのか、何を起こそうとしているのか・・・・
皆目検討がつきません。 が、仮に私が人類社会のエスタブリッシュメント(支配階層)ならばこの事態を利用する
事を考えるでしょう。 その為には多岐にわたる情報を収集しつつ多岐にわたるシナリオを用意して「複雑系」社会の
成り行きをできる限り先取りする国際戦略を実行することでしょう。



>>161 9月は大決断の月になるか・米イラン関係

「複雑系」社会 である人類世界の成り行きをある断面だけでとらえても全体を掌握したことにはならないようです。
以前、わたしが申し上げました当たり前の筋書き(中東動乱シナリオ)が現実化するようにも見えますが、釣りの
可能性だってありますよねw

レイムダッグ日本はもうすぐこれまた前に申し上げました大政翼賛政治体制の準備段階へと進みつつあります。
大連立政権では小泉進次郎くんが防衛副大臣に任命され、挙国一致のシンボルとなるよう期待してます。

白頭山噴火情報をわが日本はたぶんもっとも的確につかんでいるようです。
http://www.atomin.go.jp/atomin/data/html/topics/topics03.html
『東京大学地震研究所の特任助教・田中宏幸さんたちは、火山観測用の測定装置を開発し、浅間山、昭和新山、
桜島、薩摩硫黄島、イタリアのベスビオ火山などで観測を行なっています。』
白頭山でもやってるに決まってますw



164 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:22:41 ID:F7ub13Xl
>>all
================================================================================================
北朝鮮「非核化、6カ国協議で」 安保理声明受け表明 米との直接対話念頭 2010/7/10 11:25
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE3E2E2E39A8DE3E2E2E5E0E2E3E29C9C97E2E2E2
 【ソウル=島谷英明】北朝鮮の外務省報道官は10日、国連安全保障理事会が韓国の哨戒艦沈没事件に関する
議長声明を採択したのを受け、「平等な6カ国協議を通じて平和協定締結と非核化を実現するための努力を一貫して
傾ける」と述べた。議長声明への直接的な批判は避け、米国との直接協議を念頭に対話姿勢をのぞかせた。
================================================================================================

今般の国連決議には北朝鮮の存在を永続させるとの裏読みがあります。
中国、ロシア、日本にとって北朝鮮の存在は必要不可欠なのです。

白頭山の噴火がいつ起こるのか、その規模は、想定されるあらゆる事態とは、いろいろ勘案しているのでしょう。
日本は大連立政権をいつの時点で成立させるのかは北朝鮮の新政権誕生と相前後してなのでしょう。

たぶん、大連立政権は北朝鮮問題を一挙に解決する方向性を出すと思います。
なぜならば、白頭山の噴火が避けられないからです。

日本にとって拉致問題が決着した場合、北朝鮮との敵対関係をことさらにしておく必然性はありません。
なぜならば、日本はもうすでに対中国、対ロシアの弾道ミサイル迎撃体制を構築し終わったからです。

わが日本にとっての一番の脅威とは、白頭山の噴火による北朝鮮社会の崩壊であり、北朝鮮軍の暴発です。
北朝鮮軍が暴発するときソウルは火の海になります。
失われる資産は膨大であり、なにより大韓民国からの大量避難民が日本に押し寄せてくる可能性が大です。

世界経済が第3世界の経済発展に頼っている状況はますます顕著であり、特に中国経済の発展が世界経済を
なんとか持たせているのです。 中国経済は国内経済需要がまだまだ脆弱であり対外的な需要が無いとき中国経済
バブルの崩壊がありうるのです。  北朝鮮には経済的に戦後復興に匹敵する想定需要があり、今こそ北朝鮮社会の
建て直しによる需要を利用して中国経済のバブル崩壊を防ぐべきです。 そうする戦略に中国は打って出たのです。


165 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:03:24 ID:F7ub13Xl
>>all

極東の緊張緩和は世界の他の地点の緊張を生み出すでしょう。

もうすでにお膳立てはできつつあるのでしょうが、ドル機軸を維持するには戦争の懸念が必要なのです。
メキシコ湾原油流失の事態がどうなるのかはさておき、中東での緊張がこれから増大するだろう事は
想像に硬くありません。

イランの原子力発電所が稼動する8月にかけてイスラエルによる恫喝が予定通り始まることでしょう。

わが国は予定通り大連立政権を樹立させ、北朝鮮との平和条約締結から北朝鮮復興経済対策綱領をとりまとめて
中国ともども一挙に北朝鮮を再生発展させることに注力すべきです。

北朝鮮新政権樹立を機会に大連立政権は小泉純一郎元総理大臣を全権大使に擁立して息子小泉進次郎を従えて
北朝鮮に拉致されたすべての同朋の帰国を条件に、北朝鮮も日本も新世代が生き抜くための新たな国際関係段階に
至った事を共通認識として平和条約を締結すればよいのです。

建前上アメリカはメキシコ湾原油流失という国内問題に翻弄されており、日本が北朝鮮との国際関係を健全化する
ことに対して問題はないと考えられます。
むしろ日本の立場としては白頭山噴火による朝鮮半島難民襲来が大問題なのであって、その事が回避し得ない以上
日本が率先して韓半島事態に対して外交を展開するのに他国は反対できないはずです。

中国としても北朝鮮との独占的な経済関係樹立により北朝鮮が経済復興することによる経済的な見返りは中国経済
バブル崩壊を回避する秘策だと認識していることでしょう。

韓国は中国が北朝鮮との経済関係を強固にする事態に哨戒艦撃沈事件で振り上げてしまったこぶしの重みでどうする
こともできないはずです。

日本は北朝鮮との経済関係を間接的にでも構築できるのであるならば、中国に独占的に握られてしまっているレアメタル
の供給先を安価に得ることができるのです。 

結局、北朝鮮とは最後に残された秘宝だったのです。

166 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 16:05:06 ID:wzTOvhP3
レアメタルは有るけど商売にはならない訳
ttp://www.youtube.com/watch?v=i0QoW_KvP-Q

青木直人:掘れ掘れ詐欺
ttp://www.machinevideo.net/UEFVdFRIOGxDc2c=_.html

167 :日出づる処の名無し:2010/07/12(月) 20:41:28 ID:1P64mUXR
駐米UAE大使が米国のイラン核施設攻撃を支持
http://www.guardian.co.uk/world/2010/jul/07/uae-envoy-iran-nuclear-sites

これは、サウジがはっきりした態度を取れるようにする援護射撃だ。
イランの核問題で、湾岸王政諸国はイスラエルと利害が一致するに至っている。
問題は、それを口に出すことがなかなかできないだけだ。
サウジにとってイスラエルの核兵器は脅威でもなんでもないが、同じイスラム教国でも
シーア派の革命輸出国のイランの核は大脅威なのである。

この猫の目のように敵味方の関係が変わる前近代の部族当地地域で核拡散など、
悪夢以外の何ものでもない。イラン攻撃に反対する自称平和主義者は、10年以内に
ほぼ確実に中東で勃発する核戦争の種を撒いているのである。

もっとも、イランがイスラエルや湾岸諸国を核攻撃したとしても、気流の流れからいって
死の灰が流れてくるのはイラク、イランだから、結局は中東一帯が人間の住めない
荒野になるのだが。

168 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 00:43:19 ID:7q8rX/lM
>>166

南北に分かれた朝鮮半島の存在は敗戦後において日本が日本として存続できた源泉でした。
(拉致被害者の家族に袋叩きに会うでしょうが)

日本の不幸は物事をあらゆる面から解説できるジャーナリストやコメンテーターがいなかったことのようです。
(ある意味この低レベルな連中は巧妙なやらせ連中かもしれませんが)

2000万人からの労働力人口と全く未開発かまたは老朽化した社会インフラ未整備な北朝鮮とはいろいろな意味で
宝の山なのです。



169 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 09:58:57 ID:EQ5eJVQL
日本が半島や大陸に深入りすると、ろくなことにならない。

宝の山....詐欺にひっかからないようにねw
ttp://kuromacyo.livedoor.biz/archives/334791.html

170 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 12:12:39 ID:7q8rX/lM
>>169 日本が半島や大陸に深入りすると、ろくなことにならない。

御意です。

あくまでも中国にやらせればよいのです。
仮に北朝鮮の国土再開発・インフラ整備に中国が積極的にかかわることとなるときその現場責任者は多くが
中国遼寧省、吉林省、黒竜江省の朝鮮族たちでしょう。

いままで中国大陸内ではマイノリティーだった中国居住の朝鮮族たちが一挙に表舞台に出るのです。
彼ら中国に今は住む多くの朝鮮族とはかつて朝鮮半島が日本の属領であった時点で当時の日本人として、
いわゆる満州開拓民として満州国建国のために移住させられた方々なのです。

満州国が大東亜戦争終結時に表面上は消滅したのですが、人的交流は今も続いているだろう事は想像に
難くありません。

つまり、今の日本と中国大陸朝鮮族との人的交流は世代を超えてきっと存在します。
もっと積極的な読みをすれば、今の日本と北朝鮮朝鮮族との人的交流も世代を超えて存在すると考えられるのです。

日本人拉致問題の根源とは、中国やロシアに飲み込まれまいとする北朝鮮の日本へのアプローチだったのかも
しれません。 もっと深読みすれば、実質的な再軍備を日本が行うためのプロパガンダだったのかもしれません。





171 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/13(火) 13:31:05 ID:7q8rX/lM
>>all

朝鮮半島情勢の今後について、根底には白頭山の噴火がまずあります。
その事態の規模がどのくらいなのかも非常に重要な情報要素です。
しょぼい噴火なのか、中規模なのか、カルデラ巨大噴火なのか・・・
一番情報を握ってるのは北朝鮮ではなく日本です。

上記とも関連するのですが、戦前において日本は(日本陸軍は)朝鮮半島の地下構造をつぶさに調べあていた
ことでしょう。 その資料の多くはたぶん終戦時に日本へと持ち出されたと考えることができます。

鉄道や道路を建設する為には地盤構造の掌握が必要であり、日本は戦前の資料から概ねそれを知っているのです。


ところで、韓国哨戒艇撃沈問題から韓国(南朝鮮)はこの宝の山への関与が全くできないでいます。

北朝鮮再開発による世界経済の延命作戦において、本来は主体的に韓国が関与する(経済的な恩恵を得る)
のは当然なのに、それが適わないのでのであって、ある意味できすぎた事態なのです。

つまり、韓国哨戒艇撃沈問題とは事件や事故ではなくやらせなのかもしれません。

中国、ロシア、日本(米国)にとって朝鮮半島情勢について利害が一致する事とは、朝鮮半島が38度線を境にして
引き続き南北に分断されていることなのです。

日本が北朝鮮との緊張緩和に向かうには韓国(南朝鮮)との緊張醸成が必要です。
わが日本固有の領土である対馬に土足で上がりつつある韓国人(南朝鮮人)たちの行状がマスメディアで取り上げ
られ、北朝鮮=悪、韓国(南朝鮮)=善、という図式が、北朝鮮=善、韓国(南朝鮮)=悪、という図式へと変化する
ことでしょう。



172 :日出づる処の名無し:2010/07/13(火) 20:29:30 ID:EQ5eJVQL
真偽のほどはわからないが、最近やたらテレビCMをやっている。

ttp://www.nikaidou.com/archives/3906

陰謀論ではないが、地球の人口削減には役に立つだろう。

173 :日出づる処の名無し:2010/07/14(水) 00:40:03 ID:kGVRhtU5
ttp://www.youtube.com/watch?v=8nRV-KNdRdY&feature=related

新インフルエンザワクチンにも子宮頚癌ワクチンにも添付されている
アジュバンド(免疫増強剤)
 子宮頸がんワクチンをはじめとする最近のワクチンには、アジュバント
(免疫増強剤)が添加されています。アジュバンドの働きで、ワクチンの
有効成分が、より長く体内に残留し、人体の抗体反応を刺激するため、
ワクチンの効果を増すとされています。
ttp://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

-------------------
新インフル広めて人口削減
陰謀論すぎる?w

174 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 05:50:12 ID:nIRPTXpu
>>172
>>173

人類種の異常増殖を防ごうとする為政者の施策は暗に陽に存在する事でしょう。

その事が各民族・各国家社会内で主体的になされるのではなく、世界的権力者により暗黙的な政治的行いとして
なされるところに問題点があるようです。

私がグローバリズムに嫌悪感を抱く所以のひとつです。

ただしかし、我々にも問題があります。
それは、世界的権力者によるあらゆる施策をこれまた暗黙に家畜のごとく受容してしまっていることなのです。

世界政治への捕らえ方がグローバリズムと反グローバリズムで分けられるのはそのとおりですが、反グローバリズム
の中身が問題なのであって、反(アンチ)という言の葉にもっと意味と具体的な施策が必要になります。

人類世界はこのままグローバリズムで行くのか、それともある時点を境に栄誉ある孤立へと転換してでゆくのか・・・・


175 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 06:01:50 ID:nIRPTXpu
>>172
>>173

世界人口の推移
http://www.okayasanso.co.jp/image/C0A4B3A6BFCDB8FDA4CEBFE4B0DC.jpg


176 :日出づる処の名無し:2010/07/15(木) 18:47:29 ID:mUZDCCxK
中国で言語革命:北京、全市民に英語推進 広州、広東語放送中止に市民猛反発
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/html/d12613.html?ref=rss

国をあげて逃げ出す準備とは。

177 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/16(金) 00:10:20 ID:AivdBzJH
>>176 全市民に英語推進

一体全体北京政府は何やろうとしているんですかね。
北京語が全中国でやっと通じるようになったのはつい最近ですよ。

ここへきて郷土のもともとの言語(ローカル語)を覚えることは当然として、
北京語と英語まで強要するとは、中国全土が言語障害を起こしてしまいそうです。

それともこれは方便で、ちゃんちゃらおかしな英語力検定試験とやらを設けて
市民を差別化するのかもしれませんね。

何のための差別化なのかは想像するしかありませんが、国内騒乱に備えてなのか
来るべきインドとの戦争に備えてなのか、海外移住のためなのか、シンドラーのリスト
への順位付けのためなのか・・でしょう。



178 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/18(日) 14:15:03 ID:h25aE3sY
>>all  今現在、世界各地では豪雨、熱波、旱魃、など等、異常気象が頻発しております。
以前でしたらマスメディアはこぞって地球温暖化が異常気象の原因であると言い切っておりました。
ところが今は、多くのマスメディアはできる限り地球温暖化という言の葉を避けてその原因を偏西風の蛇行であると
説明しております。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100717/dst1007170001000-n1.htm

どうして地球温暖化が異常気象の原因であると積極的に言わなくなったのでしょうか?

================================================================================================
(1)クライメイトゲート事件     2009年11月
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%80%99%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B5%81%E5%87%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
イギリスにあるイースト・アングリア大学(UEA)の気候研究ユニット(CRU:Climate Research Unit)がクラッキングを
受け、地球温暖化の研究に関連した電子メールと文書が公開された
(2)COP15破綻           2009年12月
http://www.wwf.or.jp/activities/2009/12/778321.html
結果的に、会議はほぼ破綻という形で幕を閉じました。・・・・・
(3)2010年イギリス総選挙によるゴードン・ブラウンの失脚           2010年5月
http://ja.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99
グローバリスト ゴードン・ブラウンの演説 => http://www.youtube.com/watch?v=YmNpboGDf-w&feature=related
(3)ドイツ大統領、辞任        2010年6月
http://www.asahi.com/international/update/0601/TKY201005310499.html
(4)フランス大統領 サルコジのスキャンダル暴露               2010年7月
http://mainichi.jp/select/world/news/20100716dde007030087000c.html
(5)ゴア元副大統領に強制わいせつ容疑                     2010年7月
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100701/amr1007011327005-n1.htm
================================================================================================

私は上記事態を勘案するに、地球温暖化を脅しとして人為的CO2排出削減を全人類に強要する地球温暖化脅威
政治戦略(グローバリズムの一形態)が、銀河系由来の宇宙線の20%増大により明らかな寒冷化事態を迎え、
破たんしたからだと思います。 http://www.scientificcomputing.com/uploadedImages/Images/0910/cosmic_rays1_lg.jpg

179 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/18(日) 14:45:52 ID:h25aE3sY
>>all

       IPCCは昨年11月のクライメイトゲート事件以降実質機能不全に陥っております。

IPCCのバックボーンであったグローバリストたちが次々と戦線離脱する理由とは昨年来の地震の頻発や火山の
噴火の誘引が銀河宇宙線の増大にあることが判明しそれがマウンダー極小期に匹敵する地球寒冷化を引き起こす
可能性が高まったと判断したからでしょう。

クライメイトゲート事件とはだれかがこの世界政治の転換を引き起こすために仕掛けたのです。
すべては想像の粋をでませんが、たぶんアメリカ影の中枢(ペンタゴン)が仕掛けたのだと私は思います。

ヨーロッパ主導の地球温暖化脅威政治戦略(グローバリズムの一形態)を破たんさせる国際政治戦略とともに、
中国(第3世界)とアメリカ・ヨーロッパとの対立を作り出し、北朝鮮軍が暴発する事態を演出し、イスラエルを孤立化
させ、イランに悪のレッテルを貼り付け、・・・・と言う様な流れで世界はこの半年動いてきた様に私には見えます。

ヨーロッパ主導の地球温暖化脅威政治戦略とは、ある種のソフトグローバリズム国際戦略であったと言えるでしょう。
それが破たんしたのですから、これから後の世界はアメリカ主導のハードグローバリズム国際戦略に従うほかありません。


180 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/18(日) 15:13:24 ID:h25aE3sY
>>all

今までのソフトグローバリズムは世界政府樹立により人類人口削減を政治的・経済的手段により秩序よく行おう
としました。

しかし、マウンダー極小期に匹敵する地球寒冷化の到来が明確化して、なにも世界政府が政治的・経済的手段
で納得の上で人類人口削減を行わなくても、寒冷化による食糧危機が人類人口を適正化する、との判断が働いて
ソフトグローバリズムは一挙に影をひそめて、軍事的手段を前面に出したハードグローバリズム受容へと世界は
動きつつあるようです。

地球寒冷化による世界的な食糧危機が人類人口を自然削減に導く事を前提に、その際、起こるだろう民族大移動
が人類世界の秩序を破壊する可能性があり、それを阻止するためにペンタゴンは準備を完了しました。

まず核兵器の使用は絶対に許さない世界政治体制構築があり、他国への侵略行為にはそれを行なう国家中枢を
遠隔で破壊する手段が必要となりアメリカ軍は世界のどの地点でも1時間以内にピンポイントで破壊する高性能
高速ミサイルを実用化させたのです。  http://www.youtube.com/watch?v=Mvqi6QRGAR4

ここまでの準備をした上で、アメリカは早々表面的なモンロー主義(栄誉ある孤立主義)を復活させるのでしょう。

これから後地球寒冷化が進行し、世界的な混乱・騒乱・戦乱が世界のあちこちで生じて、お互い利害の衝突する
国際社会はそれでも国際的な意思(国連決議等)には従わざるを得ず、国連からアメリカ軍への出動要請が
必然化せざるを得ないことをペンタゴンは想定しているようです。

アメリカ主導のハードグローバリズム戦略の問題点は従来のソフトグローバリズムに変わる秩序ある人口削減を
行いうるイデオロギー(人類の基本ルール・正義)がまだはっきりしていないことだと私は思います。

人類人口削減事態において、無秩序な民族移動と破壊を回避するために 『 栄誉ある孤立 』 を新世界秩序
イデオロギーとして私は提唱します。

181 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/19(月) 20:47:01 ID:ztv/DySc
>>all  メキシコ湾原油流出続報
================================================================================================
原油の海中流出一部止める 最終判断にはなお時間 英BP                        2010.7.15 11:26
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100715/amr1007150911004-n1.htm
================================================================================================
密閉ぶた試験を24時間延長 原油流出で米政府とBP                            2010.7.18 13:55
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100718/amr1007181357002-n1.htm
================================================================================================
密閉ぶたに異常の可能性 メキシコ湾原油流出事故                             2010.7.19 12:24
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100719/amr1007191225002-n1.htm
================================================================================================
油井周辺の海底、新たな原油流出見つかる                                  7月19日18時44分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100719-00000492-yom-int
 ・・・・・・・ 実験を打ち切って弁を開き、再び原油回収を始めることを検討している模様だ ・・・・・・・
================================================================================================

原油流出・もはや手遅れ  http://blogs.yahoo.co.jp/utukusii_hoshi/61902382.html
流出原油:大西洋海流で欧州まで到達? http://wiredvision.jp/news/201006/2010060423.html

一説によるとこの油田は30年以上自噴する巨大油田とのことです。
もう事態は百年単位の事となっているのかもしれません。

以前申し上げたように、>>149 メキシコ湾流・北大西洋海流が変調を来たすだろう事は早々現実化します。 

NOAAや気象庁は大気温度が過去数ヶ月が各々最高を記録したと発表していますが、北極海海氷面積のデータでは
確かに5月6月の海氷面積減少率は顕著なのですが、7月に入って急速鈍化しており、8月のデータが注目されます。
http://www.ijis.iarc.uaf.edu/seaice/extent/AMSRE_Sea_Ice_Extent_L.png
もうすでに、メキシコ湾流・北大西洋海流が変調を来たしている可能性があります。 異常気象はもっと多発します。


182 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/20(火) 21:11:03 ID:szilZ5YH
>>all 猛暑でうだっているときこそ下記情報を加味して地球思考をしなければならないでしょう。
================================================================================================
異常な寒さが南米で猛威 死者など各地で被害                       2010.07.20(CNN)
http://www.cnn.co.jp/world/AIC201007200018.html
南米大陸南部がこのところ強い寒気に覆われ、各国で死者が出るなど被害が拡大している。 ・・・・・・・
================================================================================================

地球気候システムは銀河系由来の宇宙線の20%増大により明らかな寒冷化を迎えているはずです。
http://www.scientificcomputing.com/uploadedImages/Images/0910/cosmic_rays1_lg.jpg
http://sidc.oma.be/html/wolfjmms.html

今般の北半球各地での異常高温、豪雨、旱魃があって、北極海海氷面積のデータでも確かにエルニーニョや
インド洋高温化の影響で5月6月の海氷面積減少率は顕著なのですが、7月に入って急速鈍化しており、
8月9月のデータが注目されます。 おそらく夏季の北極海最小海氷面積は2009年並となると私は予測してます。

http://www.ijis.iarc.uaf.edu/seaice/extent/AMSRE_Sea_Ice_Extent_L.png  <==必ず開いて良く見てほしい

北極海海氷面積データは2007年まで年々減少していることから地球温暖化の証拠とされてきました。
アルゴアの不都合な真実等々では早々夏季には北極海の海氷が人為的CO2による地球温暖化で消滅してしまうと
警告されてきました。

ところが今はどうでしょうか、このグラフをよく見れば、夏季北極海海氷面積は 2007年を最低として年々増加に
転じたのです。  2007年 < 2008年 < 2009年 という具合にです。 そして本年 2010年 がどうなるかです。

地球大気の直接測定温度データが都市温暖化や捏造により信憑性がないことは明々白々です。
北極海の海氷面積データは地球が温暖化に向かっているのかそれとも寒冷化に向かっているのかを判断する
ひとつの客観的・科学的な 地球大気平均温度相関データ と考えられます。
 

183 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/21(水) 18:14:02 ID:qFjGNKb+
>>all 現在、南半球で気候変動が起こってます。
================================================================================================
ペンギンの死骸、大量に漂着=大半が餓死−ブラジル                     (2010/07/21-14:29)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010072100485
 【サンパウロ時事】ブラジル南東部サンパウロ州の海岸に20日までに、南米大陸の南部に生息する
マゼランペンギンやウミガメなどの死骸(しがい)が大量に漂着した。原因は不明だが、大半が餓死している
ため、寒波や気候変動によるとみられる海水温の低下で、食料となる魚が減少したことが影響しているもようだ。
================================================================================================

南半球の海流に変動が起こっているようなら一大事です。


白頭山噴火が差し迫っているのか、日本はいよいよ対北朝鮮独自外交をはじめるようです。
================================================================================================
【金元工作員来日】曲折乗り越え証言へ 北への圧力に                       2010.7.20 21:50
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100720/kor1007202153011-n1.htm
 金賢姫元工作員が大韓航空機爆破事件の実行犯として逮捕されてから23年。
北朝鮮の闇を知る「生き証人」はさまざまな障壁を乗り越えて、横田めぐみさんに関する新情報を両親に伝えること
になった。  内容にかかわらず、金元工作員の証言は北朝鮮に圧力をかけることになりそうだ。(桜紀)
================================================================================================

つんぼ桟敷に置かれた自民党総務会はファビョッテル様ですが、そんなことお構い無しに事態は急速に動いてます。
米韓軍事演習と中国軍事演習、ロシア軍事演習。
この緊迫した状況の中で、日本外交はまさに本領(本音)を出そうとしております。

北朝鮮を断じてつぶしてはならないのです。 それが極東の安全保障のためであり、世界経済が上海万博後の
バブル崩壊で奈落の底に落ちるのを防ぐ道なのです。  北朝鮮へのインフラ投資こそが世界経済を延命させる
のです。 まずは日本人拉致問題の劇的解決を早急に行なうべきなのです。  たまりたまった1兆ドルなどくれてやればよい。

184 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 21:33:03 ID:aFfHjxo9
真空パック論
ttp://tawawa.blog.shinobi. jp/Entry/1500/

185 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/21(水) 22:06:37 ID:qFjGNKb+
>>184

オカ板さんまでご登場とは恐れ入ります。
でももうちょっと現実的思考は如何でしょうか?

地政学的に北朝鮮とは本来日本の味方です。

隣接国家は敵性国家です

韓国(南朝鮮)は仮想敵国です。
ロシアは仮想敵国です。
中国は仮想敵国です。
米国は???国です。

敵の敵は味方なのです。


186 :日出づる処の名無し:2010/07/21(水) 23:26:33 ID:aFfHjxo9
おやおや「現実的思考」という言葉がきけるとは…w
電波度では似たりよったりではないでしょうか。

それではぐっと歩みよってこれでは如何でしょうか。

ttp://yaplog. jp/joeui/archive/373


187 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/22(木) 00:20:33 ID:nCeSupww
>>186

お褒めに預かったようで恐縮ですw
でも現実は現実ですから
しっかり歴史の現実を見届けましょうね、お互いに
もう歴史変動の狼煙(のろし)は上がったようなのですから



188 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 00:21:55 ID:f8zaL6ee
隣接を言うなら、経済圏で考えるべきであって、
韓国や北朝鮮が単体で成り立つ国であると言うなら、
それは北朝鮮の主体思想とやらじゃないすかね。

189 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/22(木) 01:10:06 ID:nCeSupww
>>186

まだニュースにはなってないけど、立ち上がれ日本 の爺っちゃん達が
民主党首脳と自民党首脳との橋渡しをもう始めてることでしょうね。

小沢元幹事長は政治的動きを始めたようですよ。 宗雄も元気です。
たぶん北朝鮮側からの非公式なSOSが届いているのでしょう。
どのような政治的シナリオでこれからの事態が推移するのか、
とにかく白頭山噴火と時間の追いかけっこのようです。

アメリカとロシア、中国にしてみれば大東亜戦後引きこもり戦略(吉田ドクトリン)を
とり続けてきた日本を外交的表舞台に引っ張り出す絶好の機会なのであり、
日本外交を妨害するなど考えにくいですね。(表面上はいろいろあるのでしょうが)

北朝鮮内部では官僚と軍が幾つかの派にわかれて権力闘争やってるのでしょうが
丸腰の日本が乗り込んでくることに対して北朝鮮内部では各々の派は概ねそれは
受容できることなのでしょう。

北朝鮮暴発から北朝鮮崩壊、南北統一だけはアメリカ、ロシア、中国、とも阻止したい
と考えてるでしょう。  なぜならば、南北統一された朝鮮半島は自動的に核武装国家
なのであり、国力を持った統一朝鮮が核武装している現実に対して日本国は必然的に
核武装せざるを得なくなるからです。

全段固体推進のロケットで惑星探査機を太陽周回軌道に打ち上げて、それを自由自在に
操れる日本が核武装することこそアメリカ、ロシア、中国共通の脅威なのです。

第2宇宙速度(秒速12Km)で地球の任意の場所に飛翔体を極めて正確に衝突させる
技術を持っている日本とは、しかも尚、弾道弾迎撃ミサイルシステムまで持っている
日本とは、・・・・ 今でもとんでもなく恐ろしい国なのですから。

190 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 01:11:56 ID:f8zaL6ee
向こう三軒両隣に包丁を持って押し掛けて、
金を出せとか、ちょっと考えられませんが。

191 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 11:51:42 ID:X20CeOq5
会見で滋さんは金元工作員の印象を「写真ではよく拝見していたが、会ったのは初めて。
 若々しかった。真摯に対応してもらった」と述べた。めぐみさんに関しては、金元工作員が
 「(めぐみさんの顔を)1回だけ見た」と話したことを明らかにした。「新しいことはなかった」とも
 付け加えた。

 早紀江さんは「わたしたちが一番知りたいことは分からなかった」としながらも「『めぐみちゃんは
 猫が好きで、面白い表現をした』という話を聞いて『どこに行ってもめぐみは変わらないんだな』と
 思った」と話した。
 http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100722/kor1007220827004-n1.htm

・きのう(7月20日)来日した金賢姫元死刑囚は、軽井沢の鳩山由紀夫前首相の別荘で、
 彼女に日本語を教えたとされる田口八重子さんの家族と面会した。面会終了後、家族は
 「新情報はとくにない」「横田家については貴重な情報が得られるのではないか」と述べた。(抜粋)
 http://www.j-cast.com/tv/2010/07/21071480.html


192 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 11:56:11 ID:X20CeOq5
 記事は、日刊ゲンダイの報道を引用し、日本政府の招きによる金元死刑囚の訪日に1億円ほどの
 費用がかかったと伝えた。また、金元死刑囚と面識があるとされる日本通の関係者が「金賢姫は
 少なくとも2000万円から3000万円ほどの報酬をもらうとみられる」との見方を示したと報道。
 拉致問題の解決につながると期待されている金元死刑囚の訪日に、多額の費用がかかっており、
 政治的なパフォーマンスの可能性を指摘した。
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0721&f=politics_0721_005.shtml

193 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 12:48:50 ID:X20CeOq5
過去ログより引用
37 名前: 変なおやじ ◆Pvi4QlUs6E 投稿日: 2007/01/01(月) 21:38:53 ID:S2LNCJ46
>>all
 全米を騒然とさせた 『 不都合な真実 』 が上映開始されようとしております。
        副題 「 我々は今、絶滅の危機にあるのです 」
 あくまでもフィクションとしての気候変動を捉えた「デイ・アフター・トゥモロー」 につづいて
アル・ゴア元副大統領が迫真に訴えるノンフィクションとして気候変動を捉えた『不都合な真実』
が全国で上映開始されようとしております。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2006/07/221/
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=59
=======================================
 人類にとって、ただひとつの故郷である地球は、今最大の危機に瀕している。年々、上がり続
ける気温のせいで、地球体系が激変し、植物や動物たちは絶滅の危機にさらされる…。
 傷ついた地球を救うため、立ち上がったのは、アメリカの元副大統領、アル・ゴア。
 孤高のサムライは、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関する講演を世界中で開き、
地球の危機を訴えてきた。
 「不都合な真実」はそんな男の勇気と希望に満ちた闘い、そして、同時に「人類が滅亡するまで
の真実のシナリオ」を明らかにする。
 全米で公開されるや、77館のみでの上映にもかかわらず全米トップ10入りして、スクリーン数
を約600館に拡大。「華氏911」以来の衝撃的な大ヒットドキュメンタリー映画。
=======================================
 もうここまで現実は切迫しているのであって、我々新世代日本人は父祖から引き継ぐ日本文明
社会を存続させるためにどの様にあらねばならないかは明らかなのであり、まず自らの社会集団
に抱える破滅主義者・心中強要主義者達すなわちこれら戦後的価値観を強硬に主張し続ける精神
を患う者達(基地外)を社会の主要なポスト(政治家・官僚・法曹関係者・マスコミ・ジャーナリスト・
教育関係者・宗教指導者・企業経営者等々)から社会闘争をもって放逐しなければなりません。
 これら日本社会の存続を阻害する者達(たとえ無自覚であっても)の共通項は生き抜くための
倫理・哲学・宗教をもたず、母なる地球を時間空間的に大きく俯瞰する自然科学的認識論を
持たず、一見まともそうな論理は結局人間中心主義でしかなく、即ち軟弱無知蒙昧無責任
なところにあります。 そしてなりより彼らの共通項は武士道精神の価値を否定するところです。


194 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/22(木) 16:34:08 ID:nCeSupww
>>191
>>192
     日本人拉致被害者と面識のある金賢姫さんとは日本人一般へのリトマス試験紙のようですね。

拉致問題の本質とは20年以上にわたり同朋が行方不明になっていたにもかかわらずほったらかしにしてきた一般
日本人に責任が少なからずあるのです。

この期に及んで拉致被害者家族にとって貴重な情報を提供してくださる金賢姫さんに対してまったく失礼な報道しか
できない、またその破廉恥な報道に付和雷同する連中とは、結局同朋が20年以上にわたり行方不明な中でほった
らかしにしてきたことに罪悪感を持たない、これから先の社会動乱に際して存続するに値しない連中なのです。

>>193
      まったく痛いところを衝かれてしまいましたが、少し言い訳を言わせてください。

私は2002年時点より地球環境が激変することを主張してきたつもりです。 ある意味人為説であったことを訂正します。
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/ulmat-nsl/freepage?page_id=2001

しかしながら、あくまで地球環境とは複雑系であって気候変動等の原因がたとえ人間世界の営みであったとしても
それを制御することは原理的に不可能であるとも申し上げてきました。

2007年時点において地球は温暖化しているとも申し上げてきましたが、それはやがて気候変動し寒冷化へと向かう
ともペンタゴンレポートを紹介することにより主張してきました。

アルゴアにしろハンセン博士にしろ、長期的トレンド(環境意識の醸成)を作り出すための役者であったと今の時点で
やっと解ったのでして、バックのグローバリストの国際戦略が明確理解できたのはつい最近です。

問題は地球寒冷化への気候変動に今まさに地球環境が突入したことだと理解すべきです。
人為的温暖化論者の揚げ足とってもなんにも解決策は出てこないとも理解すべきです。

195 :日出づる処の名無し:2010/07/22(木) 19:42:18 ID:3j1WwN7N
そうなの?

196 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/22(木) 20:30:14 ID:nCeSupww
>>195

多分あなたは気候変動に関すいるペンタゴンレポートをしっかりとは読んでないでしょう
http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/Pentagon%20Report.htm

この気候変動に関するペンタゴンレポートが2004年初頭リークされ、
2004年5月にわたくしは早速日本語訳して2chに投稿しました。

ところで、9.11事件に始まるアメリカ中枢の世界戦略の大激動がその前にあって、
世界は何がどうしてどうなってるのだ、これから世界はどうなるのだ、との思考を深めるうちに、
21世紀を迎えた近未来とはとんでもないことが起ころうとしているに違いない、
との確信を得て、2002年8月から当スレを継続してきました。 もうすぐ8年になりますw

今までの世界の流れを勘案するに、気候変動に関するペンタゴンレポートとは預言書(予定書)です。

いよいよ突発的気候変動が本格化した2010年今現在以降、ますますペンタゴンレポートに書かれて
いることの重要性は増すのであって、それを認識した上での行動が、国家社会なり会社なり家庭なり
個人なりの生き抜く術を具体化するのだと考えられます。






197 :日出づる処の名無し:2010/07/23(金) 09:03:27 ID:0WppjXwK
【金元工作員来日】海外では「飛行機を爆破した北朝鮮の元スパイが日本で歓待」と驚きの声、中井大臣「W杯後で注目されやすい今の時期を選んだ」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1279837592/

【金元工作員来日】 「超法規的措置までして来日…意味あるのか。日本政府と韓国のパフォーマンスだ」…家族会元副代表・蓮池氏
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1279785493/

198 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/23(金) 13:42:07 ID:8aD+/AD2
>>197

日本の世間一般では拉致事件の風化が顕著であったのですから、その事をいちばん危惧していた蓮池さんの
本心が上記記事であるはずはありません。

日本の世間一般が拉致事件を通して韓半島との関係性をまず自覚する必要性があります。
今はまだ刺激が強すぎるので白頭山噴火による韓半島有事についての議論は行なわれていませんが、

白頭山噴火のリスクは時間とともに増加しているのであり、その事を勘案して今を洞察すれば、
金賢姫さんの今の来日とはもっと深い意味があるのであり、
その事などを洞察できない馬鹿はおとなしくしていたほうが無難なのです。

韓半島有事は政治的な流れよりか白頭山噴火により必然的なのです。

この有事に際してわが日本の国益を最大限にするには、北朝鮮の国家としての存続がまずは必要だと私は主張します。

なんべんでも言います。
拉致問題の本質とは同朋が誘拐されても無関心であった腐りきった戦後日本人社会そのものなのです。

日本の為政者達が今仕掛ける韓半島有事外交に今はおとなしく従いなさい。 同朋諸君!


199 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/23(金) 18:22:38 ID:8aD+/AD2
>>all
================================================================================================
事故前に「掘削やめたい」=BPが通知―三井物産系トップ                      7月23日13時39分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000079-jij-int
 【ワシントン時事】22日開かれた米議会の公聴会で、三井物産系の石油開発会社MOEXの石井直樹社長は、
4月20日に発生した米メキシコ湾の石油掘削施設の爆発事故の1週間前に「安全上の観点からこれ以上の
掘削はやめたい」との電子メールを事業運営会社の英石油大手BPから受け取っていたと明らかにした。
 事故前のBPの対応をめぐっては、これまでに現場のエンジニア間で掘削の危険性を指摘する電子メールが
やりとりされていたことが明らかになっている。
石井社長の証言内容はBP側が掘削の危険性を認識していたことを示すもので、米司法省による刑事、民事両面
での責任追及に影響を与える可能性がありそうだ。 
================================================================================================

国家間(米英)の訴訟という段階へとエスカレートしつつあるようにも見受けられますが、原油流失ポイントを塞いだ
今の状態とは海底地盤の断層へと原油が蓄積されているのだと考えられますね。
海底の地下構造を詳細に知っているのはまず、BP自身でしょう。
この重要な情報はインターネットを押さえているペンタゴン中枢も当然知っているのでしょう。

大量の中和剤をなぜ準備できていたのか、またこの中和剤の影響でアメリカの穀倉地帯に影響が出ることを知って
いて何故散布を続けるのか?
すべてはこれからですが、なにやら胡散臭さを感じてしまうのは確かでしょう。

ですからソフトグローバリズムは破綻した。 との仮説の元に考えてみるのも一考です。
そしてハードグローバリズムの首謀者とはいったい誰なのか、その根本イデオロギーとはどのような思想なのか。
今はトンデモ仮説なのですが、私はハードグローバリズムの首謀者とはWASPでありキリスト教原理主義者たち
なのではなかろうか、ペンタゴンの中枢とはこのWASPでありキリスト教原理主義者たち(モルモン教徒などを含む)
が握っており、根本思想はハードグローバリズムと言うよりかハードローカリズムなのではなかろうかとの考えも
あります。 したがって、このハードローカリズムな方々とは本来的日本の主張 『 棲み分け原理に基づく栄誉ある孤立主義 』
とほとんど同じ思想を持っている方々であると私は感ずいております。 

200 :日出づる処の名無し:2010/07/24(土) 13:28:08 ID:AnlQUUlH
NASAが上層大気の熱圏崩壊を15日発表しました。「少なくとも過去43年間で最大の熱圏収縮」だと、
発見報告書をまとめた主筆の米海軍研究所(NRL)ジョン・エマート(John Emmert)氏は話しています。

熱圏の収縮は今に始まったことではなく、太陽の動きが活発でない時期は大気も冷え込んで縮むものなので、
2008年から2009年の太陽活動極小期にこのような現象が起こっていたこと自体は驚きでもなんでもないんですが、
問題はその半端ない規模。な〜んか「太陽の活動が活発でない」ということで説明のつく範囲を余裕で2〜3倍
超えちゃってるんだそうですよ? 

「我々に理解できない何かが起こっている」(ジョン・エマート氏)

原因として考えられるのはCO2排出で大気圏は温まってるんだけど上層は冷却されている、ということですね。
(解説ビデオ http://www.livescience.com/common/media/video/player.php?videoRef=LS_091217_thermosphere
でも仮にそうだとしても、「それを勘定に入れてもまだ説明が追いつかないレベルなのだ」と氏は話してます。
なんなんでしょうね。

熱圏は地球大気と宇宙空間が出会う場所に近く、我々からはだいぶ離れてます。もうリバウンド中という話
ですのでパニックするまでもないとは思うけど、「科学者にも説明不能」と聞くと、どうしても悪い方に考えが...
2012年、世界は終わるんだろか...。

http://www.gizmodo.jp/2010/07/post_7338.html

201 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/24(土) 18:15:32 ID:i+px3HJF
>>200
================================================================================================
熱波と寒波がなぜ各地を襲うのか、その理由を最近米連邦航空宇宙局(NASA)が7月15日に公表しました。
A Puzzling Collapse of Earth's Upper Atmosphere
http://science.nasa.gov/science-news/science-at-nasa/2010/15jul_thermosphere/

NASAが公表した報告書をまとめた米海軍研究所(NRL)ジョン・エマート(JohnEmmert)氏は、上層大気の熱圏崩壊
が起こっており、「少なくとも過去43年間で最大の熱圏収縮」だと証言しています。

大気とはこの地球を守る「層」のことで、大気は地表からせいぜい1000km、空気の特に密な部分だと100km以下の
薄い層です。 球面である地球に張り付いたこの薄い流体層が、宇宙空間の有害な影響から生物を守り、多くの
複雑なプロセスを経て現在の気候や天気の変化を生み出していて、 私たちの生活環境を守っています。

大気は高さごとに気温を 指標にしたいくつかの領域に分けられていて、下から対流圏(約15km以下)・ 成層圏(15-45km)
・中間圏(45−85km)・熱圏(85km以上)と呼ばれています。
地表付近の天気は日々ダイナミックに変化していきますが、 地上から何十kmも上空の超高層大気もまた大変大きく
変動することが知られています。

成層圏では オゾン層が太陽紫外線を吸収して加熱するため、高度45km付近を極大とする気温の高い層が生まれます。
オゾン層のような強い加熱源のない中間圏では、 高度が上がるほど気温は下がります。
「熱圏」ではさらにエネルギーの大きい 太陽からの紫外線やX線の吸収・加熱により温度が上昇し、2000℃まで上昇
することもあります。
================================================================================================

202 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/24(土) 18:17:40 ID:i+px3HJF
>>つづき
================================================================================================
現在、米海軍研究所のジョン・エマート氏の研究によると、この「熱圏」が大きく収縮を見せており、「崩壊した」とまで
断言しています。 「熱圏」の収縮はそう珍しい現象ではないそうですが、今年の収縮はこれまでの3倍から4倍収縮して
いて、まさにそれは「崩壊」といって良いレベルにあるそうです。
「熱圏」は太陽から最大の紫外線(EUV)を吸収し、太陽活動が活発なとき太陽からの紫外線は熱圏を暖め、太陽活動
が不活発だとその反対となります。つまり「熱圏」が崩壊したということは、地球の体温調節が出来なくなったということを
意味します。 つまり、今世界中を熱波や寒波が襲っている原因は、「熱圏」の崩壊にあることで説明できます。
そのため、地球はもう壊れたと言っても良い状態にあると言えます。

さらに恐ろしいことは太陽からの紫外線やX線の吸収する層が崩壊したことで、地球上の生物がきわめて危険な状態
にさらされることになります。
ある場所の観測データによると夏のこの時期でUV放射(紫外線)の指数はこれまで10であったが、2010年6月半ば
以降その指数が14まで急激に上昇しました。太陽放射もこれまでより20パーセントも増えたと報告されています。
このような数値のもとで、戸外で長時間過ごせば人体にとっては自殺行為となります。夏休みとなり多くの人たちが、
長時間戸外で過ごすことになりますが、危険をさけるためには戸外に長時間出てはならないのです。
本来なら政府がこのような重要情報をアナウンスし、国民に呼びかけなければならない基準にあると思われるますが、
そのようなことは国家は絶対やりません。
自分や家族を守るために、今はどれだけ自分で「情報」集められるかにかかっています。

熱圏の崩壊を観測したジョン・エマート氏は、「我々に理解できない何かが起こっている」と語っています。

今後地球では夏には熱波が襲い、冬には寒波がお襲う事態が恒常化します。

================================================================================================


203 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/24(土) 18:19:29 ID:i+px3HJF
>>200 ,all

何がどうしてどうなってるのか、皆目検討がつきませんが、なにやら地球環境が今までとは大きく異なる事態になって
いるようです。

熱圏の収縮とはどのような事態を招くのか、解説にあるようにこれが原因で宇宙空間との熱収支が極端な状況に
なっているのか、これからも引き続きそうなるのか、等々、解らないことばかりのようです。

NASAのヘリオスフェア探査機IBEXがヘリオスフェアに破れがあることを昨年発見しました。 >>62-68 参照。
http://www.astroarts.co.jp/news/2009/10/21enas_flux/index-j.shtml

また、太陽系の惑星が個々に惑星環境に異常をきたしていることも関係しているようです。 >>65 参照。

地球温暖化人為説はお話になりませんが、スベンスマルク説においてもあくまで主体は太陽活動なのであって
太陽活動の盛衰が何に起因して起こるのかについては論説されておりません。
太陽活動の盛衰が地球気候に影響を与えている事についてはほぼそのとおりなのですが、太陽活動の盛衰を
起こす未知な原因が太陽だけではなく太陽系の惑星各々の環境も激変させていると言えるでしょう。

>>145,147,148,150,155 太陽活動、宇宙線増減の周期性に対するプラズマ宇宙論による解釈 参照。 

プラズマ宇宙論が主張する銀河系内に流れるビルケランド電流(宇宙プラズマを流れる電流)がヘリオポーズ
に蓄積された原子核やイオンを太陽系中心に向けて加速降下させ得ると仮定するとき、太陽活動の周期性と
宇宙線量の周期性とを説明できるのではと考えられるのです。 今般の地球熱圏異常も同様です。

プラズマ宇宙論が正しいとするならば、今は太陽系が銀河系のローカルな腕の中にあると観測されている事から
腕の中に渦巻いているプラズマのフィラメント螺旋構造を幾たびも突っ切って運動しているのだと考えることができます。
このフィラメント螺旋構造が比較的周期的な構造である結果、太陽活動や宇宙線量の周期性が生じているのだと
解釈することができるのです。  そして、太陽系の惑星にも環境異変を生じさせていると考えることができます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Cygnus-loop.gif  <=フィラメント構造

204 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/24(土) 19:17:36 ID:i+px3HJF
>>200 ・・・・2012年、世界は終わるんだろか...。

落ち着いてくださいw    我々は歴史に今こそ学ばなければなりません。

我々人類はマウンダー極小期にしろダルトン極小期にしろ、幾たび者小氷河期、もっと言えば本来の氷河期をとりあえず
でも生き抜いたのだから、気候変動や環境異変が直接の原因として人類が滅びることはないと私は主張します。

一番の問題は人口爆発してしまった人類そのものであり、具体的には世界を席巻する民族大移動だとはっきり言えます。

我々日本人ひとりひとりは、『 棲み分け原理に基づく栄誉ある孤立 』 を日本文明の古からの教えとして明確化し、
大洋に囲まれ存続可能性の最も高い日本列島弧という先祖から引き継ぐ生存環境を環境難民という名の偽善的侵略者
から断固守り、次世代へと引き継がねばなりません。 領海内に進入してきた難民船は闇雲のうちに撃沈すべきです。

私の申し上げている事を生理的に論理的にウヨだと忌避している方がいらっしゃるようならば、その方は明らかに我々日本人
一般の生存活動を阻害しており、まったくの足手まといな方なのであって、我々日本人一般が先祖から引き継ぐこの日本
列島弧を立ち退かれるのが筋だと私は申し上げましょう。

人権人道という欧米的人間中心主義を絶対とする論理こそが間違っていたのです。
それを認めたがらない方々とは私や私を育て上げた本来的日本人(欧米近代文明を受容しながらも屈服せずに戦い続けた日本人)
と感性論理ともに乖離しており、歩み寄ることなどできないのです。




205 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/25(日) 13:16:26 ID:cMy6lwBj
>>つづき

東西冷戦を終焉させた科学的根拠とは、東西陣営のまさに熾烈な戦場であった北極海の海氷原の下での潜水艦
どうしの戦いにおいて、北極海の海氷原の厚みがある時期以降急激に減少したことを東西両陣営の軍事関係者が
当然発見しそのことの原因を精査するうちに地球環境全体が激変しつつあると結論付けた結果であると思われます。

今明らかになったように地球大気の熱圏崩壊に匹敵するような地球海洋の深部に渡る海水温上昇とは、未知なる
原因により地球の海洋底温度が上昇したからだと理解すべきです。

オゾンホールの出現も時を同じくしており、巨大なダイナモである地球の北極域、南極域においてまず真っ先に
地球システムの異常が起こっており、この未知なる原因が地球磁場との相互作用をしたと考えられ、それは宇宙
空間からの作用であるとはっきり言えるのです。

アメリカペンタゴン中枢や、ロシア軍(旧ソ連軍)中枢(KGB)は、オゾンホール出現の理由が人為的ではないことを
もちろん最初から知っていたのでしょうが、今般の温暖化詐欺同様人類世界が地球倫理という概念を醸成するの
ならばそれはそれでよいとして放置観察してきたのでしょう。

それよりなにより、アメリカペンタゴン中枢や、ロシア軍(旧ソ連軍)中枢(KGB)はずいぶんと以前から地球環境の
異変をもっとマクロに太陽系全体の異変として捕捉しており、東西冷戦の早期終焉やインターネットインフラの整備
から世界金融システムの脆弱性を補強するための世界的な戦乱醸成(対テロ戦争プロパガンダ)等々、手を換え品
を変えて人類世界をコントロールしてきたのだと私には観察されます。

気候変動に関するペンタゴンレポートは2003年時点で何ゆえ詳細な未来予測が出来たのかの秘密とは、
ペンタゴン中枢が1980年代にまで遡って太陽系の異変を察知していたからなのでしょう。

我々は私を含めてこの30年間つんぼ桟敷に置かれていたのであって、これ以降も私などの先見的な論をデンパと
称して忌避する風潮がある以上、為政者(ペンタゴン中枢)からみて我々とは家畜としか映っていない事でしょう。



206 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/25(日) 13:17:46 ID:cMy6lwBj
>>all
             海洋温暖化についてのひとつの考察

遅情報ですが。 下記記事が2010年5月に出ておりました。 
================================================================================================
海水貯熱量が大幅増と気象庁 16年間の調査で判明                            2010年5月20日
http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1915704
世界の海水に蓄えられた熱量が、1993年から2008年まで16年間に顕著に増加したとの調査結果を、気象庁
気象研究所(茨城県つくば市)などの国際研究グループが20日付英科学誌ネイチャーに発表した。
投下式の水温計や観測船、海面から水深2千メートルまでを自動的に浮き沈みして水温や塩分濃度を調べる
観測機器3200台以上を用いて調べた。
その結果、16年間で海面から水深700メートルまでの海水温は平均で0・1度上昇し、全人類67億人がそれぞれ
100ワット電球500個を16年間点灯し続けて発生するのに匹敵する熱量が海に蓄えられたことが確認された。
すべて大気が吸収したとすれば、平均気温を30度以上も上昇させることになるという。
同研究所は「海水の熱量と変化を正確に見積もることができれば、地球温暖化予測の精度を一層高めることが
できる」と話している
================================================================================================

本来海水とは大気に対して非常に大きな比熱を持っており、大気温度の上昇が海水温度の上昇を海水の深層まで
及ぼすことは極めて長時間を有するはずだと私は考えます。

従って、上記記事にある水深2000mまでにおよぶ海水温度の上昇は大気温度の上昇によって引き起こされたもの
ではない、と解釈すべきなのです。

北極海の海氷の薄氷化現象は北極海の海水温度上昇が原因で1980年代以降(もっと前かも)顕著になっており、
地球規模での海水温度上昇が1980年代以降顕著になったことにより1980年代以降の大気温度の急激な上昇
が起こったのだと地球環境解釈をすべきなのです。

207 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/25(日) 13:18:44 ID:cMy6lwBj

>>205 >>206 は前後が逆ですw


208 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/25(日) 13:33:45 ID:cMy6lwBj
>>205

この未知なる原因が地球磁場との相互作用をしたと考えられ、

               |
               |
               V

この未知なる原因が地球地殻へ物理作用をしたと考えられ、
             ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



209 :学徒出陣兵の息子 ◆Tg7Sw8BdNonm :2010/07/26(月) 21:38:12 ID:TvcegP+R
>>ALL             『 熱塩循環崩壊 と 熱圏崩壊 』    雑感

今の異常気象は熱圏崩壊に起因しているらしい。
その事は1980年代から90年代の急激な地球温暖化時点まで遡るようだ。

そしてその事はマウンダー極小期と呼ばれる小氷河期においても同様で、今と似たようなとんでもない異常気象現象
がたびたび起こり、特にヨーロッパでは魔女裁判で多数の一般市民を生贄とする異常な社会現象があったと歴史は
語っている。

中世の魔女狩りと地球寒冷化 http://www.youtube.com/watch?v=0GMNN7YLmv0

現代社会においても似たような社会現象があり、地球温暖化人為説を否定するものたちは反社会的であるとの扱いを
暗に陽に受けている。

地球温暖化CO2犯人説のウソ 丸山茂徳 http://video.google.com/videoplay?docid=7227779440283313430#

熱塩循環の崩壊が2010年代初頭に起こり、世界はそれが原因して気候変動により大動乱の時代を迎える。
上記は気候変動に関するペンタゴンレポートの内容である。 2004年ペンタゴンはこのレポートを自らリークした。

気候変動に関するペンタゴンレポート http://nobuokimura.hp.infoseek.co.jp/Pentagon%20Report.htm

そして今、2010年。 熱塩循環の崩壊はまだ起こっていない。 しかし、それ以上の異常現象、熱圏崩壊、が現実に
起こっている。 結局ペンタゴンレポートに書かれている突発的気候変動が異常気象の頻発として起こっているのだ。

たぶん、アメリカ中枢ペンタゴンは2003年の時点で科学的観測事実からすべてを解っていて、熱圏崩壊現象を
あえて熱塩循環崩壊現象と言い換えて、これから先の世界状況を警告レポートしたのだろう。

これから後、我々はいったいどうしたらよいのだろうか、との論につき、8年間その思想と方法論を
『 棲み分け原理に基づく栄誉ある孤立主義 』 として訴え続けてきた私の寄稿はとりあえず無駄ではなかったようだ。

210 :日出づる処の名無し:2010/07/27(火) 23:36:09 ID:KllxAULK
拉致問題 風化してたんですか? 

ここも、がっかりです。

211 :日出づる処の名無し:2010/07/28(水) 11:11:01 ID:7nRB+aE0
>そして今、2010年。 熱塩循環の崩壊はまだ起こっていない。 しかし、それ以上の異常現象、熱圏崩壊、が現実に
>起こっている。 結局ペンタゴンレポートに書かれている突発的気候変動が異常気象の頻発として起こっているのだ。
>たぶん、アメリカ中枢ペンタゴンは2003年の時点で科学的観測事実からすべてを解っていて、熱圏崩壊現象を
>あえて熱塩循環崩壊現象と言い換えて、これから先の世界状況を警告レポートしたのだろう。

また、自分に都合のいい解釈ばかりしている。
熱圏崩壊と熱塩循環崩壊は全然違うがなw

年がら年中、俯瞰俯瞰って言っているが、いつも妄想の粋を出ていない。
自慢の世界情勢の俯瞰はやめた方がいい。
見当外れ。
笑われるだけ。
最近の書き込みには上から目線の傲慢独善ぶりが目につく。
だれも耳をかさなくなるよ。

312 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)