5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ーーーー男は全体的に馬鹿 (笑) part5ーーーー

1 :恋する名無しさん:2010/05/14(金) 22:41:54
男は全体的に馬鹿(笑)

社会の雑用係(笑)
女の世話、おだて役、引き立て役(笑)
同性同士の嫉妬、揚げ足、見下し、ねたみ(笑)
精神年齢の低さ(笑)
単純労働にかける意気込み、自己顕示欲、えばりたい心理(笑)
ダサイ労働服を好む、全体主義で頭がチョン(笑)

求人情報誌で気持ち悪い笑顔の掲載を見ると男ってつくづくチョン思考だなと痛切に思う。
根っから気持ち悪い生き物。


2 :恋する名無しさん:2010/05/14(金) 22:42:39
ぱーと4
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1247070296/l50

3 :恋する名無しさん:2010/05/14(金) 22:45:04
馬鹿でも良いから
暇つぶしすんな。。。


4 :恋する名無しさん:2010/05/15(土) 23:36:58
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い。


5 :恋する名無しさん:2010/05/16(日) 21:38:18
男は劣等脳なので自分の立場でしか物事を判別できない。
世の男がみな自分と同じ経験をしているとの認識になるのである。
たとえばブサイクなら女に粗末に扱われたことだけに執着し、このことを「男全体の問題」として解釈する。
池面ならば女に苦労しないで済むので楽観視する。
就職でも苦労してる男はすべての男が悲観してるとの立場で必死になり、世も末だと言い同意を求める。
その一方で男は金だと吹聴して回る男が出てくる。
つまりこれらは対立する思考のはずが、視野の狭い劣等脳が多数派を装った意見として吹聴してまわるという低精神性ならではの芸当をやってみせるのである。
もはやそこに冷静さなどあるはずもなく餓鬼が駄々をこねるのと同じ低精神年齢を元にした思考パターンとなるのである。
そして最後には己を慰めるがごとく自分はすばらしいというアピールも事欠かない。
もうこうなったら人間の発想ではなくリアルコメディアンの世界である(ウンコプゲラ)

6 :恋する名無しさん:2010/05/17(月) 21:35:25
男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。

ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

7 :恋する名無しさん:2010/05/18(火) 21:01:37
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。

8 :恋する名無しさん:2010/05/19(水) 23:30:44
男同士で認め合うくだらん法則がある。職場で応用すべし。

説教を聴いてやること。
くだらん作業でもできることを自慢する馬鹿が圧倒的なので、そのくだらん説教を聴いてやることにより、くだらん馬鹿のプライドを保ってやること。
くだらん馬鹿とは職場だけのつきあいであると割り切ること。

上司、部下という立場を明確にしてやること。
少しでもエバリたいという幼児性が男にはあるので、立場を明確にしてやることは馬鹿男を興奮させることになり出世に良い効果をもたらす。
また、エバリたい一心でわざとわかりにくく仕事を教える幼児性も馬鹿男には備わっている。

コンプレックスに触れないようにすること。
これは少なからず多くの馬鹿男がイシキしていることである。
仕事だけの価値観をやたら強調してくる馬鹿はコンプもそれだけ大きいということである。
なるべく近寄らないことが賢明である。

見栄と虚勢の仲間意識を持つこと。気持ちの悪いノリであっても楽しそうにしなくてはならない。修行だと思ってこういう馬鹿にあわせるべきである。男社会は精神年齢が低いほど評価されやすい傾向にあるので知能の高い人間は前途多難である。

常に一生懸命さをアピールすること。 男は精神年齢の低い馬鹿なので深く内面を見ることができない。よってなるべくわかりやすい表現で仲間意識を感じさせるよう働きかけるのが得策である。




9 :恋する名無しさん:2010/05/20(木) 21:24:15
馬鹿男は右にならえで安心する。チョン型思考を持っているので他人を信用する唯一の指標が社内ルールだけだったりするのである。
特に最近の単細胞馬鹿オスは極端に思考力が欠如し、コンプレックスだけが肥大している。
こういう気色悪いオスが主流になりつつある現代ではどんどんパターン化に加速がつき人間らしさや感受性をよりどころにした芸術方面の衰退が激しくなると予想される。


男は無理やり同性の共感者がいるということを前提にしないと意見を言えない劣等脳である。
同じ同性の間で対立した図式になっても相手をスルーすることで心の均衡を保とうとする浅はかさである。
よって対立する意見にも同性として加担する立場に置かれるのである。
わらっちゃうくらいバーカなのであーる。

男は劣等脳なので自分の立場でしか物事を判別できない。
世の男がみな自分と同じ経験をしていることが前提認識になるのである。
たとえばブサイクなら女に粗末に扱われたことだけに執着し、このことを「男全体の問題」として解釈する。
池面ならば女に苦労しないで済むので楽観視する。
就職でも苦労してる男はすべての男が悲観してるとの立場で必死になり、世も末だと言い同意を求める。
その一方で男は金だと吹聴して回る男が出てくる。
つまりこれらは対立する思考のはずが同性であることを理由にくだらんプライドが邪魔をして相手に意見が言えなくなってしまう単細胞の悲しい傾向なのである。
なぜなら同性であれば理解しあえる筈という甘っちょろい現実認識と無駄なプライドがあるからであーる。
視野の狭い劣等脳は常に多数派を装った意見として吹聴してまわるという低精神性ならではの芸当をやってみせるのである。
もはやそこに冷静さなどあるはずもなく餓鬼が駄々をこねるのと同じ低精神年齢を元にした思考パターンとなるのである。
そして最後には己を慰めるがごとく自分はすばらしいというアピールも事欠かない。
もうこうなったら人間の発想ではなくリアルウンコの世界である(ウンコプゲラ)

10 :恋する名無しさん:2010/05/21(金) 21:40:00
男は視野が狭く、特化した脳なので自分の従事している仕事の話題が9割である
これはかつて奴隷時代に拘束された奴隷労働者でも、解放された現在にもかかわらず奴隷時代の会話を慈しむかのごとく好むのに似ている。
他の話題が無く興味の幅が著しく限定され、精神年齢が極度に低いため、虚勢や威嚇、忠誠、差別感情などわかりやすい低レベルの考え方で共感意識を持つのが男脳でもある

男は雑用マシーンであることを誇りにする悲しい生き物である。
雑用マシーン同士で憎しみあい、嫉妬しあい、揚げ足をとりあいながら生きているクズのような存在である。
精神年齢が低く、女の引き立て役である。

男は雑用マシーンであるが、その雑用マシーン同士で醜い嫉妬をする

男は精神年齢が驚くほど低く、同じことを繰り返す作業を得意としたチョン型単細胞マシーンである

男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。

ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。


11 :恋する名無しさん:2010/05/22(土) 21:00:44
男はパターン化した脳を持っているので組織化、集団意識だけに頼った社会構造にしたがるのである。すべてはここに問題があり男自身も少ない脳でコンプレックスに感じている部分がここなのである。
しかしやがては機械に取って代わられる存在であるため、先手を打って廃棄処分にすべきだと「明るい未来計画産業通商省」の職員は目を細めながら感慨深げに語る。

男は単細胞で能天気ほど高く評価される。なぜなら社会の道具としてそれ以上の人間らしい能力を必要とされていないからである。
「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴は世代を越え野を超え山を越え次の世代に受け継がれていくのである。
非常に気持ち悪い生き物なのである。

最近、街をはいずりまわる糞オスが
「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」という中国人にそっくりに思えるようになった。
後に残るのは商売人根性、金儲け主義、えげつなさ、やたら愛想をふりまく、軽薄な態度、中身の薄い文化などろくでもないことばかりである。

男は感受性が育たずパターン化した作業だけに価値を置き、精神年齢が極度に低いのでウィンドウズ20程度のレベルであるとウィンドウズXPの製作者は口をそろえて言う

馬鹿オスは極度に精神年齢が低いため、収入、学歴、職業などだけで優越感をモロに態度に表す劣等脳である。
しかも底の浅い考えをしているため絶えず評価基準になるモノサシが必要であり、感受性が極度に低いため作業服や全体主義思考など奴隷的精神を好む傾向にあると土木建築業関係者は口を酸っぱくするほど言い放つ

男は異常なほど精神年齢が低く、嫉妬心の塊であるがゆえ全体主義で統率するチョン思考を好む大馬鹿なのでさっさと死ねよwwwwwと世界中のソプラノ歌手が美声で指摘している



12 :恋する名無しさん:2010/05/23(日) 21:56:23
男は奴隷精神、奉仕精神などだけで競ってきた経緯があるので精神年齢が恐ろしく低いままである。
単純なパターンを記憶したり、一定作業の繰り返しに特化してしまった不器用脳であるので全体主義のチョン思考文化が男社会である。
精神が幼いのでほっておけば倫理面に異常をきたした馬鹿が悪さをするだろうとの図式を恐れるがあまり、
全体主義によってそれを拘束し、行動を促すところは刑務所と同じである。
つまり男の社会はムショ化したものであると仮定できる。男のチョン文化はこうしてできあがるのである。
ご清聴ありがとうございました。

男はチョン思考か口臭ひどいかのどちらかしかいない
まったくひどい世の中である

男はせせこましい精神であり、その中身の無さを補うため、スーツなど「ハッタリ」かます小道具が大好きである。
スーツさえ着ていれば仕事ができる奴に見られるというなんともお粗末な考えによるものである。
その代償としてチョン文化に自ら加担してしまっているという愚かさ。
男のチョン文化は若いうちから芽生えているのである。ご清聴ありがとうございました。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

男は思い込みの馬鹿である。自分の思考に限界を感じた場合、自己の都合のいいように無理に解釈をしようと試みる。
生まれながらにして備わった劣等脳ならではの特徴でもある。

13 :恋する名無しさん:2010/05/23(日) 23:54:01
ttp://www.youtube.com/watch?v=KR4S0rL4Qhs

14 :恋する名無しさん:2010/05/24(月) 21:15:17
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる


15 :恋する名無しさん:2010/05/25(火) 01:29:00
またこれが打算的な女ほど馬鹿男と結婚してしまう
んで生活力不足のため悶々と結婚生活を続ける
頑張ってね☆

16 :恋する名無しさん:2010/05/25(火) 22:41:48
男は極度に精神年齢が低いのでキツイ状況を我慢することに対し「スゲーッ!」という脊髄反射が返ってくるのである。
たとえば政治紛争の中で焼身自殺を図った人間に素直に感動してしまう浅はかさである。
職場での労働においても単純な物差しとしてキツサに耐え抜くことこそ美徳としている感がある。
もはやそこに知性を見出すことなど難しい。
男が集団主義であり牢獄や軍隊的素養をもともと有しているというなによりの証拠でもある。
精神年齢が育たないのはそのためである。
キツイ状況を耐えることに美徳とするあまり、自ら墓穴を掘っていくという傾向は劣等脳であり社会に酷使されることを宿命とした悲しい男の性である。

男同士は押し付けがましい共感意識に翻弄されることが多い。
会社ではあくまで上下関係を明白にし「教えてもらう」という姿勢を必要以上にアピールしなければならない。
そうしなければ男はヒステリーを起こすのである。
「〜さんのおかげで私は成長しました」
このような言葉が劣等脳にとって大好物なのである。
下はチャラ男から上は取締役まで、押し付けがましい仲間意識と見栄によって男はかろうじてプライドを維持しているのである。
不器用脳であり低精神年齢なので本人達はこういうくだらない考えに朝から晩まで必死なのである。

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。

男は劣等単細胞低精神年齢(RTTS) なので早く死ね(HS)という意見が善良な市民の間で広がっている。ちょっと心温まるエピソードでもある


17 :恋する名無しさん:2010/05/26(水) 21:52:45
男は精神が幼稚であり、動くものや音のするものに反応するのでゲームセンターなどでアホヅラをぶちかましているケースをよく拝見する。
ゲームに勝っただの負けただのと歯にヤニと青ノリをつけたアホヅラで喜ぶのである。
いい歳こいたリーマンが幼稚な漫画を読み鼻毛をどよめかしながら笑うのである。

男がチョン化しているのは学生の頃から明らかである。
坊主にチョン特有の声出しで野球やってる男子学生と
茶髪にミニスカで自由を謳歌してる女子学生とでは
ウンコとカレーの違いほど明らかな差である。

男は機能特化した単細胞馬鹿である。
精神年齢は驚くほど低く、ゲーム脳でもある。
でかい図体で幼稚な精神を宿したウンコ馬鹿である。

18 :恋する名無しさん:2010/05/26(水) 21:54:14
男気持ち悪い

19 :恋する名無しさん:2010/05/26(水) 21:56:45
男爵コロッケ美味しいだろう?
逆に食いすぎて気持ち悪いだろう?文章は難しいね。。。


20 :恋する名無しさん:2010/05/27(木) 00:45:18
同性愛板へ
このスレは板違い

21 :恋する名無しさん:2010/05/27(木) 21:01:07
男の内面は本当に気持ち悪い

22 :恋する名無しさん:2010/05/28(金) 22:40:35
男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。

ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

23 :恋する名無しさん:2010/05/28(金) 23:44:47
このスレは板違い
同性愛板へ



24 :恋する名無しさん:2010/05/28(金) 23:51:54
なんで同性愛板なんだよw男同士なんて反吐が出るわ

25 :恋する名無しさん:2010/05/29(土) 00:14:04
逆でしょ レズ板
男不要で

26 :恋する名無しさん:2010/05/29(土) 20:44:52
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる


27 :恋する名無しさん:2010/05/29(土) 20:53:42
男は女や企業に誠実さを示すために自分だけが一人勝ちしようという状況をたくらんでいるのである。
要するに手段を選ばす目的を達成することに必死なわけである。
援助交際もその延長線上の考えであり、もはやそこに男の文化やプライドなどないに等しい。
企業に従属する意識が強ければ強いほど社会は男に集団主義を強要するようになるわけである。
よって男のチョン思考はますます発展し、しいては全体行進パーティ、10時間朝礼、匍匐前進通勤、声出し脱糞などありえないような社会に変貌していくのである。


28 :恋する名無しさん:2010/05/30(日) 22:03:07
男社会とは「しがらみ」「ねたみ」「そねみ」「嫉妬」「えこひいき」などが渦巻いており、非常に気持ちの悪い人間関係で構築されているといっても過言ではない。
現在の男は内面が非常に気持ち悪く、男であることのコンプレックスに渦巻いている。そう、クルックルに渦巻いているのである。
出世するための構図はまさにチョン社会であり、男社会の基本構造は管理下社会であるといってもよい。
まさに劣等脳文化である。

男の劣等脳は思い込みによる自己暗示でプライドを保つという愚かさがある
まるで漫画みたいな頭脳を持っているのである
精神年齢が育たない背景には、この思い込みによる学習能力の欠如と現実認識のあいまいさにあると電気保安協会日本代表は口をそろえる

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。


空気嫁という言葉は確かに必要だけども、元来男にありがちな馬鹿タイプというのは集団主義が強いが故に思考力が極端に欠如していることが多い。
空気を読むというのは周りにあわせるということでもあるから、お調子者や権力主義、拝金主義やマニュアル感などに疑問を持ってはいけないということでもある。
よって一部の馬鹿モードが勢いづいてしまう可能性が多いにある。
ただでさえ男は精神年齢が極端に低く、思考力が欠如しているのである。単細胞とか、劣等脳、パターン脳などの侮辱する言葉はこういう部分に原因を求めることができると
単細胞研究所のエリート研究員は上品にワインを片手に語っている

男は極端に精神年齢が低く、変なノリで話しかけてくるので手足を縛って東京湾に沈めてしまいましょうと善良な市民は呼びかけている
心温まる話でもある


29 :恋する名無しさん:2010/05/31(月) 22:36:38
ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。


30 :恋する名無しさん:2010/06/01(火) 21:34:20
男は奴隷精神、奉仕精神などだけで競ってきた経緯があるので精神年齢が恐ろしく低いままである。
単純なパターンを記憶したり、一定作業の繰り返しに特化してしまった不器用脳であるので全体主義のチョン思考文化が男社会である。
精神が幼いのでほっておけば倫理面に異常をきたした馬鹿が悪さをするだろうとの図式を恐れるがあまり、
全体主義によってそれを拘束し、行動を促すところは刑務所と同じである。
つまり男の社会はムショ化したものであると仮定できる。男のチョン文化はこうしてできあがるのである。
ご清聴ありがとうございました。

男はチョン思考か口臭ひどいかのどちらかしかいない
まったくひどい世の中である

男はせせこましい精神であり、その中身の無さを補うため、スーツなど「ハッタリ」かます小道具が大好きである。
スーツさえ着ていれば仕事ができる奴に見られるというなんともお粗末な考えによるものである。
その代償としてチョン文化に自ら加担してしまっているという愚かさ。
男のチョン文化は若いうちから芽生えているのである。ご清聴ありがとうございました。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

男は思い込みの馬鹿である。自分の思考に限界を感じた場合、自己の都合のいいように無理に解釈をしようと試みる。
生まれながらにして備わった劣等脳ならではの特徴でもある。

男は異常なほど精神年齢が低く、嫉妬心の塊であるがゆえ全体主義で統率するチョン思考を好む大馬鹿なのでさっさと死ねよwwwwwwと世界中のアルト歌手が男の低い精神年齢のごとく低い声で指摘している

男の精神年齢を表現するといいアクロバット飛行の操縦者は低く飛んで見せたがあまりにも低かったため地面に激突してしまった

31 :恋する名無しさん:2010/06/02(水) 21:10:37
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。

32 :恋する名無しさん:2010/06/03(木) 21:32:10
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い

33 :恋する名無しさん:2010/06/04(金) 21:36:58
男同士で認め合うくだらん法則がある。職場で応用すべし。

説教を聴いてやること。
くだらん作業でもできることを自慢する馬鹿が圧倒的なので、そのくだらん説教を聴いてやることにより、くだらん馬鹿のプライドを保ってやること。
くだらん馬鹿とは職場だけのつきあいであると割り切ること。

上司、部下という立場を明確にしてやること。
少しでもエバリたいという幼児性が男にはあるので、立場を明確にしてやることは馬鹿男を興奮させることになり出世に良い効果をもたらす。
また、エバリたい一心でわざとわかりにくく仕事を教える幼児性も馬鹿男には備わっている。

コンプレックスに触れないようにすること。
これは少なからず多くの馬鹿男がイシキしていることである。
仕事だけの価値観をやたら強調してくる馬鹿はコンプもそれだけ大きいということである。
なるべく近寄らないことが賢明である。

見栄と虚勢の仲間意識を持つこと。気持ちの悪いノリであっても楽しそうにしなくてはならない。修行だと思ってこういう馬鹿にあわせるべきである。男社会は精神年齢が低いほど評価されやすい傾向にあるので知能の高い人間は前途多難である。

常に一生懸命さをアピールすること。 男は精神年齢の低い馬鹿なので深く内面を見ることができない。よってなるべくわかりやすい表現で仲間意識を感じさせるよう働きかけるのが得策である。





34 :恋する名無しさん:2010/06/05(土) 08:16:02
レズネタは同性愛サロンへ
http://changi.2ch.net/gaysaloon/

35 :恋する名無しさん:2010/06/05(土) 21:27:38
男は単細胞で能天気ほど高く評価される。なぜなら社会の道具としてそれ以上の人間らしい能力を必要とされていないからである。
「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴は世代を越え野を超え山を越え次の世代に受け継がれていくのである。
非常に気持ち悪い生き物なのである。

男は機能特化することにより精神年齢は5歳で止まると言われている。
単純作業を習得した先輩あるいは上司と呼ばれるオスがあたかもすべてにおいて優れた人間のごとく振舞いたがるのも馬鹿オスの精神年齢の低さがなせる業でもある。
しかも作業を習熟するに従って口臭も年季の入った強烈さになるのである。

男は精神年齢が著しく低いので、パターン化された無機質的な労働に適している。
しかしこれは男の雑用化に拍車がかかり社会はどんどん下等化していき、いずれは劣等化、メレンゲ化にまで発展してしまうのである。
よってこれから明るいニコニコ笑顔社会を築くためには馬鹿オスを去勢しなければならぬのである。

男は極度に精神年齢が低いためパターン化したことだけに価値を置きたがる。
よって若い世代でも奴隷労働服ことスーツに横わけ、ダサメガネにストレス口臭などが蔓延しているのである。
おまけに有能な人材より自分に従順な人間といった尺度で出世の道が切り開かれるため、男社会では完全に骨抜きにされた少々頭の弱い奴隷脳およびパターン脳を持ったオスだけがいわゆるエリートのコースを歩むのである。
男社会は下等な奴隷化、集団主義に翻弄されながら生きると言ってもよい。
基本的に囚人の扱いと男の扱いは非常によく似ていることが学校給食センターの調べにより判明している。

男はチョン思考が大好きであり、単細胞ロボコンなので早く死ねよwwwww と新進気鋭のIT若社長(34)は優しく語り掛ける

男は精神年齢が低いので、くだらない見栄や意地の張り合いで周りを牽制し、環境悪化につながる懸念があるので射殺するべきだwwwと「明るい未来ニコニコ地域づくり」若手代表(42)は笑みを絶やさず話かける

男は精神年齢の低さから目を背けることにより欠点を穴埋めできす自ら墓穴を掘る馬鹿であるからとっとと死ねよwwwwと(株)劣等脳研究所の所長(130)は笑みを絶やさない


36 :恋する名無しさん:2010/06/06(日) 22:13:35
女を罵倒することに専念していた男が女と付き合いだすと「オレはお前のために命をかけて守ってやる」などと在り来たりの常套句を発射するのである。
甘い文句を発射している男は自己陶酔しているので目はうつろである。
結婚している男でも所詮独身男と頭の中身が同じなので独身のころは己の劣等脳コンプレックスを少しでも緩和しようと必死に「肉便器」などとほざくのである。

街を徘徊している既婚男は 恥ずかしいストロベリートークを発するパターンと、
オレについてこいを演出し一見わがままを演じつつ女を収入ややさしさで安心させるパターンがある。
要するに男はサービス精神で女の気を引くだけなのにそのことは認めたがらないという劣等脳ならではの思い込みがあると気象庁は発表している。

男のパターン脳は基本的に全体主義を好む傾向がある。会社というのはまさにその典型であり、1から10まで「教えてもらった」という形を明確にする必要がある。
たとえ最初から出来るようなことでも形の上で「教えてもらった」という図式が必要である。全体主義で押し付けがましい苦労を分かち合うことが根っから好きなパターン脳ならではの傾向である。


男はリアル社会で2チャンネルに書き込みしている男を馬鹿にし、女を安心させて彼女にしようとする。
しかしなんらかの原因で女と別れたり、男のコンプであるパターン脳にひっかかる発言をされた場合、急いで家に帰り「肉便器乙!」
などと書き込みに余念がないのである。
ちなみに2チャンネルに書き込みをするために家に帰るスピードは秒速1.5ヘクトパスカルである。

男は外で2ちゃんを馬鹿にすることで連携をとり、
家に帰れば女を罵倒する書き込みにより連携をとろうとするバランスの悪さである。
さすが劣等脳である。


37 :恋する名無しさん:2010/06/06(日) 22:15:18
すげえな
容量落ちしそうなボリュームwwwww

38 :恋する名無しさん:2010/06/07(月) 21:53:05
男は無理やり同性の共感者がいるということを前提にしないと意見を言えない劣等脳である。
同じ同性の間で対立した図式になっても相手をスルーすることで心の均衡を保とうとする浅はかさである。
よって対立する意見にも同性として加担する立場に置かれるのである。
わらっちゃうくらいバーカなのであーる。

男は劣等脳なので自分の立場でしか物事を判別できない。
世の男がみな自分と同じ経験をしていることが前提認識になるのである。
たとえばブサイクなら女に粗末に扱われたことだけに執着し、このことを「男全体の問題」として解釈する。
池面ならば女に苦労しないで済むので楽観視する。
就職でも苦労してる男はすべての男が悲観してるとの立場で必死になり、世も末だと言い同意を求める。
その一方で男は金だと吹聴して回る男が出てくる。
つまりこれらは対立する思考のはずが同性であることを理由にくだらんプライドが邪魔をして相手に意見が言えなくなってしまう単細胞の悲しい傾向なのである。
なぜなら同性であれば理解しあえる筈という甘っちょろい現実認識と無駄なプライドがあるからであーる。
視野の狭い劣等脳は常に多数派を装った意見として吹聴してまわるという低精神性ならではの芸当をやってみせるのである。
もはやそこに冷静さなどあるはずもなく餓鬼が駄々をこねるのと同じ低精神年齢を元にした思考パターンとなるのである。
そして最後には己を慰めるがごとく自分はすばらしいというアピールも事欠かない。
もうこうなったら人間の発想ではなくリアルウンコの世界である(ウンコプゲラ)

男は女や企業に誠実さを示すために自分だけが一人勝ちしようという状況をたくらんでいるのである。
要するに手段を選ばす目的を達成することに必死なわけである。
援助交際もその延長線上の考えであり、もはやそこに男の文化やプライドなどないに等しい。
企業に従属する意識が強ければ強いほど社会は男に集団主義を強要するようになるわけである。
よって男のチョン思考はますます発展し、しいては全体行進パーティ、10時間朝礼、匍匐前進通勤、声出し脱糞などありえないような社会に変貌していくのである。


39 :恋する名無しさん:2010/06/07(月) 21:54:57
なんか不幸そう

40 :恋する名無しさん:2010/06/08(火) 22:52:06
腹を割って飲み明かすなどおしつけがましい付き合いによって男同士は形の上で理解し合える関係になるのである。
これは一見、なんでも話できる関係を装いつつ、なにかあったらジクジク責めてやろうという男の気色悪い精神の表れなのである。
パターン脳特有の単純な他者認識なので精神年齢が極端に低くても基本的に控えめな振る舞いをしていれば評価の対象になるのである。
きわめて表面的な付き合いなのである。

部下が上司に服従の形を強制するのも同様である。確かに作業を潤滑に行うため必要な面ではあるが男の精神構造が退化傾向にあるのも考えることを放棄し服従に全精力を注ぐことに他ならない。
これは早い話、囚人の調教と似ているのである。
つまり男というものはどうしようもない存在であるとの前提で社会通念が出来上がったわけである。
上司の人格が極端に偏っていたり、精神年齢が著しく低くとも、そういう部分に男はノータッチである。
なぜなら男共通の要素として低精神年齢を指摘されたくないためであーる。
パターン化した作業に慣習的な要素だけをプラスして男は評価されるわけであーる。
多くの男は生意気にもパターン脳であることにコンプレックスを持っているがパターン脳のくせにいいかげんにしろよwと財団法人パターン脳同好会のメンバーは口をそろえる。

馬鹿男は右にならえで安心する。チョン型思考を持っているので他人を信用する唯一の指標が社内ルールだけだったりするのである。
特に最近の単細胞馬鹿オスは極端に思考力が欠如し、コンプレックスだけが肥大している。
こういう気色悪いオスが主流になりつつある現代ではどんどんパターン化に加速がつき人間らしさや感受性をよりどころにした芸術方面の衰退が激しくなると予想される。


41 :恋する名無しさん:2010/06/09(水) 21:36:10
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる




42 :恋する名無しさん:2010/06/09(水) 21:49:40
簡潔にまとめろや

43 :恋する名無しさん:2010/06/09(水) 22:22:07
んー
私に都合のいい男は何処?

44 :恋する名無しさん:2010/06/10(木) 00:18:48
>>42
偉そうに言うなよ単細胞のくせにw

45 :恋する名無しさん:2010/06/10(木) 21:45:56
男は精神年齢が極端に低く、発想すべてが気持ち悪い生き物である
センスのかけらもなく虚勢を張り威嚇しあい低次元の労働だけに価値を見出す生き物であるので東京湾埋め立てに使用すべきである

男は姑みたいな性格している。
おせっかいババア以上に細かくうるさい。
逆にその細かさが経営上必要な能力なのかもしれんけど、人間としては失格。
障子についた埃を指でチェックするようなチマチマした性格の奴が実に多い。
生真面目さというのは気持ち悪さと表裏一体。

男は視野が狭く、特化した脳なので自分の従事している仕事の話題が9割である
これはかつての奴隷時代に拘束された奴隷労働者でも、解放された現在にもかかわらず奴隷時代の会話を慈しむかのごとく好む
他の話題が無く興味の幅が著しく限定され、精神年齢が極度に低いため、虚勢や威嚇、忠誠、差別感情などわかりやすい低レベルの考え方で共感意識を持つのが男脳でもある

精神年齢が極度に低くて、単純作業の習得だけで人を判断し、威嚇、虚勢の塊のクズである男は365日うつむいて歩かせるべきである

男は媚を売って女と「付き合ってもらう」のに、2ちゃんでは叩いている という傾向をケネディ宇宙センター(株)は指摘している

男は女に媚を売ってコメツキバッタのようであるが、2ちゃんではまるで逆の立場であるかのごとく振舞うバカだとNPO法人 地域結束協会代表(71)は苦虫を噛み潰したような顔をして言い放った

男の精神年齢は極端に低く、嫉妬の凄まじいバカであり、女にペコついてる割に2ちゃんで女を激しく罵倒し妄想で優位にたったつもりでいると、信頼と実績の(株)ニコニコ地域開発がNASAと共同発表している

男の精神年齢は極端に低く、全体主義で統率するチョン思考を持つ糞バカなので早く死ねよwwwww と
(財)地域愛研究センターの主任(45)は遠慮がちに語る

男は単細胞馬鹿であり感受性が育たず、少しでもえばりたいという幼稚な精神に支えられて生きているといっても過言ではないw と
地域強化運動に力を入れておられる地域信銀の頭取(18)は照れながら語る



46 :恋する名無しさん:2010/06/11(金) 21:17:52
男は極度に精神年齢が低いのでキツイ状況を我慢することに対し「スゲーッ!」という脊髄反射が返ってくるのである。
たとえば政治紛争の中で焼身自殺を図った人間に素直に感動してしまう浅はかさである。
職場での労働においても単純な物差しとしてキツサに耐え抜くことこそ美徳としている感がある。
もはやそこに知性を見出すことなど難しい。
男が集団主義であり牢獄や軍隊的素養をもともと有しているというなによりの証拠でもある。
精神年齢が育たないのはそのためである。
キツイ状況を耐えることに美徳とするあまり、自ら墓穴を掘っていくという傾向は劣等脳であり社会に酷使されることを宿命とした悲しい男の性である。

男同士は押し付けがましい共感意識に翻弄されることが多い。
会社ではあくまで上下関係を明白にし「教えてもらう」という姿勢を必要以上にアピールしなければならない。
そうしなければ男はヒステリーを起こすのである。
「〜さんのおかげで私は成長しました」
このような言葉が劣等脳にとって大好物なのである。
下はチャラ男から上は取締役まで、押し付けがましい仲間意識と見栄によって男はかろうじてプライドを維持しているのである。
不器用脳であり低精神年齢なので本人達はこういうくだらない考えに朝から晩まで必死なのである。

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。

男は劣等単細胞低精神年齢(RTTS) なので早く死ね(HS)という意見が善良な市民の間で広がっている。ちょっと心温まるエピソードでもある



47 :恋する名無しさん:2010/06/12(土) 21:31:50
男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。


馬鹿な男ほど、部下に対しエバリ、力をみせつけようとするが、疑り深くなっているのも事実。
発言のひとつひとつに精神年齢の低さが現れているが、立場の違い上誰もつっこめないのでますます調子ぶっこく。
こういうのが職場にいるとうっとおしいたらありゃしない。

男は現実認識すらできない大馬鹿である
誇大妄想狂が生まれながらに備わっている悲しい劣等脳である
男の精神年齢は恐ろしく低い。
よって北朝鮮のように全体主義によって統制しようという低次元の発想が生まれる

男は単純脳である。
いつしかキツイ労働自体が自己の唯一のプライドとなってしまった。
そんなもんプライドにしてどうすんだよと普通は思うだろうが、極限まで追い込まれた馬鹿は、悲しいがそれしか取り得がなくなってしまった。
最後の砦が奴隷化である。

男社会はひがみ、ねたみ、そねみ、根回し、ご機嫌取り、しがらみ、などの文化が餓鬼のころから定着していて非常に気持ちが悪いと満員御礼の横浜アリーナでスタンディングオベーションをしながら善良な市民は叫び続ける

男は超絶悶絶ド級の精神年齢の低さなので、あっちの荷物をこっちに移すという作業だけに価値をおくウスラ馬鹿であると科学捜査班の最新調査によって明らかにされた

男の精神年齢は驚くほど低いのでパターン化した作業の習得ごときでふんぞり返る傾向が強いと(株)縦社会研究所の若手エリート(12)は雨戸を開け放って語っている


48 :恋する名無しさん:2010/06/13(日) 22:29:14
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである

49 :恋する名無しさん:2010/06/14(月) 22:42:59
ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。


ゲームセンターでゲーム攻略したとかって言って騒いでるゲーム脳馬鹿男の横ヅラが、客の見積もりと一致したと喜ぶ馬鹿同僚の横ヅラと同じ表情だった。
どっちも精神年齢が低く、単純な価値観で生きる劣等脳だと思った。

男の友情は見せかけであり、その内訳は見栄が8割、1割が従属意識、残る1割は単細胞生物特有の防衛本能である。


50 :恋する名無しさん:2010/06/14(月) 22:44:17
書き込みに異常性を感じます
警告です
調査を継続して下さい

51 :恋する名無しさん:2010/06/15(火) 20:56:21
男は奴隷精神、奉仕精神などだけで競ってきた経緯があるので精神年齢が恐ろしく低いままである。
単純なパターンを記憶したり、一定作業の繰り返しに特化してしまった不器用脳であるので全体主義のチョン思考文化が男社会である。
精神が幼いのでほっておけば倫理面に異常をきたした馬鹿が悪さをするだろうとの図式を恐れるがあまり、
全体主義によってそれを拘束し、行動を促すところは刑務所と同じである。
つまり男の社会はムショ化したものであると仮定できる。男のチョン文化はこうしてできあがるのである。
ご清聴ありがとうございました。

男はチョン思考か口臭ひどいかのどちらかしかいない
まったくひどい世の中である

男はせせこましい精神であり、その中身の無さを補うため、スーツなど「ハッタリ」かます小道具が大好きである。
スーツさえ着ていれば仕事ができる奴に見られるというなんともお粗末な考えによるものである。
その代償としてチョン文化に自ら加担してしまっているという愚かさ。
男のチョン文化は若いうちから芽生えているのである。ご清聴ありがとうございました。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

52 :恋する名無しさん:2010/06/16(水) 21:41:38
男は精神が幼稚であり、動くものや音のするものに反応するのでゲームセンターなどでアホヅラをぶちかましているケースをよく拝見する。
ゲームに勝っただの負けただのと歯にヤニと青ノリをつけたアホヅラで喜ぶのである。
いい歳こいたリーマンが幼稚な漫画を読み鼻毛をどよめかしながら笑うのである。

男がチョン化しているのは学生の頃から明らかである。
坊主にチョン特有の声出しで野球やってる男子学生と
茶髪にミニスカで自由を謳歌してる女子学生とでは
ウンコとカレーの違いほど明らかな差である。

男は機能特化した単細胞馬鹿である。
精神年齢は驚くほど低く、ゲーム脳でもある。
でかい図体で幼稚な精神を宿したウンコ馬鹿である。

53 :恋する名無しさん:2010/06/16(水) 22:29:39
日本っていう国では
男性で美形でイケメンの
アイドルやスターや肩書の高い
人が育たなくなってきていると
思う。しかも人間性のある。
日本人は漫画やアニメを見ている
と美形イケメン男子にあこがれは
まだ持っているように思えるが・・。
あこがれよりも嫉妬にはしるのが
リアルでは多い。その結果
すぐに足の引っ張り合いで
人間性が薄れ、理想のイケメン
が育たないのである。
しかし、矛盾しているのは
それでも自分自身は美形イケメン
を目指すところである。
自分がイケメンにもしなれたとしたら
今の日本では嫉妬などの目にあい
マイナスが多く。女性も美形イケメン
を選ばなくなっているこの日本で。

結局ブサイクだらけにいっそなれば?。
という日本である。

ブサイクだらけに日本がなれば
アイドルもスターもいない日本となる。
けれどそれは嫉妬やねたみや足の引っ張り合い
の結果だろうと思う。
「人が自分よりすごければねたみいやがらせ
などをするが、自分がすごければ・・・・」
そんな都合のいい社会などないだろう。

日本の結果を考えると俺は海外へ行こうと
思う。

54 :恋する名無しさん:2010/06/17(木) 21:27:59
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い。


55 :恋する名無しさん:2010/06/18(金) 21:23:30
男同士で認め合うくだらん法則がある。職場で応用すべし。

説教を聴いてやること。
くだらん作業でもできることを自慢する馬鹿が圧倒的なので、そのくだらん説教を聴いてやることにより、くだらん馬鹿のプライドを保ってやること。
くだらん馬鹿とは職場だけのつきあいであると割り切ること。

上司、部下という立場を明確にしてやること。
少しでもエバリたいという幼児性が男にはあるので、立場を明確にしてやることは馬鹿男を興奮させることになり出世に良い効果をもたらす。
また、エバリたい一心でわざとわかりにくく仕事を教える幼児性も馬鹿男には備わっている。

コンプレックスに触れないようにすること。
これは少なからず多くの馬鹿男がイシキしていることである。
仕事だけの価値観をやたら強調してくる馬鹿はコンプもそれだけ大きいということである。
なるべく近寄らないことが賢明である。

見栄と虚勢の仲間意識を持つこと。気持ちの悪いノリであっても楽しそうにしなくてはならない。修行だと思ってこういう馬鹿にあわせるべきである。男社会は精神年齢が低いほど評価されやすい傾向にあるので知能の高い人間は前途多難である。

常に一生懸命さをアピールすること。 男は精神年齢の低い馬鹿なので深く内面を見ることができない。よってなるべくわかりやすい表現で仲間意識を感じさせるよう働きかけるのが得策である。



56 :恋する名無しさん:2010/06/19(土) 21:50:14
男は無理やり同性の共感者がいるということを前提にしないと意見を言えない劣等脳である。
同じ同性の間で対立した図式になっても相手をスルーすることで心の均衡を保とうとする浅はかさである。
よって対立する意見にも同性として加担する立場に置かれるのである。
わらっちゃうくらいバーカなのであーる。

男は劣等脳なので自分の立場でしか物事を判別できない。
世の男がみな自分と同じ経験をしていることが前提認識になるのである。
たとえばブサイクなら女に粗末に扱われたことだけに執着し、このことを「男全体の問題」として解釈する。
池面ならば女に苦労しないで済むので楽観視する。
就職でも苦労してる男はすべての男が悲観してるとの立場で必死になり、世も末だと言い同意を求める。
その一方で男は金だと吹聴して回る男が出てくる。
つまりこれらは対立する思考のはずが同性であることを理由にくだらんプライドが邪魔をして相手に意見が言えなくなってしまう単細胞の悲しい傾向なのである。
なぜなら同性であれば理解しあえる筈という甘っちょろい現実認識と無駄なプライドがあるからであーる。
視野の狭い劣等脳は常に多数派を装った意見として吹聴してまわるという低精神性ならではの芸当をやってみせるのである。
もはやそこに冷静さなどあるはずもなく餓鬼が駄々をこねるのと同じ低精神年齢を元にした思考パターンとなるのである。
そして最後には己を慰めるがごとく自分はすばらしいというアピールも事欠かない。
もうこうなったら人間の発想ではなくリアルウンコの世界である(ウンコプゲラ)

男は女や企業に誠実さを示すために自分だけが一人勝ちしようという状況をたくらんでいるのである。
要するに手段を選ばす目的を達成することに必死なわけである。
援助交際もその延長線上の考えであり、もはやそこに男の文化やプライドなどないに等しい。
企業に従属する意識が強ければ強いほど社会は男に集団主義を強要するようになるわけである。
よって男のチョン思考はますます発展し、しいては全体行進パーティ、10時間朝礼、匍匐前進通勤、声出し脱糞などありえないような社会に変貌していくのである。

57 :恋する名無しさん:2010/06/20(日) 02:04:11
なるほど脱糞マニアスレか
納得

58 :恋する名無しさん:2010/06/20(日) 21:34:16
女を罵倒することに専念していた男が女と付き合いだすと「オレはお前のために命をかけて守ってやる」などと在り来たりの常套句を発射するのである。
甘い文句を発射している男は自己陶酔しているので目はうつろである。
結婚している男でも所詮独身男と頭の中身が同じなので独身のころは己の劣等脳コンプレックスを少しでも緩和しようと必死に「肉便器」などとほざくのである。

街を徘徊している既婚男は 恥ずかしいストロベリートークを発するパターンと、
オレについてこいを演出し一見わがままを演じつつ女を収入ややさしさで安心させるパターンがある。
要するに男はサービス精神で女の気を引くだけなのにそのことは認めたがらないという劣等脳ならではの思い込みがあると気象庁は発表している。

男のパターン脳は基本的に全体主義を好む傾向がある。会社というのはまさにその典型であり、1から10まで「教えてもらった」という形を明確にする必要がある。
たとえ最初から出来るようなことでも形の上で「教えてもらった」という図式が必要である。全体主義で押し付けがましい苦労を分かち合うことが根っから好きなパターン脳ならではの傾向である。


男はリアル社会で2チャンネルに書き込みしている男を馬鹿にし、女を安心させて彼女にしようとする。
しかしなんらかの原因で女と別れたり、男のコンプであるパターン脳にひっかかる発言をされた場合、急いで家に帰り「肉便器乙!」
などと書き込みに余念がないのである。
ちなみに2チャンネルに書き込みをするために家に帰るスピードは秒速1.5ヘクトパスカルである。

男は外で2ちゃんを馬鹿にすることで連携をとり、
家に帰れば女を罵倒する書き込みにより連携をとろうとするバランスの悪さである。
さすが劣等脳である。


男は精神年齢が極端に低く、発想すべてが気持ち悪い生き物である
センスのかけらもなく虚勢を張り威嚇しあい低次元の労働だけに価値を見出す生き物であるので東京湾埋め立てに使用すべきである


59 :恋する名無しさん:2010/06/21(月) 21:19:19
ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

60 :恋する名無しさん:2010/06/22(火) 22:42:31
腹を割って飲み明かすなどおしつけがましい付き合いによって男同士は形の上で理解し合える関係になるのである。
これは一見、なんでも話できる関係を装いつつ、なにかあったらジクジク責めてやろうという男の気色悪い精神の表れなのである。
パターン脳特有の単純な他者認識なので精神年齢が極端に低くても基本的に控えめな振る舞いをしていれば評価の対象になるのである。
きわめて表面的な付き合いなのである。

部下が上司に服従の形を強制するのも同様である。確かに作業を潤滑に行うため必要な面ではあるが男の精神構造が退化傾向にあるのも考えることを放棄し服従に全精力を注ぐことに他ならない。
これは早い話、囚人の調教と似ているのである。
つまり男というものはどうしようもない存在であるとの前提で社会通念が出来上がったわけである。
上司の人格が極端に偏っていたり、精神年齢が著しく低くとも、そういう部分に男はノータッチである。
なぜなら男共通の要素として低精神年齢を指摘されたくないためであーる。
パターン化した作業に慣習的な要素だけをプラスして男は評価されるわけであーる。
多くの男は生意気にもパターン脳であることにコンプレックスを持っているがパターン脳のくせにいいかげんにしろよwと財団法人パターン脳同好会のメンバーは口をそろえる。

馬鹿男は右にならえで安心する。チョン型思考を持っているので他人を信用する唯一の指標が社内ルールだけだったりするのである。
特に最近の単細胞馬鹿オスは極端に思考力が欠如し、コンプレックスだけが肥大している。
こういう気色悪いオスが主流になりつつある現代ではどんどんパターン化に加速がつき人間らしさや感受性をよりどころにした芸術方面の衰退が激しくなると予想される。



61 :恋する名無しさん:2010/06/23(水) 21:49:45
男社会とは「しがらみ」「ねたみ」「そねみ」「嫉妬」「えこひいき」などが渦巻いており、非常に気持ちの悪い人間関係で構築されているといっても過言ではない。
現在の男は内面が非常に気持ち悪く、男であることのコンプレックスに渦巻いている。そう、クルックルに渦巻いているのである。
出世するための構図はまさにチョン社会であり、男社会の基本構造は管理下社会であるといってもよい。
まさに劣等脳文化である。

男の劣等脳は思い込みによる自己暗示でプライドを保つという愚かさがある
まるで漫画みたいな頭脳を持っているのである
精神年齢が育たない背景には、この思い込みによる学習能力の欠如と現実認識のあいまいさにあると電気保安協会日本代表は口をそろえる

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。


空気嫁という言葉は確かに必要だけども、元来男にありがちな馬鹿タイプというのは集団主義が強いが故に思考力が極端に欠如していることが多い。
空気を読むというのは周りにあわせるということでもあるから、お調子者や権力主義、拝金主義やマニュアル感などに疑問を持ってはいけないということでもある。
よって一部の馬鹿モードが勢いづいてしまう可能性が多いにある。
ただでさえ男は精神年齢が極端に低く、思考力が欠如しているのである。単細胞とか、劣等脳、パターン脳などの侮辱する言葉はこういう部分に原因を求めることができると
単細胞研究所のエリート研究員は上品にワインを片手に語っている

男は極端に精神年齢が低く、変なノリで話しかけてくるので手足を縛って東京湾に沈めてしまいましょうと善良な市民は呼びかけている
心温まる話でもある

62 :恋する名無しさん:2010/06/23(水) 22:30:13
>>1は馬鹿
まで読んだ

63 :恋する名無しさん:2010/06/24(木) 21:42:14
男は精神年齢が極端に低く、発想すべてが気持ち悪い生き物である
センスのかけらもなく虚勢を張り威嚇しあい低次元の労働だけに価値を見出す生き物であるので東京湾埋め立てに使用すべきである

男は姑みたいな性格している。
おせっかいババア以上に細かくうるさい。
逆にその細かさが経営上必要な能力なのかもしれんけど、人間としては失格。
障子についた埃を指でチェックするようなチマチマした性格の奴が実に多い。
生真面目さというのは気持ち悪さと表裏一体。

男は視野が狭く、特化した脳なので自分の従事している仕事の話題が9割である
これはかつての奴隷時代に拘束された奴隷労働者でも、解放された現在にもかかわらず奴隷時代の会話を慈しむかのごとく好む
他の話題が無く興味の幅が著しく限定され、精神年齢が極度に低いため、虚勢や威嚇、忠誠、差別感情などわかりやすい低レベルの考え方で共感意識を持つのが男脳でもある

精神年齢が極度に低くて、単純作業の習得だけで人を判断し、威嚇、虚勢の塊のクズである男は365日うつむいて歩かせるべきである

男は媚を売って女と「付き合ってもらう」のに、2ちゃんでは叩いている という傾向をケネディ宇宙センター(株)は指摘している

男は女に媚を売ってコメツキバッタのようであるが、2ちゃんではまるで逆の立場であるかのごとく振舞うバカだとNPO法人 地域結束協会代表(71)は苦虫を噛み潰したような顔をして言い放った

男の精神年齢は極端に低く、嫉妬の凄まじいバカであり、女にペコついてる割に2ちゃんで女を激しく罵倒し妄想で優位にたったつもりでいると、信頼と実績の(株)ニコニコ地域開発がNASAと共同発表している

男の精神年齢は極端に低く、全体主義で統率するチョン思考を持つ糞バカなので早く死ねよwwwww と
(財)地域愛研究センターの主任(45)は遠慮がちに語る

男は単細胞馬鹿であり感受性が育たず、少しでもえばりたいという幼稚な精神に支えられて生きているといっても過言ではないw と
地域強化運動に力を入れておられる地域信銀の頭取(18)は照れながら語る


64 :恋する名無しさん:2010/06/24(木) 21:43:15
>>62
このスレで反応するのはお前のような超絶馬鹿しかおらん

65 :恋する名無しさん:2010/06/24(木) 21:46:53
>>1
同意。
女と結婚なんかしてるんだものな。
私が男だったら絶対しないわw

66 :恋する名無しさん:2010/06/24(木) 22:06:38
と駄目男特有の根釜症状を露骨にさらして書き込みをする中年男

67 :恋する名無しさん:2010/06/25(金) 21:28:30
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。

68 :恋する名無しさん:2010/06/26(土) 06:07:06
けんちゃのばか

69 :恋する名無しさん:2010/06/26(土) 22:10:47
男は極度に精神年齢が低いのでキツイ状況を我慢することに対し「スゲーッ!」という脊髄反射が返ってくるのである。
たとえば政治紛争の中で焼身自殺を図った人間に素直に感動してしまう浅はかさである。
職場での労働においても単純な物差しとしてキツサに耐え抜くことこそ美徳としている感がある。
もはやそこに知性を見出すことなど難しい。
男が集団主義であり牢獄や軍隊的素養をもともと有しているというなによりの証拠でもある。
精神年齢が育たないのはそのためである。
キツイ状況を耐えることに美徳とするあまり、自ら墓穴を掘っていくという傾向は劣等脳であり社会に酷使されることを宿命とした悲しい男の性である。

男同士は押し付けがましい共感意識に翻弄されることが多い。
会社ではあくまで上下関係を明白にし「教えてもらう」という姿勢を必要以上にアピールしなければならない。
そうしなければ男はヒステリーを起こすのである。
「〜さんのおかげで私は成長しました」
このような言葉が劣等脳にとって大好物なのである。
下はチャラ男から上は取締役まで、押し付けがましい仲間意識と見栄によって男はかろうじてプライドを維持しているのである。
不器用脳であり低精神年齢なので本人達はこういうくだらない考えに朝から晩まで必死なのである。

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。

男は劣等単細胞低精神年齢(RTTS) なので早く死ね(HS)という意見が善良な市民の間で広がっている。ちょっと心温まるエピソードでもある




70 :恋する名無しさん:2010/06/27(日) 21:16:33
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い。


71 :恋する名無しさん:2010/06/28(月) 21:32:30
男社会とは「しがらみ」「ねたみ」「そねみ」「嫉妬」「えこひいき」などが渦巻いており、非常に気持ちの悪い人間関係で構築されているといっても過言ではない。
現在の男は内面が非常に気持ち悪く、男であることのコンプレックスに渦巻いている。そう、クルックルに渦巻いているのである。
出世するための構図はまさにチョン社会であり、男社会の基本構造は管理下社会であるといってもよい。
まさに劣等脳文化である。

男の劣等脳は思い込みによる自己暗示でプライドを保つという愚かさがある
まるで漫画みたいな頭脳を持っているのである
精神年齢が育たない背景には、この思い込みによる学習能力の欠如と現実認識のあいまいさにあると電気保安協会日本代表は口をそろえる

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。


空気嫁という言葉は確かに必要だけども、元来男にありがちな馬鹿タイプというのは集団主義が強いが故に思考力が極端に欠如していることが多い。
空気を読むというのは周りにあわせるということでもあるから、お調子者や権力主義、拝金主義やマニュアル感などに疑問を持ってはいけないということでもある。
よって一部の馬鹿モードが勢いづいてしまう可能性が多いにある。
ただでさえ男は精神年齢が極端に低く、思考力が欠如しているのである。単細胞とか、劣等脳、パターン脳などの侮辱する言葉はこういう部分に原因を求めることができると
単細胞研究所のエリート研究員は上品にワインを片手に語っている

男は極端に精神年齢が低く、変なノリで話しかけてくるので手足を縛って東京湾に沈めてしまいましょうと善良な市民は呼びかけている
心温まる話でもある

72 :恋する名無しさん:2010/06/29(火) 20:57:17
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる


73 :恋する名無しさん:2010/06/30(水) 21:28:50
男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。


馬鹿な男ほど、部下に対しエバリ、力をみせつけようとするが、疑り深くなっているのも事実。
発言のひとつひとつに精神年齢の低さが現れているが、立場の違い上誰もつっこめないのでますます調子ぶっこく。
こういうのが職場にいるとうっとおしいたらありゃしない。

男は現実認識すらできない大馬鹿である
誇大妄想狂が生まれながらに備わっている悲しい劣等脳である
男の精神年齢は恐ろしく低い。
よって北朝鮮のように全体主義によって統制しようという低次元の発想が生まれる

男は単純脳である。
いつしかキツイ労働自体が自己の唯一のプライドとなってしまった。
そんなもんプライドにしてどうすんだよと普通は思うだろうが、極限まで追い込まれた馬鹿は、悲しいがそれしか取り得がなくなってしまった。
最後の砦が奴隷化である。

男社会はひがみ、ねたみ、そねみ、根回し、ご機嫌取り、しがらみ、などの文化が餓鬼のころから定着していて非常に気持ちが悪いと満員御礼の横浜アリーナでスタンディングオベーションをしながら善良な市民は叫び続ける

男は超絶悶絶ド級の精神年齢の低さなので、あっちの荷物をこっちに移すという作業だけに価値をおくウスラ馬鹿であると科学捜査班の最新調査によって明らかにされた

男の精神年齢は驚くほど低いのでパターン化した作業の習得ごときでふんぞり返る傾向が強いと(株)縦社会研究所の若手エリート(12)は雨戸を開け放って語っている



74 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 03:07:06
男は馬鹿だよ
でもそんな男たちが歴史を作ってきたんだよ
女も内助の功で助言してきたかもしれないけど行動してきたのは男たちだ

75 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:32:06
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる


76 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:34:16
>>74
むしろお前だけがバカなんだよ

77 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:36:04
男女の確執の煽りですか
昔から変わりませんね

78 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:38:16
脳の構造的にしょうがない
母ちゃんの尻にしかれてれば それなりにうまくいくんです

79 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:41:56
脱糞スレ

80 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:49:32
男ってアルツっぽい

81 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 21:56:55
子どもっぽいといえw

82 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 22:03:07
>>81
そんな可愛いものではない

83 :恋する名無しさん:2010/07/01(木) 22:16:45
女はずる賢いぞ

84 :恋する名無しさん:2010/07/02(金) 22:22:48
これほど解かり易い自演も貴重だね

85 :恋する名無しさん:2010/07/02(金) 23:25:49
男はパターン化した脳を持っているので組織化、集団意識だけに頼った社会構造にしたがるのである。すべてはここに問題があり男自身も少ない脳でコンプレックスに感じている部分がここなのである。
しかしやがては機械に取って代わられる存在であるため、先手を打って廃棄処分にすべきだと「明るい未来計画産業通商省」の職員は目を細めながら感慨深げに語る。

男は単細胞で能天気ほど高く評価される。なぜなら社会の道具としてそれ以上の人間らしい能力を必要とされていないからである。
「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴は世代を越え野を超え山を越え次の世代に受け継がれていくのである。
非常に気持ち悪い生き物なのである。

最近、街をはいずりまわる糞オスが
「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」という中国人にそっくりに思えるようになった。
後に残るのは商売人根性、金儲け主義、えげつなさ、やたら愛想をふりまく、軽薄な態度、中身の薄い文化などろくでもないことばかりである。

男は感受性が育たずパターン化した作業だけに価値を置き、精神年齢が極度に低いのでウィンドウズ20程度のレベルであるとウィンドウズXPの製作者は口をそろえて言う

馬鹿オスは極度に精神年齢が低いため、収入、学歴、職業などだけで優越感をモロに態度に表す劣等脳である。
しかも底の浅い考えをしているため絶えず評価基準になるモノサシが必要であり、感受性が極度に低いため作業服や全体主義思考など奴隷的精神を好む傾向にあると土木建築業関係者は口を酸っぱくするほど言い放つ

男は異常なほど精神年齢が低く、嫉妬心の塊であるがゆえ全体主義で統率するチョン思考を好む大馬鹿なのでさっさと死ねよwwwwwと世界中のソプラノ歌手が美声で指摘している



86 :恋する名無しさん:2010/07/02(金) 23:32:31
ここ頭悪すぎ

87 :恋する名無しさん:2010/07/03(土) 22:32:13
男社会とは「しがらみ」「ねたみ」「そねみ」「嫉妬」「えこひいき」などが渦巻いており、非常に気持ちの悪い人間関係で構築されているといっても過言ではない。
現在の男は内面が非常に気持ち悪く、男であることのコンプレックスに渦巻いている。そう、クルックルに渦巻いているのである。
出世するための構図はまさにチョン社会であり、男社会の基本構造は管理下社会であるといってもよい。
まさに劣等脳文化である。

男の劣等脳は思い込みによる自己暗示でプライドを保つという愚かさがある
まるで漫画みたいな頭脳を持っているのである
精神年齢が育たない背景には、この思い込みによる学習能力の欠如と現実認識のあいまいさにあると電気保安協会日本代表は口をそろえる

男は単純な作業の習熟や数値で表されるものにしか価値を見出せないので、精神年齢が極端に低くても通用してしまう。
これが男の精神年齢が育たない原因なのである。


空気嫁という言葉は確かに必要だけども、元来男にありがちな馬鹿タイプというのは集団主義が強いが故に思考力が極端に欠如していることが多い。
空気を読むというのは周りにあわせるということでもあるから、お調子者や権力主義、拝金主義やマニュアル感などに疑問を持ってはいけないということでもある。
よって一部の馬鹿モードが勢いづいてしまう可能性が多いにある。
ただでさえ男は精神年齢が極端に低く、思考力が欠如しているのである。単細胞とか、劣等脳、パターン脳などの侮辱する言葉はこういう部分に原因を求めることができると
単細胞研究所のエリート研究員は上品にワインを片手に語っている

男は極端に精神年齢が低く、変なノリで話しかけてくるので手足を縛って東京湾に沈めてしまいましょうと善良な市民は呼びかけている
心温まる話でもある

88 :恋する名無しさん:2010/07/03(土) 22:32:56
>>86
頭悪いのはお前だけ

89 :恋する名無しさん:2010/07/04(日) 21:28:20
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。


90 :恋する名無しさん:2010/07/05(月) 23:30:06
男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。


馬鹿な男ほど、部下に対しエバリ、力をみせつけようとするが、疑り深くなっているのも事実。
発言のひとつひとつに精神年齢の低さが現れているが、立場の違い上誰もつっこめないのでますます調子ぶっこく。
こういうのが職場にいるとうっとおしいたらありゃしない。

男は現実認識すらできない大馬鹿である
誇大妄想狂が生まれながらに備わっている悲しい劣等脳である
男の精神年齢は恐ろしく低い。
よって北朝鮮のように全体主義によって統制しようという低次元の発想が生まれる

男は単純脳である。
いつしかキツイ労働自体が自己の唯一のプライドとなってしまった。
そんなもんプライドにしてどうすんだよと普通は思うだろうが、極限まで追い込まれた馬鹿は、悲しいがそれしか取り得がなくなってしまった。
最後の砦が奴隷化である。

男社会はひがみ、ねたみ、そねみ、根回し、ご機嫌取り、しがらみ、などの文化が餓鬼のころから定着していて非常に気持ちが悪いと満員御礼の横浜アリーナでスタンディングオベーションをしながら善良な市民は叫び続ける

男は超絶悶絶ド級の精神年齢の低さなので、あっちの荷物をこっちに移すという作業だけに価値をおくウスラ馬鹿であると科学捜査班の最新調査によって明らかにされた

男の精神年齢は驚くほど低いのでパターン化した作業の習得ごときでふんぞり返る傾向が強いと(株)縦社会研究所の若手エリート(12)は雨戸を開け放って語っている



91 :恋する名無しさん:2010/07/07(水) 00:14:45
ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。

男社会では天才肌は嫌われるため、出世をはばかられる傾向にある。
横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。
個の力はしばしば男同士の嫉妬感情により場を乱すと考えられ、従順なもの、悪く言えば馬鹿なもののほうが、
組織に従順であり扱いやすいとされ評価される。
これは男の意識および思考生成過程において極めてマイナスであり、男の社会全体がチョン化していう大きな要因でもある。
チョン化は衣服、思考パターン、行動規則に制約が大きくかかり、男の文化がよりいっそう拘束され保守的、退化的、原始的、
非人間的、下等化、単細胞化、パターン脳化が加速されると予想される。
嘆かわしいことこの上ないのである。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。



92 :恋する名無しさん:2010/07/07(水) 03:34:47
>横並び意識の強い現在では経営者でもない限り、個の力より他者との迎合が優先される。

いいたいことは分かるけれども、世の常識とやらに囚われた見方であり、
経営者が真に従業員に求めているのはやる気と創意工夫です.

93 :恋する名無しさん:2010/07/07(水) 03:40:48
>男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。

不同意
男が大半の企業では男どうしの連携なくして仕事は進みません.
嫉妬などしている暇はないのです.

94 :恋する名無しさん:2010/07/08(木) 00:10:47
馬鹿には馬鹿しか縁が無いからな
自分と縁がある男が馬鹿なだけな訳だが
これがまた馬鹿だからわからない

95 :恋する名無しさん:2010/07/08(木) 20:51:16
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い。


96 :恋する名無しさん:2010/07/08(木) 20:52:08
>>92-94
不正解

97 :恋する名無しさん:2010/07/08(木) 21:03:38
ですよね.

98 :恋する名無しさん:2010/07/09(金) 22:17:46
ごきげんよう、劣等脳なレディ達。下の文献をよく読みたまえ。
まぁ、こんな文献引用せんでもこのスレ自体が君達の劣等脳を如実に示しているがね。

 ★★★★★★  男の脳の方が圧倒的に優れている   ★★★★★     

ペンシルベニア大学のルーベン・ガー教授によれば、
fMRIで男女の空間処理を観察すると男は女よりもはるかに小さく集中した脳の領域で高い成果をあげることができるという。
女は散在した領域で処理していることがわかった。
「空間処理能力」をただ立体を頭の中でまわすだけでしょとか言って馬鹿にする間抜けな女は
抽象化や論理の構築プロセスで絶大なパワーを発揮していることがわかっていない。

女は直感に優れているというがこれは与件の情報と蓄積されているデータの品質がよくないと何の価値もない。
当の本人はこれに気づかないから激藁となる。
知的でない女は限りなく獣に近い。
狭い穴倉での痴話しかできない女の言語能力などは鳥のさえずりのよーなものだ。

男の分析はデータのないところまで遠く貫く強力なレーザー光である。
狭い穴倉では有効ではないこともあるが無限に広がる空間で途方もない威力を発揮しうるのだ。

雑多なことの並行処理ができるなどと自慢する馬鹿女の脳はお手軽なコンビニに似ている。
男のはプロショップだ。
知力も体力も劣る女は大それたことは考えず、また言わずに、黙って出産と子育てに励むべきである。
(無断掲載コピペ)


99 :恋する名無しさん:2010/07/09(金) 22:56:30
>96-97
応援自演レス
なんか寂しいにもほどが

100 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:42:29
>>98-99
お前のほうが寂しいだろ

101 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:08:39
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:35:31
中年オヤジの下ネタは度を越えてて吐き気がするというよりも呆れかえっちゃうww
拒否しないのをいいことに付け上がってエスカレートするから軽く交わすことさえできない範囲に入ってくる。
私の反応見て楽しむって年齢と精神年齢のギャップが真面目に気持ち悪いです。
特に初対面で言われると人格を疑いますよね。
馬鹿な男ばかりだから存在自体を無視するのが一番いいわww

103 :恋する名無しさん:2010/07/12(月) 03:18:01
うん
やっぱオナニーが一番いい!

104 :恋する名無しさん:2010/07/12(月) 13:13:49
a

105 :恋する名無しさん:2010/07/12(月) 13:14:58
agw

106 :恋する名無しさん:2010/07/12(月) 17:32:11
行き遅れの処女ババアホイホイ

107 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 13:32:32
男って痴呆っぽいよね

108 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 13:56:57
ふふふ…馬鹿な男 掴まえてみなさいよ〜♪

待て 待ってくれ… 逢いたい逢いたい逢いたい〜っ!君が1番なんだよ

ふん なら奥さんと別れなさいよ 私が欲しいんでしょ?

欲しい 君が…別れたら俺のものになってくれるのか…?

ふふん どうかしらね?
男なら賭けてみなさいよ?

別れたよ もう君と結婚できるよ!
適齢期過ぎの行き遅れた三十女の君が、必死で憧れてた結婚ができるんだよ
この俺とね!嬉しいだろう!?

はあ?なんでアンタみたいな中古バツイチのオヤジなんかと結婚しなきゃならないの?
私 カッコイイ彼ぴ いるもんね〜エヘッ(笑)

そんな…そんな馬鹿な…
俺は どうしたらいいんだ?

ふん 馬鹿な男(笑)

109 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 15:04:17
四六時中SEXの事ばかり考えてるしねwwwww

110 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 15:14:34
歩く生殖かよwwwwwwwwwwwwww



111 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 16:57:50
あと自分が偉いと思ってる人もヤバい
男>女 もだけど
自分>他人 みたいな

112 :恋する名無しさん:2010/07/14(水) 21:48:48
ほんとココの集いは寂しすぎる

113 :恋する名無しさん:2010/07/15(木) 05:05:16
>>112
ほんとここはって言ってる位見てるんだなw

114 :恋する名無しさん:2010/07/16(金) 15:28:18
男は馬鹿だもんなー変な見栄は張るし同性同士でも疲れるわ

115 :恋する名無しさん:2010/07/16(金) 15:28:46
癒してあげようか?w

116 :恋する名無しさん:2010/07/16(金) 15:43:48
ババアホイホイ

117 :恋する名無しさん:2010/07/17(土) 00:39:03
ちんちんいらない
バイブさいこー☆

118 :恋する名無しさん:2010/07/17(土) 16:48:01
>>114
知能が低いので仕方ない

119 :恋する名無しさん:2010/07/19(月) 13:57:42
w

120 :恋する名無しさん:2010/07/21(水) 01:13:59
きょうはキュウリ朝使ってみた
イボイボちょっと痛ーい ちゅうい☆

121 :恋する名無しさん:2010/07/21(水) 01:15:55
みんなは何使ってるか知りたいス
ヨロ きゃ ノシ ☆

122 :恋する名無しさん:2010/07/21(水) 13:14:31
男社会は押し付けがましさが売りであるので「常に一生懸命やってますアピール」が効果的である。
また上司や同僚へのごますりや根回しを必要とし、時には酒の場で「本音トーク(笑)」をしたり愚痴に共感したりとネチっこいのである。
そのネチっこさはオバサンの500倍、納豆の1000倍と言われている。
これは学生時代からすでに兆候が現れている。つまり低精神年齢という欠陥から生じる副産物であるwと(株)副産物研究所の所長は恥ずかしげに語る
男社会は集団主義であるのでエリート社員はすなわちエリート囚人でもある。つまり監獄でパターン化されたノルマをこなせば精神年齢や人格に問題があろうとシャバに出てこられるのである。
社内評価などもまったく同じであり内面を深く見れないコンプレックスを所有している男はパターン化したことで人をふるいにかけることに命を懸けている。

男は低精神年齢のウスラ馬鹿(TSUB)なので死ねよアホ(SA)という論文を世界の科学者は書き始めている

男は低精神年齢のため、パターン化したものを重視したがる。
よって恋愛マニュアルなど思考を抜きにした目的達成を図る考えが大好きである。
早い話、援助交際や結婚などもまったく同様の理由で成立しており、低精神年齢であっても社会で大成してしまう要因が作られてしまうのである。
あらゆる意味で男の思考はこのパターン化に収束されているといっても過言ではないと財団法人パターン脳研究所の歩兵部隊は口をそろえる





123 :恋する名無しさん:2010/07/21(水) 13:16:24
男は会社や女に評価されようと必死でセコイしキモイ

124 :恋する名無しさん:2010/07/21(水) 13:21:49
ババアホイホイ

125 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 11:46:40
男は会社や女に評価されようと必死でセコイしキモイ




126 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 12:35:32
>>1

>えばりたい心理
て何?
>>1は どんだけババアなんだ?

127 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 15:19:07
カオスちゃんねる

128 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 21:04:04
男は視野が狭く、特化した脳なので自分の従事している仕事の話題が9割である
これはかつて奴隷時代に拘束された奴隷労働者でも、解放された現在にもかかわらず奴隷時代の会話を慈しむかのごとく好むのに似ている。
他の話題が無く興味の幅が著しく限定され、精神年齢が極度に低いため、虚勢や威嚇、忠誠、差別感情などわかりやすい低レベルの考え方で共感意識を持つのが男脳でもある

男は雑用マシーンであることを誇りにする悲しい生き物である。
雑用マシーン同士で憎しみあい、嫉妬しあい、揚げ足をとりあいながら生きているクズのような存在である。
精神年齢が低く、女の引き立て役である。

男は雑用マシーンであるが、その雑用マシーン同士で醜い嫉妬をする

男は精神年齢が驚くほど低く、同じことを繰り返す作業を得意としたチョン型単細胞マシーンである

男の嫉妬はすさまじい。
基本的に新人は出来ない振りをして先輩を立ててやる必要がある。
たとえ間違ってても馬鹿先輩のやることにはハイハイ言うのが鉄則。
コイツ馬鹿だなと思いながらやり過ごすのは難しい。
奴も「おれ今馬鹿にされてんじゃないだろうか?」と疑り深くなっている。
精神年齢が低いなりにも疑うことには余念がないのである。

ベルトコンベアーに効率よく物を載せるにはどうすればいいか。
こんな課題だけ日々の人生で没頭し、遊びといえばキャバで女に大金を渡す奴隷と化す。
仕事といえども水商売の女以下の給料の分際で誇りだとか抜かしてみせるw
今の世の中はどーの、政治がコーノ、キャバ嬢相手にうんちくを振りかざす冴えない労働者の男。


129 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 22:19:57
ほんと男はヤダヤダ
今日もバイブさいこーだよ☆

130 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 22:22:23
バイブはともかく…(苦笑)

まあ 男だって君を幸せに出来る奴が必ずいるさ

出逢いを大切にな

131 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 22:24:17
男は遠慮しとくわ。

132 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 22:56:36
女の子同士でキスするともう異次元だよ☆

133 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 22:58:11
男は馬鹿でも本命は難しい

134 :恋する名無しさん:2010/07/23(金) 23:23:01
股から血噴くのヤメてくんね?
おまけに臭すぎ

135 :恋する名無しさん:2010/07/24(土) 21:28:49
男同士は虚勢を張り合う。
つまらないノリで力を誇示しあう。
ノリは楽しそうに見せなくてはならない。
冗談を言い合っていてもパワーバランスの世界である。
冗談を言ってるオレらすごいだろ、楽しそうだろ、という力を絶えず周りに見せ付けなくてはならない。
安らぎの冗談などではない。
くだらん見栄と虚勢の世界である。

男の精神年齢は凄まじく低い。
ちょっとした身分を利用し、少しでも自分が優位とみるや、
即座にえばりだす馬鹿が多い。
総務しかり荷受しかり、人事教育しかり。
えばるという行為が子供時代の延長であるということもよく観察していると明らかである。
露骨な給料自慢、職業自慢、身分自慢、国自慢、学歴自慢など極めて幼稚な精神性に基づく行為である。

男の精神年齢の低さは機能特化を競い合うといった社会構造による副産物と言ってもいい。
売り上げ、値下げ、合理化、削減など単一の行動規則だけを絶対視するという単純脳であるがゆえ、多くの人間的感情が未発達のままである。
男にありがちな仕事人間をよくよく観察すれば多くの人格未熟、人格の歪みなどを指摘することができる。
精神年齢が未熟で、単純業務に命をかける男達はコンプレックスの塊であり、
唯一、絶対評価される機能特化という道にすがる他はないバカである。

136 :恋する名無しさん:2010/07/25(日) 22:55:21
男同士で認め合うくだらん法則がある。職場で応用すべし。

説教を聴いてやること。
くだらん作業でもできることを自慢する馬鹿が圧倒的なので、そのくだらん説教を聴いてやることにより、くだらん馬鹿のプライドを保ってやること。
くだらん馬鹿とは職場だけのつきあいであると割り切ること。

上司、部下という立場を明確にしてやること。
少しでもエバリたいという幼児性が男にはあるので、立場を明確にしてやることは馬鹿男を興奮させることになり出世に良い効果をもたらす。
また、エバリたい一心でわざとわかりにくく仕事を教える幼児性も馬鹿男には備わっている。

コンプレックスに触れないようにすること。
これは少なからず多くの馬鹿男がイシキしていることである。
仕事だけの価値観をやたら強調してくる馬鹿はコンプもそれだけ大きいということである。
なるべく近寄らないことが賢明である。

見栄と虚勢の仲間意識を持つこと。気持ちの悪いノリであっても楽しそうにしなくてはならない。修行だと思ってこういう馬鹿にあわせるべきである。男社会は精神年齢が低いほど評価されやすい傾向にあるので知能の高い人間は前途多難である。

常に一生懸命さをアピールすること。 男は精神年齢の低い馬鹿なので深く内面を見ることができない。よってなるべくわかりやすい表現で仲間意識を感じさせるよう働きかけるのが得策である。


137 :恋する名無しさん:2010/07/25(日) 22:57:31
結婚を反対されますた
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1280017507/

138 :恋する名無しさん:2010/07/25(日) 23:28:05
適当に書くのでフォローしてください。

絶対だぞ。

139 :恋する名無しさん:2010/07/25(日) 23:33:47
たくさんの書き込みで埋めてください。


140 :恋する名無しさん:2010/07/25(日) 23:46:33
オタクがリアル感覚を会得しますように
でないと2ch崩壊が免れない

141 :恋する名無しさん:2010/07/26(月) 21:13:40
男は「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」といった特徴を有しているので、これらの特徴を強めたほうが
社会にすんなり溶け込むことができる。つまり人間らしさからの脱却を目指すことが社会に順応する第一歩といえよう。
男同士で共有するコンプレックスは様々な形で顔を出し、「感受性が薄い」「パターン脳」「集団主義」「劣等感」「低精神年齢」の枠からはみ出たものを高く評価することなどありえない。
つまり男から高く支持されるということは同じ劣等脳であるという側面が前提であるので非常に内面は気持ち悪いという結果になる。
糞リーマンや単純作業労働者の気色悪い笑顔の影にはこういう内情があるということを良識ある国民のみなさんは理解するべきなのである。

男の精神は幼稚なので相手の精神年齢で評価を定めることはなく、あくまでパターン化した作業の習得だけを絶対的な価値基準としている。
これは己の低精神性に触れることなく社会的認知を試みた機能特化男の最後の砦であり老若あわせた男達の醜態でもある。

男は視野は狭く特化脳であるので、
同じ類の人間でないと話かけても不機嫌になるし話さなくても不機嫌になる。
とにかく上の立場で説教をしたいという願望が強いので、違う肌の人間を顕著に嫌う。
精神年齢が極度に低いため、同類の人間でないと敵視するといった動物的反応が強い。


142 :恋する名無しさん:2010/07/26(月) 21:53:02
ありえないよ。ただ付き合いで適当に喋ってるだけだよ。
でスルーして貰わないとこっちの容姿や実力不足ってことで
非常にそれは遺憾。その線で描いた。イヤドーデモイイ。どう思おうが
こっちが事実で実際お前程度の男なんか相手にする訳ないだろ。ボケ。
という遺憾だけある。じゃ。こっち本当に違うんで。



143 :恋する名無しさん:2010/07/27(火) 02:52:15
>>142
男なんかとか言う前にジャパニーズの勉強したほうがいい
何言ってるかさっぱりわかりません

144 :恋する名無しさん:2010/07/27(火) 08:12:40
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100613/kor1006130120000-n1.htm

145 :恋する名無しさん:2010/07/27(火) 23:06:36
男は劣等脳なので自分の立場でしか物事を判別できない。
世の男がみな自分と同じ経験をしていることが前提認識になるのである。
たとえばブサイクなら女に粗末に扱われたことだけに執着し、このことを「男全体の問題」として解釈する。
池面ならば女に苦労しないで済むので楽観視する。
就職でも苦労してる男はすべての男が悲観してるとの立場で必死になり、世も末だと言い同意を求める。
その一方で男は金だと吹聴して回る男が出てくる。
つまりこれらは対立する思考のはずが同性であることを理由にくだらんプライドが邪魔をして相手に意見が言えなくなってしまう単細胞の悲しい傾向なのである。
なぜなら同性であれば理解しあえる筈という甘っちょろい現実認識と無駄なプライドがあるからであーる。
視野の狭い劣等脳は常に多数派を装った意見として吹聴してまわるという低精神性ならではの芸当をやってみせるのである。
もはやそこに冷静さなどあるはずもなく餓鬼が駄々をこねるのと同じ低精神年齢を元にした思考パターンとなるのである。
そして最後には己を慰めるがごとく自分はすばらしいというアピールも事欠かない。
もうこうなったら人間の発想ではなくリアルウンコの世界である(ウンコプゲラ)

男は女や企業に誠実さを示すために自分だけが一人勝ちしようという状況をたくらんでいるのである。
要するに手段を選ばす目的を達成することに必死なわけである。
援助交際もその延長線上の考えであり、もはやそこに男の文化やプライドなどないに等しい。
企業に従属する意識が強ければ強いほど社会は男に集団主義を強要するようになるわけである。
よって男のチョン思考はますます発展し、しいては全体行進パーティ、10時間朝礼、匍匐前進通勤、声出し脱糞などありえないような社会に変貌していくのである。


146 :恋する名無しさん:2010/07/27(火) 23:23:34
脱糞スレ=脱糞とはチョンの文化

147 :恋する名無しさん:2010/07/29(木) 00:05:45
男は奴隷精神、奉仕精神などだけで競ってきた経緯があるので精神年齢が恐ろしく低いままである。
単純なパターンを記憶したり、一定作業の繰り返しに特化してしまった不器用脳であるので全体主義のチョン思考文化が男社会である。
精神が幼いのでほっておけば倫理面に異常をきたした馬鹿が悪さをするだろうとの図式を恐れるがあまり、
全体主義によってそれを拘束し、行動を促すところは刑務所と同じである。
つまり男の社会はムショ化したものであると仮定できる。男のチョン文化はこうしてできあがるのである。
ご清聴ありがとうございました。

男はチョン思考か口臭ひどいかのどちらかしかいない
まったくひどい世の中である

男はせせこましい精神であり、その中身の無さを補うため、スーツなど「ハッタリ」かます小道具が大好きである。
スーツさえ着ていれば仕事ができる奴に見られるというなんともお粗末な考えによるものである。
その代償としてチョン文化に自ら加担してしまっているという愚かさ。
男のチョン文化は若いうちから芽生えているのである。ご清聴ありがとうございました。

男同士は激しい嫉妬の感情により、上司から評価されず出世しないケースが多くある。
男の精神性は低いため、いつまでも「えばりたい」「教えたい」「説教したい」といった子供レベルの気持ちを持つ気色悪い男が多い。
こいつらが上司となった暁には、たとえどんなに才能があろうとも評価されずに終わってしまうのである。
逆に言えばこういう馬鹿を相手にひたすらペコついていれば出世してしまう。
会社の人事評価とは意外にこういうものである。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)