5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

刹那とマリナの共同生活 24日目

1 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 19:38:06 ID:VL+H7FJs
マリナを救い出した刹那
二人の甘い生活が始まる         はずだった?!


■過去スレ(過去スレはまとめに格納されています)
刹那とマリナの共同生活 23日目
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/shar/1267969041/



■刹那とマリナの共同生活まとめ(最新、稼働中)
(p) http://www28.atwiki.jp/haputea/


■刹那とマリナの共同生活@まとめウィキ (お休み中)
(p) http://www28.atwiki.jp/setsumarilove/


※初心者さんはまとめウィキの「共同生活の始まりとメカニズム」の項目を
  読むとスレの雰囲気が掴みやすいとおもいます(どちらのウィキからも参照可能)
※職人さん作成による画像やAAは、特に断りが無ければ保管庫に保存されます
※次スレは>>970が宣言して立てて欲しいです!

2 :共同生活宣言:2010/06/16(水) 19:39:26 ID:???
俺は…求め続けていたんだ…
マリリンと共に…


ビリー「フラグブレイカー刹那・F・セイエイに安息は許されない」
眼鏡「まだだ…まだ邪ポートをやめられるか…!」


―お刹那さんの幸せを願い戦い続けた者たち―


録音「お前ら…満足か…こんなオチdギャアアアアァァァァ」


匙「お願い…ここに住まわせて…!」


―志半ばで散った幾多の命―


ブシドー「統一された生活の行く末は、私に任せて貰おう!」


―変わらない"歪み"を内包する共同生活の未来とは―


刹那「俺の!俺だけの!マリリンだ!」


刹那とマリナの共同生活スレ
2008年10月 機動


―その「喪男」が再び始動する―


3 :マンションプトレマイオス住民票1:2010/06/16(水) 19:40:32 ID:???
刹那・F・セイエイ(通称お刹那さん)
マリリン一筋。努力の甲斐あってマリリンのピンチを救出し、
何とか同棲生活に持ち込むも、なぜか愛するマリリンと喪男
4人の共同生活になってしまっている可哀想な男。マリリンと
はほぼプラトニック。マリリンと良い感じになると、喪男達
の邪ポート(あくまで善意)介入に遭遇し、涙目展開となる
のがお約束。 はぷてぃなことが起こるとよく鼻血を噴く。


マリナ・イスマイール(通称マリリン)
お刹那さんの彼女。高貴な家の出身らしいが、本人はいたって
庶民派。お刹那さんと喪男達との共同生活に特に疑問は抱いて
いない様子。お刹那+猫でよく鼻血を噴く。


ミスター・ブシドー (通称ブシドー)
最もKYかつ絶妙な邪ポートで、お刹那さんとマリリンの同棲生活に介入するお面の男。
その邪ポート力は「敵にすれば恐ろしく、味方にすればうっとうしい」と評されるほど。
自他共に認めるガンダムストーカーである。多芸な男で、有り得ない事を成しても『だってブシドーだし』で済む。
寝る時はお面にネグリジェ。なお、マンション屋上でブシ農園経営中。


沙慈・クロスロード(通称匙)
元暗黒卿・最凶の喪男だったが、今はなんやかやでルイスと復縁し半リア充となった男。
筑前炊きに並ならぬ情熱を燃やしている。
基本的に優しく常識人だが、ふとした拍子に繰り出す当て身の強さはくらったものを幽体離脱させる程である。

ビリー・カタギリ(通称ポニテ、ポニオ)
ポニテ。15年以上思い続けている高級ホステスクジョウ君に高級
酒を貢ぐことで何とかお付き合い を了承してもらったものの、
思いを遂げる寸前に裸のクジョウ君を隣町のイケメン年下男せっ様
にお姫様抱っこで連れ去られ出戻ってきた。
模型子ちゃんと良い感じ?


ティエリア・アーデ(通称眼鏡)
こう見えてお刹那さんとマリリンの仲を取り持った功労者。背中にはセラフィムさんがいる。
ヴェーダを使った邪ポート作戦立案に 定評があり、
お刹那さんとマリリンのWベッドの四方を喪男達のベッドで囲むなどの作戦を立案したのも彼。
エロゲマイスターで嫁達多数。一周年記念日にて、ついにエロゲからガンダム00のテーマを導き出す。

4 :マンションプトレマイオス住民票2:2010/06/16(水) 19:41:24 ID:???
『スミルノフ家(名義上)』
アレルヤ・ハプティズム
さまざまな教室を開いており、奥様人気が高い。
当初は合コンスレの系譜を受け継いでおり、妄想の押し付けはまさしく電波であったが、
アンドレイの空気化により精神の安定を取り戻し、
現在はオトメン常識人、穏やかかつ料理上手という夫にしたい男bPになっている。
が、ふとした瞬間に^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^が復活するので要注意。
アンドレイのことは「アンモニア」と呼ぶ


ソーマ・ピーリス(マリー・パーファシィ)
熊家の実質トップ。ロシアに出張中のセルゲイパパが家を空け
ているため、勝手に電波の同棲相手にされる。
電波とアンドレイによる奪い合いに翻弄され、超兵としての誇りが傷つけ
られがちだったが、アンドレイの空気化に伴う電波の正常化によって、安定的な生活を取り戻しつつある。
アレルヤに対してはとにかくツンデレの照れ屋さん。
不思議な味覚の持ち主で、何かと料理にココアパウダーと味噌ペーストを入れたがる。お隣のマリリンと仲良し。


アンドレイ・スミルノフ
小姑。電波とソーマの邪魔をする位で基本空気。しかし電波に
対しては辛辣で、電波のことを「O157」と呼ぶ。現在クラブ女狐にて
住み込みバイト中。


セルゲイ・スミルノフ (ロシアに出張中)


マリー&ハレルヤ
ピンチになると現れる。強い。

5 :マンションプトレマイオス住民票3:2010/06/16(水) 19:43:50 ID:???
『ディランディ家』
ロックオン・ストラトス(通称録音、本名ライル・ディランディ)
女性経験豊富「らしい」男。お刹那さんの恋愛相談によく乗って
あげており、その都度適切なアドバイスを 送るものの、
なぜか最後はお刹那さんの先走った妄想によりボコられてしまう可哀想な人。
アニューと付き合っているが、運動の苦手な彼女によく無残な目に遭わされている。


録音inデュナメス(本名 ニール・ディランディ)
時々刹那やティエリアにアドバイスをおくっていた が、
ブシドー、刹那、ティエリアの降霊術によりデュナメスのガンプラに降臨。
某スレの亡霊共から女子供を守るため、ガンプライダーとして日夜戦っている。


リヴァイヴ
重度のシスコン。最初はアニューの恋人であるライルをことごとく邪魔していたが、
最近はライルと意気投合し無残義兄弟の同盟を結んだ。


『地下室』
リボンズ・アルマーク
 ティエリア私室の押入れから繋がっている地下室に生息。
 かつてはナンバーワンホストだった時期もあったが、現在は自堕落な生活を送っている。
 最近、留美嬢が気になって気になってしょうがないが、なかなか素直になれない。
 彼女とはCB乗っ取り事件〜来るべき対話を経て、晴れて両思い(?)になった。
 ・・・・はずだが、傍から見たらどう見ても片思いの喪男である。
 大のカプ厨であり、特に刹那関連のカップリングが大好物。しかし本人の恋愛スキルはお刹那以下。

リジェネ・レジェッタ
リボンズのホスト時代の元同僚。
リボンズとは普段はこやつめ、ハハハ!の仲であり、共に地下室生活をエンジョイしている。
1周年記念日においてついにサポートミッション(という名の反乱)を開始する。

ヒリング・ケア
イカ大好き。 イカに対する情熱は凄まじく、気が付くとイカ漁に旅立っていたりする。 ぺったんこは禁句。

田吾作
ヒリングの漁師仲間。ブシドーに憧れている。

赤毛(ブリング・スタビティとディヴァイン・ノヴァ)
いっぱいいる。
( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`) 「トランザム」


( ´_ゝ`)流石だよな、私達

6 :マンションプトレマイオス住民票4:2010/06/16(水) 19:45:32 ID:???
ラッセ・アイオン(通称ラッセコム)
マンションプトレマイオスの頼れる管理人。
誰もが認めるナイスガイで、最近はセツニャと仲良し。
ラッセ・イアン・ブシドーの三人ははぷてぃを美味しく頂ける。


イアン夫妻(通称おやっさん) 
父ヴァスティはブシドー、ラッセコムと毎朝乾布摩擦をする仲。
開発などの仕事が忙しいため娘のですぅはお刹那家に預けられており、
セラフィムさんとしてティエリアの背中に潜んでいる。


フェルト・グレイス
ニールに憧れを抱いている新人作家。両親と同居している。


クリスティナ・シエラ&リヒテンダール・ツエーリ
ラブラブ新婚医者看護士夫婦。


最上階に留美お嬢様一家(御刹那さんち)
地下にイノベーター一家(ティエリア私室の押入れと繋がっている

7 :マンションプトレマイオス住民票5:2010/06/16(水) 19:46:23 ID:???
刹那・F・セイエイ (通称 御刹那、合コンお刹那さん )
刹那ヒエラルキーの最下層にいる存在で、紆余曲折を経てこのスレに到達した。
現在愛しのネーナタソ・留美タソと一緒に暮らしており、その姿はまさに聖喪カン。


ネーナ・トリニティ
トリニティ兄弟の末っ子。
天ボケ気味のお嬢様の世話を焼く、常識人でツッコミ係。
最近は御刹那に振り回されっぱなしであるが、まんざらでもない様子?


王留美 (通称 お嬢様、おぜうさま)
売れっ子同人作家。
御刹那の手による規則正しい生活により、今はホスト通いをやめている。
最近天然ボケ度が進行しており、愛しのリボンズ様の名前が未だに覚えられない。

8 :マンションプトレマイオス愉快な動物達:2010/06/16(水) 19:48:03 ID:???
パトリック(軍用犬)
ソーマがたまに同僚から預かることのあるスペシャルな軍用犬。
名付け親はたまたま通りかかったマネキン大佐(クラブ女狐の
オーナーでもある)。喪男を徹底的に馬鹿にした行動を取るが、
美女には非常によく懐き、食べ物以外の物も何でも食べる。


マリリス(シマリス)お刹那さんのペット
セツニャ(元野良猫)マリリンのマイキャット
ハムドー(ハムスター)ブシドーのペット、ブシドーの陣羽織の中で生活
アンドレイ(ヒグマ)熊家のペット
アズナブル(白いペルシャ猫)リボンズ様のペット
ハンドレット(ゴールデンレトリバー)小物様のペット
ティエラビット(ブシドーが買ってきたウサギ)ティエリアのペット


屋上農園ブシドー村の仲間たち
マスラオ(雌牛)ブシドー村の稼ぎ頭の乳牛。男らしい名前を気に入っている。
スサノオ(雌牛)乳牛でマスラオの妹。色が違うが顔はそっくりらしい。
カミーユ(牡牛)異常に健脚な牛車用牡牛。名前をけなされるとキレる。
ハマーン(蛇)ブシドーが無人島から連れてきた大蛇。シャアーッと叫ぶ。多分


9 :プトレマイオス周辺住民:2010/06/16(水) 19:52:14 ID:???
『刹スメ愛の巣』
刹那・F・セイエイ(通称 刹那様、せっ様)
究極のリア充として頂点に君臨する男。
ちなみに、刹スメスレのせっ様とは別人である。
不甲斐ないお刹那さんを心配しており、たまにアドバイスもくれる頼もしい人。
今はスメラギさんと水入らずのラブラブ同棲生活を送っている。連絡手段は糸電話。
スメラギさんにだけは弱いのか、なにかと空回りしては落ち込み、ナデナデされている。
最近、まさかのチェリー疑惑が浮上。


スメラギ・李・ノリエガ(源氏名・クジョウ)
クラブ女狐のチーママ。
刹那様とポニテとの間で揺れていた時期もあったが、実はホレ薬を飲まされていたことが後々判明。
お刹那のトランザムバーストによって刹那様とよりを戻し、現在ラブラブ同棲生活中


『警察署』
ジニン
町を守るお巡りさんで、美人な奥さんを持つ愛妻家にして恐妻家。
部下のアラッガを率いて、町の秩序を乱す宿敵ブシドーを今日も追う


ジャジャーン
ジニンの上司。地味


『建設会社ソレスタルビーイング』
イオリア社長率いる会社。(社員→お刹那、ライル、アレルヤ)
イオリア社長
見ての通り社長。イノベ達の育ての親である。
お刹那のことを実の息子のように可愛がっており、とても仲がいい。が、仕事の上では結構厳しい。
現在の望みは、お刹那とマリリンの結婚式に出席すること


『その他・さまざまな店や屋台』
良男・グッドマン
百八人の兄弟で、皆さん顔は同じです。
ラーメン屋、レストラン、屋台、町内会……あちこちにいます。
今日も皆でプトレマイオスの皆さんを生暖かーく見守ります。
凄いぞ良男!カッコいいぞ良男!

10 :マンション周辺・夜の遊び場:2010/06/16(水) 19:53:58 ID:???
『クラブ女狐』
連邦のお偉いさんが夜な夜な通う高級クラブ
座るだけで一人5万円、クジョウちゃんの大好きなシャンパンタワーは1塔100万円
カティ・マネキン(ママ)
クジョウ(スメラギ・李・ノリエガ、チーママ) せっ様と同棲中
ルイス・ハレヴィ(キャスト)匙の彼女。フリスク大好き
ヒリング・ケア(男装の麗人タイプ)イカをこよなく愛するイカ職人。最近漁師に転職。とにかくイカ大好き
パトリック・コーラサワー(黒服)祝!カティママと晴れて結婚
アーバ・リント(店長)
リヴァイヴ・リバイバル (黒服)(ホストクラブえんじぇるより出向中)
ブリング・スタビリティ(黒服)(ホストクラブえんじぇるより出向中)
デヴァイン・ノヴァ(黒服)(ホストクラブえんじぇるより出向中)
アンドレイ・スミルノフ(黒服)(住み込みバイト中)


『ホストクラブえんじぇる』
留美お嬢様やネーナ、ルイスが夜な夜な通う高級ホストクラブ
…であったが、現在は廃業しているという噂
アレハンドロ・コーナー(オーナー)小物、よく入院する
リボンズ・アルマーク(旧ナンバーワンホスト)
リジェネ・レジェッタ


アリー・アル・サーシェス(マネージャー、ミスターゴクドー)
クラブ女狐から引き抜かれた敏腕マネージャー。取り立てがエグい(くすぐり、靴下攻撃)
副業で警備会社アリーソックを経営していたが、ラッセコムとの顧客獲得争いに敗れ、現在の仕事は専らマンションの雑用。リボンズからの依頼もなくなってきた為、更にやる事がなくなってきた。
ポンデ獅子と声がそっくり
ヨハン
トリニティ長男でアリーの部下。短パン大好き
ミハエル
トリニティ次男でアリーの部下。超シスコン


『反高級バー語論』
録音行きつけのバー。ここのガンダムカクテルはブシドーのお気に入り。
クラウス・グラード(マスター) シーリンの旦那様。ライル、池田と仲が良い
シーリン・バフティヤール(ママ) マリリンの親友。現在懐妊中! 出産予定は2010年秋頃?

11 :マンション周辺・昼の遊び場:2010/06/16(水) 19:57:22 ID:???
『カフェ・レッドドラゴン』
イケメン紅龍さんが開いたカフェ。留美お嬢様にお仕えして
いた時の経験を活かした繊細かつ行き届いた執事サービスと、
美味しいお茶や軽食を目当てに遠くからも女性客が押し寄せる
人気店。喪男達だけで来店すると真夏でも真冬でも店内の席が
空いていても外のテラス席に通される。
紅龍(マスター)
アニュー(模型店と掛け持ちアルバイト)
御刹那(忙しい時のみアルバイトとして使われている)


『模型店』
 ブシドー御用達の模型屋さん。
 バイトの模型子目当てにビリーが訪れることも。
模型子(アルバイト)
 模型店の店員でガンプラ大好きな女性、模型的な意味でブシドーの弟子。
 魔改造得意なポニテに好意を抱いている。
 元はOO二期に出てきたモブのCB女の子。
 愛らしい髪型とスメラギに匹敵する巨乳が人気。
アニュー・リターナー(アルバイト)
 模型子の先輩 でライルの彼女、料理裁縫メカニック医療と一通りこなせるが、唯一苦手なのが運動
 投げたボールは必ずライルもしくはリヴァイヴに直撃する。けして、わざとではないのだ。
( ω) (テンチョー)
 テンチョー。中々会えない幻の存在だよ。


『スポーツジム フェレシュテ』
ラッセ、イアン、ブシドー御用達のスポーツジム。
シャル・アクスティカ(オーナー) フェルトの両親とは過去の同僚。
フォン・スパーク(インストラクター) 非常に態度がでかい上に奇声を発する。しかし、意外とまとも。
エコ・カローレ(スタッフ) 通称おっさん
シェリリン・ハイド(整備スタッフ) イアンの弟子。ハナヨと仲良し。
ハナヨ(マスコット) ハロ、874の人格をホログラム化した少女。


12 :はぷてぃ!:2010/06/16(水) 19:58:20 ID:???
「はぷてぃ」
元は眼鏡がお刹那さんに成敗される時にあげていた断末魔であるが、
段々眼鏡以外のキャラの断末魔としても浸透していく。そんな中、
断末魔を聞いたマリリンとソーマが、はぷてぃを紅茶の一種である
飲み物なのではないかと勘違いし、二人ではぷてぃを共同開発。
ブシドー、イアン、ラッセの乾布摩擦仲間以外が飲むと、もれなく
「はぷてぃ!」と叫んで失神する程の劇薬同然ドリンク「はぷてぃ」が
誕生することとなった。ブシドーがはぷてぃ商品化CMに出演するという噂も・・


■レシピ
はぷてぃ=紅茶+蜂蜜+プリン+ココア+味噌
※最初は蜂蜜+プリン+紅茶ではぷてぃであったが(頭文字)、
気を利かせたソーマが特製ココア味噌を加えた


■駆逐する=はぷてぃするなどの活用も可


※しかしながら、画像付き詳細レポを上げてはぷてぃを自作してくれた
 スレ住民によると、味噌を入れすぎなければ味は良いらしく、後々
 レッドドラゴンにも追加される事になる。 目指せ、メジャーデビュー!

13 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 20:00:41 ID:???
以上。
前スレが容量一杯になった為、勝手に立てさせていただきました。
ご了承下さい。

14 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 20:12:03 ID:???
>>13
乙。
まさか容量越えとは・・・でも使いきった事は良い事かな?

15 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 20:36:40 ID:???
>>13
乙。乙だと言った!

ポニテ「まさか急に次スレにトランザムとはねえ…」
マリナ「この生活始まって以来のことかしら?」
刹那「し、しぬかと思った……」
匙「ま、何はともあれよかったじゃん。またいつもの生活が始まるよ」
眼鏡「それになにより今回はブシドーの発作が起きなかった
  ゆえにジニンのとっつあん達に囲まれる事態は避けられたからな」
ブシドー「……少々味気無い気がしない訳でも無いが」
刹那「お前は少し自重しろ!」
セラフィム「そんなこんなで24日目スタートですぅ♪」

16 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 20:43:01 ID:???
刹那「今日のW杯注目カードはやはりスペイン×スイスかな」
セラフィム「実況禁止ですぅ!」
刹那「もちろん分かっている。でも匙とポニテとしては気になるんじゃないか?」
匙「そりゃまあね…ルイスもサッカー好きだし……でも結構熱くなるから多分仕事中はお預けだろうね」
ポニテ「クジョウもそんな感じかな。ところで知ってるかい?スペイン国歌って…」
マリナ「歌詞が無いのよね♪ヨーロッパの歴史ある国では珍しいわよね」
刹那「ホントに!?」
匙「あー何かルイスから聞いた事あるなそれって」
ポニテ「流石に詳しいねえ。だから選手やサポーターはそれぞれ独自のハミングで歌ってるみたいだよ」
刹那「鼻唄国歌って…」
眼鏡「日本のキミガヨはオランダと並んで世界最古の国歌の一つらしいな」
匙「うーん…結構フクザツな事情の多い歌だけどね。僕はもちろん国歌として異論は無いけど」
眼鏡「気にするな。あえて歌詞が旧体制時代のままの国は珍しくない。一部の人間が物議を醸すのも同じだ」
ポニテ「植民地から独立を勝ちとった国は歌詞にもいろいろと過激な表現が多いよね」
マリナ「それでもいいと思うわ私は…国の成り立ちを歌うのが国歌だもの」
眼鏡「しかし人類の歴史を知る上でも興味深い。英国のゴッド・セーブ・ザ・クイーンは非公認の国歌のようだな」
ブシドー「わが祖国の国歌は『星条旗』だと言った!」
ポニテ「『星条旗よ永遠なれ』と混同されがちだよね。こちらは公式の行進曲であって」
セラフィム「ふーん(試聴中…)『星条旗』の方がアップテンポで行進曲ぽいですぅ」
匙「実際、『星条旗』の方は体育祭等でもよく使われてるよね」
マリナ「でも私『星条旗よ永遠なれ』のメロディも好きよ」
刹那「おい、みんな試合始まるぞ……(国歌か、今度色々聞いてみようかな…」

17 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 23:28:44 ID:???
スメラギ「スペインどうなったのかしら……」
連邦高官「おや、クジョウママもワールドカップを見てるのかい」
スメラギ「はい。祖国が出ていますから…」
連邦高官「祖国?スペインがかい?」
スメラギ「えぇ……先生、女の過去を詮索するのは野暮というものですわよ」
連邦高官「そ、そうか、そうだな」
スメラギ「ふふ…ありがとうございます。さ、どうぞ」

18 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/16(水) 23:43:16 ID:???
監督 イオリア・シュヘンベルグ
応援 マリナ・イスマイール

FW Mr.ブシドー

MF お刹那・F・セイエイ
MF 刹那様・F・セイエイ
MF 御刹那・F・セイエイ
MF ライル・ディランディ
MF ティエリア・アーデ(司令塔)

DF アレルヤ・はぷてぃズム
DF ニール・ディランディ(ガンプラ)
DF パトリック・コーラサワー(不死身の顔面ブロック)
DF 沙慈・クロスロード

GK ラッセ・アイオン

19 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 01:11:04 ID:???
カティ「過激な国歌といえばフランスもそうだな。ラ・マルセイエーズ…」
パトリック「まあフランス革命の歌ですからねぇ。俺は嫌いじゃないですけど」

20 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 08:57:11 ID:???
ライル「ふぁァ……」
アレルヤ「あくびなんてダメだよ。気を引き締めないと」
ライル「ン?あぁ、悪い悪い。昨日スイス―スペイン見ててな」
アレルヤ「なんだ、ロックオンも見てたの?」
ライル「あぁ。超面白かったな」
刹那「スイスはよく守ったよな…特にあのGKがすばらしかった」
イオリア「ふむ、あのGKはブンデスリーガでも活躍しておるぞ」
刹那「あ、社長。おはようございます」
ライル「社長も見てらしたんですね」
イオリア「うむ。スイスは素晴らしかった、感動した!」
アレルヤ「判定もスペイン寄りだったように感じましたけど、それを覆して………」

わいわい

秘書「……もう就業時間は開始しているのですが……」

21 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 12:10:32 ID:???
スメラギ「ふぁ……おはよ、マスター……」
ルイス「どうもー……あーおなかへったー……」
紅龍「お、おはようございます。昨日の試合、惜しかったですね」
スメラギ「あら、観てたの?私はちょうど仕事中でリアルタイムで観れなかったんだけど
    でもよかったわーある意味、ね……」
紅龍「まだ二試合ありますよ。リーグ2位突破でも優勝したチームは普通にありますし」
ルイス「でもくやしー!こんな事なら昨日のスイーツロールケーキを選んどくんだった!」
模型子「ルイスさん最後までスイスロールかザッハトルテか迷ってましたね♪」
スメラギ「あら、いたのね縄子。今日はアニューはお休み?」
模型子「もー縄子って何ですか!先輩は今日は模型店の方です!……人を付録みたいに」プンプン
スメラギ「もう……なにもそんなに怒らなくったっていいじゃない…仲良くしましょ♪」
ルイス「まあまあ…二人共……落ち着いて」
紅龍「ああ、そのような事でしたら…トルティーヤはいかがでしょう?次戦のホンジュラスでは主食ですよ
  トマトとチリソースで……トウモロコシが苦手な方は小麦粉のものもご用意してございます」
スメラギ「あら、いいわね♪大好きよトウモロコシ」
ルイス「トルティージャ(スペイン風オムレツ)じゃなくて?」
スメラギ「タコスよタコス。ヘルシーで美味しいわよ…それとチリワインもある?」
紅龍「はい。各種取り揃えております」
ルイス「私はお昼からお酒はちょっと……」
紅龍「ホンジュラス産のコーヒーがございますが…食後にバナナケーキはどうでしょう?おすすめですよ」
スメラギ「バナナはホンジュラス産って訳ね。流石バナナ王国♪」
ルイス「じゃ、それで♪私は小麦のにしようかな?」
模型子「かしこまりました♪」
紅龍「ありがとうございます」

模型子「オーダー入りましたー♪」つオーダー
御刹那「さんきゅー……フムフム(紅龍さんも流石中国人……抜け目無いお…」

22 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 17:40:08 ID:???
>>21
留美「まったく…お兄…紅龍も手広くやってるわね」モグモグ
ネーナ「この町の外食産業はほぼグッドマングループが占有してますから
   御刹那の料理の上手さもあるけどかなり頑張ってますよね」
留美「そうかしら?でも私にはサッカーのどこが面白いのかよく分かりませんわ…」
スメ・ルイ「「!!………」」ピクッ
ネーナ「ちょ…ちょっとお嬢様…ここじゃちょっと分が悪いですよ…」
留美「だって本当の事ですもの。ズンボリ様も野球の方が好きって言ってましたわ」
ネーナ「(またあのレタスは……)何でもないから、お嬢様の独り言で……」
スメ・ルイ「「………」」
フェルト「こんにちは。お隣空いてますか?」
スメラギ「あら、フェルト久しぶりじゃない♪今日は午後から?」
ルイス「うん、空いてるよ座って座って♪」
紅龍「いらっしゃいませ」
ネーナ「ほっ…いいタイミングで来てくれて助かったわ…」
留美「あなた随分周囲に気を使う様になったわね。いい事よ」モグモグ
ネーナ「…お嬢様は少し気にしてください。ところでその肉何ですか?
   御刹那が食べてみれば分かるって言ってたけど……」
留美「これはおそらくワニの肉ね。南アフリカの料理なんですって」
ネーナ「私、いらない……」
留美「食べてみなさいな。さっぱりしてて美味しいわよ?」

御刹那「おおっ……まさに東西Wカップ揃い踏み////」ハアハア
模型子「あのー…ニューオーダーいいですか?」

23 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 19:22:54 ID:???
刹那「W杯も2戦目に突入したな」
ブシドー「うむ、ここからが正念場だと言った!」
マリナ「でも、ちゃんと夜は寝なさいね」
ポニテ「録画はバッチリだからいつでも観れるしね」
匙「でもリアルタイムで観ないと話題に乗り遅れるよね」
眼鏡「何も全試合を無理してみる必要は無い。自分が気になる試合を決めて観ればいい」
セラフィム「本当に盛り上がるのは決勝トーナメントからですぅ」
匙「そうだね。そういえば姉さんは大丈夫かなあ…」
刹那「お前最近二言目には必ず姉さんだな…」
ポニテ「このシスコンwww」
匙「///な、姉弟なんだから当然だろ!十五連匙パンチ!!」
ポニテ「ぐわあああああ……!!」←車田飛び
ズシャアアアッ!!!
刹那「ひー暴力反対!」
マリナ「もう、ばかね…怒るのも当然よ」
セラフィム「いや、これは止めた方がいいと思うですぅ」
眼鏡「心配ない。刹那とポニテはタフさだけならブシドーにも匹敵するからな
  (ポニテの残機は…まだ大丈夫かな」カタカタ

24 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 21:17:19 ID:???
眼鏡「W杯の陰に隠れがちだが、ちらほらとと面白そうな話題も出てきたな」
刹那「明日発売のHGUCZZか?」
ブシドー「む、私とした事が忘れていたと言った!」
刹那「先月末買った武者mkUもまだ完成してないしな」
匙「いや…お前等だけの話題じゃなくて…」
マリナ「はやぶさのニュースは感動したわ。明日だったかしら日本に到着するのは?」
眼鏡「そうだな。ではイカロスは聞いた事があるか?」
刹那「烏賊?」
マリナ「ギリシャ神話の登場人物ね。ロウで作った翼で空を飛んだ」
ブシドー「父の言付けを忘れ太陽に近づき過ぎて墜落してしてしまう少年の悲劇だったか?」
匙「違いますよマリナさん。どうせティエリアの事だから……そらおとだろ?」
ポニテ「はぁ…これだから匙君は……太陽光を帆に受けて推進する宇宙ヨットの事だよ」
眼鏡「正解だ。イカロスたんも萌えだがな…太陽光が出す圧力を受けて超薄膜の帆を広げ進む一種の無人宇宙船だ」
ポニテ「帆の一部に太陽電池が貼り付けられていてさ、自分でエネルギーを作りつつ太陽を目指すんだよね」
マリナ「それでイカロスなのね」
刹那「でもそれを飛ばしたところで何か意味があるのか?」
ポニテ「科学技術にはそれが可能かどうかっていう実証が必要なのさ」
眼鏡「いわば実験機だな。いずれはこの技術を発展させて……まあ長くなるのでこの辺にしておこう」
匙「ふーん…今見てみたけど…ヨットというよりは凧みたいだね」
マリナ「自分でカメラを分離させてセルフ撮影なんてお茶目さんなのね」
セラフィム「くるくる回っててかわいいですぅ♪」
刹那「可愛い……かな?」

25 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/17(木) 22:19:33 ID:???
>>23
セラフィム「ミレイナ的にはN3DSの発表が気になるですぅ」
眼鏡「いままで3D映像というと専用の眼鏡等を通して観ていたからな
  裸眼で見えるというのはどういう感覚になるのだろうな」
マリナ「青と赤の眼鏡ね」
ポニテ「あれは微妙にずれた映像をある一点に焦点を合わせる事によって起こる目の錯覚を利用したものだよね」
匙「ステレオグラムも同じだよね。一時期流行ったなあ」
刹那「あれ苦手だ…頭が痛くなる」
ブシドー「キャプテンEOを是非また観たいと言った!」
ポニテ「本国ではまだ見れるじゃないか…でも僕的にはあのコンパニオンのお姉さん達のピチピチのシャツが…ムフフ」
マリナ「ふふ、多分言うと思ってたわ……」ニコニコ
刹那(ま、マリリンスマイル……!)
セラフィム「最低ですぅ…」
眼鏡(ふむ……だがポニテの言う通りだ。あれは意図的にそういったモデルを集めたな……汚いなさすがきたない)

26 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 00:14:22 ID:???
>>25
眼鏡「刹那、問題だ。昔任天堂は3D(のようなゲーム機)を出して爆死した事がある。このハード名は何だ?」
刹那「え、え?」
マリナ「頑張って、刹那。あのゲームを思い出して……」
眼鏡「A.ぴゅう太 B.ゲームボーイカラー C.ジャガー D.バーチャルボーイ」
刹那「むー……」
眼鏡「ライフラインを使うか?」
刹那「オーディションで」
眼鏡「ダメだ」
刹那「何!?」
眼鏡「お前以外は知っている。答えを教えられるか、馬鹿者」
刹那「くっ……電話で」
ポニテ「はい、どーぞ」

つ 糸電話

刹那「………もしもし」
マリナ「はーい」
刹那「……あのさ、答えは何だ?」
マリナ「何の答え?」
刹那「(面倒だな)実は3D
眼鏡「はい、終了」
刹那「早っ!?」
眼鏡「さっさと答えろ。フィフティは無しだぞ」
刹那「意味ないじゃねーか!!」
眼鏡「黙れ」
刹那「はい………くそ、どれだ?」
-----
刹那「A!」
眼鏡「ファイナルアンサー?」
刹那「ファイナルアンサー!」
眼鏡「残念!」
刹那「だから早ぇよ!!」
眼鏡「さて、講義タイムだな………」
刹那「



マリナ「バーチャルボーイは昔ほしかったわね……今思うと買わなくて正解だったけど…」
ポニテ「チャレンジしたのは分かるんだけどねぇ…見るからに目が悪くなりそうだったよね、あれ」
マリナ「今ではリアルにテニスができるようになったわ…良い時代になったものね」


眼鏡「超武闘伝2でブロリーを出す裏技は?」
刹那「う、↑↑↓↓←→←→BA」
眼鏡「それはコナミコマンドだ、未熟者」

27 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 07:14:18 ID:???
>>25

> ブシドー「キャプテンEOを是非また観たいと言った!」

ヒリング「確か復活するはず、その時には2人で・・・」


絹「沙慈、それ本当?」
匙「うん、本人から聞いた。やっぱりアメリカ人は好きだね、MJ。」
絹「ふーん。(これはお近づきになるチャンス!!)」



ブシドー「いよいよ梅雨入りか・・・水田の水量調整が必要だな。」

28 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 08:25:27 ID:???
キャプテンEO…7月1日から1年間限定オープンみたいだね。
ヴェダってみたら製作総指揮j・ルーカス 監督F・F・コッポラって凄えwww

あ、それもそうだけど公開まで後ちょうど三ヶ月後だね。
それとほぼ同時期(翌19日)にここも二周年……中々どうして面白い廻り合わせだよねwww




リジェネ「………と(カタカタ)……さて、王留美とこで朝ご飯食べてくるかな」

29 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 18:23:34 ID:???
リボンズ「ふっ……少し結末を急ぎ過ぎじゃないかなリジェネは…」
リヴァイヴ「彼にも何か考えがあるのでは?そういえばこちらもW杯で盛り上がってるようですね
     …あ、リボンズは野球の方が好みでしたか?」
リボンズ「確かにそうかも知れないけどね。別にサッカーが嫌いという訳じゃないさ
    一部の過剰な熱狂振りは少し異様に写るけどね…君は?」
リヴァイヴ「僕は……ボールには少しトラウマが……」
リボンズ「ああ、そういえばそうだったね……」

ブリング「サッカーもいいが、やるならバスケだな」
デヴァイン「ああ。だが今回は番狂わせが多い様で中々面白いな
     今の所は不安視されていた治安もある程度は維持されているようだ」
ヒリング「私はアメリカと日本を応援してるわよ♪」
ブリング「……分かりやすいな兄弟」
デヴァイン「……みなまで言うな」

30 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 19:01:44 ID:???
コーラ「
スメラギ「どうしたの彼…?」
カティ「聞いてくれるな……察してくれ」
小熊(出場出来るだけでも評価に価すると思うが…しかしがけっぷちか…)
ルイス「………」ムシャムシャボリボリ
スメラギ「ちょ、あんた食べ過ぎよ……いくらショックだからって」
ルイス「え、いや…もうふっ切れましたよそんなの…ただどうもお腹減っちゃって…へへ♪」
スメラギ「もう、この子ったら……」
カティ(彼女……少し肥ったか?……只の思い過ごしかな)
小熊(……何故だろう…今は普通に同僚の一人としか感じなくなった……ふぅ…私もそろそろ…)
コーラ「

リント「普段人一倍しゃべる人間が静かだとかえって不気味ですね…
   さて…早く仕事を終えて週末はゆっくりコレを組み立てたいものです///」つHGUCZZ

31 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 21:25:04 ID:???
ルイスってフランス人だっけ?
何故かスペインだと思ってた。

眼鏡「フランスチームと言えば?」
マリナ「ツゥインシュートね。作品を進めるごとに色々な人が使ってたけど……」
ポニテ「キャプテン翼は今のスーパースター達も読んで育ったらしいねぇ」

32 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 21:35:18 ID:???
>>31
ルイスはスペイン人だよ
あとスメラギさんは日系スペイン人
スペインも初戦を落としちゃったからそっとしといてあげような!


33 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 21:44:21 ID:???
>>31
スペイン人だよ。初戦スペイン敗れたでしょ
でも実は国籍までは不明のキャラ多いよね

カティ「因みに私はフィンランド人だ」
スメラギ「それはみんな知ってると思うわ」
小熊「そういえばママの国はサッカーは盛んなのですか?」
カティ「そこそこな。まだW杯出場は果たしていないが」
コーラ「デンマークやスウェーデンがかなり強いからなあ…
   …少し昔の選手だがリトマネンが有名かもな」
ルイス「あ、戻った」
スメラギ(バルサ史上最低の10番……)ボソッ
カティ「……何か言ったか?」
スメラギ「い、いいえ…別に……」

34 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 22:58:01 ID:???
ブシドー「むう…ドイツが敗れたか……」
匙「でもセルビアだって強豪だよね。ストイコビッチはここの出身だよね」
ポニテ「当時はユーゴスラビアだね」
眼鏡(そうか……この国もかつては…いや言うまい)
マリナ「今回もGKがストイコビッチさんだったわね」
セラフィム「PK止めてたですぅ」
刹那「それにしても東欧は〜ッチって名前が多いな」
ポニテ「英語圏のJrに近い意味だね」
匙「ドイツも攻めに攻めたんだけどね……やはり一人退場は厳しいよね」
眼鏡「それに早めに先制点を取れた方が断然有利だな。例外はあるが」
ブシドー「明日はいよいよ日本戦か。楽しみだなあ…」
匙「心臓に悪いよ…相手が優勝候補の一角とはいえ」
眼鏡「だが番狂わせが起きないとも限らんぞ」
ブシドー「強い者が勝つのではない!勝った者が強いのだと言った!」
マリナ「皇帝カール・ハインツ・シュナイダーさんね♪」
ポニテ「元々はベッケンバウアーだけどね」
刹那「明日が土日で会社休みでよかった……社長荒れてるだろうなあ……」

35 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/18(金) 23:07:36 ID:???
in 居酒屋-良男-

イオリア「…………」
秘書「………」
エイフマン「………」
イオリア「………全員に明日は休日出勤しろと通達しろ」
秘書「!?」
イオリア「拒否した者はクビだぁっ!」
エイフマン「お、落ち着いてくだされ!」
秘書「ドイツが負けたからといって癇癪を起こさないでください!」
イオリア「うぉーーー!!」
ギャーギャー

36 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 10:27:45 ID:???
田吾作「中途半端かつ安易にW杯ネタが多くて気分が悪い。」

田子作「親父は嫌いだった、サッカー?」

田吾作「いや、ただここぞとばかりに出てくるにわかファンが嫌い。」


この前の日本戦、見てないと言ったら非国民呼ばわりされた俺が通りますよ。

37 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 18:24:44 ID:???
匙「そんな一方的ににわか呼ばわりされても……毎週J1見てますが何か?…J2の結果も…」
ポニテ「匙君……サカ豚乙で返されるのがオチだって……」
刹那「なかなか当たらないよなtoto……ティエリアヴェーダ使ってなんとかならないのか?」
眼鏡「却下だ。某猫型ロボのポケットと一緒にするな!万死!」
マリナ「でも見始めると結構楽しいものね…」
セラフィム「共通の話題で盛り上がるのは悪い事じゃないですぅ」
ブシドー「無論だ……だが田吾作殿の言わんとする事も解らぬでも無い」
匙「確かに騒ぎが過ぎる所もあるかもね」
ポニテ「でもなるべくなら明るい話題を話したいよね誰だって」
眼鏡「それならば僕がサッカー以外の話題も探してみよう」カタカタ

38 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 18:44:36 ID:???
>>36
確かにそんな事を言う方がどうかしているとは思う。
けれどあなたも自分の価値観の押し付けをしている事に気づいて無いの?

39 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 19:52:29 ID:???
>>37
マリナ「マリナーズは最近調子がよくないわね」
刹那「グリフィーJr.も引退したしな。何の為に取ったんだ」
ポニテ「え?君達MLB見てるのかい?」
マリナ「私達はマリナーズを応援しています」
ポニテ「(あぁ、マリナだからか)マリナさんはわかるけど、刹那くんは見てるの?朝方が多いでしょ、あれ」
刹那「問題ない。PCをテレビ代わりにして見ている」
ポニテ「…………」
マリナ「(また給料が下がったわね……」

40 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 21:54:09 ID:???
>>38

ブシドー(コソコソ)

眼鏡(ん?せっかくみんなでサッカーを見てるのにどこ行く気だ?)

ブシドー「やはり、鬼平は良い・・・」(ワンセグで視聴中)

眼鏡(みたい番組は人それぞれ。それを理解し合えることが大切だな。)

サッカー組
「あー!!点とられた!!」
「諦めないで!!」

41 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 22:56:12 ID:???
>>36
自分も同類なので気持ちは分かる
今回も実は一戦も観てない
観てないけどここのネタは楽しんでいる

ブリング「ということでここは一つ、バスケにゴールデンタイムの放送枠を」
リジェネ「漫画は多種多様あるのに、いまだにマイナースポーツ扱いだもんねぇ」

42 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/19(土) 23:31:55 ID:???
ブリング「NBAの技術やプレーは素晴らしい」
デヴァイン「流石はユニオン、と言った所だ。アメフトの迫力も凄いな」
ブリング「あぁ。東洋人ではとても勝てない世界だ」
ヒリング「アイシールド21っていう漫画では主人公が天才黒人に勝ってたわよ」
アレハン「高校までは寧ろ世界に比類するレベルなのだよ、えんじぇぅ!」
ヒリング「で、でたーーー!!」
ブリング「南無強制成仏!!」
アレハン「いたた!」
ヒリング「って、アレハン様じゃないですか。生きてらしたんですね」
ブリング「ちっ」
アレハン「ハッハッハ、最近海外に行っていたのだよ!」
ヒリング「(夜逃げしたのかと思ってた」
アレハン「日本は高校までは世界と遜色ないレベルなのだ。だが、プロ以降で差がついてしまうのだよ」
ブリング「理由はいろいろあるだろうがな」
ヒリング「ふーん……」
アレハン「さて、久しぶりに帰ってきた事だし、他のえんじぇぅ達に会いにいくとするかな」

43 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/20(日) 19:57:34 ID:???
前スレにずいぶんとレスがないんで張ろうとしたら容量オーバーだったとは
とりあえず
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima051003.jpg

44 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/20(日) 20:24:30 ID:???
>>43
ファイルがないって言われたよ。

刹那「昨日は凄い試合だったな」
眼鏡「2点分を防いだ川島は称賛に値する」
マリナ「次は……金曜の3時半ね」
刹那「早く寝て起きないとな」
マリナ「ブシドーさんならいつもの時刻よね」
ブシドー「うむ。早寝早起きは大事だ!」
刹那「早すぎるんだよ!農家か、お前は!……農家だったな」
ブシドー「うむ!」

45 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/20(日) 21:05:39 ID:???
いやあこの写真はお刹那にゃ刺激が強すぎるからなあ
ヴェーダが検閲したのかもしれん

46 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/20(日) 21:29:59 ID:???
刹那「>>45、まっまさかマリリンのあれやこれやイカガワシイ写真だったのか!(あの白い水着姿再来!?)」

鼻血噴水と書いてトランザムと読む惨劇

眼鏡「久々に妄想での鼻血か…」
匙「掃除がたいへんだよ全く」
ポニテ「小型オートマトン掃除機を作ってみたよ。これで鼻血まみれの床もあっという間にキレーに!」
武士道「ほう。見事だ。腐ってもやはり技術者だな」
マリナ「これで皆さんの手を煩わせることもなくなるわね。ありがとう、ビリーさん」
刹那「(マリリンの太もも!膝枕\(^o^)/サイコー!)」


マリー「なっ何か不純な脳量子波を感じる…うう」
アレルヤ「大丈夫かい?マリー(もしかして刹那かな…)」

47 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 00:09:10 ID:???
ttp://gazo6.com/0up1/src/gazo68216.jpg

48 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 03:19:55 ID:???
>>47
-四年前-
シーリン「マリナ…またそんな格好をして……」
マリナ「ごめんなさい。でも暑かったから…」
シーリン「はぁ…裸で寝られるよりはマシだけど…いい?あなたは皇女陛下なのよ?」
マリナ「分かっているわ。だけど…たまには気を緩めたくなる時もあるの」
シーリン「それは分かっているけど…せめて寝転がらない」
マリナ「重力に逆らわないようにしているだけよ。地面に接する表面積を増やす事で…」
シーリン「……(ピコーン」
マリナ「何か今、ロマサガの閃き音がしなかったかしら?」
シーリン「気にしないで寝てていいわ」
マリナ「?…わかったわ」

シーリン「マリナ?」
マリナ「なぁに?(振り向き」
パシャ
マリナ「!?」
シーリン「激写!お姫様のあられもない姿!なんてね」
マリナ「シ、シーリン!?」
シーリン「服装を正して。さもないと……」
マリナ「う、うぅ…汚いわ、それは…」
シーリン「これも御指導の一環でございます、マリナ・イスマイール様」


シーリン「ふふ、あんな事もあったわね。ばらまく事にならなくて本当に良かったわ」
クラウス「でも君は姫の癖が治らなくてもばらまく気はなかったんだろ?」
シーリン「さぁ、どうかしらね」
クラウス「フフッ。まぁ、いいさ。その写真はどうするんだい?」
シーリン「とっておくわ。いつかマリナの成長の軌跡を眺める時の為にね」

49 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 11:20:00 ID:???
新スレが立った事に今まで気付かなんだ。ようやく合流出来たわ
みんな、ただいま!

>>47
速攻で保存しますた…ん? 何か気配がs

50 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 11:44:48 ID:???
イオリア「まだだ、まだドイツは終わらんよ!」
秘書「それは終わるフラグです。日本も幾度となく『引き分け以上でOK』とフラグを立てては負けています」
イオリア「日本とは違うのだよ、日本とは!!」
秘書「フラグは万国共通ですよ……あれは刹那さんですね」
刹那「社長!おはようございます」
イオリア「うむ。今日は早いな、良い事だ」
刹那「これをお渡ししたくて……はい」

つ ギフトカード

イオリア「む?」
刹那「父の日のプレゼントです。昨日は休みでしたので、今日になりました」
イオリア「おぉ……」
刹那「俺にとっての父はあなたですから…イオリア父さん」
イオリア「うむ…うむ」
刹那「それでは失礼いたします」
----
イオリア「これは額縁に入れて保存しておいてくれ!」
秘書「使ってあげた方が彼も喜ぶと思われますが…」

51 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 17:12:06 ID:???
アニュー「はぁ……今日はヒマね…」
模型子「平日の昼間ですし、土日は結構お客さん来たじゃないですか」
アニュー「はは、昨日は地獄だったわね……それにしても随分品揃えが増えたわね……」
模型子「はい♪去年ガンダム30周年に今年の劇場版公開…更にボーナス商戦を控えてますから」
アニュー「正直ここに来て旧キットの大量入荷には驚いたけど…コンスタントに売れてるのね……」
模型子「お父さんな感じの人がよく買ってくれますね。師匠も箱で買っていきましたし」
アニュー「箱って……当然ダンボールよね……(最近稼ぎはありそうだけど…マリナさんに報告した方がいいのかしら?」
自動ドアウィーン
模型子「あ、いらっしゃいませー♪」
眼鏡「………」<○><○>キョロキョロ
アニュー「あら、珍しいわね。何かお探しですか?」
眼鏡「しーっ…!あまり大声を出すな…!誰かに見つかったら///」
アニュー「な、何顔真っ赤にしてるのよ……」
眼鏡「はは恥ずかしいではないか…白昼堂々こんな所で///……あ、あった…これをくれ////」つSDXキャプテンガンダム
アニュー(別に平日休みの人も普通にいるじゃない……)
模型子「お買い上げですね。ありがとうございまーす♪」
アニュー「それなら一昨日発売だったし…言ってくれれば無料で届けてあげたのに……」
眼鏡「一家の誰かに開けられたらどうする!?……いいか、この事は誰にも言うなよ?」
模型子「ありがとうございましたー♪……眼鏡さん様子がおかしかったですね?」
アニュー「平然とエロゲや萌えアニメは買うクセに……何恥かしがってんのかしら?」
模型子「実は眼鏡さんは隠れたお得意さまですよー♪宅配でフィギュアをよくお買い上げ頂いてますし」つ顧客リスト
アニュー「あら、本当だわ……ますますあいつが分からないわね……」

52 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 19:40:14 ID:???
>>51
模型子「あ、先輩W杯見てますか?」
アニュー「うーん…全試合とはいかないけどライルと何試合かは見たわ
    普段熱心に見る方じゃないけど、見ていると熱くなるわね」
模型子「私もそんな感じかなあ…日本には頑張って欲しいけど」
アニュー「私もライルも特定の国を応援してる訳では無いけど、楽しみ方は人それぞれよ
    そりゃ、ただ騒ぐきっかけが欲しいだけって人はどうかと思うけどね」
模型子「そうですね♪……さて、そろそろ店じまい…」
自動ドアウィーン
模型子「あ、いらっしゃいませー」
アレハン「やあ〜久しぶりだねレディえんじぇぅ♪」
アニュー「………最悪だわ」
アレハン「何だなんだ元気が無いねえ……噂の彼氏と喧嘩でもしたのかい?」
アニュー「違います。だとしてもあなたには関係ありません」
アレハン「ふぅ…あいかわらず手厳しいなあレディえんじぇぅは…
    …ああそうだ、それよりリボンズは見なかったかね?連絡が取れないのだよ……」
アニュー「さあ…確か一昨日ここには来ましたけど…?」
アレハン「そうか、ありがとう……あ、そうだこれを」つ1.5(アイズ)ガンダム
模型子「ありがとうございます♪」
アレハン「とりあえず在庫ある分頂けるかね?知り合いに贈りたいのでね…」
模型子「は、はあ…ではこちらの用紙に送付先のご住所とお電話番号を……」
アレハン「ああ、ありがとう。……カード使えるかね?」
模型子「はい♪」
アレハン「いやー当然海外では発売してなくてねえ
    帰国した際に買おうと思っていたんだよ。ではまたね♪」つchu!
アニュー「おぇ……」
模型子「そんな邪険に扱わなくても……でも太っ腹な方ですね。声大きいけど……」
アニュー「一緒にいたら3日と持たないわよ多分……」

53 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/21(月) 22:12:41 ID:???
刹那「………おかわり」モグモグ
匙「結構おいしいね。このおかずラー油って」モグモグ
ポニテ「意外に辛くないしねえ」
マリナ「そう?最近人気だっていうから買ってみたの」
ブシドー「うむ、うまいと言った……だがこればかりでは」
マリナ「そうね。ちゃんと野菜もバランス良く取らないと」
セラフィム「………ごちそうさまですぅ」
眼鏡「どうしたセラフィムさん…食欲が無いのか?」
マリナ「どうだった父の日…イアンさん喜んでくれたかしら?」
刹那「最近イアンと会ったけど、もう少しで仕事が一段落するみたいだからな」
ポニテ「よかったねえ…本当に」
セラフィム「はいですぅ……でもママが……」
マリナ「リンダさん…どうかしたの?」
セラフィム「また遠くに出張に行っちゃうですぅ……」
匙「そうだったんだ……でもさ」
喪男ズ「「「「「僕俺私達は家族同然じゃないか(と言った)!!!!!」」」」」
セラフィム「みんな……」
マリナ「ミレイナちゃん……リンダさんの代わりにはなれないけど…」つギュウ
セラフィム「……イスマイールさん………えへへ」グスッ

リボンズ「うう……ええ話や………ところでおかわりいいかな?」
マリナ「あ、はいはい今すぐ♪」
刹那「何でてめえがいるんだよくそじじい!カエレ」
眼鏡「KYにも程がある!万死!」
リボンズ「お願いだからしばらく匿ってよ……追われてるんだ」
ブシドー「それは災難だと言った……ゆっくりしていくがよかろう」
刹那「ここ俺ん家だから!!」
ポニテ「……久々来たね彼」
匙「うん。以前はよく来てたけどね」
セラフィム「……あーあ…でも何だかもやもやが晴れたですぅ♪」

54 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 00:48:40 ID:???
御刹那「うわ、7-0ってもうサッカーの数字じゃないな」
留美「野球の数字ですわねー」
ネーナ「実力の差って奴でしょ……つーか御刹那、ウチにハイビジョンテレビなんてあったっけ?」
御刹那「拾った」
ネーナ「嘘つけ!」
留美「本当ですわよ」
ネーナ「ンなアホな……」
御刹那「まあ、正確には棄ててあったのを紅龍さんと直したんだが」
留美「おかげでヱヴァ破の為にテレビ買う手間が省けましたわー」
ネーナ「相変わらず無駄に器用ねアンタ……しっかしこのテレビ、結構高そうなのにあっさり捨てる奴もいるのね」
御刹那「アホだよな。簡単に直せるのに」
留美「アホですわねー」



アレハン「ぶぇっくし!……ふふ、えんじぇう達が私の噂でもしているのかな?まあ、私程になると連日噂の中心だろうがな……///」

55 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 05:51:08 ID:???
>>54
ネーナ「ヱヴァ破といえば、何で同じ物を何本も買ったのよ?」
留美「それは勿論、初回特典のフィルムの為ですわ!カヲル君目当てに買いまくりましたわよ!」
御刹那「買いに行ったの俺だけどな……」
ネーナ「オークションで買えばいいのに……」
留美「フィルムだけ買うなんて邪道ですわ!」
ネーナ「こだわりって奴ね……分かんないわ……」
御刹那「まあおかげでアスカタソやレイタソのフィルムが手に入った訳だが……被ったのはティエリアと交換したっけ」



眼鏡「うむ、やはり新劇は良い……旧劇や原作のように訳の解らない展開に走らない部分が素晴らしいな」
ミレイナ「でもエヴァのデザインは旧の方が好きですぅ」
眼鏡「そこは好き好きだろうな……しかし、エヴァはマリナに止められて刹那に見せられんのが残念だ」
ミレイナ「映画のラブシーンで番組変える母親みたいですぅ」

56 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 12:09:38 ID:???
マリナ「あの日僕らの心は〜♪…あら、カティさん。こんにちは」
カティ「こんにちは。買い物ですか?」
マリナ「はい。そちらはわんちゃんの散歩中みたいですね」
パトリック「わふー」
カティ「適度な運動になって良いですよ。どうですか?貴女も犬を飼ってみては?」
マリナ「賢くて可愛いですものね(刹那のダイエットにいいかも……」
カティ「まぁ、パトリックは女の言う事しか聞きませんがね」
パトリック「ハッハッ(偉そう」
マリナ「お手!」
パトリック「ハッ!」
マリナ「賢いわね〜」
カティ「見事なものでしょう?」
マリナ「ちんちん!」
パトリック「プイッ」
マリナ「?ちんちん!」
パトリック「ファ〜…」
カティ「(む?きちんと教えたはずだがな……」
マリナ「言い方が悪いのかしら…丁寧に、おちんちん!」
パトリック「ヘッヘッ」
カティ「妙だな…パトリック、ちんちん!」
パトリック「ハッハッ」
マリナ「あら?」
カティ「命令してみて下さい。そしたらやるかもしれません」
マリナ「はい。お願い、ちんちんして欲しいの」
パトリック「ハッハッ」
マリナ「やった!ふふ、賢い賢い」
カティ「命令というかお願いですが……しかし、何故……?」
パトリック「わふーん」


眼鏡「うむ、良い仕事だ。ちゃんと録音されている」
パトリック「わふわふ(報酬くれー」
眼鏡「ほら、高級ドッグフードだ。彼女には内緒だぞ」
パトリック「わふーん(うまうま」
眼鏡「後はこれを加工して…フフ、良い材料が手に入ったな」
??「天罰!」
眼鏡「はぷっ!」
ドリル仮面「乙女の声を淫らな事に使うのはこのドリル仮面が許さないですぅ!」

57 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 18:39:37 ID:???
>>56
マリナ「うーん…お散歩ねえ…ウチはもうペットを飼う余裕が無いし……」
セツニャ『ちょっと散歩してくるニャ…』
マリリス『気をつけてね』
ハムドー『つまみ食いはダメなのだ』
ティエラビ『……僕は夕飯まで少し寝るzzz』
マリナ「……この子達じゃさすがに無理よね……」

刹那「うー……なかなか体重が減らない……」
ブシドー「ならば私の仕事を手伝ってくれ」
刹那「俺も仕事あるし」
匙「僕と朝ジョギングしても三日坊主だったもんなあ……」
刹那「うるさい。朝弱いんだ俺は……そういえばポニテはなんで太らないんだ?
いつもドーナツ間食してんのに……」
ポニテ「僕は何故か太れない体質なんだよ…会社の健康診断でも痩せ気味だって……」
セラフィム(絶対ポニテに栄養取られてるですぅ……)
眼鏡「純粋種と言えど僕等のように完全に代謝が抑制されている訳では無いのか…」
リボンズ「さあ?だってお刹那だし」
眼鏡「#……いつまでここに居る気だ?」
リボンズ「まあまあ…今回は君達の邪魔をする気は無いよ」

58 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 19:56:17 ID:???
パトリック賢いwww

59 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 20:06:44 ID:???
屋上農園で河川敷で拾った子犬たち(子猫もいるけど)を沢山飼ってなかったっけ?
と思ってテンプレ見てみたら、23日目以後何故か消えてるのな
何匹かにお刹那さんのダイエット手伝いしてもらえばいいんじゃね?

60 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 20:41:24 ID:???
あ、消えてるね。次から追加しておこうか。

眼鏡「相変わらずいるぞ」
子猫子犬「ワンワンニャオニャオ」

61 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/22(火) 20:54:03 ID:???
ポニテはドーナツで糖分取ってるけど、頭使ってるからその分消費してるんじゃね?

62 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/23(水) 12:00:04 ID:???
コーラ「
ルイス「おはよ…うわっ!」
小熊「彼、朝からずっとああなんだ。きっとフランスが最下位になったからだと思うが……」
ルイス「あぁ…真っ白に燃え尽きてるね……」
カティ「な、パトリック。勝敗は兵家の常。今回はたまたま勝てなかっただけの事だ」
コーラ「
カティ「捲土重来を期す、という言葉もある。四年後があるだろう?」
コーラ「
カティ「むー…重症だな」
リント「それほどショックだったのでしょう。まさか最下位とは……」
ルイス「まぁスペインも危ないし…私も人事じゃないかも」
小熊「スイスにつまずいたのが大きかったですね。オシム氏もそのような事を」
カティ「くっ…98の時のビデオでも見せてみるか……」
コーラ「
リント「彼が静かだと雰囲気が辛気臭くなります…取り寄せてみましょう」
カティ「頼む」

ブリング「失ってみて初めて分かる大切さ、とはよく言ったものだな」
デヴァイン「あぁ」

63 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/23(水) 18:37:33 ID:???
>>59
眼鏡「……と言う訳だ。刹那のダイエットに協力してやってほしい」
子犬達「わんわん」
子猫達「にゃおにゃお」
眼鏡「そうか、助かる。後でおやつあげるからな」

眼鏡「刹那、子犬達と子猫達を散歩させてやってくれ」
刹那「ん、あぁ。今までは誰がやってたんだ?」
眼鏡「屋上を走りまわっていたようだ。だが、そろそろ外に出ても良いだろう」
刹那「分かった。だが、何故子猫まで?危ないだろう?」
眼鏡「彼らはとても仲良しだ。引き離す訳にもいくまい」

刹那「よーし、行くぞー」
子犬「わんわん!」
子猫「にゃーにゃー!」
たたたたたた
刹那「わわ!四方八方に走るな!待てっ!!」
どたどたどた


眼鏡「お帰り。どうだった?」
刹那「良い運動になったよ……ハァハァ」
眼鏡「そうか、それは何よりだ。(ニタリ」
刹那「!?今笑わなかったか!?」
眼鏡「いいや?」
刹那「笑っただろ!?それも意地悪く……!」
眼鏡「だから笑ってなど…いない(ニタリ」
刹那「絶対今笑っただろ!!」
眼鏡「知らんな。変な疑いをかけるものではない」

64 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/23(水) 21:20:30 ID:???
>>62
コーラ「!?………あれ、俺何してたっけ?」
小熊「あ、不意に戻った」
ルイス「よかった……」
スメラギ「びっくりさせないでよホントに……」
カティ「ふぅ……あまり心配を掛けるな…」
リント「首尾よく手に入りましたよ…
   …あれ、何だ元に戻りましたか…これはもう要りませんかね」つ98決勝
スメラギ「せっかくだから見ましょうよ♪まだ開店まで少し時間あるし」
視聴中……
スメラギ「やっぱり凄いのねジダンって……」
ルイス「…………(ゴクリ」
小熊「ジダンの…大会……?」
リント「そう言われる選手は本当に数人ですね。ペレやマラドーナの様に……」
コーラ「……うん、やっぱりそうだよな……」
カティ「どうした。何か思うところでもあるのか?」
コーラ「やっぱね、サッカーはチームプレイなんですよ。そりゃジダンは凄いすけど」
スメラギ「そうね。でも彼がチームの士気を上げたのは確かよね」
コーラ「そう、それなんですよ。かつてのプラティニもそうすけど
   強いフランスには必ず精神的支柱となる選手がいたんですよ」
カティ「それはサッカーに限らずだな……」
コーラ「知っての通りフランスって超個人主義の国ですから…
   …逆にそれをまとめ上げられる人間は本当に強烈なんですけどね」
カティ「ナポレオンのような感じか……」
スメラギ「そういえばこれの前の94年は出場逃したのよね……日本も悔しい思いをしたわ…」
コーラ「ああ共にロスタイムで……でも今回はそれ以上にショックでかかったなあ……」
カティ「選手の造反の事か……」
コーラ「はい。監督の方針がどうであれ選手を代表指名したのは監督ですから
   俺も采配に散々文句言ってたけど、選手まで一緒になってちゃ先は見えてましたよ」
カティ(変わったな……)
コーラ「はい?何かいいました?」
カティ「いや、何も…」
コーラ「まあ次に期待しますよ。さ、仕事仕事……よし、今日の担当テーブル言ってくぞー…」

リント「……ママ。例の話、考えていただけました?」
カティ「ああマネージャーに退いてパトリックを店長にという話か……少し時間をくれ」
リント「そうですか。前向きにご検討頂ければと…(今の彼にはその器はあると見ますがね…」

65 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/23(水) 22:12:33 ID:???
>>63
マリナ「大分汗かいてるわね。お風呂入れておいたから先に入ってね」
刹那「ありがとう……でも以前と大分顔ぶれが変わってたな」
眼鏡「当然彼等も成長はするさ。犬や猫の成長は早い」
ブシドー「里親に出した者もいると言った」
眼鏡「相変わらずブシドーが何処からともなく拾ってくるのだがな」
マリナ「あら、刹那だって……初めて会った時は私の方が背が高かったわね」ニコニコ
刹那「それを言うなよ……」
匙「でも昔と大分変わったよね…ほらコレ」つアルバム
刹那「お前そんなものどこから……(お前もな…」
セラフィム「二人共若いですぅ」
ポニテ「おっ、ルイスちゃんも一緒にいるねえ……サジ君のお姉さんも
   それにしてもサジ君って意外と可愛い顔してたんだねえ…これじゃ男の
匙「大回転匙アッパー!……いま「娘」って言おうとしたろ!?絶対!?」つユサユサ
セラフィム「ちょ、やりすぎですぅ…!」
刹那「……さて、風呂入ってこよ」
眼鏡「無茶しやがって……」
マリナ「ふふ、仲良しさんね」ニコニコ

66 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 01:40:34 ID:???
マリナ「そういえばタジン鍋ってジダンと関係あるのかしら?ジダンさんが発明した鍋?」

刹那「ん〜〜それは〜〜??」
ブシドー「サッカーをする者が食する鍋か?」
ポニテ「関係あるかもね〜」
匙「このその道バカ!」
ポニテ「ボグゥッ!」
眼鏡「・・・これですよ、マリナさん」ヴェダってフォログラム
マリナ「あら、これがジダンさんのお鍋ね!」
眼鏡「違います。北アフリカの人達が使うお鍋です。蒸し料理なんかにいい」
マリナ「あら、私ったら」

刹、ブ、ポ(((そうだったのか!)))

眼鏡「そこの三バカ、刹那の脳量子波で筒抜けだぞ」

刹、ブ、ポ「「「ギクッ!」」」

マリナ「お値段けっこうお手頃なのね。買って新しい料理に挑戦してみようかしら。ねえ、せつなぁ〜ん」
刹那「ど、どうしたんだ?マリリン(色っぽい声出して、は、ハナヂが)」
マリナ「タジン鍋買っていいでしょお〜ん?」
刹那「も、もちろんいいとも!」ブシャーーーーッ!

匙「おや、久しぶり」
眼鏡「サッカーの話がとんでもない事に。僕が掃除だな・・・」

67 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 03:49:25 ID:???
つ小型オートマトン掃除機
ポニテ「せっかく開発したんだから使ってくれたまえ」
匙「うわ、ムカつく笑顔」

68 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 10:12:20 ID:???
女性「献血に御協力お願いしまーす」
刹那「献血か。最近足りていないみたいだな」
マリナ「慈善行為だけど、病院側はそれをお金に変えてるんじゃないか、という不信もあるからね」
女性「そこのお二人さん、協力していただけませんか?」
刹那「ん、たまには良いか」
マリナ「刹那がするなら私もするわ」
女性「ありがとうございます!」
マリナ「時間はどれくらいかかるのかしら?」
女性「そうですね。量にもよるのですけど、大体1〜2時間くらいです」
刹那「結構かかるんだな」
女性「一気に抜くわけにはいかないので、どうしてもゆっくりになってしまうんです」
マリナ「ん…空の血液パックを貸していただけますか?後、カテーテルを……」
女性「?はい、どうぞ」
パックの口にカテーテルをつなぎ、反対側を刹那の鼻に差し込むマリナ。
刹那「マ、マヒヒン!?」
女性「あ、あの……!?」
マリナ「…ね、刹那。私が抜いてあげるから…しましょ?献血…」
上目遣いに見上げ、刹那の体に指を這わせた。
マリナの吐息が間近に感じられる。
刹那「

ブシャァァァァァァァ

マリナ「はい、どうぞ。お使いください(ニコリ」
つ 満タンになった血液パック三つ
マリナ「外気には触れておりませんから、菌は大丈夫なはずです」
刹那「はずです(キリッ」
女性「あ、はい。あ、あの……うん。そのぅ…」

69 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 11:52:14 ID:???
眼鏡「実を言えば、輸血も中々リスキーな手段なのだがな」
匙「あ、知ってる。一応検査はしてるけど、それでも感染症とか相性の問題があるんだよね」
ポニテ「人によってはショック死するからねぇ。最近は生理食塩水で代用するって方法もあるし、輸血に頼りきるのも問題かもね」
ブシドー「何、少年ならば心配いらん。何せ出した血を保管してあるからな!HAHAHA!」
刹那「HAHAHAじゃねーよ!」

70 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 13:14:25 ID:???
マリナ「タジン鍋っていろいろあるのねえ。色もカラフルで可愛いわ」
刹那「そうだね、マリリン」
マリナ「蓋を刹那の頭にのせて、トンガリ帽子(はぁ〜と)」
刹那「(トンガリ帽子!?)買おう!マリリン、これ買おう!」
マリナ「まあ嬉しいわ刹那。お料理のレパートリー広がるわv」
刹那「マリリンが嬉しいなら俺も嬉しい」

眼鏡「そこのバカップル、平日にナニをしている?」
刹那「マリリンとタジン鍋買いに有給・・・ってティエリアこそなんだ?同じだろ」
眼鏡「僕は今もヴェーダ経由で仕事をしている」<◯><◯>
刹那「仕事仕事の生活なんてつまらないな」
眼鏡「珍しくらしい事を言い返したというか、開きなおったか」<◯><◯>
刹那「休みは労働者の権利だもんねーだっ!」
眼鏡「むう、ムカつくな」<◯><◯>
刹那「脳量子波で俺に仕事をまわすなー!」<◯><◯>

71 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 15:38:27 ID:???
ttp://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up449825.jpg
ttp://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up449826.jpg

武士道「む、胸の高まりが抑えきれん…抱きしめたいなーッ!」
ポニテ「仮面がずれてる事も気づかないほどの喜ぶとは、(このアドレスを)紹介した甲斐があったものだよ」

ヒリング(物陰から)「は? 何、何の画像!? アタシを差し置いて何の紹介だってのさ!?」

72 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 20:52:50 ID:???
>>70
匙「で、これがそのタジン鍋か………どう使うんだろ?」
マリナ「普通の土鍋と同じみたいよ。ただ水は極少量か素材によっては全く要らないみたい」
ポニテ「ふーん…蒸気が逃げない構造になってるんだねえ…蒸し焼きや煮つけには最適だね」
セラフィム「何が出来上がるか楽しみですぅ♪」
マリナ「今日は久しぶりにガーリエ・マーヒーにするわね」
眼鏡「ああ、あれは美味しかったな。点心系などにも使えそうだ」
刹那「今度アレルヤにいろいろ聞いてみるよ。多分使ってるだろうから」
匙(これで筑前煮……はちょっと向いてないな……さすがに万能とはいかないか)
ブシドー「むぅ、面白いが……もう少し大振りの物が欲しいな……久々に挑んでみるか…」

73 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/24(木) 23:21:53 ID:???
>>72
マリナ「そうそう、お鍋買いに行ったらティエリアに会ったわね」
刹那「そういえばティエリアが外出するなんて珍しいな。何してたんだ」
眼鏡「失敬だな。僕も週一は会社に顔を出す」
刹那「そうか、イオリア社長どうだった…ドイツ勝ったし上機嫌だったろ?」
眼鏡「いや、少し複雑な感じだったぞ」
ポニテ「トーナメント初戦からイングランドだもんねえ…
   …でもアメリカがロスタイムで勝ち上がったのは凄いよね」
ブシドー「うむ、最後まで諦めない姿勢に感動したと言った…
    …では日本戦に備えて一旦寝ると言った」
匙「僕もそうしようかな。イタリア戦も気になるけど……」
眼鏡「ふむ、早速今日手に入れたコレの真価を試してみるか」つツンツン
セラフィム「あっ、新しいipad買ったですか。ちょっと見せて欲しいですぅ♪」
マリナ「あら、今日TVでやってたわね」
刹那「ミーハーだな……」
眼鏡「君等も大して変わらんだろう」
ポニテ(それにしても今日のスポーツ紙の芸能面は凄かったねえ…
   …色々気になる点があるけど……)
http://uproda.2ch-library.com/260730tF1/lib260730.jpg

74 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 07:15:46 ID:???
田吾作「眠い・・・」
田子作「どうしたの親父?」
田吾作「ウィンブルドン見てた・・・」
田子作「ああ、ある試合が3日目に突入だって?」
田吾作「お互い似たプレースタイルだと長引く・・・スコアも途中で正しく出なくなったし、いろんな意味で過去最高記録がでた。」
田子作「でも、いいな。」
田吾作「ああ、自分の力を限界まで出して闘う姿は美しい・・・」

75 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 07:22:13 ID:???
          )
      γ´`⌒ヽ                
      ゞ( 从从ヌ       ()≡―                〃゙´⌒ヽ
.   ,−、 ル(リ ゚дノぅ.           ,0,              'イ八Vl从
  ( #`zбゝ:'.ヾ.            |:::|             (#面‘bソ
   `ー´ ∠‖_.ノ. .           |;;:|           // ヽと《 `トぅ
   // `‐'し'.              |;;:|                L‖_ゝ
   /.                   |;;;|               〈_,ヘ」
===============================┴┴===========================

76 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 12:06:58 ID:???
刹那「……あれ?会社開いてないぞ」
ライル「おっかしーな…いつもなら社長が着てるはずなんだが」
アレルヤ「あ、貼紙がしてあるよ」


イオリア『日本戦観賞のため、本日の就業は午後からとする』


刹那「…………」
ライル「………」
アレルヤ「………見てたんだね」
刹那「俺も見てた」
ライル「俺も」
アレルヤ「本田が輝いていた試合だったよね」
おやじ「おっ、兄ちゃん達も日本戦見てたのかい?」
刹那「あ、あぁ」
おっさん「ガイジンさんなのに応援してくれてありがとよ!さ、こっちゃこい」
ライル「あん?」
おやぢ「皆で眠気覚ましに一杯やってんだ。奢ってやるからどうだィ?」


ワイワイガヤガヤ


刹那「………ま、いいか」
アレルヤ「たまにはこういうのもいいよね」

77 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 15:32:11 ID:???
>>75
いつものAAの人乙
純粋種お刹那VS仮面の変態ブシドーかw
テニスの王子様ばりの必殺技が飛びかいそうだ

78 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 18:20:09 ID:???
ブリング「それはもはやテニスでは無い。テニヌだろうjk」
デヴァイン「ああ、だが昨夜のウィンブルドンの試合は壮絶だったな兄弟」
リヴァイヴ「……何で二人して眼鏡かけてるんですか?」
ブリ・デヴァ「「いや何と無く」」
ヒリング「11時間だっけ?凄いわよね……でもW杯期間中もスポーツはやってんのよね」
リボンズ「そりゃそうさ。野球も今が熱い時期だよ」
アレハン「んーエンジェルスにももう少し頑張って欲しいね…」
リボンズ「………(早くカエレよ…」
リヴァイヴ「ゴルフの全米オープンもつい最近やってましたね」
アレハン「リョー君はよく頑張ったよ。あの歳であの舞台に立っただけでも素晴らしいね」
ヒリング「宮里も凄いわよね…世界ランク一位でしょ?」
アレハン「彼らははいずれ殿堂入りするかも知れないねー。少し気が早いかな?」ハハハ

ブリング「……何気に話せるようになったなったか?」
デヴァイン「リボンズは不服そうだがな。……以前よりは鼻に着かなくなった」
ブリング「慣れとは恐ろしいな……」

79 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 18:43:49 ID:???
ミハエル「ダァーッ!イタリアが負けちまうとは……orz」
ヨハン「まさか前回優勝国までもがな……だが何故イタリアを?我々には縁もゆかりも無いはずだが……」
ミハエル「ん……よく分からねえけど…何と無く…兄貴だってアメリカ応援してたじゃねーか!?」
ヨハン「そう……私にも分から無いのだ……気づいたらアメリカを無性に……」アリー「……なんだ?何なんだお前ら!?」
リジェネ「あ、何君達もそうなの?僕も最近やけにスイスを応援したくてさ……何だろ?」
アリー「久々に大将から依頼か兄ちゃん?」
リジェネ「いや、通りがかったらそこの二人が興味深げな話をしてたから」
アリー「#訳わかんねえ……(そういや絹江女史は大丈夫かな……」

80 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 19:06:45 ID:???
刹那「今夜から早朝にかけてベスト16が決まるみたいだな」
ポニテ「今朝の日本の試合は素晴らしかったねえ」
眼鏡「日本の相手はパラグアイのようだな」
ブシドー「うむ、ここからは何処と当たろうと強敵だと言った」
セラフィム「スメラギさんにスペイン戦の応援を頼まれたですぅ」
刹那「ルイスも見てるって言ってたな」
匙「……うん。そうだね」
マリナ「どうしたの沙慈君……具合悪い?」
ポニテ「やっぱり気になるものなのかい?」
匙「うん。だって明日デートだし……」
ポニテ「キィーー!聞くんじゃなかった!(……でも負けちゃえなんて思えないよ……」

81 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/25(金) 20:12:39 ID:???
>>75
子供「おっさん、くらえ!タイガーショット!」
ブシドー「ふふふ、これがタイガーだと?猫に過ぎん!」パシッ
子供「あ!くっそー、やるなおっさん!」
ブシドー「……おっさんではない。お兄さんと呼べ」(ブンッ
子供「っとと。よーし、おっさん、次は本気でいくからなー!」
ブシドー「おっさんではない、と言った!!」

マリナ「あらあら、ブシドーったら…」
母親「あのお面の方とお知り合いですか?」
マリナ「はい。同居人です(若い人ね…」
母親「同居……亭主をお借りして申し訳ありません」
マリナ「!?あの、居候です」
母親「まぁ…大変失礼いたしました…」
マリナ「いいえ、大丈夫ですよ……かわいらしいお子様ですね」

子供「今手が伸びなかったか!?」
ブシドー「秘技、ズームキャッチ!関節を外す事で……」
子供「ダルシムか、あんた!」

母親「はい。とても優しくて、強くて、自慢の息子です」
マリナ「子供というのは素晴らしいものですね」
母親「男の子は特に…私でさえ予想していない程成長しています」
マリナ「分かります。私も……」



母親「ふふ、おかしな方ですね…あら…」
マリナ「もうこんな時間…何だか早いわね」
母親「せっちゃん、帰りましょ」
子供「はーい。お兄ちゃん、また遊んでね!」
ブシドー「お兄さんだ!……あ」
子供「へへっ、合ってるだろ?」
ブシドー「……フフッ」
子供「にしし」
母親「本当にありがとうございました(ペコリ」
子供「またねー!」


マリナ「ありがとう、ブシドー。遊んであげてくれて」
ブシドー「礼を言われるまでもない」
マリナ「ふふ。それにしてもあの子…刹那にそっくりだったわね。
    きっと小さい頃はあんな感じだったのかしら」
ブシドー「母君もマリナさんに似ていた。世の中には似た人間がいるものだな」
マリナ「そうね…さ、早く歩きましょ。刹那達が待っているわ」
ブシドー「うむ!」

82 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/26(土) 23:11:23 ID:???
マリナ「決勝トーナメントってもう始まるのね」
眼鏡「スケジュールが詰まっているからな」
刹那「スペインも最後に進出決めたな。どうだった匙、今日のデートは?」
匙「えっ!?そりゃもう♪」
ポニテ「………へっ(クジョウからも電話来たな
  …酔っ払って何言ってるか分からなかったけど」
眼鏡「日本戦は3日後か。もしパラグアイに勝てれば次戦はスペインの可能性もあるぞ」
匙「まだ先の事何て考えられないよ……もちろん一つでも多く勝ち進んで欲しいけど
 …それに二人の時はサッカーの話題をなるべくしないようにしてるんだ…多分ルイスも」
ポニテ「ああなるほどね……ところで今日の深夜早速アメリカ戦やるじゃないか」
眼鏡「相手はガーナだな」
ブシドー「うむ。ここからは泣けど笑えど一度きりの真剣勝負……静かに見守る事と言った」
マリナ(何時に無く真剣な表情ね…)
刹那「俺はワンニャン子達の散歩があるから今日は寝る。(そりゃ米国応援したいけど」
ポニテ「毎回汗だくで帰って来るところをみる限りでは良い運動になってるみたいだねえ…」
匙「へえ……今度は続きそう?」
刹那「む、何だよその目は……責任重大だからな(キリッ」
マリナ「えらいわね刹那……あら、少し体がしまったかしら?」つナデナデ
刹那「へへ……///」
セラフィム「単純ですぅ……」
ポニテ「普通は変化が見られるのに二〜三ヶ月はかかるって言うしねえ…
   …(ま、純粋種は色々と違いそうだけどね…」

83 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/26(土) 23:21:17 ID:???
絹絵「あはは、もっと酒追加しなさーい!」
イケダ「絹絵さん、飲み過ぎですよ」
絹絵「なんで?」
イケダ「なんで?って…」
絹絵「日本が決勝トーナメントに進出したのよ…飲まずにいられないじゃない!」
イケダ「始まる前は岡田監督をこき下ろしてたじゃないか」
絹絵「ん。今でも大嫌いよ?でもそれはそれ、これはこれ。
   日本の2勝1敗という躍進をはたしたのは間違いないわ」
イケダ「意外だね」
絹絵「これでも記者よ?平等な評価は出来るつもり……さ、続きいくわよー」
イケダ「あ!……やれやれ。沙慈くんも大変だな……」


沙慈「はくちょ!誰か噂でもしてるのかな……」

84 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 14:52:33 ID:???
ブシドー「よし、少年!今からスカイラブハリケーンの練習をすると言った!」
お刹那「お断りします(AA略)」

85 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 18:06:35 ID:???
>>84
おいw例え味方同士でも故意の接触プレーはry

…それは置いておくとして、劇場版では刹那とブシドー(の中の人)の連携をちょっと期待してみたりする

86 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 18:17:37 ID:???
御刹那「スパロボで言う合体攻撃だな」
刹那「えー……ブシドーと合体攻撃って……」
御刹那「そして最近のスパロボといえばカットイン。ネーナタソの乳揺れが……」
刹那「ま、マリリンの乳揺れ……ゴクリ」




眼鏡「あってスメラギくらいだろうjk」

87 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 18:40:56 ID:???
ポニテ「いやあ…それにしても残念だったねえアメリカ」
ブシドー「いや、両チームとも全力でぶつかり合ったいい試合だった…
…ガーナには次も頑張って欲しいと言った」
匙「なかなかハードな試合だったよね」
刹那「さっきハイライトで見たけどガーナのギャン……あいつ凄いな」
眼鏡「やはりそこに目がいくか……」
セラフィム「想定内ですぅ」
ブシドー「うむ、彼は良い選手だと言った!」
眼鏡「ガーナはGKもトランザムしていたな……」
匙「終盤のオーバーラップには驚きだったな……若島津君かと」
マリナ「珍しい事なの?」
ポニテ「前例はいるけどかなり珍しいケースだねえ」ブシドー「ああ…だが今は米国チームの健闘を讃えたい」
刹那(ブシドー……何かやけに清々しく見えるな……)
マリナ「なんだかドラマチックね……」

88 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 19:20:39 ID:???
アニュー「W杯もいよいよ大詰めみたいね」
模型子「はい。今朝は師匠の応援するアメリカ戦を見てました」
アニュー「ああ…残念だったわね(そういえばアメリカ人なのよね……」
模型子「はい…でも師匠も悔いは無いって言ってましたし…私も興奮しちゃいました♪サッカー詳しく無いけど」
アニュー「ところで…何作ってるのそれ?」
模型子「はい。『テキサスの攻防』です…昨日試合見てたらビビビッって来ちゃいました♪」
アニュー「(ああなるほど…ガーナのエース…)ハァ……あなたって筋金入りのガンプラバカね…」
模型子「最高の褒め言葉です♪」
アニュー「でもキット代はお給料から引いておくからね♪」
模型子「えーダメですかぁ……」
アニュー「駄目。(まったく…店長も甘いから……」

89 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 19:22:05 ID:???
>>84
ライル・ニール「「バカヤロー!それは俺たちの役だろ!!」」

90 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 19:33:58 ID:???
≫89
ライル「あ、兄さんの肉体がなかったんだった。こうなったら錬成して(ry」

リジェネ、ネーナ「お断りします」

91 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 19:47:41 ID:???
刹那「俺でもイケるぞ!」
武士道「私でもイケるぞ!」
眼鏡「いや待て」

92 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 20:23:50 ID:???
>>91
眼鏡「しまった。そういう問題ではない、が抜けてしまった」
セラフィム「どんまいですう」
ブシドー「絶望した!○○に絶望した!…とは叫ばんのか」
ポニテ「中の人ネタも程々にね」

アニュー「……絶望した!って叫んだら私も参加すべきかしら」
[/・ω・]ヤメテ オクコトヲ ススメル
模型子「…って、店長どこにハマってるんですか!?」

93 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 20:39:38 ID:???
>>84
              (    
            γ´`⌒ヽ    ○
           ゞ .( 从从ヌ
            ル(リ ゚Дノゞ
            (G__ソ_P
            ソ_〕
           (ノ'し"
        _///
   〃⌒`"ヽ(_テ_//
   从lV八トゞ/(_テ
   ヽd‘面ノえ〕"
     てb_ゞ"

94 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/27(日) 21:05:21 ID:???
>>91
キン、ガキィン
ピシュピシュ、ドォーー…ン
雷雲に突っ込むガンダムとフラッグらしき機体。
激しい剣劇を交わしながら互いに赤い光を発している。

グラハム「この機体ならば少年に、ガンダムに勝つ事が出来る!」
刹那「止めろ!お前が求めるものはそんなものではない筈だ!」
グラハム「私が求めるもの……それはガンダムへの勝利だ!」
刹那「違う!それは憎しみに囚われているだけだ!」
ブシドー「勝利だ!私の全てを奪った君とガンダムへの……!」
刹那「お前が本当に欲しいものは……!」


雷雲を抜け、青空の下に飛び出す二機。
太陽は二機を照らし続ける。


グラハム「あ……」
刹那「グラハム・エーカー、お前がずっと求めていたもの…」

刹那「本当はこれだろう?」
グラハム「……あぁ、そうだ…私が求めていたのは……」

眼前のモニターに青空が広がる。
それはいつか見た光景、そして……

グラハム「この大空だったのだな…」


リボンズ「こんなストーリィだったりしてね」
リジェネ「流石に彼らは戦わないんじゃない?決着はついているよ」
リボンズ「最後の最後に戦うかもしれないよ」
リジェネ「まぁ、楽しみにしてようじゃない」
リボンズ「そうだね」

普通に先週も今週も感動した。
グリード、本当良いキャラだったわ。

95 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/28(月) 12:58:08 ID:???
イオリア「まるで鼻歌でも歌いたい気分じゃッ!」
秘書「ドイツの勝利、誠におめでとうございます」
イオリア「うむ。明らかな誤審があったがな」
秘書「サッカーの審判は絶対的でビデオ判定もありませんから、仕方ない事です」
イオリア「あれでイングランドは意気消沈してしまったのかもしれん。惜しい事だ」
秘書「はい」
イオリア「さて、ボーナス二倍じゃ!」
秘書「そのような余裕は有りません」
イオリア「(´・ω・`)いおーん」
秘書「可愛く言ってもダメです」

96 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/28(月) 22:28:22 ID:???
>>93
ブシドー「うーむ…少しタイミングが早いようだな…」
刹那「よし、じゃあちょっとスタートのタイミングをずらしてみるか……」

セラフィム「あれだけ嫌がってた割にはノリノリですぅ」
眼鏡「昨日キャプ翼を読ませてみたらこうなった。まさか漫画の必殺シュートを真似てみようなどと」
マリナ「でもいい運動になるんじゃないかしら」
ポニテ「そうだね。それにしてもお刹那君も運動神経はかなりのものだよね」
眼鏡「肥えてもガンダムマイスターだからな……ブシドーは色々と物理的法則を無視しているが」
匙「ブシドーならローリングオーバーヘッドも出来そうだね……ところで今日は刹那仕事休んだの?」
眼鏡「ああ、僕が会社に連絡しておいた。幸い社長が上機嫌だったのであっさり受理されたが」
マリナ「大丈夫なのかしら……」
ポニテ「でも最近業績はいいみたいだよ。株価を見るに」
眼鏡「株主総会も順調に済んだ様だ。それに刹那もあれで営業成績は悪くない」
匙「本当かよ……」
眼鏡「ああ。意外と大口の発注を取ってくる」
マリナ「でもサボりは今回だけよ。ちゃんと仕事はして貰わないと」
ポニテ「彼は一家の大黒柱だからねえ」
匙「匙パンチ! お前はもう少し家に入れろよ。高給取りなんだから…」

ブシドー「よし!次はツインシュートの特訓だと言った!」
刹那「まて……流石に少し休ませれ……」

97 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/28(月) 22:28:47 ID:???
>>93
マジでやるんかいwスカイラブハリケーンwww


<屋上農園>
ピピピ チチチ チュンチュン ピーチクパーチク

ブシドー「うむ、皆好きなだけ寛いで食べていくが良い」
刹那「おーいブシドー…って、なんだこの鳥の群れ!?」
ブシドー「おお少年か、彼らはひと時の安らぎを求めてここに来ているのだ。この農園がコンクリートジャングルの中のオアシスであってくれるなら本望だ」
匙「ジャングルの中のオアシスっておかしくない?」
ポニテ「まあ、言いたいことはわからなくはないけどねぇ」
ブシドー「たまに珍しい鳥も来るのだぞ。先日の朝早く来た鳥も珍しかった。言葉を解する鳥でな」
眼鏡「オウムとか九官鳥だったとかいうオチじゃいだろうな?」
ブシドー「おそらく違うな。カラスに似た鳥ではあったが、足が3本あった。ひどく疲れた様子であったので、我の握り飯を与えたところ非常に喜んで」

      _,,,
     _/::o・ア  <おにぎりおいしかったなう!つぎのほら貝祭りもがんばる!ありがとなう!
   ∈ミ;;;ノ,ノ
     ヽヽヽ

ブシドー「そう言うと羽ばたいていってしまった。言葉の意味はわからねど、大した気迫であった。頑張って欲しいものだ」
刹那「お前な…足が3本あるカラスなんている訳ないだろ」
匙「…いや、いない訳じゃないよ?」
ポニテ「伝説の類でなら聞いたことある気がするね」
眼鏡「ちょっとヴェダって来たが、その鳥はこの国のサッカーを導くものに似ている」
刹那「え、そうなのか!?」
ブシドー「なるほど、どことなく神々しかったのはそのためか。また会えるとよいな」

98 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 00:11:47 ID:???
>>95
──良男鮨

エイフマン「いや、まずはドイツのベスト8進出に乾杯ですな」
イオリア「いやいやどうもどうも……しかしアメリカも惜しかったですな」
エイフマン「残念じゃったがいい勝負じゃった。もう少し米国でもサッカーがメジャーになってくれるといいんじゃが…
     …今日は別嬪さんの秘書さんはおらんのですかの」
イオリア「ハハハ…彼女はあれで人妻ですぞ。優秀なので無理にいて貰っているがの」
エイフマン「おっとこれは残念。…かなり若いように見えたが」
良男「へい、らっしゃい!お、これは共生署の大将。美人の奥さんもおそろいで♪」
ジニン妻「どうもこんばんは」
ジニン「おい、そんなにくっ付くな……あ、これは恥ずかしいところを…」
イオリア「おお、今日は非番ですかな?」
エイフマン「隣、空いておりますぞ奥さん」
ジニン妻「あ、どうもありがとうございます」
イオリア(案外女好きじゃな……弟子もそれに似たか……)

イオリア「ほう、ではあなたもドイツ代表を?」
ジニン「はい。ベスト8はまだ通過点に過ぎないと自分は思っております」
エイフマン「強気じゃのう…」
ジニン妻「この人予選のドイツ戦全く観なかったんですよ。『ここで敗退する様ではそれまでだ(キリッ』なんて」クスッ
エイフマン「本当は観るのが怖かったんじゃないかの…主力の一人であるバラック欠場も不安視されてましたからな」グビグビ
イオリア「少し飲みすぎですぞ」
ジニン「む…そんな事は……自分は代表メンバーを信じておりましたから」
良男「しかし次はアルゼンチン戦なんでしょ?あっしぁ素人だからよく分からないんですが
  TVじゃあアルゼンチンがどうたらと…」
エイフマン「メッシやテベスは素晴らしい選手じゃ……しかしマラドーナ監督は不思議じゃの…選手には自由にやらせて
     自分はほとんど戦術を練らない……まあ現役時代のカリスマの成せるものじゃとは思うが」
ジニン「組織力が売りのドイツとは対象的なチームだとは思います。ですが……」
イオリア「その通り!サッカーは戦術あってじゃ。奴の悪運もここまでじゃな」
エイフマン「マラドーナ監督に思うところがありそうですな……」
イオリア「へんっ!現役時代からアイツは大っ嫌いでな!なにが神の手ゴールじゃ!」
ジニン「確かに素行の悪さは折り紙付きですが……最近は少し憎めないというか……警察官である自分がいうのも何ですが」
ジニン妻「もうっ、この席ではサッカーの話題は禁止!……さ、飲みなおしましょ♪」
イオ・教授・ジ「「「はーい♪」」」
良男「(この堅物そうな三人を……中々出来るなこの奥さん)…さ、何握りやしょ♪」

99 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 00:23:01 ID:???
ヒリング「小林カムイの入賞とかほとんど知られてないね。」
ブリング「昔ほどみなF1に興味なくなったからな。」
ヒリング「で、あんたは誰が好きだった?やっぱりセナ?」
ブリング「いや、井上タカチホ」

100 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 08:09:31 ID:???
>>90
カサカサカサ
ライル「あ、Gじゃねぇか!」
カサカサカサ
ライル「くそ、ちっと離れてる上にエアガンもねぇか……!」
ニール「おーい、朝飯できたぞー」
ライル「兄さん!良い所に!」
ニール「へ?」

ガシッ

ライル「スカイラブハリケーン!デッド・エンド・シューート!!」
ニール「う、うわーーー」

Gに向かって兄を思いきり投げ付けるライル。


グシャ

ライル「俺達兄弟に敵はねぇぜッ!」
ニール「ライル…ちょっと頭…冷やそうな……?」

101 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 13:22:05 ID:???
ライルがデッドエンドシュート教……だと……?

102 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 17:05:56 ID:???
>>100
ライル「……てな感じでな。朝から酷い目にあった」ボロボロ
アレルヤ「どう考えてもライルが悪いと思うよ……殺虫剤買えばいいじゃん」
ライル「あ、そういえばそうだな……いつも狙い打ってたからつい…」
アレルヤ「最近また有毒物質を含まない冷却タイプの殺虫剤が復活したよね」
ライル「あー確か可燃性が強すぎて発禁になってたんだっけ、ハロに内蔵しても面白そうだな」
刹那「きっと嫌がるぞハロも……ところで何で顔に引っ掻き傷やビンタの後があるんだ」
アレルヤ「あ、ホントだ……録音じゃないよね明らかに」
ライル「……フェルトだよ」
刹・アレ「「えっ!?」」
ライル「あの一家ウチの真上の部屋だから……兄さんに何かあると飛んでくるんだよ」
刹那「あいつ録音大好きっ子だからな……」
アレルヤ「でも上の階から飛び降りてくるの?ちょっと想像出来ないね……」
ライル「猫被ってるだけだって……あのお母さんの娘だぜ?」
アレルヤ(君の場合前科があるからね…)

103 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 17:44:44 ID:???
>>102
ライル「まあ何だ…そんな事より観るんだろ今日のW杯?」
刹那「もちろん」
アレルヤ「今日でベスト8決まるんだね…昨日もソーマと見たよ」
刹那「ブラジルは危うげなく勝つし、それにしてもオランダ強いな…」
ライル「大会前に怪我で離脱してたロッベンが帰って来たしな…実力はあの一発で充分伝わんだろ」
アレルヤ「ああ、そうそう昨日ソーマと思い出したんだけどロッベンってさ
    アルシンドにちょっと似てるよね?」
ライル「何でお前らがアルシンド知ってんだよ?まあ少し…ってほとんど髪の毛しか見てねーだろ?」
アレルヤ「そうかな?それと一度Jリーグカレーというのを食べてみたかったんだけど…
    今は製造してないんだってね……一度ラモスになってみたかったな…」
ライル「ちょっと待て……何かオカシイぞお前等の知識……お前ら本当は何歳だ?」
刹那「……ライルも何で知ってるんだ?(マリリンやポニテは知ってそうだけど……」

104 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 19:01:32 ID:???
マリリンはライルと同じくらいか年下のはず。
まさおくんは16年程前だから二人が知っていても不思議じゃないw


イオリア「マラドーナ、ジーコ、セルジオ越後…皆名選手であった」
エイフマン「確かに全盛期のマラドーナは国の状況も相俟って
      まさに英雄、神の子でしたな。実際そう呼ばれていましたが」
イオリア「今でもその辺の二流選手より上手い気がしてならんよ」
エイフマン「景浦安武のようにですか」
イオリア「あれは漫画ですな」

105 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/29(火) 23:33:41 ID:???
ポニテ「エイフマン教授!!」
エイフマン「どうしたカタギリ君」
ポニテ「お誕生日おめでとうございます。」
エイフマン「おお!!忘れとったわ。」
ポニテ「これ、つまらないモノですが・・・」(イカ&日本酒)
エイフマン「気にせんでもよいのに・・・さっそくサッカーでも見ながら一杯やるかの」
ポニテ「お付き合いします。教授」
ブシドー「私も付き合う。付き合うと言った!!」




ヒリング「ふんふんふ〜ん」
ブリング「ごきげんだな、どうした?」
ヒリング「ん?イカのお礼にブシドーの作った野菜もらったの。」
ブリング「そうか・・・」

106 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/30(水) 16:37:32 ID:???
スメラギ「んん〜」
刹那様「起きろ。もう昼過ぎだぞ」
スメラギ「みゃだにぇる〜(まだ寝る〜」
刹那様「外人選手の名前みたいだな……」
ルイス「頭いたい……」
刹那様「む、起きたか」
ルイス「何故あなたは平気なの……?一緒にオールしたのに…イタタ」
刹那様「顔に出さないだけだ。実は凄く痛い」
ルイス「社会人の鑑………かな?」
スメラギ「ん〜もっとぉ〜〜」

107 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/30(水) 18:17:04 ID:???
マリナ「日本代表……惜しかったわね……」
刹那「ああ…今日会社でもその話題で持ち切りだったな……」
ポニテ「PK戦ばかりは仕方ないよねえ……」
匙「でもあれだけ前評判で叩かれてここまで来れたんだ…正直僕も期待してなかっただけに恥ずかしいや」
ブシドー「しかし日本は素晴らしかった!拍手を送りたいと言った!」
セラフィム「感動をありがとうですぅ……」ウルウル
眼鏡「日本は惜しくも敗れたが…W杯はこれからが最高潮だな……どこが優勝するか……」
匙「僕はスペインを応援するよ」
ポニテ「僕は…そうだねえこうなりゃスペインに頑張ってもらいたいねえ…」
刹那「社長イチ押しのドイツかな……(大入りでないかな……」
セラフィム「わかりやすい連中ですぅ……」
マリナ「今日は試合はお休みみたいね」
ポニテ「準々決勝からは結構日にちが開くんだよね……決勝は11日だねえ」
ブシドー「よし、少年!今日こそツインシュートを成功させると言った!」
刹那「いや、あれは無理だから……!」
マリナ(フフ、大分体がしまって来たわね……)ニコニコ

108 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/30(水) 19:05:36 ID:???
>>107
リボンズ「僕は今、猛烈に感動している……!」
リジェネ「サッカーよりも野球だろって言ってたくせにwww」
アレハン「んーしかし本当に日本は惜しかったよ…PKは運もあるしねえー」
リジェネ「でも欧州メディアは退屈な試合だってこき下ろしてますよ」
アレハン「同じカウンタータイプのチームだったからね。多分パラグアイも相当遣りにくかったろう
とかく欧州メディアは派手な展開を好むからね…知っての上で煽っているのさ」
ヒリング「マスコミってどこも同じね…前の試合じゃ侍だ忍者だ持ち上げといてさ」
アレハン「一度同じニュースで各国の反応を見比べてみると面白いよ」
リヴァイヴ「……本当だ。ちゃんと評価している所もありますね…」

ブリング「さすがに腐っても『大使』だな……」
デヴァイン「あれで過度のスキンシップを自重してくれれば少しはマシに……ならんな」
ブリング「マラドーナ監督とは正反対だな……」

109 :通常の名無しさんの3倍:2010/06/30(水) 19:25:10 ID:???
只< 「自分が一本止めていれば……悔しい」

刹那「川島は責められないな」
匙「当たり前じゃない。格上達と4戦して失点2だしね」
マリナ「しかも一点はノーマークのスナイデルさんのドライブシュート
    もう一点はPK戦なのよね。それ以外は全て止めて…」
刹那「PKは圧倒的にキッカー有利だからな。…今回は非常に結束力があって、素晴らしいチームだったな」
匙「中田英さんもきっと『俺もこの日本代表でやりたかった』と思ってるんじゃないかな」

日本戦は本当に感動した。駒野も当然責められない。
始まる前はぼろくそ言ってすみませんでした!って気になった。
W杯の常連である川口、楢崎を押さえて正GKになった川島に賛辞を送りたい。

110 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/02(金) 17:00:11 ID:???
アラッガ「ふぅ、三日前の騒ぎが嘘の様に静かになりましたね……」
ジニン「ああ、残念だったが……昨日の帰国後の会見を見る限りでは選手達やこの国のサッカーにとって展望の望める結末だろう…
   …ナカムラには残念だったが…彼が日本サッカーに与えた貢献度は大きいだろう」
アラッガ「自分は普段はあまりサッカーを観ないのですが…何となく分かる気がします
    ……しかし深夜遅くに繁華街で馬鹿騒ぎを起こす連中は…どうにかなりませんかね?」
ジニン「いや、どこの国もさしてそこは変わらんさ…マナーを守って応援するのなら問題無い」
アラッガ「ですが警部…なんだかW杯の時だけ騒ぐ口実が欲しいだけの連中が多い気がするのですよ自分は」
ジニン「それも違うな。広くサッカーの面白さを認識してもらおうというのがW杯の最大の目的だ…確かに一時的俄かファンが増えるだけとはよく言われる
   しかし誰もが最初からサッカー通な訳では無いだろう。きっかけはどうであれここからサッカーファンになる者
   あるいは将来サッカー選手になりたいとサッカーを始める子供達が出てくるのは素晴らしい事だ」
アラッガ「はあ……」
ジニン「まあ確かに貴官の言う通りの輩もいるかもしれん。それにFIFAの拝金主義の体質……おっとこの辺にしておくか」
アラッガ「はい。しかし今日から試合も再開ですね…」
ジニン「ああ、この街は人種の坩堝だからな……気を引き締めて行かなければ」
アラッガ「警部の応援するドイツも明日の試合ですね。対するアルゼンチンってかなり絶好調らしいですね」
ジニン「試合は始まるまで分からんよ……後は選手達の力を信じて応援するだけだ。今同じ位気がかりなのはナゴヤ場所かな……」
アラッガ「ああ……警部スモウお好きでしたね……」
ジニン「なんとも残念な話だ……あの件の闇は果てしなく深いな……また家内と観に行きたいものだが…」
アラッガ「これを気に角界の体質が改善されるといいですね……」

111 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/02(金) 18:17:57 ID:???
ラッセ「W杯も終盤か…大分落ち着いてきたな」
ブシドー「うむ。ラッセ殿はイタリアを……いや失礼した」
ラッセ「いや、いいさ。今回は明確な敗因が見えてるからな」
ブシドー「というと?」
ラッセ「これはやる前から国内でも批判が大きかったんだが…前大会優勝メンバーに拘り過ぎた点だな
   イタリアにも若手の有望株は随分いたんだが結局ベテランにこだわった」
ブシドー「ふむ…なるほど…」
ラッセ「ま、実際連続優勝なんてのはイタリアとブラジルが一回ずつだけだ…しかも大昔にな
   事実前回から選手と指揮官を変えてない国は予選敗退してる……まあ愚痴はこの辺にしとくわ
   まだまだ楽しみはこれからだぜ」
ブシドー「うむ、……ところで相談があるのだが…」
ラッセ「おう、もしかして今年もやるのか七夕祭り?」
ブシドー「流石はラッセ殿……屋上の一般開放……御願いしたいと言った」
ラッセ「おうさ。任しておきな……早いな……もう七月か……」
ブシドー「かたじけない。早速良い笹を探してくると言った!」

112 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/02(金) 20:48:38 ID:???
マリナ「もう七月……早いわね…」
ポニテ「梅雨はまだまだ続くけどもうすっかり夏だね」
ブシドー「うむ、今日採れたスイカを冷やしておいた。後で食べるとしよう」
刹那「おお……けっこう大きいな……」
セラフィム「うー…最近よく蚊に刺されるですぅ…」ボリボリ
眼鏡「僕は何故か刺されないな。刺されたところで痒いことはないだろうが…」
セラフィム「なんだかズルイですぅ」
マリナ「あまり掻いちゃダメよ」つかゆみ止め
ポニテ「よし、じゃあ僕が強力な虫除けを作ってみようか?」
セラフィム「……遠慮しとくですぅ」
ポニテ「連れないねえ…ちゃんと安全性は考えて作るって……」
刹那「何度かお前の発明品にひどい目に遭わせられた気がするんだが…」
匙(うーん今年はどこに行こうかな…花火大会に…二人きりで沖縄も……)つ旅行ガイドパラパラ

113 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/02(金) 23:27:49 ID:???
金ロー視聴中…
セラフィム「やっぱり紅の豚は面白いですぅ」
眼鏡「パヤオもこの辺まではよかったな…」
マリナ「あら、ハウルやもののけ姫も好きよ…ラピュタやナウシカ…一番は決められないわね」
ブシドー「やはりカリオストロの城こそ至高だと言った」
ポニテ「今度の新作に向けて連続で公開するみたいだねえ…僕はやっぱ耳をすませばかな……」
匙「千と千尋だろjk」
マリナ「今度の新作もみんなで観に行きたいわね」
眼鏡「うむ、正確にはパヤオの弟子の作品だがな」
セラフィム「細けえ事はいいんですぅ」
匙「うん。カオナシのモデルになった人らしいね」
刹那(この間マリリンとみたポニョ……軽くトラウマ……)ザクザクグフグフゲルググ……
マリナ「?…どうしたの刹那……寒い?」

114 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/03(土) 04:20:57 ID:???
御刹那「耳をすませば……だと……!?ポニテ貴様、さてはリア充だな!?」
ポニテ「ふふふ、気付いてしまったかい?この溢れ出るリア充オーラに……」
御刹那「耳をすませばには嫌な思い出しかない……ちくしょう!」



眼鏡「御刹那は耳をすませばでダメージを受けるタイプか。意外に打たれ弱いな」

115 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/03(土) 10:54:38 ID:???
匙「匙ブロウ。見栄はるんじゃねぇよ。スメラギさんに似た声をした人が出てるからだろ」
ポニテ「
刹那「確かに似ているな。少々、若々しいが」
匙「若々しい、なんて本人の前で言ったら消されるよ」
ポニテ「ふむ…ポニテはNTR属性持ちか……」
匙「それはそれで少し違うような……」


スメラギ「懐かしいわねー。昔バイトで出たっけ」
刹那様「スメラギも声優をやっていたのか?」
スメラギ「今の仕事につく前にね。結構楽しかったわー」
刹那様「そうか」
スメラギ「その時の縁で今もちょこちょこ出てるわよ」
刹那様「何!?例えば何だ?」
スメラギ「プリキュアとか」

116 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/03(土) 16:29:18 ID:???
雨が凄いな。こういう日は濡れ女の季節。
長い黒髪美女が儚げに微笑んできて、微笑み返すととりつかれちゃうそうだ。
……ん、どこかで聞いたような特徴だな……か

117 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/03(土) 18:26:43 ID:???
ポニテ「やれやれ…ひどい土砂降りだねえ…マリナさん大丈夫かな…」
刹那「傘を持って出掛けたけど…車出せばよかったかな…」
匙「雨の日はかえってみんな車出すから渋滞に巻き込まれるよ。…ところでブシドーは?」
ポニテ「屋上の様子を見に行ったよ。水門の調整とかじゃないかな」
匙「大変だな…」
刹那「考えたらマンションの屋上に田園って無茶苦茶だよな……」
眼鏡「イアンとリンダがかなり入れ込んでいるからな。仕組みに関してはブラックボックスだ」
セラフィム「パパとママに不可能は無いですぅ」
マリナ「ただいま。……雨に降られて困っちゃったわ……」ボタボタ
セラフィム「大変ですぅ!これ使ってくださいですぅ」つタオル
ポニテ「あ、雨に濡れた長い黒髪……なんだかミステリアスでそそるよねえ/////」ハァハァ
匙「匙チョップ。いちいちいやらしいんだよお前は……」
眼鏡「ちょうどブシドーの為に風呂を沸かしてある。先に入るといい」
マリナ「ありがとう…じゃあお言葉に甘えて……」
匙「さてと、ちょっと二人でブシドーの様子を……刹那?」
刹那「
眼鏡「ふむ、濡れ髪マリナがツボだったようだな…」
只〈セイソウサギョウニイコウシマス
セラフィム「お願いするですぅ。あ、ついでにこのオッサンの蘇生も……」
ポニテ「
只〈……ニンムリョーカイ

118 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 18:12:44 ID:???
眼鏡「劇場版で00Qのコクピットの前でキスしてた」
刹那「ええ!?」
眼鏡「mouth to mouthだぞ」
刹那「な・・・(がんばれ俺の鼻血!)」
眼鏡「これに耐えられるか?その上マリナさんのお腹が大きくなっていた。おおきく成長したな刹那」
刹那「    ブシャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!

マリナ「まあまあ、何の話?」
眼鏡「僕が夢で見た劇場版00の話です」
ブシドー「革新者を極めるには父となる、か」
ポニテ「そこまでいったら別の意味で劇場版期待しちゃうね」
匙「その前にお前自身をどうにかしろ」ボグゥ
ポニテ「酷いよ!何故殴るの!」

眼鏡「ついでにカティと炭酸がキスしてる夢も見た」
セラフィムさん「ティエリアさん、ゲームばかりで欲求不満みたいですう」
眼鏡「なっ!」

※夢の内容は俺がほんとに見た

119 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 19:41:02 ID:???
カティ「W杯も残り後四戦か。リーサ達の応援するスペインも勝ち残ったな…結構な事だ」
コーラ「個人的にはアルゼンチンが面白いと思ってたんですが…残念でしたね
   フランスは負けちゃいましたけど最後まで観ますよ当然」
カティ「ところで今観ているのは……ああ、ツールドフランスか」
コーラ「はい、昨日から始まったんですよ。長丁場ですから通して観る感じですけど」
カティ「レースが大きく動くのは終盤だからな」
コーラ「日本も自転車競技強いんだしもう少し力入れてもいいと思うんですけどね
   なんせケイリン発祥の地なんだし」
カティ「うーん…日本の競輪はどちらかというとギャンブルレースの趣が強いような……
   それにツーリングはチーム単位だしな…毎年参加はしているようだが」
コーラ「ああ、そうでしたっけ…忘れてました」
カティ「そういえばお前は賭け事の類はあまりやらんな…」
コーラ「そういえばそうですね。あんまり意識した事ないけど」
カティ「……まあ、良い傾向だ(資質はあるだろうがな……」

120 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 20:26:56 ID:???
>>118
途中までマジで予告来たのかと思ったじゃねぇか!


リボンズ「………っと」
リジェネ「流石カプ厨だね、リボンズ」
リボンズ「ありがとう、褒め言葉だよ」
リジェネ「大体、各地の戦場を飛び回っている刹那くんとあの子が会う筈がないじゃないか」
リボンズ「いや、一日だけの逢瀬で……と言う事はよくあるよ」
リジェネ「織姫と彦星じゃあるまいし」
リボンズ「そういえば七夕か。Mr.ブシドーとラッセ・アイオンが何か計画してるみたいだね」



刹那「いい?マリリン、あれがベガであれがアルタイル……」
マリナ「いいえ、オリオンです」

121 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 20:47:24 ID:???
ポニテ「そういえばオグリキャップ……残念だったね」
マリナ「本当にかわいそうね……ぬいぐるみ持ってたわ私」
匙「そういえば姉さんも好きだったな……競馬人気の立役者なんだってね」
刹那「何となくだが……瞳がやさしいな…」
セラフィム「おじいちゃん馬になってからの写真もかわいいですぅ」
ポニテ「うん。実際凄く温厚だったらしいね…速い馬って気性の激しい馬が多いんだけど」
ブシドー「馬は我々が思う以上に繊細な生き物なのだ……」
眼鏡「僕はその馬を知らなかったので調べてみたら…地方競馬から勝ち上がって来たようだな」
ポニテ「そうそう、血統的にはそれほどいい馬じゃないんだよね」
ブシドー「それに体が弱く短命だといわれる葦毛馬であれだけの成績を残したのだ……本当に素晴らしい馬だったと言った」
眼鏡「馬の25歳……人間だと80過ぎの高齢らしいな……」
ポニテ「それだけに天寿をまっとうさせてやりたかったろうね……」
刹那「動物の一生にもドラマがあるんだな……」

セツニャ「何だかみんな湿っぽいニャ」
ハムドー「お馬さんの話をしてるのだー。ご主人も大好きだったらしいのだ」
ティエラビ「うちの屋上にもエクシアがいるな」
マリリス「私あのお姉さん好き。よく背中に乗せてくれるの」
ハムドー「僕もなのだー」
セツニャ「でもちょっと変わり者ニャ」
ティエラビ「容姿の気に入った人間の♂に関しては異様な執着心を見せるな…」
セツニャ「お前がいうニャ」
ティエラビ「ああ。僕も人間の女の子が好きだ……特にあの子(模型子)はもふもふで///」
ハムドー「ラビ君げんめつなのだ…」
マリリス「へんたいさんなの?」
セツニャ「変態ニャー!」
マリナ「あらごめんなさいあなた達。すぐにご飯作るわね…(ふふ、いつも楽しそうね…」

122 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 21:50:05 ID:???
>>119
コーラ「あ、そうそう。W杯で思い出した……見て下さいよコレ」つPC
カティ「ん、これは……某炭酸飲料の抽選か?Tシャツが当たるとあるが…」
コーラ「はい。何となくやってみたんですけどこれが当たりまくりで♪
   少し店のスタッフにもあげよっと…それとお刹那家と……」
カティ「!……待て。一口応募するのに3点必要とあるな…
   …これだけの枚数を当てたとなると……ハズレも含めて相当数が必要になるが……」
コーラ「はい。それが何か?」
カティ「#何かじゃない!無駄使いすんなバーロー!!」
コーラ「ぐ…ぐえ……くるじい……違いますって…これは……」

カティ「ほう……では店長に勧められて応募に必要なキャップだけ分けて貰ったと?」
コーラ「はい。どうせ当たらないでしょうけどって…そしたらこれが当たるのなんのって♪」
カティ「確かにあの男いつも飲んでいるな……食は細いのに……」
コーラ「ええ、ある意味燃料みたいなもんだって言ってましたよ……訳分かんないすけど
   後はルイスちゃんのお友達にやたら飲む子がいるらしくて持って来て貰いました♪」
カティ「そうか……それならいいが……(やはりもったいない…今度ロトでも…いや…ダメだな私も」


アニュー「またコーラばかり飲んで……太るわよ?」
模型子「えーでもこれカロリーオフですから……」
アニュー「ダメダメ。無糖やカロリーオフでも2〜3%の糖分は表記しなくてもいい事になってるの
    またスメラギさんに笑われるわよ…それにビリーさんと海行きたいんでしょ?」
模型子「ううー……先輩のイジワルぅ〜」
アニュー「あなたの為よ……でもそれ何か普段と違うラベルね……ちょっと見せてくれる?」
模型子「はい。この地域限定の商品らしいですよ…先輩もいかがですか?安売りで纏め買いしたんで」
アニュー「いえ、遠慮しとくわ……(はぷ茶コークって……そういえば少し前にカテキンコーラってあったわよね?」

123 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/04(日) 22:23:01 ID:???
>>120
コーラ「映画でもカティのキッスはいただきだーっ!」
カティ「ガセネタだ!馬鹿者!」

124 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/05(月) 03:23:40 ID:???
刹那「マリナ……良かったのか?日本に来て」
マリナ「何度も言っている事よ」
刹那「………マリナ」
マリナ「どうしたの?」
刹那「俺の人生を半分やる、だからお前の人生を半分俺にくれ」
マリナ「え……」
刹那「………」
マリナ「……無理よ」
刹那「っ……!そ、そうか……」
マリナ「私の人生は半分どころか全てあなたにあげるから…」
刹那「マリナ……マリナ!」
マリナ「きゃっ。い、痛いわ…」
刹那「………」
マリナ「………ポンポン」


眼鏡「……と言うのはどうだろうか」
匙「無理、と言われた時点で精神が死ぬと思うけど」
ポニテ「そのまえに彼はそんな台詞を言えるのかな?」
セラフィム「そもそもおセイエイさんにそんな台詞はあわないですぅ」


マリナ「どうかしら?」
刹那「うん、美味しいよ」
マリナ「良かった。こんにゃくとハンバーグって結構合うのね」
刹那「むしろツブツブが良い味出してるよ」


セラフィム「そういうのはセイエイ様の役ですぅ」
眼鏡「それもそうだな」
匙「異議なし」
ポニテ「だよねぇ」

125 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/05(月) 17:14:17 ID:???
>>124
刹那「映画か!?劇場版で俺は『こんにゃくハンバーグ』とか言わなきゃいけないのか!?」
マリナ「落ち着いて刹那、ここの生活での話よ」
刹那「それにしてもあんまりだ。もっとかっこいい台詞俺も言いたい」
眼鏡「では『俺の人生を・・・』以下の台詞をマジで言ってみろ」
刹那「お、お、お、おれのりんせひをはんふん、イテッ!」
マリナ「どうしたの?刹那」
刹那「しらかんら、いたひ」
眼鏡「結局そうなる」

ブシドー「気合いだ、少年」
匙「むしろ劇場版で「こんにゃくハンバーグ』とか言ったら」
ポニテ「勇者だよね〜」

126 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 07:39:15 ID:???
ジニン「やはり我がドイツこそ最強ッ!」
イオリア「我がドイツの攻撃力はァァァ世界一ィィィィィィッ!!!」
良男「はいはい、飲み過ぎですよ」
ジニン「それほど嬉しいのだ。何せ相手は宿敵アルゼンチンだったのだからな」
良男「何かと縁があった相手みたいですな」
イオリア「うむ。まぁ、多かれ少なかれどのチームにも縁はあるものだがね」
ジニン「次はスペイン……スイスに敗れた時はどうなるかと思いましたが…
    蓋を開けてみればベスト4…無敵艦隊は伊達ではなかったと言う事ですな」
ジニン妻「放送は朝の3時半から…早く寝なくてはいけませんね」
ジニン「うむ。お前には迷惑をかける」
ジニン妻「いいえ、私も見たいので構いませんわ」
イオリア「うーむ、私はせっちゃんの家にお邪魔でもしようかのう」
良男「マリナさんのお料理は美味ですからな。それ目当てもあるのでしょう?」
イオリア「バレた?」

ワッハッハッハッハ

イオリア「ボーナス4倍キャンペーンじゃ!」
秘書「そんな利益はありません」

127 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 13:34:41 ID:???
イオリア「〜♪」
アレルヤ「なんかさ、ここ二、三日やけに機嫌いいよね社長」
刹那「ドイツの四強入りが相当嬉しかったんだろうな……うるさくなくていいけど」
ライル「次勝てるかもわかんねえのに……ま、前回も四強入りしてるしなドイツは」
アレルヤ「前々回は準優勝だよね確か。かなりの安定感は感じるなあ」
刹那「でも意外とスペインが……まだ分からないけど」
ライル「なんにせよ一発勝負だからな」

スメラギ「さぁて…今日のランチはビールにソーセージよ♪」
ルイス「もう対戦国の料理食べて験担ぎ作戦はやめましょうよリーサママ……」
スメラギ「でもでもこの前もパラグアイ料理食べたら勝てたじゃない?こういう時こそ神だのみよ♪
    ま、そろそろ本気出す頃だと思うけどね」
ルイス「うう……何故か味が濃い目の国ばっかり……もう食べれないよ」

128 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 14:02:13 ID:???
アレルヤ「それよりさ刹那。うちに七夕祭りの手紙が届いてたんだけど」
ライル「おう、うちにも着たぜ…短冊と一緒に。去年はなかなか楽しかったな」
刹那「やっぱりやるつもりかアイツ……まあ去年は無事終わったからいいけど」
アレルヤ「でも何故かサジ君が倒れてたよね……」
ライル「ああ……尻に笹が刺さってたような…」
刹那「あ、ああ…あったなそんな事……今年は大丈夫だと思う……多分」
ライル「しかしここんとこ凄い雨続きだからな……大丈夫か…?」
アレルヤ「晴れるといいよね……去年は星が綺麗だったなあ…みんなで縁側で涼んでさ」
刹那「ああ、そうだな……(でも何か今回は騒ぎ起こしそうだなブシドー……最近変におとなしいだけに」

129 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 20:42:40 ID:???
>>128
ブシドー「これはやはりあれだろうか。ダチョウ倶楽部的な」
ポニテ「いや違うから」

130 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 21:29:49 ID:???
>>129
匙「そういえば最近脱がなくなったねブシドー…」
刹那「最近忙しく動いてるし、欲求不満がないんじゃないか?」
眼鏡「そうかな?以前は特に理由など無しに脱いでいたぞ。それに……いや、なんでもない」
刹那「?」
匙「言いかけた事は言えよな…」
眼鏡(前スレではトランザムし損ねたからな……その反動が何時来るか分からん)

セラフィム「んー…ひとつと言われるとなかなか浮かばないですぅ
     イスマイールさんは何にしたですか?」
マリナ「それは秘密よ」ニコニコ

131 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/06(火) 23:30:29 ID:???
刹那「なあティエリア、今年の願い事なんて書くんだ?」
眼鏡「人に言う様な事じゃないだろう」
刹那「・・・どうせ『嫁達』のコトだろ(ぼそ)」
眼鏡「・・・そういうお前はどうなんだ?」
刹那「(図星か)俺のは願い事っていうか心配事なんだけど聞いてくれるか?」
眼鏡「僕はベガでもアルタイルでもないが話くらいは聞いてやる。なんだ?」
刹那「すまない。劇場版で俺は22歳だ」
眼鏡「それがどうした?」
刹那「TV版一期も二期俺は”清らか”なまま終わってしまった」
眼鏡「僕は清らかなまま死んじゃったぞ。というか生体端末が壊れただけだがな」
刹那「お前はそういう事に徳に執着ないもんな。問題は俺だ。
   俺は劇場版でも清らかなままスターチャイルドとかモノリスみたいになっちゃうんだろうか」
眼鏡「安心しろ、サイバースペースでもいい嫁はいっぱいいるぞ」
刹那「ちがーうっ!相手はマリリンじゃないとダメなんだ!」
マリナ「まあ、大きな声を出してなんのお話?」
眼鏡「これは、かくかくしかじか」
刹那「デリケートな問題を本人に言うなーっ!」シクシク
マリナ「まあ、そんな事を悩んでいたの」
眼鏡「ウジウジ悩んでいないで本人に願いを聞いてもらえ」
マリナ「安心して刹那。宗教上の理由で私はいつまでも清らかなまま貴方を待っているわ」
刹那「え?ソウイウモンダイジャナクテ」
眼鏡「この作品は男女共に清らかさんが多いからな。おーい、ポニテ、君もそうだろう」
ポニテ「どうして決めつけるかな。あれから二年経ってる設定なのに」
眼鏡「安心しろ刹那。イノベイドはだいたい清らかさんだ。純粋種の革新者なら仕方ないだろう」
刹那「え?ええ?」
眼鏡「ブシドーはどうなんだ?」
ポニテ「彼は案外ね・・・。匙君も経験してそうだよね、劇場版」
匙「僕の事を誰か呼んだ?」
ポニテ「そういっれすぐにこぶひをおみまひしないれよ!」
マリナ「主人公とその恋人が清らかなままなんて、すごい純愛映画になりそうね////」
刹那「え?なんか、俺が考えてるのとどんどん違う方向に・・・」
ブシドー「木星でも相見えようぞ!少年!」
刹那「え?ちょっ、まて・・・」

132 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 00:12:30 ID:???
激情版ではマリナはみそ

いやあこの味噌汁美味しいなあ!あっはははは!

133 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 00:36:18 ID:???
綺麗に歳を取るタイプの三十路の女は熟れはじめるからいいよ?
マリナはきっとそんなタイプ。A・ヘプバーンみたいなね。

134 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 00:43:38 ID:???
>>132>>133
刹那「三十路だから」
コーラ「なんだってんだ!いい女は幾つになってもいい女なんだ!」
刹那「刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!」<◯><◯>
コーラ「俺も加勢するぜ!兄弟!あ、光りやがった」

135 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 00:45:39 ID:???
でも綺麗なお姉さんならウェルカム

136 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 02:32:53 ID:???
カティママ
スメラギ
シーリン
マリナ

大人のお姉さんはいいものだ。

137 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 15:56:55 ID:???
トントン
マリナ「はい」
ガチャ
唐笠「キュー」
マリナ「あら、久しぶりね。元気だった?」
唐笠「キュッキュッ」
マリナ「ふふっ。くすぐったいからあまり舐めないで…どうしたの?」
唐笠「キュー」

つ 何かの箱

マリナ「これは……?」
唐笠「キュー」

足で箱を指差す。
そこには「魅須沱・武士道様」と書かれていた。

マリナ「みす…?漢字は読めないわ…でも、ブシドウ?」
唐笠「キュッキュ!(ペロペロ」
マリナ「正解って事?ブシドウ……ブシドーに?」
唐笠「キュー」
マリナ「ブシドーに渡したら良いのね?」
唐笠「キュー」
マリナ「分かったわ。きっと頼まれものなのね。渡しておくわ」
唐笠「キュッキュ」
マリナ「あら?もう帰るの?今お茶を…」
唐笠「キュー」
マリナ「そう……また来てね」

ピョーン


只<コレハキョウノタナバタイベントノタメニニヨウイシタモノノヨウデスネ
セツニャ「ニャ〜何かぽぅっと光ってるニャ〜」

138 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 18:46:55 ID:???
ライル「ふーやれやれ……何とか仕事も片付いたな…」
刹那「今日は二人とも来るんだろ?」
ライル「ん、ああ当然。アニューももこちゃん誘って仕事終えたら来るってさ」
アレルヤ「マンションの屋上だしね。でも今日は運良く晴れてよかったね」
ライル「全国的に天気はよくねえみたいだったが……この地域も予報じゃ雨だったし」
アレルヤ「んー天気予報だって外れる事はあるさ…天の川見れるといいね」
刹那(おそらくブシドーか……あいつなら天候も変えれても…)

ブシドー「うむ、これで一晩は持つだろう」
ラッセ「まさかそんなインチキ臭いまじないみてえなので雨雲を祓っちまうとは……」
眼鏡「奴には流石のヴェーダにも説明が着かん……」

139 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 19:32:32 ID:???
留美「さて、そろそろ始まるのかしら?」
ネーナ「楽しみですねー♪ところでお嬢様、織姫と彦星って夫婦だったって知ってましたか?」
留美「当たり前じゃないおバカね…元々私の国の神話でしてよ…」
ネーナ「あ、そういえばそうでした…それと中国も七夕は7月7日なんですか?」
留美「えっ?7月7日じゃなくて?」
紅龍「日本では8月7日の地域もありますね。詳しくは分かりませんが明治時代の改暦により二つに分かれたとか
  仙台の七夕祭りは有名ですよ」
留美「へえ…少し見て見たくてよ…」
御刹那「七夕祭りか……面白いのか?」
ネーナ「そっか、あんたここに来て初めてなんだっけ?」
留美「もう以前からいるような気がしてましたわ……」
紅龍「何故か当マンションの住民は催し物が好きなようで…まああなたも参加すれば分かりますよ」
御刹那「うん…それはいいんだけどさ……何でいつも俺が料理当番な訳?」
留・ネ「「つべこべ言うな」」
紅龍「まあまあ……私も当然手伝いますから……」

140 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 20:17:50 ID:???
>>139
紅龍「ちなみに元々は女性の裁縫技術の向上を祈願する行事です。
   これには元があります。まず、織姫は元々裁縫や機織りがとても上手な女性でした。
   しかし、彦星に嫁いでから彼女は彦星とイチャイチャし続けて、はたを織らなくなってしまったのです」
御刹那「毎日ギシアン性活と言う事かッッ!!」
紅龍「(無視)それで怒った神様は一年に一度しか会えないようにしてしまったと言う事です」
御刹那「つまり童貞な神様が嫉妬して幸せな夫婦を引き離したという話か。やはりこの世に神はいない…」
紅龍「滅殺豪紅龍!!」
御刹那「ばわ!!」
紅龍「どこをどう曲解したらそうなるんですか……全く…」

141 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 20:18:05 ID:???
リジェネ「七夕イベントかー」
ヒリング「おせんべ食べてないで、屋上行くわよ」
リジェネ「んー」
リヴァイヴ「その反応…ロイヤルニート道極めそうで恐ろしいですね」
リボンズ「……(そわそわ」
ヒリング「ん?どしたのリボンズ」
リボンズ「い、いや…」
リジェネ「どーせ御刹那に弁当作らせて準備万端な留美たんもいるんじゃないのー?」
リボンズ「ぼっ僕は別に――」
イノベ軍「ニヤニヤニヤニヤ」(人数分)


眼鏡「一応イノベ達も呼びに行っておくか」
セラフィム「自発的に屋上に集合してそうですう」
眼鏡「まあ形だけでも体裁を整えておくべきだろう」
セラフィム「ですう?」

142 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 22:05:10 ID:???
>>141
ルイス「ってことでお迎えに上がりましたあ!キャーリジェネさまあ♪」
リジェネ「うわ、酒臭?しかもノリが初期に戻ってるし」
匙「すみません、出掛けに誰かにお酒飲まされたみたいで」
ヒリング「屋上に行く話なら、リジェネがさっき脳量子波でエロゲオタから聞いたわ」
匙「迎えに出た方がリボンズさんも来やすいだろうとウチの眼鏡が」
リボンズ「……」
リジェネ「ティエリアがねえ。気遣われて良かったねリボンズ」
リボンズ「見下されている感がするよ」
ヒリング「ま、無礼講無礼講ってことで。行きましょリボンズ♪」
リボンズ「そうだね」
ルイス「きゃはははは★さ、とっとと案内なさあ〜いさじ♪」
匙「ああ、暴れちゃ駄目だってルイス…」


カティ「今夜は七夕だ。イベント特別メニューを用意した。客の財布を各自とことん緩めさせるように!」
クジョウ「ラジャー!」(←ルイスに酒飲ませた犯人)
コーラ「特別メニューはスイーツ中心だ!作るのも手ぇ抜くなよお!」
アリー一味「へーい!」

143 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 23:14:22 ID:???
>>140
某監督「この刹那じゃなあ、劇場版外しとく?」
某脚本「ハァハァしてるんじゃ革新者目覚めないでしょ」
某千葉「そんな刹那描きたくない」

144 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 23:17:53 ID:???
リアン「マリナ様こんばんは」ペコリ
ヤエル「こんばんはー♪」
マリナ「あらこんばんは♪もうみんな願い事は書いた?」
ヨセフ「はい。みんな書いたよな」
モシェ「うん…」
バロ太「なあ兄ちゃん。マリナ様とはどこまで進んだんだー」ニヤニヤ
アベド「どうせチューまだなんだろー」ニヤニヤ
お刹那「#このガキんちょが……!」

ポニテ「相変わらずマリナさんは子ども達に人気があるねえ……お刹那君は舐められてるけど…」
ラッセ「いいじゃねえか…あれでけっこう気に入られてるように見えるぜ?」

ブシドー「さあ皆の衆。もう短冊に願いは書いたかと言った」
アレルヤ「はいこれ僕とソーマとマリーとハレルヤで四人分で……」
ソーマ「……いちいち言わんでいい///」
フェルト「すいません……これ////」
ブシドー「承った」
録音inFAガンダム「よっ、遅くなったな。……どんな願い事にしたんだ?」
フェルト「あ、ロックオン……あの…その…秘密////」
ライル「兄さんも空気読めよな……ほんと鈍いんだから…」
アニュー「あら、とっくに気持ちは通じ合ってるわよあの二人」
模型子「いいなあフェルトさん……」
ライル「お、二人共似合ってるぜ浴衣……ところでポニさんは……いた」
ポニテ「きいいい……!!ガンプラのクセにいちゃいちゃしてえ……リア充は…
模型子「#ポニテさんのアホーーー!!」
ポニテ「えっ……もk
グワッシャン!
ラッセ「おおっ…きれいなジャーマンスープレックスだな……」
ライル「もっとニブイのがいたな……」
アニュー「本当にアホねこの人は……」

145 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 23:33:11 ID:???
只<ヒロイモノ
shindanmaker.com/30875
shindanmaker.com/30683

146 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/07(水) 23:38:25 ID:???
と失礼。
http://shindanmaker.com/30875
http://shindanmaker.com/30683

147 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 00:04:03 ID:???
>>146
匙「うーん……シャレなのは重々承知なんだけど少しネガティブな結果ばかりじゃない?」
ルイス「うん……もうちょっとユーモアが欲しいかな」
刹那「お、二人共もう短冊は出したのか?」
匙・ルイ「「もちろん♪」」
刹那「そうか……それはよかった…」
匙「ところで何でポニテがダウンしてんの…まだ僕何もしてないのに…」
ポニテ「
刹那「ああ、それは……」
模型子「#もう…知りませんっ!」プンプン
ルイス「どうしたのもこちゃん…何かあった?」
ポニテ(ああ……おこった顔もかわいいなあ……///)プスプス

148 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 00:41:26 ID:???
ttp://blog-imgs-46.fc2.com/y/u/n/yunakiti/up451470.jpg
マリリンのタイツ久しぶりじゃね?
あとセラフィムさんのむっちり感がいい

149 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 01:51:51 ID:???
>>146

マリナが短冊に書きたいことは『ロロノア・ゾロとイケナイことしたい…あ、人を間違えた。まいっか。』です。


なん…だと…

150 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 01:55:43 ID:???
マリリンだと『流川楓に会いたいかもしれない』


因みに上でやったら
マリナ…『メガドライブが欲しい』
マリリン…『二次元にいきたい』

だった。メガドライブ欲しい、はレゲー好きなこのスレのマリリンらしいw
よーし、おじさんソニックのソフトとNEOGEOも合わせて買ってあげちゃうぞー

151 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 07:07:13 ID:???
>>148
ミレイナのふとももやばいな
いつのまにこんなに育ってしまって・・・

152 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 10:29:19 ID:???
俺としては未だに若いままのリンダさんのが驚異だけどな……

153 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 16:51:07 ID:???


刹那へ

お元気ですか?
私は元気です。
最近、前と同じ量を食べても体重が増えなくなりました。
運動もするようになったのよ。
この手紙を書くことにしたのは、最近の料理について宮廷料理人の方から料理のアドバイスを刹那から聞いた、という話しされたからです。
刹那、離れていても私のために美味しい料理を作ってくれてありがとう。
ご飯を食べていると、時々、刹那の手料理が恋しくなります。何でかしら。
だからね、刹那。もっとたくさんあなたの作ったレシピの料理が食べたいから、たまにメニューを送ってね。
待ってます。
元気でね刹那。

マリナより


ネーナ「ん?ちょっと、何涙目で旅行の準備始めてるわけ?」
御刹那「ぐす…っマリリン待っててくれ…今すぐ俺の手料理を食べさせてやるぞ!」
ネーナ「マリナ姉ならご近所じゃん!」
御刹那「俺のレベルアップした料理にマリリン、きっと喜ぶだろうなあ」
ネーナ「ちょっちょっとお嬢様!御刹那がおかしいんですが!」
留美「放っておきなさいな。どうせ別職人様の手によっていつの間にか帰ってるはずだから」
紅龍「食べて欲しいひとのために料理を作る喜びは何となく理解出来ますしね」
留美「紅龍、スコーンが足りないわ」
紅龍「畏まりましたお嬢様」
ネーナ「ちょっとちょっと、他の職人に丸投げはダメでしょ!?」
御刹那「うおおぉっいざアザティスタンへ!」

154 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 17:08:48 ID:???
御刹那「いっけねアザディスタンだった」
ネーナ「かっこつかないわね」

155 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 17:54:55 ID:???
アレルヤ「昨日は楽しかったねー。天の川も綺麗に見えたし」
ライル「ああ……最後に子供達と蛍を放したのは最高にファンタスティックだったぜ…
ブシドーによろしく言っといてくれ」
刹那「うん。そう言ってくれるとあいつも喜ぶよ
……まさか蛍を用意するとは思わなかったけど」
イオリア「おっ、昨日はみんな楽しんだようだな…
私も仕事がなけりゃ行きたかったが…残念じゃ」
刹那「あ、どうもお疲れ様です社長……その…ドイツ残念でしたね…」
イオリア「いやいや、いい試合を見せてもらったわい……三位決定戦も頑張って欲しいのう」
刹・ライ・アレ(ホッ……よかった……)
アレルヤ「そういえば…ドイツの水族館にいる予想をするタコが話題になってましたね」
刹那「ああそれテレビでやってた…今の所全部当ててるんだっけ?」
ライル(ちょっバカお前ら……!?)
ゴゴゴゴゴ……
アレルヤ「あれ……どうかしましたか……?」
イオリア「#……誰がタコじゃあっ……!!」
刹那「わー誤解ですって……別に社長の頭の事は……」
ライル(しーらねっと……とばっちりはゴメンだぜ……)

秘書「ハァ……個人的懲罰だけは止めさせないと……本当にウチの会社って…」

156 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 18:18:04 ID:???
今そのタコがニュースにでてたwwww

「パエリアにしてしまえ」
「シーフードサラダにしろ」
「鮫の水槽に離せ!」

イオリア「ちょっとあの水族館買収してタコ焼きにしてやろうではないか」
秘書「そのような予算はありません」
イオリア「ちょっと脱税すれば大丈夫じゃよ?」
秘書「じゃよ?じゃねぇ!!」
エイフマン「おぉっ!見事なドラゴンスープレックスじゃ!」

157 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 18:34:26 ID:???
>>156

イノベズ「ちわー、出前持って来ました。」
秘書「ご苦労様。」
イオリア「ん?何を頼んだんじゃ?」
秘書「たこ焼きです。話を聞いてたら食べたくなって・・・」
イオリア「美味そうだな。しかし、たこ焼き出前とは・・・」
秘書「たくさん頼んだのでみんなでいただきましょう。」

マジで食べたくなったww

158 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 18:51:22 ID:???
リボンズ「ハァ……」
リヴァイヴ「リボンズ……どうかしたんですか?」
リジェネ「えー昨日王留美とろくに話せなかったらしいよ?」
リヴァイヴ「ホストやってた頃はあんなに高圧的だったのに……実は結構ヘタレですか?」
リジェネ「何を今更」
ヒリング「あんなに見下してたのにねー……それより聞いて昨日私ブシドーの手握っちゃった///」キャーキャー
ブリング「………」
デヴァイン「いや……ヒリングにしたら大きな進展なのだろう」
つガチャ
ネーナ「お邪魔しまーす。ねえ、リボンズいる?」
リボンズ「何の用かな?ここは一応秘密施設なんだけど……」
ネーナ「ハァ?もうマンションの住民ならみんな知ってるわよここ……それよりこれ」つ封筒
リボンズ「これは……レストランのお食事券…何故これを?」
ネーナ「あんた明日がお嬢様の誕生日って知らないの?……呆れた」
リボンズ「!?」
リジェネ(僕は知ってたけどねー)
ネーナ「今までは里帰りして一族主催のパーティーに出てたんだけど…
今年からはもう行かないっていうからさ」
リボンズ「えっ!?……つまり……」
ネーナ「皆まで言わせないでよ……どうするかはあんた次第よ」
リボンズ「ちょ急に……」
ネーナ「あ、そうそう……お邪魔虫なら里帰りするみたいだからいないわよ?じゃあね♪」

リジェネ(フフ…さあどうするのかな……今回は邪魔をする気は無いけどね…)ニヤリ
ヒリング「へえー意外ね……あの意地悪娘が…」
リヴァイヴ(人の事言えた義理ですか……)
ブリング「皮肉にも御刹那が彼女達の繋ぎ役になっているな兄弟」
デヴァイン「ああ…実はリボンズもかなり奴の影響を受けているという事か……」

159 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 19:41:34 ID:???
>>157
匙「それで…こんなにタコ焼き持ち帰って来たんだ……うん、美味しい」モグモグ
マリナ「たまに食べたくなるわね。毎日はカロリー高そうだけど」
セラフィム「くひのなからあふいれふぅ……」ハフハフ
眼鏡「しかし最初に蛸を食べようと思った人間には恐れ入るな……
このように姿形が見えなければ僕もおいしく頂けるが……」
ポニテ「欧米では悪魔の化身とされてあまり好まれないよね……地中海沿岸の人は平気みたいだけど
クジョウも酒のつまみによく食べてたよ……」
匙「うん、ルイスも平気みたいだよ」
ブシドー「私ももとより抵抗は無い。うむ、美味いうますぎると言った!」
刹那「ちょ…それ俺の分……」

セツニャ『うまそうだニャ……』ゴクリ
ティエラビ『人間の食べ物は僕達には合わないぞ』
セツニャ『ちぇ…分かってるニャ…』
ハムドー『セツニャ君は食い意地はってるのだ』
マリリス『私はクルミの方がいいな…』

160 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 20:58:16 ID:???
>>152
大人の女性たちはみんな17歳教に入ってます

161 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/08(木) 22:16:57 ID:???
>>158
ヨハン「む、明日はネーナが世話になっているお嬢様の誕生日か。ふっ、出番のない時に鍛え上げたスイーツ(笑)の腕前を見せる時が来たようだな……」
ミハエル「しかも御刹那の野郎がいないらしいぜ兄貴!あいつ、このまま帰って来なくてもいいのにな!」
ヨハン(……ネーナにとってお前は御刹那君以下……というのは可哀想だから言わないでおこう……)



紅龍「……む!?何やら、ライバルの予感が!?」
留美「あら、どうしたんですの紅龍?」
紅龍「いえ……ただ、何故か明日のスイーツ(笑)は気合を入れなければならない気がしまして……」
留美「それは楽しみですわ」


ネーナ(……やば、もうリボンズにレストランのチケット渡しちゃったよ……でもお嬢様って鈍感だからなー……しかも実際、レストランよりご飯美味しいし……ご飯って言えば御刹那どうしてんだろ……)



リボンズ「……あ、明日着ていく服はどうしようか……」
リジェネ「いつも通りでいんじゃないwww」
ヒリング「あんたねー、いつも通りでいい訳ないっしょ。リボンズのセンスはアレなんだから」
ブリング「ああ、アレだからな」
デヴァイン「我々がコーディネートするぞ兄弟。何せアレだからな」
リボンズ(こ……こいつら……!)
リジェネ「麗しき家族愛だねリボンズwwwwww」
リボンズ「は……はは……じゃあお願いするよ……」(後で見てろよ……!)

162 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/09(金) 20:55:04 ID:???
刹那「何でお前ら全員いるんだ」
リジェネ「今日は王留美の誕生日をリボンズがお祝い中なんだよ」
ヒリング「邪魔しちゃダメよ。万が一用に紫ハロが一応ついてるし」
ネーナ「ゴメンねせっちゃん。御刹那が里帰り中で、しかも紅龍もお嬢様とリボンズにディナー振る舞ってるから…」
マリナ「構わないわよ。みんなでご飯食べるって楽しいもの。ね、刹那」
刹那「うぬぬぬ」
ネーナ「マリナ姉大好きーv」
眼鏡「レストランのチケットを渡したんじゃなかったのか」
ブリング「レストランを昼食に、紅龍殿の手料理をディナーにすることで解決した」
でヴァイン「衣装は」
リヴァイヴ「腐っても大使でしたね。リボンズにすごく似合う衣装をチョイスしていただけましたよ」
ポニテ「じゃあ今日1日デートだったのかい?羨まし……これだからリア充は…」
ブシドー「落ち着けカタギリ。イカ飯が出来たぞ」
匙「うーん部屋が微妙に生臭い…」
セラフィム「あっアーデさんが泡吹いて倒れたですう!しっかりしてくださいー!」
リジェネ「食べられない人のためにもマリナのご飯を所望する!」
刹那「リボンズみたいな言い方するな!」
マリナ「ええ、ちょっと待っててね」
ネーナ「あ、手伝うよマリナ姉!……そういえば、兄兄ズが差し入れくれたの忘れてたわ」
つヨハン&ミハエルお手製ケーキ(味はつまみ食いしたネーナ保証済み)
ヒリング「あら気が利くじゃない。夕飯食べたら別腹用に…」
リヴァイヴ(…誕生日おめでとうの文字が見えるのは気のせいにしておきましょう)

163 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/09(金) 23:45:47 ID:???
御刹那「マリリン…流石に中には入れないか」

黒服がズラリ

御刹那「確か前に忍びこんだ時と同じ場所だよな……夜まで待ってみるか」


マリリン「ん……もぅ食べられない……」
御刹那「…相変わらず夢の中でまで食べてるんだな…」
マリリン「…ん。刹那……?」
御刹那「あ…マ、マリ…リン……」
マリリン「刹那……」
御刹那「久しぶり…だな。直接会うのは…」
マリリン「えぇ…元気だった?」
御刹那「元気にやってるよ。…マリリンこそ元気そうだね」
マリリン「お蔭さまよ、ありがとう」
御刹那「………んっ(ポリポリ」
マリリン「…………」
御刹那「(久しぶりに会えたとはいえ、どうすればいいんだろうか……」


その頃のニホン


リボンズ「やぁ、留美。昼ご飯は食べたかい?」
留美「まだですわ」
リボンズ「なら、ディナーでもどうだい?」
留美「まぁ、いいですわね!よろしいんですの?」
リボンズ「大丈夫、大丈夫さ」

ヒリング「まぁ、今の所良いムードねー」
リジェネ「大丈夫かな、あははは」

164 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:00:41 ID:???
刹那「たまには体も動かさないとな」
ライル「それでバッティングセンターか……」
刹那「どうした?何か凄く嫌そうだが…迷惑だったか?」
ライル「いや、そんな事はねぇよ。ただ……」
刹那「ただ?」
カキーン
ライル「ぅぐぶっ!!」
刹那「ロックオン!?」
アニュー「あ…ごめんなさい。大丈夫?」
ライル「な、なんてこと、ねぇよ…ハハ……」
刹那「(完全に鳩尾に入ってたぞ…」
アニュー「もう一回っ!」
カキーン
ライル「ぱわ!」
刹那「今度は股間ー!?」
アニュー「あ、あら……もういっちょ!」
カキーン
ライル「ぽぅ!!」
チャーリー「おーっと、ライルくん、顔面ブロックだーー!」
刹那「誰だお前」
アニュー「ご、ごめんなさい!大丈夫?わ、私……」
ライル「だ、大丈夫…さ…お、俺は……死に…ま…しぇ……ガクッ」
アニュー「ライルーーー!!」
刹那「……すまない。これほどとは…」

カティ「布団叩き打法!」
カキーン
コーラ「スッゲ!カティマジスッゲ!!」
カティ「ふむ。日課の布団叩きの応用でいけるな」
コーラ「まるで左門豊作や星がやってそうな練習方法っすね」

165 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:15:55 ID:???
お刹那、唐突だがこれやってみろ
つ ガンダム戦記(PS2)

166 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:57:23 ID:???
マリナ「軽快なガンダム戦記、重厚なジオニック・フロントという感じね」
ポニテ「ジオフロはゲームショップの店員に『これは難しいですよぉ』と言われたよ」
マリナ「確かに戦術を立てないと難しいわ。でも、上手く出来た時の達成感はひとしおね」
眼鏡「戦記は様々なMSを使える、自由さがあるな」
ポニテ「確か連邦最強はゼフィランサスでジオン最強は陸戦型ゲルググだったかな」
眼鏡「うむ」


刹那「ガンダムマジ強ぇ……」
ブシドー「ゾックで遠距離から射撃するといい。水中なら連射できるはずだ」
刹那「あー、ジャブローは大半が水中だしな…成る程」

167 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:06:01 ID:???
お刹那だったらユウキ伍長のほうが好みか?
ポニテはおpp・・・もといノエル伍長が好みなのは言わずとも分かる

168 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:55:53 ID:???
俺よりずーっと学歴の高い年下の奴に「フォン・ブラウンって知ってるか?」と聞いたら
満面の笑みで「ガンダムで月にある都市ですよね!」って言われた。
違う方のフォン・ブラウンは知らなかったらしい。
俺は何も言えなかった。

169 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:06:38 ID:???
刹那「……日系人のナカサト伍長かな」ピコピコ
匙「僕はジェーン大尉みたいな大人のお姉さんがいいなー」ピコピコ
イオリア「私はメイちゃんが好きだな」
刹那「父…社長、それは犯罪だ」
イオリア「紳士として手は出さぬよ。見守るだけでいいのだよ」
匙「最近は見守るだけでも犯罪になりかねないですよね……」
イオリア「生きにくい時代になったものだ……」

170 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 03:42:36 ID:???
イオリア「お爺ちゃんと孫みたいな関係もダメなのかのう」
エイフマン「爺さんが買春というケースもあるんじゃ」
イオリア「うむむ、やはり人類は革新せねばならんな」

171 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:31:55 ID:???
14歳だからまあいいんじゃないのか?社長^^

172 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:34:14 ID:???
教授「それよりですじゃ。ドイツの三位入賞は素晴らしいですな」
イオリア「いやー確かに嬉しい事じゃが欲を言えば……後一歩といったところですかな」
教授「いやいやこれで三大会連続ベスト4進出は流石の一言につきますわい」
イオリア「ハハハ…まあこれで次のブラジル大会も楽しみになってきましたかな」
教授「ところで今回の三位決定も当てましたな……ほら、例のタコ…バウル君でしたかな?
  凄いのう……これはスペインの優勝で決まりですかな」
イオリア「(ピクッ)いやいや単なる偶然でしょうな。過去にも一度外しておるようじゃし…」
教授「しかしその一度以外は外しておらぬのでしょう?これは偶然以外の何かを感じますわい…」
イオリア「ふーむ…はたしてどうですかな?今度は予想をするインコやらカエルやら出てきましたし」
教授「ほう、こういう時不思議と似たようなのが出てきますな……どこまで真実なのやら」
イオリア「そういうものですな…(しかしエイフマン君はフサフサじゃの……どう手入れしとるんじゃろか?」

173 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:26:30 ID:???
>>172
マリナ「あのパウル君って凄いわね……TVでも話題になってたわ」
刹那「まさかこんな話題になるとは思ってなかったんじゃないのか関係者も…」
セラフィム「こういうとき必ず似た様なケースの動物が出てくるですぅ…」
眼鏡「皆まで言うな。だがタコはかなり知能の高い生物として知られているな」
ポニテ「ああ、確かにそうだね。学習してビンの蓋を開けられるようになったりとかね」
ブシドー「うむ、その上保護色で背景に溶け込んだり、目くらましに墨を吐くは
    脚を食われても再生する……まるで忍者の様だ…かっこいいなあ…タコ」
刹那「かっこいいかな……」
ポニテ「それはそうとして更にタコには少し色を見分ける能力があるみたいなんだ」
刹那「えっ…それ凄いの?」
眼鏡「ほとんどの動物は色を見分ける事ができない
  …例えばセツニャ達の見える世界も僕達とは違いほとんど白黒だ」
セラフィム「それってなんだかつまらないですぅ……」
マリナ「うーん…生まれた頃からそうならそういう意識はないでしょうけど」
ポニテ「まあ人間程とは到底行かないけどね…
   …彼等は好物の甲殻類の色である赤を好む傾向が強いみたいだよ」
ブシドー「むむ!……なるほど国旗の色か……」
ポニテ「そう、赤の色が濃い国旗を選んだという説…まあ必ずしもその方向に行く訳じゃないけどね」
刹那「じゃあどんどん学習して賢くなったらタコ凄い事になるんじゃないのか!?」
ブシドー「うむ、簡単に人間には捕まらなくなるか……」
ポニテ「それは無いね。タコの平均寿命は2年くらいだもの
   それに蛸壺のような狭い所に入りたがる本能には逆らえないよ」
眼鏡「あのタコももう二年以上生きているようだ。飼育下でも三年が限度らしい」
マリナ「そう…予想が見れなくなるのは少し残念ね」
刹那「でも少し安心したような……」
ブシドー「奇遇だな。私もだ少年……」
眼鏡「……まさかとは思うが君達…今一瞬『来たるべき異種』がタコのような存在だと想わなかったか?」
刹・ブシ「「違うのか(といった?」」
ポニテ「大昔の発想だよそれ……」
セラフィム(ヤバイですぅ……今二人と全く同じビジョンを見てしまったですぅ……)

174 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:58:26 ID:???
匙「ただいま。投票行って来たよ」
マリナ「おかえりなさい。今みんなでタコさんの話をしてたのよ」
匙「タコ……あーあれですか。例の予想する…ルイスも面白がってたなあ……」
刹那「今日はルイスと一緒に応援しないのか…女狐も休みだろう?」
匙「スメラギさんと一緒に同郷の人同士でスペイン料理食べながら観るってさ
 てことで僕はここでみんなと応援するよ」
マリナ「それは羨ましいわね」
刹那「でもマリリンにはシーリンさんがいるじゃん…それに俺も…」
マリナ「それもそうね♪」
セラフィム「あーあ…今日でW杯終わっちゃうですぅ」
眼鏡「このまま眠れぬ日々が続くのもつらい……物語には結末があってこそだ」
ポニテ「みんなにつられてつい見入っちゃうね……普段そんな熱心にサッカー見る方じゃないけど」
ブシドー「それもそれでありだと言った。次はブラジルか…楽しみだなあ…」
刹那「四年後だぞ……」
匙「さあ、今日はみんなでスペイン応援しようぜ」
ポニテ「僕もクジョウに半ば強制的に……負けたら八つ当たりされるんだろうな…」トホホ
刹那「俺は個人的にはオランダを応援したいかな……」
ブシドー「うむ、日本にとってはまさに強敵(とも)だった……」
眼鏡「しかし明日は皆仕事や学校だろう?体調を崩さぬようにな」
セラフィム「了解ですぅ♪」
マリナ「じゃあ今日は早めにご飯とお風呂にして早めに休みましょうね♪」
一同「「「「「「はーい(ですぅ♪」」」」」」

175 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 18:43:40 ID:???
触sy
なんでもないです

176 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 20:37:05 ID:???
刹那「………」
匙「どうしたの?」
刹那「ん?あぁ……新しく始まったアニメがな」
匙「二期みたいだね。ゲームが原作だっけ?」
刹那「らしいな。……それで、この主人公がブシドーに似てると思ってな」
匙「あぁ……全く似てないけど凄く似てるね」

只< 「レッツ、パーリィ!」
ブシドー「切り捨てごめぇぇぇん!!」



ポニテ「ムフフ…この金髪忍者はいいよねぇ…」
匙「匙アッパー。夕方アニメにまでハァハァしてんじゃねぇよ」

177 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/12(月) 14:48:01 ID:???
スメラギ「やったーっ!優勝よ、優勝よーーっ!!」

ワァァァアアアア

チャーリー「スペインはスイスに敗れるという波乱で幕を開けました。
      しかし…ポルトガルを下し、絶好調のドイツを抑え…
      今、オランダとの延長戦を制し初優勝を掴みましたーーっ!
      決勝点を決めたのはイニエスタ…」

ルイス「本当に良かった…優勝出来て……」
スメラギ「正直スイスに負けた時は無理だと思ったわ」
ルイス「決勝トーナメントの相手もポルトガル、絶好調のドイツでしたからね…」
スメラギ「私は祖国は捨てたけれど、それでも嬉しいものなのね…」
ルイス「私、ちょっと感動しちゃって……グスン」
スメラギ「嬉し泣きなさい。この優勝にはその価値があるわ」

正直、スイスは誇っていい。そして日本も準優勝チーム相手によく頑張った。
今回のワールドカップは凄く面白かったなぁ。

178 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/12(月) 18:56:52 ID:???
>>163
マリリン「寝過ぎておなかすいたわ・・・(ぐぅ〜っ)」
御刹那「と、とりあえずご飯でも作・・・」
マリリン「あらあら、こんなところにちょうどいいご飯が・・・」ガシッ
御刹那「・・・ん?マリリン?あの?」
マリリン「いただきま〜す」
御刹那「んぎゃああああ!」


ドタドタドタ
バタンッ
御刹那「ひいいー!」
ネーナ「うっさいわねぇ!!ドアは静かにあけなさいよ!」
御刹那「たたた食べられっ・・俺っ・・食べられちゃう!!」
ネーナ「は?何言ってんのよ。」
ガラッ
録音inデュナメス「どうした御刹那、例の亡霊にまたケツを狙われたのか?」
フェルト「でもニール、どこにも気配はしないよ。デヴァインさん達に結界はり直してもらったばかりだし・・」
ネーナ「そこの1人とガンプラ!いきなり不法侵入するんじゃないわよ!」
御刹那「うっうっ・・・・・・・あ、フェルトタソ///」
ネーナ「泣きながらホホ染めるなキモイ」バキッ

179 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/12(月) 19:14:29 ID:???
>>178
留美「御刹那〜##」
御刹那「ど、どうしたんだ留美タソ」
留美「御刹那のバカバカバカ!おたんこなすですわ!」ポカスカ
御刹那「痛い、痛いよ留美タソ」
留美「よくも私の誕生日の日をすっぽかしましたわね・・・!」
御刹那「あっ・・・わすれて」
留美「んま!御刹那ごとき分際でどういうつもりですの!?」げしげし
御刹那「ぎゃふっ。・・・愛が痛いぜ留美タソ///」
ネーナ「御刹那帰ってきて、なんだかんだでお嬢様嬉しそうだし・・・」
フェルト「この部屋涼しいねニール」
録音inデュナメス「冷房がよくきいてるな」
ネーナ「この人達はナチュラルにくつろいでるし・・・・」
録音inデュナメス「御刹那の料理は絶品だから楽しみだな♪」
ネーナ「食べていく気かい!!」


リボンズ「・・・・・」
リジェネ「なんだか楽しそうだねあの子たち。」
リボンズ「そうだね・・・・・」
リジェネ「ばかばかwwwwwリボンズ様のばかぁwwwwww邪魔が入ったせいで誕生日2人きりですごせなかったですわwwwwwこの甲斐性なしwwwwwwww」ポカスカ
リボンズ「ははは痛いよリジェネ」
ヒリング「リボンズ顔が笑ってないわよ」

180 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/12(月) 19:21:59 ID:???
>>177
刹那「終ってしまったなW杯…また四年後か」
ライル「それくらいのペースでやるから熱狂的なファンが多いんじゃねえか…
   多分五輪だって毎年やってたら誰も見ねえぞ……ま、ともあれスペイン優勝か」
アレルヤ「初優勝なんだよね。さぞかし嬉しいだろうなあスメラギさん…」
刹那「匙もルイスと朝から電話でやりとりしてたな。えらく興奮気味な感じだったが…」
アレルヤ「そういえばスペイン人だったね彼女。それにしても今日からゆっくり寝られるね」
ライル「ああ、正直時差の大きい国だとしんどいな……次はブラジルか…」
アレルヤ「それは我慢しなきゃ。日本も日韓大会や北京五輪の時はほぼ時差なく見れたわけだし」
刹那「ふぅ……これでアイツも醒めてくれるといいんだが…」
ライル「どうした急にため息なんかついて…アイツってブシドーか?」
アレルヤ「もしかして屋上でブシドーと特訓してた?よく見かけたけど」
刹那「ああ、漫画の必殺シュートの真似事をな……正直しんどい…」
ライル「はは…よくやるなあいつも……」
アレルヤ「今ちょうど甲子園の予選が熱い時期だよね……その手の漫画読ませたら……」
刹那「ちょマジやめれえええ!!」

秘書「最近ネットで話題になってる動画があるのですが…」つPC
イオリア「うむ……どう見てもうちのせっちゃんと居候のブシドーじゃな……」
秘書「はい。問題はこれが特撮や画像編集無しではないかと言われている事でして…
  専門家でもその真偽が分からないと……個人的には流石に編集しているのではないかと思いますが」
イオリア「うーむ…確かにティエリアやビリー君あたりは余裕で作れそうじゃが…
    だがブシドーと本気出したせっちゃんなら出来る気するわい……それに…」
秘書「それに?」
イオリア「せっちゃんが急激に体が締まって来ておる……ありゃ相当の代謝量じゃ」
秘書「あら、確かに……急激にやせましたね……」
イオリア「夏だからの……また秋にかけてリバウンドが心配だが……」

181 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/12(月) 19:50:56 ID:???
>>180
匙「高校野球が題材の漫画は割と無理な技はないですよね」
マリナ「義経さんの八痩飛びくらいかしら…他は魔球や打法くらいだものね」
匙「巨人の星はまぁ、別次元ですよね」
ポニテ「あぁ、そういえば『思いこんだら』というのを……」


刹那「……ダイヤのAやわたるがぴゅん!では入れないのか……」
眼鏡「名前が出るだけでも良くなった。もっと頑張るんだな」

182 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/13(火) 00:21:03 ID:???
スメラギ「勝った、勝ったスペイン無敵艦隊よ!もう今日は大サービスしちゃう!」ポロリ
カティ「クジョウ、ちょっとまて」
スメラギ「お客さんに大サービス!おっぱいの無敵艦隊よーっ!」ムギュッ!
客A「ひゃー!?」
客B「ひえーっ!」
ルイス「お、落ち着いてスメラギさん。嬉しいのはわかるけど」
カティ「うちはおさわりバーじゃないんだぞ!パトリック!」
コーラ「わかりましたカティ!酔っぱらってないでちょっと落ち着け!」
スメラギ「あ〜ら、炭酸君にも大サービスよ!」ムギュッ
コーラ「
スメラギ「今夜はどんどん行くわよ!ピンドン持ってきてーっ♪」

女狐阿鼻叫喚

コーラ「アレが無敵艦隊のおっぱい・・・・」
カティ「ちょっと店の裏に来い(怒)」

183 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/13(火) 11:51:40 ID:???
ライル「そろそろ飯にすっか」
アレルヤ「あ、僕は弁当があるから……」
ライル「あー、俺もだ。アニューが作ってくれてな」
刹那「俺もマリリンが」
アレルヤ「偶然って重なるんだね。あ、ソーマ・ピーリスが作ってくれたんだよ」
ライル「最近打ち解けてきたみたいだな?」
アレルヤ「うん。前よりは優しくなってるよ」
刹那「それでは、開けてみるか」

パカッ

アレルヤ「み、味噌カツ……かな?」
ライル「弁当に味噌カツって凄いな……」
刹那「(味噌……もしかしてアレじゃないのか…?」
アレルヤ「ロックオンのは……普通だね」
刹那「だし巻き卵に林檎とウィンナー、野菜…バランス良しだな」
ライル「半分は朝食の流用だけどな。ま、朝は忙しいからな」
アレルヤ「アニューさんも働いてるからね。…刹那は?」
刹那「あ、あぁ。マリリンの愛妻(キャッ)弁当に腰を抜かすなよ」
ライル「へいへい」

パカッ


マリナ「ふんふふん♪……あら?何故刹那のお弁当のおかずの箱がここに……?」

184 :避難所より転載:2010/07/14(水) 12:20:23 ID:???
ライル「うおっ兄さんどこだ!?」
ニールIN劉備ガンダム「こっちだ弟よ」
ライル「ちっさ!てか何でそんな姿なんだよ」
ニールry「アニューに頼まれてな。昨日1日店頭で買いにきた子どもに愛想を振り撒いていた」
ライル「…」
アニュー「ごめんなさいライル。今アニメやってるでしょう?新規の子にも親しんでもらいたくて、販促の協力を頼んだの」
ライル「ああ、そういうことか。でも部屋に帰ってきた時はいつものに戻ってくれよ。踏みそうで怖い」
ニールry「すまんすまん。体が軽くて動きやすいもんだから、つい」
○<ロックオン、ハロヨリ小サイ!
アニュー「明日はこっちをお願いしたいんですが」つ曹操ガンダム
ニールry「ああ構わないぞ。可愛い弟の彼女、俺にしてみれば妹同然からの頼みごとだからな」
アニュー「妹だなんて…(照れ」

185 :避難所より転載:2010/07/14(水) 12:22:12 ID:???
ライル「兄さん、その調子じゃ恋人いなかったんじゃないか?今もいないだろうけどさ」
ニールry「ほっとけ。大体、俺の好みは俺を包み込んでくれる年上の家庭的な女性なの。だからみんな俺の可愛い弟と妹だよ」
アニュー「お義兄さんより年上で、家庭的で…」
ライル「アニュー?」
アニュー「まさか、お義兄さんの好みってリンダさん!?」
○<不倫、不倫!
ニールry「いやいやいやいや!確かに好みの範疇だが、俺だって常識は持ってるから!イアンにもミレイナにも顔向け出来ないだろ!」
アニュー「そうですか…」
ニールry「それに、ライルとまた生活出来て、可愛い弟や妹がたくさんいる今に不満は全くない。死んでなお幸福者だよ、俺は」
ライル「兄さん…」
アニュー「お義兄さん…」
ニールry「二人ともそんな顔すんなよ。照れるだろ」
ライル「あ、ああ悪ぃ」
アニュー「じゃ、じゃあ夕飯にしましょうか。今日はビーフカレーです」
ニールry「お、旨そうだな」
ライル(三国伝でもそうだが兄さん、やっぱりどこで食事してどこに消化されてるのか俺には分からないよ…)


186 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/14(水) 16:34:43 ID:???
そろそろ七不思議の季節です。

マンション プトレマイオス七不思議

1.マンションのどこかにあるガンプラに供え物をするといつの間にか消えている。

187 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/14(水) 23:13:45 ID:???
ライル「曹操、劉備三兄弟、孫親子はガンダムなんだな」
アニュー「有名で出番が多いからじゃないかしら?」
ライル「それなら呂布こそガンダムに相応しい気もするがな」
アニュー「それもそうね……まぁ、ガンダムは主人公という考え方もあると思うわ」
ライル「最近はライバルにもガンダムは多いがな」


ブシドー「つまり、劇場版で私もガンダムに乗れる可能性があるという事だな!?」
ポニテ「君はフラッグ馬鹿なんだからガンダムに乗るという一線を越えちゃダメだよ」


もう劇場版のクランクインは終わったらしいね。
どんなストーリーなんだろうな。

188 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/15(木) 21:07:43 ID:???
刹那「ほんとだなあ、どんな話になるんだろう劇場版」
眼鏡「モノリスが出てきて君にたこ足型宇宙人になるか、スターチャイルドになるか決断を迫ってくる。
   困った君はモノリスの前でそこらに転がっていた骨を握り地面を叩き始める。
   そこに逃亡してきたレプリカントが乱入してきて・・・・」
刹那「オールドSF映画ファンみたいな予測だなあ」
眼鏡「最近面白いのが無いからな。G・イーガンでも読め」
刹那「いきなり難易度が高くなった」

189 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/15(木) 21:48:01 ID:???
>>186
女生徒A「もうすぐ夏休みだねー」
女生徒B「もう予定立てた?でも宿題多そうだし…」
女生徒A「そこはほら、ミレイナの写させてもらおうかなあって…」
女生徒B「あーなるほど…ミレイナなら楽勝だもんね♪」
ミレイナ「ぶー…ちゃんと自分でやるですぅ」
女生徒A「あはは…やっぱダメ?」
ミレイナ「はぁ…仕方ない…じゃあ最初の一週間は一緒に宿題をやるですぅ」
女生徒B「助かる!さすがミレイナは頼りになるわぁ……♪」
ミレイナ「そのかわりビッシビシ行くですぅ」
女生徒A「お手柔らかにお願いしますミレイナ先生♪あっ!そういえばどこで勉強する
    ウチはダメだわ……お姉ちゃんと相部屋で…」
女生徒B「うーん私んちもダメそう……ところでミレイナはどう?」
ミレイナ「今は半下宿状態だからダメですぅ」
女生徒B「それは以前聞いたけどさ……実家は留守なんでしょ?何の御構いも無くていいからさ、ね?」
女生徒A「うんうん♪私も以前からミレイナの家に行ってみたかったのよねー……あのマンションも」
ミレイナ「むー……(思考中)……やっぱりダメですぅ!図書館でやるですぅ」
女生徒AB「「えっー……いいじゃん減るもんでもないし」」
ミレイナ「///減るものなんですぅ!!(流石に自分の部屋は見られたくないですぅ……いろんな意味で」

男子生徒A「おい、ドリ子のマンション……知ってるか?」
男子生徒B「あーアレだろ。夜中に丑の刻参りの釘の音が聞こえるとか…最近は聞かなくなったなその話」
男子生徒A「そうじゃなくてよ……俺ん家実家寿司屋じゃねえか?俺もよく出前に行くんだけどさ……」
男子生徒B「で?」
男子生徒A「それがよ…行くたんびに丸っきり違うんだよ……フロアの構造が……」
男子生徒B「別にリフォームとか珍しくないじゃん…」
男子生徒A「バカヤロウ!一ヵ月かそこいらならまだしも一日でだぞ!?
     管理人に聞いてもお前と同じような事言われたけど……」
男子生徒B「不思議のダンジョンじゃあるまいし……いや待てよ…
     …確かに親戚の運送屋のおじさんがあそこはおかしいと言ってたような…」
男子生徒A「……だろ!?」

2.近辺で夜中に丑の刻参りの釘の音が……
3.訪れる度にフロアの構造が不自然に変化している!?

190 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/15(木) 21:57:19 ID:???
>>188
刹那「イーガンは難しい・・・」
眼鏡「仕方ないな、これでも見てろ」つロボ芸者

刹那「うわーっ!」
マリナ「きゃーーっ!」
匙「ええーーーっ!?」
ポニテ「これも革新の一つなの?」
ブシドー「ありえない!ありえないと言った!」といいつつ目は釘付け

眼鏡「刹那、劇場版で君はあの様に革新を・・」
刹那「ええーーーっ!?」

191 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/15(木) 22:03:41 ID:???
>>189
4.やけに理屈っぽいおかっぱ眼鏡の幽霊が出る
 まれに難しいエロゲの攻略方を教えてくれるがほんとに時々

192 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/15(木) 22:36:17 ID:???
マリナ「あら、大変…早く洗濯物取り込まなきゃ……」イソイソ
セラフィム「手伝うですぅ」
匙「ちょっと向うの部屋の雨戸閉めてきますね」
眼鏡「梅雨時ゆえに忘れていたが……やはり恐ろしいものがあるな」
刹那「何で急に我に返ったかのようにまともな事言い出すんだよ!」
ブシドー「む、私は冗談は嫌いだといった!失礼だと言っている」
ポニテ「何で君が的を得た事を言うたびに天気がおかしくなるのかねえ…」

クラウス「ひゃあひどい雨だね……雲一つ無い晴天だったのに……」
シーリン「この感じだといつもの通り雨になると思うわ」
クラウス「よく分かるね?」
シーリン「マリナが教えてくれたのよ。(私も俄かには信じられないけどね…」
クラウス「止んだ……しかしこの町はしばしば集中豪雨にみまわれるね」
シーリン「さあ、何故かしらね……それより見て…きれいな虹……」
クラウス「ああ…本当だ……」

5.マンション周辺がしばしば集中豪雨にみまわれる
 仮面の男との因果関係が噂されるが真相は定かでない

193 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/16(金) 01:51:10 ID:???
セツニャ「ニャ〜雨が激しいニャ〜」
マリリス「だいじょうぶ、みんないっしょだから…」
ハムドー「意外と怖がりなのだ」
セツニャ「お前らだって一緒にいるじゃニャいか!」

横になっているマリナの胸元に固まっている動物達。

マリナ「ん……怖いの?…大丈夫よ。私がついていてあげる…」
ナデナデ
セツニャ「んニャ〜〜ゴロゴロ」

194 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/16(金) 14:47:54 ID:???
>>192
6.マンション近くで蛍の大群を見る事が出来る。
 願掛けをすると受験、就職が叶ったり、病気が治ったりする

195 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/16(金) 22:47:29 ID:???
7.深夜、マンションの近くを通ると「ア◯ロ行きまーす!」、「俺がガンダムだ」
 「狙い撃つぜ!」という声が聞こえる。

196 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 01:50:57 ID:???
マリナ「最近奇声が聞こえるらしいわ。皆、遅くなる時は気をつけてね……」
刹那「あ、あぁ……」
ライル「だ、大丈夫ですよ」
リボンズ「む、寧ろペガサス流星拳で倒すさ……」
マリナ「それなら良いのだけど……」


刹那「地下で戦場の絆やってる時の声、漏れてるんじゃないのか?」
リボンズ「防音はしっかりしている筈なんだけど……」
ライル「まぁ、もう少し静かにするか」
刹那「あぁ」
リボンズ「しかし、いいだろう?このリアル全方位型コクピットは」
ライル「一年戦争の時の機体を使う時もこうなのはムードがないがな」
リボンズ「その辺は今改良中だよ」
刹那「………???」←分かってない

197 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 16:51:17 ID:???
>>196
刹那「この一年戦争のアム◯さんて凄いな」
リボンズ「え?」ビクッ
刹那「ガンダム史上初めてガンダムに乗った人だろう」
リボンズ「う、うん、そうだ・・いや、そうらしいね」
刹那「しかも最強のニュータイプ。俺が量子化しても勝てる気がしない」
リボンズ「はは、そうかい」
刹那「何喜んでんだよ?お前に事じゃないのに」
リボンズ「あ、いや、声が似てるからちょっと親近感わいて」
刹那「似てるか?じゃあ『父ちゃん、俺はやるぜ!』って言ってみろよ」
リボンズ「う、うん・・・」

ブリング「珍しく」
デヴァイン「リボンズの歯切れがわるい」プッ

198 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 17:25:20 ID:???
リボンズ「僕が一番ガンダムをうまく扱えるんだ」ボソ
ライル「なんか言ったか?」
リボンズ「なんでもないよ・・・」

199 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 17:27:40 ID:???
>>197
マリナ「刹那、アムロさんが乗ったガンダムは2号機って知ってるわよね?」
刹那「えっ?」
マリナ「プロトガンダムの存在もあったし、1号機もあるわ」
刹那「………マジで?」
マリナ「マジよ。ほら、ORIGINでもガンダムが2機あるでしょ?」
刹那「………本当だな」
マリナ「戦場で初めてガンダムを運用した、なら間違いではないわ」
刹那「………」
マリナ「もっとガンダムについて勉強してね?」
刹那「………ハイ」
マリナ「このマリナ・イスマイールとの約束よ……」
刹那「(`・ω・´)トウチャン、オレ、ヤルゼ!」

200 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 17:45:56 ID:???
ミレイナ「FE『紋章の謎』リメイクが出てるみたいですぅ」
マリナ「あら、懐かしいわね」
眼鏡「少し前には暗黒竜のリメイクも出ていたな。余り評判はよくなかったが」
ポニテ「紋章は確かマルス君が主人公だったかな」
ミレイナ「マルス様ならスマブラXにも出てるです。面白いですか?」
マリナ「FEの基本を作ったとも言える名作ね。リメイクはどうだか分からないけれど……」
ポニテ「変に弄らないで欲しいよねぇ。グラを今風にするだけでもいいのに」
マリナ「DQ4や5は名リメイクだったわね」
眼鏡「聞く所によると主人公かは分からんが、キャラを作れるらしいな」
マリナ「烈火の剣では軍師を作る事が出来たけどまた違うのかしら?」
ミレイナ「仲里衣沙さんが自分を作って戦わせてたですぅ」
ポニテ「彼女、実に良いおっぱいだよねぇ…ハァハ
匙「匙ニーパンチ。おめーはそれしか言う事がねーのかよ」
眼鏡「まぁ、もう少し待った方がいいな」
ミレイナ「ですぅ。それまで封印をやってカンを取り戻しておくですぅ」
マリナ「お嫁さんは勿論セシリア将軍よね」
眼鏡「ララムタソで決まりだろう?」
匙「実益も兼ねてスーさんでしょ」
ポニテ魂 < ソフィーヤさんかな
ミレイナ「何故誰ひとりメインヒロインなリリーナさんを推さないですか……カチカチ」



刹那「俺はニニアンがいいかな」
刹那様「ふっ。お子様だな。フィオーラこそ至高だ」
御刹那「ニノタソでいいじゃないか……///」
刹那様「……後日談がないだろうが」
御刹那「ジャファルなんてぼこぼこにしてやんよ。シュバババ」
刹那「死亡フラグですね、分かります」
御刹那「それよりお前、FEクリア出来たんだな。意外だ」
刹那「俺を馬鹿にしているのか?まぁ、ロード三人と爺さん以外全員死んだけどな」

201 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 20:33:34 ID:???
>>200
スメラギ「FE外伝……リメイクで出ないかしら」
刹那様「何気にマニアックな作品が好きだな……FEファンからも要望が高いらしいが」
スメラギ「FC版は結構やったわよ
    『暗黒竜』のDS版はSFC版で削除されたシューターの復活が嬉しかったわね」
刹那様「使うのかシューターを……」
スメラギ「えーオグマやナバールは強すぎんのよ。クセのあるユニットを使いこなしてこそのFEよ♪」
刹那様「……そうか。それにしてもDS版の売れ筋はFCの名作リメイクが多いようだな」
スメラギ「私もDQ4,5,6はやったわよ。PS版やってなかったしちょうどよかったわ
    仲間と会話できるって面白いわよね」
刹那様「ああ、DQシリーズ独特のの台詞回しは秀逸だと思うな」
スメラギ「ただ4なんだけど…第6章は頂けないと思うわ……」
刹那様「……うーん…悲劇だからこそという意見は分からなくも無いが…(俺は結構好きなんだがあの展開」

202 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 22:51:33 ID:???
ポニテ「ところで今日で梅雨明けしたみたいだねえ」
眼鏡「そのようだな。いよいよ本格的に夏到来か……」
セラフィム「夏休みですぅ♪」
匙「いいなあ…僕もちょっと学生に戻りたいや……しかし暑いよね早速」
刹那「ああ、セミも鳴き始めたな」
マリナ「日本はセミの種類が多いのね。鳴く時間帯や鳴声も違うからなかなか面白いわ」
ポニテ「ツクツクボウシの鳴声は忙しい感じがするねえ…この辺だとまだ早いかな」
匙「うん。あれは夏の終わりに鳴くイメージだよね…僕はひぐらしの鳴声が面白いと思うよ」
刹那「あー夕方カナカナ鳴くあれか」
セラフィム「某なく頃にのイメージがあってちょっと怖いですぅ…」
マリナ「確かにちょっと物悲しい感じね」
眼鏡「当然ながら地域によって鳴く時期もみな違うようだな。僕はミンミンゼミの鳴声が嫌いだ
  よけい暑苦しくなる……」
ブシドー「ハハハ…だが彼等もまた繁殖の為に必死なのだと言った」
匙「あ、そうか確か鳴くのは♂のセミだけなんだよね」
マリナ「成虫は十日くらいしか生きられないのよね」
ブシドー「まさに魂の求愛ソング!」
刹那「お前の口から繁殖とか求愛ソングだとか出てくるとは思わなかった」
ブシドー「うむ、我が家にも約一名必死なのがいるな……」
ポニテ「!……な、なんだい?何で皆して僕の顔見るんだよ……ヒヒヒーン!!」

203 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/17(土) 23:49:31 ID:???
戦場のヴァルキュリア2買ったら主人公が電池・・・もといアレルヤだった
ちなみに眼鏡はやっぱり眼鏡キャラの声を当ててた
アニューは対照的におっきいおppンアッー!

204 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/18(日) 00:07:05 ID:???
なん……だと…
ttp://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up453545.jpg


クラウス「君は変わらないね、シーリン」
シーリン「もうおばさんよ」
クラウス「女はいつでも若いものさ」
シーリン「ふふ、嬉しい事言ってくれるわね」

205 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/18(日) 18:38:55 ID:???
今日で公開までちょうど二ヶ月か…
ほぼ同時期にスレが二周年を迎える。
思えば遠くに来たものだ……



眼鏡「…と」カタカタ
刹那「おい、何してんだ?マリリンがそろそろ晩飯だって…」
眼鏡「ああすまない。今行く…(それにしてもなかなか進展が無いなこの二人も……この夏がチャンスだな…」

206 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/19(月) 00:31:16 ID:???
眼鏡「木星・・・となると無重力せ・ゴキッ!何をする!?」
刹那「俺とマリリンで卑猥な想像をするな!」<◯><◯>ボダボダボダ
眼鏡「そうだな。君にはまだハードルが高過ぎる」
刹那「そういう問題か!」<◯><◯>

リボンズ「いきなり無重力は二人に相応しくないと思うな」
リジェネ「今のヴェーダ経由で全イノベイドに伝わってないといいけど」
ヒリング「きゃっ////」
リヴァイブ「アニューとのリンクは切り離したいなあ」
ブリング&デヴァイン「「この情報の意味はなんなのだろう????」」
赤毛組「「「「「「「「「「「「「「「「????????????????????」」」」」」」」」」」」」」」」」」

207 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/19(月) 00:33:28 ID:???
無重力なら、スメラギさんやもこちゃんは肩が凝らなくていいじゃあないか
アニューさんやヒリングさんには関係ないですねHAHAHA

208 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/19(月) 02:27:10 ID:???
リボンズ「ご苦労様。久々の仕事だったけど、腕は鈍ってないみたいだね」
アリー「へっ。もっと依頼してくれても構わねぇぜ?」
リボンズ「そうだね。考えておくよ……今回は随分早かったね?」
アリー「あァ……あいつも一緒だったからな」
リボンズ「あいつ?」
アリー「ライル・ディランディだっけな……相当ブチ切れてたぜ」
リボンズ「(アニューはそれほど貧乳じゃないと思うんだけどね」
アリー「とりあえず、270だった物体は燃えるゴミに出しとくぜ」
リボンズ「頼むよ」

209 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/19(月) 13:03:45 ID:???
>>206
刹那「この夏はマリリンと旅行に行くぞ!まずは熊本に行って……」
リボンズ『熊本城は名城だよ』
ヒリング『九州なら太宰府もいいわねー』
ブリング『長崎ちゃんぽん』
デヴァイン『宮崎はやめておくことだな』
刹那「お前ら脳内計画に干渉してくるんじゃない!!」<◯><◯>

リボンズ「やっぱり夏ってのは気持ちも股も緩む季節なんだよね」
リジェネ「夏が明けたら清楚なあの子が金髪になってたりとかね」
リボンズ「よくある事。後は大人びてたりとかね」
リジェネ「一回やったからって大人びるも糞もないと思うけどね」
リボンズ「まぁね。……あの子達には温泉か、花火大会がいいかな?」
リジェネ「温泉はどうかな。暑いよ?」
リボンズ「冬にこたつでアイスを食べる奴のせりふとは思えないね」
リジェネ「おいしいんだもーん。まぁ、花火かな」
リボンズ「だね。
マリナ『花火は綺麗ね…大満開だわ』
刹那『ふっ。俺もマリナに花火を打ち上げてやろう』
マリナ『あっ…ダメよ…こんなとこ

ヒリング『エロゲ脳乙。もしかしてリボンズってチェ
ブリング『確かに花火大会の周辺は盛りまくった牡雌だらけだがな』
デヴァイン『その前にお刹那にそんな台詞が吐けるとは思えん』
刹那『ジジィィイイ!!何妄想してやがるッ!駆逐する!駆逐駆逐駆逐くちくちくち………
眼鏡『やれやれ。鼻血を噴いて倒れるか』
リボンズ「うるさいうるさいうるちゃーーーいっ!!!」<◯><◯>
リジェネ「wwww君、もしかしてチ
リボンズ「一刀殺!!」
リジェネ「のろいwwwwのろいぞwwwwwww」ヒョイ

210 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/19(月) 21:28:47 ID:???
>>208
巨乳派1「やっぱ巨乳だよな」
????「ところがぎっちょん!」

巨乳派2「おっぱいは大きいに限るよ」
????「狙い撃つぜぇ!」

スメラギ「何?今回の無差別テロの標的、まったく接点がない人物ばかりだわ。
     介入するべきかしら・・・」

ライル「テロじゃないんじゃないですか?」棒
ニールinデュナメス「弟よ・・・(涙)」

211 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 12:22:40 ID:???
>>208
>270だった物体は燃えるゴミに出しとくぜ

ブリング「これぞまさしく無差別テロ」
デヴァイン「とりあえず、>>270に避難勧告を出しておくか」

212 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 14:06:39 ID:???
御刹那「はぁ〜クーラーは天国だな」
紅龍「涼むのもよろしいですが、ちゃんと働いて下さいね」
御刹那「分かってますよ。あ、いらっしゃいませー!………むほっ!」
女子高生A「あっつー!(パタパタ」
女子高生B「紅龍さん、いつものよろしく!」
紅龍「畏まりました。サイダーとコーラですね」
女子高生A「はい!……ふぅ…天国だわー」
御刹那「うほっ!」
女子高生B「ホントホント。見てよー、汗でびしょ濡れ……」
御刹那「むひひひ……!」
女子高生A「あー透けちゃってるじゃん」
女子高生B「観測料でも取ろうかしら、あはは」
御刹那「透けた制服にうつるブラジャーはいいものだ……」
紅龍「御刹那くん」
女子高生A「股も蒸れちゃうわー(スカートパタパタ」
女子高生B「ちょっと!」
女子高生A「大丈夫だって。まわり誰もいないしー」
女子高生B「まー、そりゃそうだけど」
御刹那「壁に耳あり、障子に御刹那あり……赤か!」
紅龍「……御刹那くん?」
女子高生A「あっつー(プチプチ」
女子高生B「……あんたに彼氏は当分できなさそうね」
女子高生A「えー。なんでよー?(パタパタ」
御刹那「ビバ、生ブラジャー!略して生じゃー!」
紅龍「真紅龍拳!!」
御刹那「ちにゃ!!」
紅龍「覗いてる暇があったらさっさと持って行って下さい」
御刹那「ハイ……」

213 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 19:20:00 ID:???
刹那「ふぅ…終わった…さて帰るか」
アレルヤ「おつかれー。今日も暑かったねー……」
ライル「お前はそろそろ髪を切れ暑苦しい……兄さんに頼んどこうか?」
アレルヤ「えーいいよ…前にも言ったけど営業が上手くいってるからね
    ソーマ・ピーリスとゲンを担いでるんだ」
刹那「あーそういえばソーマも伸ばしてるな……きれいに揃えてるけど」
アレルヤ「……とにかく今のところは切る気は無いよ。大体ビリーさんだって」
ライル「ああ…あの人は何て言うかその…損してるよな髪型で……」
刹那「でも何度か切られたり引っこ抜かれたりしたけど何事も無かったように再生してたな」
アレルヤ「ビリーさんもただ者じゃないよね……ひょっとして君と同じ…」
刹那「いやそれはない多分……」
ライル「でもヴァンプ張りのあの再生能力は脅威だよな……ナノマシンでも内蔵してんじゃないのか?」
アレルヤ「それにこんな話すると近くにいたりするんだよね…意外とジャンパーだったりして」
刹那「お前等ゲームやアニメの見過ぎだろ……」
ポニテ「……やぁ。誰か僕を呼んだかな?」
刹・ラ・ア「げえっ!ポニテ!!」
ポニテ「おいおい穏やかじゃないねえ……君らの会社との共同プロジェクトでここに用があっただけだよ
   さ、一緒に帰ろうか…」

イオリア「ふむ……彼の遺伝子を解析すれば再びワシもふっさふさに…」
秘書「なりません。それによく見ると彼、後ろ髪はともかく額の生え際があやしいですね」
イオリア「……手厳しいのう」
秘書「客観的な意見を言ったまでです。でも髪の毛が薄くても魅力的な男性はいますよ……」
イオリア「そ、そうかの?」
秘書「はい。問題は容姿以上に清潔感だと思いますわ……
  (でもアレルヤさんはワイルドな感じが出てていいかも…」

214 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 20:01:25 ID:???
>>213
──帰り道

ライル「ところで今日から学生は夏休みなんだよな……いいなあ」
ポニテ「いいことばかりじゃないさ
   セラフィムちゃんも宿題終えるまで遊べないって言ってたよ」
刹那「そういえば夏休み明けで進級じゃ無いんだなこの国は…」
アレルヤ「多くの国が九月入学だったね」
ポニテ「もちろん例外はあるけどね。四月入学は日本独特みたいだよ」
ライル「まあ学生も学生で大変か……逆に早く大人になりたいと思ってたもんなガキの頃は」
ポニテ「そんなもんさ。それにしてもこの国の夏はホント暑いよねえ…」
ライル「ああ本当に…刹那は暑い国の育ちだから大丈夫なのか…」
刹那「いや、しんどい……湿度が……なあ、最近よく見るけどお前らが首に巻いてるの何?」
ポニテ「あれ、知らないのかい……中々いいよねコレ」
ライル「最初は男がスカーフ何てと思ったけどな。ちょっとお前みたいだろ刹那」
アレルヤ「案外君等の地域のターバンが開発のヒントになったかもしれないよ?」
ポニテ「それはあるかもねえ…大体素材と仕組みは解ったから君のサイズのも作ってみるかい?」
刹那「いや、いい……(これはマリリンの手編みだし…)でもそれ何ていうんだ?」
ポニ・ライ・アレ「「「!……ヒソヒソ……せーの…マジクール///」」」
刹那「ださっ!」
アレルヤ「まあ、確かにね…名前はね…///」
ライル「///言わせんな恥ずかしい」
ポニテ「まあ…日本人って何かとダジャレというか商標に言葉をかけるの好きだよねえ…
   コラントッテとか……」

215 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 21:46:40 ID:???
刹那「なあお前等。夏はやっぱりそれぞれ予定は立てているのか?」
眼鏡「当然だ。夏の祭典も近いからな」
セラフィム「宿題早いとこ終わらせて友達と映画やプールに行きたいですぅ」
マリナ「そうねえ私は……刹那が行きたい所ならどこでも♪」
刹那「あ、うん///(九州に旅行もいいけど…映画に海に……ああもう何処にいこうか迷うな」
ブシドー「そうだな…御盆休みは私も取りたいと言った」
刹那「大丈夫なのか?」
ブシドー「大分人手も増えてきた……もちろん彼等にも休みはとらせるが」
眼鏡「ああそういえば…最近赤組を雇ったようだな」
ブシドー「うむ。どうしても一人では手が回らないのでな」
匙「僕もルイスもお盆は休みだからどこか旅行に行こうと思ってるよ。まだ未定だけど
  それよりも先ずは姉さんだな……」
刹那「ああそうか明後日誕生日なんだっけ……」
匙「帰国してからも忙しいみたいでさ、中々連絡が取れないんだまめにメールは出してるけど」
眼鏡「返事は?」
匙「中々来ないんだよね…答えも僕とルイスの話ばかりだし(後ブシドーも少し)…そのくせこちらがスルーすると……」
刹那「かなり面倒だなお前の姉さんも……」
ポニテ「誕生日!?……あーーー!!そういえば忘れてた!!」
刹那「なんだよ急に大声出して……」
ポニテ「そういえばその日は叔父さんの誕生日だった……」
ブシドー「まさか忘れていたのか?」
匙「別にいいじゃん行って来れば……」
ポニテ「実はさ…叔父さんに今つきあってる人を紹介するって言っちゃった……」
匙「匙キック。大見得張るからいけないんだろ…」
ポニテ「だってさあ、そうでも言わないとまたお見合いを押し付けられるし…
   あ、そうだマリナさん一日だけ
マリナ「い・や・よ♪」ニコニコ 
刹那「#そーだそーだ!自分で何とかしろ!」
ポニテ「
ブシドー(弟子に頼めばよいではないか……一応頼んでおくとするか)

216 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 23:03:13 ID:???
ピリリリ ピリリリ

模型子「くかー…くかー……」

[作りかけのジャブロージオラマ]

ピリリリ ピリリリ

模型子「すー、すー……」


ブシドー「むぅ……出ないな…何をしているのだろうか?」

217 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 23:05:19 ID:???
お刹那にぷれぜんつ
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima066861.jpg
ttp://sukima.vip2ch.com/up/sukima066862.jpg

218 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 23:07:22 ID:???
>>217
おい、ここは通常い・・・ふぅ。
お刹那くんには見せられないから僕が回収しておくよ。

219 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/20(火) 23:13:26 ID:???
リジェネ「そういえばさ、今年も立つんだっけガンダム?今度は静岡なんでしょ?」
リボンズ「もう立ってるよ。一応一般公開は24日だね」
ヒリング「でもさ、去年お台場に立ってたのと同じなんでしょ?」
リボンズ「違うよ…今回はビームサーベルを持っているのさ。それに今回は一年間近く公開されるのさ」
ヒリング「ふーん…ブシドーが見に行くなら私も行こうかな///」
リヴァイヴ「等身大といえば某富士Qに等身大ヱヴァが公開されるみたいですね…公開は23日ですか」
リボンズ「フン…お株を奪おうたってそうはいかないよ…大体あちらは胸像じゃないか。それに元々ノンスケール設定だろうアレ
    等身大っておかしいんじゃないのかな?」フンフン
リヴァイヴ「……そうムキになられても…」
リジェネ「張り合わない張り合わないwww」

デヴァイン「ガンダム以降横浜に等身大スコープドッグ、大阪に等身大鉄人28号……去年も等身大○○が続いたな兄弟」
ブリング「そのうち等身大SD−1や等身大伝説巨人が立つかもしれん」
デヴァイン「スケール的にみてそれは無理だろう兄弟」

220 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/21(水) 00:01:13 ID:???
スメラギ「ねえねえ、ちょっとこの記事読んで見て♪」
カティ「何々……フィンランド付近のバルト海の沈没船から世界最古のシャンパン発見か…うーん…」
コーラ「…へぇ、面白いですね。子供の頃読んだタンタン(フランスの漫画)でこんな話あったかなあ…」
ルイス「確かラム酒でしたよね。海賊のお宝を探してて」
コーラ「そうそうそれ♪」
カティ「しかしだな……現実的に考えると…」
リント「とても飲めた代物ではないでしょうね。アルコールは酸化して酢酸に変化しますし…」
コーラ「あーそういえば…ルパン三世でもキャッツアイでも百年物ワインが飲んだら駄目になってましたね」
スメラギ「でも引き上げたダイバーもその後鑑定したソムリエも味も状態も最高の逸品って言ってるわよ」
小熊「確かにバルト海なら年間を通して水温が低いですよね……もしかしたら」
スメラギ「でしょ?それに海水の透明度は低めで日当たりは悪かったって…それに空気には触れてない訳だし」
カティ「ふむ…確かに記事にはそう書いてあるな……少なくとも嘘では無いか……」
リント「1780年代……230年物ですか……」
コーラ「フランス革命前後ですね……」
小熊「30本ほど見つかって価値は最低でも1本560万は付くだろうって…」
ルイス「まさに宝探しですね……」
スメラギ「でしょ♪それにしても一本欲しいわよねー…誰か顧客で落札してくれる人いないかしら」
カテ・炭酸・リン・ルイ・小熊「「「「飲むんかい……」」」」
スメラギ「えーそりゃ飲むわよ…何で?」

221 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/21(水) 16:59:25 ID:???
イオリア「皆、よくがんばってくれた。このご時世にボーナスを出せる事を私自身も喜ばしく思う」

ライル「おーやったぜ!」
アレルヤ「マリー!」
刹那「・・・(基本はもらえるだろうけど俺は業績加算が・・ん?」
イオリア「どうしたね?せっちゃん意外そうな顔だな」
刹那「いえ、今期俺想像してたより、なんか・・」
イオリア「例はティエリア君に言いたまえ。ヴェーダ経由のタッグ見事だったぞ」
刹那「あーっ!ティエリアの奴がヴェーダ経由で仕事ふってくるから嫌でも仕事する事に」
眼鏡「(どうだ僕のおかげだ、感謝のついでのこのゲームを買ってくれてもいいぞ)」
刹那「のあー頭に直接語りかけてくるんじゃねー!」<◯><◯>
マリナ「(ありがとう、刹那。今日はご馳走ね!)」
眼鏡「(とマリナさんから伝言だ)」
刹那「むううこのSOHO野郎)」でもちょっと嬉しい


222 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/21(水) 21:06:44 ID:???
>>221
意外と仕事してたのな、お刹那さんw (一応)一家の大黒柱だけのことはある!

223 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 03:26:44 ID:???

            _o_
         _,,..,, (_(
        ./ ,' 3(_(ヽーっ
        l   ∩ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''"


224 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 12:23:17 ID:???
>>223
マリナ「刹那ってばまたゴロゴロしちゃって…もう、また太っちゃっても知らないわよ」
刹那「だ、大丈夫だって、このくらいなら…」
匙「いや、既に見た目がまるで別物なってない?」

225 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 13:47:26 ID:???
>>223
刹那「ちょっと横になって本読んでただけなのに」
眼鏡「僕にまかせろ。刹那仕事だ」<◯><◯>
刹那「うわあああーーーっ!」<◯><◯>
眼鏡「この程度の仕事量で大げさな」<◯><◯>
刹那「違う、ティエリア、送信するフォルダ間違って・・・」ブシャーーーーーッ!ガクッ
眼鏡「あ・・・すまん、エロゲの特にハードなの誤送信してしまった」
マリナ「まっ、お掃除はティエリアさんよ」
ポニテ「どんな内容なの?」コソ
匙「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、匙天誅!」
ポニテ「そ・ん・な、僕はショッカーじゃな・・」ガクッ
眼鏡「ある意味ショッカーではあるな」
匙「妙なもん開発するしね」

226 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 17:41:11 ID:???
匙「じゃあ行って来ます。今日は帰りが遅くなると思う」
ルイス「ちょっと沙慈、後ろ髪変な感じに跳ねてるよ」つナデナデ
匙「大丈夫だよ少しくらい……姉さんの誕生日パーティに行くだけだし……」
ルイス「私がヤなの。それに仕事柄お姉さんそういうのうるさいでしょ…
   じゃあマリナさん今度一緒に浴衣選びに行きましょうね♪」
マリナ「はいはい。じゃあ二人共気をつけてね♪」
刹那「匙の奴完全に尻に敷かれてるな……その上あの強烈な姉さんと板挟みじゃ…リア充と言えるのか」
マリナ「そうかしらとっても幸せそうよあの二人……ほら手なんか繋いじゃって」
刹那「ホントだ……と思ったらいきなり飛び蹴り炸裂した……何してんだあいつ等」
マリナ「……あ、ほら、よく言うじゃない。喧嘩するほど仲がいいって……多分」
刹那「そういうものなのか?……で、こいつは何部屋の角で震えてるんだ?」
ポニテ「
マリナ「それが……叔父様の誕生パーティに行きたくないって……どうしたのかしら」

227 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 17:45:13 ID:???
>>226
ブシドー「今戻った!さあカタギリ。司令の誕生日会に向かうと言った!」
刹那「お前…その仮面にタキシードは何というか……」
ブシドー「むっ!?その声…もしかして少年か……何と面妖な……」
刹那「気付いたらいつのまにかこうなってたんだよ……GN粒子の影響か?」
眼鏡「そんな症例は聞いた事が無い……まあそのうち元には戻るだろうが…」
マリナ「そうね。今まで刹那を見れば少しくらいの事では驚かないわ」
刹那「いいのかそれで……」
マリナ「それより…どうするのビリーさん…」
ポニテ「……悪いけど熱を出して寝込んでるとでも言っといてくれないかな…
   …ああこんな事なら見栄張らなきゃよかった…」
ブシドー「フッ。そんな事もあろうかと……入るがいい……」
模型子「あ、あの……こんばんは///」
ポニテ「!……も、もこちゃん!?」
模型子「事情は師匠から……私なんかでポニテさんの顔が立つのなら…」
ポニテ「ととととんでもない……でも本当に……いいのかい?」
模型子「またジオラマ作りを手伝ってくれるって師匠から…」
ポニテ「(やっぱり……)も、もちろんだとも!」
模型子「本当ですか!?うれしいっ♪」ムギュ
ポニテ「/////」1up1up1up1up1up…
ブシドー「ンンッ……さあ急いで着替えて来るがいい」
ポニテ「あ、ああ…ちょっと待ってて……」

228 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 18:06:39 ID:???

   セツニャ
    ↓
               _
            /´   'フ、
            i '/ゝ  ´ ,!
           .ヘ'  _,  r 彡
          /  `ミ __,xノ゙、
.         /        i
         ,'    .     ,'
        ;     ',  l  l
        i       |.  | |
      ,.-‐!     ミ  i i
     //´``、    ミ  、 ー、.  _,,..,,,,,,_
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´ . / ,' 3  `ヽーっ
     ヽ.ー─'´)          l   ⊃  ⌒_つ
      `"""´           `''ー---‐'''''"

                 _
               /´  `フ
         , '' ` ` /      ,!
.        , '      レ   _,  rミ
        ;          `ミ __,xノ゙、 ソー
        i     ミ   ; ,、、、、 ヽ、
      ,.-‐!       ミ  i    `ヽ.._,,))
     //´``、     ミ ヽ.    _,,..,,,,,,_
.    | l    ` ーー -‐''ゝ、,,))  ./ ,' 3  `ヽーっ
     ヽ.ー─'´)          l   ⊃  ⌒_つ
      '''''''''            `''ー---‐'''''"

   、ヾ'"'';          /ゝ
   ミ  彡    wWw _/´  `ヽ  ビクッ!
   ミ  彡  、ヾ   ヾ/      ,! Σ
.   ミ  ミ  ミ      ゝ   o,  oミ
    ミ ミ ミ         `ミ __,xノ゙、
    ミ  ミ ミ     ミ     ヽ.._,,)))
    ヾ、  !       ミ  i
     ´"'`、     ミ ヽ.     、ゞヾ'""''ソ;μ,
.        ` ーー -‐''ゝ、,,))   ヾ  ,' 3    彡   ブワッ
                    ミ        ミ
                     彡        ミ
                     /ソ,, , ,; ,;;:、ヾ`



229 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 18:15:33 ID:???
眼鏡「しかし何だ…そのパーティドレスは気合が入ってるというか何というか…」
ブシドー「うむ。実は……」
模型子「スメラギさんが貸してくれたんです。私、こういう衣装持ち合わせが無くて……」
刹那「スメラギが!?」
ブシドー「躊躇していた所唐突にスメラギ殿が現れて…カタギリには言うなと言われたが」
眼鏡「よく分からんな彼女も……」
マリナ「……私は少し分かるわ」
ポニテ「お待たせ♪じゃあ行こうかもこちゃん…(キリッ」ミつスッ
模型子「あ、はい///」つニギリ
ブシドー「時間が無い。急ぐと言った!」

刹那「ふぅ…ホント調子いいなポニテの奴……」
眼鏡「ああ、匙が出た後で本当によかった…」
マリナ「ところで今日は晩御飯は三人ね。去年もそうだったかしら」
刹那「あ、そういえば…ところでセラフィムさんは?」
眼鏡「今日はイアン達が帰って来ている」
マリナ「まあそれはよかったわね♪」
刹那「ところで俺、いつまでこの姿なんだ?」
眼鏡「知らん。明日の朝には戻るだろう」
刹那「んないい加減な……この格好じゃ会社にも……」
マリナ「あら?なかなかその姿もかわいいわよ♪……ところでコレ着けてみてくれる?」つネコミミ
刹那「マリリーン……鼻血出てる……」つフキフキ
眼鏡(ダメだこの二人……これでは僕も出掛けて二人きりだとしてもどうにもならん……)

230 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 18:49:10 ID:???
ポニテ「まだ始まってはないみたいだね」
模型子「あ、あわわ…あそこにいるのは合衆国大統領に、アロウズのお偉いさん……」
ポニテ「ん。あぁ、叔父さんはかなり顔が広いからね」
模型子「わ、私そんな所にいちゃっていいんでしょうか……gkbr」
ポニテ「別に良いんじゃないかな」

リボンズ「何やらカップルの匂いがするから潜り込んでみたよ」
リジェネ「犬みたいだね、リボンズ。流石カプ厨!」
リボンズ「はははぶちころすぞー」
ヒリング「んんー!美味しっ!イカはないのかしら?」
ブリング「ホーマー氏は日系人だから出て来るかもしれないな」
デヴァイン「ふむ、美味い」
リボンズ「皆、余り離れないようにねー」
皆「「「「はーい」」」」

231 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/22(木) 18:57:25 ID:???
>>228
和むわぁ〜可愛えぇわぁ〜

232 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/23(金) 08:10:18 ID:???
マリナ「おはよう…あら、元に戻ったみたいね。よかったわ」
刹那「おはよう。うーん…なんだったんだろうアレは……ところであいつ等は…ティエリアはまだ寝てるだろうけど」
マリナ「みんな夜遅くに帰って来たみたいよ。ブシドーはもう朝ご飯食べて屋上に行ったけど」
匙「おはよー……あれ、なんだ元に戻ってるじゃん」
刹那「なんだとはなんだ。それより昨日はどうだったんだ」
匙「そりゃ楽しかったさ当然…それより残念だなあ…ルイスが今度モフモフさせれって……」
刹那「#俺はマスコットじゃない」
マリナ「ふふ、怒らないの。でも本当にふわふわでいい触り心地だったわ……あれで猫耳がついてれば……」ボタボタ
刹那「マリリーン……」つフキフキ
匙「ところでポニテは?模型子さん来てくれたんでしょ?」
マリナ「それが…そのまま模型子ちゃんの家に泊まるって」
刹・匙「「マジで!?」」


模型子「昨日はありがとうございました///」
ポニテ「///い、いやそんなそれより叔父さんに色々話しかけられてたけど……大丈夫だった?」
模型子「あはは…最初はその…背が高くてびっくりしたけど……気さくで素敵な叔父様ですね」
ポニテ「そ、そうかい…それはよかった……それはそうといったん休んだほうが……」
模型子「ダメです。納期まで時間が無いんですから…ほら、手が止まってますよ」
ポニテ「あ、ああゴメン…(トホホ…すっかり約束忘れてたよ……叔父さんと何話してたんだろ?」
模型子(……叔父様…ポニテさんの事全てお見通しでしたよ。それよりどうしよう…ビリーを頼む…だなんて…////)
ポニテ「……顔、赤いよ…やはり少し休んだ方が……」

233 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/23(金) 09:25:35 ID:???
ホーマー「おぉ、ビリー!きちんと来たようだな」
ポニテ「あ……叔父さん、誕生日おめでとうございます」
ホーマー「うむ、ありがとう。……その子は?」
模型子「わ、わわわわ、私、も、も、模型子ともももモウします!」
ポニテ「そんなに緊張しなくていいよ」
ホーマー「む?一緒にいる所を見るとビリーの知り合いか?」
ポニテ「は、はい」
ホーマー「あの女の人はどうしたのだ?確か結婚を
ポニテ「わーわーわー!」
ホーマー「………」
エイフマン「おぉ、カタギリ君!」
ポニテ「教授!」
エイフマン「久しぶりじゃのう。ちょっと話でもせんか?」
ポニテ「あ、はい。では、叔父さん。すみませんが……」
ホーマー「別にいい。ちょうどこのチャーミングなお嬢さんと話がしたくてな、ハッハッハ」
模型子「チ、チャーミングだなんて……///」
ポニテ「………(大丈夫かな…」


ホーマー「そう固くならんで構わんよ」
模型子「は、はい」
ホーマー「そうだ。料理は食べたかな?まだなら取ってきてあげよう」
模型子「あ……お、お構いなく……」
ホーマー「遠慮しなくていい」
模型子「では……」
-------
ホーマー「それで。君はビリーの何なのかな、お嬢さん?」
模型子「(カタギリ?ポニテさんの名前かな?)え、あ、わ、私は……ぽ、ポニテさんのい、いいい……」
ホーマー「……良い友達、だろう?『今』は……」
模型子「い、いえ!け、けけけけ……」
ホーマー「隠さなくても構わんよ。どうせあいつの事だ……結婚相手のふりをしてくれ、と頼まれたのだろう?」
模型子「!い、いぇ…決して…そんな事は…」
ホーマー「今までもそうだった。今回いきなり連れてくるはずがない。
     それに、ビリーの君に対する態度は嫁に対するそれではなかったからな」
模型子「(それはつまり、ポニテさんは私の事を………」
ホーマー「ン…だが、それほどの事を頼む人だ。よほどの信頼と好意を得ているようだね」
模型子「あ、はい(厳密には師匠が頼んできたんですけど」
ホーマー「あの馬鹿は年甲斐もなく夢見がちだが……悪い奴ではない。
     ……ビリーの事、よろしく頼む。あれは私の自慢の甥だ」
模型子「!………はい!」


模型子「ニヘヘ……」
ポニテ「どうしたの?」
模型子「あ、思い出し笑いです。ふふ」
ポニテ「?変なの」

234 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/23(金) 21:12:44 ID:???
刹那「ただいま。いやー今日も暑かった……」
マリナ「お帰りなさい。先にお風呂にする?」
刹那「ああそうするよ。……ところでポニテは?」
眼鏡「まだ帰ってきてないな。……これはひょっとして……」
匙「無い無い。だってクソポニだよ?」
ブシドー「先ほど完成したと弟子からメールがあったと言った…
    …うむ、かっこいいなあVダッシュ……」
匙「本当にガンプラ馬鹿だよねブシドーは…」
刹那「あ、そういえば俺も予約しといたRGガンダムは?買っておいてくれたか?」
ブシドー「それが明日でなければダメだとアニュー殿が…
    弟子か店長殿ならフラゲ出来たのだが……」
匙「ああ、なるほど…明日の等身大ガンダムの公開に合わせてだね」
マリナ「それ以前にガンプラ第一号の1/144ガンダムの発売日だったのよ」
ブシドー「うむ、流石だな」
眼鏡「それより明日はどうする?去年も見たといえばそうだが」
匙「向う一年近く展示されてるんでしょ?あせって行かなくても」
刹・ブシ「「行くったら行く(と言った!!」」
マリナ「ふふ、そう来ると思ったわ」ニコニコ
眼鏡(それよりポニテは……大丈夫なのか?)

235 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/23(金) 21:18:42 ID:???
ポニテ「///おまたせ……待ったかい?」
模型子「いえ///私も今出たところで……すみません…部屋のお風呂じゃ狭くて…」
ポニテ「いやあそんな…銭湯も中々いいよねえ……以前も何度かみんなで行ったよ…」
模型子「そうなんですか。私も先輩と仕事帰りにここによく寄るんですよ」
ポニテ「しかしお腹減ったねえ…一旦戻ったら何か食べに行こうか?」
模型子「あ、それならおすすめの洋食屋さんがあるんです♪」
ポニテ「おっいいねえ。じゃあ今日は僕がおごるよ」
模型子「わーい♪」

アニュー「中々いいムードね……」
ライル「尾行はちょっとやめとこうぜ…二人共大人なんだし」
アニュー「だってあの二人お互い押しが弱いんだもの……」
録音inVダッシュ「今回はライルの意見に賛成だ。ま、気になるのは分かるけどな」
アニュー「わかったわ……」
ライル「でも兄さんもフェルトとどうなんだよ?最近あの娘よく家にくるじゃんか」
録音inVダッシュ「うーん…フェルトは妹みたいなもんだからな……」
アニュー「お義兄さんもそこはハッキリ伝えないと……かえって傷つくわよ」
録音inVダッシュ「もう何度も言ってるさ。それでもいいって言うから……」
ライル「基本世話焼きだからな」
アニュー「一途って言いなさいよ」
録音inVダッシュ「まあ、あいつのサポートのおかげで色々助かってるし…正直パートナーとしては認めてるよ」
ライル「ホームズとワトソン…いやどちらかというとC.Hみたいなもんか…」
アニュー「探偵や便利屋にパートナーは付き物だしね」

236 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 00:39:49 ID:???
さてポニテたちはどのジオラマを作ったでしょ〜か?
1 ザクに撃破されるRX-78-1
2 ガンダム大地に立つ
3 VガンダムED「WINNERS FOREVER-勝利者よ-

237 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 01:13:50 ID:???
4.各コロニーのガンダムファイター達が集合
5.CBVS木星軍
6.「私は帰ってきた!」


238 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 12:25:58 ID:???
マリナ「明々後日は土用の丑の日ね」
眼鏡「言っておくが土曜の丑の日ではないぞ」
マリナ「やめて……恥ずかしいから……お願い」※昨年間違えた経緯あり
眼鏡「(録音。良い声が取れたな」
マリナ「明日あたり皆で食べに行きましょうか」
匙「この家の皆は夏バテはなさそうですけどね」
刹那「マリナの料理がしっかりしているからだ」
マリナ「ふふ、ありがとう」

セツニャ「ウナギ食べたいニャ〜」
ハムドー「相変わらず食いしん坊なのだ」
マリリス「おっきいからたべきれなさそう……」
ティエラビ「エクシアに頼んでハママツまで行ってみるか?」
セツニャ「ハママツ?」
ティエラビ「ウナギで有名な所らしい。きっと僕たち用のウナギもあるはずだ」
セツニャ「いくらなんでもそれはニャいだろ」
マリリス「ハママツ……がんだむみにいきたい……」
ハムドー「そういえば今原寸大が飾られてるのはあのあたりだったのだ!」
セツニャ「いざ行かん、ハママツへ!だニャ」


マリナ「セツニャ〜ご飯よ〜セツニャ〜〜?」
『肉球の印がいくつも押された紙がある……』
マリナ「なにかしら、これ?猫も手紙を書くのかしらね、ふふ……セツニャ〜」

239 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 22:32:18 ID:???
>>238
セツニャ「……というわけニャ」
エクシア「へーおもしろそうね……じゃあいってみましょうか♪」
ハムドー「わーいなのだ♪」
ティエラビ「安全走行で頼む」
マリリス「わくわく……」
アンドレイ「中々楽しそうだクマー…仕事がなければ俺も行きたいクマ」
カミーユ「……僕はいい……暑いし…」
マスラオ「ここなら幾らか涼しいし…」
アマテラス「それにここから遠いよ静岡。以前ご主人と一緒に行ったけど」
ハマーン「悪い事は言わん……やめておけ」
セツニャ「何でニャ?蛇のおばちゃん」
ハマーン「おば……まあいい、お前たちだけならまだしもその女も一緒に行くのだろう?」
エクシア「ええ。この子達だけじゃたどり着けないし……」
ハマーン「物分りの悪い……お前や私、それにそこの熊などが人間の前に現れたらどういう反応を示す?」
エクシア「あ……でもでも何度か外に出たことあるし私……」
ハマーン「この町の人間達は別だ。それに現場は酷い人込みだと聞いた…
    そこのチビ共では危険だ……」
カミーユ「……残念だけどハマーンの言う事が正しい…今回はあきらめよう。なに、今年中はチャンスもあるさ」
エクシア「うーん…ごめんね…力になれなくて…」
セツニャ「いやいやありがとニャ…仕方ないニャ…」

240 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 22:34:43 ID:???
>>239

アレルヤ「ん?ちょっと来てソーマ・ピーリス……動物達が……」
ソーマ「いい加減フルネームで呼ぶのは……ん…これは……アンドレイに事情を聞いてみよう」

ソーマ『クマー?』
アンドレイ『ガウガウ……ウオーン…』
アレルヤ「どういう会話だよ……」
ソーマ「……なるほど。大体事情は飲み込めた……アレルヤ、アーチャーアリオスは出せるか?」
アレルヤ「?……うん。すぐにでも……」

ソーマ「……静岡まではどれくらいだ?」
アレルヤ「安全航行でも10分弱で着くかな?それより何で急に…」
ソーマ「私もうなぎパイが無性に食べたくなった。よし、すこし窮屈だが我慢しろよお前達」
セツニャ『了解ニャ♪』
ティエラビ『まさか予備のパイスーにまとめて放り込まれるとは……』
ハムドー『でも意外と快適なのだー』
マリリス『後でママにしかられるかな……でもやっぱりみたいながんだむ♪』

241 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/24(土) 23:44:29 ID:???
マリナ「あら、おかえりなさい。どこ行ってたのあなた達…あまり遠くまで行かないのよ」
セツニャ『よかった…そんなに時間たってないみたいニャ』
ハムドー『あっと言う間だったけどよく見れたのだ。すごいのだー』
マリリス『うん…楽しかった』
ティエラビ『ある意味上空から見れたのは正解だったな。あの人込みでは僕達では一たまりも無いだろう』
ハムドー『それにしてもみんなぼくたちに気付かないのだー』
マリリス『こーがくめいさいってお姉さんはいってたわ』
セツニャ『ハマーンの言う通りだったニャ。それにしてもウナギ食いそびれたニャー……』
ティエラビ(二人はいったん降りてみやげ物を見ていたようだが…)
マリナ「?…どうかしたのあなた達……」
ピンポーン♪
マリナ「あら…誰かしら……あらソーマちゃん、どうぞ上がって♪」
ソーマ「お邪魔します姉様」

マリナ「そう、静岡の方に……ガンダム見れた?」
ソーマ「やはり予想通りの混雑でしたね…それに駐車場がないみたいで…」
マリナ「そうなの…車で行くのは避けた方がよさそうね」
ソーマ「ああそういえばこれ、つまらないものですが…」
マリナ「まあ…鰻……ありがとう…美味しそうね」
ソーマ「明後日が鰻を食べる日だと聞いて……」
セツニャ『ニャ!?もしかして……』
ソーマ(ふふ、後は上手くおこぼれを分けてもらえよ……)

匙「結局初日には行かなかったね」
刹那「まあ落ち着いて考えたらまだ時間あるし……」つパチンパチン
眼鏡「アレルヤ達に下見をしてもらったのは助かったな。車は今は避けた方がよさそうだ」
匙「行く当日は久々に電車の旅になるね……って聞いてんのかよお前等」
ブシドー「うむ、素晴らしいなあRGガンダム……まさに待ったかいがあったと言うもの!」つパチンパチン
刹那「あの分だと即日完売だな。予約しといてよかった…それにしても部品多いな…」つパチンパチン
ブシドー「PGに比べればどうということはない。サイズ的にはこの1/144くらいが好きだと言った」つシュッシュッ
刹那「同感だ。PGの迫力も捨て難いが……来月のアレも楽しみだな……」つシュッシュッ
ブシドー「うむ。みなまで言わずとも分かるぞ少年……」つパチンパチン
匙「ダメだこりゃ……」
眼鏡「ああ……それにこちらも…」
匙「うん…重症だね……」
ポニテ「デヘヘ……模型子ちゅわーん////」デレデレ

242 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/25(日) 13:15:19 ID:???
リボンズ「ふぅ。流石グッドマングループ。特上のうなぎだね」
リジェネ「うなぎうめぇwww」
ヒリング「あたしはやっぱイカかなー。うなぎもいいけどね!」
ブリング「うなぎが実に柔らかく、脂肪がふんだんについているな」
デヴァイン「あぁ。肝吸いもうまい」

良男「はい、はい……えぇ!?特上うな丼108人前!?
   …いえ!時間通りに届けてみせます!では」
ガチャ
良男「よーし。腕がなるわ!おっと、兄弟達の手も借りなければな。ジーコロジーコロ」

リボンズ「量産型の分も今頼んだよ。すぐに持ってきてくれるとさ」
( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)流石だよなリボンズ様
( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)うなぎ食べたいよな
( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)トランザムトランザムトランザムトランザムトランザム

243 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/26(月) 17:59:26 ID:???
ネーナ「ウナギって本当に美味しいですねお嬢様」モグモグ
留美「このひまつぶしというのもなかなか美味しいですわ」モグモグ
ネーナ「……ひつまぶしですってお嬢様。ところで中国でもウナギは食べるんですか?」
紅龍「勿論。広東料理ではなかなかのご馳走ですよ」
留美「でもこんなに食べやすくは無くてよ。欧米でもパイにして食べるわよね」
ネーナ「へー……そういえばあんたのとこはどうなの御刹那?」
御刹那「俺のところは戒律で食べないよ。鱗の無い魚はダメなんだ」
ネーナ「ふーん…豚肉とお酒だけじゃないんだ……厳しいわね」
御刹那「でも俺は豚肉もお酒も無問題だお♪」
留美「そういえばそうね……」
ネーナ「ナマグサねー……」
御刹那「この世界に神なんていない(キリッ)それにお刹那の奴だってホットドッグ大好きじゃん」
ネーナ「あ、そういえば……」
紅龍「郷に入りては郷に従えですか……」
留美「別によくてよ…その土地の食文化をよそ者が否定するのは傲慢と言うものよ…」

244 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/26(月) 18:23:21 ID:???
ブシドー「うまいうますぎると言った!おかわりを所望する」
マリナ「はいはい。まだありますからおかわりしてね」
ポニテ「やっぱり鰻は天然物が最高だねえ。本当にアレルヤ君達に感謝だね」
匙「何気に初めて食べた…確かに全然違うんだね……」
眼鏡「僕は皮の部分だけはどうも苦手だ……お前にやる」
刹那「キレイに皮だけよこすなよ……鰻なんてここに来るまで食べた事無かったな……こんなに美味しいなんて」
マリナ「私もよ。最初は抵抗あったけど……」
匙「そういえばいつから日本人は鰻を食べるようになったんだろう?」
ポニテ「既に縄文時代から食べてたみたいだよ…もっとも蒲焼きにして食べるようになったのは江戸時代からだけど」
匙「あーそういえば平賀源内が……」
ポニテ「そう。土用の丑の日に鰻を食べるように薦めたのさ」
眼鏡「蒲焼きにする以前はぶつ切りにして食べていたようだな……もっとも骨っぽくて人気が無かったらしいが」
刹那「なかなか興味深いな」
マリナ「鰻一つでも歴史があるのね……」
ブシドー「おかわり、おかわりと言った!」

245 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/26(月) 18:29:51 ID:???
ライル「ふ〜あっち〜〜」
ニール「盆が近いからか、霊がよく来てたまんねぇぜ」
アニュー「お疲れ様。晩御飯は鰻よ」
ライル「おっ!いいねぇ!」
アニュー「しっかり食べて精をつけてね」
ニール「おー、美味そうだな」
ライル「いただきまーす」
つ やま芋
つ うなぎ
つ おくら
つ にんにく

ライル「おっ。今日はバラエティ豊かだな」
ニール「具が色々あって飽きないな!」
アニュー「それはいつもは単調だって事?」
ライル「あ…そういう訳じゃねぇ。悪い」
アニュー「ふふ…意地悪言ってみただけ…さ、食べて?」
ライル「んー、美味い!」
ニール「疲れも吹き飛ぶぜ!」
ライル「(だから一体どうやって……?」
アニュー「二人ともお疲れ様……んん、うまい」

246 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/26(月) 18:44:07 ID:???
>>244
匙「ふと思い出したんだけど鰻って凄く深い海で産卵するんだってね」
ポニテ「まだまだ生態が謎の部分が多いからねえ。自然界での鰻の産卵は今だ誰も確認していないんだよね」
刹那「身近な魚なのにな……」
眼鏡「自然界は身近な物でもわからない事だらけだ」
マリナ「蝶々がどうして芋虫からサナギになるのかもまだわからないみたいね」
眼鏡「マリナ……僕は虫が苦手だ……」
マリナ「あらごめんなさい…つい…」
ブシドー「しかし鰻にはそれだけ生命力に満ちているという事か……」
匙「昔の人も生態は知らなくても鰻が滋養にいいって気づいてたんだね…」
ポニテ「それにしてもよく食べるねえ匙君……明日はギンギ
匙「匙フック。普通に鰻が好きなだけだよ」
刹那「?」

247 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/26(月) 18:54:49 ID:???
マリナ「はい♪あなた達も少しだけね……セツニャのは白焼きにしておいたわ」セツニャ『待ってたニャー♪……うー幸せニャ』ムシャムシャ
ハムドー『ぼくたちはやっぱりお肉は無理なのだー…でもこれもおいしいのだ』うなぎパイモグモグ
マリリス『ピーナッツおいしい……』モゴモゴ
ティエラビ『僕はやはり人参の方が…しかしたまには良いな…』モグモグ

248 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/27(火) 10:38:23 ID:???
フェルト「暑い……」
マレーネ「試験は終わったのかい?」
フェルト「ん。ほとんどレポートだったから……」
マレーネ「そっか。じゃ、友達はまだ試験中か」
フェルト「(まぁ、それほどいないんだけど……」
マレーネ「プールでも行く?フェレシュテなら屋内だから暑くないよ。
     それにシャルが働いてるみたいだからね」
フェルト「ん。行く行く」
マレーネ「さ、昔の水着引っ張り出さなきゃ!」
フェルト「ロックオンも一緒に……あ…錆びる…かな……」
マレーネ「これこれ!んー、懐かしいねぇ。昔はこれを着てパパを悩殺してたもんさ」
フェルト「(ビキニ……歳考え…あわわ」
マレーネ「?ちょっと着替えてくるからね」
フェルト「あ、うん」


フェルト「……」
ピンクハロ「ハロハロ!アガーイ、アガーイ!」
フェルト「え?何?」
ピンクハロ「ロックオン、ロックオン、ロックオン。アガーイ、アガーイ!」
フェルト「ロックオンがアガーイ…アッガイ?」
ピンクハロ「ハロハロ!」
フェルト「あ…水陸両用機に……でもいくら何でも…」
ガラッ
マレーネ「どう?私もまだまだ捨てたもんじゃないでしょ?」
フェルト「(綺麗…年齢なんて微塵も感じさせない…」
マレーネ「もしかしたらナンパされるかもね…フフ、用意出来たら行こうか?」
フェルト「あ、うん」

249 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 13:08:01 ID:???
ライル「しかし暑いなあ今年は……GN粒子で涼しくならねえのか刹那」
刹那「気候まで変えられるわけないだろ……この暑さ日本だけじゃないみたいだな
  イラクじゃ50℃を突破したってティエリアから聞いた」
ライル「風呂でも熱過ぎて入れない温度じゃねえか……俺の故郷も例年よりは暑いみたいだが」
刹那「でも中東は湿度は低いから……日本で40度はキツイ……」
アレルヤ「この前セルゲイさんから手紙がきてたけど、ロシアも異常みたいだね
    例年20℃以下なんだけど今年は日本と同じくらいの気温に……海水浴で溺れる人が多くて大変らしいよ」
ライル「酒飲み過ぎなんだよ連中は……」
アレルヤ「水泳競技は強い方だけど、一般の人はあまり泳ぐ機会がないからね。海や川での水難事故には気をつけないと」
刹那「うちは泳げない人間はいないかな多分」
アレルヤ「泳げるって過信は危険だよ。以前溺れてる人を助けた事があるんだけど、僕も危なかったよ……」
ライル「ああ、なるほど……パニック状態でもがくからな…(アニュー……また海に行きたいなんて言い出さないよな……」
アレルヤ「仕方ないから少し気絶しててもらったけどね…」
刹那「ちょおま……でも海かあ……マリリンの(ry

ライル「お前が海の話を振るから……」フキフキ
アレルヤ「だって……こんな事態になるなんて普通予測できないだろ…」ゾウキンギュー

250 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 13:59:18 ID:???
スク水・・・ビキニ・・・ブラジル・・・現地調達・・・ハアハア

251 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 14:20:43 ID:???
>>248
録音inゾック「#で……なんだって?」プルプル
模型子「ゾックですって、モビルスーツのゾック。知らないんですか?」
録音印inゾック「そうじゃねえよ……使えんのか?」
模型子「もちろん♪水陸両用でジャンプ力もザクの数倍ですよー」
録音inゾック「#ふざけんな」つホッペギュー
模型子「いひゃいいひゃい!おれがいれすからほっへちゅねらないれくらひゃい!」
アニュー「まあまあお義兄さん。…デュナメスの水中仕様装備に関しては店長が鋭意製作中ですし
    …ちょっと落ち着いて(以前から何故かもこちゃんには容赦無いのよね何故か……」
録音inゾック「いや悪い…つい……」
模型子「だってゴッグやグラブロじゃ嫌だっていうから…ジオンのMSMの良さが分からない録音さん何て…」
録音inゾック「だってよー何か人外魔境な感じで……あっ水中用のザクやガンダムもあったよな…あれないのか?」
模型子「水中用ガンダムは正式にはジムなんですよー。初出はSDのガンダイバーで…(ry
アニュー「ちょっと黙っててくれるもこちゃん……すいません。マリンハイザックは在庫無いみたいで
    …それに水中用ガンダムはキット化されてないですし」
模型子「これなんかどうですか?出たばっかりの新商品ですよー♪何なら私が魔改造したコレン機を…」つ魂カプル
録音inゾック「うーんそうか……じゃあ今回は諦めるしかないかな…」
アニュー「すいません。次回はもう少し充実させておきますから」
録音inゾック「いや、いいんだわがまま聞いてもらってるのはこっちだしな…
      …さてどうすっかな……デュナメスでも泳げない事はないだろうけど」
模型子「うう……スルーされた……」

252 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 14:23:30 ID:???
>>251
アニュー「あら、お客さん……いらっしゃ…フェルトちゃん…」
フェルト「多分ここにロックオンが来てると思って……」
録音inゾック「おう、ここだ……はは、恥ずかしい姿を見られちまったな」
フェルト「ううん、どんな姿でもロックオンはロックオンよ///それに何だかかわいいし」
録音inゾック「ははは…かわいいか、これが?」
フェルト「もし無かったらとおもって私も作ってみたんだけど……」つアッガイ
録音inゾック「……あ、ありがとう……じゃあそれ貸してくれるか?(何かクマ耳ついてるな…というかクマ!?」
フェルト「本当!?あ……その…嬉しい////」

録音inベアッガイ「よし、そんじゃ行くか。ありがとな」
フェルト「うん。ママは先にフェレシュテに行ってるって」
模型子「ちぇ、結局アッガイ着てるじゃないですか……さっきは同じアッガイで嫌だっていってたのに…」
アニュー「男の人ってね…好きな女の子の前ではカッコつけたいものなのよ」
模型子「ふーん……どうですかね」
アニュー(ニブイわね……少しカタギリさんがかわいそうに思えてきたわ…)

253 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 14:50:28 ID:???
シャル「いらっ……義母さん!」
マレーネ「イントネーションが何か違うわね」
シャル「あ…ごめんなさい。でもどうしたの?」
マレーネ「お客として来たんだけど」
シャル「一人?」
マレーネ「フェルトが後からくるわ……プールは大丈夫?」
シャル「ちょっと人がいるくらい。あ、代金はいいわ」
マレーネ「きちんと払うよ。あんただって仕事でしょ?」
シャル「家族割よ。私はマレーネやフェルト達の事、家族だと思ってるから……」
マレーネ「何分かりきった事言ってるんだい!……ありがと」
シャル「はい、これロッカーの鍵ね」

-----
フェルト「シャルお姉ちゃん!」
シャル「いらっしゃい。大学はもう休み?」
フェルト「うん。レポートばかりだったから」
シャル「そ。頑張ったわね。これ、鍵。義母さんはもう来てるわ」
フェルト「ありがとう。……まだイントネーションがおかしいわ」
シャル「ん……やっぱり血はつながってないからね…」
フェルト「私も、パパもママもお姉ちゃんの事本当の家族だって思ってる」
シャル「フェルト……」
フェルト「いつかきっと母さん、父さんって呼んでくれるの、まってるわ」
シャル「……ありがとう。さ、いってらっしゃい」
フェルト「うん!」
タタタタタ
シャル「フフ……いい子に育っ…あれはアッガイ?」
ニッガイ「(フェルト、もっと静かに…って聞こえてねー…」
フェルト「〜〜♪」
ニッガイ「……ま、いいか…ガシャンガシャン」
シャル「……最近はガンプラをストラップにするのが流行っているのかしら……?」
アニュー「すみませーん、施設を利用したいのですがー」
模型子「ですがー」
シャル「あ、はい。それではカードを…」

254 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 15:17:56 ID:???
セツニャ「暑いにゃ〜〜」
マリリス「あつい〜〜」
ハムドー「とけちゃうのだ〜〜」

べたーん、べたーん、べたーん

ブシドー「無理もない。動物は天然の厚着をしているのだからな……」
マリナ「大丈夫かしら…そうだ。ティエリア、これどこで買えるか調べてくれる?」
眼鏡「氷の塊……かき氷にでもするのか?」
マリナ「ふふっ。買ってのお楽しみよ」
眼鏡「了解、了解」
---ブシドー「ひとっとびだ!」---
つ 氷の塊
マリナ「大きい…これを半分に切って……」
ブシドー「切り捨て御免!!」
手刀でバキッ
眼鏡「チャレンジ成功!体力が上がった!」
マリナ「ビール瓶割もできそうね……半分をたらいに入れて……」
眼鏡「ふむ?なるほど……そういう事か」
マリナ「これを扇風機の風にあてて……」

セツニャ「フニャ?……涼しい風だニャ!」
マリリス「よみがえる〜」
ハムドー「涼しいのだ!」

マリナ「良かったわね。ナデナデ」
眼鏡「半分はかき氷用にとっておくか」
ブシドー「かき氷か!シャクシャクキーンしたいなぁ!」

255 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 18:57:45 ID:???
>>250
御刹那「あ、待てよ競泳水着のピッチリ感も中々……水着はいいものだ///」ハアハア
ネーナ「あいつ…この暑さでとうとう頭が……」
留美「元々ですわ。それにあれだけあなたに凹々にされれば……」
ネーナ「だってあいつ極小のブラジルビキニ寄こすんですよ?それにお嬢様だって往復ビンタ食らわせてたじゃないですか」
留美「流石に貝殻ビキニは着れませんわ…(ズンボリ様になら///」
ネーナ「それにしてもスポーツクラブなのに競泳プール以外にリゾート風なプールがあるのは……」
留美「あらいけないかしら。私のグループもここには出資しててよ?」
ネーナ「いいえ、でもここもいいけど海にも行きたいなー」
留美「日に焼けるのは嫌でしてよ。もちろん太陽の下というのは気持ちいいけど」
ネーナ「あ、そうだお盆にどっか行きましょうよ!連載も書き上げてるし」
留美「あなた夏の『祭典』の事忘れてるんじゃなくて?」
ネーナ「あ、そうか……残念」
留美「心配しなくても9月に長期休暇取らせてあげますわよ」
ネーナ「ぶー…それじゃ遅いんですって……」

256 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 19:08:15 ID:???
ニッガイ「何だ、結局お前らも来たのか…」
アニュー「何だとはご挨拶ですね。店長が行って来てもいいっていうから……」
模型子「そーですよ。まあ二人の邪魔はしませんから」ニヤニヤ
フェルト「ううん、みんなと一緒の方が楽しいし……」
マレーネ「おや、お友達かいフェルト。じゃあ私はあっちで一泳ぎしてくるわね」

ピキーン!
御刹那<○><○>「おお……フェルトタソにアニュータソ…それにもこタソを肉眼で確認…!
         これより介入行動に移る!」
ネーナ「#あのバカまた……」
留美「放っておきなさい。結果は目に見えてますわ」
ネーナ「あ、それもそうですね。ところで紅龍は?今日はお店お休みですよね?」
留美「週一でここで太極拳教室を開いててよ。今日はそちらね」
ネーナ「いい抑え役なのに…」

アニュー「水着はここでレンタル出来るのよね?」
フェルト「うん。あっちに」
模型子「おへそが出ないのがいいなあ……恥ずかしいし///」
御刹那「アニュータソーーー!!もこタソーーー!!」ドドドドド……
アニュー「げっ……あいつは……」
フェルト「御刹那君?」
模型子「顔同じなのに一目で分かりますね……」
御刹那「水着あるよーーー!!」つ競泳水着&白スク水
アニュー「ちょ、こっち来るわよ……!」
ニッガイ「ここは俺が……!」
フェルト「大丈夫。ほら……」
ドカバキグシャ

15HIT LEVEL3 SUPER COMBO

マレーネ「……喪糞野朗。よく聞けよ、聞くことなど何もない
    祈れ。生きてる間にお前ができるのはそれだけだ」
刹那「

留美「ある意味フェルトさんにも悪い虫は付きようがないですわね」
ネーナ「確かに、私達や紅龍に凹られた方がまだマシかも知れないですね……
   (それにしてもあいつ今どっから水着出した!?」

257 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 20:15:02 ID:???
フェルト「はぁ、はぁ、はぁ……」
アニュー「結構速いわね。元々泳げるの?」
フェルト「小さい頃からよくプールに連れていってもらってたから……」
アニュー「バタフライができるのはたいしたものよ。……さて…」
チラ
模型子「大丈夫ですか?水漏れとかは……」
ニッガイ「別にどうって事はないな」
模型子「プールって塩素混ざってますけど問題ないんでしょうか……」
ニッガイ「ないだろ?飲んでも死にゃしねぇしな」
模型子「凄く嫌ですけどね……」

アニュー「(もこちゃん…はたからみたらガンプラに話し掛けるアブない電波女よ…」

ニッガイ「アッガイも悪くねぇな…スイスイ…ん!?」
男「ニヒヒ、この女良い尻してるじゃねぇか」
ニッガイ「盗撮か!?……狙い撃つぜぇ!!」
バシューン
<ウギャー

アニュー「……ん?何か悲鳴が…」
フェルト「……泳ご」
アニュー「あ、うん。そうね(大丈夫かしら?」

258 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/28(水) 21:00:24 ID:???
>>254
ポニテ「くぅーやっぱカキ氷はイチゴ味に限るねえ…」キーン
匙「はあ?メロン味だろjk」
セラフィム「レモン味もなかなかですぅ」
刹那「おいしい事はおいしいんだが…このブルーハワイ味って何味だろ」
眼鏡「ふむ、元々ブルーキュラソーという酒の『もどき』な訳だから……」
ポニテ「多分オレンジ味なんじゃないかな。キュラソーはオレンジの皮を使ったお酒だしね」
刹那「言われてみれば……どうも色と味がマッチしないな」
ポニテ「青は食欲をそそる色じゃないしねえ……」
マリナ「自然界にあまり無いからじゃないかしら?私は宇治金時が好きだわ」
ブシドー「ふむ、最近ではグレープやパイン味も見かけるな。うむ…美味しいなあ宇治金ミルク」キーン
眼鏡「最近はネットでも色々シロップが販売されているな。マンゴーや日向夏は分かるが
  バイオレットやエメラルドパインとは何だ?」
ポニテ「まあほとんどが無果汁な訳だしねえ…某カル○スでも意外といけると思うよ」
マリナ「CMでもやってたわね」
ブシドー「しかし暑いな……もう少し涼しくならないものか」
刹那「この巨大氷で大分涼しいけどな……でもそろそろクーラーつけないか?」
ブシドー「冷房はできるだけ使いたくない。ゆえに涼をとる手段を講じている」
刹那「面倒くさいなあ本当に……」
マリナ「ふふ、でも一理あると思うわよ」

259 : [―{}@{}@{}-] 通常の名無しさんの3倍:2010/07/29(木) 18:48:23 ID:???
>>257
ライル「で、ちょっとは上達したか?」
アニュー「失礼ね…もう普通に50mくらいは足つかずに泳げるわよ……」
ライル「お、上出来じゃんか」
アニュー「……殴るわよ。まあフェルトちゃんのおかげだけど…」
ライル「へえー……人は見かけによらないもんだな」
アニュー「あら、結構スポーツするみたいよ?お母さんの影響かしら……」
ライル「なるほどな……ところで兄さんは?いい感じだったか?」ニヤニヤ
アニュー「それが…もこちゃんが付きっ切りで……ちょっとヤキモキしてたみたい」
ライル「ああそうか……ま、あの娘的にはガンプラとしての兄さんに興味津々なんだろうな……」
アニュー「あの子ちょっと空気読むの苦手だから……それより約束覚えてる?」
ライル「へ?なんだっけか」
アニュー「私が50m泳げたら沖縄に連れてってくれるって……ちゃんと証人もいるわよ?」
ライル「あ…あはは…そうだったけか……すまん。今回は伊豆でいいか…?」
アニュー「もう……でも嬉しいわ♪」
ライル「ついでにガンダムも見に行くか」
アニュー「うん。混んでるみたいだけど」

260 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/29(木) 19:13:11 ID:???
ポニテ「ところでみんな静岡の等身大ガンダムはいつ見に行くんだい?」
刹那「うーん……当然行きたいけどな。刹那様がスメラギと見に行ったみたいだけど、暑いし混んでるみたいだな」
ポニテ「へ、へえー……まあそれはそうだよね……」
匙「もう少し涼しくなったらでいいんじゃない?僕もルイスと行って来ようと思ってるけど」
マリナ「私は刹那が誘ってくれるならいつでもいいわ」ニコニコ
眼鏡「来年の元旦まで立っているようだな。もう少し落ち着いたら何度か足を運ぶのも良いかもしれん」
セラフィム「今度友達と見てくるですぅ」
ブシドー「うむ、公開前に願掛けに拝みに行きたいと言った!」

261 :通常の名無しさんの3倍:2010/07/29(木) 20:39:02 ID:???
-ニャイスガイの一日-


ブシドー「エンヤコーラ」
ラッセ「たーがやせー」
ザッザッ
ブシドー「草毟りは大変だな。腰が痛くなる」
ラッセ「きちんと根っこまで引っこ抜けよー」
ブチブチ
ブシドー「出ろ。散歩に行くぞ」
カミーユ「ぶもー(アツイー」
ラッセ「ほれほれ、お嬢ちゃんも行くぜ?」
エクシア「ブルルッ!(私の美しい白い肌が焼けちゃうじゃないっ!」
スサノオ「……うも(ニンゲンじゃないから大丈夫じゃないかな」

スタスタスタ
ブシドー「横断歩道では一時停止だ」
カミーユ「うも」
ラッセ「どうどう……慌てんない」
エクシア「ブヒヒーン!(ニンゲンの決めたルールに従う理由はないわッ!」
運転手「う、うわ!?牛と馬が路上に!」

川原につきました。
ブシドー「よし、おもいっきり遊ぶといい」
ラッセ「あんま遠くまでいくなよー」
カミーユ「うもー(草おいしい」
エクシア「ブルル…(草原を走る白馬…実に美しいわね!」
カミーユ「………ぶも(ナルシシズムは程々にしておけよ」

ブシドー「秘技、ムーンサルトセーブ!!」
ラッセ「やるなッ!次はサイクロンシュートだ!」
ブシドー「くぅっ!手刀ディフェンス!キェェェエエッ!!」
ラッセ「こぼれ球に合わせて……ネオサイクロンだ!!」
ブシドー「体のどこかに当たってくれ〜〜!」
チャーリー「ブシドーくん、ふっとばされた〜!」
男「すげぇ…二人だけでキャプテン翼してやがる……」
男「日本代表より上手くねぇか、あれ」


ブシドー「ただいま帰ったぞ」
ラッセ「暑っちィ〜」
マリナ「お帰りなさい。麦茶が出来てますよ」
ブシドー「真夏の茶は麦茶だなぁ、ガンダム!」
ラッセ「生き返るぜ!」
マリナ「ふふ。今日も一日お疲れ様です。(ニコリ」

215 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)