5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ようやく、しおらしくなってきた韓国フィギュア358

148 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2010/07/06(火) 08:18:30 ID:BLHx6i1Q0
中間点に対する反発は既存ルールがヨナルリオスムを立証するだけ[29]
schopenhauer推薦35 |反対56 |照会数530 | 2010.07.03


ひとまずヨンパドゥルがそのように好むゴールポスト ドリップでも新しく出てきたあごかけドリップによれば
かえってヨン坊や現行ルールの最大受恵者だったことをパドゥル自ら主張する格好の外にはなりません。

ゴールポストだけ合わせても0.5ゴール認める格好だと中間点をののしるのに
本来既存ルールでは2.75回転(回戦)だけなっても完全な3回転(回戦)の点数を認めました。
すなわちこれはどうせゴールポスト比喩を揺れているとゴールポストで比喩するならばゴールポスト合わせたが
0.5ゴールでなく1ゴールと認定する格好繋いだという話です。

ゴールポスト ドリップを叫ぶパドゥルの論理によれば既存のルールはどうせゴールが入らなかったことは全く同じだが
唯一ヨンにはゴールポストだけ合わせても一ゴール全部認めて他の選手たちはゴールポストにきわどく及ぼせなかったという理由で
最初から得点を全く認めないようだったという話です、

どうせゴールポスト ドリップを叫ぼうとするなら3回転(回戦)完全に満たすことができなければ
そのまま他の選手たちと同じように2回転(回戦)で処理するべきで
3回転(回戦)と認定して完全な3回転(回戦)の点数を与えるのは公平に外れることではないですか?

そして最も大きい問題は中間点がなぜ導入されたかに対して全く理解できなくなっているという点です。

ダウングレードの場合、過去に二重減点規定が導入された理由は
ナムシンの場合、明らかに失敗することを分かりながらもクァドゥを試みて失敗するのがいっそタンドクトロプを試みて
成功することよりかえって利益であったため 失敗することを分かりながらも試みてしたがって倒れるのがあまりにも
頻繁に起きたので このような試みを防ぐために二重減点まで導入することになったのです。

ところでこの中で減点の導入はあくまでも失敗することを分かりながらも試みることを防ぐためのものであったのに
失敗することを分かりながらも試みるのではなかったのに 大層高難易度ジャンプだから不可抗力で失敗が
出てこなければならないのに こういう場合まで不利益を付与する結果になったので問題が発生するのです。

実際にヨシンでダウンが起きる場合、見れば大部分きわどく2.75回転(回戦)に不足してダウンになるが
走る能力もない選手が走ってダウンになる場合は一度もないと見ても良いです。

二重減点規定のために高難易度ジャンプを十分に成功できる能力がある選手たちにまで
高難易度ジャンプの試みを敬遠するようにする現象が発生したがこれは二重減点規定が意図したのがありません。
あくまでも副作用繋いだだけでしょう。
このような副作用を認識して二重減点を廃止したが
相変らず選手たちには高難易度ジャンプを試みる十分なメリットがならないのです。

クァドゥトが0.01度だけ回転が不足してもトゥリプルトにだけ認められるところなのに
万一試みて倒れることでもするところならば1点も得られないところとか
成功することによって得る利益に比較すれば危険負担があまりにも大きかったためでしょう。
だから二重減点の廃止だけでは不足するとみて中間点を導入することになったのです。

ここでパドゥルが勘違いするのは 中間点が導入されたと何の2.5回転(回戦)だけ満たそうと
選手たちが試みることのように考えることなのに 2.5回転(回戦)だけ満たそうと練習する選手たちいません。
これはそのままヨンでない選手たちは全部回転数あまり満たさなかったジャンプを
便法に走ろうとする選手たちでさげすもうとする 典型的なヨンパドゥルの妄想であるだけでしょう。

2,5回転(回戦)だけ満たそうと試みるのがかえってさらに難しいです。
2.5回転(回戦)だけ満たそうとしていては前にランディングすることになる関の山なのに
後にランディングするのが前にランディングすることよりははるかにやさしいということを否定するパドゥルはないでしょう。
いくらフィギュアに対しては分からなくても話です。


461 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)